こんにちは、いつもお世話になります。

僕は、英詩を読めるレベルではないのですが、、、挑戦しています。

現在Iain Crichton SmithのCollected Poems(詩集)の'It is the old'を読んでいます。

背景:老人が寒い夜中に起きて若者の為にに火を焚く。

~~~~~~上記の詩の一部引用~~~~~
Not knowing in Saxon dawns how the abyss
their precarious tilt of sticks steadily lights
is what their boys

dread in their beds,
while dreaming of lords they can serve
of brilliance courage and wit.
Road are built on each nerve -
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

訳としては、
「サクソンの明け方、不安定に傾くもしっかりと燃える薪がどれほど危険か、またそれこそが彼ら(若者達)が仕えるであろう、勇気と知恵ある主人達を夢見つつ眠る若者を恐れさしているとも知らずに。」までは分かるのですが、引用箇所の最後の一文、つまりタイトルにもあげた文が分かりません。

Roads are built on each nerve -「道は各々の気力で作られた。」とか考えてみましたが(「Roads are built=道が作られた」「on nerve=気力で」にeachが付いて各々の(??))、、、意味不明です。

この一文は何を意味しているのでしょか?

詩自体はその後行間無しで、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Roman and servile and powerful. Their needs
point to the fire in the night.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ローマ人と奴隷と権力者。彼らに必要なものは
夜の炎が示している。」

となり詩は終わります。前後を考えてみても、やっぱり、どうしてroad(道)が出てくるのか分かりません。

教えてください、よろしくお願い致します。

A 回答 (2件)

abyss の語の連想から(前にこのタイトルの映画で深海を舞台にしたものがありましたので)てっきり海を連想してしまっていましたが、勇み足だったかもですね。



最後の1文の解釈がちょっと私は違っていたのですが
Their needs point to the fire in the night.
直訳すると「彼らのニーズは夜のその火を指している」ということで、「ローマ人も奴隷も権力者も、みんな欲するところはその暗闇の中の火なのだ」という意味かと思いました。暗闇は恐怖、火は希望の象徴でしょうか。

ついでながら、私は達人でもなんでもないただのオバチャンで英語力は全然大したことないのですが、日本語として読んだときに頭にスッと入ってこなければその理解は間違っているのではないか、という疑い深い人間なだけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

達人、再度の御回答ありがとうございます。

>abyss の語の連想から(前にこのタイトルの映画で深海を舞台にしたものがありましたので)てっきり海

僕の様な、中級者には初めて見る英単語でしたが、流石達人ですね! よく見かける常用単語でしたか!!!? 

もう、3日がかりでこの詩を理解しようとしているのですが、、、やっと、、ようやくabyssは達人の仰るとおり海と解釈した方が辻褄が合う事に気が付きました。

本当に出来の悪い生徒で申し訳ありません。

>直訳すると「彼らのニーズは夜のその火を指している」ということで、
>暗闇は恐怖、火は希望の象徴でしょうか。

分かった今となっては、達人の御解説の通りだと思うのですが、すいません、昨日は分かりませんでした。

>ついでながら、私は達人でもなんでもないただのオバチャンで英語力は全然大したことない

達人は皆様そう仰います。 そう仰る事も達人の証拠の一つではないかと! 

>日本語として読んだときに頭にスッと入ってこなければその理解は間違っているのではないか、

なるほど! 極意の伝授ありがとうございます。 すっと入るまで考える努力をして行きます!

それにしても、英詩は難しく、達人はすごいな~!

改めて、御回答に御礼申し上げます。

お礼日時:2009/09/02 17:03

こんにちは。

難しい詩ですね。あたって砕けろで書いてみます。
Not knowing in Saxon dawns how the abyss
their precarious tilt of sticks steadily lights
is what their boys

dread in their beds,
while dreaming of lords they can serve
of brilliance courage and wit.
Roads are built on each nerve -

最初の部分で主要素を抜き出すと Not knowing how the abyss is で、what their boys dread in their beds はabyss を言い換えているのではないかと思いました。
その線でここまでを直訳しますと:
「サクソンの夜明けに、彼らの薪の不安定な傾きがしっかり照らす深淵がどのようなものなのか、仕えることになるやもしれぬ勇気と知恵ある主人を夢見つつも、眠る若者を恐れさせているそのものはいかなるものなのか、ということも知らずに」

といった感じになるかと思いました。
思うに、表面上は荒海に船をこぎ出した若者たちのために海岸で明かりをともす老人のことを書いているのでしょうが、多分「サクソンの夜明け」ということからして、歴史上の話をたとえているのではないでしょうか。
この辺の歴史はすっかり忘れてしまいましたが、ローマ人が登場することからして、ローマ帝国の支配からサクソン人が独立しようと戦いを挑むとかいう歴史でもありましたっけ?
多分そのような歴史的背景を元にした比喩ではないかと感じました。

で、Roads are built on each nerve で「道は各人の気力で築かれるのだ」つまり、個々人の気力(勇気、胆力)によって道は開かれるのだ、という意味ではないでしょうか。相手との戦いに挑む勇気ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

達人、いつも御回答ありがとうございます。

今回も区切り方間違えてました、、、。

道理でおかしいと思ったんですよ、、、僕の解釈では親切な老人かと思いきや、、、認知症の老人が、、、火の不始末!!?、、、というもう、、、スッテンキョーな詩になっていしまい、、、内心困っていましたが、

>最初の部分で主要素を抜き出すと Not knowing how the abyss is で、what their boys dread in their beds はabyss を言い換えているのではないかと思いました。

Not knowing how the abyss isは、それにかかっていたのですね、やっと詩が意味をなしました。 やっぱり、親切な老人だったんだ! と思うと同時にこんなに感動物の詩だったのか! とやっと分かり、詩に感動しました。

達人の訳、最高です。

>思うに、表面上は荒海に船をこぎ出した若者たちのために海岸で明かりをともす老人のことを書いているのでしょうが、

そこまでは、分かりません。 老人が焚いた火が若者を暖め、(凍死等から)守り、若者の未来を照らしているという比喩かも知れませんし、

サクソンの夜明けも、「サクソン時代の夜明け」なのか、単に「サクソン(イギリス)の夜明け」なのかも分かりません。

しかし、「老人が、夜中に起きて若者の為に火を焚いた。不器用に(不安定に)くべられた薪から、しっかりとした火が燃えている。(単に寒さしのぐ為かも知れぬ)その火は、深淵を照らしていた。深淵それこそが若者達を恐れさしていたのだが、、老人は知らない。あとは気力。 気力で道を開け。ローマ人になるも、奴隷になるも、権力者になるも恐れる事はなにも無い。火が闇を照らしてくれているから。」と理解しました。

>ローマ帝国の支配からサクソン人が独立しようと戦いを挑むとかいう歴史でもありましたっけ?

ローマ人が、貴族の比喩なのか何なのか分かりませんが、詩の大意は御蔭様でようやく分かりました。

達人が言った、

>難しい詩ですね。あたって砕けろで書いてみます。

は、100%大袈裟な御謙遜なんですが、、、僕には詩は本当に難しいです。

達人は、一体何年(何十年)修行してその領域に達したのでしょうか?

本当に御回答に御礼申し上げます。

お礼日時:2009/09/02 14:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigaitng.

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

殺人事件を捜査し、捜査線上に1人の容疑者が浮かびます。
刑事は令状をとろうとしますが…。

(A:刑事,B:上司)
A: What do you mean the judge won't give us a writ?
B: The judges have to be careful. A lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigating. They're getting very sensitive, and I don't blame them.
A: But there's a note from the two dead men on his wall.
(刑事は、容疑者の自宅で、被害者の名前の入ったメモを見つけています)
B: All it says is "We know."
A: Yeah.
B: That's not exactly evidence pointing to a murder, is it?

ここで、
タイトルの部分についてお聞きしたいのですが、

”裁判所からの令状をとりながら、それを捜査ではなく、脅しのために使う刑事は少なくない”
(だから、判事は令状を出すのに慎重になっている)

という解釈でよろしいのでしょうか?

お時間ありましたら、お願いいたします。

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

殺人事件を捜査し、捜査線上に1人の容疑者が浮かびます。
刑事は令状をとろうとしますが…。

(A:刑事,B:上司)
A: What do you mean the judge won't give us a writ?
B: The judges have to be careful. A lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigating. They're getting very sensitive, and I don't blame them.
A: But there's a note from the two dead men on his wall.
(刑事は、容疑者の自宅で、被害...続きを読む

Aベストアンサー

Gです。 補足しますね。

warrantはwritの一種なんです。 warrentの中に含まれないよく知られたwritとしてSubpoenaがあります。 これは出廷命令とでも言いますか、~しなくてならない、と言う分の、出廷しなくてはならない、と言う令状ですね。

これは、被疑者だけでなく「罪にはまったく直接関係していない」証人も出廷しなくてはならないと言うことなのです。 Warrantには「めんどくささ」がないわけです。 善良な市民が法廷に出廷して知っている限りのこと、忘れかけてしまっていること、または、まったくプライベートのことまで話さなくてはならない羽目になるわけです。 もちろん時間もとられます。 変な例ですが、浮気をしているときに何か重大なことを見てしまったと言うことが警察に知られてしまいこの出廷令状が来てしまった場合、その人の人権をも壊す事にも発展する可能性が大きくなるわけです。

お分かりですね、なぜジャッジが躊躇する理由が。 

この辺のところが分からないと何でWarrentsだけではないWritsの発行が市民に「威圧感」ないし「威迫」の問題が起こる、とこの文章で入っているわけです。 脅かしているわけではないのですね。 これをintimidation of a witnessないしwitness intimidationと言う大きな問題になっているわけです。

つまり、この令状を使って「検察」側に有利な証言をさせることは法廷では違法とされているからなんですね。 つまり検察側が負けとなり、すなわち起訴もおじゃんになってしまうわけです。 それをリクエストした署長の首までも飛ぶことにもなるのです。 裁判官・判事だけの問題ではないのです。

ちょっと実際の専門的な説明がどうしても必要だと感じましたので書かせてもらいました。

なお、このご質問には直接の関係はないですが、例文にも含まれていますので書かせてもらいますが、That's not exactly evidence pointing to a murder, is it?と言う表現をしています。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1584939 で、このis(n't) it?で私の説明が不十分だったようですが、ここでも立派に使われているわけですね。

ではまた書いてください。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1584939

Gです。 補足しますね。

warrantはwritの一種なんです。 warrentの中に含まれないよく知られたwritとしてSubpoenaがあります。 これは出廷命令とでも言いますか、~しなくてならない、と言う分の、出廷しなくてはならない、と言う令状ですね。

これは、被疑者だけでなく「罪にはまったく直接関係していない」証人も出廷しなくてはならないと言うことなのです。 Warrantには「めんどくささ」がないわけです。 善良な市民が法廷に出廷して知っている限りのこと、忘れかけてしまっていること、または、ま...続きを読む

Q文構造:few consumers realise the existence of areのare

Insanely exorbitant business rates that few consumers realise the existence of are crippling retailers and costing far more than corporation tax; those shops that are not going bust are being forced to charge much higher prices to survive.
http://www.telegraph.co.uk/finance/comment/10380967/Theres-only-one-answer-to-the-cost-of-living-crisis-a-bonfire-of-the-taxes.html

こんにちは、お世話になります。

タイトルにあるように 「the existence of ~~」(~~の存在)というときに、 areが入ってるパターンの文章ってありますよね?

このareはどういう構造で入っているのでしょうか?

教えてください、よろしくお願いいたします。(例文としてテレグラフ社の記事からこの構造の文章を引き合いに出しました。 和訳は必要ありません。)

Insanely exorbitant business rates that few consumers realise the existence of are crippling retailers and costing far more than corporation tax; those shops that are not going bust are being forced to charge much higher prices to survive.
http://www.telegraph.co.uk/finance/comment/10380967/Theres-only-one-answer-to-the-cost-of-living-crisis-a-bonfire-of-the-taxes.html

こんにちは、お世話になります。

タイトルにあるように 「the existence of ~~」(~~の存在)という...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問の意図はよくわかりますよ。

rates whose existence is clear 」are ...
rates the existence of which is clear
rates of which the existence is clear

関係代名詞の所有格 whose が関係節中で主語になる場合は、whose の代わりに of which が使えます。

rates whose existence few consumers realize
のような、関係節中で目的語になるパターでは
rates the existence of which consumers realize
とするのは無理があります。

その代わりに
the existence of which を
S realize the existence of / which
として、普通の前置詞が残るパターンのように
which だけを前に出し、省略するなり、that にするなりしてつないだものです。

今の時代 of which 自体あまりやりませんが、
この目的語になるパターンでこういうふうに書くやり方は
長らく盲点になっているものです。

ご質問の意図はよくわかりますよ。

rates whose existence is clear 」are ...
rates the existence of which is clear
rates of which the existence is clear

関係代名詞の所有格 whose が関係節中で主語になる場合は、whose の代わりに of which が使えます。

rates whose existence few consumers realize
のような、関係節中で目的語になるパターでは
rates the existence of which consumers realize
とするのは無理があります。

その代わりに
the existence of which を
S realize the existence of ...続きを読む

Qどなたか翻訳お願いします。 Their families, too, are encouraged to got into the act.

Their families, too, are encouraged to got into the act.

どなたか翻訳お願いします。
特に、何が主語になってそして目的語になるのかを悩んでいます。theyが主語になるのでしょうか?,(コンマ)がどのように主語や目的語に関わっているのかが理解できません。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

■"too (~もまた) "が主語の "their families" の後に挿入されておりますが、これは「かれらの家族もまた」という意味をはっきりさせるためにここに置かれております。tooを文中の修飾対象の語句の後に直接置く場合にはこのようにカンマで区切って挿入することになっております。
■...ということが分かればこの文はさほど難しくありませんよ!("they"はこの文には出てこない、ということでよろしいですね?)
【試訳】
彼らの家族もまたその「活動」に参加するように勧められている。
■"act"はひょっとしたら何かの「出し物」かも知れませんが、この一文からはなんとも判別できません。
■"encourage + 人 + to不定詞" は「人に~するように働きかける、勧める」という表現。この文はその受身構文ですね。
■最後にご質問のポイントとは別ですが "families" と複数形になっているのは家族という単位で見て複数ですから、この文の主語としては「2家族以上」であることを確認なさってください。上の訳文ではそれは見た目では分からないですので。

■"too (~もまた) "が主語の "their families" の後に挿入されておりますが、これは「かれらの家族もまた」という意味をはっきりさせるためにここに置かれております。tooを文中の修飾対象の語句の後に直接置く場合にはこのようにカンマで区切って挿入することになっております。
■...ということが分かればこの文はさほど難しくありませんよ!("they"はこの文には出てこない、ということでよろしいですね?)
【試訳】
彼らの家族もまたその「活動」に参加するように勧められている。
■"act"はひょっとしたら...続きを読む

QBy the way. When the screen goes black and the mus

By the way. When the screen goes black and the music keeps playing, its over. I have to finish. Sorry

訳してほしいです

Aベストアンサー

それはともかく、スクリーンは真っ暗になっても音楽は鳴りっ放し。はい、それまでよってね。お開きにしなきゃ。ごめんね。

QYou are looking at a man in the prime of his life with 100 plus to go.

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

事件解決後の刑事2人の会話です。

B: Guess where I'm gonna spend my next vacation.
A: In the immortal words of my grandmother, "You should live so long."
B: No. No, no. I'm gonna live like those dudes do in X(国名). I'm gonna live!
A: Yeah, well, if I could pronounce it, I might begin to understand what you're talking about. (AはXという国を知らないのか、発音できません)
B: A, it's that village where those people live to 148, and then some.
Oh, forget it. You are looking at a man in the prime of his life with 100 plus to go, huh?

タイトル部分がわかりませんでした。
意訳ですが、
”おまえの目のまえのオレは100歳過ぎても現役だからな”(?)でしょうか?
(Bのこのjoke?にAは大ウケ、という場面です)


なお、この事件で、刑事AはBの命を救っています。
また、episodeの最初の部分に、こんな会話があります。

B: X(国名)のY村じゃ148まで生きてる人がいるんだぜ。雑誌で読んだ。
A: オレはいやだね。80か85だな。
B: オレは140。
A: 冗談だろ。どんな人生なんだよ。歯はねぇ、酒も飲めねぇ、それに… わかるよな…。
B: … おい… 人生には”それ”よりもっと大切なことがあるだろうよ。

お時間ありましたら、お願いいたします。

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

事件解決後の刑事2人の会話です。

B: Guess where I'm gonna spend my next vacation.
A: In the immortal words of my grandmother, "You should live so long."
B: No. No, no. I'm gonna live like those dudes do in X(国名). I'm gonna live!
A: Yeah, well, if I could pronounce it, I might begin to understand what you're talking about. (AはXという国を知らないのか、発音できません)
B: A, it's that village where those people live ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

基本的にご理解のとおりで良いと思いますよ。年齢などは会話では year old などの単位を用いないで表現することが多いですし、話の流れや文の意味からも当然年齢のことを言っていることになるでしょう。

ちなみに 

a man in the prime of his life with 100 plus to go

と言っていますので、「現在一番油がのりきった年齢40歳前後で、あとまだ148歳まで 100年ちょっと生きるはずの男(with 100 plus to go)」という意味になります。

字幕ですので、短くするために多少意訳してあるのでしょう。

-- to go はご存じと思いますが、良く使いますね。
I still have three more weeks to go before vacation. 休暇までまだあと三週間あるのよねー。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報