今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

お世話になります。
頸椎捻挫にて後遺障害認定申請を行っているものです。
任意一括を解除し、被害者請求です。

頸椎捻挫
総治療期間186日
実治療日数93日
画像所見なし
神経学的検査での異常あり(スパーリングジャクソン、筋萎縮、握力、稼働域制限 など)

以上が私の状況です。


(1)頸椎捻挫にて後遺障害14級獲得された方、何度めの申請で認定されましたか?
(最初の申請で非該当となり、その後の異議申し立てや自賠責紛争機構への申し立てで認定された方いらっしゃいますか?)

(2)治療期間、実治療日数は何日でしたか?

(3)異議申し立てをされた場合は、どのような書類を提出されましたか?
(日常生活支障申し立て書?医師の意見書?)



以上、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>わたしの認識としては、紛セン=等級に納得した人が利用するところ


と認識しているのですが間違いでしょうか?

・この点に関しては、私が事故当時に調べた時に「紛セン」利用前に相談等は出来るという情報をみました。

※金沢市(石川県)の紛センには相談室のようなものがあると公式のサイトにも載っていました。

私の住む地域から近い紛センは予約の有無のみで相談は受け付けてもらえませんでした。
このサイトでも「相談の予約を入れました。」などの情報も見られたので、地域によっては出来るのかと思われます。

・あと後遺障害の審査の中で「接骨院」での治療だと頚椎捻挫に関する認定は無い(非該当)との情報もありました。

これは該当して無いですよね?
※この事実があると、適切な治療を受けていない事による症状の悪化(固定)は、事故との因果関係も否定される為、
新たな資料を揃えたとしても非常に困難であるとの事です。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

そうなんですか、フンセンにはそんな利用方法もあるんですね。
私は名古屋に頼むことになりそうですが、名古屋もそういった利用方法があるのならぜひ申し込んでみようと思います。

>・あと後遺障害の審査の中で「接骨院」での治療だと頚椎捻挫に関する認定は無い(非該当)との情報もありました。
これは該当して無いですよね?

はい、幸い、接骨院での治療は一日もありません。
事情があって一度転院しましたが、すべて通常の医療機関です。
主に電気治療やウォーターベッド治療を繰り返しました。


結果が通知されてから3,4日経ちましたが、特に夜寝る前に非該当ということが悔しくて寝られない状態が続いています。
今考えているのは、異議申し立てのときに日常生活の支障を文章にして(感情的にならない程度で)送るのと、医証も後遺障害診断書を書いてもらった医者とは別の医者に相談して反論の診断書をつくってもらおうと考えています。

補足日時:2009/08/31 00:03
    • good
    • 0

>スパーリングジャクソンでの異常や筋萎縮(右と左で1cm違います)など、明らかな他覚的所見も書いてあるので、これ以上何を証明しろというのが正直なところです。



・他の質問で回答していた時に後遺障害の申請に関する質問さんがいたのですが、神経系に残る症状と違い、

「筋萎縮(筋肉の症状)は症状の程度によっては日常生活(動かす)において回復していくものと判断される」

「稼動域についても時間経過と共に、原状まで回復(又は支障ない範囲まで回復)するものである」
という判断がなされると「非該当」とされるようです。

※神経学的テスト記載の症状の詳細から判断した結果、後遺症に該当しないとされるケースもあるようです。
(あくまで推測ですが、明確・詳細な情報がアダになる?(なった?)のかもしれません)

・あとは「紛セン」ですが後遺障害の認定後→紛センで慰謝料を勝ち取る、という流れのやり方はあるのですが、
もし異議申し立てを含めて紛センで斡旋が受けられるのなら、一つの方法として有効かなと思います。

この回答への補足

ご返事ありがとうございます。

自賠責から送られてくる通知書は私に有利な検査結果などには一切ふれられておらずひどい憤りを感じています。
とりあえずはなんとか調査票とかいうのを取り寄せて、ひとつひとつ医証を追加して異議申し立てに移ろうと思っています。



>もし異議申し立てを含めて紛センで斡旋が受けられるのなら、一つの方法として有効かなと思います。

とのことですが、非該当の人が紛争センターにて後遺障害認定について異議申し立てを行うことは不可能ですよね?
わたしの認識としては、紛セン=等級に納得した人が利用するところ
と認識しているのですが間違いでしょうか?

補足日時:2009/08/29 22:40
    • good
    • 1

過去に同様の回答をしましたが、再回答いたします。



(1)最初の申請にて、認定されました。

(2)治療期間191日
 実通院数127日


※治療期間は前に勘違いで181日と記載したような気がします。
191日が正確な治療期間です。

この回答への補足

426hemiさん、ご回答ありがとうございます。
先日と重複した質問で恐縮です。

実は、今般書類や画像を取りそろえて被害者請求にて申請を行ったのですが、「非該当」の通知がきてしまいました。
一番予測していなかった結果なのでひどく落胆しているところです。
そこで、異議申し立て手続きに移行するため、異議申し立てで14級が認定された方はいるのかなと思って同じような質問をさせていただいたわけです。

後遺障害診断書など、2度医者に書き直してもらってある程度満足した内容で出してこの結果なので本当に信じられません。
スパーリングジャクソンでの異常や筋萎縮(右と左で1cm違います)など、明らかな他覚的所見も書いてあるので、これ以上何を証明しろというのが正直なところです。

もし、また何かアドバイスがあればよろしくお願いします。
事故後の肉体的・精神的苦痛及び残存するであろう症状を考えると14級でも低いくらいだと思っているくらいなのでとても非該当のまま示談する気にはなれません・・。

補足日時:2009/08/28 16:10
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後遺障害認定非該当の異議申し立ての方法・アドバイスについて

医師に書いてもらった後遺障害診断書も添付し、被害者請求したのですが、非該当とされました。理由は、骨折等の器質的損傷は認められず、診断書上、神経学的異常は無いとされており、医学的所見に乏しい、リハビリ加療にて軽快してきているとしょけんされている、などと書かれています。

1.これでも、異議申し立てすれば、認定される可能性はありますか?
納得できないのはもちろんです。

2.異議申し立ては、異議申し立て書と、支払請求書以外に必要な書類はありますか?つけたほうが良い書類はありますか?治療が終わる際のレントゲンはとってないのですが、撮っても頚椎捻挫のため、異常は見られませんし、また同じ病院に行くのも迷惑がられそうです。

3.後遺障害認定、後遺障害診断書の記入が得意な、被害者のためをすごく思ってくれる病院があると聞いたのですが、私の場合、一度、後遺障害診断書を書いて提出しているので、他の病院でそのようなことをするのは無理ですか?

4.送った写真などもすべて結果とともに送り返されてきたのですが、異議申し立てをする場合、これらもすべて再度送るのですか?


以上、4点、どうか助けてください・・・。

医師に書いてもらった後遺障害診断書も添付し、被害者請求したのですが、非該当とされました。理由は、骨折等の器質的損傷は認められず、診断書上、神経学的異常は無いとされており、医学的所見に乏しい、リハビリ加療にて軽快してきているとしょけんされている、などと書かれています。

1.これでも、異議申し立てすれば、認定される可能性はありますか?
納得できないのはもちろんです。

2.異議申し立ては、異議申し立て書と、支払請求書以外に必要な書類はありますか?つけたほうが良い書類はありま...続きを読む

Aベストアンサー

治療期間=1年(12ヶ月) 治療日数=6ヶ月 1ヶ月=30日で試算します

当然120万円を超えていますので、保険会社は当社の基準という不払い基準を適用するでしょうが、単に示談したいので慰謝料の計算書を作ってくださいといえば出してくれますので、その後で紛センに提訴するか決めてください。もっとも金額提示以前に粉センに提訴はできませんが。

1.保険会社提示想定金額

 通院慰謝料=93.2万円以下 
 休業補償=0、文書代金=診断書等、交通費
 上記は治療費以外にもらえる金額のはずです

2.紛争処理センター

 (1)後遺障害がない場合
  通院慰謝料=119万円 休業補償=蓋然性ある金額×6ヶ月
  文書代金=診断書等、交通費
  
 (2)後遺傷害があった場合
  通院慰謝料=119万円 後遺障害慰謝料=110万円(14級)
  休業補償=蓋然性ある金額×6ヶ月
逸失利益=蓋然性ある金額×ライプニッツ係数×5(%;14級の一般的係数)×治療年数(6ヶ月=0.5年) 文書代金=診断書等、交通費

 ex)現在無職ならば、紛センター、裁判以外では「蓋然性のある金額」は認められません,これは『交通事故による逸失利益の算定方式についての共同提言』http://www2.ttcn.ne.jp/miyamoto/koutuujiko/hanreitimes.htm
 に明確に記載されています、これによると十分に休業補償・(後遺症認定が取れれば)逸失利益も見込めると思います、当然ですが判例タイムスの共同宣言は厳密には裁判でしか意味がありませんが、地裁基準を標榜している粉センにはこの内容コピーを持っていけば有効と考えます。
 この蓋然性の証明は源泉徴収票と就労意欲をきちっと説明することです。多分3回くらい粉センにいけば獲得できる数字です、異議申し立ても、紛センへの提訴もたいした手間ではありません、得られる金額を考えれば、がんばってみたくありませんか?今後お勤めされる際の良い経験にもなると思いますよ。強制はできませんので参考までに。

治療期間=1年(12ヶ月) 治療日数=6ヶ月 1ヶ月=30日で試算します

当然120万円を超えていますので、保険会社は当社の基準という不払い基準を適用するでしょうが、単に示談したいので慰謝料の計算書を作ってくださいといえば出してくれますので、その後で紛センに提訴するか決めてください。もっとも金額提示以前に粉センに提訴はできませんが。

1.保険会社提示想定金額

 通院慰謝料=93.2万円以下 
 休業補償=0、文書代金=診断書等、交通費
 上記は治療費以外にもらえる金額のはずです

2.紛争処...続きを読む

Q事故(むちうち)の慰謝料

初めてのことなのでさっぱりわからないため教えてください。

昨年7月に追突事故にあい、現在通院しています。
友人の運転する車に乗っていて追突されました。

友達は1月に症状固定とのことで通院終了し、保険会社より慰謝料の試算?が来たそうなのですが、思ったより少なくてだいたい50万円くらいになると言われたそうです。(7月~1月まで半年間でだいたい100日くらい通院したそうです。)

通院一日当たり8400円で計算されるのかと思っていたのに、通院費を自賠責の限度(120万)で差し引い感じらしく、友人からまだ病院へ通っている私に病院へ行けばいくほど少なくなるから気を付けたほうがいいと言われました。

まだ痛いのでもう少し通いたいのですが。友達は整骨院にずっと通っていたのですが私は病院に通っていて最初にMRIも撮ったのでもっと治療費がかかってるはずなので、さらに少なくなるんでしょうか?

そういうシステムなんでしょうか?
わかりにくい文章で申し訳ありませんが教えていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通院すればするほど減っていくというわけではありません。
自賠責基準が通用するのは、損害額の累計が120万円までのことで、それを超えたら当然任意保険基準になります。
任意保険基準では、通院期間が長引けば長引くほど、期間あたりの慰謝料基準は少なくなっていきます。
怪我は治っていくという観点からです。
半年通院で643,000円、7か月なら706,000円、8か月で769,000円、9か月で819,000円とかいった具合に。
保険会社によりばらつきはありますが、まあどこも似たようなもんです。
半年通院で50万円はちょっと少ないですね。交渉してみる価値ありかもですね。


人気Q&Aランキング