最新閲覧日:

度々このサイトでお世話になってますが、今回は自分の車(Audi A3 1.8T quattro)の排気音が変わることについて質問したいと思います。

どういった風に排気音が変わるかと言いますと、決まって雨の日にハイスピードで深い水たまりに突っ込むと、排気音がかなりの爆音になります。
ブオォォォーーンッ!!バチ、バチバチッ!!!って感じで、かなりハイチューン車みたいな音がでます。ヒール&トゥなんてすると感激物の音がするのですが、ただ、これがノーマルマフラーで出ていることが問題なのです。

この音は、だいたい15秒~20秒くらいでしなくなるのですが何なんでしょう?

自分なりに考えてみたのですが、ノーマルマフラーの出口が下を向いているので、そこから水が入って水蒸気爆発して...爆音?
でもこれだとアクセルに合わせて音が出るわけないし、音の発生場所がエンジン~リアマフラー全体なのであり得ないでしょう。

取り敢えず、原因がつかめません。こういう事は経験したことがないので、もしかしてヤバイことなのかと心配です。

どなたか回答をお願いします。

A 回答 (3件)

排気管などに後からできた穴などが無いようであれば、このことによって機械的なダメージを受けることは無いでしょう。

ただし、接合部の緩みや腐食による穴などがある場合はできるだけ早く修理しておいた方が良いでしょう。
    • good
    • 0

該当車種のデータが無く、的確な回答をできるかどうか解りませんが、排気管内部に水が入るためと思われます。

車種によっては、排気管やマフラーの底部に水抜き用の穴があるもの(多くは接合部のクランプの裏側などにある)があり、そこから浸水するためではないでしょうか。共鳴現象(一定の容積を持った容器は一定の周波数で共鳴現象起こします。この現象を利用して容器を通った排気の位相を反転させ、通らない排気と合流させ消音する)を利用したマフラーでは、共鳴室の容積が変わってしまうと、極端に消音効果が落ちるものがあります。マフラー内部に水が入り共鳴室の容積を変化させることで、消音効果が低下するのではないかと考えられます。

それから、水蒸気爆発は水と高温の液体が接した場合にのみ起こる現象です。例えば溶岩と水や溶けた金属と水などです。真っ赤に焼けた鉄を水につけても決して起こりませんが、ある程度の量の溶けた鉛(温度はこちらの方が低い)を水に入れると起こります。

この回答への補足

御回答をありがとうございます。
自分の感覚からすると、答えていただいた事と一致するように思います。

これによる悪影響は、特に無しと考えて良いのでしょうか?

補足日時:2001/03/17 20:51
    • good
    • 0

雨の日に限って起こることなのでしょうか?僕の場合、オ-トマのマキシマ、タ-ボ付きドノ-マルにのってたとき、雨の日に限らずしろくじ中爆音かましてる時がありましたが、単にマフラ-に穴があいていたみたいなんですけど・・・。

はりきりすぎるとこのての車はすぐ穴あくみたいですよ。参考までに・・・。

この回答への補足

はい。雨の日に起こります。
雨でも普通に走っているときは大丈夫です。

深い水たまりにハイスピードで突っ込んだときになるので、恐らくどこかに水が入ったせいで起きているものと思われます。

補足日時:2001/03/17 18:14
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ