以前 下記のような会話を交わした経験があります。
屋外のテラスで食事をしていた時 雨が降ってきたのですが私達は直接雨に濡れる事は有りませんでした。
その時の会話です。

A:Oh, It started raining. But no rain is
falling down here. Do you know why ?
B: I don't know. There could be a roof or
something up here.

ここでBの彼は could be と言いました。

また別の場面では

A:Phil, you know this place, don't you ?
Can you show me the way ?
B:Oh sorry, I am not sure. But I know Kazu has
been there. Kazu would know.

ここで彼は Kazu knows と言わずに Kazu would know
と言いました。

ネイティブの友人に聞いたところ 不確実な内容に対しては would/could を使うとの事でした。
私なりに解釈しているのは、maybe や probably の様に
不確実性(日本語でいう たぶんの度合)の中にも段階があるので、その度合に応じてwould/could を使うのだなと思っています。
100%確実であればきっとThere is a roof / Kazu knows と言ってたと思うのですが。

そこで質問ですが以上を踏まえて would/could の使い方を教えて欲しいと思います。
お手数で恐縮ですが、具体的な場面を想定して
「この様な時にこう使う」という形式で教えて下さい。お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

【追伸】


ANo.#2のorimotoです。追加回答が遅くなってすみませんでした。

さて、I would appresiate it if you would ・・・のことですが。実ははじめぼくも、if以下のwouldは「文法的」にはいらないと思ってたのですが、ネイティブのエディターがつけましたし、ちゃんとした外人から来る手紙にもついているので、今はへりくつはともかく、(後ろのwouldも含めて)慣用句と思って使ってます。ですからbeaurahさんのおっしゃるように、『if 以下の丁寧に表現したい動詞の前に would を付ければいい』と考えていいと思っています。

それから、念のためWebster'sの辞書で、wouldとcouldの
違いを見てみましたら、
would:used to express an intention or inclination
could:used to express conditional    possibility/used in asking permission
とありましたので、この辺がニュアンスの違いなんでしょうね。(こういう微妙なことは、ぼくは日本の辞書は信用していません。)

そもそもネイティブと言えども、質問してキッチリ応えられることは案外少ないもので、結構理屈なしにそう言うからこう言うで、使ってるんじゃないかなと思います。大学院でlinguisticsを専攻した人は、ちゃんと説明しますが・・・。

こんなところで、回答になってますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度にわたる解答、有難う御座いました。またお願いします。

お礼日時:2001/03/18 20:08

説明不足だったので再度書かせていただきます。


maybe が「~かもしれない、もしかしたら違うかも知れない」という強い不確実性を持っているのに対して、probably が「たぶん~に違いない」という強い確実性を持っているという違いに比べて、would と could の違いは、kagooさんの回答されている程度の違いです。
また、小学館「プログレッシブ英和中辞典」及び、研究社「リーダーズ英和辞典」を参照する限り、Would you ~ よりCould you ~ の方が丁寧な表現であるとの記述がありました。
    • good
    • 0

文法的には、お三方のおっしゃるとおりですが、私も以前疑問に思い、十人ほどの英米人に質問したことがありますが、ほとんどニュアンスに差がなく、全員が、「個人個人でどちらをよく使うか程度の問題だ」といった内容の答えでした。

(なお、回答者には、英語の専門家は、いませんでした。)何かのご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

wouldを使うと(couldより)「可能性が高い」(と発言者が)考えている、


という感じになります。

There would be a roof ・・・とすると、「屋根でもあるのだろう」という感じなのに対し、
There could be a roof ・・・とすると、「屋根があるのかも・・」といったところでしょうか。

これに対し、2例目では、
「カズなら知っているだろうから(=知っているかも、より可能性が高い)(聞いてごらんよ)」という感じですので、
wouldを使っているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座いました。

お礼日時:2001/03/18 20:11

外資系に勤めています。



ご質問にあります例文・場面のwould/couldには、「if・・・(仮定)」、あるいは「もしかすると」という意味が含まれています。つまりネイティブが言うように不確実な状態です。ですからmaybeやprobablyを使うとダブってしまいます。

それからご存じかも知れませんが、would/couldは、丁寧にもの・ことを頼む場合にも使います。例えば、
Would you please call me?(お電話いただけますでしょうか?)Could you call me?(お電話いただくことは可能でしょうか?)といった具合です。ぼくはwouldの方がより丁寧だと理解してます。例えば、I would appreciate it if you would・・・のように。

この回答への補足

追加の質問です。解答にある
I would appreciate it if you would・・・ですが、
この場合 if 以下の丁寧に表現したい動詞の前に would を付ければいいと言う事でしょうか?前節は慣用表現になっているのでそのまま覚えて使ってますが、if 以下のwould はどう使うのでしょう。例えば(1)if you bring me a glass of water と (2)if you would bring me ・・・という具合に使い分けて 丁寧度合に差を付けるのでしょうか?恐れ入りますが そこの辺りをもう少し詳しくほかの例文も挙げて教えて下さい。お願い致します。

補足日時:2001/03/16 19:47
    • good
    • 0

would は不確実な状況を含んだ婉曲で丁寧な表現として使われます。


Kazu would know. =「カズなら知っているはずですが」といった感じになります。
I would like to tell you something. =「ちょっとお話ししたいことがあるのですが。」
この場合、イギリス英語では would を should に置き換えることができます。また、丁寧な依頼の場合にも使われ、
Would you somebody please help me? =「どなたか手伝ってくださいませんか。」

could は能力、可能性、依頼、許可、提案、勧告、軽い命令などを婉曲に表現する場合に使われます。
There could be a roof or something up here. =「この上に屋根か何かあるんでしょう。」
は、可能性を婉曲に表現しています。
It could be true. =「本当かもしれない。」
Could you do that fou me? =「その仕事をやってもらえるでしょうか。」
この場合、Would you ~ よりも丁寧な言い方になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

追加の解答も頂き、有難う御座いました。
またお願い致します。

お礼日時:2001/03/18 20:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qhard money policy とは、どんな政策ですか。

hard money policy とは、どんな政策ですか。
His hard money policy combined with the expansion of rice production drastically reduced the price of rice, and this adversely affected the finances of the Shogun's retainers, who were paid in fixed amount of rice.

江戸時代の7代将軍吉宗の政策の功罪を説明した箇所の一文ですが、hard money policyの意味が良く解りません。
硬貨発行に重きを置いた通貨政策のことでしょうか。

Aベストアンサー

hard money
添付辞書の説明2で、金・銀に代表される世界中の何処ででも通用する貨幣。またhard money policyとはその貨幣の発行や流通を国や時の権力者が促進する政策。

http://www.investopedia.com/terms/h/hardmoney.asp

No1さんが示された享保の改革の(Wikipedia)
略年譜 [編集]
享保2年(1717年) - 新金銀交換を強制(享保小判金)をも示すだろうし、下記の説明で使われている【金銀複本位制】と理解すれば良い。


幕府の通貨システムは表向きは金銀複本位制ですが、税金を米で取り、それを現金化する米本位制が裏で働いています。ところが幕府諸藩が年貢を増やすために争って新田開発を行った結果、米が余るという幕政初期には想像すらつかなかった事態が現実化します。米余りを加速させたのは諸藩の財政難で、お金に困った諸藩は集められるだけの米を大坂に送って現金化しようとします。領内では豊作だと言うのに領民は草や木をかじるほど飢えさせても米を大坂に送ります、現金は領内に送られ、大坂には金銀がますます乏しくなり、米価が下がります。米価が下がっても金銀が必要な諸藩は大坂に米を送り続けることになり、さらに米価が下がる悪循環を繰り返すことになります。

家臣の手当てが貨幣でなく、米で支給されていたため、今日の沖縄駐留米兵と同様に米(ドル)を貨幣に換金しようとすれば、”超(米)ドル安”に耐えなければいけない、と言う事ですか。

http://www.kcc.zaq.ne.jp/kids_clinic/Cafe/Ohedo/Ohedo_yosimune.html

hard money
添付辞書の説明2で、金・銀に代表される世界中の何処ででも通用する貨幣。またhard money policyとはその貨幣の発行や流通を国や時の権力者が促進する政策。

http://www.investopedia.com/terms/h/hardmoney.asp

No1さんが示された享保の改革の(Wikipedia)
略年譜 [編集]
享保2年(1717年) - 新金銀交換を強制(享保小判金)をも示すだろうし、下記の説明で使われている【金銀複本位制】と理解すれば良い。


幕府の通貨システムは表向きは金銀複本位制ですが、税金を米で取り、それを現金化する...続きを読む

QThere's things, times. Well, you don't know what to say. You know?

 Mr Owens said, 'Mistress Owens and I spent our lives wishing that we had a child. I do not believe that we could have ever had a better young man than you, Bod.' He looked up at his son with pride.
 Bod said, 'Well, yes, thank you, but...' He turned to his mother, certain he could get her to tell him what was happening, but she was no longer there. 'Where did she go?'
 'Oh. Yes.' Mr Owens seemed ill at ease. 'Ah, you know Betsy. There's things, times. Well, you don't know what to say. You know?'
 'No,' said Bod.

 上の文中のThere's things, times. Well, you don't know what to say. You know?を翻訳してください.

Mr Owens: Bodを養子にした幽霊.
Mistress Owens: Mr Owensの妻
Bod: よちよち歩きの赤ん坊の頃にOwens夫妻に拾われた男の子.現在15歳.

 Mr Owens said, 'Mistress Owens and I spent our lives wishing that we had a child. I do not believe that we could have ever had a better young man than you, Bod.' He looked up at his son with pride.
 Bod said, 'Well, yes, thank you, but...' He turned to his mother, certain he could get her to tell him what was happening, but she was no longer there. 'Where did she go?'
 'Oh. Yes.' Mr Owens seemed ill at ease. 'Ah, you know Betsy. There's things, times. Well, you don't...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと検索してみたのですが、ひょっとして
There's things, times. When, well, you don't know what to say.
ではありませんか?
だとして訳すと
「なんて言ったらいいか分かんないこと、分かんないときっていうのもあるもんだ。分かるだろ?」
くらいでしょうかね。

Q(1)The origin of universities as we know them is u

(1)The origin of universities as we know them is usually traced back to the 12th century.
(2)As it happened, I did not have enough money with me than.
(3)Another half hour, and all the doors will be closed.

和訳していただけますか??

Aベストアンサー

我々の知るところでは、大学の起源は通常、12世紀に遡る。

偶々、その時は金を十分には持ち合わせていなかった。

あと30分で、すべてのドアが閉まるでしょう。

QYou don't resent my moving us out here,do you?

 NHKラジオ英会話講座より
You don't resent my moving us out here,do you?
ここに引越ししてきたことに腹を立ててないよね?
(質問)文章の構成がよく解りません。教えて下さい。
「S+resent+~ing+(人):(人)が~するのをひどく嫌う。」と辞書にはあります。しかし1つ1つの言葉の流れが解りません。
(1)5つの文型のうちどれでしょうか?
(2)movingは動名詞ですか?moving outと考えてもいいですか?
(3)usは何の目的語ですか?
(4)my moving us outが私には無秩序に配置されて見えます。何か解りやすく説明いただけませんか?  以上

Aベストアンサー

tommy0313さん、こんにちは!お久しぶりです!

You don't resent my moving us out here,do you?

(1)5つの文型のうちどれでしょうか?

● SVО の第3文型です。You=S;don't resent=V;my moving us out here=О です。

(2)movingは動名詞ですか?moving outと考えてもいいですか?

●動名詞です。move out はひとまとまりですので、moving out もひとつながりの動名詞です。

(3)usは何の目的語ですか?

● move out の目的語です。動詞+副詞の句動詞の場合、目的語はよく、その2つの間にサンドイッチにされます。例)pick you up;turn the light off

(4)my moving us outが私には無秩序に配置されて見えます。何か解りやすく説明いただけませんか?

●ここが積年の関門ですね。文章の動名詞化です。もともと考えられている文は、I moved us out. です。これを名詞化するには、move を moving にし、I を my(所有格)に変えるのです。それで、大きな名詞のカタマリができます。【my moving us out】=名詞、です。名詞なので、resentの目的語になれるのです。

 何でも同じようにできますよ。

例)He loves cats.=文 → his loving cats =名詞
  They are afraid of dogs. =文 → their being afraid of dogs =名詞

 なかなか難しいですね。でもこれが理解できれば、英文を作る能力が倍増しますよ。

 I was impressed by the sight of ~「私は~の光景に感銘を受けた」

 この~のところには、当然名詞が来ます。

「私はそのパレードの光景に感銘を受けた」なら、I was impressed by the sight of the parade. です。でも、「私は【彼が彼の母親の世話をする】光景に感銘を受けた」ならどうでしょう。【彼が彼の母親の世話をする】は、He looks after his mother. としかいいようがありません。でもこれは文章なので、×I was impressed by the sight of【he looks after his mother】. と言うわけにはいかないのです。by は前置詞で、その後には名詞しか来れないからです。

 では、【he looks after his mother】を名詞化すればいいじゃないですか。でしょ?

 【he looks after his mother】=文;【his looking after his mother】=名詞、ですね?

 では、堂々と、○I was impressed by the sight of his looking after his mother.と言えることになります。

 my moving us outを見て、ああ、I moved us out. のことだなと、ピンと来るようになれば、動名詞の免許皆伝です。

 以上、ご参考になれば幸いです!

 

tommy0313さん、こんにちは!お久しぶりです!

You don't resent my moving us out here,do you?

(1)5つの文型のうちどれでしょうか?

● SVО の第3文型です。You=S;don't resent=V;my moving us out here=О です。

(2)movingは動名詞ですか?moving outと考えてもいいですか?

●動名詞です。move out はひとまとまりですので、moving out もひとつながりの動名詞です。

(3)usは何の目的語ですか?

● move out の目的語です。動詞+副詞の句動詞の場合、目的語はよく、その2...続きを読む

Qmoney cow

次の動画
http://www.bloomberg.com/video/92618639/

0:20 ごろ

...so I was in dolt, first see know my visit was no one wants my money cow(?)

と聞こえますが、意味がわかりません。 何と言っているのでしょうか?
よろしくお願いします。

.

Aベストアンサー

first casino I visited was one of Money Quilt

のように聞こえます。
    http://quilterpenny.wordpress.com/2012/03/05/money-quilt-sent-to-kiss-singer-gene-simmons/

    昔あったカジノの名前でしょうかね、今はないようですが、、、

QCould you,Will you,Would you--?の違い

Would youはwill youを、Could youはCan youをより丁寧にした表現に、と教わりましたが・・
Would(Wil) you~?とCould(can) you~?は両方
“~してもらいたいんだけど、してくれませんか?”
みたいな意味で使われると思うのですがどういった違い、使い分けがされるのでしょうか?
また、Would you~?とWuold you like~?は文法的に(?)何か関係があるのですか?
お願いします!

Aベストアンサー

Would you ~?もCould you ~?も意味は同じで、「~してもらえますか?」「~してもらってもいい?」といった意味になります。
Will you ~?は相手に何かをする意思があるかどうかを尋ねる場合に用いられる事が多いので、依頼文には使わない方が無難です。例えばタクシーに乗ったときに運転手に「急いでもらえますか?」と言う場合、もしWill you hurry?と尋ねたらまず間違いなく嫌な顔をされます。この場合は「ちょっと、急いでくれよ、まったく」とか「急ぐ気あるんか、おいっ」という意味にとられてしまいます。
また、Can you ~?は場合によってはこちらの方が好ましい場合もあります。例えば相手に手伝いを求める場合、Could you help me?は相手の能力や都合はおかまいなしに一方的にお願いするニュアンスがあります。この場合はCan you help me?の方が相手が断りやすい、思いやりのある言い方になります。
その他の一般的な依頼は先述のWould youまたはCould youを用いて問題ありません。
Would you like ~?はDo you want ~?の丁寧な表現で、「~はいかがですか?」と所望の有無を尋ねる時に使います。いわゆる大人の表現です。
また、Would you mind ~?は丁寧な表現ではありません。これはとげとげしい嫌味な言い方です。例えばWould you mind turning off the lights?は「電気ぐらい消したらどうなのよ」と言う意味になってしまいます。何かをやめて欲しい時にWould you mind?(ちょっと、やめてくれない?)と3単語のみでも表現されます。

Would you ~?もCould you ~?も意味は同じで、「~してもらえますか?」「~してもらってもいい?」といった意味になります。
Will you ~?は相手に何かをする意思があるかどうかを尋ねる場合に用いられる事が多いので、依頼文には使わない方が無難です。例えばタクシーに乗ったときに運転手に「急いでもらえますか?」と言う場合、もしWill you hurry?と尋ねたらまず間違いなく嫌な顔をされます。この場合は「ちょっと、急いでくれよ、まったく」とか「急ぐ気あるんか、おいっ」という意味にとられてしまいま...続きを読む

Qthe money か money

Jane was working 90 hours a week as a freelance technical writer, not because she needed the money but becaus she didn't know how to say no.

ジェーンは周に90時間フリーのテクニカルライターとして働いていたが、お金が必要だったからではなく、断り方をしらなかったからだ。
(音読でたたきこむTOEFLTEST英文法 p104より引用)

とあるのですが、money にtheをつけなくても文法的には正しい文章であると言えると思いますがいかがでしょうか。
そのときtheがついているときとついていないときのニュアンスの違いを教えて欲しいのです。

theがつくとなにか「特定の目的のためのお金」ということでしょうか?

Aベストアンサー

確かに一般的な話なら、she works for money は「お金が必要だから働いている」なのですが、長々と具体的な仕事の話が出たら「"その仕事に伴う"収入」なので the が付くのが自然です。

特にこの文章に限って言えば、the が付いてないと気持ち悪いです。よく分かりませんが、思うにその理由は、具体的な仕事の状態が既に説明されているので、「その仕事に伴う"その"収入が必要だから働いているわけではない」ので、the が付きます。この文で the を抜くことはちょっと考えられません。なぜなら、既に仕事の内容が説明されているので、それに伴う収入が思いついてしまうからです。

もし、the を付けたくないなら、

she was not working for money, but had been worked 90 hours per week because ...

って言うと思います。ただ、こう言うと #1 さんが指摘してることと同じで、そもそも働く必要すらなかったけど働いていた、って感じもします。

Qwould youとcould you

以前にも質問があったらすみません。
丁寧な依頼のwould youとcould youに違いはありますか?
couldの方が丁寧と聞いたこともあるし
could youは“できましたか?”と勘違いされることも
まれにあるからwouldの方がいい。とも・・・
結局どちらの方が丁寧なのでしょうか?
それともどっちでもいいのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ご質問の回答自体は過去にも回答していますので、参考にして下さい。
あと、ちなみにイギリスに住んでいる人から聞いた話だと、would you ~もcould you~も悪いという訳ではあませんが、実際にはもっと丁寧な言い方、
would you mind ~
と言う言い方の方がより丁寧で、好まれるようです。(文章は長くなりますが)
まあ、丁寧に言っているという事がよりわかりやすい方が良いということですね。

不思議なことに(不思議ではないのかもしれませんが)、日本語でも英語でも文章が長く複雑になるほど敬意が感じられるようです。

では。

QOperational Finance って?

企業の部署名で
Operational Finance (Department) とTreasury Dept.はそれぞれなんと訳すのが適当でしょうか。これとは別にFinance Dept. やAccountingがあります。TreasuryもFinanceも財務部になってしまいそうですが...敢えて分けるとしたらどうなりますか?Googleで検索するとoperational financeって大学の講義名などにもなっているようですが、和訳が見あたりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

operational financeは、自社のファイナンスを担当する部署のように聞こえます。
operational financeもfinanceもあるということは、financeの方が他社のファイナンスを担当するように聞こえるのですが、金融機関か何かですか?

QThere are many words whose meanings I don't know. の考え方?

関係代名詞
「私には意味のわからない単語が多くある」という訳ですが、先行詞とこの文を二つに分けた場合のセンテンスと考え方を教えてください。

Aベストアンサー

分ける?こういうことですか?

There are many words.
I don't know the meanings of the words.

文の骨格は上の文ですね。「単語」というのをより詳しく説明するために、「私には意味がわからない」という語句が付け加えられるのです。

whose というのは、この場合は「関係形容詞」です。meanings という言葉を of the words という意味で形容しているのですね。

whose meanings I don't know
の部分を置き換えると、
[of the words] [meanings] I don't know
で、並べ替えて、
I don't know (the) meanings of the words
となります。

関係詞は、基本的に直前の言葉の言い換えになります。
今の文では whose が words の言い換えになっていますね。
ただし、whose には which と違って of の意味も加わります。
だから、whose = the words ではなく whose = of the words という関係になります。

他にも、where には場所を表す in や to などの意味が、when には時間を表す at や in の意味が加わりますね。

分ける?こういうことですか?

There are many words.
I don't know the meanings of the words.

文の骨格は上の文ですね。「単語」というのをより詳しく説明するために、「私には意味がわからない」という語句が付け加えられるのです。

whose というのは、この場合は「関係形容詞」です。meanings という言葉を of the words という意味で形容しているのですね。

whose meanings I don't know
の部分を置き換えると、
[of the words] [meanings] I don't know
で、並べ替えて、
I don't know (t...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報