プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんにちは。30代の女性です。

ご相談はタイトルのとうりなのですが、親との縁に恵まれず
辛い子供時代(その後も)を送られた方、その後成人しても
生き辛さを感じていらっしゃる方はどうしておられるでしょうか。

私の両親は共に人の痛みがわからないというか子供の気持ちがわから
ない人でした。
母親はヒステリックに怒ったり、誰かと比べてののしったり、
平手で直におしおきと称して数十発単位でお尻を叩いたり
そんな母親でした。肘関節の脱臼も数回させられ、小指も骨折
させられたことがあります。絶対に自分の非を認めず、朝起き会
という宗教に近い団体の熱烈な信者で、そこの教えに異を唱えよう
ものならものすごい剣幕で激怒です。聞く耳を持ちません。
また幼稚園生の時交通事故で足に全治2ヶ月の重症をおいました。
入院はしなかったものの和式のトイレなのに一週間しか介助
してくれず、一人パイプに捕まって用を足していた5歳でした。
小学生のころいじめにあっていましたが、相談しようという発想
すら浮かばない母親でした。
高校生の時に二回目の交通事故にあってしまった時は、加害者に
「治療費さえ出してもらえれば結構ですから」と・・・。

父親は、無愛想でいきなり殴ってきたり、物を庭に放り投げて
捨て始めたり、全く何を考えているのかわからない人でした。
入浴しているところを意図的に見られたこともありました。
高校生のころには既に口を聞かなくなってましたが、その後の
大学受験で応援していると言ってくれていながら、実際は騙されて
いました。「はあ?お前が○○になんかなれるわけねえんだよ。
まだわからないのか。さっぱりおまえが頑張っているようには
みえない。騙されたと思うのならそれは否定できないな」と。

そんなこんなで小学生の頃に、こういうのは連鎖するから結婚も
出産も私はしてはいけないと決意し、またその頃より自殺願望は
常にあり小学生のときにリスカをしはじめました。
成人後は安定剤気がつかないうちに一気飲みしてしまったことも
自分の血液をペットボトル2本近く抜いたりもあり。

20代後半になってとりあえず死ぬ前に思い出づくりをしようと
海外に結構行きそれはそれで楽しい思い出となりましたが、そろそろ
海外ももういいかなと思うようになってきました。
専門職として働いていますが、ステップアップしたいという気持ち
も起こりません。
人と深い関係を築くというのが家族の間でさえ成されなかった為か
成人した今でも友人はほんの数人しかいません。
(職場や仕事上での関係はふつうに作れるのですが)

今後どうしたらこの辛さが減るのか、やっぱり死ぬまでこれは
続くのか、何でもよいので何かご助言をいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

NO9です。


最近思うのは、悩むときも辛くなる。過去も辛い。で、辛さが増す。耐えられなくなる。
だったら、過去は辛いが、今は、他の何か楽しみを見つけ、悩まないようにしてみる。
悩まないときは、辛くない。したがって、今は辛くない、にしようということ。
悩むことをやめていく。できないですか?
趣味を見つけて、没頭できたらいいのですが。
好きなことに没頭していると、昔のことは忘れます。
そして、何日も気持ちが穏やかですよ。
色んなことに、チャレンジしてみては。
    • good
    • 0

ぜひ自身を持ってください。


あなたはきっと幼いころから生きることに精一杯で
疲れてしまったんでしょうね。
子供のころから母なるものを与えられずにどうして
大人になってエネルギッシュでいられようか。
でもあなたは現に生きて、生活しているのです。
これはすごいと思っていいですよ。事実すごいのです。
愛情をたくさん与えられて育てられた貧相な家庭よりも
愛を与えられないものとして生まれた豪邸に住む子供の方が
ずっとかわいそうだと思います。

人間関係もつらいでしょう。
自閉してしまって当然です。

でもこう考えてほしいです。
自分はこれから新しい第二の人生を歩むのだと。
もう20後半なんですよね?
自由に生きてみてはいかがですか?
人生は一度きりしかないんです。
それが分かっていればそんな親に迎合や忍耐を自分に強いることなど
まったく必要ないことが分かると思います。

最後に、死んではダメですよ?
多かろうが少なかろうがあなたが死ねば涙を流す人間は必ずいます。
無駄死にしないでください。
あなたが死にたいと思った今日は亡くなった人々がどんなことをしても
生き抜きたいと願っていた今日なのです。
死ぬときはあなたが笑って回りが涙を流す。
そんな最期を迎えて頂きたいものです。

これはあくまで私の考えなのでご参考までに。。。。
失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答して頂いたのに返信が大変遅くなりまして、
申し訳ございません。
生きることに疲れているというのは、正直なところです。
子供の頃から疲れていたと想います。
2,3歳以降の写真の中の私に笑顔をみつけるのは難しいです。
でも、2,3歳までの自分はもしかしたらそれなりに幸せだった
のかもしれませんね。
かわいい笑顔が残っています。

今自分が生きていることが凄いこととは全く思っていません。
ただ死ねなかったから生きている、ただそれだけでしょう。
本当にそれだけだと思います。

親に迎合していることもないかなと思います。
猫がいるから実家にいるというだけです。
自分が飼いだした子なので、最後まで責任をもって飼って
あげなければかわいそうですよね。私にもたれかかって
すやすやと寝ている猫たちの姿をみると、自分の幸せよりも
このこたちの幸せを考えてしまいます。

自由に生きるってどういうことなのでしょうか。
行き先がわからない私にとって、自由に生きるって
どういうことかわからないのです。

お礼日時:2009/09/19 05:52

なるほど。

そうですか。
お父さまもお母さまも
Victim of Circumstances なのかもしれませんよ。
それとなく彼らの生育史を知ってみませんか。

心理学  怒り
心理学  攻撃
で検索して、それぞれの心理学的な意味と
裏側にある感情を知ってみてください。

自然に存在する想念や情念を無理に抑制・抑圧してしまいますと
マイナスのエネルギーとしてインナーに溜め込まれてしまい、
ある日、突然、爆発したり、神経症になるなどして
メンタルヘルスを損なったりしてしまいますので
無理な我慢は避けましょう。それよに、アナタさまの
過去の体験のすべてを Requiem 的な小説に
閉じ込めてしまうほうが救いになるでしょう。
すべてを書き出すことで、忌わしい思い出が脳髄から小説に移り
アタマが軽くなります。
小説のみならず、シナリオ・絵本・童話・寓話を書いてみてください。

アナタさまがハッピーになるコツは、
他の人たちのシアワセに貢献すること。

【付録】
幸せは香水のようなもの。他人にふりかけようとすると、
自分にも2、3滴ふりかかる。
〔 Leo.F.Buscaglia 哲学者・教育学者 『葉っぱのフレディ いのちの旅』
『パラダイスゆき9番バス――「もっと素敵な自分」への出発――』 〕

他人を幸福にするのは香水をふりかけるようなものだ。
ふりかけるときに自分にも数滴はかかる。  〔 ユダヤの格言 〕

むつかしいかもしれませんが
どのような環境でも[勉強の場]
どのような人でも[恩人]と考えることができれば
飛躍する機会は無数にあります。

マイナスの恩人 or
恩人 3タイプ
で検索して、被害者意識から脱出してみてください。

読んでみませんか:
南雲治嘉 『100の悩みに100のデザイン』
梨木香歩 『西の魔女が死んだ』
木藤亜也 『1リットルの涙』 難病と闘い続ける少女亜也の日記
上記『パラダイスゆき9番バス』『葉っぱのフレディ』もお勧めです。

人は不幸な出来事によって不幸になるのではない。
そのことを不幸だと思うから不幸になる。
    〔 ヴィクトール・E・フランクル  医師〕

[被害者意識][抑制・抑圧][我慢]は
[めんどくさい][諦め][不平・不満][無視]etc.と
ともに怒りの表現なのですね。怒りは消滅させましょう。
    • good
    • 0

30代、女性です。


切ないですね。。。。
読んでいて私も苦しくなりました。

うちの場合、父親は家庭に無関心、母親は私に依存という状態でした。
父親が死んでからは、母親の依存がいっそうひどくなり、
「おんぶオバケ」でした。
金銭的にも精神的にも。
自分は一生母親を背負って生きていくのだ、結婚も出来ない、
そういう思いに縛られていましたが、
2年前、結婚することになり母親とは別居。
もちろん母親からは、「私を捨てるのか」と罵られました。

今でも母親のことを考えると気持ち悪くなってきます。
家庭内、親戚間では「いい子」で通っていましたね。。。
時々、そのいい子でいなければならない自分が頭をもたげ、
「自分は母親を捨てたひどい娘なんじゃないか」と思ってしまう自分がいます。
そんな自分に疲れます。

ただ、それでも離れたことで随分と気持ちは楽になりました。

夫も機能不全な家庭に育っており、二人とも、子供を望みません。
自分みたいな子供をこれ以上増やしたくない・・・と思ってしまうのです。
 
0809chibiさん、実家を出ませんか?
顔を見ずに済む、声を聞かずに済む。
「元凶」の空気を感じない場所に住む。
楽ですよ。
もちろんこれが根本解決だとは思いませんが。
猫ちゃんのこともあるでしょうし、なかなか難しいこともあるでしょうけれど。。。。
飼い主あっての動物ですし。(うちも猫を飼っています)
物理的距離をおくことは、自分の心にとても余裕ができますよ。

その上で再びカウンセリングなり自助グループなり
利用してもいいのではないか?と思ったりします。
と、勧めつつも、自分はなんだかそういう気力が起きないんですけどね。
あまり説得力ないですね。すみません。
ちなみに、友人は自助グループに入っていろいろやっています。
元々は看護師ですが、今は心理カウンセラーを目指しています。

友人は私に言います。
「お互い幸せになろうね。」って。
初めて言われた時、「こんな私が幸せになっていいんだ。でも、この状況でどうやって・・・?」と思った記憶があります。
自己評価低いですねー。
でも、今は「幸せになれるかな」ぐらいにステップアップしたかも。

0809chibiさんと私は、家庭の状況は違うけれど、
自己評価、人間関係の構築の仕方など読んでいて共感するところがあったので、思いつくまま書きました。

過去が現在がじゃまをして苦しいけれど、
0809chibiさんも、私も、幸せになる権利があります。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
rutinoさんも大変な人生でしたね。
本当に大変だったと思います。
「おんぶオバケ」という表現からなんとなく想像できます。
私の環境とは違いますが、本当に想像を絶する苦痛だった
と思います。
でもそこから結婚して今は平和に暮らされているのですね。

>「自分は母親を捨てたひどい娘なんじゃないか」と思ってしまう自分がいます。

そんなことは絶対にないですよ。捨てて正解だったと思いますよ!
自分の選択に自信をもってくださいね。

私は嘘をつくのが大嫌いな人間なので、親戚の間、近所の人の間で
さえ「いい子」では通しませんでした。
祖父母の前でさえ、私の人生はあの両親のせいで終わっていると
言っていたような子供でした。
隣のおばさんに、いいな、おばさんの子育ては成功だね!
うちは失敗よ~等と言っていた子供でした。
祖母の葬儀でいつも一緒にいない父親や兄弟、親戚と長時間
いるのが耐えられなくて、葬儀の途中(火葬後の食事会)で
姿を消したこともありました。

今月下の弟が結婚式をあげますが、私は出席を断りました。
同じ空間でいい家族を演じることに耐えられなかったからです。

自分勝手とも思われそうですが・・・。

こうしてせっかく回答を寄せていただいているのに、なかなか
皆様のアドバイスを素直に吸収できないことに申し訳なく感じ
ます。
心がカチカチなのかもしれないですね。

お礼日時:2009/09/19 06:14

No5です。


夫もね、幼稚園時代にも食事を作ってもらえず、机の上にお金が置いてある(50円とか)生活で、小学校にも通うように教わらなかった為、1年生の頃はまるで通っていなかったそうです。

この質問を通じて、夫のように苦しんだ人が沢山居るんだと、改めて実感しました。

先ほどの回答では、まるで私のような伴侶と巡り合ったから、夫が幸せになれたとだけ感じてしまうような書き方になってしまったかもしれませんが、
私達は、夫からとても大きな幸せをもらっているんですよ。

あんなに酷い生活を送っていたにも係わらず、『どうせ俺は・・・』といった自分を卑下するような言動は一切ありませんしね。

あなたにも、育ちの酷さは自分のせいではないんだと分かって欲しいと思います。心底ね。
あなたが幸せを与えてあげれる人が、世の中には居るんだと理解して欲しいと思います。
それは、将来の彼かもしれないし、職場の同僚かもしれない。
近所の子供かもしれないし、友達のお母さんかもしれない。
人って結構ね、自分の分かっていない所でその存在を嬉しく思ってくれる事があるんですよ。

私は、何にも出来ないけど、今はただただあなたを抱きしめてあげたい気持ちです。
お願いだから、どうぞ消えてしまいたいなんて考えないで下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

たびたびお返事くださりありがとうございます。

そしてご心配おかけして申し訳ありません。
見ず知らずの私にかけて頂いた言葉、大事に覚えておきますね。
yl5859さん、これからもどうぞご主人のこと愛してあげてください。
そうしてもらえると、私も嬉しいです。

お礼日時:2009/09/07 16:31

再度投稿させていただきます☆



なんか読んでてますます0809chibiさんのことが近しく思えました。
(そして子どもの虐待なんて掃いて捨てるほどあるんですね…)

私も猫飼ってるんですよ、しかも15歳!
確かに猫ちゃんのことを思ったらお引越しは出来ませんね…。
でも0809chibiさん、そのコを、かわいい・大切な家族だと思える心が0809chibiさんにはあるのだから
きっと、誰かを幸せに、そして自分を幸せにすることが出来ると思いますよ。

私の文章からパワーが感じられましたか? うれしいです♪
以前の私はとにかくマイナス思考でした…。
今もやっぱり気持ちのアップダウンがあるので、落ち込むときはかなり落ちます。
でも今こうやって立っていられるのは、やっぱり親を捨てられたからでしょうか…。
精神的にも捨て、実際に会うこともしなくなったので、これはかなり救いです。

0809chibiさんがもしキモチ的に親を捨てようと思っても、
実際に一緒に住まわれてるので、なかなか私のようにすっぱりと切ることはできないですよね…

私、思うんです。
なんでもプラスマイナスゼロだって。
マイナスばっかりじゃないと。
ず~っとプラスで来ているように見える人でも、人から見えない闇があると思います。
私は親といた頃はすべてマイナス。
だけど、私、そんな負ばかりのまま死にたくない!って思いました。
なんでアイツらばっかり好き放題私をいじめて、なんで私ばっかり泣かなきゃならいの?って。

で、今になってみると、
母親は43歳という若さで病死、年老いた父親は近所に住んでいる娘から見放され、はたから見ればかわいそうな老人です。
ざまぁみろです。(←ひどい?^^;)

なんで私たちは親からいじめられるんでしょうね?
なんでかわいがられなかったんでしょう???
だったら生まれてこなきゃよかった、生きてる意味なんてないって思っちゃうのは確かですね。

弱い者はさらに弱い者をいじめる、っていいますよね。
私たちはまだ子どもで、抵抗するすべもなく、ただされるがままだった…。
でも今は大人になって、誰もいじめてませんよね?
親とは違う人種に育ったんだと思います。
私たちは、自分より弱い誰かをいじめることなんてしない、少し強い人間なんだと思います。

だからきっと、彼らよりは絶対に大きな幸せが待っていると思うんですよ~。
今までのマイナスを取り返すプラスが待ってると。

なんか、なんの根拠もないけど、そう思えるんです。

あとね、私はもともとあまり心臓が丈夫ではないらしく、しかもこの数年体調があまりよくないので
命の期限ってのを感じるようになったんです。
母親が亡くなった年齢にも近づいてるし、あっという間に彼女は亡くなって、人って簡単に死んじゃうんだな~と、私もそういう可能性が高いのかなぁ…と。
だから「ちきしょ~、残りの人生プラスにしてやるぅ!」って思えるのかもです(笑)

それと… 負の連鎖があるように、正の連鎖もあると思います。
ハッピーオーラが出ている人を見て「なんであの子だけ幸せなの?」って思うんじゃなく、
私もあの子みたいになろう、誰かが「幸せになりたい!」って思えるような人になろう、
って考えてみません?(^^)

私は今は、虐待や精神的な病の本やドラマなどは目にしないようにしています。
なんだかんだいっても、まだまだ私にも弱い部分があるので、
そういった真っ暗な波に飲み込まれそうで怖いのです。
だから、なるべく明るくて笑える映画とかを観るようにしています。
もしかしたら幸せな波が私を包んでくれるかも?って思うからです。

0809chibiさん、0809chibiさんはとっても大変な思いをされたし、今でもやっぱり辛いことが多いと思います。
でもきっといいこともやってくるはずです。
月並みな言葉だけど、そう思います。

やっぱり0809chibiさんには幸せになってほしいです。


とりとめのない、そして長文になってしまいました、読んでくれてありがとうです♪
    • good
    • 0

NO.6です。



私の場合、「苦しかった気持ちを吐き出す」というところまでは
できるのですが、その後が難しかったです。
「親も弱い人間なんだ」と思うことも解決には役立ったと思います。
「親に愛されなかった子供の自分を癒す」というのが難しいんです
よね。本によっては「自分で自分を癒しなさい」と書いてあったり
しますが。

>みようと思います。ただ、結婚=勝手に死ねない=恐怖という
>ループも同時に頭の中に存在しているので、難しいところです。

私も逃避願望があった頃は、とにかく何もかも放り出して逃げた
くなったりしたけど、結婚するとそれができなくなるという恐怖
がありました。
親からの精神的呪縛が解けない限りは、地球上どこに逃げたって
一緒なんですけどね。
この世で解決できないまま自殺したら、あの世でも延々苦しむと
いいますし。
子供を持つことに関してはかたくなに拒否してました。
でも幸せになった今、子供に関しては前向きに考えてます。

>普通の両親のもとにさえ生まれていれば、しなくても良かった
>であろう大きな苦労、重荷・・・。ため息しかでないですね。

私は逆に「この親の元に生まれてよかった」と思っています。

(1)失ってから始めて気付く人
(2)手に入らないもの(私の場合、愛)を渇望して、手に入って
喜びを知る

2つのパターンがあるとしたら、私は(2)なんですけど、(1)
の人の場合、失ってから始めて気付くんだからマイナスのままあの
世に帰るかもしれないんですよ。
私はまだ33代だから、これから人生取り戻せたとしてもあと50
年もあるわけで。しかも人の情が有難いから、生きてて楽しいんで
す。

生きてると思いもよらないことがあるかもしれません。
とにかく生きて下さい。
    • good
    • 0

私は暴力ではなくネグレストでした。


洗濯してもらえないとか、明日着る服がないから、汗臭い服を着続けるとか、おなかいっぱいご飯が食べられなかった(貧乏すぎて)とか、ぜんそく発作でくるしくて(息が思うようにすえない)も何日も放置された(大きな病院に行くお金がなかったので)とか色々ありました。
でも、最近思うのは、幸せって自分で作るもんだということです。
親に期待したり、昔の自分を思い出して辛くなったり悩んだりしても、過去は戻らないし、取り返せない。親に反省しろったってそりゃ無理です。
だから、今から自分が幸せになるために、自分なりに人生を楽しんでいけばいいじゃないかと思うんですよ。今から自分が幸せになればいいのです。
私は、楽しい趣味も見つかりました。裁縫です。奥が深くて楽しくて楽しくて。
今は楽しい、面白い事、ストレスが緩和されそうな事等とにかく楽しいことをたくさんしたいなって思っています。もちろん、お金と常識をわきまえた上でです。
楽しいなって思うことができたらそれをとことんやってみたらいいし、気分がすかっとするなって思うことができたらやってみたらいいのですよ。
仕事に生きがいを求めず(生きるための手段としてでもいいじゃないですか)、他で楽しい事をいっぱい見つけましょ?
友人なんて気の合う人が数人いたらそれで十分ですよ。
私も数人だけど、それで大満足ですよ。友人だって思える人がいる・・・幸せでしょ?
私は、大人になってからたくさん食べられるようになって、ちょっとふとっちゃいました。昔はガリガリだったのに。
私の姉は自分が親にされたこと、私が親にされたことと同じ事を、自分の子ども達にしています。
子ども達は、精神的症状が出ています。確かに連鎖しますわ。
でも、私は守ってやるつもりです。
心配でしたら、子どもができたときに、専門のお医者さんに相談してみてはいかがですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

olololol様

レスありがとうございます。
ololololさんもお辛い体験を山のようにされてきたのですね。
それでも、今「幸せって自分で作るもんだ」と思えるように
なられたというのは、私からすると凄いなあと思います。
私はそんなにいい人間にはなれないです。
過去は戻らないし取り返せないし、親に土下座させることも
無理だし、仮にそうされても自分の過去はどうにかなるもので
はないということは、よくわかっているのですが、それでも
納得のいかない自分の過去にしがみついている自分がいると
思います。

正直出来る事なら、こんな苦しみをくれた両親を目一杯痛め
つけてやりたいという思いです。それで私が幸せになること
はないでしょうけど、少しはすっきりするんじゃないかと
気持ちを晴らせるんじゃないかと感じます。

子供は別にほしいとも思わないのです。毎日赤ちゃんに触れる
職場ですが、赤ちゃんはかわいくても、自分の子供をほしい
とは不思議と思いません。
結婚も別にしたいとも思いません。
ただ一人でもよいから何か生きる意味みたいなものが欲しいんだと
感じています。
幼稚園のころから何の為に生きるんだろうと考えてきました。
20代でたどりついた結論は、私たちはただのDNAの乗り物では
ないか、だとしたら死ぬまでの時間は暇つぶしかなと。。

せっかく親切なレスを頂いたのに考え方がネガティブすぎて
本当にすみません。
でも、ololololさんにとってはこの方法が回復されるのに凄く
役だったんですよね。なのでこのレスに興味をもって読んでくれた
他の方にとっては救われる方法なのかもしれないと思います。

>子ども達は、精神的症状が出ています。確かに連鎖しますわ。
>でも、私は守ってやるつもりです。

連鎖してしまいましたか・・・。哀しいですね。
実は私にも甥が一人います。来年には甥か姪が増える予定。
大丈夫かなあと心配です。
ただ私は関わりたくないので、その子達を守ることはないと
思います。ただただそうならないように、願うだけです。

お礼日時:2009/09/07 16:18

わたしも両親とは良い思い出がありません。

両親は妹ばかりをかわいがる偏愛の親でしたから、家族の思い出といえば、両親が妹をかわいがっていることしか記憶にありません。
ただそんなにひどい虐待を受けたという記憶もないので、両親を恨む気持もあまりなくて、なんだか他人のような両親でした。縁が薄かったのですね。
おかげですごくマイペースで、なんでも一人で出来る自立した子供に育ちました。
両親のことは、気にしていません。あなたも早く、ご両親との確執や呪縛から解放されると良いですね。
縁の薄い両親に、何を求めてもしょうがないですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ruru22222さんへ
ご回答ありがとうございます。
うちの両親は私には弟二人がいましたが、そのうち誰かを
偏愛するというタイプではありませんでした。
それぞれが大いに傷つけられたと思います。
すぐ下の弟は中学生高校生と警察沙汰になること数回
下の弟は高校生の頃抑うつ状態でした。
ただ私と違うのは、気がついたら弟二人の考え方はすっかり
両親と同じになっており、今では彼らは両親と同じ世界の
住人になってしまったことです。
よって、下の弟とは以前理解しあえたのに、それが不可能
となりました。

私もかなりマイペースな人間で、人からは自立している人間
だと思われています。
でも、そうならざる得なかったんだと思うのです。
誰かに甘えた記憶がありません。親からかわいいと言われた
ことも一度もないです。

両親とは口もきかず挨拶もしない間柄ですし、彼らに何かを
求めることはとっくに諦めたのですが、かといって自分の
満たされなかった想いをどうにかすることもできず辛いです。

お礼日時:2009/09/05 14:42

私も同じ理由で辛い子供時代を過ごした女性の1人です。


母親は自分に都合の悪い事はとことん叩きのめさなければ気の済まない人でした。
私は幼稚園頃からいつも頭の中に「死にたい」と言う言葉が張り付いていました。
大人になってからうまく人間と付き合えず辛い日々が続いていました。
そんな辛さから脱出したくもがき続けた中で心理学者の加藤諦三さんの著書
「自分にきづく心理学」に出会いました。(加藤さんも親の虐待経験者です)
そこに全ての答えが書いてありました。
・親に愛されず傷つけられて育った人は大人になると人間関係がうまくいかない訳
・親にいじめられて育つ子供(大人も)は学校・社会からいじめられる訳
・人間同士の付き合いが楽しめず疲れてしまう訳
・空気が読めない訳などなど全てが自分にあてはまりました。
そして何よりそんな環境で育ち固く心を閉ざしていた私の心を開き大勢の心暖かい
人達の方へ導いてくれました。それはそれは本当に喜びを感じました。
人間同士の暖かい心の交流を持つ事は幸せです。
精神的・肉体的双方とも虐待は連鎖するもので母も愛の無い家庭で育ちました。
愛されなかった私の子供時代は事実として忘れませんが
その経験を生かしてプラスの方向に持っていけるように生きて行こうと思います。
是非加藤諦三さんの著書「自分にきづく心理学」あと「言いたい事が言えない人」を
読んでごらんになる事をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちはyyknktさん

お返事くださりありがとうございます。
yyknktさんも、かなり私と同じような境遇で育ったのですね。
想像がつきます。
>母親は自分に都合の悪い事はとことん叩きのめさなければ気の済まない人でした。
この部分は本当にそっくりです。
今でも彼女中の基本思想のコレは変わっていないと思います。
相手の言葉や気持ちを受け入れるということが全くもって出来ない人
たちなんですよね。むこうからすればそれは自分の人格の全否定と
捉えてしまうんだろうなと感じていましたが・・。

加藤諦三さんのことは私も知っていて著書を何冊か読んだことは
あります。そしてその鋭い洞察力に感銘を受けたのも事実です。
でもそれはそれという感じで、自分のやるせない気持ちをどうにか
根本的に解決するという方向には残念ながらいたりませんでした。
ただ、加藤諦三さんの考え方は納得のいく部分がとても多いです。

yyknktさんは、この方の著書によって救われたのですね。
それは本当に凄く良かったと想います。私も嬉しくなります。

お礼日時:2009/09/05 14:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q育った家庭に良い思い出がない人の中で、とても結婚願望の強い人と、逆に結

育った家庭に良い思い出がない人の中で、とても結婚願望の強い人と、逆に結婚を避ける人がいます。その違いはどこから生まれるのでしょうか。

私は後者なのですが、結婚しないことにすごく好奇心を持たれたり、嫌味を言われたりして辛いです。それを言われるだけで、気持ちが辛くなり、頭が割れそうに辛くなります。こんなに頑張ってきたのに、どうして生きていてはいけないのかとさえ思います。

周囲にも自然と、家庭環境が悪かった人を引き寄せる面があるのですが、不思議なことに、そういう同志の中にも普通以上に結婚願望が強かったり、子供を欲しがる人がいます。

私は嫌な思いをしたからこそ結婚したくないし、子供に辛い思いをさせたくないから生みたくないし、配偶者はともかく、もう子供や親に責任を持って、家族を維持することにはうんざり。でも逆に、親がアルコール依存症だったり、離婚して傷ついたり、嫌だったからこそ早く結婚したいという人は、どうしてそう思えるのでしょうか?

本人を見ていてもやっぱり性格的な癖ってあるなあと思うし、結果的には似たようなものになると思うんです。夢見ている家庭っていうのも理想が高すぎる気がしていて。

私は家族のために尽力してきて家庭に疲れている頑張りやさんタイプと、家族から愛情をもらえなかったから安らぎたい末っ子タイプの違いかなあと思っているのですが、どうでしょうか。

育った家庭に良い思い出がない人の中で、とても結婚願望の強い人と、逆に結婚を避ける人がいます。その違いはどこから生まれるのでしょうか。

私は後者なのですが、結婚しないことにすごく好奇心を持たれたり、嫌味を言われたりして辛いです。それを言われるだけで、気持ちが辛くなり、頭が割れそうに辛くなります。こんなに頑張ってきたのに、どうして生きていてはいけないのかとさえ思います。

周囲にも自然と、家庭環境が悪かった人を引き寄せる面があるのですが、不思議なことに、そういう同志の中にも普通...続きを読む

Aベストアンサー

お返事をありがとうございます。

>夫と結婚したのは正解でした。

喧嘩もしましたし、「もうダメだ」と泣いたことも何度かありました。
(原因は、若気の至りの意地っ張りでした。些細なことにこだわってしまうのです)
それでも、「夫で良かった」です。

先ず、支え甲斐のある夫だったと思えること。
30代のころ、夫の仕事はとても大変そうでした。
(結果的に、家事と育児はすべて私が行いました。
 まあ、専業主婦ですから当然ですけど)
けれど、40代になってぼつぼつと成果が出てきたので、
これまで応援してきた甲斐がありました。

それから、一度も浮気をされたことがありません。
夫には持病があるので浮気をする余裕がなかったのかもしれませんが、
妻としてはとても嬉しいことです。

また、趣味が一致(読書)しているので、話題に事欠かないところも大きいです。

これからもいろいろあるかも知れませんが、亀の甲より年の功。
反省と配慮が結婚生活に何より大事なことを、この15年で学びました。

未婚と既婚、どちらの生き方にも幸福はあると思います。
私の知人でも、独身を貫いて悠々としている人もいれば、再婚して幸せになった人もいます。
もちろん、家庭環境はさまざまでしたよ。
逆境から奮起した方は少なくありません。

質問者様が、より良い人生を歩まれますように。

お返事をありがとうございます。

>夫と結婚したのは正解でした。

喧嘩もしましたし、「もうダメだ」と泣いたことも何度かありました。
(原因は、若気の至りの意地っ張りでした。些細なことにこだわってしまうのです)
それでも、「夫で良かった」です。

先ず、支え甲斐のある夫だったと思えること。
30代のころ、夫の仕事はとても大変そうでした。
(結果的に、家事と育児はすべて私が行いました。
 まあ、専業主婦ですから当然ですけど)
けれど、40代になってぼつぼつと成果が出てきたので、
これまで...続きを読む

Q家族にいい思い出が全く無いのだが、結婚すべきか(長文)

私は34(男)になります。ちょっと長くなりますが、特に経験者の方居たら教えてください。

私の家庭は離婚型の母子家庭かつ極貧でして生活保護を受けていました。姉が独り居ます。縁者親戚はゼロでした。家庭は最低・サイアクの極めまして、家族に関する「いい思い出」がまるでありません。思い出そうとしても10個も無いのです。常に家に帰らないようにしていた思い出ばかりです。23で家庭が崩壊しまして、その後親には会っていません。姉と一度会いましたが、カネの話になりまして、二度と会う気もありません。
自分で働いて大学は出ました。恋愛は何度もしました。結婚の話も何度もありました。ちゃんとした学歴があるせいもあって、向こうの親は「気にするな」と言ってくれます。結婚はその気になれば出来たと思います。

問題は、我が家系が家庭崩壊を3代続けていることです。精神病理学でも「不幸な家の子は幸せな家庭を作りづらい」とのことで、実際、自分が良い思い出が無いので家庭に期待そのものが無く、最近は結婚しなくてもいいやと思うようになってきました。また、自分の幼少から青年期は家庭に関しては不幸一色で染まっています。子供の幸せを嫉妬するのではないかと不安を覚えます。母も不幸な人だったので、子息の幸せをあの手この手で妨害する人格破綻者だったのもトラウマになっています。なんだか映画の「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のような世界です。

不幸はやはり遺伝するのでしょうか?乗り越えた方って居ますか?ハタから見て、どう思われますでしょうか。たまに、他人に訊いてみたくなります。ご意見いただけますと嬉しく存じます。

私は34(男)になります。ちょっと長くなりますが、特に経験者の方居たら教えてください。

私の家庭は離婚型の母子家庭かつ極貧でして生活保護を受けていました。姉が独り居ます。縁者親戚はゼロでした。家庭は最低・サイアクの極めまして、家族に関する「いい思い出」がまるでありません。思い出そうとしても10個も無いのです。常に家に帰らないようにしていた思い出ばかりです。23で家庭が崩壊しまして、その後親には会っていません。姉と一度会いましたが、カネの話になりまして、二度と会う気もありません...続きを読む

Aベストアンサー

私はごくありふれた家に生まれ、両親と年子の弟の4人家族です。
ですが家族や親類との折り合いが悪く、10歳を過ぎるころから憎み殺意を覚えました。
夜中に包丁を握り締めて立ち尽くしたことが幾度かありました。
家庭・家族といったものに過度の不信感があり、
家庭を築く結婚、引いては結婚にいたる恋愛を一生しないでおこうと16の頃に決意しました。
いま23ですが、この先も家族と会う気もありませんし恋愛もするつもりもありません。

よく、お前は父に似ていると言われたことが原因の一つでもあります。
将来自分は父と同じ人間になるのか、もし結婚して子供が出来れば、私が憎んだように子供も私のことを憎むのか。
そう考えれば考えるほど実現してしまいそうに思います。

「不幸な家の子は幸せな家庭を作りづらい」
これは本当だと思います。欠点や失敗の反面教師として他人を見れても、不幸の反面教師として親は見れません。
不幸は遺伝するというより、子供が幸福という状態を知らない・受け入れらないのではないでしょうか?
このサイトで恋愛に対しての質問を読んでも私にはちんぷんかんぷんなように、
あなたも幸せな家庭を想像できないのではないでしょうか?
人は想像も出来ないことを具現する力はないと思っています。

私はごくありふれた家に生まれ、両親と年子の弟の4人家族です。
ですが家族や親類との折り合いが悪く、10歳を過ぎるころから憎み殺意を覚えました。
夜中に包丁を握り締めて立ち尽くしたことが幾度かありました。
家庭・家族といったものに過度の不信感があり、
家庭を築く結婚、引いては結婚にいたる恋愛を一生しないでおこうと16の頃に決意しました。
いま23ですが、この先も家族と会う気もありませんし恋愛もするつもりもありません。

よく、お前は父に似ていると言われたことが原因の一つでもあります...続きを読む

Q不仲な親、家族不仲で育った子供への影響

幼い頃から両親が不仲、父親の無関心と無干渉、母親の過干渉とヒステリック、幼少の頃から母親から父親の愚痴や悪口を聞かされて育った子供への影響について考えられる事を教えて下さい。

Aベストアンサー

No.1の方のおっしゃる通り「自己肯定感を持てずに育つので自分に自信を持てない、人とのコミュニケーションがとれない等の影響」が大きいです。
親からも愛されずに育つと自分自身がこの世で生きてていい、という自身の根源になるような感情が持ちにくいと思います。



>両親が不仲
自分が悪い子だから両親が喧嘩してると思うがある。そうするといつも周りに気を使い過ぎたり、相手が沈黙すると自分が何か悪いことしたのか?などと思ったりして他人とコミュニケーションが取りづらくなる。

>父親の無関心と無干渉
これは娘の将来の男性観を破壊しやすいかな。父親と同じ年齢くらいの人と結婚する人が多い気がします。(父親を求めてるんでしょうね。)
息子は見本となる父親像が欠ける。

>母親の過干渉とヒステリック
行き過ぎるとまた子どもに影響が…。いつもああしろこうしろと言われると子どもは自分の意見に自信がなくなり、無意識レベルで親が選びそうなものをあたかも自分が選んだかのように考えるようになる。これ日本に多い気がします。

>幼少の頃から母親から父親の愚痴や悪口を聞かされて育った子供
これもよくない。まず子どもは言い返せない。
例えば母親が子どもに父親のことを愚痴っておいて、父親の前では母親が父親に良い顔してたら子どもは混乱しますからねぇ…。「え?あんなにお父さんのこと悪く言ってたのはなんなの?」って感じですよね。しかも、子どもは大人の事情はわからないからなおさら混乱。人を信用できなくなりますね…。


ちょっと語ってしまいました。オーバーな表現もありますし、家族機能が不全な場合一個だけじゃなくていろんな問題が複雑に絡んでるので、どのように影響でるかはわかりません…子どもの素質にもよるし…。

ただ、愛されて幸せに育った人間と明らかな「差」は出ると私は信じています。
子どもはその家族で生きていく為に適応します。歪んだ家族で適応した性格は社会では必要なかったりして苦労することが多いように思います。



臨床の知識がない多くの人は「親のせいにするな、自分さえしっかりしてれば問題ないはず」と言うものかと考えていたので気になりました。

↑こういう人がほとんどじゃないかなぁ。日本は親を悪く言ってはいけない宗教みたいな感じですからね。

No.1の方のおっしゃる通り「自己肯定感を持てずに育つので自分に自信を持てない、人とのコミュニケーションがとれない等の影響」が大きいです。
親からも愛されずに育つと自分自身がこの世で生きてていい、という自身の根源になるような感情が持ちにくいと思います。



>両親が不仲
自分が悪い子だから両親が喧嘩してると思うがある。そうするといつも周りに気を使い過ぎたり、相手が沈黙すると自分が何か悪いことしたのか?などと思ったりして他人とコミュニケーションが取りづらくなる。

>父親の無関心と無干...続きを読む

Q親を大事に思う子、思わない子の違い

親を大事に思う子と、思わない子の違いはどこから生まれるのでしょうか。
大事に思う思わないというとちょっと違うかもしれませんが・・・。
私は、結婚して家を出ても、両親のことが大事で、いつも両親のために何かしてあげたいと思っています。
自然とそういう気持ちがわいてきます。
しかし夫は自分の両親に対してそういう気持ちがわかないんだそうです。
父の日、母の日、誕生日さえも祝ったこともなく、お正月にも実家に帰るのが面倒と言っていました。
息子を合わせてあげるために連れて行こうとも言いません。
今年の父の日には、私から、たまには連れて行ったほうがいいんじゃない?と言っても、結局行かなくていいと行きませんでした。

親に対するこの気持ちの違いってなんなのでしょうか。
私がなんとなく思いついたのは、
1.男女の違い
2.長男長女、それ以外の違い
3.親の育て方、親の振舞い方の違い
4.性格
です。

でも1については、男性でも父の日、母の日、誕生日を祝う方もいらっしゃると思いますし、逆に女性でもしない方もいらっしゃるように思います。
2については、私は長女で、夫は長男ではありません。
私の中では、長女だからいろいろしてあげなくてはという気持ちはまったくないのですが、自分の気づかないところでそういうこともあるのかなと思ったり・・・。
3については、私の両親は、自分のことはいつも後回しで、子供を第一に考える人です。
また子供がやりたいと思う子とは、禁止せずにやらせてくれ、見守ってくれるほうでした。
また、祖父母に対して、旅行に連れて行ってあげたり、お食事に連れて行ってあげたりといつも親孝行的なことをしているのを見てきました。
そういう姿を見て、今まで自分のためにいろいろしてきてくれた両親に対して孝行したいと思うし、祖父母を大事にしていたように私も大事にしたいと思うのです。
夫の父親は、単身赴任で離れていたことがあったり、母親は、自分のやりたいことに夢中で外に出ていることが多く(仕事はしてなかったそうです)、まだ小さい頃なのに、夕食作りは子供たち(全員男性)がローテーションでやらなくてはいけなかったそうです。
ゲームもテレビも禁止されていたので、親がいないときにこっそりテレビをみたり、友達の家に入り浸ってゲームをさせてもらっていたらしいのです。
祖父母は離れて住んでいることもあり、祖父母と旅行に行ったりお食事したりしたこともないそうです。
こういうところから、自分たちがいろいろ親にしてもらったという気持ちが薄れてしまっていたり、親が自分の親に孝行的なことをしていなかったので、そういう考え自体が浮かばないのかなと思いました。
4に関しては、夫はかなりの面倒くさがりなので、自分が楽しければいいらしいので、親がどうであろうといいのかなと思ったり・・・。

将来自分の息子に親孝行して欲しい、とまでは言うわけではありませんが、夫が言っているように、どうでもいいとまで思われるのは少々寂しいです。
性格ということなら仕方ないのかもしれませんが、育て方や親への振る舞いが関係するのであれば、気をつけないといけないなと思いまして(笑)

皆さんのこのような例を聞かせていただけると嬉しいです。
親に関して無関心だけど、こんなふうに育ったらしいとか、そのようなことを。
2や4についても教えてくださると嬉しいです。
すべてが当てはまるとは思っていませんが、たくさんのご意見を聞いてみたくて質問させていただきました。
よろしくお願いいたします。

親を大事に思う子と、思わない子の違いはどこから生まれるのでしょうか。
大事に思う思わないというとちょっと違うかもしれませんが・・・。
私は、結婚して家を出ても、両親のことが大事で、いつも両親のために何かしてあげたいと思っています。
自然とそういう気持ちがわいてきます。
しかし夫は自分の両親に対してそういう気持ちがわかないんだそうです。
父の日、母の日、誕生日さえも祝ったこともなく、お正月にも実家に帰るのが面倒と言っていました。
息子を合わせてあげるために連れて行こうとも言...続きを読む

Aベストアンサー

基本的には、3しか理由はないと思います。

1.
イベントをまめにする人が本当に大事に思っているとは限らないです。
私のように、世間体を気にして行っている人間もいるはずです。

2.
何かの本で、長女は親孝行するタイプと読んだ気がしますが、
出生順序で決まるとはとても思えません・・・。
跡継ぎとして重きを置かれた時代の長男というならわかりますが。
ちなみに、モンゴルでは跡継ぎは末子なんだそうです。
最後まで家に残っているのが末子だからだそうです。
合理的で感心しました~

4.
性格の問題はあるでしょう!
何の理由もなく親にも感謝できないほど傲慢に育ってしまったとなれば、
当然大事になんかしませんよね。
タカリまくって、一生スネ齧っておしまい。

3.
親の子への接し方・育て方、親の生き方、これは絶対影響すると思います。
虐待の被害者である子供が親を大事にしようなどど思えた時は、
ついに狂気に落ちたか、もくは解脱してしまったに違いないです。
残念ながら、まだどちらの境地に至ることができません。

>自分のことはいつも後回しで、子供を第一に考える人です。
親自身の人生の意味を考えられるような客観性が持てる年齢になると
この態度は少し重荷に感じてしまうでしょうが、
幼い頃ならパーフェクトな親御さんだと思います。
>また子供がやりたいと思う子とは、禁止せずにやらせてくれ、見守ってくれるほうでした。
これも素晴らしいですね。
それだけの自制心はなかなかもてないものです。
>親孝行的なことをしているのを見てきました。
全くもって素晴らしいご両親です。
やはり、子は親の鑑なのですね、
ですから質問者さんもご両親を大事に思われるのでしょう。

質問者さんがご自分のご両親を見習うことができ、
また普段から旦那様と互いを尊敬しあう姿をお子さんに示すことができれば、
きっと親孝行な人に育ってくれると思います。

基本的には、3しか理由はないと思います。

1.
イベントをまめにする人が本当に大事に思っているとは限らないです。
私のように、世間体を気にして行っている人間もいるはずです。

2.
何かの本で、長女は親孝行するタイプと読んだ気がしますが、
出生順序で決まるとはとても思えません・・・。
跡継ぎとして重きを置かれた時代の長男というならわかりますが。
ちなみに、モンゴルでは跡継ぎは末子なんだそうです。
最後まで家に残っているのが末子だからだそうです。
合理的で感心しました~

4.
...続きを読む

Q冷え切った夫婦の間で育つ子供

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、まともに取り合おうとしません。大の男が無視なんて・・・とはじめは怒る気持ちもあったのですが、夫に対しては何の感情もありません。
夫のように無視、一緒にいても見もしません。
本当に最悪の環境です。
修復なんて不可能のように思えるし、万に一つも夫と修復の努力をしてみたところで、その先に待っているものなんてあるんだろうかと空しさを感じます。

そんな環境の中、心配なのは、まだ幼い子供たちです。

夫も私も子供たちを愛しているのは変わりないので、子供たちのためだったら、お互い親としてすべき責任をきちんと果たそうと日々努めています。
夫は仕事熱心で、きちんとお金を家に入れてくれて、私と子供たちが生活に困ることなどありませんし、私も母親としてすべきことは、完ぺきとは言えないまでも、子供のことを一番に考えて、最大限の努力をしているつもろいです。
子供の前で罵り合いのけんかなどしません。
これくらいのことは、子供を持った人間なら最低限すべきことだとは思いますが・・・。

こんな冷え切った夫婦の姿を子供たちに平気で見せていることに、ものすごく苦しい思いをしています。子供は両親の関係を見て、いろいろなことを学んでいくと思うのです。夫婦でお互い愛情を持って思いやりながら、家庭を築いている両親を持った子供は、異性を思いやる気持ちを持った優しい人間になるのでは、そうでないうちのような家の子は、ひねくれてまともに愛情を表現できない人間になったり、将来家庭をもっても私たち夫婦のように冷え切った家庭になってしまうのでは・・・などと漠然と不安を感じ、子供たちに対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。

そうはいっても家族が皆で一緒にいれば、私たち夫婦が無視し合っているだけで、私も夫も子供たちとは賑やかにしゃべったり、子供たちも好きなようにふるまって、父親や母親に甘えたり・・・と、今のところは大きな問題になっている様子はありません。
今は子供たちが小さいのでまだ救われているという感じです。

正直何度も離婚を考えていますが、子供たちがまだ小さいこともあり(未就学児)、離婚して、仮に私が子供を引き取っても、再就職も難しく、金銭的に不安なこと、夫が子供を引き取っても仕事をしながら、母親のような世話をするのは困難だろうこと、を思うと離婚に踏み切れないでいます。
夫も今は離婚することは考えていないようです。おそらく子供たちのことを考えてだと思いますが。

何より一番上の子供が、私たちの状況を薄々感じていながらも、お父さんもお母さんも一緒がいいと言います。

それでも、ときどき親の顔色をうかがったり、気を遣ったりしている様子がわかると、こんな小さい子に気を遣わせて、と親として情けなく子供たちがかわいそうになります。

夫にそれを言っても、頭ではわかってはいるでしょうが、私のことが心底嫌だという感情が理性で抑制できないようで、せめて子供たちのまえだけでも普通にふるまうことができそうにもないみたいです。

どうやっても行き場もなく、やりきれない思いで日々過ごしています。
こんな親に育てられた子供たちは不幸になるでしょうか?子供たちに申し訳ないです。
生活が苦しくても、離婚して、親の不仲を見せつけるような今の状況から脱したほうがいいのか、
子供なんてそのうち親から離れていくのだから、夫婦仲が悪く、親としての理想からはかけ離れていても、それまでは不自由なく育ててやるのがいいのか、どちらがいいものなんだろうと悩んでいます。

似たような境遇にある方、私たちのような親に育てられたという方の経験や、ご意見を伺ってみたいです。

夫との仲が破たんしています。

原因はいろいろ。お互いに言い分はありますが、私としては夫婦の間でどちらか一方が悪いということはないと思います。私も悪かったけれど夫も悪い。
いまとなってはどうでもいいことのように思います。

夫はもう私に対して、嫌悪を通り越して無感情といった感じです。言葉も交わさなければ挨拶もなし、目も合わせません。
私も最初はそのような状況に焦り、いろいろ迷ったり、悩みましたが、一年以上そんなことが続いて、もう疲れました。話し合いたくても夫のほうが無視して、ま...続きを読む

Aベストアンサー

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生まれ持った性質だと私は思います。

両親の不仲というものをどう捉えて育って行く子なのかはお子さん自身の力にかかっていると言えます。
食べさせ着せて教育を受けさせてもらえればとりあえず子供は育ちます。
それだけで親の存在価値はあると言って良いわけです。
両親の関係というものが人間形成に大きな影響を及ぼすことは否めないけれど、それでも夫婦協力しあって子供を育てて行くという事には変わりはないものだと思います。

お子さんがこの先いろいろな問題を抱えた時に「やはり夫婦がうまく行ってないからだ」という事に終結することなく、決して諦めず努力して行く態度というのが重要なのではないでしょうか。
昔は非行や不登校は家庭に原因があるものとされてきましたが、近年はそうとばかりは言えません。
何不自由ない家庭で育った子ですら様々な問題を抱えます。
夫婦の不仲を解消できないなら、その逆境のなかでも精一杯子供に向き合って行こうとする姿勢が大事なんじゃないでしょうか。
その結果として結婚を継続するか、離婚を選択するかも答えを出したら良いのじゃないでしょうか。

ご自身も、離婚のネックとなっている経済力にたいしての努力が必要と思います。
その必要があれば離婚という選択肢もある状況を作り出すことです。
離婚できないからしないのでなく、できるけれども選択しない、という状況で結婚を続けることがより健全な家族関係を築ける礎となるのではないでしょうか。
お子さんがある程度大きくなったら社会に出るという準備をすすめてみる事ではないでしょうか。

最後に、夫婦仲が悪い場合、その負担が子供に行く大きな原因となるのが母親の子供への依存です。
お子さんはおそらく両親の不仲を察知して自分が鎹になろうと、離婚を食い止めようと、必死に良い子を演じると思います。
その努力が功を奏して出来の良いお子さんになる可能性も高いでしょう。
そうなると知らずのうちに母親は子供を頼り心のよりどころとし依存してしまうようになります。
これは将来的に本当にお子さんの負担になりますので絶対に避けたいことです。
お子さんを成人させるまでが夫婦の責任と割り切るなら、子供が巣立った後はすっぱりと子離れして自分の老後の生活を確立しましょう。
その心構えを今からできるのなら、仮面夫婦も悪くないのではないでしょうか。

私自身も円満な夫婦に育てられてはおらず両親は熟年離婚しております。
夫の両親は不仲でこそありませんでしたが問題多き親で、早くに親元を離れた夫です。
そんな私達夫婦は、世間様に羨まれるぐらいの家庭を築けたと自負しております。
今年、結婚30年目。反面教師という親も、悪くないものだと思います。

お子さんに、夫婦不仲の影響は必ずあるものだと思います。
ですがそれがどういう形で出るかはケースバイケースでもあり想像できません。
一番はお子さんの生まれ持っての性格、性分によるものが大きいと思いますよ。

忌憚を恐れずに言わせて頂くと、例えばいじめられやすい子というのは間違いなくいます。
何故ならいじめと言うのはされた本人が「いじめ」と感じるか感じないかなんです。
同じことをされても跳ね返したり適当にやり過ごせる子もいれば、そうできない子もいる。
育った環境もあるけれど結局は生ま...続きを読む

Q幼いころから不仲な両親を見続けた人の恋愛観

はじめまして。
20代女性です。

私はものごころついたときから両親が不仲で、母からは「結婚したら楽しいことは終わり」「こどもは好きだけどこどもを作る行為は嫌だった」という言葉を聞いて育ちました。
(両親は私の成人後に離婚しました)

そのためか(自分ではあまり影響をうけていると思いたくないのですが)、男性がこわく(父が怒鳴る姿とかぶるということもあります)、同性の友人のようには心を許すことができません。
男性から好意をもたれたこともあるのですが、受け付けられず、恋人をつくったことのないままきてしまいました。

しかし、きっと世の中には両親の仲が悪いのをみてきても、恋愛ができている人達もいると思います。

そのような人達はどのように恋愛に至っているのでしょうか。

経験者の方に教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

20代ならまだ迷ってる時期かもしれませんね。

私も両親が不仲で、結婚に対して夢なんてありませんでしたよ。
男性に対しては、
「男というのはみんな命令口調でモノを言うからキライ」。
しかも、
「父親に愛されなかった自分が男性に愛されるのだろうか?」
という不安と自信のなさもありました。

なので、20代の最初の頃には、「旦那はいらないけど子供だけは欲しい」と本気で言って。
当然、彼氏なんてできませんでした。

それが25歳も近くなってからは「一人じゃ寂しい・・」と思うようになったんです。ほんとに寂しくて辛くて・・・。

なので、来る男性は拒まずに付き合いました。
ただ、相手に嫌われるんじゃないかという不安があるとダメですね。
言いたいことも言わずに我慢するから相手がどんどんワガママになる。都合のいい女みたいになってしまう・・
結局、最後は耐え切れなくなって自分から別れてしまって・・・
ますます男性に失望して。

でも、私も馬鹿じゃないんで。学習しましたよ。
相手の男性に何を求めるか、それがはっきりしてきたのです。

つまり・・・
・自分と対等の立場で話しができる。
・気が合う。だから無理をしなくても会話が続く。
・自分と価値観が同じ。面白いと思うもの、正しい、間違ってると思うことが同じ。だから安心できる。
・自分と同じで、あまたの痛い問題から逃げずに立ち向かって行こうとする人。事実から逃げない人。
たとえ周囲を敵にまわしても動じない人。
・親から自立している。親と適度に距離を保てる人。
・何よりも親友になれること。
相手を思いやる気持ちがあり、相手のことを考えようと努力できる人。

以上の条件が全てあてはまる男性を見つけよう!
もちろん最初は出会えるとは思ってませんでした。
でも・・・いるんですね。

努力のかいあって・・・見つけましたよ。
その時にはお互いに30歳を過ぎてましたが・・・
出会って話をした瞬間にわかりました。

「あ、それ、今私も言おうと思ってた!」
ということが何度もあって、「この人、私と似てる・・この人ならうまくいく!」
育った環境は真反対なのに、価値観や大切だと思うことが同じなんです。

どんな家庭で育つかは人によって違うでしょう。親から教えられることも違います。
でも、「これが正しい」という価値観が同じなら、「生きる姿勢」が同じなら、育った環境が違っても似たような性格になっていくのかもしれません。

なので、探してくださいね。強く求めれば必ず出会えます。
自分が「正しい」と思うことに共感し、それを実現しようと一緒に協力して家庭を作ってくれる男性が・・・

20代ならまだ迷ってる時期かもしれませんね。

私も両親が不仲で、結婚に対して夢なんてありませんでしたよ。
男性に対しては、
「男というのはみんな命令口調でモノを言うからキライ」。
しかも、
「父親に愛されなかった自分が男性に愛されるのだろうか?」
という不安と自信のなさもありました。

なので、20代の最初の頃には、「旦那はいらないけど子供だけは欲しい」と本気で言って。
当然、彼氏なんてできませんでした。

それが25歳も近くなってからは「一人じゃ寂しい・・」と思うよう...続きを読む

Q親が嫌いなのはおかしいですか?

30代の既婚者です。
子供の頃から親が理由もなく嫌いです。
特に母親が嫌いが半端なく高校卒業と同時に家を飛び出し、それからは別に暮らしてます。

両親は私が高校生のときに離婚しているんですが、虐待されたとか不自由な思いをしたこともありませんし、そもそも物心ついたころから何をされるでもなく嫌いです。

なんでもないような会話でもイライラしてきて、声も聞きたくない顔も見たくなく2時間も一緒に居ると訳もなく喧嘩になります。

私の悩みは思春期によくある、口うるさい親との接し方が分からない反抗する子供だと言われ、なんとか大人になろうと向き合いましたが、
精神的に参ってしまい精神科の治療も受けるハメになってしまいました。

なにをしてもどうにもならず最終的に医師からは、母親が私に会いたくなっても会いに行けない遠く遠くにあなたが行くしかないねと言われました。

母親は私の事を心配し連絡をよくしてきたりしますが、関わりたくないあまり一年以上電話に出ず、住所も教えずにしていたら捜索願を出されました。

大好きだった祖母の葬式にも母が来るので行けませんでした。
結婚式も親を呼びたくないので挙げていません。

この気持ちを誰も理解してくれないことに困っています。

相談すると血の繋がった親なんだから大事に出来ないのはおかしい、育ててもらった恩を…など言われます。

主人にも主人のご両親にも親と仲が良くなく疎遠であることは伝えていました。

現在私の体調があまり良くなく休職し通院をしています。
主人に毎日看病や毎回の通院に着いてきてもらう訳にもいかず、悩んでいると自分の親を何故頼らないのか?と聞かれました。

結婚前に親とのことを散々説明したのにまた確認され、そんなのおかしい!親子なのに!と怒られました。

義母には30代でも子供は子供で家族なんだから病気なら支える義務がある。あなたが可哀想と言われました。

主人も義母も、私と私の家族のために向き会う機会を増やさなくてはダメだ、あえて通院を助けないと言われました。

もうどうすればいいのかわかりません。
他人なら縁を切ればそれまでですが、母親だとそうもいかず強い拒否反応が出てどうしようもありません。

良い解決策があれば教えてください。

30代の既婚者です。
子供の頃から親が理由もなく嫌いです。
特に母親が嫌いが半端なく高校卒業と同時に家を飛び出し、それからは別に暮らしてます。

両親は私が高校生のときに離婚しているんですが、虐待されたとか不自由な思いをしたこともありませんし、そもそも物心ついたころから何をされるでもなく嫌いです。

なんでもないような会話でもイライラしてきて、声も聞きたくない顔も見たくなく2時間も一緒に居ると訳もなく喧嘩になります。

私の悩みは思春期によくある、口うるさい親との接し方が分か...続きを読む

Aベストアンサー

似ているようでちょっと違う状況なのですが、参考になればと思い回答させて頂きますね。
私も質問者さんと同じ、30代の既婚女性です。
私の場合はずっと親との折り合いが悪く、成人を機に絶縁して以来まったく連絡を取っていません。

>相談すると血の繋がった親なんだから大事に出来ないのはおかしい、育ててもらった恩を…など言われます。

そうなんですよね、誰に相談しても同じような回答が返ってきますよね。
私も結婚前に散々、夫に相談したにも関わらず結婚するときは大層揉めました。
このあたりの事情は普通の家庭に育った人にはなかなか理解し難いのだと思います。

>他人なら縁を切ればそれまでですが、母親だとそうもいかず

いいえ。縁を切っても大丈夫だと私は思いますよ。
親と言えど、自分とは異なる一人の人間です。
人間同士ですから気が合う、合わないは必ずあります。他人であれば気が合わないという理由で疎遠になることは誰にだって当然なのに、それが親になると認められなくなるのは不思議だと思いませんか?

実のお母様には手紙を書いてみるといいかもしれません。対面だとどうしても感情的になってしまいますからね。文章にしてみることがおすすめです。
どうしてもあなたが苦手であること。可能であればもう関わりたくないこと。そういった思いのたけを素直に綴ってなるべく会うことがなくなるように働きかけましょう。

ご主人やお義母様は「あなたがおかしい!」と怒っていらっしゃるようですが、そこで萎縮せず毅然とした態度をとるように頑張ってみてください。
「私と、私の家族が向き合う必要を私は必要としていません。共感してくれとは言いませんがそれを理解してください」と。
あなたがたの考えと私の考えは違うのだ、ということは明確に主張する必要があります。自分にとっての当たり前は他人にとってそうでないということを私達は忘れがちです。多様性を容認してもらえるよう(難しいかもしれませんが気長に)ご家族を説得してみてください。

>義母には30代でも子供は子供で家族なんだから病気なら支える義務がある。あなたが可哀想と言われました

それはお義母様の”持論”でしかありません。あなたがそれに従う理由も義務もないはずですし、可哀想なんて一方的な判断で同情をなげかけるのはむしろ失礼です。
気をつけて欲しいのはこういう言葉を聞いて「そうか、私は可哀想なんだ」と思わないことです。
被害者意識は簡単に芽生えますが、取り除くことがとても難しいです。
しかもどんどん大きくなると「私はこんなに不幸なのに誰も助けてくれない!」と悪い方向に考えが向かってしまいます。
あなたは可哀想な人ではありません。ご主人やお義母様とちょっと違う境遇に生まれ育っただけです。

最後に、少し厳しいことを申し上げますが自分を助けられるのは自分自身だけです。
通院のことはとても大変だと思いますが、ご主人やその家族に助けを乞えないし実の親も頼れない場合は自分で何とかするしかありません。もちろんそれにだって限度があるでしょう。
ですが、自分の理由で実の両親を頼らないと決めた以上、あなたに出来ることはご主人を説得するか、第三者やサービスを利用することぐらいしかないと思います。
残酷ですが今の社会では誰にも理解されない意地をそれでも通したいと思ったときは、自分自身が頑張るしかないのです。
あなたを幸せに出来るのはあなただけです。
頑張ってください、自分の為に。
心のそこから応援しています。

似ているようでちょっと違う状況なのですが、参考になればと思い回答させて頂きますね。
私も質問者さんと同じ、30代の既婚女性です。
私の場合はずっと親との折り合いが悪く、成人を機に絶縁して以来まったく連絡を取っていません。

>相談すると血の繋がった親なんだから大事に出来ないのはおかしい、育ててもらった恩を…など言われます。

そうなんですよね、誰に相談しても同じような回答が返ってきますよね。
私も結婚前に散々、夫に相談したにも関わらず結婚するときは大層揉めました。
このあたり...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q愛情不足な環境で育った人間はどう成長するか。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかった...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所...続きを読む

Q片親に育てられた子供は両親そろっている子と「何か違う」の?子をもつもたない関係なく意見を聞きたい。

以前どなたかの質問の回答を読んでいたときに目に入ってきた文なのですが。死別は別とし離婚・未婚で片親に育てられた子供は幼稚園、小学校、、、などで他の子達(両親揃っている家庭で育った子達)とくらべ何が違うのでしょうか?
最近ではたとえ両親がいる家庭にいても家に帰らない子や親を殺す子、燃やす子、、沢山の事件で子供を持つ親は色々な情報に迷わされてしまう世の中です。「この子育てが1番正しい!」というのは無いと思います。接する時間が短くても子に愛情が無い親も居ません(虐待する人は論外ですが)大人の都合で親が1人・・・子供には何の責任もありません。何があっても守ってやりますが、「何か違う」という感覚は何、と思い質問しました。私自身シングルマザーです。きっとシングルM/Fの人の参考になると思います。こちらが良い気がしないご返答でも結構なのでお聞かせください。

Aベストアンサー

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるということが難しいようですね。働いているのでどうしても時間が足りず、叱りつけるだけのしつけ+おとなしくさせるために、おやつやおもちゃなどのモノで釣るなどの傾向があります。)

例えば、両親がそろっている子の家は夕方6時ごろ夕食としますよね。
それならばその家に遊びに来ている子供は普通は5時くらいには家に帰ります。
休みの日の朝は通常なら7~8時ごろ朝ごはんですよね。そうすると友達は早くとも10時くらいに遊びに来ますよね。
が、片親の子供たちは、人の家で夕飯が始まろうとも帰らないし、朝は9時前から遊びに来たり。
親がそれを止めようとせず、「私は仕事だから●●ちゃんの家にでも行って遊んでおいで」と相手の家の都合も考えず子供を外へ出してしまったり・・・。

他には、友達の家に遊びに行くと、友達の親に対して、自分のことばかり見て!!というような態度で接し、子供同士で遊ばずに友達の親にばかり話しかけてきたりと、いまいち子供同士で遊んでいられない感じでした。

最近体験したものを2つほどかきました。
で、本題なのですが、世の中にはこの子みたいな子ばかりではなく、ほんといいこもたくさんいます。
でもなぜか、一つでもその子供やその親に落ち度があるとすぐに「やっぱり片親だから」と言われてしまうのです。
似た事例で連れ子の場合もそうです。「あの子は釣れ子だし」「親が離婚しているし」とか言われてしまいます。
人間って不思議なもので、差別の対象を見つけて差別しないと気が済まないというか生きていけなというかコミュニケーションが取れないというか・・・。
差別なんてしてない!とお思いの方でも、どこかでなにかしらを差別しているんです。
片親の子供というのは格好の的になってしまいます、気の毒ですが・・・。

そしてそういうのを知った片親の方はどういう行動に出るかというと、そういうことを言われていると知っている親は、「子供にみじめな思いをさせたくない」や「不自由なんてさせてない」と周りに主張したいがために、必要以上にものを与えたり、甘やかしたり、子供同士でいざこざがあった場合、親がしゃしゃり出て「うちの子がいったい何をしたの!」と言わんばかりに必要以上にかばう・・。
もちろんそうでない方もいらっしゃいます。
なので、最初に書いた人それぞれ・・に戻ってしまうのですが。

いろいろ書きましたが、何が違うかというと、やはり周りからの印象でしょうね。勝手に周りから枠に入れられてしまい、決めつけられてしまうのだと思います。
残念なことですが、世間的信用も両親がそろっているところより低いと思います。

とても気に障ることをズケズケと書いて申し訳ございません。
正直な話、私も差別しなければ気が済まない一人の人間だと思っています。もちろんそういう気持を極力周りに知られないように努力してはいますが、敏感な子にはわかるかもしれませんね。

あ、そうだ。片親の子は敏感な感情の持ち主が多いですよ。
時々かわいそうだな・・と思うくらい気を使ってくれる子がいます。
そういう子を見ると気の毒だなと思います(ぬ;これも差別しているのかも)

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるという...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング