マンガでよめる痔のこと・薬のこと

彼の背中をじ~っと見て気付いたのですが、
もともと毛の濃い人だけど、2~3mm位の長さの太短い毛が、背骨あたりを中心に、首付け根から肩甲骨の間あたりにびっしりと生えていて、気になって引っ張ってみたらするーっと抜けて(痛くないらしい)毛根がなく、細い毛が筆のように何本も束になっていて、ひとつの太い毛になっているみたいに見えるのです。なんとなく「しっとり」とした感じで、束になっています。その謎の毛?に混じって本物の?毛がまばらに生えているのですが、こっちは5mmくらいあって、ちゃんと1本で、引っ張ると痛いみたいです。

そこで質問です。この筆のような毛は何なのでしょうか?こんなのが背中に生えてくる原因は何でしょうか?除去する対策とかありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

」に関するQ&A: 薄毛の悩み

A 回答 (1件)

対策ではないのですが、私の彼も同じような場所に生えてます!!ただ、感じ方それぞれだと思いますが色黒なのと毛の色素がそんなに濃くないので凄く目立つ、って程でもなく…。


3~4センチくらい??密集ではないです。生え始めたのは30歳過ぎてからだそうです。
私個人的には、他の人には分からない場所で、しかも特別な毛(笑)と思うといとおしくて仕方ないので、抜くなんて勿体ないと思ってました。
たまに脇腹辺りからチョロッと生えてたりもします。不思議です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いとおしく!思えない私はだめですね。。
おっしゃるとおり、普段見えない部分なので、気にしないようにします。(;^ω^)ほんと、不思議ですねー

お礼日時:2009/09/29 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘンな体毛

私は毛深いのが悩みなんですが、膝下や脇を剃るときよくヘンな毛が見つかります。

1.1ミリあるかないかの短い毛で、1箇所の毛穴から1本の普通の毛、その周りにその短い毛がいくつか生えています。
真っ黒くて毛根の黒い部分が伸びてきたような感じで、ちゃんとした毛という感じでもないですが、ごみとか汚れとかではないみたいです。
生えているというより、抜こうとするとスルッと取れて、痛みも何も感じません。(生えているというよりくっついているだけという感じ)

2.一箇所の毛穴から2本3本と普通の丈夫な毛が生えている

3.毛穴はあるみたいだけど、その毛穴は皮膚の表面に完全に覆われていて、その皮膚の下で丸くとぐろを巻いている状態の毛
細くて(皮膚をちょっと破って)抜いても、痛みを感じないことがほとんどです。たまにはしっかり生えてて痛いことも。

4.短くて、これ以上伸びなさそうな感じなのに1と違ってしっかりと生えている毛
これは抜いてみると小さい肉の塊のような、黒くない毛根?がくっついてきます。抜くとブチッという感じでけっこう痛いです。太くて硬い毛です。

こんなのがよくあります。
こういう毛を対処する方法って何かありますか?
なぜこういうヘンな毛が生えているんでしょう…自分の体ながら不気味でとってもイヤです。

ちなみに医療脱毛やエステはお金がないので行けません…(´Д‘)

私は毛深いのが悩みなんですが、膝下や脇を剃るときよくヘンな毛が見つかります。

1.1ミリあるかないかの短い毛で、1箇所の毛穴から1本の普通の毛、その周りにその短い毛がいくつか生えています。
真っ黒くて毛根の黒い部分が伸びてきたような感じで、ちゃんとした毛という感じでもないですが、ごみとか汚れとかではないみたいです。
生えているというより、抜こうとするとスルッと取れて、痛みも何も感じません。(生えているというよりくっついているだけという感じ)

2.一箇所の毛穴から2本3...続きを読む

Aベストアンサー

なるほど,No.3の回答に対するお礼を読んで,やっと,合点出来ました。
4の物体は,毛ではありませんね。
毛の中身であるタンパク質が,キューティクルの隙間から漏れて固まったものだと考えて良いと思います。(つまり,「タンパク質の塊」ですね)
そのため,これを抜いても根本と思われる部分まで黒いですし,また,玉のようになるのも理解出来ます。
また,毛と毛穴の壁との間を流れ出てきて固まったものですから,ちょうど,おろし金のような形状に固まってしまいますので,今のonikaachanさんがストッキングを履かれる時のようなことになっても不思議ではありませんよ。(1番強度がある形状で固まっているわけです)

ということで,このタンパク質の塊がなくなれば,「つるつるお肌には程遠い剛毛体質?」が改善されると思いますよ。
そのためには,まず,コラーゲンの生成が充分行われることが大切になります。
と言うことを書きますと,コラーゲンを摂取しようと考えてしまうかもしれませんが,実は,コラーゲンを摂取しても意味がありません。
それよりも,タンパク質,亜鉛,鉄,銅,カルシウム,ビタミンA,ビタミンCの摂取量が不足していないかを毎日チェックして,もし,不足しているものがあれば,その不足している栄養をサプリメントで補給するようにしてください。
なお,他の栄養もバランスよく摂取することが大切ですが,他の栄養については,3~7日間でバランスよく摂取出来るように心懸けていればいいと思いますよ。

ということで,余談ですが,このタンパク質の塊がなくなれば,お肌の潤いが戻ってくると思われますので,というか,タンパク質の塊がなくなる前に潤いが戻ると思いますので,塊がなくなると同時にツルツルお肌になるかもしれませんね。

さて,もう少し,今度は食生活での留意点を書いておきますね。

●食事としての栄養バランスを整える
もし,都合がつくようでしたら,お住まいの市区町村の保健センターなどで定期的に行われている「無料栄養相談」(たぶん,要予約だと思います)を利用して,ときどき,自分の栄養状態を確認するようにしてみてください。

●毎食毎に,ほぼ同じ時刻に食事を摂り始めるように心懸ける
まぁ,簡単に言えば,食事の準備を整え,より良く消化出来るようにするためですね。
とりあえず,食事毎に,一番よく食事を摂り始める時刻を中心にして,その前後30分間に食事を摂り始められるように心懸けてみてください。
なお,1週間に1度くらいでしたら,大幅に食事時刻がずれても構いませんよ。

●よく噛んで食べる
子供扱いしているわけではなく,今の日本人みんなが咀嚼不足なのだそうです。(もちろん,平均をとるとそうなると言うことですけどね)
理想とする咀嚼回数は,日本チューインガム協会(http://www.chewing-gum.org/)のホームページにある「咀嚼回数ガイド」(http://www.chewing-gum.org/sosyaku/index.html)に書かれている回数がそうですが,もし,それらよりも遙かに咀嚼回数が少ない場合は,いきなり,そこまで咀嚼回数を増やしてしまいますと,アゴが疲れてしまい,食事が途中で中断しなければならなくなってしまいますので,まず最初は,「左右の奥歯で5回ずつ合計20~30回噛む」ことを心懸けるようにしてください。
もちろん,慣れてきたら,少しずつ咀嚼回数を増やしていき,最終的には,理想としている咀嚼回数まで持って行けるように心懸けてみてください。(時間をかけても構いませんから,焦らずに,少しずつ少しずつ,咀嚼回数を増やしていくことが大切だと思います)

●「だけ食い」は避ける
「だけ食い」とは,「1つの食材だけを食べ続け,その食材を残さず全部食べなければ次の食材を食べ始めない食べ方」のことで,このような「だけ食い」をしていますと,栄養の吸収が悪くなってしまいます。
理想は,「汁物>おかず>主食>汁物>おかず>主食>・・・(以下,繰り返し)」といった「三角食べ」やこれを応用した食べ方ですが,とりあえず,同じ食品(食材)を続けて口にしないように心懸けていればいいと思います。
特に,好きな食べ物を,食事の最初に全部食べてしまったり,食事の一番最後まで残していたりするクセがある人は,最初,または,一番最後に,2口くらい食べて納得出来るように心懸けてみてください。

●ストレスを自然解消しないように心懸ける
これは,一般的に「ストレスを溜めないように心懸ける」と言うことを正しく表現したものです。
なんと,ストレス,溜められないんですよぉ。
なお,ストレスは,気持ちを切り替えることで解消されますが,ストレスによって上昇した血圧を下げることでも解消させることが可能です。
ということで,ストレスを感じましたら,血圧を下げる行為,つまり,一番確実で一番効果的なのが血管を拡張することですから,ストレスを感じましたら,血管拡張作用がある行為をすると良いかもしれませんね。
ちなみに,1例を挙げておきますと,ストレスを感じたときに軽く肩をまわす程度の運動で充分ストレスが解消されます。
また,特に強いストレスを感じた時に有効なことは,普段からやり慣れている仕事というストレスを感じてしまうことです。
「気を取り直して,仕事仕事・・・」と言いながら,普段からやっている仕事に戻るようにしてみてくださいね。

最近はあまり書いていませんが,「ストレスは,万病の元」だと考えています。
また,病気や怪我の治癒が遅くなる原因でもあると考えられます。
なお,ストレスによって肌トラブルになったり体毛などのトラブルが出てくるようになるのは,ストレスが直接肌やけに対して何かをしているのではなく,小腸から吸収している栄養が,ストレスを感じている間,ほとんど吸収されなくなってしまうためだと考えられます。
そのため,ストレスは万病の元だと考えられるのです。
そして,ストレスはお肌の大敵でもあるわけです。

ストレス解消で無理をしてしまいますと,その無理がストレスになってしまい,逆効果になってしまうこともあります。
ですから,無理や無茶は出来れば避けるようにしてくださいね。

・・・食生活の話で,ストレスが出てくるとは思わなかったでしょ・・・?(自分が最初に知った時は,かなり,不思議な思いがしましたよ)

なるほど,No.3の回答に対するお礼を読んで,やっと,合点出来ました。
4の物体は,毛ではありませんね。
毛の中身であるタンパク質が,キューティクルの隙間から漏れて固まったものだと考えて良いと思います。(つまり,「タンパク質の塊」ですね)
そのため,これを抜いても根本と思われる部分まで黒いですし,また,玉のようになるのも理解出来ます。
また,毛と毛穴の壁との間を流れ出てきて固まったものですから,ちょうど,おろし金のような形状に固まってしまいますので,今のonikaachanさんがストッキ...続きを読む


人気Q&Aランキング