ある繁華街にあるスナックの建っている土地に関してです。スナックのマスターをA、ママさんをBとします。Aが経営者という形をとっていますが、実際はほとんど店の運営にタッチしておらず、Bが店を営業しているようなものです。

店はもともと借地に建っていましたが、地主からの依頼により、土地を買い取ることになりました。A,Bともにその当時財産がなく買い取ることができないため、Aの父親Cと兄Dの協力を得ることになりました。土地代金を3分割し、それをA,C,Dで支払うことにしたのです。登記もこの3人の共有ということになっています。Aは支払うお金を持っていなかったので、父親Cに借金をして支払いました。そしてAは、店の売上からCに借金の返済をしていきました。現在ではその支払いは完了しています。(ただし、おそらくAとCとの間の借金は、借用書を取り交わすようなきちんとした手続きはとっていないと思います。)

さて、店のママさんBは、店の経営にほとんどタッチしてなかったAが店の売上金でCへの借金を返済して、土地の3分の1の権利を得ていることを不当に感じています。そして、AとBとの話し合いの結果、Aは自分の持分(土地の3分の1の権利)をBに譲ることになりました。

このとき、税金が最もかからない方法はどのような方法でしょうか。二人は現在互いに独身であり、税金節約ために必要なら婚姻届を出してもよいというほど、あらゆる可能性を探っています。こうした大胆なアイデアを含めまして、一番お金のかからない譲渡方法をご教授いただければと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

何年前のお話かわかりませんが、真正なる登記名義の回復も一つの方法かもしれませんが、現在A・C・Dの名義について特別な問題が法律上無いのならこれを活かすべきだと思います。

その理由は
 錯誤で戻すとBの資力を説明しなくてはならず、過去の所得税を追徴されないか?かつBにはB・A・Aの父との金銭貸借を立証出来なければ贈与税の可能性もある。加えてAの税務調査の可能も否定できない。など・・。
 そこで土地の価格が上がっていないという条件でいくと買った値段でAからBへ譲渡すると所得税はかからないでしょう。ただしBからAへ代金の支払い義務が発生します。この支払方法が解決できればこの方法がもっとも有効ではないでしょうか。最終的にはBからAには払わないんですけどね。これ以上はここでは書けません。
    • good
    • 0

Aの持分については、実際にはBが支払ったということですよね。

それであれば真実の所有者はBであるわけですから、Aの名義にしたのは間違いだった、真の所有者はAである、ということで、贈与税などは関係なしにいけるんじゃないかな。
登記上では、真正な登記名義の回復か、錯誤になるかな?すいませんちょっと自信がないんですが、上記の方法ででやるとして、専門家に一度相談してみてはいかがでしょうか?
婚姻届は意味がないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「A:B=2:1」の割合で共有となった一筆の土地があります。

「A:B=2:1」の割合で共有となった一筆の土地があります。

このたびAの死亡によりAの持ち分「3分の2」について相続が開始され、協議の結果4名の相続人(BCDE、いずれも子供)が法定割合による共有となりました。
現状、Bが6分の3、CDEが6分の1ずつの権利を有しているのですが、将来的にCDEはBの持ち分を買い取った上で売却したいと考えています。
そこで教えて頂きたいのですが(相続登記は完了しているという前提です)

(1)CDEがBの持ち分を買い取ったときに発生する税金として、CDEには登録免許税、不動産取得税、また、Bには譲渡所得税が掛かると思いますが、その他にも何か掛かるものがありましたらお教え下さい。

(2)その後土地を売却する場合、売却までの期間の固定資産税はCDE各者へ納付通知がくるものなのでしょうか。

(3)土地が売却できたとして、CDEが納める譲渡所得税の課税額の出し方ですが、「取得費」の中にBから買い取ったときに支払った不動産取得税と登録免許税は含めてよいと思いますが、さかのぼって相続登記のときの登録免許税も含めてよいのでしょうか。

まず、この3点をお教えください。
よろしくお願いいたします。

「A:B=2:1」の割合で共有となった一筆の土地があります。

このたびAの死亡によりAの持ち分「3分の2」について相続が開始され、協議の結果4名の相続人(BCDE、いずれも子供)が法定割合による共有となりました。
現状、Bが6分の3、CDEが6分の1ずつの権利を有しているのですが、将来的にCDEはBの持ち分を買い取った上で売却したいと考えています。
そこで教えて頂きたいのですが(相続登記は完了しているという前提です)

(1)CDEがBの持ち分を買い取ったときに発生する税金と...続きを読む

Aベストアンサー

4人の子供が共有する不動産を売却する場合なのに、どうして持分が一番多いBの持分を一旦他の兄弟が買い取る必要が発生するのか、状況が読み取れません。

相続であれば取得期間は通算継続されますが、一旦売買とすれば購入からの期間となり不利になるはずですから、余計に理由がわかりません。
さらに不動産取得税がかかり登録免許税も二重にかかります。よほどの理由が無いとこうする事の意味が解りません。

失礼ですがたとえばBに軽い認知症でも発症していて売却に支障が出る可能性なのか、跡取り的存在なのだが金銭的に困窮するような見込みで早いうちに兄弟で買い取るような状況なのか、想像の範疇を出ませんね。
1は売渡証書の費用が二重にかかります。2はCほか2名というような納付通知になります。3は含めて良いでしょう。と言う回答になります。補足追加分は贈与や相続ではないので売買からの期間になります。Bは相続なので兄弟への売却については保有期間引継ぎで譲渡所得を計算します。

Q追徴課税の通知が送られてきました。収入を借金の返済にあてたのですが支払う義務はあるのでしょうか?

今年送られてきた源泉徴収票で、約14万円の追徴課税を請求されました。
去年の収入は500万円程度ですが、その約半分を借金の返済(学費の返済)に充てています。
経済的にも決して楽ではないので、この額を支払うのは正直厳しいです。

こういった場合でも追加分の税金は支払わなくてはいけないのでしょうか?
源泉徴収の仕組みがよくわからない上に、追徴課税を請求されたのは初めてで戸惑っています。
どなたか詳しい方アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>今年送られてきた源泉徴収票で、約14万円の追徴課税を請求されました。

不足分を請求されたということでしょうか
年末調整で・・・。
余程じゃないと、これは考えにくいです。
まず、会社は給料に見合った額で源泉を毎月ひいています。
ですから、500万円の収入に対して14万不足というのは会社の計算ミスとしか思えません。
ミスといっても、扶養者の数を間違えて、少なくひいていたとか、給料の額を見間違えて少なくひいたというくらいで、責任は問えないと思います。

源泉というのは、あなたが1年間にもらったお金に対し、国に対して払う税金です。同様に翌年には、市町村から住民税の請求書がきます。

払ってほしいと会社から請求されたのですよね?
本来は給与から天引きなのですが、額が大きいため天引きできない、もしくは給与とは別にあつかっているというやり方をしているのかも。

税金の仕組みがわからないとの事ですが、
まず1年間にもらう給料にたいして、1年間に払う税金の額が決まっています。それを毎月分割で給料から払っています。
でも、年の途中で扶養者の変更、給料の変更、いろんな理由があって、最初の計算と合わないことがあります
そういうのを調整するのが『年末調整』で、年末調整をした結果を記載した紙が『源泉徴収票』です

当然、足りなければ納めなければならないですし、多ければ会社から返還されます

あなたのお給料がどれくらい残っているかどうかは全く関係がありません。
わかりやすく言えば、あなたは冷蔵庫を買いたいです。理由はつぶれてしまったので。冷蔵庫は生活必需品ともいえる品でなくてはなりません。
でも、消費税の5%の分まで払う余裕がありません。なぜなら、借金の返済に充てているため。それで世間に通りますか?5%を払えないので、私は払いませんとはいえませんよね。

この場合、だったら買わなければいいという意見もあるかもしれませんが、同じように給料も、税金が払えないならもらわなければいいのです。
そうすれば税金を払う義務もなにもありません。
税金に関しては、あなたが会社の経営者でない限り、また、会社の税金でない限り、国に対しては待ってくれとも言えないのです。

なんとなく、わかっていただけたでしょうか。

もし、どうしてもムリなら、なぜこんなに払わなければならなくなったのか、その理由を会社に聞いてみましょう。
会社の計算ミスで、年末にしわ寄せが来ているとすれば、同じくこちらも急には対処できないので、分割で給料から天引きをしてほしいと提案されてはいかがでしょう。

>今年送られてきた源泉徴収票で、約14万円の追徴課税を請求されました。

不足分を請求されたということでしょうか
年末調整で・・・。
余程じゃないと、これは考えにくいです。
まず、会社は給料に見合った額で源泉を毎月ひいています。
ですから、500万円の収入に対して14万不足というのは会社の計算ミスとしか思えません。
ミスといっても、扶養者の数を間違えて、少なくひいていたとか、給料の額を見間違えて少なくひいたというくらいで、責任は問えないと思います。

源泉というのは、あなたが1...続きを読む

Q土地売却時の税金と支払う時期

今年、600万の土地を売ろうかと考えています。

1土地を売却した税金は所得税?だけですか?

2税金はいくらかかりますか?

3税金を支払う時期はいつ頃ですか?

他の質問回答を見ても、よくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

1 住民税もかかります

2 5年超所有物件なら 所得税 利益の15% 住民税5%
  5年以下所有なら その倍

3 所得税は翌年の2月16日~3月15日
  住民税は翌年5月ころ通知が来て四半期に分けて納付

です。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/jouto303.htm

Q株や土地 利益があった場合のみ税金を支払う?

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7227088.html

上記で質問をしていたものなのですが、いつの株価と比べるのでしょうか?取得した当時(10数年前)の価額と比べて利益を得ているとなったら税金を支払う必要があると考えて間違えないでしょうか?

あと土地についても同じことが言えるのでしょうか?取得した当時(10数年前)の価額と比べて利益を得ているとなったら税金を支払う必要があると考えて間違えないでしょうか?土地の方は随分昔に買ったので数十万円でしかないのですが、今売ったらかなりしそうです。

Aベストアンサー

No.2です。

>当時、20万円で新車が買えた時代のときに土地を買い、現代にても新車が100万くらい(国産新車の平均?)で買えるとした場合、出したときと戻したときの価値は同じなのに税金を支払わなければいけなんですね・・・。
そのとおりです。
でも、仮にその20万円を現金でそのまま持っていたとしたらどうかと考えれば、土地をもっていたおかげでプラスになったということになりますから。

税金て万人に公平ではありませんし、そんな税制は無理でしょうね。
私は、バブル全盛のとき、宅地を相続(祖父がただ同然で親からもらった土地)し、ウン千万円の評価をされ、相続税払いましたが今、その評価額は当時の1/3程度です。
居住していない宅地ならまだわかりますが、自分が住んでいる宅地を売ること自体考えられないのに全く理不尽ですよね。

Q相続した土地を売却して相続税を支払う場合の税金

相続した土地を売却して相続税を支払う場合の税金について教えてください。

昨年11月に父が亡くなり、100坪の畑を相続することになっています。現金がないので、これで相続税を支払わなければならないので、売却して支払おうと思っています。そこで、このケースの税金について教えてください。

税金を支払うために、土地を売却するのですが、この場合も所得税が掛かるのでしょうか?
また、実際に土地の価格が1坪15万円くらいだとすると、支払わなければならない税金はどのようなものがあって、いくらになるのか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

余り先々を心配する前に、まず「相続税が課税されるかどうか」が問題です。
父が残した総財産はすでに把握されてますか。
土地だけでなく、預金や生命保険金、株式などのプラスの財産と、借入金などのマイナスの財産を漏れなく把握し、総財産の評価額を求めることからはじめます。

ここで土地の評価額は相続財産の評価基準によって行います。路線価格とか倍率価格というものです。
土地100坪だけで相続税が発生するというと一坪60万円以上の土地ということになります。
都市圏で、実は宅地だけど酔狂に畑として使ってるという場合でなければ、坪80万円の畑は高額すぎます。
つまり畑100坪だけで相続税は発生しないと推定できます。
他の財産がどれほどあるかを考えないといけません。

「税金を支払うために土地を売る」と決め付けておられますが、まずは「順序を追って考えましょう」。

相続税が発生しない場合でも、相続で得た不動産を売れば、譲渡所得となり所得税課税の対象です。
まず長期譲渡所得ですので、20%課税です。

「売却価格(譲渡価格)-取得費ー譲渡費用」に20%課税されると理解しておけば良いでしょう。

取得費は、父上がその畑を手にいれた額です。
それが不明でしたら「場と価格の5%」が取得費として認められる特例があります。

余り先々を心配する前に、まず「相続税が課税されるかどうか」が問題です。
父が残した総財産はすでに把握されてますか。
土地だけでなく、預金や生命保険金、株式などのプラスの財産と、借入金などのマイナスの財産を漏れなく把握し、総財産の評価額を求めることからはじめます。

ここで土地の評価額は相続財産の評価基準によって行います。路線価格とか倍率価格というものです。
土地100坪だけで相続税が発生するというと一坪60万円以上の土地ということになります。
都市圏で、実は宅地だけど酔狂に畑と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報