私は4月から社会人になる者です。
会社から誓約書が送られてきて入社日にサインして提出しなければならないのですが、誓約書の内容の一つに次のようなことが書いてありました。

「定められた1ヶ月間の設備期間は選考の期間であることを了承し、
業務に対する適正如何によっては、この間に採用を取り消すことがあっても依存ありません」

1ヶ月間という短い期間で適正が「ある」「ない」とはどのよう判定されてしまうのでしょうか?
私自身、やる気はありますが、1ヶ月では先輩方と同じくらい仕事が出来るようにはならないと思いますし、職種によっても得意、不得意があると思うのですが。
友達なんかは、遅刻、欠席や、刑事事件等を起こして会社に迷惑をかけなければ大丈夫と言っていますが、この「適正」とはどのような事を指しているのでしょうか?
よろしくお願いします

A 回答 (3件)

試用期間と言われるもので、一般的な制度です。

中途採用やヘッドハンティングなどある程度、様子がわかっている場合は適用しない場合もありますし、期間も決まってはいませんが、3ヶ月が多いようです。

試用期間が終ったからと言って先輩と同じと言うわけには行かないと言うのは仰る通り、CK POINTは単にスキルではなく勤怠(遅刻の常習犯とか病気がちとか)もCKしますし、社会人としての一般的なルールに適応出来るかとかを見ています。私の今の職場では3ヶ月の社員試用期間が終る前に本人と面談をしますが、一度「やっぱり自分はサラリーマンは駄目だ!」と言ってやめて行った人がいました。会社から「あなた駄目!」といわれることはまずありません。それこそ事件を起こすとかなけらば大丈夫です。

あまり深く気にせずに、頑張れば大丈夫!
21世紀最初の社会人。頑張れ!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございました。心がスーッと晴れた感じがします。
4月から精一杯がんばってみます。

お礼日時:2001/03/16 22:36

ハローワーク職員です。


予告解雇手当等についてはハローワークは門外漢ですが、日常的によくご質問のある内容ですので、「専門家」で入らせていただきます。


入社されます先に大変失礼かと思いますが、これはおそらく、予告解雇手当を支給しないためのものではないかと思われます。
労働者保護の意味からも、解雇を言い渡す際は30日前に行わなければならず、もし30日切ってしまっていましたら、その分の賃金を払わなければなりません。
その為、「選考の期間」すなわち先のお2人が回答されておられます「試用期間」を設け、この間に先様がkazuhakaseさんに「合わないから○月○日付で辞めてください」と申し渡されました時にこの手当を支払わなくても良いようにされておられるのではないかと思われます。
確かに、クレーマー(?)的な労働者が、「試用期間とはいえ会社都合の離職なので、解雇日までの解雇手当を払ってください」と言えなくはありませんので、法的には概ね2週間程度は試用期間を認めております。
ですから、適正の有無を厳密に判定するのだ、と言うのではないように思われます。

「適正」につきましては、お友達ご指摘の範疇も勿論ですが、扱っている商品がアレルギーを起こす、匂い・光・高低温度が体質的に合わない、等々も、広く取られるかと思います。
ですので、勤勉かつ楽しく仕事をされる方には、不適正という判定はなされないかと思いますので、入社の日をどうぞお楽しみになさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。誓約書もきちんと目を通さないと駄目ですね。
そのような意図があるなんて知りませんでした。今回相談してみて自分にとってプラスになりました。4月からがんばります。

お礼日時:2001/03/16 22:38

あなたも会社も、やってみて初めてわかることがあると思います。

そのときに、キッパリと切れるように、ということですね。試用期間は、どの会社にもありますが、3か月が一般的です。1か月というのは、かえって良心的なのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに就職活動をしていると試用期間が3ヶ月という所が多かったです。
ご丁寧にありがとうございました。4月からがんばります。

お礼日時:2001/03/16 22:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期間を定めた職員の雇用契約書

上司から、定年をすぎた職員は、期間を定めた雇用形態に切り替えると言われ、雇用契約書を作成しなければなりません。
雇用形態は下記のとおりです。

・待遇は正職員と全く同じ。賞与、昇給、各種保険あり。
・契約は1年更新とする。

この場合は、「嘱託職員」という名目でいいのでしょうか?「契約社員」だと意味合いが変わるのでしょうか?
今までこういう形態の職員はいなかったため、新しく取り入れるのですが、就業規則の変更届出も必要ですか?

また、嘱託職員ではなく、パート職員とすると、書類の取り扱いや就業規則上の扱いとかはどのように変わりますか?

どなたかご教示ください。

Aベストアンサー

 「契約社員」とか「嘱託職員」という名称は、便宜的な名称であり、法的根拠はありません。
 労働法や社会保険などでは「期間に定めのない雇用」(一般的に呼ばれる正社員)と「期間に定めのある雇用」(同様に契約社員など)となり、本来どちらも正社員です。

 就業規則については、会社により内容が違うので一概に言えませんが、この職員の名称を変更したなら、その名称が含まれる関連項目については、労働協約等を含め修正をしなければならないでしょう。

 また、就業規則の変更は、過半数で組織する労働組合(労働者の過半数代表)の意見を聞かなければならず、意見書を就業規則に添付して届けることとなってます。
 なお、意見は聞くだけでよく、同意する必要はありません。(実際の各企業が全てこれを律儀に行っているかどうかは別です)

 「パート職員」という表現も便宜的で、いわゆる正社員に対して労働時間の短い「短時間労働者」という表現になります。労働時間が変わらなければ、パート職員というのはどうかな?と思います。

 ですから、待遇が変わらなければ、年齢により雇用保険が、一般保険者から、高齢者継続被保険者に変わるなどありますが、60才くらいで契約を更新し、1年以上雇用する予定があれば取り扱いはほとんど変わらないと思います。

 「契約社員」とか「嘱託職員」という名称は、便宜的な名称であり、法的根拠はありません。
 労働法や社会保険などでは「期間に定めのない雇用」(一般的に呼ばれる正社員)と「期間に定めのある雇用」(同様に契約社員など)となり、本来どちらも正社員です。

 就業規則については、会社により内容が違うので一概に言えませんが、この職員の名称を変更したなら、その名称が含まれる関連項目については、労働協約等を含め修正をしなければならないでしょう。

 また、就業規則の変更は、過半数で組織す...続きを読む

Qハローワークの求人票の雇用期間の定めあり について

契約更新可能性の有無が 「あり」と記載されてますが これは 簡単に切られてしまうこともあるのでしょうか。普通に仕事してても いつ終わりになるか わからないのでしょうか。派遣ではないけど 派遣のようなものなのでしょうか。

Aベストアンサー

>雇用期間の定めあり について
 ・契約書で雇用期間の記載があること
  例:2/1~7/31の6ヶ月間の契約であること
 ・雇用期間が○ヶ月とかで決まっている事です
>契約更新可能性の有無が 「あり」と記載されてますが
 ・○ヶ月後に契約が切れるわけですが、契約が更新される可能性がありますの意味
 ・また、事情により契約が更新されない場合もありますの意味
 ・更新されて継続して働けるかも知れないし、更新されずに契約終了で退職に成るかもしれないと言うことです(貴方の働き方と、その時の会社の状況によります)

Q適正検査(性格検査)の結果は、どのくらいの期間で企業側に回答くるものでしょうか?

適正検査(性格検査)の結果は、どのくらいの期間で企業側に回答くるものでしょうか?

Aベストアンサー

検査機関によります。
早ければ1週間、遅くても1カ月程度です。

Qボーナス ○ヶ月分

馬鹿みたいな質問かもしれませんが教えて下さい

よく「賞与年2回 4ヶ月分」とかってありますよね
この場合、基本給が例えば15万円だとしたら

15万×4(ヶ月)=60万
60万÷2(回)=30万

となって、結局1回の賞与でもらえるのは30万円になるって解釈で間違いないですよね?

Aベストアンサー

回答を纏めてしまう形になりますが…

<賞与年2回 4ヶ月分
基本給×4ヶ月が年間賞与で、夏冬の配分は分りません。
夏が多い会社もありますし、冬が多い会社もあります。
また、扶養家族や資格がある場合
(基本給+扶養家族手当+資格手当)×4ヶ月
という会社もあります。

年間賞与4ヶ月は、あくまで社員の平均値です。
新卒はそこまでもらえないでしょうし、上の人間はもっと貰うでしょう。

ちなみに手取りになると、2割程度ひかれます。
*額面30万なら、手取り24万程度

Q退職後と入社日の間の期間が2週間です

はじめまして。来月の5日付で現在いる会社を退社し
21日より次の会社へ入社する場合ですが
2週間程度の空白期間で健康保険証?など
行政機関でやっておかなければならない手続き等
ありましたら教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

原則としては、退社後市区町村役所の、国民健康保険や国民年金を取る扱っている窓口で、国民健康保険の被保険者や、国民年金の第1号被保険者になる手続きをする必要があると思います。
万が一21日までの間に、急病で病院にかかった時、無保険だったら窓口での支払いが全部自己負担になりますし、
また21日までの間に、事故などで障害者になってしまった場合、年金が支給されないということになりかねないからです。

しかし、実際には、21日から職場の保険に入られるので国民年金については、職場の厚生年金に入ったこと、健康保険については職場の健康保険に入ったことを21日以降に知らせれば、
国民健康保険、国民年金とも保険料は取られません。

よって、やるべきことは職場の保険から抜けた後一時的に国保と国民年金の被保険者になる手続きを、窓口でするだけだと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報