ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

膝が痛み出して1ヶ月となるところです。
先日、整形外科に通って「膝に水が溜まっている」といわれました。
その時は、湿布と痛み止めの飲み薬を処方されただけでしたが、
痛みが続くようなら「水を抜きましょう」と言われています。
まだ痛むというか苦しい状態で、きっと水が溜まったままなんだろうなと推測できます。
痛み出した原因は、
1,10年ほど前に前十字靱帯損傷し手術した
2,先月出産。1ヶ月ほど管理入院し安静生活を強いられた。
 
2の場合、安静にしていたことで、出産時は体力は殆どありませんでした。足の筋肉もほとんど落ちたようにおもいます。しかし、体重は以前のまま(現在身長164cm、体重66kgで妊娠前の体重には戻っています)で、以前まではまだ足の筋肉もそこそこあったのでその体重でも支えてこれたが、今の体力ではこの体重はかなりの負担になっているのではないか、と思うんです。

先生にも、「膝を痛めた人は人一倍体重管理に気をつけなければならない」と注意されました。

そこで、今後膝を痛めないためにダイエットをしなければならないのですが、まず膝の痛みを取ること(水抜きや本格的な治療)が先でしょうか。それとも、痛みは温存しつつ(湿布などしながら)食事によるダイエットでまず減量、それから運動して足の筋肉をつけて膝を強化するのがよいのでしょうか。

どっちみち、膝の水は抜かなければならないのでしょうか。
膝の水抜きは痛いと聞くので、できれば水を抜かないで治療したいのですが。それを思うと、病院に行く気になれません。

まず、この痛んだ足でウォーキングなどはしない方がいいですよね?
子供と散歩しながら・・・と考えていたのですが、どうにもこの足では日常生活程度の距離を歩くだけで精一杯なような気がします。

痛みとしては、痛いというより重い、苦しい(正座できなくはないですが、苦しくですぐにやめてしまう程度です)といった症状です。

体重増えたことによって膝を痛めた方、どのように減量(治療)しましたか?また、膝の痛みに詳しい方いましたらアドバイスお願いします。

また、膝の水抜きされた経験者のお話(どんな痛みか、どんな姿勢になってどこに注射されてなど)も教えていただけたらうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

膝の関節に水がたまるのは、関節炎が原因です。

したがって関節炎が治まれば水は引きます。
ただし、あまりに水がたまりすぎて、症状の強い場合や、水の中に炎症の原因となる物質が多く含まれていそうな場合、水の色や粘り気を確認したり細菌の有無を調べるなどが、診断や治療の助けになる場合には水を抜きます。
したがって、やみくもに水を抜くことはお勧めしませんが、医師の判断で水を抜くことは、大学病院を含むどこの病院でも行なわれています。
    • good
    • 1

No,2です。




>しかし、そうやって少しずつ運動量を増やしていけば、次第に膝の筋力
もついて、痛みもなくなっていくという仕組みなのでしょうか?

そういうことです。骨や筋肉が弱くなるのは怖いです。歩くための足です
から、歩かなければ弱くなります。それでは足りない分を筋トレで補って
ください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

あ~なるほど、わかりました!
わかりやすい回答ホントにありがとうございます。
私勘違いしてました。これですっきりしました。さっそく、筋トレに励んでみます!

お礼日時:2009/08/29 00:28

No.2です。




>レントゲンの結果は、水が溜まってる(当時は少量と言われました)、
じん帯や半月版に異常はないそうです

まぁ俗に言う普通の関節炎でパンパンに腫れていなければ、普通はすぐ
に水は抜きません。水の量と引き具合で抜くことはありますが、まずは
お薬で様子を見た方がいいでしょう。誤解が無い様に書きますが、昔は
水を抜くことが主目的の治療でした。抜くと楽になるので、何でもかん
でも抜いていましたが、今は違います。内容物を確認したり、細菌性で
腫れが激しいときは抜きます。


>これは、もう少し飲み続けた方がよいのでしょうか。

痛みが残っているということは、炎症が収まりきっていないと言うこと
です。火種を残しておけば、またぶり返す原因にもなります。私は治る
までしっかり飲んだ方がいいと思いますが、これは主治医と良く相談し
ましょう。


>筋トレの方法は聞きませんでした。

体重をかけずに行うSLRという方法をご紹介します。これは膝も動かし
ませんので、いたいときでもしっかり行ってみてください。

==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しまし
ょう(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くこと
も)

(2)つま先を直角にします(伸ばさない)。膝を曲げずゆっくり足を持
ち上げます。こぶし一つ分ぐらい上げてください(上げすぎると効果が
ありません)

(3)10秒数え、ゆっくり下げます。間をあけず、すぐもう一度繰り返し
てください。これを左10回、右10回します。これを1セットとして2セ
ット行ってください。

(4)楽になってきたら、ゆっくり数えたり、15回にしたりしてください。
各ポイントをしっかり抑えて行ってください。
==========


>また、ウォーキングしてこれ以上膝が悪化するようなことにはなりま
せんか

歩かなければ、筋肉もそうですが骨も弱くなります。歩くと患部の血行
も良くなりますから、歩くのは絶対必要なことです。しかし激痛時は安
静励行です。いまは歩くたび激痛でしょうか?普通に歩けるのなら歩い
た方がいいです。20~30分表を歩ければいいでしょう。これでも痛いよ
うなら10分をしばらく続けてみてください。


他になにかありましたら補足ください。

この回答への補足

さらに詳しい回答ありがとうございます。
むしろ歩かないとダメなのですね。歩くたびに激痛ではないですが、1日けっこう動いたなって時は、夜膝がパンパンになって痛いのはあります。
しかし、そうやって少しずつ運動量を増やしていけば、次第に膝の筋力もついて、痛みもなくなっていくという仕組みなのでしょうか?
LDRの方法、さっそくやってみます。

補足日時:2009/08/28 22:27
    • good
    • 4

お薬はなんというやつですか?


病名は聞きましたか?


>どっちみち、膝の水は抜かなければならないのでしょうか

抜かなくていいと思いますよ。そもそも水が溜まる原因は、関節を守る
ためです。関節にはもともと水があります。その水が過剰に溜まった状
態を 「水が溜まった」 と言っています。これは関節に炎症が起こっ
ているためで抜くと楽になりますが、炎症が治まらなければまた溜まり
ます。安易に水を抜くのは悪循環を招く治療方法です。昔はわけも分か
らずに、楽になるので抜いていたみたいですが、今は抜きません。お薬
で炎症を抑えれば自然と水は引けてきます。飲み薬はしっかり飲んでく
ださい。


まずは痛みをとる治療に主眼をおき、同時に食事制限でダイエット、運
動で筋トレをすればいいと思います。痛いときでも出来る筋トレは教わ
りましたか?聞いていないのなら補足いたします。


>まず、この痛んだ足でウォーキングなどはしない方がいいですよね?

びっこを引くような激痛であれば安静励行です。


注射は注射でもヒアルロン酸を注入する方法あります。医師に聞いてみ
てはいかがでしょうか?

まだ何かありましたらお聞きください。

この回答への補足

詳しい回答ありがとうございます。薬は、ハイペンというものです。現在授乳中なので、母乳に影響しないとのことでした。しかし、痛みがなくなったら薬の服用をやめるように(痛い時に飲むように)言われ、痛いのが収まったので飲まずにいました。関節のすれるような痛みもあったのですが、それがなくなり逆に苦しいような痛み(苦しいの方が強いです)があったくらいなのと、母乳の心配もなくせず結果、今は飲まずにいます。
これは、もう少し飲み続けた方がよいのでしょうか。

現代の治療法で水抜きはしないということで、もう一度通院してみて、もし抜くような話なら、抜かないで治療したいと話せばその方向ですすめてくれそうですよね。

授乳してることもあり、減量することが難しいですが、夕食時、炭水化物をとらないといいと言われ、ご飯の代わりに豆腐一丁を食べています。
あとは、和食中心にするとかでしょうか。
筋トレの方法は聞きませんでした。

また、ウォーキングしてこれ以上膝が悪化するようなことにはなりませんか?それとも、むしろ適度に歩いて筋肉を少しでも鍛えた方が回復が早いのでしょうか。
家にばかりいて、運動もなかなかできないと、結果食べる方向に走ってしまって減量どころではなくなるので、なんとか体を動かしたいです。


病名は特に何も言われていません。レントゲンの結果は、水が溜まってる(当時は少量と言われました)、じん帯や半月版に異常はないそうです

補足日時:2009/08/28 01:16
    • good
    • 1

もしよろしければ、膝痛(ひざ痛)の原因と対策(治療)などにつきましては、医師監修の下記アドレスの内容をご参考に。


http://www.kmedical.jp/hiza.html

参考URL:http://www.kmedical.jp/hiza.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
URL参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/08/28 01:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膝に水がたまったままの生活について

以前、膝に水がたまって…と質問した者です。

膝に少量の水がたまり、最初の診察時は水を抜かずに湿布と痛み止めの飲み薬を処方されただけで、痛みが引かないなら水を抜くことも考えなきゃならないと言われて、それからそちらには通っていません。

また、違う整形外科へも通いました。すると水の話はなく、腫れているねと言われて、現在授乳中のため湿布のみ処方されただけでした。
産後2ヶ月ですが、産後すぐの体はホルモンの関係で関節が炎症を起こしやすく、生理が再開するまでこの痛みと付き合っていかなければならないと言われました。

現在、ダイエットもしたいからと散歩したりストレッチしたことが原因?でますます膝に水がたまって、ついに正座どころかしゃがむことすらできなくなってしまいました。太ももと膝の間、お皿の横あたりがプニョプニョしてて貯まっているのがわかります。立ち上がった時、お皿のちょっと上の方がピキッと痛みが強くなってきたようです。

他の方の似たような質問を読んでみると、水を抜かなくても治る?おさまる?ような方法があったので、水をぬかずになんとか治らないものかと試行錯誤しているところです。

水を抜いても原因がわからなければまたたまるだけなのはわかるのですが、この状態だといったん水を抜いてもらった方がいいのでしょうか。

また、水をぬかずに安静にしていればいつかこの水も引いていくとすればあとどれくらいこの生活を続けなければならないのでしょうか。

そもそも水を多くためたままは体に悪いのですか?
膝に負担をかけない筋トレを以前の質問で回答いただきましたが、痛苦しい今、行っても問題ないのでしょうか。

ヒアルロン酸やコンドロイチンなどのサプリメントを摂取するとよいとありましたが、授乳中でも問題ないですか?

水をぬけば楽になるとありますが、この生活も本当に嫌になりいったん抜いてもらった方が精神的にもよいのでは?と思うようにもなってます。
床に座れず、子供の世話もろくにできずなんだかイライラのしっぱなしです。

また整形外科へいってみてもらった方がよいのでしょうか。

以前、膝に水がたまって…と質問した者です。

膝に少量の水がたまり、最初の診察時は水を抜かずに湿布と痛み止めの飲み薬を処方されただけで、痛みが引かないなら水を抜くことも考えなきゃならないと言われて、それからそちらには通っていません。

また、違う整形外科へも通いました。すると水の話はなく、腫れているねと言われて、現在授乳中のため湿布のみ処方されただけでした。
産後2ヶ月ですが、産後すぐの体はホルモンの関係で関節が炎症を起こしやすく、生理が再開するまでこの痛みと付き合っていか...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5242249.html
↑のNo.2です。再度同じ質問をするときはURLを貼ってください。
探し出すのに少々苦労しました。


>現在、ダイエットもしたいからと散歩したりストレッチしたことが原因?

家では膝のために具体的にどのようなことをしていますか?
ダイエットは運動もそうですが、食事でコントロールしましょう。


>水を抜いても原因がわからなければまたたまるだけなのはわかるのです
が、この状態だといったん水を抜いてもらった方がいいのでしょうか。

これに関しては前の回答No.2・4を再度熟読してください。水が溜まる
のは関節炎が原因です。


>そもそも水を多くためたままは体に悪いのですか?

関節炎を放って置くと軟骨がどんどん減ります。これはものすごいス
ピードで進みますので、お薬で早期に炎症を抑えることは最も重要な治
療になります。薬、手術、コンドロイチンなどのサプリメントなど、今
の医学では減ってしまった軟骨は絶対に再生しません。お薬を服用して
授乳の回避をしてはいかがでしょうか?


>膝に負担をかけない筋トレを以前の質問で回答いただきましたが、痛
苦しい今、行っても問題ないのでしょうか。

膝を直接動かさない、膝に体重をかけるわけではないので安心して行っ
てください。


>ヒアルロン酸やコンドロイチンなどのサプリメントを摂取するとよい
とありましたが、授乳中でも問題ないですか?

さっきもちらっと書きましたが、そもそもこの手サプリメントは全く効
果がないことが最新の研究で分かってます。注射では消炎効果がありま
すので、医師とよく相談してください。


>水をぬけば楽になるとありますが、この生活も本当に嫌になりいった
ん抜いてもらった方が精神的にもよいのでは?と思うようにもなってます。

前回答のNo.2を熟読してください。


>床に座れず、子供の世話もろくにできずなんだかイライラのしっぱな
しです。また整形外科へいってみてもらった方がよいのでしょうか。

今飲んでいる薬があるのなら、お薬手帳を持って言って下さい。


もしやお風呂で温まってはいないですか??患部にシップを貼って下さ
い。自己流のマッサージやストレッチは筋肉や神経を傷め、アルコー
ル、お風呂は炎症を悪化させる恐れがあるので控えましょう。


どちらにしても前回の回答をよく読んで理解しておきましょう。それで
も分からなければ聞いてください。

こんばんは。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5242249.html
↑のNo.2です。再度同じ質問をするときはURLを貼ってください。
探し出すのに少々苦労しました。


>現在、ダイエットもしたいからと散歩したりストレッチしたことが原因?

家では膝のために具体的にどのようなことをしていますか?
ダイエットは運動もそうですが、食事でコントロールしましょう。


>水を抜いても原因がわからなければまたたまるだけなのはわかるのです
が、この状態だといったん水を抜いてもらった方がいいのでしょうか...続きを読む

Q膝に溜まった水を抜くのって痛いんですか

膝に溜まった水を抜くのは痛い、とよく聞きます。

叔母もそう言ってましたし、知人もけっこう大きな注射器で水を何回も抜いていたそうです。

叔母に「腕に注射するくらいの痛さですか」と聞いたら、「いやあ~。もっと痛いわあ~」と言ってました。いったん刺してから少しずつ奥のほうまで押し込んでいく感じで、抜くときのほうがもっと痛いとのことでした。

ほんとにそんなに痛いのですか。

その痛さを表現するとすれば、どんな感じですか。
他のどんな痛みと同程度ですか。

我慢できる範囲ですか。

最後に、そんな水を抜くなんてことにならないようにするには日ごろどんなことに気をつけていればいいですか。

よろしくご回答、お願いします。

Aベストアンサー

まず関節の構造についてお話しします。関節とは袋に包まれておりその袋は栄養液によって満たされています。栄養液は関節内の組織の環境を保つために働いています。その液のことを一般に “水” と呼び、栄養液が過剰に溜まった状態を “水がたまった” と言っています。ですから、水というのは関節内にもともと存在します。

ではなぜ水がたまるのか?関節に何か異常が起こると、体は関節に水を送り防御態勢に入るのです。例えばプールやお風呂で体が浮くのと同じです。具体的に異常とは炎症(関節炎)です。ちなみに捻った、ぶつかったで水が溜まる場合、関節内組織のケガにより血が溜まることもあります。


>ほんとにそんなに痛いのですか。

すいません前置きが長くなりましたが、本題です。体に針を刺すわけですから、痛みがあって当然です。痛みがあるのは前提とし、痛みとは個人差があります。同じ強さでつねっても痛いとい感じる人もいれば、気持ちいいと感じる人もいます。

また刺す位置ミリ単位の微妙な違いによって、痛い場所と痛くない場所が皮膚上には存在します。ですから結論としては痛くない人もいれば、痛い人もいる。痛くない時もあれば、痛い時もあるのです。


>我慢できる範囲ですか。

麻酔の話がありますが、普通麻酔はしません。要するにその程度の痛みです。ただ先ほど言ったように、炎症が起こって水が溜まるわけです。炎症とは組織が腫れますし、水で余計にパンパンになっています。膨らんだ風船に針を刺すように...。ですからやはり痛いと感じる人が多いですが、刺す人の技術や選ぶ道具にも左右されます。


>最後に、そんな水を抜くなんてことにならないようにするには日ごろどんなことに気をつけていればいいですか。

今おいくつかってことも関係しますが、若いのであればそんなに気にすることはありません。スポーツをプロになるくらい頑張らない(軟骨の保護)、極端な運動不足を避ける(筋力低下を予防)、食事を三食バランスよくとる(骨強度、体重増加を避ける)とかです。

中高年以降であれば屋外ウォーキングを日課とし、腿前の筋肉をしっかり鍛えてあげることです。体重が重ければダイエット、膝の状況が悪ければ個々に応じたリハビリメニューが必要になってきます。治療が必要な状態なら、病院でお薬、リハビリが必要になってくるでしょう。

中高年以上の関節炎で一番頻度が高いのが、変形性膝関節症というものです。これは軟骨が減り、関節の形が変わってしまうものですが、早い話関節の老化現象なんです。ですから歳をとればとるだけこの病気のリスクは増します。超高齢化社会日本では国民病ともいえます。どんなに注意しても長く生きればかなりの確率でなりますから(特に女性)、なった時に早めに、正しい施設(整体や整骨院ではなく整形外科)で、しっかり治療をすることが大事になってきます。


ここからは補足です。注射で水を抜くという治療は、大昔の治療方法です。水が炎症の原因ではないので、水が抜けても炎症は治まらないからです。逆に関節を保護している水を抜いてしまえば、どうなるか・・・悪循環になりますよね。俗に言う 「水を抜くと癖になる」 という状態です。確かに水を抜けば楽になるので、昔はわけも分からずに抜いていたようです。まだこのような処置を行う病院があるようなので、そういうところは注 意した方がいいと思います。(原因によっては抜くことも必要な場合があります)

関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因にな ります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。お薬で根本的に炎症を治せば、体は過剰分の水を自然と吸収します。お薬は自己判断でのまず処方どおりにしっかり飲んでください。

また自己処置の話がありますが、これは大変に危険な行為なので絶対に真似しないでください。関節内は無菌に保たれています。病院でも注射器はディポザーブル(使い捨て)をつかい、消毒は複数回入念に行います。それでも感染の可能性は100%排除できません。設備や知識が伴わない家庭でやるなんて自殺行為です。関節の感染は抗生物質とかが使えなので、非常にやっかいなことになります。この質問をご覧の方々も絶対に真似しないでください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

まず関節の構造についてお話しします。関節とは袋に包まれておりその袋は栄養液によって満たされています。栄養液は関節内の組織の環境を保つために働いています。その液のことを一般に “水” と呼び、栄養液が過剰に溜まった状態を “水がたまった” と言っています。ですから、水というのは関節内にもともと存在します。

ではなぜ水がたまるのか?関節に何か異常が起こると、体は関節に水を送り防御態勢に入るのです。例えばプールやお風呂で体が浮くのと同じです。具体的に異常とは炎症(関節炎)です。ちな...続きを読む

Q初めて膝に水がたまりました。

54歳主婦です。
2週間くらい前から左足裏の土ふまずのところが痛みだし、ちょっと歩きすぎたかな?くらいに考えていたのですが、2日前から同じ左足膝が曲がりにくくなり階段の上りがきつくなってきてしまいました。
右足は普通に上がるのに、左足がついてあがって来ずしかも膝下に痛みが走ります。

早速整形外科に行き、レントゲン触診をしていただいたところ、私には自覚がなかったのですが、「腫れているし、熱ももっていますね」と言われてしまいました。
ちなみに水も少したまっていますとのことでショックだったのですが、抜くほどの水の量たまっているわけではないとのことで、しばらくリハビリとテーピング固定で様子を見ましょうといわれました。
よく膝の水を抜くということは聞いていますが、少しの量であれば抜かずに引いてしまうことはあるのでしょうか。
結構注射で水を抜くのは痛いと聞きますので、怖がりの私はできれば今の状態から引いてくれることを願っています。
膝に溜まりかけている水を抜かずに治った方がもしいらっしゃれば、その体験をお聞かせ願えればと思い質問を投稿させていただきました。

54歳主婦です。
2週間くらい前から左足裏の土ふまずのところが痛みだし、ちょっと歩きすぎたかな?くらいに考えていたのですが、2日前から同じ左足膝が曲がりにくくなり階段の上りがきつくなってきてしまいました。
右足は普通に上がるのに、左足がついてあがって来ずしかも膝下に痛みが走ります。

早速整形外科に行き、レントゲン触診をしていただいたところ、私には自覚がなかったのですが、「腫れているし、熱ももっていますね」と言われてしまいました。
ちなみに水も少したまっていますとのことでショックだ...続きを読む

Aベストアンサー

膝関節の水は
関節内や半月板に炎症が起こると
滑膜から分泌される液体です。
少量の場合は抜きませんが
沢山溜まっていると抜いたほうがよろしいです。
沢山溜まったままにしておくと
滑膜を刺激し
もっと分泌されます。
少量であろうが
多量であろうが
原因である炎症を抑えることが大切になります。

テーピングで固定されているので
普通どおりには動きにくいはずです。
今はあまり動かさないこと
要するに安静に近い状態がよいということです。
正座は膝に負担がかかります。
今はやめておいたほうがいいですね。
お買い物をして
重い荷物を持って歩くのも
膝にとても負担がかかるので止めておきましょう。

炎症があるので
温めないほうがいいですね。
どちらかというと
冷やすほうがいいです。
ちなみにシップは冷やす目的でするものではありません。
皮膚から炎症を抑える薬を吸収させるための物です。
シップをするのもいいですし
アイスノンなどで冷やすのも
炎症を抑えるのに効果があります。

炎症がおさまり水が自然に吸収され
今までの生活が1日も早くできるように祈っています。
お大事になさってください。

膝関節の水は
関節内や半月板に炎症が起こると
滑膜から分泌される液体です。
少量の場合は抜きませんが
沢山溜まっていると抜いたほうがよろしいです。
沢山溜まったままにしておくと
滑膜を刺激し
もっと分泌されます。
少量であろうが
多量であろうが
原因である炎症を抑えることが大切になります。

テーピングで固定されているので
普通どおりには動きにくいはずです。
今はあまり動かさないこと
要するに安静に近い状態がよいということです。
正座は膝に負担がかかります。
今はやめておいたほうがいいです...続きを読む

Q膝の水は放っておくと・・・?

こんにちは 40代半ばの女性です。
先日買い物を兼ねたちょっと遠い所へウォーキングに出たら道を間違えかなり長距離を歩くことになってしまいました。(ウォーキングは日課ですがこの日は3万歩近く歩きました)
翌日右ひざが痛み出しましたが、激痛では無かったので様子を見てましたが5日程でだんだん曲げにくくなり「家庭の医学」で確認したら水が溜まると曲げにくい、と書いてありました。
痛むというより膝の周りにクッションが巻きついてるような感覚でした。
2,3日程その状態が続いたので病院に行こうとしたら膝の状態がおさまってきたのかクッションの巻きついた感覚が無くなりまして、曲げると少々痛む程度です。
水が溜まったのかどうかも不明です。
そこで質問なのですが、膝に溜まった水は自然に消えることがあるのでしょうか?
少量でも溜まってるのは良くないのか教えて頂きたいのです。
長引くようでしたら病院にも行く予定ですが、できましたら先に経験者の方や治療に携わっていらっしゃる方にお話をお聞きしたいと思いました。
どうぞ宜しくお願い致します。

 

Aベストアンサー

膝の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に「水が溜
まった」と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節
に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂
に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は
関節に行っています。

しかし関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみま
す。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の
医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があ
ります。

しかし注射で水を抜くという治療は、大昔の治療方法です。水が炎症の
原因ではないので、水が抜けても炎症は治まらないからです。逆に関節
を保護している水を抜いてしまえば、どうなるか・・・悪循環になりますよね。
確かに水を抜けば楽になるので、昔はわけも分からずに抜いていたよう
です。まだこのような処置を行う病院があるようなので、そういうとこ
ろは注意した方がいいと思います。(原因によっては抜くことも必要な
場合があります)

お薬で根本的に炎症を治せば、体は過剰分の水を自然と吸収します。
お薬は自己判断でのまず処方どおりにしっかり飲んでください。


まずは早急に整形外科に行かれてください。
たいしたことなければシップ、酷いようなら飲み薬、あとは注射や電気
治療などのリハビリもあります。医師と良く相談してみてください。


>ウォーキングは日課ですがこの日は3万歩近く歩きました

ウォーキングを日課にされていることはとてもいいことです。今は痛み
を取ることに専念し、完治すれば是非続けてください。

膝には腿の前の筋肉(大腿四頭筋)が一番重要で、ここを鍛えれば膝を
強力に補強することになります。つまり “自前のサポーター” にな
ります。

本物のサポーターは、保温目的の筒状の緩めのもであればいいですが、
マジックテープや添え木が入っているいるものは筋肉が落ちますので止
めましょう。

ウォーキングだけでは、ここの四頭筋を鍛えるには少し足りませんから
以下のトレーニング方法をご説明しておきます。

==========
(1)仰向けで寝ます。膝のお皿が真上に向くように、向きを調整しまし
ょう(つま先は必ず真上に向きません。人によっては内側に向くこと
も)

(2)つま先を直角にします(伸ばさない)。膝を曲げずゆっくり足を持
ち上げます。こぶし一つ分ぐらい上げてください(上げすぎると効果が
ありません)。

(3)10秒数え、ゆっくり下げます。間をあけず、すぐもう一度繰り返し
てください。これを左10回、右10回します。これを1セットとして2セ
ット行ってください。

(4)楽になってきたら、ゆっくり数えたり、15回にしたりしてください。
==========

各ポイントをしっかり押えて行ってください。この筋トレはスクワット
のように体重が膝にかかりませんし、関節を直接動かしているわけでは
ないので、痛みが強いときでも安心して行えます。


最後に治療院についてご説明します。
~治療院について~
 
 整体・カイロプラクティック・・・「骨盤矯正・骨格矯正」 これは
  全て真っ赤な嘘です。そもそも彼らは公的資格が一切ありません。
  早い話、無資格の素人です。誰でも明日からすぐに営業できます。
  素人さんですから、勿論健康保険は使えませんし、自賠責だって保
  険屋からは相手にされません。背骨と背骨の間に椎間板というクッ
  ションがありますが、整体やカイロで薄くなるということが確認さ
  れています。一回ぐらいでは大丈夫だと思いますが、一年も通えば
  驚異的なスピードで椎間板は劣化します。長期的に見れば確実に悪
  化します。

 整骨院・・・柔道整復師という国家資格者で、接骨院、骨接ぎとも呼
  ばれています。肩コリや腰痛など治療する所だと勘違いされている
  方もいますが、ここは捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折)などのい
  わゆるケガを治療する施設です。
  
  一番下の Q:接骨院や整骨院はどのような時にかかったら良いんで
  すか? をご覧下さい
  http://www.shadan-nissei.or.jp/judo/faq.html
  
  腰痛や肩コリの治療は一切出来ません。 「歯医者で眼の治療」 
  をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯
  し、慢性膝痛を「膝のねんざ」など嘘の受傷理由を添付して、健康
  保険を偽装請求し荒稼ぎしています。不正は業界ぐるみで行われて
  おり、全国に約三万件と整骨院はあります。政府管掌系の社会保険
  から約400億円、老人保険系から約800億円、保険はさらに数種類あ
  り、2007年度で約3000億円かかっています。言うまでもなく、保険
  料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほ
  とんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納
  得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度に
  して浮いたお金が3000億円です。

 鍼灸整骨院・・・鍼灸師と柔道整復師の免許をもている方、もしくは
  それぞれの施術者いる施設です。ここも整骨の保険を悪用している
  可能性があります。鍼灸は保険が使えますが必ず医師の診察の上、
  同意書が必要です。保険証を窓口に提示して即保険で鍼治療の場合
  は、整骨の保険(ケガの保険)で鍼をしているケースが多いです。
  これは例えていうなら、出産時自然分娩にもかかわらず、帝王切開
  として保険請求するようなことです。これが普通の病院なら大問題
  です。マスコミに大きく報道され、二度と再起できない状態に追い
  込まれるでしょう。しかし鍼灸整骨院に関してはお咎めなしです。


 鍼灸・マッサージ・・・国家資格者ですから、代替医療にかかるのな
  らこれしかないでしょうね。マッサージは肩凝りでは保険が使えま
  せんが、鍼であれば使えます。しかし医師の診断が必要です。



痛い所があれば患部にシップを貼って下さい。自己流のマッサージやス
トレッチは筋肉や神経を傷め、アルコール、お風呂は炎症を悪化させる
恐れがあるので控えましょう。

レントゲンは病院でしか取れませんので、整体、接骨院、整骨院ではなく
必ず整形外科を受診してください。


長文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

膝の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に「水が溜
まった」と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節
に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂
に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は
関節に行っています。

しかし関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみま
す。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の
医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必...続きを読む

Q膝に水が溜まるのを放置して良いか?

小生69才男性。4日前、何気なく右膝に目をやると膝皿の下側に膨れがあるのに気付きました。
大きさは、直径約5cm、中心部高さ1cm位でぶよぶよ柔らかい感じ。
痛みはありません。
思いあたる事といえ、ば3ヶ月前、体育館にてレシーブの際に床に膝を付いてしまい、少し痛めたことがあります。
2週間で痛みは消えましたし、最近までは膨れには気がつかなかったので、膝を付いて痛めたことが原因とは思いがたく、
暫く、このまま膨れの大きさの変化と無痛状態の監視し続けようと思います。

類似の経験者がいらっしゃったら、対処経験や病院での診断・治療の要否などをお教示ねがいます。

Aベストアンサー

#3です。


病院にいく=水を抜く

ということにはなりません。水が溜まる原因は炎症です。体は炎症から関節を守るためにどんどん水を送るわけです。なので関節を保護している水をむやみに抜くとどうなるか・・・炎症はひどくなりさらに水が溜まる状況になります。これを俗に 「水を抜くと癖になる」 と言っているものです。確かに水を抜くと一時的に痛みが軽減されますので、何もわからずにとりあえず抜くという時代がありました。ですが今は違います。薬で炎症を抑えれば自然と水は適量になります。炎症は関節の劣化をすすめますので、薬で早急に抑える必要があります。ただし、大量に溜まると組織に大きな負担をかけるので多少抜かなきゃいけないこともありますし、感染症の場合は水が汚れている状態ですから抜かなければいけない状況も勿論あります。

ご質問の状況ではガングリオンのようなことも考えられますし何とも言えません。ただ普通ではないですから、早めに確認してもらうことをお勧めいたします。


お大事にされてください。

Q膝に水が溜まってます。放っておいても良いのか?

こけて 膝を打ったのですが、いつからなったのかわかりませんが、2週間後位に水が溜まってることに気付きました。

病院でレントゲンを撮りましたが、骨には異常がありませんでしたので、先生は抜いても抜かなくてもどちらでもよいと言われたので、取りあえず様子をみますということで、抜きませんでした。

ウォーキングが好きで良く歩きますが、先生は膝をつかないなら、歩いても全く大丈夫と言われました。
痛みは有りませんが、気持ちの問題か、足がだるい感じがします。

水は抜いたほうがいいのか? このまま置いてるとどれぐらいで水がひくものなのか?教えて頂きたく思います。
痛みはありませんが,足がうっとおしく感じます。

Aベストアンサー

膝の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に 「水が溜まった」 と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は関節に行っています。関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。

しかし注射で水を抜くという治療は、大昔の治療方法です。水が炎症の原因ではないので、水が抜けても炎症は治まらないからです。逆に関節を保護している水を抜いてしまえば、どうなるか・・・悪循環になりますよね。俗に言う 「水を抜くと癖になる」 という状態です。確かに 水を抜けば楽になるので、昔はわけも分からずに抜いていたようです。まだこのような処置を行う病院があるようなので、そういうところは注 意した方がいいと思います。(原因によっては抜くことも必要な場合があります)

今何かお薬やリハビリなど治療は受けていますか?引きが悪いようでしたら、お薬も含め治療方法の検討を主治医とされてみてもいいと思います。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

膝の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に 「水が溜まった」 と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は関節に行っています。関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。

し...続きを読む

Q水がたまった膝の痛みは接骨院や鍼灸院で治せますか?

1週間ほど前に膝が腫れて痛んだため、整形外科の診察を受けました。
レントゲンの結果、骨には異常が無く、抜いた関節液もきれいでしたので、単なる関節の炎症とのこと。
痛み止めの飲み薬と炎症止めの塗り薬と湿布をもらい、睡眠時だけ湿布と包帯による軽い固定をするように言われました。

しかし、普段から冷え性で足がむくみがちなものですから、肝心の患部の痛みより、冷たい湿布と軽い固定による冷えとむくみの方が耐え難く、酷い日は一睡も出来ませんでした。
また、膝をかばって歩くため、足首や反対の膝まで痛くなって来てしまいました。
痛みも相変わらずですし、また水もたまって来たようです。

いろいろ調べてみると、整形外科の治療はなかなか効き目が出ないようです。膝は長引くとは聞いていましたのである程度覚悟はしていたのですが、このまま湿布と固定を続けるのは辛いです。

そこで、以前肩こりでお世話になった接骨院に行ってみようかと思うのですが、たまってしまう水だけは整形外科で抜いてもらった方がいいのでしょうか?
それとも、接骨院の治療に効果があれば自然に吸収されてしまうものなのでしょうか?

出来れば、実際に経験した方や接骨に詳しい方のお話が伺いたいです。
どうぞよろしくお願いします。

1週間ほど前に膝が腫れて痛んだため、整形外科の診察を受けました。
レントゲンの結果、骨には異常が無く、抜いた関節液もきれいでしたので、単なる関節の炎症とのこと。
痛み止めの飲み薬と炎症止めの塗り薬と湿布をもらい、睡眠時だけ湿布と包帯による軽い固定をするように言われました。

しかし、普段から冷え性で足がむくみがちなものですから、肝心の患部の痛みより、冷たい湿布と軽い固定による冷えとむくみの方が耐え難く、酷い日は一睡も出来ませんでした。
また、膝をかばって歩くため、足首や反対...続きを読む

Aベストアンサー

鍼灸師です。
接骨に関してはわかりませんので鍼灸についてだけ。

治療が適切であれば、鍼灸でも早期回復は可能です。
ただ、整形外科との併用が望ましいと考えています。

関節水腫は水を抜くだけでもかなり楽になりますから、よほどひどく水がたまっているときは病院で抜いてもらってください。
その状態が長く続くように鍼灸などを併用するといいですよ。

鍼灸師でした。

Q膝が痛くて、注射を薦められていますが、どうなんでしょうか?

変形性膝関節炎で、注射を薦められました。
痛み止めではなく、クッションの役目をするものを注入するらしいのです。
友人はとっても痛かったといいます。
これで良くなったと言う人もいて迷っています。
経験された方おられましたらどんな具合なのか教えてください。
今は膝を曲げたり、階段を上るときに痛みます。
58歳主婦です。
整骨院で電気を当てて暖めていますがあまり効果はない様に思いますが・・・

Aベストアンサー

関節内に入れる注射はヒアルロン酸といいます。齢をとってくると、関節内にある関節液の粘り気が減り、軟骨のすべりが悪くなるため、それを補うものです。治療効果は痛みと関節炎の改善で、保険治療薬として認められているとおりちゃんとあります。また動物実験のデータでは、軟骨細胞内に入り込み軟骨ができる助けになるというものもあります。ただし現時点で軟骨を再生させるということが完全に証明されている薬はありません。サプリメントについては数年前にサプリメント服用で軟骨が増えたという報告があり、それをもとに大々的に宣伝していますが、メーカーのおかかえの研究であったことと、その後それを裏付けるものがないので、サプリメントで軟骨が増えると思っている医者はまずいません。ただし除痛作用についてはあるようです。
整骨院で行っている治療は、病院でもやるので内容的には問題ないと思います。ただし、整骨院では、膝の変形などの慢性疾患は保険を使って治療できないことが法律で決まっているので、保険がきくとするとおそらく捻挫という嘘の病名をつけていると思います。病名については健康保険組合に問い合わせればわかりますよ。

関節内に入れる注射はヒアルロン酸といいます。齢をとってくると、関節内にある関節液の粘り気が減り、軟骨のすべりが悪くなるため、それを補うものです。治療効果は痛みと関節炎の改善で、保険治療薬として認められているとおりちゃんとあります。また動物実験のデータでは、軟骨細胞内に入り込み軟骨ができる助けになるというものもあります。ただし現時点で軟骨を再生させるということが完全に証明されている薬はありません。サプリメントについては数年前にサプリメント服用で軟骨が増えたという報告があり、...続きを読む

Q膝の水抜きを行ったあとに激痛が走りました.

膝の水抜きを行ったあとに激痛が走りました.
親戚の話なのですが,膝が悪く溜まった水を定期的に抜きに言っているようです.先日も水を抜いてもらいに行ったところ,突然激痛が走ったとのこと,施術した先生の説明もいつもとトーンが異なり「ちゃんとやることはやったんだから・・・」と曖昧な説明で痛み止めと杖を処方されたとのこと.
ここで質問ですが,
1)この激痛はどうすれば治るのでしょうか.
(時間経過でよくはなってきている様ではあるのですが,直るのかどうか分からないので)
2)杖無しでも歩けるようになるのでしょうか.
3)そのままその病院に通い続けた方が良いのでしょうか.
4)別の病院に行く場合,どのように問診に回答したらよいのでしょうか.
その他アドバイスなど有れば,お教え下さい.

Aベストアンサー

膝 の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に「水が溜まった」と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は関節に行っています。

しかし関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。

しかし注射で水を抜くという治療は、大昔の治療方法です。水が炎症の原因ではないので、水が抜けても炎症は治まらないからです。逆に関節を保護している水を抜いてしまえば、どうなるか・・・悪循環になりますよね。確かに水を抜けば楽になるので、昔はわけも分からずに抜いていたようです。まだこのような処置を行う病院があるようなので、そういうところは注意した方がいいと思います。(原因によっては抜くことも必要な場合があります)

お薬で根本的に炎症を治せば、体は過剰分の水を自然と吸収します。
お薬は自己判断でのまず処方どおりにしっかり飲んでください。


>1)この激痛はどうすれば治るのでしょうか.
(時間経過でよくはなってきている様ではあるのですが,直るのかどうか分からないので)

しかしながら、普通は水を抜くと痛みは軽くなります。ですから昔はこれがあたりまでしたし、いまだに希望する患者さんが多いのです。原因は注射行った医師本人にしか分かりません。注射で膝のどこかの組織を傷つけたのかもしれません。


>2)杖無しでも歩けるようになるのでしょうか.

今よくなっているようであれば、歩けるかもしれませんが、原因が分からないのでなんともいえません。


>3)そのままその病院に通い続けた方が良いのでしょうか.

最初につらつらと書いた理由から、行かない方がいいと思います。


>4)別の病院に行く場合,どのように問診に回答したらよいのでしょうか.

正直に書いてください。そして医師に直接話しましょう。ちゃんと聞いてくれる医師は良い医師だと思います。


お大事にどうぞ。

膝 の水はもともとあるもので、過剰に溜まった状態を一般に「水が溜まった」と言っています。水は軟骨などを栄養するために存在し、関節に炎症が起こると、体は関節を守るために水を送ります。例えばお風呂に入ると体が軽くなり体重の負担がなくなりますよね?同じことを体は関節に行っています。

しかし関節炎を放って置くと、異常なスピードで軟骨の破壊がすすみます。軟骨はスムーズな関節動きや、減ればO脚の原因になります。今の医学では軟骨の再生は出来ませんから、関節炎は早急に抑える必要があります。...続きを読む

Q膝に少量の水の場合

二週間前に膝が痛くなり、病院に行きました。

レントゲンを撮って、みてもらうと
「骨に異常はないので、関節に炎症がおきて水が少し溜まった状態ですね、おそらく5~6cc。少ないので抜くほどではないです」
と診断されました。
私は「大したことないのかな」と軽く考えてしまったのですが
二週間経った今も、あまり治ったカンジがなくまだ少し腫れていて
まっすぐ膝を伸ばすのは辛いです。
週末にまた病院には行くつもりです。

私のような少量の水が溜まった方にお聞きしたいのですが、どのくらいの期間で治りましたか?
また、治療はどのようにされましたか?教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。
私は以前から膝に水がたまっていましたが始めのうちは抜くと癖になるから・・・といってそこではシップ薬をもらうだけでした。
なのでそれを貼ってしのぐ感じでなかなか痛みもひかずしばらく痛みをこらえて生活していました。
何度か繰り返していたのですが一昨年久々になってかなり痛かったので違う病院で診てもらうと他の原因も疑われレントゲン以外にMRIもとって水だとわかったのでその場で抜かれました(注射で)
10cc~12ccくらいです。
でもすぐたまるんですよね。1週間に一度は抜いてもらいに通院しました。
しかし当時私はスイミングへ通っていたのですが(ほぼ毎日)妊娠を機にスイミングをやめ自宅安静で寝たきりになったため動かなくなったら治ってしまいました。
それ以降はたまに痛くなることもありますがすぐ治っています。

あまり歩きすぎたり運動すると悪化しちゃうみたいです(実際医師にも運動禁止と言われていました)

抜くとすごく楽になりますが(私が通院してたところは少量でも抜いておりました)すぐたまるし抜かないほうが再発しない気がします(昔は治ればしばらくなりませんでしたから)

こんばんは。
私は以前から膝に水がたまっていましたが始めのうちは抜くと癖になるから・・・といってそこではシップ薬をもらうだけでした。
なのでそれを貼ってしのぐ感じでなかなか痛みもひかずしばらく痛みをこらえて生活していました。
何度か繰り返していたのですが一昨年久々になってかなり痛かったので違う病院で診てもらうと他の原因も疑われレントゲン以外にMRIもとって水だとわかったのでその場で抜かれました(注射で)
10cc~12ccくらいです。
でもすぐたまるんですよね。1週間に一度は...続きを読む


人気Q&Aランキング