輸出に関して初心者なのですが、色々と製品輸出に関してやり取りとしていたら、下記のような質問がイギリスから来ました。

Have you managed to locate your export traffic/commodity code.
Our first six digits are 320 ***.

export traffic/commodity code とは、何の番号となるのでしょうか?

A 回答 (1件)

通関のときの、統計品目番号のことでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答有難う御座います。
HSコードでした。

お礼日時:2003/04/17 14:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本の輸出】和牛の輸出量はここ10年で15倍に拡大しているそうです。しかも、更に年々輸出量は伸び続

【日本の輸出】和牛の輸出量はここ10年で15倍に拡大しているそうです。しかも、更に年々輸出量は伸び続けているそうです。

こんな和牛みたいに輸出量が伸び続けている日本の輸出品って他に何がありますか?

Aベストアンサー

日本酒なども、海外での需要は増えているらしいです。

食料品だけではなく、家電製品や暖房便座なども、海外には日本の技術に驚いているようです。TPPで一時輸入品における国内の生産の影響など騒がれていましたが、品質の良い日本の物は世界的に見ても違いがでるらしく、好まれる傾向にあるのだと思います。

QFirst nameからMr./Ms. を判断できるようになりたい

アメリカのお客様に仕事でクリスマスカードを送るのですが、リストを見て男女を大まかに区別しなければなりません。最終チェックは上司がするので
多少の間違いは良いと思うのですが、私は人の名前がすごく苦手で判断も上手くできません。こういうことは経験や常識の範囲だとは思うのですが、コツや参考サイトなどがあったら教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

アメリカ人って、結構英語名の人が少なくて解かりにくかったりしますよね。
私は、UPLのようなものを使ってます。。。
(個人で作成されているので、何処まで正しいかよく解かりませんが。今までは大体あってました。)

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~simone/aya.htm

Q電話応対 相手が「***物産」のように語尾がサンの場合の呼び方

電話応対です。
相手の会社が「***物産」のように語尾にサンが付く場合、
「***ブッサンさんから御電話です」とつなぐのは
サンサンとなり、へんなのですが、
他にどう言えばよいのでしょう?

Aベストアンサー

最初は変に思いますが、すぐに慣れます。
それに周りの人もあなたが感じているほど変には思っていません。

もう一つの方法として『様』づけに変えることです。
ただし全社統一でやらないと効果はありません。

Q陶器の輸出

飛行機で陶器の輸出をしたいのですが、以前1度やった時に破損してしまったので、今回は梱包から輸送まで確実な手段を教えてください。
1.梱包はどのようにしたらよいですか?
2.空港まではどのように運ぶか?
3.どの航空会社やサービスを使うか?

梱包が良ければすべてスムーズにいくと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

私の親しい人で、そのような輸出を行っている人がいます。製品の性質、梱包、国内輸送、通関から航空機の積み込みのハンドリング、航空機輸送中、現地でのハンドリングと、ずっと通しで破損のリスクや原因はありそうですから、事故を皆無にすることは困難でしょうね。できるだけリスクを排除するには、ご指摘の通り、やはり梱包だと思います。

輸出用ダブルカートンに、air cap等の緩衝材・梱包材で丁寧に丁寧に梱包し、カートンの上からもガムテープで丁寧に、できれば紐で縛るのようなことも。

その知人が、同じメーカの陶器を、商社A経由と、商社B経由で別々に輸出梱包込で購入、別々に同じBUYERに輸出したことがあり、片方だけが破損という事故がありました。やはり梱包が重要とそのときは推定して、事故あった商社から仕入れないことにしたという経緯があります。その後事故はありません。

あとは、保険をかけることも1つのリスク回避の手です。

Q輸出通関について

メーカーで貿易事務をしており、船での輸出を担当しています。
先日、中国向けの船積書類を通関業者さんにFAXしたのですが、インボイスの通貨単位を、“US$”とすべきところを“JPY”で作成したものをFAXしてしまいました。
CUT日の翌日になって気づき、申告をやり直してもらおうと通関業者さんに連絡したのですが、『許可が切れているので』、2つのうちのどちらかの選択をするしか方法がないと言われました。
(1)もうこのまま訂正せずに、“JPY”の通貨単位のままでいく。
(2)いったん輸出をとりやめる
客先への納期が迫っていたのでどうしてもその船に載せる必要があり、結局(1)の選択をしました。

質問1
ここでいう『許可が切れている』とは、輸出許可がもう出たという意味でしょうか?

質問2
輸出許可後で、船積み前の場合において、その船での輸出を取りやめることなく、申告内容の通貨単位や数量や金額の変更をお願いすることは可能でしょうか?

質問3
それとも、一度輸出許可が出ていることから、申告貨物は外貨貨物となるのであらためて輸入申告が必要になり、その上で再度輸出申告をしなくてはならないのでしょうか?

質問4
また、変更にしろ、輸入申告後の再輸出申告にしろいずれの場合も、CUT日が過ぎていれば、元々載せたかった船に貨物を載せることはできないのでしょうか?

質問5
質問2において、その船での輸出を取りやめることなく変更が可能な場合、通関業者さんはどんな手続きが必要なのでしょうか?
(NACCSでの変更はできず、「船名・数量等変更申請書」と許可書を持って、直接税関まで提出にいかなくてはならないのでしょうか? そして、その後、船社にもあらためて書類を提出するのでしょうか?)

質問6
(1)を選択したことで問題が起きるとしたら、どのような問題が起きるでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

メーカーで貿易事務をしており、船での輸出を担当しています。
先日、中国向けの船積書類を通関業者さんにFAXしたのですが、インボイスの通貨単位を、“US$”とすべきところを“JPY”で作成したものをFAXしてしまいました。
CUT日の翌日になって気づき、申告をやり直してもらおうと通関業者さんに連絡したのですが、『許可が切れているので』、2つのうちのどちらかの選択をするしか方法がないと言われました。
(1)もうこのまま訂正せずに、“JPY”の通貨単位のままでいく。
(2)いったん輸出をとり...続きを読む

Aベストアンサー

私は質問者さんと同じshipperの立場であり、通関業者でないので詳しくはないのですが--

>質問1
>ここでいう『許可が切れている』とは、輸出許可がもう出たという意味でしょうか?
→Yes.

>質問2
>輸出許可後で、船積み前の場合において、その船での輸出を取りやめることなく、申告内容の通貨単位や数量や金額の変更をお願いすることは可能でしょうか?
→可能性はあると思うのですが、税関での金額変更の手続きをやったら、その船に積むのに時間的に間に合わないということでしょう。変更は異例ですので通関士がshipper名義の説明書をもって多分税関へ説明に行く必要があり、それで1日ロスで船に間に合わないのでしょうね。たまたま余裕あればいいのですが。

>質問3
>それとも、一度輸出許可が出ていることから、申告貨物は外貨貨物となるのであらためて輸入申告が必要になり、その上で再度輸出申告をしなくてはならないのでしょうか?
→自信ありません、通関業者と相談ください。貨物が船積済で、税関管轄下に無いわけなので、金額訂正になるのでは?

>質問4
>また、変更にしろ、輸入申告後の再輸出申告にしろいずれの場合も、CUT日が過ぎていれば、元々載せたかった船に貨物を載せることはできないのでしょうか?
→CUTとは、その船に積むために船社に引き渡す期限です。間に合わなければ積めません。但し船社との事前の交渉により多少待っていただける可能性はあります。

>質問5
>質問2において、その船での輸出を取りやめることなく変更が可能な場合、通関業者さんはどんな手続きが必要なのでしょうか?
>(NACCSでの変更はできず、「船名・数量等変更申請書」と許可書を持って、直接税関まで提出にいかなくてはならないのでしょうか? そして、その後、船社にもあらためて書類を提出するのでしょうか?)
→自信ありません。その可能性もあります。

>質問6
>(1)を選択したことで問題が起きるとしたら、どのような問題が起きるでしょうか?
→輸出許可証は、SHIPPERとして正式輸出通関の記録となります。その会社の売上の証拠であり、また輸出免税に関わり消費税還付を受ける場合にも必要な書類です。税務署や国税、あるいは税関の質問者さんへの事後監査で、必ず提示を求められる書類です。正しい通貨・金額に訂正する必要があります。つまり税関での手続きです。これは(通関業者も嫌がるでしょうが)必ずやらないといけません。

上記Q6以外は、通関業者でよく分かることなので、よく教えてもらうといいと思います。質問さんのミスでお願いしづらいところでしょうが。
また、単純ミスとはいえ、今後はこのようなミス防止に十分注意を払う必要があります。最近は規制緩和で以前ほど厳しくないのでしょうが、20年前だと、SHIPPERの責任者が税関に呼びつけられて説明をする必要があったかもしれません。最初の申告が間違っていたわけで、いわば虚偽(うその)申告とみなされるわけですから税関の対処は厳しかったことでしょう。

私は質問者さんと同じshipperの立場であり、通関業者でないので詳しくはないのですが--

>質問1
>ここでいう『許可が切れている』とは、輸出許可がもう出たという意味でしょうか?
→Yes.

>質問2
>輸出許可後で、船積み前の場合において、その船での輸出を取りやめることなく、申告内容の通貨単位や数量や金額の変更をお願いすることは可能でしょうか?
→可能性はあると思うのですが、税関での金額変更の手続きをやったら、その船に積むのに時間的に間に合わないということでしょう。変更は異例ですので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報