プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

特殊部隊について質問です。

近年、テロリストだあーだ―コーダ言ってますよね。
しかし、基本的に戦闘は、アウトドアじゃないですか?
アウトドアだったら、銃はフルオートですよね?

しかし、インドアの場合は、フルオートですか、セミオートですか?

A 回答 (4件)

近年は通常部隊もMOUTやCQBを想定した訓練をしていますので、特殊部隊に限る意味はあまり無いかと思います。


インドアアウトドア関係なく(環境にもよりますが)制圧射撃が必要であれば軽機関銃や小銃でフルオート射撃を行いますが、アウトドアであればその頻度が多くなってくると思います。

インドアの場合は警察系の特殊部隊であれば、ほとんどセミオートでしょう。
↓の方がほぼ全て解説しておられます。
ですが、基本的に皆殺しおkな軍隊の場合は所属する国家や部隊によって違ってくるかもしれません。
私も日米他多くの国でセミオートが基本であると考えますが、
オーストラリア陸軍の場合はAUGの射撃切り替えがトリガーの引き具合であるせいかフルオートが基本になっているようです。
個人的には露や中に東欧、中東辺りでは米国式とは違うエキゾチックな戦術を多く見る気がします。
加えて、例外ですがMOUTやCQBにも軽機関銃を使用しますので、戦術上、小銃でその代用をするのであればやはりフルオートになります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答でした。
ありがとうございます

お礼日時:2009/09/09 20:11

こんにちは



インドアを近接戦闘(CQB)の事と解して、話をいたします。

まず比較的遠距離の目標を制圧するために全自動(いわゆるフルオート)射撃や制限
点射(バーストショット)を行う以外には、ほとんどの場合が半自動(俗に言うセミ
オート)での射撃が基本になると思います。
特にCQBの場合は交戦中の弾薬補給が極めて難しい場合が多く、かつ短時間のうちに
脅威を確実に無力化する必要があるために、尚のことそうせざるを得ません。
法執行機関系と軍機関系のSOFによって多少戦術にも差があるとは思われますが、CQB
に関しては多分両者のセオリーに大差は無いかと思います。

あと、現行SOF特に軍機関系の部隊が主力装備としているカービン、アサルトライフル
には制限点射モードが付かない傾向にあります。
理由は
・制限点射機構が複雑で故障の原因になり得る
・SOFの兵士はプロ中のプロなので自在に操れるから不要
などによります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/09/09 20:11

>アウトドアだったら、銃はフルオートですよね?



 アウトドアかインドアか以前に、今ではM16A2やM4の様なフルオートモードが無いアサルトライフルが登場していますよ。
 フルオートで撃つと発射スピードが早過ぎて、1人倒すのにマガジン1コ使い切る、などというマヌケな事態が起こってしまいます。(発射速度は、同じ口径でも使うタマのメーカによって異なりますが・・・M4やM16だと最大900発/分に達するので、もしフルオートで撃ったら1.4秒持たずに20連マガジンがカラになります。)
 そこでM4やM16A2では、トリガを1回引くと3発出て止まるという『バースト』モードがあります。今ではサブマシンガン(ライフル弾より遥かに威力の小さい拳銃弾を使う機関銃)でもバーストモードが装備されているモノがあるぐらいで、アウトドアだろうとインドアだろうと、バーストで撃つのが基本でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/09/09 20:10

インドアの場合、セミオートが原則です。


理由は、
屋内でやみくもにフルオートで乱射すると、もし、人質がいた場合、人質に当たってしまう危険があるため。
弾丸が跳ね返って自分・もしくは仲間に当たる可能性があるため。
あるいは、場合によっては法律的にフルオート射撃が禁じられることもありうるため、などが考えられます。
アクション映画などでインドアでもフルオートで派手に撃ちまくってるのはあくまでフィクションとお考えください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/09/09 20:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング