1980年代の若かった頃の鈴木賢司の動画のハーモニクスの出し方が分かりません。
ユーチューブで「鈴木賢司」で検索するとテレビ埼玉に出演した動画があるのですが、スパークスという曲が終わってギターソロになりますが、8分39秒あたりのハーモニクスはどうやって出しているのでしょうか?動画ではナットの方をピッキングしているように見えるのですが何故あんなクリアーなハーモニクスがでるのかわかりません。左指はナット~ペグ間を押さえているようにも見えるのですが・・・。右手はトレモロアームで細かいビブラートをしていますよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

あれはハーモニクスではなくナットとペグの間の短い部分を弾いています。

短いから非常に高い、ハーモニクスのような音になります。

ナット---ピン---ペグ

ヘッドに弦のテンションを保つためのピンがありますが、ナット-ピン間をはじいて、ピン-ペグ間を押さえると音の高さが変わります。

動画をじっくり見ることはできませんが、たぶんこれだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど、ストラトはピンがありますね!
納得できました。
それにしてもピックアップは綺麗に拾ってくれますね。
試してみます。

お礼日時:2009/09/02 07:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング