【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

お魚を焼くグリルで焼き鳥を焼くと、どうしても串の部分が燃えてしまいます。焼く前に串にアルミを巻いたりしましたが、お肉とかぶったところが焼けなかったり、そう思ってちょっとずらすとやっぱりもえてポロッとなってしまいます。なにかいい方法はないでしょうか?

A 回答 (4件)

1本づつ丁寧にアルミを巻くのが 一番とは思いますが、ちょっと面倒な時 ありますよねっ!



私はよく 串からはずして フライパンやトースターで焼く事がありますよっ!
(自分で鶏肉から焼き鳥にするときは これが一番早いです。タレもよくからめられるし)
焼きあがったら 串に刺し戻すだけですっ!(^^ゞ
グリルでも この方法なら 串はきれいなままっ!

お試しくださいっ!
    • good
    • 0

こんにちわ~☆



コンロではやった事ナイんですが(汗)、トースターで串物(串揚げとか)を温めた時、コゲコゲになる竹串に悩んだ一人です。

そこで思いついたのが、アルミホイルを竹串の部分にグルリと巻く方法!
見事に焼けずに済みました♪

コンロでは判りませんが、きっと大丈夫だと思います!
    • good
    • 0

 串は竹串ですよね?


 我が家では
・串に沢山の肉を刺さない。
・肉の間隔を少しあけるくらいにして刺す。
・串を刺す前に水に濡らす
ということをしていますが。
 これでも駄目ならあとは火力調整か、頻繁に返すかですね。
    • good
    • 0

焼き鳥屋の串が焼けないのは串の部分が火に当たらないように焼いているからです。


肉の部分だけが火に当たるように、肉の長さのコンロを使用しています。
同じようにするには、レンガかタイルかで、串を支えるようにすればよいわけで、要は、厚みがちょうどよさそうなものはなんだろうということになります。
100円ショップで売っている砥石をむこうとこっち側に置いてそれに串を乗せて焼くというのはどうでしょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭火でやきとり! 串を燃やさないで上手に焼く方法ありますか?

時々、やきとりパーティをするのですが、もう少し上手に焼けないものか、アドバイスを戴けないかと思っております。

方法は、バーベキューコンロ使用で、燃料は炭。
網の上にアルミを巻いたレンガを2列に並べて、そこに串を渡して焼いています。

問題は串が焼けて、最悪折れてしまうこと。
最近は肉の下側(通常持つ方)にアルミ箔を巻いて、串の燃えるのを防いではいますが、巻くのに手間がかかる(250本くらい作るので)のと、焼くと取れにくくなってしまい、食べる人にそのまま出さなければならないこと。

焼鳥屋さんの串は焦げてすらいないことが多いので、どんなコツがあるのか知りたいです。
ご存知の方、いらっしゃいましたら、よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

遠火の弱火で、ジックリと焼けばいいです。
炎と熱風ではなく、遠赤外線で焼くのがポイントです。
炎や熱風は近くじゃないと焼けないけど、遠赤外線は多少離れていても焼けます。

レンガ置いて距離とっているのなら、炭が多すぎて火力が強すぎるのでしょう。
今の状態で、炭(火)を加減して下さい。
レンガを端に置いて、その上にさらに網を乗せて焼けばいいでしょう。
その方が一度に数焼けますし、もし串焼けても落ちることもありません。
串に刺していないものも焼けます。

Q家庭で簡単に焼き鳥(ねぎま)

家庭で出来る簡単な焼き鳥教えてくださいm(_ _)m

ネットで調べましたが、、たくさんありますが、どれもやり方がバラバラなのですが、家庭ではやはり難しいんですか??

鶏むね肉とネギを使ってねぎまの焼き鳥をしたいと思ってます!!
普通にグリル、フライパン、トースターで焼いたら間違いなく串が焦げるのでアルミを巻きますし、ネギだけ焼けて肉は生なんてこともあるかと思います!!

ましてや塩よりタレの方が焦げやすいだろうし、やはりフライパンで焼いてから串に刺した方がいいんですか??

それだと手間がかかりますね

Aベストアンサー

今夜のおかずなら既にタイムオーバーでしょうか?
私が小学生だったころ、我が家でよくやりましたよ。
その時の経験談を。

●用意するもの
・焼き肉用卓上ロースター(部屋に煙が充満しても良いならバーベキュー用コンロ&炭も可)
・竹串(数時間前から水に浸けておく)
・ネタ

●裏技
・ネタは当然、生の状態で串に刺す
・串に刺す順番は
手元から【ネギ→鶏→ネギ→鶏…】
・一本対してのネタの数は好みに応じて決めればよいが、コツは『一番手元側はネギ、一番先端は鶏』となるように。
一番手元側に鶏、一番先端にネギを刺すと、焼けるに従い先端のネギが回転したり抜けたりするし、手元の鶏は生焼けになりやすいから。
・ネタは隙間を空けず詰めて刺す。串が焼けることを防止するため。
・手元側の串が焼けるのを防止するために、串をあまり奥には並べない。
・塩焼きは焼く直前に塩を振る
・たれ焼きは、まず素焼きにして、途中でたれを付け、焼き上がり直前にもう一度たれをつけてから最後に軽くあぶる。

こんな感じで結構おいしい焼き鳥が楽しめると思いますよ。

今夜のおかずなら既にタイムオーバーでしょうか?
私が小学生だったころ、我が家でよくやりましたよ。
その時の経験談を。

●用意するもの
・焼き肉用卓上ロースター(部屋に煙が充満しても良いならバーベキュー用コンロ&炭も可)
・竹串(数時間前から水に浸けておく)
・ネタ

●裏技
・ネタは当然、生の状態で串に刺す
・串に刺す順番は
手元から【ネギ→鶏→ネギ→鶏…】
・一本対してのネタの数は好みに応じて決めればよいが、コツは『一番手元側はネギ、一番先端は鶏』となるように。
一番手元...続きを読む


人気Q&Aランキング