ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

今月の6日に教員採用試験(二次)を受けます。
その課題に、ピアノ初見演奏があります。(声楽初見視唱もあります)

今までやったことがないので、ピアノ初見のコツを教えてください。
時間がないところですが、何とかがんばりたいと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

準備不足ですねぇ・・・。


当然ソナタアルバム程度は弾けるのでしょうね!?

であればとりあえず中級程度の譜面(クラシックならソナチネアルバムやソナタアルバムの1巻あたり)、知らない曲がたくさん載っているものを買ってきて所見してみて下さい。
むろんショパンとかリストの曲は出てきませんので難しい譜面を買わないこと!!

適当に開いたページを弾いてみて、指が全く動かなかったらピンチです。
徹夜で弾き続ける覚悟が必要です。

あるいは曲として聞ける程度であれば、今度は数をこなしてください。
その時の注意点としては、1回弾いた曲はしばらく弾かないことです。

たとえ曲にならなくても、次の曲に行ってください。
所見演奏は暗記で覚えられるものではありません。

声楽所見はとりあえずコールユーブンゲンを買ってきて行ってみて下さい。
最初の音のみピアノで弾きます。
そして自分が思うように歌って、最後の音符の音を自分で歌った後にピアノで出して下さい。
ずれてたらピンチです。
徹夜覚悟です・・・。

ふつうこういった時間のかかる経験的なことは早めに準備するものです。

あなたの質問を料理人でたとえるとしたら、ふぐ職人が上手にふぐをさばくのをあなたは聞いただけで、実践しようとしているわけですから多少無理があるのは当然です。

もしあなたが料理人でふぐは無理でも魚をさばくことは上手でしたら少し習えばできるかも知れませんが、もしそうでなければ徹夜で練習するしかないと思いますが?
    • good
    • 0

どの程度の初見なのかはわかりませんが


初見演奏初めての人が@6日しかないというのはキツい話ですね。
楽譜は普通に読めますか?


私の場合(YAMAHAエレクトーングレード5級)、
初見ではまずこれを確認します。

・曲のテンポ
・拍子
・調の確認
・楽譜を始めから終わりまでざっと全部確認します。
(#や♭のある場所等)
・2度目に読み返す時、心の中で歌ってみます。
・その時に、自分でつっかえそうな場所をチェックしておきます。
 その間違えそうな部分を何度か心の中で練習します。
・時間がある限り、何度も読み返します。

両手で弾けないのであれば、右手だけでも弾く事です。
YAMAHAから級別に初見練習用の楽譜が出ています。
それで練習してみてはいかがでしょうか?

試験がんばってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東京都教員採用試験二次対策(実技)について教えてください

今年度東京都教員採用試験を受験し、9月6日に二次試験の音楽実技を受験します。

課題は
1 ピアノ初見演奏
2 声楽初見視唱
3 ピアノ伴奏付き歌唱(中学校教科書に掲載の日本の歌7曲から当日一曲指定)

です。


昨年度のピアノ初見演奏などの課題は見たのですが、この短い期間の中でどんな練習が効果的かアドバイスをいただきたいと思って質問しました。

特に、初見演奏はしたことがないので、音楽関係者の方々はもちろん、みなさんの中で受験の経験がある方に、ぜひ問題の傾向や練習するにあたってのアドバイスをいただきたいと思います。


どんなことでもかまいません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1 ピアノ初見演奏
ハイドンやモーツアルトのソナタ程度の「知らない」曲を、どんどんひく。(常に今ひいているところより1小節先を見ながら弾くのがミソ)

2 声楽初見視唱
ソルフェージュのことかな?知らない声楽曲などをどんどん歌う。

3ピアノ伴奏付き歌唱(中学校教科書に掲載の日本の歌7曲から当日一曲指定)

歌に自信があるなら、教科書に書いてある伴奏を暗譜でひけるくらい完璧にして、ピアノは弱く弾き、歌を自慢する。
歌に自信がないなら、伴奏の右手はメロディーを、左手は自作の伴奏をひくなどして、歌をごまかし、創作力かピアノの腕を自慢する。

いずれにしても、自信なさそうにひくのはポイントが低くなると思います。「歌もピアノも自信あります、ここにいるみんな、私をみよ!」と言わんばかりに堂々と。
初見は完璧に全部弾こうとせず、「大事なところをおさえればよい」というつもりで。

大したことはありません。簡単とまではいかなくても、難しいレベルではないです。
「共通教材」(?赤とんぼ、夏の思い出、浜辺の歌など)は、何度も何度も練習しておきましょう。歌だけ、ピアノだけ、そして両方・・・という具合に。

頑張ってください。

1 ピアノ初見演奏
ハイドンやモーツアルトのソナタ程度の「知らない」曲を、どんどんひく。(常に今ひいているところより1小節先を見ながら弾くのがミソ)

2 声楽初見視唱
ソルフェージュのことかな?知らない声楽曲などをどんどん歌う。

3ピアノ伴奏付き歌唱(中学校教科書に掲載の日本の歌7曲から当日一曲指定)

歌に自信があるなら、教科書に書いてある伴奏を暗譜でひけるくらい完璧にして、ピアノは弱く弾き、歌を自慢する。
歌に自信がないなら、伴奏の右手はメロディーを、左手は自作の...続きを読む

Q中学音楽教員採用試験の実技について

短大を卒業して、中学の音楽教師になりたくてピアノを頑張っていますが教員採用試験の2次試験(実技)の内容がわかりません。できるだけ詳しく知りたいのですが昨年受験された方、教えてください。

Aベストアンサー

♯2さんの言う通りです。

私は大阪府で音楽の教諭をしています。

大阪府の場合、アルトリコーダーの初見演奏と弾き歌いの初見演奏でした。
リコーダーはA41枚の楽譜で、32小節程度だったと思います。弾き歌いは、A31枚で、やはり32小節程度でした。歌の音域は、下はG、上はEだったと思います。1分くらい楽譜を見た後、演奏しました。3分以内に演奏が完了しないと、途中で打ち切られたと思います。
友達の受験した神戸市(兵庫県だったかも)では、琴の演奏もありました。

受験する都道府県によって実技試験は違います。また、年度によっても試験内容が変わります。
大阪府の場合は、実技試験が1次からありますが、2次試験からというところもありました。

大阪府を受けた感想ですが、実技試験より筆記試験と面接を重視していたと思います。私は、アルトリコーダーの演奏は最後までできませんでしたが、合格しました。専門筆記では、楽典だけでなく、短い小節を聴き何の曲か記入する試験、指導案を書かせる試験などがありました。


人気Q&Aランキング