ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

現在の為替に凄く興味があります。
現在、1元15円位です。これが近い将来に様々な圧力によって数倍になるのは目に見えていると思います。
中国に行って口座を開設して貯金をして来たいと思います。
ここで日本人が中国で貯金をしたり、定期預金をすることは可能なのでしょうか?
これが無理でしたら、とりあえずリスクの少ない中国株を買ってオリンピック辺りまで保管しておこうと思っています。
元が過去の固定相場制の日本のように値があがるのは確実と思っていますが、本当にそうなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すいません。

横槍ですが一言。
数倍っていくらぐらいなんですか??
5倍とかだったら中国のgdpって日本抜いちゃいますよね。
倍でも凄い。
ふと思ったもので・・・
すいません。
    • good
    • 0

#1です。

香港では香港ドルですが、香港を本店とする銀行で上海や北京に支店を出しているところはあるので、人民元で預金したければそちらにいけば確実でしょう。
香港のどの銀行が人民元の外国人預金を扱ってくれるかは今はわかりませんが、私だったら英語で現地(香港でも上海でも)の銀行に問合せてみるでしょう。

私もこういった海外投資の情報は好きでよく集めていますが、香港ドルにしても人民元にしてもあるいは米ドルにしても、現地の銀行の住所やメールアドレスを自分で調べ上げて自分で問い合わせることに躊躇がない人のほうが、口座開設の手続きはもちろん、預金や金融商品の構成の質問、トラブルの問合せなどスムーズに進みます。
つまり最低限のコミュニケーションや情報収集能力が必要です。
    • good
    • 0

銀行口座についてですが、たしか数年前の外為法の改正の一連の中で、外国に銀行口座を持つことができるようになったはずです。

他の先進国ではかなり以前から居住国以外にあたり前に口座を開けたのが、やっと日本でも解禁になったという感じです。

ですので、海外で口座を開くことは可能ですので、預金貯金はできます。ただ預金のラインナップが必ずしも日本と同じではないので、その国金融商品(預金も1つの商品)を調べてみてください。インターネットバンキングもできます。

香港なんかは、有名銀行の本店には日本人スタッフが1人いたりするところもあるので、香港旅行のついでに口座開設をするのもいいでしょう。
ただ、手続きややりとりは日本語ベースではなく、英語など外国語ですし、申込書やその他書類も同じです。さらには、送金時の手数料や渡航費などもかかります。

こういった情報の資料は、インターネットや書籍でも入手できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ありがとうございます。
香港と中国って実質的に経済が別なような気がするのですが、同じなのでしょうか?
つまり、香港は香港ドルが通貨ですよね?香港で中国「元」をもって貯蓄ができるのでしょうか?

お礼日時:2003/04/16 09:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング