先ほどある会社を退職し、退職金を受け取ったのですが、明細を要求したところ、「非課税のため明細は出せません。」と言われました。退職金の金額の内容を知りたいためにはどうしたらよいでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

退職金支給規定という規則が存在すると思います。

それに基づいて計算しているはずですので、それを見せてもらってください。これは法的に従業員の求めに応じて提示しなければならないものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。お礼が遅れて申し訳ありませんでした。今度、会社に請求してみようと思います。

お礼日時:2001/04/11 09:00

去年会社を退職した際に総務から、明細と、詳細説明はありました。


非課税でも、市民税などの払いはあるはずなので、必ず確認されたほうが
いいと思います。
ちなみに自分は確定申告はする必要はありませんと、会社から文書を
貰いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうそざいます。お礼が遅れて申し訳ありませんでした。会社は明細を隠しているとしか思えませんね。断固として請求しようと思います。

お礼日時:2001/04/11 09:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2000万円の退職金から引かれる金額は?

カテ違いでしたらごめんなさい。
このたび退職する友人が、退職金として2000万円もらうと言っていました(まったく羨ましい話です)。しかし、手取りでどれくらいになるのか?と心配しています。そこでご質問です。
(1)ズバリ、いくらくらいになるのでしょうか?勤続年数が問題になるとしたら、15年くらいです。

(2)これは悔しいので私がナイショでする質問です。
普通の会社で、勤め上げて例えば60歳くらいで退職する場合の、退職金の平均金額、ってのはどれくらいなのでしょうか(むろん、大雑把な数字でゼンゼン構いません)?

それではよろしくお願いいたします。(1)をメインにお答えくださいませ。

Aベストアンサー

(1)下記URLで計算できますよ。1839万円だそうです。

(2)「普通の会社」という基準をどこに置くかで変わりますが、東証一部上場企業を基準にすると2000万円は全然安いですね。

参考URL:http://home.interlink.or.jp/~tomoji-k/hp007.htm

Q解決金(和解解決金)は課税?非課税?

未払い賃金支払い争議が解決し、未払い賃金の外に解決金(和解解決
金)が支払われることになりました。
未払い賃金分の所得税については会社が対応してくれましたが、解決金
は給与所得ではないため確定申告が必要と説明を受けました。
しかし、当方弁護士は非課税(慰謝料・和解金は)なので申告不要と言
います。
今後の対応をご指導下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

和解金の性質によります。

通常、不法行為などの損害賠償は非課税です。
したがって、離婚の慰謝料や、交通事故の慰謝料には課税されません。その点においては、その弁護士の言うとおりです。
なので、ここで問題になるのはその「和解金」が慰謝料(精神的被害に対する損害賠償)に当たるか否かという点です。

どういう意味でその和解金が支払われるのか、質問文には書いていないので明確には答えが出ませんが、たとえば示談金が「裁判などの心労に対する慰労」という意味で慰謝料だというのであれば、非課税ということになります。逆に「仕事につけなかった場合の賃金保証」とか言う意味であれば、それは賃金と同じ性質ですから所得税の対象になるでしょう。
また、その金額が「社会通念上、考えられる範囲」を大きく逸脱している場合、利益供与とみなされ一時所得の対象となります。通常、裁判することに対する心労に対して慰謝料が認められることは少ないので、それ以外の理由で慰謝料が発生するような事情がなければ、利益供与(一時所得)と判断される可能性はあるでしょう。

現実問題、金額がたいしたことがなければ(20万円とか)当局も何も言って来ないと思いますし、確定申告しなくても何の問題もないでしょう。逆に、金額が大きければ、いずれにせよ申告しておいたほうが無難ということになります。

和解金の性質によります。

通常、不法行為などの損害賠償は非課税です。
したがって、離婚の慰謝料や、交通事故の慰謝料には課税されません。その点においては、その弁護士の言うとおりです。
なので、ここで問題になるのはその「和解金」が慰謝料(精神的被害に対する損害賠償)に当たるか否かという点です。

どういう意味でその和解金が支払われるのか、質問文には書いていないので明確には答えが出ませんが、たとえば示談金が「裁判などの心労に対する慰労」という意味で慰謝料だというのであれば、非...続きを読む

Q退職金制度・退職金共済

ハローワークの求人票に退職金制度・退職金共済についての記載がありますが、これらに関してのみいい順に並べると 1.退職金制度あり・退職金共済あり
2.退職金制度あり・退職金共済なし
3.退職金制度なし・退職金共済あり
4.退職金制度なし・退職金共済なし
ですか?

Aベストアンサー

2と3は逆かな
なぜなら 退職金制度は内部積み立て等だから経営悪化の場合は出ないこともあるが、退職金共済は外部への積み立てだから 基本的に支払われる。

Q退職金の課税方法で分離課税とはどういうことでしょうか?

退職金にかかる税金は分離課税で一般給与とは関係ないと思っていたのですが退職金の課税対象額は、配偶者特別控除(1000万円以下の所得条件での控除)に対しては、給与所得と合算して計算すると聞いたのですが、そこのところだけが分離でなくなるのでしょうか?

基本的な税制を知らないので、愚問かと思いますがどなたか教えてください

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

配偶者特別控除が適用となるかを、納税者の合計所得金額が1000万円以下であるかで判定します。
この合計所得金額というのは、分離課税の所得も含めて判定します。
つまり、給与所得600万・退職所得600万という場合、合計所得は1200万となり、配偶者特別控除の適用なし、となります。
合計所得の判定に関して合算するだけで、退職所得が分離課税でなくなるわけではありません。

なお、退職所得への源泉分離課税には定率減税20%の控除がなされていないため、退職所得に源泉税があり給与他の所得の定率減税が25万円未満の場合、退職所得も含めて確定申告をすると還付される場合があります。

Q同一人物への2回目の退職金支払い

定年退職になったことで、会社で規定されている退職金規定に基づきA氏に退職金を払いました。
その後、会社はA氏を嘱託社員として雇用し、1年後契約期間満了ということで雇い止めになりました。
嘱託社員の規定には退職金は原則として支給しないとなっていますが、特別に数十万円を退職金として支給する予定です。
この2回目の退職金は経理上、退職金として費用計上し、源泉所得税については退職金控除をうけることができるでしょうか。

Aベストアンサー

#2の追加です。

4年以内に退職金の支給をを受けていて、今回の退職金の計算と、計算期間が重複している場合に記入しますから、ご質問の場合は関係ないようです。
失礼しました。

Q通勤手当の非課税金額について

会社で給料の明細を見ると通勤手当が課税対象になっていますが、
友達に聞いたら「おかしい」と言っていたので、詳しい方教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

通勤手当の非課税枠って
公共交通機関とかマイカー通勤で
非課税枠が全然ちがいます。

でも共通していることは非課税枠
は必ずあるので全額課税であれば
たしかにおかしいですね。

Q死亡退職金と普通の退職金

万が一自分が死んだ場合、死亡退職金を家族が受け取ると思いますが、この死亡退職金とは別に普通の退職金(その年齢で普通退職した場合に貰える退職金)は貰えるのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
kikuzo39_2005さんの会社の就業規則がどのようになっているかはわかりませんが、
一般的には、普通の退職金が死亡時、家族に支払われる際に、死亡退職金となります。

就業規則では、別々の項目になっていますか?なっていれば支払われるかもしれませんが、
二重に支払うより、死亡退職の場合は割増(または別途弔慰金)の規程が一般的ではないかと思いますよ。

Q退職を迫られ、会社都合退職を考えていますが失業保険を即受け取ることができそうにありません

都内の技術者派遣型某IT企業に2年半ほど勤めております。

部長から先日、「進退を考えて欲しい」と伝えられ
会社都合退職を考えていますが、懲戒解雇の可能性がアリ
失業保険を即日受け取れないかもしれないのですが
懲戒解雇を免れる、ないし
免れなかった場合に少しでも多く失業保険を受け取る方法があれば教えてください

---詳細は以下の通りです---
技術者派遣型のIT企業なのですが、新規案件がさっぱり取れず
待機メンバーが全社員の25%くらいになってしまっています。

そこで、前回の客先でクレームをもらってしまい
売り込みが難しいので「進退を考えて欲しい」と先日部長から告げられました。
自主退職しても、失業保険はもらえないし
「今のところ自分から辞める気はない」と伝えたところ
「それなら直接社長と話をすることもできる」と言われたので
(思えばここで猶予をもらえるよう交渉すべきだったとは思っています・・・。)
そのまま社長に直接話しを持っていき
ここで改めて「進退を考えて欲しい」と伝えられました。
また「辞める場合は自主退職か、客先からのクレームという過失がある以上、
就業規則に則って懲戒になる可能性がある。前者なら自分から辞めたので、
経歴に傷はつかないし一ヶ月分の給料は保証するからその間に就職活動もできる。
後者であれば残り一ヶ月分の給料は満額出せないし、経歴にも傷がつく」
と、ここで伝えられました。

ちなみにこの時点で書面はいただいてません。
(ハロワの職員の方に聞いたところ書面でいただいてなくても
直接事業主から話があった場合は30日以内の解雇通告をしたことになってしまうようです。)


その後、猶予をもらったので色々調べたのですが
・失業手当をすぐにもらえる、かつ会社の助成金受給に影響する
会社都合退職、通常解雇、整理解雇

・失業手当の支給が三ヵ月後、かつ会社の助成金受給に影響しない
自主退職、懲戒解雇

と、なっていることがわかりました。

今回はクレームという過失があることから懲戒になる可能性が高く
その場合、すぐに失業保険がでません。

また、会社は助成金を受け取っているのですが
解雇者を出していると助成金の受け取りに影響が出るので
私を会社都合ないし、普通解雇にするメリットがありません。
(自分が仕事でミスをしたのももちろん、クレームという十分な裏づけもあります)

待機メンバーが多くいる現状、会社が社員に十分な仕事を与えられていないのもまた事実ですし
普通解雇等どうにか失業保険をもらえる辞め方にできないか
交渉するなり手をつくしてはみるつもりですが
懲戒解雇を免れる方法
また、もし懲戒解雇になってしまった場合に備えて
少しでも早く、多く失業保険をいただく方法があれば教えてください。
お願いします。

都内の技術者派遣型某IT企業に2年半ほど勤めております。

部長から先日、「進退を考えて欲しい」と伝えられ
会社都合退職を考えていますが、懲戒解雇の可能性がアリ
失業保険を即日受け取れないかもしれないのですが
懲戒解雇を免れる、ないし
免れなかった場合に少しでも多く失業保険を受け取る方法があれば教えてください

---詳細は以下の通りです---
技術者派遣型のIT企業なのですが、新規案件がさっぱり取れず
待機メンバーが全社員の25%くらいになってしまっています。

そこで、前回の客先で...続きを読む

Aベストアンサー

参考にWIKIPEDIAの「懲戒解雇」をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E6%88%92%E8%A7%A3%E9%9B%87
いわく
「懲戒解雇の理由としては、長期の無断欠勤、会社の金品の横領、職務・会計上での不正、重大な過失による業務の妨害、重大な犯罪行為などが多い。」「使用者が懲戒を適正に行なうためには、就業規則に、その理由となる事由とこれに対する懲戒の種類・程度が明記されて、さらに、当該就業規則が周知されている必要がある。」

このように普通「懲戒解雇」といったら、会社の金を横領する「業務上横領」とか、会社に重大な損害を与えた場合(たとえば、銀行員が担保を取らずに大金を貸し付けして焦げ付かせてしまったとか)の場合に限られます。
質問者様の場合の「客先でクレームをもらってしまい」という程度のこと(会社に実質的な損害を与えていない)で懲戒解雇というのは「解雇権の濫用」といって許されることではありません。
「解雇権の濫用」↓
「解雇権濫用法理とは、昭和50年4月25日の最高裁判決(日本食塩製造事件)において示されたものです。この判決では、「使用者の解雇権の行使も、それが客観的に合理的な理由を欠き社会通念上相当として是認することができない場合には、権利の濫用として無効になると解するのが相当である。」と判示されています。
それを受け、労基法18条の2には、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする。」との規定が設けられ、明文化されています。」
http://www.e-roudou.net/kaiko.htm

もし、懲戒解雇を言われそうだったら、この点を主張して、場合によっては労働監督署に訴える、と脅かしましょう。監督署に持ち込まれたり、裁判ざたになったりと「労使紛争」となれば補助金を受けている会社としてはかなりデメリットですから、考え直す可能性があります。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html
>また、もし懲戒解雇になってしまった場合。
そのときはハローワークで離職理由につき詳しく判断し直してもらえるよう訴えましょう。
そのためには、集められる証拠をなるべく沢山集めてください。特にあなたが受けたクレームについて、会社に損害を与えるような重大クレームなのか、そうでないかが問題になると思います。

参考にWIKIPEDIAの「懲戒解雇」をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%87%B2%E6%88%92%E8%A7%A3%E9%9B%87
いわく
「懲戒解雇の理由としては、長期の無断欠勤、会社の金品の横領、職務・会計上での不正、重大な過失による業務の妨害、重大な犯罪行為などが多い。」「使用者が懲戒を適正に行なうためには、就業規則に、その理由となる事由とこれに対する懲戒の種類・程度が明記されて、さらに、当該就業規則が周知されている必要がある。」

このように普通「懲戒解雇」といったら、会社の金を横...続きを読む

Q退職金から控除されるもの?

この間、10年間勤めた会社を退職しました。
退職金が支払われたのですが、よくわからないところがあります。素人の質問ですが教えて下さい。

会社負担の退職金共済と半分会社負担の厚生年金基金があります。
退職金の計算額より退職金共済給付金(約12万)と
厚生年金基金一時金の1/2(約20万の1/2)が差し引かれた金額が支給額になっており、
別欄に退職金共済・企業年金基金として12万・20万になっています。
会社により異なるのかもしれませんが、やはりこれは退職金より控除されるものなのでしょうか?
厚生年金基金は退職金として考えるのでしょうか?
(退職金共済からの振込はまだ、基金の方は書類はとどいてます)
わかりにくい質問ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

退職金共済というのは、会社の倒産などで退職金が支払われなくなる場合を想定して、会社が毎月積み立てておき、退職金の一部に充当するものです。
払い戻しは当人の口座への振り込みしかできませんので、共済から別途12万円の振り込みがあるはずです。その分は、今回会社からは支払わない、ということです。あなたが受け取る額の合計は変わりません。企業年金からも同様だと思います。

Q退職金等の要求

知人が経営する会社での労使トラブル。会社の従業員数は10人未満。従業員Aは、勤続2年未満ながら主力メンバーだが、自分の能力を過信するタイプ。
ある日、経営者がAの仕事のやり方全般について批判したところ、Aは「辞める」と言って出て行き、以来出勤せず。
数日して話し合うこととなり、Aは経営者に対し、離職票に「解雇」の記載と当面の生活資金分の退職金を要求。Aは、解雇の記載について、辞めざるを得ない状況に追い込まれたためと主張。また、会社は労働保険等手続をきちんと行っていないが、Aの主張が受け入れられない場合はそれを労働基準監督署に通告する旨をAは言及。
会社は従業員をパートとして低賃金で雇用し、退職金制度もなし。
上記話し合いで、経営者は解雇の記載を約束。退職金要求額はまだはっきりと提示されていないが、60万円程度になると予想されます。
人間関係のもつれの要素が大きいと思われますが、ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問をそのまま読んで理解する限り、多くの会社の対応は、
>Aは「辞める」と言って出て行き、以来出勤せず。
退職に関する労働契約の規定が不明ですが、最低限2週間前である必要がある必要があるので、出社を促し、それでも出社しない場合、「懲戒解雇」として解雇されるケースが多いと思います。
ただ、今回は話し合いで、解雇ということを合意してしまっているので(本来解雇はありえません。せいぜい自己都甲です。解雇は会社が会社都合で解雇する理由があるケースです。)その点は言及しませんが、解雇ということになれば解雇予告手当の問題も生じてしまいます。
会社都合の解雇となれば、労働基準法第20条第1項の適用も生じます。ただし労働者の責に帰すべき事由に基づいて解雇する場合においては、この限りでないのですが、その場合には同法第20条第3項にあるように「労働者の責に帰すべき事由により予告又は予告手当の支払いをせずに解雇する場合には、労働基準監督署長の認定を受けなければならない」と規定されています。これは「原則として2週間以上正当な理由なく無断欠勤し、出勤の督促に応じない場合」という具体的事例による解雇予告除外認定基準に該当しなければ無理であります。
労働保険等手続をきちんと行っていなかった弱みに付け込んで不当な要求を突きつけ、経営者側は折れざるを得なかったのでしょうが、初期対応ですでに間違えています。
退職金制度が無いので、退職金の支払い気味はありませんので、No1さんの言われるように慰労金的性格で、解決金として支払い、同時に支払い時に確認書を取り交わすか、念書を差し入れてもらう、もしくは受領証(領収書)の但し書き等に「退職に伴なう会社の支払うべき一切の債務を含む解決金として、金○万円を受領し(支払い)、これをもって一切の債権債務がなくなったことを確認した。」旨の記載をしていた方が無難であります。
そうでないと、退職金は退職金、解雇予告ては別途と後から言われかねません。

ご質問をそのまま読んで理解する限り、多くの会社の対応は、
>Aは「辞める」と言って出て行き、以来出勤せず。
退職に関する労働契約の規定が不明ですが、最低限2週間前である必要がある必要があるので、出社を促し、それでも出社しない場合、「懲戒解雇」として解雇されるケースが多いと思います。
ただ、今回は話し合いで、解雇ということを合意してしまっているので(本来解雇はありえません。せいぜい自己都甲です。解雇は会社が会社都合で解雇する理由があるケースです。)その点は言及しませんが、解雇...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報