つい先ほど知らされたのですが、
私の祖父が前立腺癌に冒されているようなのです。祖父は75才です。
症状は3段階ある中で最も悪い3だったようで、凄い落ち込んでます。

前立腺癌という響きはつい最近に天皇陛下が手術をされたというニュースを耳にしていましたが、
天皇陛下は3段階中の2ということでした。
この教えてGOOで検索してみましたところ、
外科手術が有効なのは、2までということだったので、祖父の行く末が心配です。
本当に感謝しても感謝しきれないものを学ばせてもらったので、
これから色んな孝行をしようと思っていた矢先の癌発覚で、私も落ち込んでいます。

私の頭の中には、もはや【癌=不治の病】【3段階中3=末期】という概念が構築されてしまってまして、
前立腺ガンがいかなるものか、有効な治療法が確立されているのかなど分からない事だらけです。

もし宜しければ、なんでも結構ですので、前立腺ガンについて色んな事を教えて下さい。
宜しくお願いいたします。

(少し混乱していて読みにくい文もあったかもしれません。申し訳ありませんでした。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 既に参考になりそうなサイトが幾つか紹介されていますが,下記のサイトも参考になりませんか。



  ◎ キャンサーネットジャパン (↓1番目)

 「ガン情報ライブラリー」の「下腹部のガンについて」の「前立腺ガンについて」。「Q&A」の「医師が答えるガンQ&A」の「「父が前立腺ガン、主治医はホルモン治療というが」- 難しい選択だが、手術が良いケースも -」。おじいさんの状況に応じてその他のページも御覧下さい。

  ◎ 前立腺がん (↓2番目)

 これらで見ると,前立腺ガンのステージは4段階ある様です。また,必ずしも「不治の病=すぐ死亡」でもないようです。

 これからのガンとの生活において,できるだけ苦しみなく楽しい生活にしてあげる事が,あなたができる一番の孝行ではないでしょうか。おつらいでしょうが,頑張って下さい。

参考URL:http://www.nagumo.or.jp/cancer/index.html, http://www.imic.or.jp/cancer/data/c2038.htm
    • good
    • 0

どうも!!実は昨日の夜質問をみたんですが、なかなか答える勇気がなく、今もちょっとドキドキしています。



「前立腺がん」という言葉を聞く、見るたびに複雑な思いをしています。5年前、実父が同じ病気で亡くなっています。60歳になる前だったのですが、父の場合はわかった時には、もう手遅れでした。(自覚症状がかなりあったようです)「何かおかしいなー」「何なんだ??」と思っている間に病はドンドン進んできていたようです。

早期であれば、手術で治って今はすごい元気にされている方もたくさんいます。うちの父の場合は、「前立腺」という器官が男性特有のものだそうで「女性ホルモン」を飲んでいました。

おじいちゃんは骨には転移してませんか??
前立腺がんは骨に転移するのが特徴だそうでそれがまた、言葉では言い表せないほどの痛みみたいです。

5年前はまだ、世間一般にあまり知られていないガンだったので、みんなに「何、それ??」って言われてましたが、最近ではちょっと有名??になったかな??

ガンのつらさ、痛さは本人でなければわからないし、それをサポートする家族もまたつらいものです。
医師からの意見、治療法などを十分理解したうえで、本人も家族の者も納得して治療に望んでください。

文章が何だかグチャグチャですいません。
    • good
    • 0

MiJunです。



おじいちゃんがどちらにお住まいか分かりませんが、以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で、静岡以北であれば#1で紹介したサイトも参考にしてください。

どのような病院で受診されたのか分かりませんが、セカンドオピニオンを他の専門病院に求めても良いかもしれませんね?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=519651
    • good
    • 0

「がん」っていやな響きですよね、こころからお見舞い申し上げます。


わたしの父は前立腺がんで逝きました。でも病気であるって分かってからかなりに年経っていきました。このガンは切る、取る、やつけてしまうと言う一方的な話が出来ないものだと理解しました。いろんな抗がん剤があって、がんとつきあいながら、長く生きることも出来るようになっています。もちろんそれはがんの進行状況によると思っていますが、
よく出来た医師にしっかり診てもらって、しっかりとした情報をもらってご家族でのご判断が大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
そうですね。ガンとともに歩んでいくという考え方しかないですね。
大学で少しガンについて学んだ時、歳をとっていた方が進行は遅いと聞きました。
しかし既に段階は3を迎えている状況なので、予断は許しません。

よく出来た医師に診てもらうことは最重要ですね。
しかしその見極めは難しそうです。
どちらにせよ詳しい事が分かるまでは、前立腺ガンの理解に努めようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/17 23:50

ご家族心中お察しします。



以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「前立腺がん」

おじいちゃんの詳細が分かりませんが、この中にも記載があるように一般には進行は遅いようです。
(癌細胞の性質・病期にもよりますが)

今後の治療方針は決まったのでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.jfcr.or.jp/information/symptom/inf_sy … http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/01023 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
なんだか回答を下さる方がおられると凄く心強いです。

治療方針などは、詳しい事はまだわかりません。
祖母から母、母から私で聞いたのですが、
先日、血液などを採取して、調べたら前立腺ガンという事が発覚し、
確か今後は4月の下旬と5月中にまた病院に行くという事でした。
急いで治療しないでいいのか少し疑問に思いましたが、まだ色々分かっていない事(?)があるそうで。

もう本当に気がかりでなりません。
私は祖父の体がとても頑丈だと思い込んでましたし、
曽祖父・曾祖母ともに100歳近くまで生きた長寿家系だったもので安心しきってました。

リンク先を早速読ませてもらいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/17 23:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前立腺がんの治療法

父が前立腺がんになりました。
心臓病を患っているので出血の多い手術となる全摘除術は思いとどまりました。
いろいろ本を読んでみようと思い、前立腺がんに関する最新の本を見たのですが「ステージA,Bの10年生存率が何も治療しないで77%、放射線療法で76%、全摘除手術で87%の報告がある。ステージCの何も治療しない10年生存率でも74%の報告あり」といった事が書かれてありました。
放射線療法は、直腸に穴があいてしまうこともあると、泌尿器科の先生からも聞き、これは絶対避けたいと父親は言っておりますし私もそう思います。実際どうなのでしょうか。
やはりホルモン療法が一番良いのでしょうか。
こういうケース(心臓病を患っていて前立腺がんを治療する)の場合、どういう治療法を取る事が多いのでしょうか。

Aベストアンサー

私は前立腺ガンに関しては経験者ではありませんが、他のガンを患い、初めの手術の後、1年後さらにその半年後と2回の再発し、計3回の手術を受け、その過程でガン一般にも興味を抱き、多くの代替療法を知り使用してきたという意味で「経験者」を選びました。
また、自分の経験などから「代替療法も大いに検討に値する」という意味で「自信あり」を選びました。

■下記URLに前立腺ガン(ステージC)で重粒子線治療を受けた方の体験談が綴られています。具体的に書かれていて参考になるものと思われます。

http://fwie3809.hp.infoseek.co.jp/essays/gan_kiroku/Part1.htm#1.

■小線源治療に関してはネット上に沢山出ていますが、下記はその一例です。

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/saisin/sa391601.htm


■下記の珠光会診療所で行われている樹状細胞ワクチンの一種であります「DCAT療法」も検討に値すると思います。最先端の免疫療法で、体にやさしいです。ハスミワクチンをやっている珠光会では理事長で研究者でもあります蓮見先生は月の1週目と2週目の月曜日と木曜日に診察してます(確認下さい)ので、出来ればこの日にも行き、相談して意見を訊くのがよいと思います。他の治療法を決定する前が良いと思います。

http://www.shukokai.org/

■一般治療(手術、放射線、抗癌剤など)を選択した場合の再発予防には上記「珠光会診療所」で行われているハスミワクチンを併用することをお薦めします。

また、末期ガンから生還した医者の体験を綴った下記の本はとても訴える力があります。早めに一読されたらよいと思います。この本に記載されております「マイタケDフラクション など」と上記の「ハスミワクチン」との併用は再発予防に効果的と思います。

http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-NIPS=9975982255


下記に記入させて頂いた Ano.7、Ano.13、Ano.14 を参考下さい。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?qid=961263

私は前立腺ガンに関しては経験者ではありませんが、他のガンを患い、初めの手術の後、1年後さらにその半年後と2回の再発し、計3回の手術を受け、その過程でガン一般にも興味を抱き、多くの代替療法を知り使用してきたという意味で「経験者」を選びました。
また、自分の経験などから「代替療法も大いに検討に値する」という意味で「自信あり」を選びました。

■下記URLに前立腺ガン(ステージC)で重粒子線治療を受けた方の体験談が綴られています。具体的に書かれていて参考になるものと思われます。

http:...続きを読む

Q前立腺癌について

親類が近々前立腺癌の手術を9時間かかって受けるそうです。私は前立腺癌の事は何も分からず困っています。手術が9時間もかかるのはまれな事なのかどうかとか何か健康食品で良いものがあるかどうかとか何でもいいですから教えて下さい。

Aベストアンサー

私の主人は3年前に前立腺がんの手術を某大学病院で
受けました。手術時間は5時間でした。内訳は手術
前の準備が約1時間、手術が3時間、事後処置が1時
間(手術着から寝巻きへの着替え、手術室から病室ま
での搬送等)
前立腺をすべて摘出した開腹手術です。
勿論全身麻酔の手術です。
手術後退院まで10日くらいでした。

幸い今は元気にしております。
これといって特別な健康食品はとっておりません。

Q前立腺がんの放射線治療について

前立腺がんの放射線治療について

上記の件で経験をされた方がおられましたら、お教えいただけませんか?
私、77歳で昨年前立腺がんと診断されました。
たとえば、間 寛平さんがアースマラソンを中断して、アメリカで治療されているようですが、2ヶ月間ほどの療養をされるとの報道をみました。

国内で上記治療を経験され方がおられましたら、その期間 入院されたのか、通院されたのか、主治医の先生の判断でしょうが、如何されましたでしょうか?

Aベストアンサー

ガンの種類にかかわらず、放射線治療は通院で行う例が殆どです。

通院でなく、入院するケースとは、
身体的機能の問題(足が悪いなど)があるなど、頻繁な通院が困難で、
且つ本人が入院を希望し、且つベッドに空きがあった場合くらいでしょうか。
最終的には主治医の判断ですが、例としてかなり少ないと思って頂いて良いです。

Q血液検査で前立腺癌が分かりますか?

 定年前の男性です。最近、尿が近いのと高齢的なものかもしれませんが勢いがない?

 血液検査は年に一度行なっています。コレステロール・中性脂肪が高くて(高脂血症)、先生(医者)の指示に従いコレステロールを下げる薬を毎朝一錠服用しています。
 
 尿の回数が多く感じますが、前立腺異常の心配をしています。次回の血液検査で前立腺異常・癌などの検査が血液検査で分かるのでしょうか?

 何の数字を見れば分かるのか?教えて下さい。

Aベストアンサー

PSAは前立腺癌でも前立腺肥大症でも上がります。
よって疑い止まりになるのが現状です。
前立腺癌によらず、腫瘍マーカーのみで癌が早期発見できるというのは少ないことなのです。
腫瘍マーカーの最もよい使い方は「再発の発見の参考になる」ということは知っておきましょう。

欧米でも血液検査のみで前立腺癌予防に役立ったというデータはありません。
癌と診断するには触診、生検に勝るものはありません。
よって少し躊躇するかもしれませんが、泌尿器科医の直接の診察を合わせて行う方がよいでしょう。

Q【前立腺がんの治療方法について】教えてください。

父(72歳)が前立腺がんと診断されました。グリソンスコアは4+3で7、PSA値は22.7、ステージT3aです。担当医師の方からは、治療方法として ホルモン療法→手術(全摘除術)→ホルモン療法の順で行うと言われましたが、前立腺がん治療の本を読むと最近では、まずはじめに手術(全摘除術)を行ってから次にホルモン療法と記載されいます。どちらの治療法が根治する確立が高いのでしょうか?
また、、手術等の治療をお願いする病院を探しているのですが、有名な先生は、2ヶ月待ちくらいとなってます。前立腺がんは進行が遅い癌と言われてますが、骨への転移等が避けたいため極力早く治療を受けさせたいのですが、あせって手術経験の少ない先生にお願いするのも避けたいので、どのくらいまで病院決定しなければならないのでしょうか?
なお、平成23年2月でPSA値が22.7と判明し、グリンスコアが4+3で7と判明したのが平成23年6月下旬です。
血液検査から生検やるまで、かなり期間があいてしまったのは、事の重大さに気ずかずに放置してしまったからです。

Aベストアンサー

有名ではない先生でも翌日に手術できることはないでしょう
通常手術までに2週間くらいかかりませんか ?
するとその差は1.5ヶ月です。

ステージT3aでは心配なところですが1.5ヶ月でそれほど差があるのとも思えませんが

下記は他の回答者のための参考です
グリソンスコア
http://www.zenritsusen.jp/towa/gleeson.html
ステージT3a
http://www.zenritsusen.jp/towa/tnm.html

Q父(77歳)が特殊な前立腺ガンの疑いと診断されました。

7月に腰痛、排尿異常を感じ大病院の泌尿器科にて前立腺肥大と診断、薬をもらいました。8月悪化、食欲不振にて検診(PSA正常)薬変更、9月食欲無し、起き上がることも無理(腰痛)となり、9月11日、同病院搬送、血液検査(カルシュ-ム値15)、直腸診にてガンの疑いと入院、翌日のMRI、大腸内視鏡検査(CEA300にて疑いが出た為ですが異状無し)、PSA(0.05異常無し)13日医師より「前立腺ガンの疑いがありますがPSA値が正常であり、大腸ガンのマ-カ-値は上がっているが内視鏡にて異常無し、日本で10症例の稀な前立腺ガンの可能性、入院時より先行してホルモン療法をしているが回復の見込み無し、骨、リンパ転移あり」と言われました。7年前に心筋梗塞手術、投薬中の為、針生体検査は投薬中止して1週間後の予定です。その間に骨シンチ、上部CTの検査をするとのこと・・・
こんな症例あるのでしょうか?素人ながら少しでも情報が欲しいのです。
前立腺肥大症の投薬後、急速に悪化した様に思うのですが関連は無いのでしょうか?

Aベストアンサー

前立腺肥大症の薬は何でしょう?単なる尿道拡張剤でしょうか?PSA値正常?なのに前立腺癌?しかもリンパ節と骨に転移?分からない事ばかりですね。
全身のCT、骨シンチが済めばもう少しハッキリと分かってくると思います。大病院ですから泌尿器科の医師も4名か5名はいると思いますが複数の医師から話を聞きましたか?
国立がんセンターの「前立腺癌」のページを参考にして下さい。

参考URL:http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/cancer/010230.html

Q前立腺がんD1(リンパ転移)の場合の治療法。

世話になってる知人が、前立腺がんD1(リンパ節転移)なのですが、病院では内分泌療法(ホルモン療法)しか無いと言われたそうです。
D1リンパ節転移の場合、ホルモン療法となるのは理解しているのですが(ネットで調べて理解した)、
PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(尿の出が悪くて人間ドックの際にPSA検査したら16台、その後病院でPSA17台でした)
CTやらPETやら検査してるみたいなので間違いないとは思うのですが、どうしても本当にリンパに転移しているのか疑問なのです。
グリーソンスコアは7か8だそうです。
骨には転移無いみたいです。

大学病院では無いのですが、泌尿器科医師6名以上、年間手術件数500件以上(うち前立腺がんの手術は40件ぐらい)の大きな病院での診断です。

IMRTなど他の治療は出来ないものでしょうか?

何かやり残しというか、調べたり確認した方が良さそうなことが残っていたら教えて下さい。

患者の年齢は50才半ばです。

Aベストアンサー

(Q)PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(A)あります。
PSA値と癌の進展度とは、必ずしも一致しません。

PSA値というは、前立腺特異抗体の略称で、そのまま検査値の
名前になっています。
というのは、前立腺特異抗体は、そもそも血液中に漏れ出しては
ならないからです。
これが血液中で検出されるということは、
前立腺の組織が壊れている証拠となるわけです。
主な原因は、前立腺肥大と前立腺がん。
なので、組織が壊れているか、どうか、という検査値であって、
転移しているかどうかは、関係ないのです。

もちろん、数値が高ければ、転移している可能性も高くなりますが、
高くても、転移しているとは限りません。
逆に、低くても、転移をしている場合もあります。
低くて、転移をしている場合は、運が悪いとしか、
言いようがないです。

ご友人の場合、すでにリンパ節転移があるということは、
TNM分類でいえば、N1ということです。
ステージで言えば、IVとかD1と呼ばれるレベルです。
手術や放射線による根治治療は適用外です。
ホルモンか抗がん剤による化学療法となります。
骨転移をして、痛みを伴う場合には、緩和療法として、
放射線を使う場合があります。
IMRTは、放射線療法なので、適用外だと思ってください。

なぜ、リンパ節転移があると、手術や放射線療法が
適用外となるのか?

放射線や手術で治療するのは、病巣を取り除くのが目的
ではなくて、命を救うのが目的です。
でも、癌は、それ自体が、毒素を発生するわけでもないので、
癌があっても、死にません。
「人は、癌では死なない」という逆説的な言葉があるのは、
このためです。

では、どうして、癌で死ぬのか?
それは、肝臓、腎臓、肺などの重要臓器に浸潤・転移して、
その臓器を破壊するからです。

早期に、手術や放射線治療をするのは、この「転移防止」に
他なりません。
転位を防止することで、命を救うのです。
なので、すでに転移してしまったのでは、手術や放射線治療を
する意味がないのです。
だから、適用外なのです。

すでに、リンパ節に転移していると言うことは、
他の臓器にも目に見えない転移があると考えた方が良いです。

化学療法(ホルモン、抗がん剤)しかないというのは、
このような理由からです。

最後に……
民間療法では、ザクロジュースが有名です。
ただし、一部の業者が言っているような
特定のザクロジュースでなければならないとか、
効果がない、ということはありません。
「前立腺がん ザクロ」で検索すればヒットします。

(Q)PSAが17でも、リンパ転移ってあるものなのでしょうか?
(A)あります。
PSA値と癌の進展度とは、必ずしも一致しません。

PSA値というは、前立腺特異抗体の略称で、そのまま検査値の
名前になっています。
というのは、前立腺特異抗体は、そもそも血液中に漏れ出しては
ならないからです。
これが血液中で検出されるということは、
前立腺の組織が壊れている証拠となるわけです。
主な原因は、前立腺肥大と前立腺がん。
なので、組織が壊れているか、どうか、という検査値であって、
転移している...続きを読む

Q祖父が癌になりました

先ほどはなれて暮らす家族から連絡をもらいましたが、
祖父が癌になりました。
転移が激しく、骨まで及んでいるので手術は難しく、そのまま・・・だそうです。
あまり詳しい事は教えてもらえませんでした。本人にも告知はしないそうです。

もう高齢なので進行は遅いと聞きましたが、
5年10年というのはきっと無理だと思っています。
どのくらいを覚悟しておけばいいのでしょうか・・・
また、進行が遅いなら遅いなりに、長い間苦しむ事になるのでしょうか?

今電話などしたらきっと泣いてしまうと思います。
そうしたら本人に気づかれてしまうかもしれません。
なんとか泣かずにいられる方法はあるでしょうか。

支離滅裂ですみません。
解る事がありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

心中お察し申し上げます。
私の父(89才)も胃がんの末期で昨年余命1年を宣告されました。
年寄りでも父親です。目の前が真っ暗になりました。

しかし血は吐くものの案外元気で生存しています。
質問者様はハンドルネームからして女性ですね。
今電話はしない方が良いと思います。
絶対に泣いてしまうでしょうね。

質問者様の心の整理がついたら一度ご自宅に帰って見てはいかがですか?
お祖父様も喜ぶと思いますよ。

悲しいですが今が一番我慢するときです。
年末も近いですから、そのときに対面した方が良いと思います。

お力を落としませんように。

Q前立腺がんの放射線治療HIFUについて

下記父の前立腺がんの状態では内分泌療法しかないといわれましたが、一応前立腺内に収まっているのでHIFU(高密度焦点式超音波療法)も効き目がないでしょうか。
・PSA:4.70
・グリソンスコア:5b+3b=8
・MRI:T2bN2 両側のリンパ節腫大

HIFUについて何か詳しい方、情報をお願いします。

Aベストアンサー

HIFUも、局所前立腺癌に対する治療です。
リンパ節転移があれば、局所前立腺癌とは考えません。
リンパ節転移があると判断すれば、進行性前立腺癌となります。
進行性前立腺癌では局所療法では制御不能であるため、期待余命に関わらず内分泌療法が適応になるような気がします。

CQ14:局所前立腺癌に対するHIFU治療は治療成績の期待できる治療法である。
推奨グレード C
可能性を秘めた治療法の一つであるが,現状では長期成績,治療の評価方法などのエビデンスが不足している。
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0032/1/0032_G0000094_0114.html

一応、前立腺癌のリンパ節の評価の方法ですが、
CQ16 リンパ節の評価(N-病期診断)にはどのような検査が勧められるか?
推奨グレード B
リンパ節の評価(N-病期診断)は根治的治療が予定されている場合にのみ重要である。正確なリンパ節の評価は両側リンパ節郭清によってのみなされ,CTやMRIは感度の低さから限界がある。
http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0032/1/0032_G0000094_0052.html

CTの特異度は93-96%と報告されています。
CTでリンパ節が腫れていて、実際には転移がない確率は5%前後のようです。

進行している癌と信じたくない気持ちは、わかります。
担当医とよくご相談の上、納得のいく治療をご選択されることを祈ります。

HIFUも、局所前立腺癌に対する治療です。
リンパ節転移があれば、局所前立腺癌とは考えません。
リンパ節転移があると判断すれば、進行性前立腺癌となります。
進行性前立腺癌では局所療法では制御不能であるため、期待余命に関わらず内分泌療法が適応になるような気がします。

CQ14:局所前立腺癌に対するHIFU治療は治療成績の期待できる治療法である。
推奨グレード C
可能性を秘めた治療法の一つであるが,現状では長期成績,治療の評価方法などのエビデンスが不足している。
http://minds.jcqhc.o...続きを読む

Q耳の障害?不治の病?

やたらと、耳(特に左)が、とにかく、中でふくらぐような感じで、平衡障害が継続します。
そのときには聞こえも変な感じになります。
そのふくらぎ感は、耳をほじくるとやや緩和し、平衡障害もやや緩和されます。
ふくらぐと、やたら、歩きにくい感じとなり、よく手足が物に当たります。

この症状を緩和するには?
外科的に治療は不可能なんでしょうか?

Aベストアンサー

 先日回答しましたwallking2です。再度失礼します。

前回の質問では
>細かい作業時、日差しが強い時、天気の悪い時、など、左耳の張りと、手足のこわばりなどが同時に起こり、平衡感覚に異常が起こります。細かい作業なども出来なくなります。
始まりは、6年前の朝の左耳発の回転性めましでした。
耳鼻科で相談をしても、わからないの回答ばかりなんです。

ということが、判っています。
私の判断では、症状や長期に継続していることから、頚性神経筋症候群ではないかと回答しました。
私は、ここに出されているほかにも、不眠や倦怠感、目が見えにくい、頭に汗が出やすく足は冷えるなど、自律神経失調症的な症状も多数有るのではないかと、想像しています。なぜなら首のこりは非常に沢山の不快な症状を呈するのが特徴だからです。

 「平行障害の継続」というのは、いわゆる動揺性めまいで、身体で取ろうとするバランスに首の筋肉の動きががついてこない症状なのです。
 私は、貴方の年齢や性別、どんなお仕事なのかなど重要な情報はもっていないので、まったく当て推量で回答しているわけで、本当は回答する自信など無いのです。ほかにも似た病気は沢山あるからです。

 しかし、今回の質問は、酷すぎます。自分のこれまでの情報はほとんど無くて、外科的な治療法をお尋ねです。
 外科的な治療というのは、原因がはっきりしていて、そこさえ切除してしまえば解決するというような原因と結果が明瞭な場合に執るれる手段であって、「原因不明の病気を外科的に治療する」と言うことは、いったい何をしようとしているのでしょうか。よく考えて下さい。

 自分の焦燥感だけをこういう質問コーナーにぶっつけても、状況の判らない人に、突然問いただすような物です。丁寧な状況説明が不可欠で、判っていること、判らないこと、しっかり書き込まなくてはなりません。

 プロフィールを見ると沢山質問をされているようですが、このような調子で質問をしても、有益な回答は集まりません。この問題を解決する気持ちがあるなら、質問事項の履歴を閲覧可能にするなど、過去の質問から回答者が問題を正しく理解できる必要も有るのかも知れません。私は回答履歴を閲覧可能にして、回答した相手の便宜を計っています。

 まえおきが、えらく長くなってしまいましたが。
 貴方の問題点は、ご自身がこの体調不良を「耳の所為だ」と信じ込んでしまっていることにあるのではないでしょうか。あなたの「めまいや耳の張り」は、結果であって、原因ではないのです。
 結果として起きていることをあれこれ治療しても、原因が他にあるのですから、改善するわけはありません。
 多分耳鼻科の先生も、あれこれ他の原因の話はしてくれているのでしょうが、貴方自身がそのことに聞く耳を持っていないので、10聞いた話の1ないし2しか、理解できず、「この症状を何度、耳鼻科で言っても、わかってもらえなくて困っています。」ということになっているのです。

 そんなわけで、私もあまり回答はしたくないのですが、ご注意申しあけておきたいと思いました。
 謙虚に、自分の病気の原因を探ることです。
 わたしも、この病気の解決には時間がかかっています。はじめの一年ぐらいは手当たり次第に、頭・神経・めまいに関する本を読みあさりました。しかし結局判らず、症状から整体などで、首の治療を始めていました。「頚性神経筋症候群」との見当をつけたのは、五年ほど経って大分良くなってからです。(^^ゞ

 みみをほじくると症状が良くなるのは、耳はコリをほぐすツボになっているので、「耳回し」などの健康体操が首のこりをほぐしてくれるのです。完骨・天柱・風池など、「眼精疲労と首のこりをほぐす頭の後のツボのマッサージ」で大分改善できるのではないかと思っています。横になって首の筋肉の力を抜き自分でマッサージも出来ますが、はじめは整体師等と、相談しながら凝っているツボを確認し教えてもらうのがよいでしょう。
お大事に。

 先日回答しましたwallking2です。再度失礼します。

前回の質問では
>細かい作業時、日差しが強い時、天気の悪い時、など、左耳の張りと、手足のこわばりなどが同時に起こり、平衡感覚に異常が起こります。細かい作業なども出来なくなります。
始まりは、6年前の朝の左耳発の回転性めましでした。
耳鼻科で相談をしても、わからないの回答ばかりなんです。

ということが、判っています。
私の判断では、症状や長期に継続していることから、頚性神経筋症候群ではないかと回答しました。
私は、ここに出されてい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報