結婚15年を越える者です。
主人から納得いく説明も受けぬままずるずると主人の両親と同居することになって14年
主人の浮気から家庭が不和になり、離婚の話がでています。
もし離婚ということになった場合、この家(土地、建物等)の権利は主張できるのでしょうか。
ちなみに木造築38年で、1年前に私たちの居住部分を改築、(800万円くらいかかった、そのうち200万は私の貯金から)。
土地も建物も、名義は義父の物です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

改築 費用」に関するQ&A: 改築費用

A 回答 (2件)

 まず、家の権利を主張できるかどうかという点からお話いたします。



 改築費用として200万円ほど支出なされたということですが、そもそもの家の所有権がお義父様名義であることから、所有権自体はお義父様に帰属いたします。しかし、お義父様は、dory1204さんの出費により、家屋の価値が高まってその分『得』をしていると考えることが出来るわけで、「その『得』をした分についてお金を返して下さい」と主張することが出来ます(償金請求権)。そして、「そのお金を払ってくれるまで、私はここから出て行きません」と主張する権利(留置権)をdory1204さんは持っています。

 ただし、この『得をした分』がいくらになるかが問題です。
 今回の場合、お義父様自身には何も悪いところは無いと考えられますので、『現に存する利益の限度』でお義父様は返せば良いとされる可能性が高いと思います。
 そうなりますと、不動産の場合、『現に存する利益』とは、その不動産を時価に換算して全体に対するdory1204さんが出費した部分の割合がどのくらいになっているかによって計算されるものと考えられます。具体的には物件によって異なってくると考えられますが、200万円よりもかなり安くなってしまうことが予想されます。
 しかし、お義父様としても、ご自分の息子の浮気が原因でそのような問題に発展しているわけですから、少しでも詫びる気持ちがあれば、200万円全額を支払ってくれるかもしれません。ですから、請求する場合には、最初から下げた金額で請求する必要はないわけで、「200万円全額支払ってくれなければ私はここから出ない」と、あくまでも主張なさった方が得だと思います。但し、相手が暴力的な人で、何をしでかすか分からないような人で無ければ、の話ですが。

 とにかく、今回の場合「それらのお金を支払ってくれ。それまで私はここから出ない。」と主張する相手は、ご主人ではなく、お義父様です。

 それから、昨年の12月21日のご質問のお話の内容からしますと、ご主人は、現在は付き合っている人はいないようだ、とのことですが、私は正直言って、別の女性が現時点でいないにもかかわらず、dory1204さんとわざわざ苦労してまで離婚しようとは思わないと思います。

 離婚原因がご主人の浮気であるとすると、ご主人の収入にもよりますが、大抵は300万円くらいが慰謝料の相場です。その他にご夫婦で何か財産を築かれたということであれば、その分の財産分与も貰えます。

 ご主人があくまで『性格の不一致』を主張なさるのは、この辺の事情をご存知で、慰謝料を支払わずに済まそうとする意図から、相手の女性の存在をひた隠しに隠して、あくまで『性格の不一致』を主張しておられるのではないでしょうか?
仮に離婚調停ということになった場合にも、ご主人の浮気相手の存在を立証できれば、調停の場でもdory1204さんの立場は俄然有利になります。

 ご事情から察するに、片時も気の休まる時は無いのではないかと思いますが、まだ頑張る元気がおありでしたら、あくまでも相手の主張を突っぱねて、「離婚するならば高額の慰謝料をよこせ」と主張なさった方が良いと思います。

 頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ご回答に勇気づけられ、少し力が湧いてきました。がんばります。

お礼日時:2001/03/17 13:35

財産分与とは、夫婦が共同で築き上げた財産であるのに、夫や妻の名義になっているからといって、その名義人だけのものとして扱うのは不公平なので離婚する以上はその財産を築き上げた貢献度に応じて清算することです。

現在、義父の名義であっても、将来は家族の所有になることを予想して、増築のお金を出したことと思います。ですから、この部分も財産分与の目的になります。
 この800万円を夫婦(名義は夫)の預金から600万円、あなたの貯金200万円でしたら、夫婦の600万円の300万円にもあなたの権利がありますので、合計500万円請求できます。反対に、あなたの貯金が結婚後へそくりなどで作った分ですと、半分しか請求できません。
 調停などで、はっきり主張しましょう。

参考URL:http://www.rikon.to/contents4-2.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/03/17 13:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今現在 結婚25年主人と離婚調停中です。自宅は土地が私の母親名義で建物

今現在 結婚25年主人と離婚調停中です。自宅は土地が私の母親名義で建物は7割が主人名義、あと3割を私と母の名義にしています。主人の不貞による離婚慰謝料の代わりに建物名義を私に書き換えるよう要求していますが
応じません。このような場合結婚20年以上の夫婦なので主人が拒否しても主人と私の名義分を半々にしてもらう権利は法律的にあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 夫婦の離婚において、検討すべき必要がある財産関係の問題は、大きく分けると財産分与と慰謝料とに分けられます(未成年の子供がいる場合には、養育費の問題もありますが)。

 このうち、慰謝料については、離婚の原因が作った側が支払うべき金銭賠償であるのに対し、財産分与は、離婚の原因の有無にかかわらず、婚姻期間中(別居期間がある場合は、別居するまで)に夫婦が共同で築いたと判断せきる財産を名義の如何を問わず、分割するというものです。

 したがって、まず、慰謝料はあくまでも金銭賠償が原則ですので、慰謝料がわりに建物名義を渡すよう請求する権利まではないというのが原則です(もちろん、相手方が応じればいいわけですが)。

 もっとも、慰謝料的な要素を含んだ財産分与を請求することは適法であると考えられており、「本来であれば慰謝料として○○円請求できるところだが、慰謝料を請求しないので、その分を財産分与に反映してほしい」と裁判所に求めることはできます。

 とはいえ、財産分与については、他にどのような財産があるのか、財産形成と維持に夫婦双方がどの程度寄与したのか、といったことも検討しなければいけませんし、何より、調停はあくまでも「話し合い」ですので、法的な権利の有無を問わず、当事者が「合意」しなければ成立させることはできません。

 そのため、場合によっては、裁判に移行せざるをえない可能性もありますから、まだ弁護士に相談されていないようでしたら、一度、弁護士に相談されてみてくださいね。
 

 夫婦の離婚において、検討すべき必要がある財産関係の問題は、大きく分けると財産分与と慰謝料とに分けられます(未成年の子供がいる場合には、養育費の問題もありますが)。

 このうち、慰謝料については、離婚の原因が作った側が支払うべき金銭賠償であるのに対し、財産分与は、離婚の原因の有無にかかわらず、婚姻期間中(別居期間がある場合は、別居するまで)に夫婦が共同で築いたと判断せきる財産を名義の如何を問わず、分割するというものです。

 したがって、まず、慰謝料はあくまでも金銭賠償が原...続きを読む

Q土地が自分名義で建物が元夫名義です 土地はローンが無く建物はローンです

土地が自分名義で建物が元夫名義です 土地はローンが無く建物はローンです 建物だけが競売にかけられます 買い主が現れたら 土地を持ってる私の権利はどうなるのでしょうか?住んでほしくないのでどうしたら良いでしょうか?そうゆう物件は競売では売れるのでしょうか?教えて下さい

Aベストアンサー

 田舎で安い競売物件を買ってる素人ですが、建物だけの競売物件はたまに出ます。安いので売れます。 ただし、ted2010さんのいう法定地上権が認められる、簡単に言えばその建物がそこに建ってることのお墨付きがある建物でないとせっかく落札してもシュウキョしろ、と言われるので、普通の人は法定地上権が成立する建物しか買いません。
 法定地上権が成立するかどうかは裁判所の三点セットに書かれるので、ted2010さんのような高度な知識の無い私ら素人でも入札できるのです。

Q土地建物の共有名義の人が死亡した場合、土地建物を処分したいのだがどのようにしたら良いのでしょう?

私の伯母は独身で現在70歳代です。同じ独身の女性と50:50の共有で土地建物を購入して住んでいたのですが、最近相手の女性が死亡してしまいました。
そこで伯母の持分を売却したいのですが、自分の持分のみ売却できるものでしょうか?
自分の持分のみの売却が無理な場合は、共同で売却することとなるのでしょうが、その場合は相手の相続人全員の意思確認が必要ですよね。
相手の女性のご両親は既に死亡しており、独身でしたから子どもはいません。兄弟も全員死亡しているようですが、確認は取れていません。兄弟のうちの1人の子どもが何人かいるようですが、実際の相続人の数は現在は不明です。
この場合、相続人はその兄弟の子どもが代襲相続するのではないかと思われますが、相続人の確定の方法はどのようにしたら良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>伯母の持分を売却したいのですが、自分の持分のみ売却できるものでしょうか?

売却は可能ですが、購入する人がいないでしようね。
共有名義の物件は、二束三文で不動産としての価値が低いです。

>相手の相続人全員の意思確認が必要ですよね。

その通りです。

>相続人の確定の方法はどのようにしたら良いのでしょうか?

1.死亡した女性の「戸籍謄本」を取り、彼女の親族を確定します。
2.彼女の両親の「戸籍謄本」を取り、彼女の両親の生存を確認します。
3.彼女の兄弟・姉妹の「戸籍謄本」を取り、彼女の兄弟姉妹を確定します。
4.彼女の兄弟・姉妹の子供達の「戸籍謄本」を取り、彼女の甥姪を確認します。
と、順番に戸籍を下っていけば相続人は確認できます。

Q土地は借地、建物は自己所有。土地を返し、出て行く時の建物取り壊し費用の

土地は借地、建物は自己所有。土地を返し、出て行く時の建物取り壊し費用の負担は?

一人暮らし、生活保護の方で、建物は築60年ほど経っています。建物の老朽化が進み、本人も介護サービスをめいっぱい使っても自宅での生活はギリギリの状態。施設入所を検討していますが、建物の取り壊し費用がネックになっています。なお、要介護度は4です。このような場合の取り壊し費用の負担(義務)について教えて下さい。

Aベストアンサー

借地権の資産を持ち生活保護受けられるであれば,役所の資産評価価格が1500万円未満ならば,地域によってこの額は異なりますが,生活保護手続きが可能です。役所の資産税課で不動産評価価格が1500万円未満なら受けられますが,質問者は借地権ですからもっと評価価格が下がから,もし住める状態ならば,借地権を返還し無くっても生活保護を受けられます。

Q建物名義は主人で土地名義が私の父の場合

こんにちわ。
実家の隣に空地があり、結婚してからそこに家をたてました。

建物の名義は主人で土地名義は身内でなければダメという土地のようだったので私になっていると思っていましたが、、、調べたら父親名義のままでした。

もし、父親が母より早くなくなったら 名義は母になり家賃をとられたり、出ていけと言われるような事が起こってもおかしくないのでしょうか。

また、そうなるとしたら回避策はあるのでしょうか。

また親を信じて、座った座布団をひっくり返されるのかと思うと
不安になってしまいます

Aベストアンサー

母親サイドでそのように取り決めているのなら、そう尊重されるでしょうけど、法的には母屋にもあなたの遺留分の相続をあなたが放棄しない限りは相続請求可能です、

なので、相続が実施されて以降もいつでも請求可能です。
それは土地ではなくその分の評価額(金銭)でも可能です。

例えば駐車場を他人に貸す場合などで利益が出るのならそれも相続対象となります。

なのでどの羽陽に相続するのか、今の内に家族会議を開いて取り決めておくのも良いでしょう。

ご自分で解決に地震のない場合は弁護士に任せましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報