【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

我が家では30cmの水槽にひめだか、アカヒレ、ネオンテトラ、プラティ、グッピーを合計13匹買っていたのでが、よくアカヒレとひめだかが共食いされて日に日に数が減ってきています。餌は朝8時頃出かける前に塩一つまみ程度の量を与えています。共食いされるということは、餌が少ないのかと思い、一日2回程与えていたこともあったのですが、今度は食べ過ぎて死んでしまったような魚もいて、どうしたら共食いが無くなるのか分かりません。現在は9匹になってしまいました。共食いされた魚の無残な姿はもう見たくありません。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

卵胎生のメダカ(プラティ・グッピー)は、他の魚(ヒメダカ・アカヒレ・ネオンテトラ)と適正水質が異なることはご存知でしょうか?


現在の水質がどのようになっているのかは存じませんが、水質が合っていないとストレスで他の魚を襲うこともあるでしょう。
水質を中性に保って飼育するか、それが不可能であれば別々に飼育されたほうが良いですね。
また、小型の魚ばかりを9匹飼育されているようですが、餌をひとつまみは多いです。
水換えはどれぐらいの頻度でされていますか?
底砂・ろ過機は何を使用されているのでしょう?
おそらく水質が弱酸性に傾いていることが予想されます。
水質を検査し、飼育環境・管理を改善されたほうが良いでしょう。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

勉強になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/05/29 22:38

我が家でもアカヒレ、ネオンテトラ、グッピーなど多数、混泳させていますが、未だ共食いをしたことはありませんし、半年以上、一匹も死んでいません。



Coolfishさんの魚の死亡原因は、以下と推測されます。
1.共食いではなくて、水質の悪化などによって、死んだ魚を、他の魚がつっついている。
2.弱った固体や性格が弱い固体が、強い固体にいじめられて、ストレスがたまったか、エサをあまり食べられなくて死んで、他の魚がつっついている。

1の対策としては、ろ過の性能を上げたり、水替えを定期的に行うことが考えられます。
2の対策としては、水草などの障害物を入れて、弱い固体が隠れることができるようにすることが考えられます。

特に30センチの水槽と、小さい水槽なので、1の原因ではないかと思います。共食いが原因でも、2の対策は有効です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/05/29 22:36

ほぼ同じ魚を飼ってますがそういったことは今までなかったですね。

えさをあげられなかった時も共食いはなかったです。魚が隠れられるようなもの(水草等)はありますか?大きさの違いで追いかけられたりするのは見ますが・・・
ちなみに共食いしてるところを見たんでしょうか?無残な姿だけを見て共食いと決め付けない方がいいとは思います。死んでから食べられたかも知れませんし。その場合は水質等をもう一度確認することも有効だと思います。いずれにしても早くおさまると良いですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/29 22:39

まず、給餌したときにすべての魚が餌を食べているか観察してみてください。

特に体型の大きな魚が十分に食べているかどうかを。それによっては、追加でもう一度与えてみてはいかがでしょう。

また、今はどのようなタイプの餌を与えておられますか? グッピー用の顆粒状のものですか? だったらフレーク状のものも同時に与えてみてください。それによって食べるときに「時間差」が生まれますので、食べるのが遅い魚もゆっくり食べられるはずです。 とにかく2種類の餌を与えるのがポイントです。 私はそれに加えてブラインシュリンプの凍結乾燥タイプも与えています。

給餌は1日2回、少な目に与えるのが基本ですが、私は1日1回にしています。とにかく餌の与え過ぎが一番良くありませんからね。

すでに実行されているとは思いますが、最低でも「水換え」は週に1回、「フィルターの清掃」を1ヶ月に1回、「濾過材の交換」を2ヶ月に1回は励行されていますか? これさえ確実に実行していれば健康は保たれるはすです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/05/29 22:42

まず、量にもよりますが、質問内容より考察して餌を食べ過ぎて死に至ったとは考えにくいと思います。


一日の給餌量は2、3分で食べ尽くす程度で、一日2~3回程度が最適だと思います。
それらからも共食いの原因は過密飼育と餌の不足などが考えられます。
それにネオンテトラとプラティーやグッピーは適した水質さえ違います。
無残な死を避けたいのであれば、まず水槽サイズに見合う飼育数や魚種の選択から見直して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の知識不足で魚を飼ってしまったことを反省しています。今後は気をつけて飼いたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/29 22:41

同じく30センチ水槽でアカヒレ飼ってます!


とりあえずは気の強い魚をのけてみてはどうですか?

プラティ?グッピー?あたりかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/05/29 01:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネオンテトラの数が減っていますが共食いか、襲われてるの?

最近、熱帯魚を飼い始めたビギナーです。
最初ネオンテトラを10匹買(飼)ったのですが、知らない間に9匹しかいなく(あれ、9匹しか入れてくれなかったのかな・・・?)、
今日は8匹しかいません。
ネオンテトラは共食いとかするのでしょうか?死体はどこにも見つかりません。
あるいは襲われてるのでしょうか?
いっしょにコリドラス、ゴールデンハニーグラミィ、スカーレットジェム、ライムシュリンプ、テトラ・オーロ、ゴールデン・デルモゲニィ
をそれぞれ一匹ずつ飼っています。(皆、混泳OKでおとなしいです)
水槽は30cm×35cm(16リットル)ぐらいです。(混みすぎでしょうか?)
流木、水草入っています。死体はどこにも見つかりません。
すみません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

共食いも状況によってはあるかもしれませんが
ピッチリ蓋をしているのならこの考えは当てはまらないのですが、蓋をしていない、していても僅かなスキマがある場合は、水槽の外への飛び出しているんじゃないかと思います。マサカ?と思うようなスキマでも飛び出してしまうことがあります。
干からびて、小さな小さな干物が何かの間に挟まっていたりしませんか?

魚の数は多いように感じますが、それでも水質的にはどうにかできるのかもしれません。普段は大人しく泳いでくれるかもしれません。
しかし、どれかが何かに驚いて急に逃げ回ったりすると、狭い水槽だととたんに水槽中がパニックになってみんなが逃げ場を求め、唯一の空間である水面へ向かってジャンプしてしまいます。

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Q日常で食べる魚で、共食いしてる魚、共食いしてない魚はなに?

日常で食べる魚で、共食いしてる魚、共食いしてない魚はなに?

魚(同種の魚介類全般を含むが、魚介類と海草以外を餌にしている場合はこの質問では共食いとしない)を食べる魚、食べない魚が知りたいのですが、海にいる魚は共食いして川にいる魚は食べない、とか、そういう率はどちらが高いとかあるんでしょうか?魚は共食いが多いんでしょうか?食べない魚は藻とか海草を食べてるんですか?海草などを食べる魚でも大きな魚もいるんでしょうか(想像では体が大きくならないような気がする、大きな魚はエネルギーが必要なので肉食のような気がする、ので)?

そういうことが簡単かつ図鑑的に載ってる本、本屋に常に置いてあるような本が知りたいです。

魚(魚介類全般)を食べる魚も肉食と呼ぶのでしょうか?

特に私が知りたいのは……
私たちが日常で食べる魚の多くは共食いしてる魚でしょうか?
日常で食べる魚で共食いしていない魚はなんでしょうか?

Aベストアンサー

海では
まず共食いを出来る魚でしたら、歯が無いとできないですね(^-^)
ただ肉食となると、例えば、鯵を釣るのに、コマセとして鰯をすりつぶしたものを使う所もありますし
アミをコマセとしてる使う事も有りますので、肉食ですねでも歯は有りません≪丸のみです≫
ただ鯵の身を小さく切って使うと鯵が釣れます勿論コマセで鰯を使うと言いましたが、その中に鯵が入って居る事もあります
海の場合には藻を食べる魚は少なく、ほとんどエビや貝類ですね≪季節的に海藻を食べる物としてブダイが居ます≫
川に行くと
大型の魚でソウ魚は1メートル以上になりますが川の近くの草を食べます後鮎は、小さい時は海に下って海のプランクトンを食べて少し大きくなったら川に遡上して石に付いた藻だけを食べます
ただソウ魚に関しては、外来種の為に小さい時の食生活は正確には判りません
湖に行くと
ブラックバスは、共食いをします≪小さい頃はよく食べられます≫
後ます類も小さい時は、大きい魚の餌になります≪50センチ位のます類でしたら、よく小さな増すも食べるようですが、正確に同種を判別して食べて居るかは判りません≫
後サメ類は共食いはよくありますよ(^-^)

海では
まず共食いを出来る魚でしたら、歯が無いとできないですね(^-^)
ただ肉食となると、例えば、鯵を釣るのに、コマセとして鰯をすりつぶしたものを使う所もありますし
アミをコマセとしてる使う事も有りますので、肉食ですねでも歯は有りません≪丸のみです≫
ただ鯵の身を小さく切って使うと鯵が釣れます勿論コマセで鰯を使うと言いましたが、その中に鯵が入って居る事もあります
海の場合には藻を食べる魚は少なく、ほとんどエビや貝類ですね≪季節的に海藻を食べる物としてブダイが居ます≫
川に行くと
大...続きを読む

Qグッピーが増え過ぎる

現状
・60cm水槽にグッピー50匹以上(推定)
・オスメス/稚魚混泳
・他にヤマトヌマエビ5匹とコリ2匹
・病気/喧嘩もなく水質安定

困っていること
・餌の減りが早い事;

アドバイスを頂きたいのですが、このままの状況でグッピーを飼っても大丈夫でしょうか?。『一定数まで増えると、共食い(?)等で増えない』と聞いたのですが、本当ですか?(増え続けているので…)。60cm水槽だと、どのくらいまで増えるのでしょうか?。
これ以上数を増やしたくないのですが、やはりオスメスを別水槽にするしかないのでしょうか?。現状、水槽を複数設置出来ないのと、稚魚ネットのような見た目があまり良くないものは水槽に入れたくないのですが、他に良い方法はありますか?。
また、混泳の場合、定期的(?)に他のグッピーを入れないと奇形魚が…等聞きますが、その場合、どのくらいのペースで新グッピーを入れた方が良いのでしょうか?。

グッピーが増え過ぎてしまった方は、どのような対処・対応をされましたか?。グッピーを飼っている方のアドバイス等を聞かせて頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。

現状
・60cm水槽にグッピー50匹以上(推定)
・オスメス/稚魚混泳
・他にヤマトヌマエビ5匹とコリ2匹
・病気/喧嘩もなく水質安定

困っていること
・餌の減りが早い事;

アドバイスを頂きたいのですが、このままの状況でグッピーを飼っても大丈夫でしょうか?。『一定数まで増えると、共食い(?)等で増えない』と聞いたのですが、本当ですか?(増え続けているので…)。60cm水槽だと、どのくらいまで増えるのでしょうか?。
これ以上数を増やしたくないのですが、やはりオスメスを別水槽にするしか...続きを読む

Aベストアンサー

今日は。
私も昔、グッピーを飼ってた事があるのでアドバイスになればと思い書き込みます。

グッピーは、別名を『ミリオン フィッシュ』と呼ばれるほど、繁殖が容易なので、現状のままですとグッピーの『つがい』がいる限り、どんどん増えて行くでしょうね。
増やしたくないのであれば、やはり別々の水槽を用意して飼育するのが望ましいです。
どうしても用意出来ないのであれば、残酷な話ですが、稚魚の隠れるスペースを無くしてしまい(水草や底砂をとってしまう)親魚に食べさせるか、飼育者の手で、葬ってしまうしかありません。

私の場合は、最初稚魚が生まれた時は、飼育ケースに入れて飼育してましたが、数が増えすぎた時は、自然淘汰しました。

>混泳の場合、定期的に他のグッピーを入れないと奇形魚が…

これに尽きましては、3世代まで(親→子→孫)迄だったと記憶しています。一概に言えませんが…。
私の記憶違いでなければ、3世代で交配させる時は、戻し交配(?)
した方が良いと、雑誌で読んだ事があったと思います。
『第一世代 親魚』+『第三世代 孫魚』の交配と言った形だったと思います。此処迄が限度ではなかったかと。

今日は。
私も昔、グッピーを飼ってた事があるのでアドバイスになればと思い書き込みます。

グッピーは、別名を『ミリオン フィッシュ』と呼ばれるほど、繁殖が容易なので、現状のままですとグッピーの『つがい』がいる限り、どんどん増えて行くでしょうね。
増やしたくないのであれば、やはり別々の水槽を用意して飼育するのが望ましいです。
どうしても用意出来ないのであれば、残酷な話ですが、稚魚の隠れるスペースを無くしてしまい(水草や底砂をとってしまう)親魚に食べさせるか、飼育者の手で、葬...続きを読む

Q熱帯魚で、かびた死魚やエサは取り除いた方がいい?

死魚が出たときは、他の熱帯魚の貴重なタンパク源となるので、
そのままにして、グラミーやエビなどが食べるままにしています。
ただ死魚はしばらくすると、白カビのような毛だらけになってしまいます。

このようなカビだらけの物を食べても別に問題はないのでしょうか?
あるいは、取り除いた方がいいでしょうか?

コリドラスやエビ用にと、プレコ用のエサ(緑色)も少し入れますが、
そんなに食いつきがいいわけではないので、時間がたつとカビてきます。
これも、取り除いた方がいいのでしょうか?

今の所ほうっておくと、他にエサが無い時は、カビてても食べてしまいます。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
>取り除いた方がいいのでしょうか?
結論から言いますと取り除いておいた方が良いです。

理由
>他の熱帯魚の貴重なタンパク源となる
たんぱく質はアミノ酸から猛毒アンモニアへと変化します。
他の魚が食べないとアンモニア中毒の発生か、これをろ過バクテリアが処理できないと有害な亜硝酸中毒の発生となります。因って不要なたんぱく源を水槽内に放置しない事が基本です。

蛇足ですが
>白カビのような毛だらけになってしまいます。
生物濾過の濾過不足の典型的な症状で、充分にろ過が効いている水槽では死んだ魚がカビる事は無く分解されてしまいます。

魚が死んだからといって直ぐに飼育器具や濾材を洗浄しないで下さい。死ぬ原因が病気なのかストレスなのかをよく観察して、無闇なリセットは飼育環境を悪化させる事があります。
参考まで。

Q白点病を発症した魚がいた水槽は放置で治療可能?

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
*****************************
・アマゾンフログピット
・アマゾンチドメグサ
・ウィローモス
*****************************


この環境下で、1週間程度前から白点病に感染しているようで、体表に白い小さな点々が出来てきました。

私は最近水槽で魚を飼育しはじめ、白点病の経験も全くありません。
サイトを参考に治療をしようと調べていたのですが、1点不明な点がありました。

現在水槽は90cm水槽しかないので、薬浴用に新しく水槽を購入してきて、水槽にいるピラニア以外(ピラニアは平気そうなので…)の全ての魚をそちらへ移し、薬浴を実行しようと考えています。

治療中、90cm水槽では水温を高い状態で保ち、そのままの状態で2週間程度放置することで、白点病の病虫を死滅させることが出来るのではないかと思ったのですが、可能でしょうか…?
水槽自体も底砂の交換や薬浴をしなければ、魚を戻した際に再発してしまうでしょうか…?


回答者様の治療方法や、治療以外にも、現在の環境で気をつけることなどありましたら、出来るだけ詳細に回答頂けると幸いです。

白点病についてサイトをいろいろと見ましたが、不明な点があったのでこちらをお借りして質問致します。


現在90cm水槽で以下の魚を飼育しています。
*****************************
・セルフィンプレコ×2
・ブロンズプレコ×1
・ラミノーズテトラ×4
・レッドファントムテトラ×4
・ネオンテトラ×8
・アカヒレ×18
・ヤマトヌマエビ×10
・ダイヤモンドピラニア×1
*****************************

加えて、以下の水草を育てています。
***...続きを読む

Aベストアンサー

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ませんが、発病している可能性はありますので、発病していない魚も
予防策として治療してやります。
発病した魚だけ隔離して、残された魚には何もせず放置をすれば、間
違いなく数日後には白点病に感染するでしょう。

白点病の菌を死滅させるためには水温を一定温度まで上昇させる事
が必要ですが、だからと言って2時間では死滅する事はありません。

白点病に感染したら、サーモ付ヒーターで水温を最終的には28℃~
30℃に上昇させます。白点病の治療薬を投与して1週間絶食をさせて
様子を見ます。1週間で白点病の症状が消えれば、水を1/3抜いて
新しい水を入れ、再び1週間放置します。その間に水温は28~30℃に
保った状態にします。これを3回繰り返した後に全ての水を入れ替えて
掃除をします。
もし1週間で白点病が完治していなければ、水を1/3だけ抜いてから
新しい水を入れ、薬剤を規定量だけ再投与します。
薬剤にもよりますが、グリーンFリキッドやグリーンFゴールドの持続期間
は1週間です。1週間以上も薬剤効果が持続する事はありませんから、
感知していなければ再び投与する事になります。

薬剤を投与する前は、水草、色が付いては困るアクセサリー、活性炭が
使用されているフィルターは投与前に水槽から出します。
薬剤の成分により水草は枯れますし、薬剤の色が浸み込んで洗っても
落ちなくなります。また活性炭により成分の効果が消えますので、必ず
活性炭が入っているフィルターは事前に取り外して下さい。
活性炭が使用されていないフィルターは外さない事です。またエアーは
通常通りに送り続けて下さい。
ヒーターの設定は1日に2℃づつ水温が上昇するようにします。一気に
上昇させるのは魚に負担を与えます。最終的に28~30℃になるよう
にしましょう。

まず原則を先に書かせて頂きます。

白点病が発生した時は、発生した魚だけを別水槽に隔離しても意味が
ありません。水槽には白点病の菌が浮遊しているので、発病した魚を
別水槽に移して隔離しても、発病していない魚も数日後には発病する
可能性は高くなります。
発生したら使用中の水槽で治療を行う事です。発病した魚も発病して
いない魚も一緒に治療してやります。
発病していない魚まで治療する事は無いと思うでしょうが、先程も書い
たように水槽の水には白点病の菌が浮遊しています。肉眼では見え
ません...続きを読む

Qグッピー、ネオンテトラと同じ水槽で・・・

今度初めて熱帯魚を飼う初心者なのですが、どの種類の熱帯魚にしようか迷っています。
ミックスグッピーやネオンテトラなどが候補に挙がっているのですが、同じ水槽で飼育できるものなのでしょうか?
グッピーは確か中性、ネオンテトラは弱酸性の水質だったと思うのですが、やっぱり無理なのでしょうか?
また、水槽の下の方で泳ぐ魚と上の方で泳ぐ魚がいれば、それらを同じ水槽で飼育することも出来ると聞いたのですが、どんな組み合わせがあるのでしょう?
また、水質を調整するのにはどのようなものを使ったら良いのでしょうか?phを調整する(調べる)道具もあるのでしょうか?
水槽はいただきものですが60cmのものがあり、フィルター・ヒーター・ろ過装置など一式揃ってはいます。
良いアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

中性付近の水質を維持できれば、グッピーとテトラを一緒に飼育できます。水質にうるさい一部の魚を除き、多くの魚は少しぐらいは本来好む水質から外れても適応できるので、中性付近を維持していれば問題なく飼える魚は多いです。

ミックスグッピーというのは輸入物の安価なグッピーの事だと思いますが、近頃はウィルス性の病気を持っているのが非常に多いようです。
できれば、少し高いですが国産グッピーにした方が無難かと思います。

大人しい魚同士であれば、水槽内の生活圏(泳ぐ場所)が同じでも問題はありませんが、でもやはり各層を泳ぐ魚がいた方が見た目が良いですね。

ネオンテトラ、カージナルテトラ等は下の方にいる事が多いようです。
更に下、底砂の上を動き回るのはコリドラス。
上の方をよく泳ぎ回る魚は、グラス・ブラッドフィンテトラやポポンデッタ・フルカタ、ハチェット類。
グッピーは中層~上層をヒラヒラと泳ぐ事が多いと思います。
熱帯魚の種類は多いので、お店や図鑑で見て好みの魚が見つかれば、その魚の性質についてネットでよく調べて飼う魚を決めていけば良いと思います。

水質調整については、PH測定器はあった方が安心ですね。試験紙タイプは昔使った事がありますが精度が悪くてあまり役に立ちませんでした。試薬タイプが手頃でしょうか。使い勝手はデジタル式のが良さそうですが高価なので予算があれば・・・ですね。
私は水質にうるさい魚には手を出さないので、もう何年も測定せずにやっていますけど。

水質は、お住まいの地域の水道水がほぼ中性なら、4分の1から3分の1程度の水替えを1週間に一度行っていれば、中性付近の水質を保つ事が出来ると思います。
水道の水が中性から大きく外れている場合は、水槽に入れる前にPH調整剤(熱帯魚店にあります)で中性付近にしてから水槽に入れると良いです。

中性付近を保つ為には底砂の選択も重要で、水質に影響を与えない(酸性にもアルカリ性にもしない)ものを使用すると良いです。
ソイル系や大磯(南国砂)は避けて、
淡水域で採取された砂利(川砂、湧き水の砂、アクアグラベルなど)が無難です。

中性付近の水質を維持できれば、グッピーとテトラを一緒に飼育できます。水質にうるさい一部の魚を除き、多くの魚は少しぐらいは本来好む水質から外れても適応できるので、中性付近を維持していれば問題なく飼える魚は多いです。

ミックスグッピーというのは輸入物の安価なグッピーの事だと思いますが、近頃はウィルス性の病気を持っているのが非常に多いようです。
できれば、少し高いですが国産グッピーにした方が無難かと思います。

大人しい魚同士であれば、水槽内の生活圏(泳ぐ場所)が同じでも問題...続きを読む

Q元気のない熱帯魚を復活させる方法

 グッピーとプラティーの水槽(11L)にプラナリアが湧いてしまいました。ウチのプラティーはプラナリアに弱く、夜のうちにヤツラが水槽上部まで出てくるようになるととたんに元気をなくします。
 現在照明が暗いので発見が遅れました。プラティーはほぼ1日水底に沈んでいます。エサは少々食べているようです。グッピーも1匹同じような状態で、さらにもう1匹は尾から少量の出血が見られます。

 取りあえず水槽は丸洗いをしたのですが、弱っている状態でリセットした水槽に入れるのは躊躇われ、元の飼育水をコーヒーフィルターで濾したものを小さな水槽に入れて全魚達を投入(6匹)、メチレンブルーを2滴(4L水槽)入れて様子を見ていますが、2日立っても元気のない2匹は復活しません。

 沈んでいるプラティー&グッピーには外見上は問題はないのですが、このまま悪化すると松かさ病になってしまうのも経験済みで、なんとか回復してもらいたいのですが、何か良い方法はないものでしょうか。

 塩浴を....とも思うのですが、出血しているっぽいグッピーにも塩浴は良いのでしょうか。キズにしみるイメージがあるんですがw キズのあるコは元気なので、体力はありそうです。

 とうがらしを使うと松かさや白点病が悪化した事もあります。

 よろしくお願いします。

 グッピーとプラティーの水槽(11L)にプラナリアが湧いてしまいました。ウチのプラティーはプラナリアに弱く、夜のうちにヤツラが水槽上部まで出てくるようになるととたんに元気をなくします。
 現在照明が暗いので発見が遅れました。プラティーはほぼ1日水底に沈んでいます。エサは少々食べているようです。グッピーも1匹同じような状態で、さらにもう1匹は尾から少量の出血が見られます。

 取りあえず水槽は丸洗いをしたのですが、弱っている状態でリセットした水槽に入れるのは躊躇われ、元の飼育水を...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
魚の症状を読むと生物濾過が働いていない為の水質の悪化が原因と考えられますが、水質の悪化と言っても色々あり、亜硝酸の激増、アンモニアの発生、pHの低下など原因を特定する為には、11リットル水槽でフィルターは何を使用しているのでしょうか?
照明は何時間点灯して、水草は入っていますか?底砂の種類は何?水換えの間隔と量は?等飼育の基本部分を明記されないと、回答する方も判断のしようが有りません。

魚の調子が良く無かったり、プラナリアの発生は9割方水の問題で、その水に影響の有る環境を改善しないと何回でも発病します。

水中の生き物に病気は死魚が出たら、治療を考えるのは初心者だけで、飼育技術の優れた方は、まず病気の出ない環境改善を考え実行して、その後治療するものです。

もし質問者様がお使いのフィルターがセット物の外掛けフィルターでしたら、過去のこのサイトでも沢山の問題が有り、過去ログを調べる事をお奨めします。

Qプラティが、どんどん死んでいきます・・・

1年程前から熱帯魚を飼っています。
水槽は、Lサイズ水槽の、すべてセットになったのを使っています。点検は毎日していますが、どれも壊れていません。水替えは、3分の1程度吸い上げ式のポンプで、底の汚れを取り除き、カルキ抜きした水道水を足してます。
2ヶ月ほど前からなのですが、ミッキーマウスプラティーが、バタバタと死ぬんです…。
死期が近くなると、腹が、ペッタンコになり、枯葉が舞うように泳ぎ、エサもよく食べるのですが、腹の薄さは変わらず、症状が出てから、2~3日で死んでしまいます。
初め、5匹から飼い始め、繁殖させて20匹位の成魚が、居たのですが、今は、3匹になりました。
色々試しました。1週間ほど絶食させ、薬浴させてみたり、
すべて水を替えて、底石も洗い、フイルターも取り替え、バクテリアが、入ってると言う薬を買って入れ、温度を合わせ、私の出来る範囲の事はしてみたのですが、3匹になってしまいました・・・
コリドラス?(ガラス面の汚れを取ってくれる、黒いゴツゴツした魚)2匹、グッピー4匹、ネオンテトラ3匹、アカヒレ3匹、体が透明で、尾とヒレが黒い魚4匹が、プラティーが少なくなってから、仲間入りしましたが、どれも元気です。(子供が、魚に友達を…と、お小遣いで、少しずつ買っているので、すべて少ない数です)が、喧嘩する事も無く育っています。
コリドラス?だと思うのですが、その魚は、もともとプラティーと共存していて、半年ほどで、3倍の大きさになりました。
なぜ、プラティーだけ、どんどん死んでいくのでしょうか?
腹が、ぺちゃんこになる病気は、何なのでしょうか?
尾腐れには、なっていません。
どなたか、病気に詳しい方、教えてください!
熱帯魚の専門的知識は、余り無いので、わかり易く教えて頂けたら、嬉しいです。

1年程前から熱帯魚を飼っています。
水槽は、Lサイズ水槽の、すべてセットになったのを使っています。点検は毎日していますが、どれも壊れていません。水替えは、3分の1程度吸い上げ式のポンプで、底の汚れを取り除き、カルキ抜きした水道水を足してます。
2ヶ月ほど前からなのですが、ミッキーマウスプラティーが、バタバタと死ぬんです…。
死期が近くなると、腹が、ペッタンコになり、枯葉が舞うように泳ぎ、エサもよく食べるのですが、腹の薄さは変わらず、症状が出てから、2~3日で死んでしまいます...続きを読む

Aベストアンサー

自信はないです。
熱帯魚歴は長いので、その経験中から考えられる事をいくつか・・・・

同居の新しい魚の種類から、グッピーが元気だということで(体が透明な魚というのがグラスフィッシュならそれも含め)、PH(酸性~アルカリ性の度数)はプラティーでも問題ないと思います。(その他の魚は弱酸性好みですが、グッピー等は弱アルカリ好み、ただし、厳密なものではないです。あくまで原種の生息域の水質の話です。)
その他、水の中の成分(亜硝酸塩などの濃度も他の魚が元気ということで問題ないでしょう。)

最初はプラティーとオトシンクルス(コリドラスはガラス面の苔はとらないのでオトシンのことを言っているのだと思います。)だけだったとして、オトシンがプラティーを攻撃するとも思えませんので、あとはプラティー、グッピー、ソードテール等、卵胎生メダカの繁殖のしやすさからくる近親交配による遺伝的疾患が一番可能性は高いかと思います。

ミッキーマウスプラティーって、おそらくワグムーン(ワグプラティー)から品種改良されたものだと思います。
ワグムーンはムーン(プラティー)の原種とワグソード(尾びれだけ黒いソードテール)の掛あわせから生まれた品種で、ワグソードの黒い尾びれを引き継ぎましたが、それと同時に黒い部分が癌化するという遺伝病も引き継いでしまったと聞きます。(ソードテールよりも確率が高くなったとか)
ミッキーマウスプラティーもその品種からの品種改良(という呼び名の近親交配)だと思いますので、そういった遺伝病ではないでしょうか。
ためしに、普段行かないお店(少しでも繁殖元を遠ざけるため)から、レッドプラティー等、尾びれの黒くないプラティーを買ってきて掛け合わせて、血を薄くしてみたらいかがでしょう。

卵胎生メダカは興味の範囲外ですので、実際の経験からのお話ではないことをご了承ください。

自信はないです。
熱帯魚歴は長いので、その経験中から考えられる事をいくつか・・・・

同居の新しい魚の種類から、グッピーが元気だということで(体が透明な魚というのがグラスフィッシュならそれも含め)、PH(酸性~アルカリ性の度数)はプラティーでも問題ないと思います。(その他の魚は弱酸性好みですが、グッピー等は弱アルカリ好み、ただし、厳密なものではないです。あくまで原種の生息域の水質の話です。)
その他、水の中の成分(亜硝酸塩などの濃度も他の魚が元気ということで問題ないでしょう...続きを読む

Qネオンテトラが次々に・・・☆

こんにちわ
ネオンテトラのキレイさに見せられて
1週間前にネオンテトラを購入した者です。
熱帯魚を飼育するのは初めてで
飼育セットと呼ばれるのを購入し(60センチ水槽、上部フィルター、蛍光灯、ヒーター、水温計、人工水草、上部フィルターに入れるろ材、がセットになってました)底砂を入れてネオンテトラを入れた所、毎日のようにパタパタと死んでゆきます。。。水槽に入れる前はビニール袋をそのまま水槽に浮かべ、水温を合わせてから水槽に入れたのですが、水温が合っていないのでしょーか?気のせいかもしれませんが弱っているネオンテトラは元気なネオンテトラに比べて体の色が黒い気がします。。。どなたか救助法を知ってらっしゃる方がいらしたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

 魚を入れてから最初の2~3日も、死んでしまう魚が多かったですか?もしそれが多かったとしたら、水温合わせ、水質合わせ、カルキ抜きなども考えられます。
 ただ、水質合わせは、ネオンテトラで、日本の水道の水を利用する限りにおいて、ほぼ不要です。体表粘膜保護も、人間でいうとビタミン剤みたいなものですので、使った方がベターですが、使わないからって死ぬようなことはありません。

 もし、3日以上経ってから(特に1週間前後から)魚が死に始めたとすると、ほぼ濾過不良が原因でしょう。「毎日のようにパタパタと」という表現から、こちらのような気がします。
 濾過システム(上部フィルター)はセットしたようですね。でも、その中に濾過バクテリアが繁殖して実質的に濾過を始めるまでには、2~3週間くらいかかります。その間は、濾過システムがあっても、濾過はされていないのです。
 もし、亜硝酸を測るものをお持ち(または安く購入可能)でしたら、測定してみて下さい。かなり「危険」との値が出るはずです。プロはアンモニアも測りますが、アンモニアの方が先に濾過が効き始めますので、亜硝酸を測るべきです。

 濾過不足への対策としては、まずは水替え、次に活性炭の投入です。60cm水槽でネオンテトラ20~30匹程度なら、2~3日に一度、1/3くらい替えれば十分です。濾過が働き始めたら、もちろん、こんなに頻繁に替える必要はありません。活性炭を入れると、水替えの間隔を伸ばすことが(例えば2日に一度のところを3日に一度に)できますが、水替え不要にはなりません。

 死んでしまった魚は、必ず取り出して下さい。亜硝酸が急増してしまいます。魚を腐らせてバクテリアを早く繁殖させるテクニックもありますが、これは大型水槽用であり、60cm水槽には合いません。
 バクテリアを早く繁殖させるためには、ショップから種砂(魚を長期間飼っている水槽の底砂や濾材少々)をもらって投入することをお勧めします。本当は、魚を買う時だと、頼みやすいのですが、ここで魚を買ったと言えば、たぶんくれると思います。

 どんな原因にせよ、エサは、しばらく止めるか、あげるにしてもほんのちょっとだけにして下さい。エサ不足で死ぬことはありません。逆にあげすぎると、すぐに水質が劣化し、魚がどんどん死にます。
 つい「体調が悪いから栄養を」と考えがちですが、水質が原因で体調が悪いなら、栄養をつけるよりも、水質を改善することの方が、ずっと重要です。
 もし、ここ数日、たくさんエサをあげていたのでしたら、直ちに水を半分以上替えて下さい。その際、底にエサの残りが沈んでいるはずですので、なるべく吸い出して下さい。

 魚が黒っぽく見えるのは、体調が悪いときによくある症状です。ただ、体調が悪いとたいてい黒くなりますので、これで原因をつきとめることは難しいです。
 あと、ショップでの状態が悪かった場合も、原因をつきとめることは難しいです。もっとも、ネオンテトラのように飼育の容易な小型種では、そういうことは滅多にありません。
 

 魚を入れてから最初の2~3日も、死んでしまう魚が多かったですか?もしそれが多かったとしたら、水温合わせ、水質合わせ、カルキ抜きなども考えられます。
 ただ、水質合わせは、ネオンテトラで、日本の水道の水を利用する限りにおいて、ほぼ不要です。体表粘膜保護も、人間でいうとビタミン剤みたいなものですので、使った方がベターですが、使わないからって死ぬようなことはありません。

 もし、3日以上経ってから(特に1週間前後から)魚が死に始めたとすると、ほぼ濾過不良が原因でしょう。「毎...続きを読む


人気Q&Aランキング