痔になりやすい生活習慣とは?

日本最古の道といわれる山辺の道は、奈良盆地の東の山裾に伸びています。
山辺の道の標高は約60m~70mだそうです。

なぜ山麓に道がつくられているのか。
その理由は、6千年前、大和盆地にはまだ巨大な淡水湖が存在し、その湖岸にできた道が山辺の道である

という説があることを知りました。

樋口清之氏が唱えた説だそうです。

大和湖があったことを示すもの(化石など?)
は発見されているのでしょうか?

A 回答 (2件)

樋口清之氏の著書を読んでいませんが、いくつかのWebには


「6千年前、大和盆地にはまだ巨大な淡水湖が存在し」と同じ文言が出てきますね。
私は「巨大な淡水湖」という表現に疑問をもちました。
淡水湖ということは、近くの山から流れ出た川の水が盆地に溜まったということになります。
盆地の標高は、40m以上ありますね。

素人考えですが、
山辺の道は、縄文人たちが狩猟や採集をするために自然にできた道にしては、現在でもはっきりと道筋が分かるほどのしっかりした道で、距離も長く、物資の運搬を目的に当時の王権が作ったことは間違いないでしょう。
この道の建設を必要としたころには、巨大湖があるからその湖畔に沿って山辺の道ができたのではなく、巨大な湖はなく、あたり一面湿地帯で南北を通した川もなく、舟運を利用できない状態だから、この道ができたのではないでしょうか。

山の辺の道付近の地質と地形
http://near.nara-edu.ac.jp/bitstream/10105/355/3 … 
ここでは
「ある広さをもった湖沼を含むやや大規模な水域」があったと推定されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ご紹介いただいたサイトには

●盆地東縁部の南半は、領家式岩類と朝和れき層と沖槙層のみよりなる。
●朝和れき層とは、旧朝和村を中心に分布する更新統に対してつけられた地層名
●模式地とされている長岳寺付近では、径1αm前後の亜円れきよりなるれき層
●崇神・景行陵内をはじめ、他の地域では砂層・粘土層が多い。
●1950年に織田延男氏は天理市南部の地震探査の結果、盆地東縁郡の更新統(ないし鮮桝統)の厚さを約90mと推定している。
●朝和れき層は、段丘堆積物・扇状地堆積物よりなる他の更新統とは異なり、ある広さをもった湖沼を含むやや大規模な水域に堆積した比較的厚い地層と考えられる。

とありますね。

湖があったかなかったかについては、なかなか判断が難しいということなのでしょう。
今後の研究に期待したいです。

おっしゃるように湿地帯であったために、
標高約60m~70mのところに道を作ったのかもしれません。

その後治水技術が進んだのちに、上つ道や下つ道がつくられたのかも。

すばらしい推理をありがとうございます。

質問とずれますが
長い間古墳の向きがばらばらなのはなぜだろうと思っていましたが
ここにヒントがあったので嬉しく思っています。

●古墳の方向はそれぞれの地域の侵食方向即ち残丘の延びと配列の方
向に一致している。

もともとあった丘陵を生かして古墳を作ったので、
古墳の向きが一定しないのかもしれませんね!

大変勉強になりました。感謝いたします。

お礼日時:2009/09/07 10:35

地質学の研究によると、後期更新世以降(数万年間)大きな湖だった時代はなさそうです。

小規模な池沼はあったようなので、盆地の中心部は湿地帯や河川の氾濫原となっていて開発の手が入り難かったのでしょう。
参考URLの11枚目あたりに記載があります。

参考URL:http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstr …

この回答への補足

回答ありがとうございます。
回答くださってとてもうれしいです♪
今から出かけるので月曜日にご紹介いただいたサイトをじっくり読んで
返事いたします。

補足日時:2009/09/05 22:16
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなって申し訳ありませんでした。

今、ご紹介いただいたサイトを読みました。

●山の辺層は,砂層・シルト層・泥層を主とし,しばしば泥炭層をはさむ.
●層相の側方および垂直方向の変化が激しい→河川成堆積物である.
●当時すでに佐保川・布留川・初瀬川等の河川の基本的流路が決定されていた。
●奈良盆地にはかって奈良化石湖の存在が考えられたことがある.
●泥炭層の形成と奈良化石湖の関連をとく研究者もいる。
●泥炭層の水平方向の拡がりは大規模でない。
またその形成年代もそれぞれの地点で異なる。
ここから奈良化石湖は存在しなかったと考えられる。

湿地帯であったことで稲作が広がり、人口密集地となってクニが形成されたのかもしれませんね!

山辺の道がなぜ標高は約60m~70mのところに作られたのでしょうね。

次から次へと疑問がわいてきます。

大変勉強になりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2009/09/07 10:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大和地方(奈良盆地)の水田稲作

この地方の稲作は、いつ頃始まったのですか。
遺跡の名を教えてください。
古代、このあたりは「奈良湖」という湖だったそうですが、弥生時代でも、まだ湖あるいは湿地帯だった、というネットの情報もあり分からなくなりました。
また、山の辺の道は山裾を縫うように通っていますが、それは湿地帯を避けたから、という話も聞きました。
よろしくお願いします。

奈良湖
http://web.joumon.jp.net/blog/2008/09/000591.html

Aベストアンサー

#1です。
稲作の件を記述しておりませんでしたので、回答いたします。

奈良湖が想定されている地域ではありませんが、
2011年11月、奈良盆地南部の御所市において、
弥生前期の大規模な水田遺構が発見されました。
http://www.infokkkna.com/ironroad/2011htm/iron7/1112gose.pdf

弥生時代には、環濠集落を中心とする盆地底湿地帯での稲作が考えられていましたが、
盆地周辺部での稲作も始まっていたようですね。
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/midori/kanryou/yamato/index.html
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/midori/kanryou/yamato/trivia/nature03.html

山地から湧出する水を用い、計画的な灌漑・排水施設を持った水田耕作方法が生き残り、
そこの有力者が豪族として力を蓄えていったのでしょうか。
それとも稲作方法の異なる外来勢力との衝突があり、盆地周縁の勢力が生き残ったのでしょうか。

※奈良盆地全体が湖であったのは、数百万年も昔のことです。
 縄文~古墳時代にかけての海進期に、一時的な湖沼があった可能性は考えられます。
 水深が5m未満の浅い沼沢池程度でしょうが。
 大和川下流の亀の瀬地すべりが活動し、一時的な堰止湖ができた可能性も考えられます。
 いずれも大和川の氾濫に伴い、短期で消滅したと思われます。

#1です。
稲作の件を記述しておりませんでしたので、回答いたします。

奈良湖が想定されている地域ではありませんが、
2011年11月、奈良盆地南部の御所市において、
弥生前期の大規模な水田遺構が発見されました。
http://www.infokkkna.com/ironroad/2011htm/iron7/1112gose.pdf

弥生時代には、環濠集落を中心とする盆地底湿地帯での稲作が考えられていましたが、
盆地周辺部での稲作も始まっていたようですね。
http://www.maff.go.jp/kinki/seibi/midori/kanryou/yamato/index.html
http://www.maff.go.jp/ki...続きを読む

Q大和政権の成立に、水辺に縁遠い奈良”盆地”が関与し

日本が本格的な統一国家になって、大和政権が、平地でない奈良“盆地”に成立しました。
その後、都は、同じような地形の京都盆地に移りました。
そして、都は、海岸近くの鎌倉・大坂・東京に移りました。
規模がまるで違いますが、4大文明は、黄河やナイル河などの大河沿いに発生しました。
質問は、大和政権の成立に、水辺に縁遠い奈良“盆地”という地形が、関与していますか?

Aベストアンサー

水の無い所に人は住めません。
奈良盆地は太古湖でした。湖の水が退いたのは,二上山火山活動の影響で,大和川の流れが出来,排水が始まった為と,何かで読みました。
集落跡などが次第に低地へと移った痕跡も発掘されています。
全ての遺跡が,水と深く関わっています。
直ぐお隣の近江盆地も,滋賀県のほぼ全域の水を琵琶湖が集め,排水口は宇治川だけです。
人の暮らしの痕跡で言えば,大和も近江も大差ありません。
水辺の暮らしは,陸行よりも水行の方が余程便利でした。
盆地地形は,外部からの攻撃に対する防御にも優れています。
京都盆地は北山に守られて豊かな湧水に恵まれ,かつ,鴨川と桂川に囲まれた優れた防御地形で,「君主は南面す」の陰陽法に適い,実り豊かな平野を持っていました。東山も西山も天然の防御壁。
桂川,鴨川,宇治川の合流地には広大な巨椋池が有りましたが,干拓で消滅しました。「巨椋」は古代の歌集にも頻繁に登場します。
建都当時には,現在の今宮通りは,都から見て北山の北側に当たります。


人気Q&Aランキング