gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

知り合いの東大物理学修了の人はすごいんです。

(1)技術士電気電子部門
(2)電気主任技術者1種
(3)博士(理学)

などなど他に合格率1%の資格を32歳にしていろいろ持っています。

私なんか電気屋なのに電気主任技術者1種3回落ちました(汗)

こんな優秀な技術者引っ張りだこですよ。

毎年東大卒は3000人でていますが、みなさんこの人みたいに優秀なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

なんだかんだ言われがちですけど実際に会うと東大や京大卒は優秀な人多いですよ(イケメンかどうか、性格が良いかどうかとはまた別の話です、当然)。




高学歴はやたら意味も根拠もなく崇拝されるか、
あるいは意味もなく叩かれるかどちらかだと思います。
しかしそこにいる数百人、数千人は(当然ながら)生身の人間であり、
けっこうチャラチャラしてる人もいるし、堅物もいるし、
当然そういう毛色の違う人たちは学内でもあまり仲良くないです。
だから「東大卒は○○」と言うのは「日本人は背が低い」ぐらいの
枠組みだと思いますね(低い人は多い、が当然高い人もいるでしょ)。

優秀じゃない人もいますね。そういう人ほど過去の話をするのが好きですね。小学生とか高校生の頃の話を。でその現在は努力不足な人が多いです。自堕落に過ごせば当然、身体も心身も当然落ちていくのは確実なのですから、自由も考え物です。
いわゆる「日本の大学生的」な方法論は日本人の特性には向いていないのかもしれないですね。
東大で理学博士を取った人なら学内的にも相当優秀と思いますよ。理系だと東大京大でも4年生やM1、2ぐらいでどうも自分の実力に疑問を持ってしまったり、進路に不安を抱える人が多いみたいです。そういう人は小中高と学年トップクラスで来てるので、そういう時は凄く悩むみたいですね。
    • good
    • 1

 まず、箱根の山越える東大卒はかなりばらつき多いです。

正直Fランク大学のほうがマシというレベルです。まぁ先生そのものが”不良債権”と呼んでさっさと卒業させようということですから当てにならないでしょう。
 ただ、上記資格についてはそんなにすごいのかな?という気がします。日本の博士号にばらつきについては結構酷いものだし、技術士の電子部門についても、ドクター行くような人なら実戦経験もあるでしょう。(技術士の試験は経験がかなりものをいいます)
 30過ぎた技術者なら資格より実績を見ることになると思うので、論文しだいでしょう。これで大体エンジニアのレベルわかります。(あと傾向も)
    • good
    • 0

勉強という面では、東大、京大には鬼才が揃ってます。


人間的とか、ほんとうの頭のよさかどうかは疑問ですが、凄いことは確かです。
 悲しいことにうちの従兄弟で1つ上と1つ下が京大生でしたが、兄は賢かったけれど、弟は凡庸でしたよ、勉強以外はそれでプライドだけ高くて。
 兄の方は私が三流高校卒でも差別せずに、少し偉そうではありましたがふつうに話出来ましたが、弟はだめでした。俺は賢いって勘違いしてました。
 確かに勉強は出来ましたが、それだけでした。
 説明になってませんが、勉強、受験、試験には抜群の才能があります。
 ただ、ほんとうに賢い方は一握りかもしれませんよ。
 神戸大卒の従兄弟もいますが、勉強とか以外のことはからしきだめ。
 テキスト、何かに載っているのは強いけど、日常常識ないし、ふつうに会話出来ません。
    • good
    • 1

その方は「電気電子」関係の専門家ですね。


立場としては「出題する側」ですから、試験には強いでしょう。
でも技術者として優秀かどうか?三十二歳ではこれからの駆け出しですね。
    • good
    • 1

その人はたぶん資格マニア。

    • good
    • 0

まぁ試験には強い体質の人が多いから。

    • good
    • 0

勉強というカテゴリーの中では非常に優れていると思います。



人間性とか、それ以外の事柄になると、通常の人よりも?
どこか、少し変わっている人が多いようにも感じます。
そして、うつ病の人は多いですね。

天才となんとかは、紙一重という言葉がありますが、私が見た東京大学卒の人達は、やはりどこかが違うと思います、それは、良い意味でも悪い意味でも同じです。
確かに、勉強がもともと好きだった人が多いようにも思います。
    • good
    • 0

東大モンスターですか。


どの大学でもトップとは違う意味での凄さです、学部事に何処でも秀でた方は居ますけど・・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q技術士と一級建築士はどっちが難しいの?

私の会社には技術士をもっている人がいて、友人の会社は一級建築士を持っている人がいるようです。
はっきり言ってどちらの資格が難しいのでしょうか?
興味本位ですので暇なときに回答ください。

Aベストアンサー

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています。
ただし、建築というのは芸術性も求まられることから、芸術性が技術士に比べれば比重が大きい資格であるといえます。

建築士というか建築家の中には技術者側面よりも、芸術家側面の方が強い人も多くいます。
大学教育においても芸術学部でも工学部同様建築士の受験資格が与えられるところもあります。

以上のように建築士という資格は技術系の資格としては特殊なものとなっています。

しかし、技術士法が作られたとき既に建築士制度はありましたので、建築は技術部門として除かれたのだと思います。

私自身はゼネコン経験者なのですが、身の回りを見ると引用させて頂いたような気持ちを持っている人が多くいることは、正しいと思います。

また建築士の中でも芸術的職務の傾向が強い意匠設計者から構造設計者や設備設計者が下請で仕事をすることが多い関係上いう、技術者を下に見る傾向が強い人も多くいるということを付け加えさせてただ来ます。

逆に技術士は、建築士のように職業を独占できる資格ではないため、受験者数が少なく、また建築士に比べて歴史も浅いため、建築士ほど知名度の高くなく、取得者数は少ないです(同様に博士号に比べても)
そのため希少価値をもって上と見なす人もいるようです(なお、建築士有資格者は本来のその資格に対する需要に比べて多すぎて、資格の価値が低下している)。

このように近くて非なるものってライバル意識が強いというのは建築土木に限らず同様に存在すると思います。


なお、あくまでも個人的な資格に対してのイメージですが、建築士は運転免許に近いものがあります(難度は違いますが)。

自動車免許を持っている人を自動車運転の専門家といわないように、建築士の資格を持っていることイコール建築の専門家ではありません。
建築士の取得は建築設計・監理を行うためのスタートラインについたことを示す程度の資格(ライセンス)だと思っています。ちなみに運転免許証同様かなりの数のペーパー建築士がおります。

一方技術士は試験内容からいって、今まで行った業績に対しての1種の評価書であり、この点は論文に対する評価を行う博士号に近いものがあります(近いので技術士と博士号に比較はわりと耳にしますが、かなり異なる建築士と博士号の比較はあまり聞きません)。


>私が知りたかったのは、この程度のレベルで、技術士と一級建築士にはどっちに多く票が集まるだろうと言うことです。

ということでしたら、個人的には技術士の方が難しい資格だと思います。

建築士はその制度上、職業的独占権を有している関係上、資格取得者が0になったら、日本国内で建築の設計は行われないことになります。だから誰かに与える必要があります。
一方技術士は名称独占権はありますが、職業的独占権はないので(入札条件などで求められることはありますけど)、技術士という資格取得者がいなくとも、それを行える能力技術者がいれば、問題なく行えることになっています。

以上のように建築士は、建築設計及び監理を行う上で必要最低限必要な知識・技能を持っていることを確認して、許可を与えるための資格で、資格取得時点では技術者として最低限必要なラインをクリアしていることを示している程度ですが、技術士は「高等の専門的応用能力を必要とする事項」についての能力があることを示すための資格で、通常の専門能力がある程度では与えられない資格だからです。

ただし、私の身の回りでは、建築出身で建築士・技術士の両方を取った人はかなりいますが、土木出身で両方を取得した人はほとんどいないので、建築出身者にとっての技術士に比べて、土木出身者に取って建築士は敷居が高い資格なのかもしれません。
個人的には技術士の方が取得が難しい資格と思っていますが、このあたりの状況から劣等感が生まれて、技術士の方が上という見なしたいという心理が土木系の人に働いて、上と見なそうとしている傾向もあるように思います。


>本当はもっとゴシップ程度にどっちが上か聞きたかっただけなのですが・・

かなり前に聞いた噂話です、正しいかどうかわかりませんが(下手すると名義貸しに引っかかるかもしれないので今はこのようなことはしていないかもしれません)、定年退職後顧問などで勤めた場合の有資格に対しての報酬で、技術士7万、環境計量士3万、宅建1万、建築士0というのが相場だったそうです。

資格だけの稀少価値からいうと建築士は、技術士どころか誰でも受験できる宅建より低く、無価値に近い状況のようです。

ちなみに私が勤務していた会社の資格に対する給与制度でも技術士の方が上になっていました(ちなみに博士号は技術士と同じ扱い)。

#5,6です。

>これも業界が土木と建築に分かれていて、どちらとも他方より上にいたい(下になりたくない)と潜在的にも思っている人が多いということかもしれない・・・

建築について説明すると諸外国ではアーキテクトとエンジニアは明確に分離されており、大学教育の時点で違う道を歩んでいます。
しかし、日本の建築士制度は建築設計を行うに対して必需の資格であり、日本は地震国である関係上耐震技術などの重要性が高く、建築士という資格は芸術性よりも技術的な性格を強くした資格となっています...続きを読む

Q技術士とは?

 資格取得のカテゴリーですが、資格取得が目的ではありません。興味本位です。

 私自身はガチガチの文系人間です。先日「技術士」というエンジニアの難関資格があると聞きました。

 がしかし、業務独占の資格ではないようで、ある一定レベル以上の技術(知識?)を持つことを証明する資格のように思うのですが、実際のところどういう資格なのでしょうか。

 私にはピンと来ないのですが、「技術士」だということは、凄いことなのでしょうか。(らしいですが) エンジニアなら、目指してみたいと思う資格でしょうか。

Aベストアンサー

技術士は4年間の実務経験か建築士などの技術系資格を有した人が技術士補試験(1次試験)をうけ、さらに通算で7年間技術者としての修習をするか、技術士補として技術士業務の補助を行った人が2次試験の受験資格を得られます。2次試験は各自の実務経験に基づいて「高度で専門的な科学技術の調査、研究、
分析などに関する応用」について受験者本人の経歴を論文試験で記述させ、今後おこりうる技術的な課題の解決能力があるかを判定します。合格率は15%程度ですが、受験申請書の段階で試験が始まっている(実務経歴を書くため)といわれています。経験を問う問題は毎年ほぼ同じ(「あなたの経験した業務に関し技術士としてふさわしいものをあげ詳述せよ」という問題)で、試験委員は各業界の、技術分野の研究者、実務者があたっており彼らを納得させるだけの応用力があることを答案に書かなければなりません。
 司法試験や会計士、医師の試験と異なる点は「長期の実務経歴を問われる(中堅以上のプロフェッショナルであることを必要とする)」「実務経歴は受験者ごとに異なるため同じ答案(模範解答)は存在しない」点にあるため、技術分野では「研究者として最高の称号として博士号が、実務者として最高の称号としてには技術士が与えられる」といわれています。

しかしながら他の士業(社労士、税理士など)と異なって業務独占の資格ではないため、一般にはポピュラーな資格とは言えず、国土交通省が建設関連業者の技術力の評価に多用しているため合格者は土木分野の会社所属の技術者に偏っています。
 土木分野以外では、その技術分野の専門家(たとえばプラスチック成型とか潤滑のプロとか、電子製品の小型化のプロとか)として独立して各企業にコンサルタントとして指導されている方、企業内の技術部長として後進の指導や企業としての技術的決定に関与されている方が半々です。個人開業の方にとっては自分の腕を公的に証明してくれる唯一の資格なので必須といえます。また専門家として公的機関の仕事をもらうためにも必要です。
 製品や設備の事故時の科学的鑑定をしたり、海外技術協力を行う専門家もいます。
 技術士制度2年前に大変更がありましたが、変更前は企業や官庁から独立した職業人としての技術コンサルタントとして位置づけ、高い倫理性を求めることで中立的な立場で技術的問題の判断ができる者でした。
 アメリカのPEの場合、建築設計は業者が行いますが設計が適切かどうかは個人のPEがチェックし個人として設計書にサインすることでその品質が保たれます。市町村にいる技術者だけでは高度な設計の内容について審査しきれないためにPEを活用しているわけです。高度な倫理性を要求される反面、手抜き設計の場合は個人的に厳しく責任を問われます。
 私個人は、原発や環境、航空宇宙、交通機関などモラルを厳しく問われる高度な技術には、それを運用する組織から離れて中立的に高度な技術を判断できる専門家がチェックできる仕組みが必要と考えています。
 しかしながら2年前の制度改訂で、「組織内の中間技術者の目指すべき資格(技術者の共通一次試験)」として裾野拡大を図る方向付けがされたので、国や企業には都合の良い方向に向かっていると感じます。
 あまりに知られていない資格なので「まず裾野を拡大してから発言力を増して」という方向性も間違いではないと思いますが、、、。

技術士は4年間の実務経験か建築士などの技術系資格を有した人が技術士補試験(1次試験)をうけ、さらに通算で7年間技術者としての修習をするか、技術士補として技術士業務の補助を行った人が2次試験の受験資格を得られます。2次試験は各自の実務経験に基づいて「高度で専門的な科学技術の調査、研究、
分析などに関する応用」について受験者本人の経歴を論文試験で記述させ、今後おこりうる技術的な課題の解決能力があるかを判定します。合格率は15%程度ですが、受験申請書の段階で試験が始まっている(...続きを読む

Q第1種電気主任者試験の勉強法は?

電験1種ってどのように勉強したらよろしいのでしょうか?

2種までは本がかなりありますが1種の本はほとんどありません。
あったとしても過去問のようなものばかりだし、実際の
試験の問題はとんでもない変なものばかりでているような
気がします。

勉強法っていうのはありますか?
合格された方はどのように勉強していましたか?
特に1次試験が知りたいです。

ちなみに今年受けるのは機械と法規です。

Aベストアンサー

すでに3種と2種ならびにエネルギー管理士に試験で合格されていると言う前提で話をします。
(これらの基礎無しには合格はできないと考えます)

勉強法は過去問題集(10年以上)の練習が最も効果的です。参考書として市販されているものは電気書院の過去問題集しかありませんが、OHMのバックナンバーを集めて解答を比較して研究することをお勧めします。
私の場合は
(1)電験3種のテキスト(OHMマスターシリーズ4分冊)の通読により3種合格
(2)省エネセンターのテキストで理論、配電、機器、応用の実力をつけエネルギー管理士合格
ここまでで3年くらい
(3)OHM誌の技術士用のコラムを通読
(4)電気書院の問題集(1,2種とも)、OHM過去問(1、2種とも)を3回くらい通読し、電験3種テキストで受験準備し1次と2次の機械(自己採点での判断)を除いて合格
(5)翌年1次免除で受験し2次に合格。上記以外に設備やメーカー見学、マニュアルの通読などしました。(実際に27万ボルトがある職場にいて火力発電所の建設に従事していたので火力発電機器の構成や環境対策などで得点できた)
のように記憶しています。(電験2種は受験せず)

私は大学院で電力工学を専攻しましたが、電験に関してはその知識はほとんど全く役に立ちませんでした(学校時代さぼったせいですが)
基本的に2種と異なり、計算問題がさほどできなくても論説問題を重点的に行うだけでも合格の可能性があります。(選択問題の選び方による)

電気工学ハンドブックを買いましたが、受験勉強では少ししか参考になりませんでした。(合格後の模範解答作成には役立ちます)

勉強は最初から科目合格ねらいでやるのではなく、全科目満遍なく基礎力をつける必要があります。ある分野に偏った勉強は2種以下では有効ですが1種では危険です。送電線の問題と思わせながら基礎的な計算であったり電力機器の知識が法律で必要になるためです。
合格にはある程度の実務経験も必要と思いますのでもし事務的な立場であれば現場や図面、技術文書をよく見たりチャンスを作って見学したりすることをおすすめします。1種では幅広い知識や経験を背景にしてあるまとまったテーマに対して要点を整理してわかりやすく解答する必要があります(指導的立場での「見識」を問うような設問が多い)。過去問題集にある解答例は解説も含んでいるため分量は実際の答案用紙の解答欄の数倍あります。実際の試験では時間内に論点を絞ってポイントをもらさず記述する必要があるので練習も必要です。
とりあえず過去問題集に目をとおしてどのような傾向か、問われ方をするのか確認してみてください。

勉強時間は能率によりますが、週に15時間(土OR日すべてと平日数時間)を各試験の半年以上前から、試験3ヶ月前からは倍量行いました。(当然会社はサボることになりますので上司への宣言のうえで挑戦することをおすすめします)

すでに3種と2種ならびにエネルギー管理士に試験で合格されていると言う前提で話をします。
(これらの基礎無しには合格はできないと考えます)

勉強法は過去問題集(10年以上)の練習が最も効果的です。参考書として市販されているものは電気書院の過去問題集しかありませんが、OHMのバックナンバーを集めて解答を比較して研究することをお勧めします。
私の場合は
(1)電験3種のテキスト(OHMマスターシリーズ4分冊)の通読により3種合格
(2)省エネセンターのテキストで理論、配電、機器、応...続きを読む

Q電験2種取得後の給与・待遇

このたび申請ではありますが、電験2種を取得することができ、ふと思い出したことがあり 質問します。それは、7年前3種が合格した時の試験会場で2種の教材業者が勧誘で 2種を取得できれば 月収50万はかたいと・・。この業者の商品に関してはおいておいて、本当にそんなことは可能なのだろうか? もし、それが相場なら収入は2倍になるが・・現在の勤め先では無理だろう。ちなみに私は、東海地区在住 業者は大阪 参考までに私は、30代前半独身扶養無、電気工事業2年 ビルメンテナンス業10年経験(現在も)電気主任として5年以上実務 工業高校機械科卒 他の資格 1種電工 2級ボイラー 3種冷凍機 1級電気施工管理士 乙4危険物 普通自動車免許 勤務地・業種は問わず可能でしょうか? また今後はビル管免許、エネ管(新制度)取得を目標としています。 リクルートなどの転職サイトに登録はしていますが、年齢的なこともあり オファーは少ないです。現状の年収は400万弱 ですが、年々減少傾向です。中長期的にみて転職を考えていますが、どこの会社に行っても管理職をめざすつもりでいます。 電験2種が関連する会社の人事担当の方、転職関連の仕事をされている方、2種をお持ちで現在働いている方、その他相場を知っている方がいましたら教えて下さい。私の技術レベル・知識は3段階でいえば、中級だと思います。社交性問題なし

このたび申請ではありますが、電験2種を取得することができ、ふと思い出したことがあり 質問します。それは、7年前3種が合格した時の試験会場で2種の教材業者が勧誘で 2種を取得できれば 月収50万はかたいと・・。この業者の商品に関してはおいておいて、本当にそんなことは可能なのだろうか? もし、それが相場なら収入は2倍になるが・・現在の勤め先では無理だろう。ちなみに私は、東海地区在住 業者は大阪 参考までに私は、30代前半独身扶養無、電気工事業2年 ビルメンテナンス業10年経験(現在...続きを読む

Aベストアンサー

機械系にもかかわらず電気系の資格を取得されており、大変勉強熱心とお見受けします。
認定2種とのことですが、認定2種どころか認定1種はいくらでも居ます。
私の周りには会社の都合によって1種にしてもらった人が何人も居りますが、電気系の知識よりもゴルフのほうが得意な方が多いようです。
転職で2種を採用しようという場合には即戦力を期待します。2種の必要な職場はたいていは中規模以上のビルや工場のはずで、多種多様な機械器具があるはずですから、どんなトラブルにも即応でき、将来の設備計画に対してもリードできるだけの知識と経験を求められることでしょう。
でも認定の方は、自分の職場に今ある機械を覚えて実務経験をつんだからその職場なら主任技術者に選任してもよいという前提で資格をもらったわけなので、転職は法制度の想定外のことです。(定年まで雇用する制度が前提での制度)
したがって認定者が即戦力として他の職場で働くことができるとは思えません。
実力2種・1種の方が、定年後に主任技術者として嘱託採用されたり、電気管理事務所を自営しても大体300万円行くかどうかというところのようです。しかも昼夜年中休み無く待機を強いられ、定期点検では自分から動く必要がある危険な仕事です。
また管理職としては現場作業者を指揮できるだけの知識・能力・経験が必要となります。

したがって、2種として管理職を目指すというのは今の会社なら可能でしょうが、転職後よほど成果をあげないと難しいかもしれません。今の会社で成果をあげるという選択肢もあると思います。

また、施工管理の資格がほしい会社(プラント関係など)には求人の需要があります。一施士プラス電験3種なら資格面では申し分ないと思いますので、プロジェクトの管理などに挑戦してみてはどうでしょうか?

機械系にもかかわらず電気系の資格を取得されており、大変勉強熱心とお見受けします。
認定2種とのことですが、認定2種どころか認定1種はいくらでも居ます。
私の周りには会社の都合によって1種にしてもらった人が何人も居りますが、電気系の知識よりもゴルフのほうが得意な方が多いようです。
転職で2種を採用しようという場合には即戦力を期待します。2種の必要な職場はたいていは中規模以上のビルや工場のはずで、多種多様な機械器具があるはずですから、どんなトラブルにも即応でき、将来の設備計画...続きを読む

Q技術士(電気電子)を持っていると電気主任技術者は?

いつもお世話になっております。
調べてみろと言われたものの、よく分からずじまいでしたので、
皆様のお知恵を拝借したく質問させていただきます。

資格の技術士(電気電子)保有者が電気主任技術者に
名を連ねることはさすがに別の資格なのでNGですよね?

資格取得の際にアドバンテージがあるのか、
ないのか程度の関連性はあるとは思っているのですが。

以上、お願い致します。

Aベストアンサー

電気関係の技術士って実際にはあまりメリットは無い様です。
持っていても他の資格に対し免除が無い。
電気通信主任技術者を持っていると技術士の電気を受けるとき少し免除規定がありますが。

もともと技術士ってコンサルティング業向けの資格です。
しかし、電気関係ではコンサルティング業がなかなか成り立たないというか成り立つ業務はほとんど無い。

技術士で意義があるのは建築の技術士だけだと思っています。
単独でコンサルティング業が成り立つので。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング