来月のイベントで講師をお招きすることになり、その際に現金で謝金を
お支払いするのですが、先方より明細(源泉徴収額等を記載)を一緒に発行
して欲しい旨の依頼がありました。そこで、質問です。

1)この場合の明細書は何という名称になるのでしょうか?
  例:支払明細書、支給明細書

2)明細書のひな形(フォーム)として参考になるものが、どこかにアップ
されてないでしょうか?

よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

(1)イベントで講師を招く。


(2)現金で謝金を支払う。
(3)明細が必要だ。
(4)源泉徴収額を記載してください。
(6)skonchoさんの質問の(1)は任意です。何故か?謝金には言い方がいろいろあるからです。たとえば・・・お礼・謝礼・講演料等々があるので,明細は好きな内容にして下さい。

例の支払明細書・支給明細書ですが同じ意味です。例えば現金の他に小切手を渡しても支払です。

例えば会社が従業員に月給を渡す場合は支給と言うように使い分けなんです。

(7)おそらく熨斗袋か封筒に現金を入れて渡すか,もしかして振込・引き落とし等々の場合は明細をわたしますが,その場合源泉徴収=所得税を控除するので例えば税込みで55,550支払して講演料50,000円5,550円は源泉徴収し,明細を渡すとすれば雛形は便箋に書き込んで渡してください。

※例
○○○○殿or様
                       ◇◇◇◇団体名等
            △△△講演料
 内容
 講演料
 所得税「控除」
 差引額
                            以 上
    • good
    • 1
この回答へのお礼

任意についての具体例までご呈示いただきまして、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/08/28 13:17

あなたが発行する書類の名称および様式については任意です。


領収証をもらうことを忘れないように。

税務署に提出する法定書類は『支払調書』。
これを受取人へも交付しておけば、受取人が確定申告をする際の裏付け資料となります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hot …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/08/28 13:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告(雇用契約・業務委託契約=講師業・業務請負=フリーデザイ

確定申告にあたって相談します。
今年、収入は3カ所からあります。
一つ目は、会社員としての給与所得。(今年途中で退職。)
二つ目は、6ヶ月の業務委託契約を結んで講師をしています。(10%の源泉のみ引かれている。)
三つ目は、フリーランスのデザイナーとしての収入。

この場合、給与所得と事業所得を合算した額に、二つ目三つ目にかかった経費を引いてはいけないということはわかります。
つまり、まず
(二つ目三つ目の収入を合算した額から、必要経費を差し引いた額)
プラス
(給与所得)
マイナス
(控除38万円や配偶者控除など各控除額)
といった考えで申告するということでよろしいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、その考え方でよいでしょう。

>二つ目三つ目の収入を合算した額から…

二つめは、源泉を引かれる前の数字で計算してくださいね。
三つ目は、どのような職種か存じませんが、これも源泉徴収される場合があります。忘れずに「支払調書」をもらってください。
http://www.nta.go.jp/category/pamph/gensen/2696/05/01.htm

>マイナス…

最後の納税額計算ですが、支払い済みの源泉税を忘れずに引いてください。

そのほか詳しいことは、国税庁の「タックスアンサー」をご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/index2.htm

Q納品書やお買い上げ明細書で領収書の代わり

ネットでクレジットカードによる買い物したときに、領収書を発行してもらえなかった場合なんですが、納品書やお買い上げ明細で領収書のかわりになりますでしょうか?日付、金額、商品名、店名など必要な情報は十分あると思うのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

過去ログに同じような質問があります。

納品書やお買い上げ明細書で、利用対象によっては応急的な領収書の代わりに
はなります。後日クレジット会社から利用明細書(兼領収書)が送られてきます。
このクレジット会社からの利用明細書が正規の領収書になります。


領収書を発行してくれない
http://personal.okwave.jp/qa3455308.html

Q倉庫業の下請法適用範囲?

倉庫業の下請法適用範囲?
下請法に関する調査用紙が届きました。倉庫業で預っている物品を荷主の指定する届け先へ届ける事を運送業者へ発注する事は、下請取引に該当しますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

運送業者が下請法対象規模事業者で、支払いが倉庫業者であれば当然該当します。

Q謝金の領収書の捺印について

ご教示、お願いします。
当法人でセミナーを開催した際にお手伝いを
お願いした方々に些少ですが、謝金をお渡ししました。
その際、領収書を書いて頂いたのですが、印鑑を
忘れてきた方がいて捺印してもらえませんでした。
やはり、捺印して頂かなければならないでしょうか。
普段、お会いする方々ではないので、困っています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

別にかまわないでしょう。
ご質問は、税務署に対してのご心配ですか、それともご本人が「もらっていない」と言ってくることを懸念されているのですか。

税務署に対してなら、そのセミナーの記事録か何かで、その方に依頼したことがはっきりしていて、金額も他の方と同じなのなら、特に不審を持たれることもありません。
要は、領収証が有効かどうかが大事なのではなく、支払いした事実があるかどうかです。判子などなくても、他の書類や関係帳簿で確認できればじゅうぶんです。

ご本人を心配しておられるなら、あて名や金額は自署されているのでしょう。筆跡から分かることかと思います。

Q下請事業者からリベートの要求をしても,下請法や独占禁止法上,問題にはならないでしょうか。

当方は,下請法に該当する親事業者と下請事業者の関係となっている取引をしている事業者であり,下請事業者です。
親事業者から不当な発注内容の変更等を受けて困っておりますので,当方から親事業者に対して,リベートの要求をしても特段,下請法や独占禁止法上,問題にはならないでしょうか。

Aベストアンサー

質問者さん、こんばんわ。

質問内容を見る限り、下請法や独占禁止法には触れないと思います。
というのも、下請法は「下請事業者の保護」を目的としている法律であり、親事業者の行為に対して適用する法律ですので、下請事業者である質問者さんに適用されることはないと思います。
また、独禁法の場合、「優越的地位の乱用」の適用になるかどうかと思いますが、これも、普通の取引では、「優越的地位」というのは親事業者の方に該当すると思いますので、質問者さんに適用されることはないと思います。

逆に、「親事業者から不当な発注内容の変更等」があるということですが、これによって、質問者さん(下請事業者)が不利益を被っている(例えば、変更等により生じた費用を親事業者が支払ってくれない、又は短納期発注など)場合は、親事業者の行為は、下請法に違反するおそれがあるので、どうしても困っているというのであれば、一度、公正取引委員会もしくは中小企業庁に相談してみればと思います。
(「不当な発注」をする親事業者が、リベート要求を受け入れるとは思わないので、下請法違反として相談して、行政に対応を求めたほうが、有効かと思います。)

質問者さん、こんばんわ。

質問内容を見る限り、下請法や独占禁止法には触れないと思います。
というのも、下請法は「下請事業者の保護」を目的としている法律であり、親事業者の行為に対して適用する法律ですので、下請事業者である質問者さんに適用されることはないと思います。
また、独禁法の場合、「優越的地位の乱用」の適用になるかどうかと思いますが、これも、普通の取引では、「優越的地位」というのは親事業者の方に該当すると思いますので、質問者さんに適用されることはないと思います。

逆...続きを読む

Q明細書と領収書について

ネットを中心に商品販売を始めようと思っています。
そこでお伺いしたのですが、(1)商品を送る場合は明細書は必ずしも同封しなくてはいけないのでしょうか。

また、(2)明細書の代わりに領収書でもいいのでしょうか。

ちなみに、大手のサイトにての販売ではないため、カード決済などはせずお客様に振り込んでいただく形式になっています。

また(3)仮に明細書を作成する場合、店名や電話番号、メールなどは載せようと思うのですが、住所も載せなくてはいけないのでしょうか。


個人経営で、住居も同じで、いたずらなどはないとは思っていますが、住所をのせることに抵抗があります。

勉強不足で恐縮です。
お手数ですが、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

何を送ったのかハッキリさせる為に明細書か納品書は必ず付けた方がいいでしょう。
コスト増になりますが、出来れば受取確認の返信用封筒も送った方がいいです。
領収書は、振込での精算でしたら基本的にいらないと思います。相手から欲しいと希望がある場合のみ振込による支払いということを明記したものを作成し送ればいいと思います。
しかし、明細書の変わりに領収書を、という訳にはいかないでしょう。何を送るのかを明記する必要がありますので、1品だけでしたら可能でしょうが、複数品となれば代わりになりません。

最終的にはあなた自身が判断することですので、強制的な(法的な)決まりは何もないと思います。


明細書でも納品書でも領収書でも、住所は記入した方がいいです。
個人の意見としては簡単に出来る分、電話番号やメールアドレスの方が住所を知られるよりいたずらをされたりする可能性が高いと思うのですが。

Q雇用契約から業務委託契約への変更ってありえますか

現在、フリーでヨガの講師をしています。
こちらのスポーツ施設では週2回、約8年間働いております。

先日、施設長から「雇用契約から業務委託契約への変更をしたい。」と言われました。
(他の講師の先生も同様にとのことですが...)

私の雇用契約書の雇用期間は「期間の定めなし」とあります。

これを業務委託契約にした場合、6ケ月間の有期雇用契約となるらしいです。

私としては、業務委託契約に変更したくないのですが、可能でしょうか。 よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

業務委託へ変更するという事は、雇用契約の解約、つまり解雇を意味します。
現在が無期限の雇用契約なので、解雇には正当な理由が必要です。
よくあるのが経営不振によるリストラ解雇ですが、代わりに業務委託するなら少し矛盾してしまい、解雇要件を満たすとは言い難いと思います。
裁判等で争えば勝てる余地は十分あると思いますが、その後がどうなるかは見えてますね。

>業務委託契約にした場合、6ケ月間の有期雇用契約
これは完全に矛盾ですので有り得ません。法的に成立しません。

Q納品書とお買い上げ明細書は同じこと?

納品書を送ってほしいとの依頼がありましたが、お買い上げ明細書しかありません。納品書の代わりにお買い上げ明細書を送っても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

>納品書とお買い上げ明細書は同じ…

その種のものに確たる定義はありません。
イメージとしては、

納品書・・・商品を客先 (または指定場所) まで届けるときに、商品名と数量を記した伝票。
金額が入ることも多いが、必須ではない。

お買い上げ明細書・・・店まで買いに来てくれてお客さんに、商品名と数量、代金を記した伝票。
代金は受領済みのことが多いが、掛け売りのこともある。

>代わりにお買い上げ明細書を送っても大丈夫…

先方が何と言うかまで、他人はわかりません。

Q下請法について質問です。

基本的な質問なのですが、人材派遣業は下請法に該当する事業なのでしょうか?

親会社より月末締めの翌月末支払いという条件で提示されているのですがその支払い方法が90日後の期日指定振込みとなっています。実質、現金として振り込まれるのは締日より120日後となりますが下記の下請法に抵触しないのでしょうか?できれば専門家の方、ご教授願います。

支払期日を定める義務(第2条の2)
親事業者は,下請事業者との合意の下に,親事業者が下請事業者の給付の内容について検査するかどうかを問わず,下請代金の支払期日を物品等を受領した日(役務提供委託の場合は,下請事業者が役務の提供をした日)から起算して60日以内でできる限り短い期間内で定める義務があります。

Aベストアンサー

下請法が適用される取引は、2条1項ないし4項の委託についてのみです。

人材派遣取引はこのいずれにも該当しないため、残念ながら、下請法の適用はありません。

参考URL:
http://www.jftc.go.jp/sitauke/act.html
http://www.jftc.go.jp/sitauke/pointkaisetsu.pdf

Q仕入れの明細書より請求書の方が何故、数円安い?

仕入れの明細書の税抜きの合計金額と請求書の税抜きの合計金額は同じです。
しかし、請求書の方の税額がいつも数円安いのです。
もちろん、請求金額の方が少し、安いのですから、問題はないのですが、
その理由がわかる方はいらっしゃいますか?
全体に対しての税と、個々に対する税の合計は、違いますか?
どなたか、わかる方、お願い申し上げます。

Aベストアンサー

仕入の明細も請求書も税抜きで,しかし請求書の方が何時も税額が数円安い?質問者は上記の訳を理解できますか?

一応仕入れと消費税について書いておきます。
(1)仕入原価  1000
(2)仕入税額    50
(3)マージン   300
(4)マージン税額 15
 合  計    1365

お客へ売る  1365

上記のようになっているので計算の時に消費税の小数点以下の端数の計算の時の切捨・切上げ・四捨五入の時の扱いで金額が違うのだと思います。消費税の計算は切捨てだから注意しれね?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング