50人教室の人数が80人になったとして先生や学校の負担がどう増えるというんでしょうか。
ほとんどの学部は9割がた座学しかしないはずです。
かりに1教室に入りきらなかったとして今はカメラやビデオやテレビがあります。
何万円至急とか年収何万円増えますとかいわれても物価が変われば100円の価値も変わります。
無償化はその点わかりやすい。全面無料。入学試験に合格した人間に学生証入校許可証を手渡す。
何で学費を無償化できないのでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

ご質問者が、全面無償化を希望されているのなら、基本的には賛成です。


無償化出来ない理由は、進学しない人たちとの差別が起こるからです。

労働年齢に達していて働いていない人の面倒を社会が見るための「理由付け」が必要です。

なお、大学の進学率は日本は世界(OECD参加国)の中でほぼ最下位です。大学全入という実態は進学希望者が全員入学できるという意味ではなく、お金のあるなしで選別されているに過ぎません。
進学をあきらめている人の半数が学費が主な理由で、学力ではありません。なので、無償化した上で、入試で合否を決めると、レベルは今以上に上がると思います。
実際、模試に関わっていると目の当たりにしますが、看護学校志望者で、慶應や早稲田A判定クラスの成績をたたき出している人はザラにいるのが実態です。

昔は国立大と私立大には学費の差が歴然とありました。5教科を高校で勉強せずに私学に進学させた人たちが不公平だと言い出して、国立大の学費はかつての何倍にもなっています。不公平是正が、学費高騰とつながってしまっています。

研究助成ではなく、教育への助成としては、現状では私立大の方が学生1人当たりの国からの助成金を多くもらっています。このお金を私学が何に使っているのか、ちょっと疑問です。
個人的には、まずは、国立大を無償化して、門戸を大きく開放すべきかと思います。(私学にまで手を出したら共産主義ですし。。。)
東京大は今での事実上、学費なしですが(平均所得以下の場合)、東京大は親の所得が総合大学中一番高いので、この大学だけを相手にしてもダメです。
国立大の独立法人化を止めて、まずはここからではないでしょうか。
    • good
    • 5

高校・大学の多額の費用を国が個人に支給するのに、学力レベルだけで支給される人されない人を決めるというのは、不公平感が出ておかしくないと思います。



もともと義務教育でないものに国がお金を払う必要があるのかどうかも疑問です。職業の中には高校、大学卒業ほどの学力の必要がないものがたくさんあります。それを個人が学力を求められるタイプの職業に就こうとするために高校、大学進学を希望するのですから、それは個人が負担するべきではありませんか?もし高校レベルの学力が基本的な生活に必要というのなら別ですが、それならば高校を義務教育にするべきだということになります。家庭の事情などによって、高校、大学の費用が出せないということなら、銀行などがもっと学費の為のお金を借りやすくして、卒業、就職した後返していけるようなシステムを作ることが先決だと思います。

ただ、高い学力が後には国の財産となりうることももちろんありますから、高校、大学に進学する人の中から特に高い学力を持つ生徒に対して国が支援することは賛成です。
    • good
    • 1

全員入学=全員卒業という前提を付けること自体が問題だと思いますが。

平等というのは機会平等という形で考える。その上で、規定された学力を示した者を進級対象者とすれば良いと思います。義務教育ではないので、複数回(二回にするか三回にするかは議論の余地があります)落第した時点で強制退学にすれば良いだけの話。

それは「あなたは勉強の分野では十分な成果をあげられませんでした。他の分野で頑張ってください」という意味です。高校生・大学生で在学しながらバイトに精を出している人を良く見かけますが、遊びに使う金を稼いでいるだけなら、在学する必要はありません。「入学したら誰でも卒業できる」現行制度がそうした甘えを生み出している土壌になっています。

学問が必要ない職種・職場でも新卒採用を考えるというのもアホです。実務レベルでは、よほど専門学校で実務訓練をしてきた方がレベルが上でしょう。それでも四大卒にこだわる、そういう企業体制も変える必要があります。

社会に出て、いろいろ経験を積んだ上で、「やっぱり学問をしたい」と思えば、大検を取って、全入の大学に入れば良いのです。しかし、それでも単位を落とせば強制中退の可能性はある。「本当に学問をしたいのか」「学問に携わるレベルに自分が居るのか」ということは常に考えておく必要があり、常に学問界からも突きつけられる必要があるのです。

これは高校・大学側にも言えることで、いわゆる三流高校や三流大学などと言われるような「規定学問レベルを提供できない高校・大学」は廃止されるべきです。教授や教諭は、自分自身の学問レベルを維持・更新していくことを要求され、それを提供できない場合には換えられてしかるべきでしょう。ただ、基礎研究や人文系など、短期間での成果にこだわらない必要もあります。(横並び・一律の大好きな日本では難しそうですが) そうしたレベル評価の難しさも出てきます。

「皆が同じ行動をする」ということの異常性を社会的に周知できるかどうかが肝心でしょう。

無償化を進めていくための改革点は以上でしょうか。今の状況ではかなり難しいでしょう。
    • good
    • 4

>50人教室の人数が80人になったとして先生や学校の負担がどう増えるというんでしょうか。


→教科書や生徒が使うPC等の費用がかかるのでは?
→あなたの論理でその50人は学費を払っていて追加の30人を「無料」にしないと成り立たないようなきがするのですが・・・
>かりに1教室に入りきらなかったとして今はカメラやビデオやテレビがあります。
→その カメラやビデオ 質問をするためのネット環境は誰が用意するの?
>何万円至急とか年収何万円増えますとかいわれても物価が変われば100円の価値も変わります。
→今の大学も物価にあわせた学費になっているかと思われます。
今の物価が2倍になれば学費も2倍になると思います。
>無償化はその点わかりやすい。全面無料。入学試験に合格した人間に学生証入校許可証を手渡す。
→だれが手渡すのですか?市役所の人が渡すの?大学の職員さんの給料ってどうするの?

お金の問題であれば育英会があるのですが、なぜ無料にこだわるのでしょうか?
    • good
    • 0

もし高校が無料になったら、当然そのお金は税金でまかなう事になるでしょうから、全ての人が平等にその権利を受けられるように、全ての人が自由に高校に行けるようになるのではないでしょうか。

入学試験のみでその権利が剥奪されるのはかなりの不平等感がでるのではないかと思います。

もし全ての15歳の人が高校に行けるようになった場合、本来学力がなく入試で落ちて高校に入れないような人でもどこかの高校に行くことになりますが、当然全体の学力レベルは落ちてしまいます。
さらに高校は毎年入学させる人数だけ卒業させないとパンクしてしまいますから、生徒の実績には関わらず、卒業させようとします。進級できないような授業態度、学力にもかかわらず学校側としては生徒を留まらせるわけにはいかないので、進級させるでしょう。万が一それで学校を追い出されても高校に行ける権利があるのでどこかの高校で受け入れてもらうことになります。

そうなると勉強しないと入学、進級、卒業できないという危機感はありませんので、学生は勉強する意欲がなくなるでしょうし、授業に出席する事自体も重要であると思わないでしょう。
最終的には高校卒業などは無意味な物になるのだと思います。 

実際カナダのBC州の高校はそういう風潮にあると見受けられます。カナダのBC州の公立学校(18歳まで)は無料です。(他の州の高校は知りません)
    • good
    • 0

 高等教育の本来の姿を、改めて考える時期に来たようです。

高校、大学の卒業生の程度の悪さは、教育が身についていない証拠です。正に無駄な税金を使っています。実質的には失業対策と同じで、卒業資格を得られない成績でも大量に卒業させられる、無能者生産産業の様です。

 職業訓練学校を整備して、身についていない高等教育の卒業資格なんて紙くずにするべきでしょう。正社員を多くしようなんて考えても、どんどん退職して行く気構えは、なんとも情けない限りです。このような卒業生を生むシステムは、改めるべきで、授業料無料なんてとんでもありません。
    • good
    • 0

運営方法に問題があるから。



それに海外が優秀と言うわけでもないです。
ドラッグで問題がありますしね。
今でも日本の高校・大学には革命運動家やカルト教団が入り込んでいますから無償化は難しいと思いますけどね。

金を見ることも大事ですが、学校にはいかがわしい関係者も多く混ざっている事を見ることも忘れないでくださいね。
    • good
    • 1

義務教育じゃないのでいらないのでしょう。

進学するお金がないなら働いてお金を貯めてから進学すればいいでしょう。
    • good
    • 1

義務教育じゃないからです。

無償化してしまうと、結局税金で賄う事に
なり、無関係な人間からの徴収分の方が多くなりますので、公平な税制
とは言えないでしょう。
    • good
    • 1

日本政府、そして日本国民が長期的なものの考え方をできないからです。

その時その時の対処療法的な政治が中心となり、予算も単年度、学問は経済振興の意味でしか捉えられていません。文教予算もお粗末。教育政策の本当の効果が表れてくるのは10年後20年後あるいは50年後先のことです。今、それだけの出費を国庫から賄ったとして、そして賄い続けたとして、効果が表れてくるのは50年後だとして、それだけの出費を国民一人一人が担うだけの準備がありますか? 消費税値上げ、環境税導入に対してもその税制としての必要性・使い方に関して議論が湧くのではなく、少しの出費も惜しむような形でしか議論が出てこない現状では無理でしょう。

ちなみにドイツは高校・大学の学費無償で有名ですが、それに伴って税金も大きく、高額所得者(月額面で35万円程度の所得者)は所得の半分近くを社会保障・税金で持って行かれます。消費税も19%(食材などの生存必需品7%)なので、それも合わせれば稼いだ額の65%くらいは税金として納めていることになります。テレビ・車・コンピュータなどの買換えは贅沢なのであまりしません。20年前のテレビを見ている家、40年前の車を運転している家、Windows98の家がまだゴロゴロしています。家賃は平米あたり1500円程度。また、資格意識が強く、落第・中退も高校時点からいくらでもあります。ちなみに教育の浸透性を重視しますので、一クラスは18人程度、ゼミは十数人の単位になります。大きな講義になると200名程度の学生が居ますが、記述式の試験で毎年2割以上は落第になり、同じ科目を複数回落第すると強制中退になります。進学したものの、実際に卒業できるのは4割程度。その分、「大学を卒業した」というのはちゃんとした実績になりますが。また、「大学」は総合大学だけを指し、すべて国立です。私学は存在しますが、「専門大学」または「専門学校」としか名乗れません。こちらは有償。入試は特定学科において希望者が多すぎる場合を除いてありません。すべての大学が同等に扱われており、教授のテーマおよび個人評価に基づいて学生は自分のやりたいことを決めて入学します。

日本国民が上記のような前提を受け入れてでも学費無償化を望むならば、可能でしょう。今の生活を固持したままでの無償化は不可能です。私自身は、学費無償化に賛成です。ただ日本国民、そして日本政府がそこまで成熟していないと思っています。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校無償化に反対する人たちって

民主党の4k政策の1つに高校無償化がありますが、私は賛成派です。
そもそも高校が無料なのは多くの先進国では当然で(赤木智弘氏などがそう言っています)、国連の人権規約にも定められていることです。
また、今の日本では高校進学者が圧倒的に多く、高校卒業資格がないとより就職がより厳しい現状があります。

しかし、高校無償化に反対する人も割合いて、「居眠りしている高校生の授業料を無料にする必要はない」という作家もいます。
(欧米にも居眠りする生徒はいるでしょうが、向こうではこんな議論はあるのでしょうか。また、疲れて居眠りをしている生徒=怠けているという見方は短絡的です)
「高校無償化にすると親のありがたみが薄れ、親子間の殺人が増えるのでは」という意見まで見たことがあります。
(これには根拠が乏しく、高校が無料化されたことが理由で親子間の殺人が増えたという説など学術的に認められないでしょう。韓国・イタリア・ポルトガルといった高校が有料の国が他のOECD諸国より親子間殺人が低いという統計も見たことがありません)
「昔は国の子育て支援など聞かなかった。今の親は甘えている」という視点も単に昔を正当化しているだけに聞こえます。

まあ、金正日を称えるような民族高校には適用してほしくないですし、今は震災復興支援の方が優先課題だとも思いますが、日本の高校の無償化に反対する人たちは、結局「福祉=甘え」の思考や、精神論、根性論が好きな人かなという気がします。
高校無償化に反対の人は、日本の公的支出に占める子育て支援費や教育費の割合がOECD諸国中、韓国に次いで最低レベルだということを頭に入れてほしいです。
皆さんはどう思われますか?

民主党の4k政策の1つに高校無償化がありますが、私は賛成派です。
そもそも高校が無料なのは多くの先進国では当然で(赤木智弘氏などがそう言っています)、国連の人権規約にも定められていることです。
また、今の日本では高校進学者が圧倒的に多く、高校卒業資格がないとより就職がより厳しい現状があります。

しかし、高校無償化に反対する人も割合いて、「居眠りしている高校生の授業料を無料にする必要はない」という作家もいます。
(欧米にも居眠りする生徒はいるでしょうが、向こうではこんな議論はある...続きを読む

Aベストアンサー

私も公立高校の無償化には賛成です。
私の中学の高校進学率は100%、私の上の学年も、そのまた上の学年も100%。
統計でも95%程度と最早高校は行って当たり前のものだというのが社会常識です。
このような教育であれば無償で受けることができるようにすべきでしょう。

日本という国は資源が無いので人的資源が命です。
教育を利用できれば貧乏な家の子でも負の連鎖から抜け自立した家庭を
もてるのが日本という素晴らしい国です。
この状況はお金をかけてでも守るべきでしょう。

Q公立高校よりも国立大学を無償化したほうがよいのでは?

公立高校の授業料が無償化されるそうですが、どうせなら同じ予算をつかって国立大学の授業料を無償化、もしくは低減したほうが良いではないでしょうか?
公立高校の生徒といっても、苦学している優秀な子もいる一方で、ほとんど勉強する気もなく遊びほうけいるような子も大勢います。
前者を社会が助けるというのはもっともなことだと思いますが、後者のような怠惰な生徒のモラトリアム生活を社会が金銭的に支援するというのは、もちろん無意味なことではないかもしれませんが、どうにも効率が悪いような気がします。

ならば同じ予算を国立大学に投入したほうが良いのではないでしょうか?
国立大学ならばどんな田舎にある大学であろうと、ある程度努力しなければ入学できませんし、卒業後、大学で学んだ知識を社会に生かせるような職業につく人間の割合も多いと思います。お金持ちの子弟ばかりが通う東大の学費が無償化されてもしょうがないかもしれませんが、国立大学の大半をしめる地方国立大はそうではありませんし。
現実問題、高校までいかせられないほど困窮している家庭というのは少ないですが、優秀だが大学まで行かせられないという家庭は珍しくありません。

どうも公立高校を一律で無償化するよりは、国立大学を無償化したほうがより効率的に社会に良い影響を与えられる気がするのですが、あまりそういう声が聞こえてこないのが疑問です。
みなさんはどのようにお考えですか?

もちろん理想的には両方無償化したほうが良いと思いますが。

公立高校の授業料が無償化されるそうですが、どうせなら同じ予算をつかって国立大学の授業料を無償化、もしくは低減したほうが良いではないでしょうか?
公立高校の生徒といっても、苦学している優秀な子もいる一方で、ほとんど勉強する気もなく遊びほうけいるような子も大勢います。
前者を社会が助けるというのはもっともなことだと思いますが、後者のような怠惰な生徒のモラトリアム生活を社会が金銭的に支援するというのは、もちろん無意味なことではないかもしれませんが、どうにも効率が悪いような気がし...続きを読む

Aベストアンサー

国が無償の何かを生活の上で保証するというのは、社会主義の概念ですね。教育でいうと、個人のためではなく、国のための教育を行うということですね。なので、「両方無償化する」というのは、必ずしも理想ではないのですが。
理想は、有償でも教育費に困らないだけの社会を作るということですね。

それはさておき、大学の無償化には、いくつかの問題点があります。(基本的には賛成なのですが)
日本の高校生が進学をしない理由は、学力と費用がほぼ半数で、大学に将来の夢がないから、別に将来の夢があるから、という人は少数なんですね。これは異常な状況だとは思います。

現在、学費が最も安いのは、大学では東京大で、平均的な収入の世帯では学費は無料です。
ただ、学生の親の平均収入が最も高い大学も、群を抜いて東京大なんです。

教育制度についてはあえて触れませんが、小中高の公教育だけで国立大に届く人は、むしろ少数で、国立大合格者の親御さんの平均像は、進学に困らないという層なんですね。
ここ数年、いろいろな調査で明らかになってきてますが、学力と親御さんの収入には、明らかな相関があるようになりました。学習時間など、本来学力と直結しそうなアンケート項目より、相関性が高いんです。
もちろん、頑張っている高校生も多いのは事実ですが、塾・予備校に通うためアルバイトをし、家庭内に勉強できる場所がないからと学校の図書館での限られた時間でしか机では勉強できない、という人たちと、幼いときから塾・予備校とお受験を勝ち抜いた人と、対等かというと、大きな不利が最初からあるんです。

なので、もし、国立大を無償化して喜ぶのは、教育費に大金をかけてこれた世帯の人たち、ということで、けっして努力に対しての「平等」な状況にはならないんです。

本質的な部分でもし改善をするのであるなら、公立高校で、学力別編成の授業を行い、学力や生活習慣に劣るものをフォローしない、ことです。
勉強したい生徒は、とことん勉強できる環境を、公教育で作ることです。とても単純で分かりやすいことだと思うんですが。

国が無償の何かを生活の上で保証するというのは、社会主義の概念ですね。教育でいうと、個人のためではなく、国のための教育を行うということですね。なので、「両方無償化する」というのは、必ずしも理想ではないのですが。
理想は、有償でも教育費に困らないだけの社会を作るということですね。

それはさておき、大学の無償化には、いくつかの問題点があります。(基本的には賛成なのですが)
日本の高校生が進学をしない理由は、学力と費用がほぼ半数で、大学に将来の夢がないから、別に将来の夢があるか...続きを読む

Qなぜ日本の大学はこんなに学費が高い?

こんにちは。

以前から疑問に思うことがございます。
日本の大学の学費は、他の先進諸国に比べて
非常に高いと思うのですが、これは、なぜなのでしょうか?
(欧州は学費無償化の動きがあり、アメリカの学費は高いですが、
奨学金制度が充実している)

よく、海外の学生は、自分で学費をためて進学する・・・
学生なのにアルバイトに明け暮れる日本の大学生は・・・

といった話を耳にするのですが、
実際問題として、日本の大学の学費を考えると、
自分で学費をためてからでは、いつになったらいけるのか・・・
ただでさえ、学費が高いのでよほど裕福な家庭の
方以外、生活費等をアルバイトでもしないと
捻出できないと思います。

奨学金制度にしても、国外の奨学金は、ほとんどが、
給付なので、返済義務がないの比べ、日本の奨学金といえば、
ごく一部の給付で、のこりのほとんどは、貸与かと思います。

施設にしても、これだけ高額な学費に見合うだけ充実しているとも
思えませんし、授業内容さえも特別だとは思いません。

学費無償化の動きに逆行するかのごとく、年々日本の大学の学費が
あがっているのですが、どう考えてもおかしいと思います。


これには、何か特別な理由があるのですか?

知識をお持ちの方、よろしくお願い致します。

こんにちは。

以前から疑問に思うことがございます。
日本の大学の学費は、他の先進諸国に比べて
非常に高いと思うのですが、これは、なぜなのでしょうか?
(欧州は学費無償化の動きがあり、アメリカの学費は高いですが、
奨学金制度が充実している)

よく、海外の学生は、自分で学費をためて進学する・・・
学生なのにアルバイトに明け暮れる日本の大学生は・・・

といった話を耳にするのですが、
実際問題として、日本の大学の学費を考えると、
自分で学費をためてからでは、いつになったらいけ...続きを読む

Aベストアンサー

回答のヒントになるか分かりませんが。

・日本の高校生の大学進学率は年々高くなってきていますが、先進国どころかOECDでの調査対象国の中では、下から数えた方が早い程度に低いという現実があります。つまり、高校生が大学に進学出来ない理由があるということですが、これは、経済的な理由よりも、他の国に比べて、勉学・向学心・社会的な地位向上心の極端な低さが挙げられています。

・大学進学率の低さに比べ、専門学校への進学率は高いという現状があります。ただ、海外の専門学校が、高校卒業よりも早い段階で,より高度な専門職技術を得るための学校で、入学の競争も高いのに対し、日本では、学力上での選別の結果に見えるところがあります。

・日本の大学生1人当たりの国から大学への助成は、比較の仕方により判断は分かれるところもありますが、名目上は、私立大学の方が金額が上です。また、研究機関としてではなく、教育機関として与えられる助成金は、他の国と比べても高い方です。

・最難関私大の学費は、海外との比較では、安い方には入ります。

・日本の大学生の、入口での学力は、ここ50年間、毎年下がり続けています。20年前の入学試験の方が今よりも難しいという国は、世界でもそうそうありません。

・国の収入(税金以外にも保険料などいろいろありますよね)に対する教育に当てられる支出の割合は、世界でも最低のレベルに位置づけられます。

・大学入学後にかかる費用のうち、日本の場合、学費の占める割合は意外と少ないです。20年前に比べて住居費の割合が高くなっていますが、物価が上がったというよりも、住む環境がかなり改善されていると思われるます。3畳1間風呂なしトイレ共同などの物件は、東京では壊滅しつつあります。

・家計に占める教育費の割合は金額・率ともに、最近は下がる傾向にあります。

・東京大学に進学する学生の親の収入は、他の大学よりも高い傾向が顕著です。

・高校生・大学生の勉強時間、読書時間、読書数は、世界でも類を見ないほど低いです。逆に、アルバイトに充てている時間は、調査結果としては、海外に比べてどちらかというと少ない方のようです。国内の大学生の生活費用・生活時間で顕著なのは、交遊費・趣味にかける費用とサークルなどに充てる時間です。ただ、大学生になって急に増えるのではなく、高校生からこの傾向はあります。

・日本の大学の半数以上が、東京近辺に集中しています。で、東京は、国内でも物価の高い地域ですし、世界的に見ても物価は高い方に入ります。また、大学が偏在しているためだと思うんですが、地域経済や地域文化に支えられた大学というのが、日本ではほとんど存在しません。

・以前、国内でのスタンダードの奨学金制度だった、育英会は、貸与先からの返還率が低く破綻した経緯があります。

回答のヒントになるか分かりませんが。

・日本の高校生の大学進学率は年々高くなってきていますが、先進国どころかOECDでの調査対象国の中では、下から数えた方が早い程度に低いという現実があります。つまり、高校生が大学に進学出来ない理由があるということですが、これは、経済的な理由よりも、他の国に比べて、勉学・向学心・社会的な地位向上心の極端な低さが挙げられています。

・大学進学率の低さに比べ、専門学校への進学率は高いという現状があります。ただ、海外の専門学校が、高校卒業より...続きを読む

Q日本の大学進学率は、なぜ先進国中ほぼ最下位なの?

フランスやドイツのような教育制度が特殊な国を除いたら、大学進学率最下位じゃないかと思うんですが・・・・
なぜこんなに大学進学率が悪いんですか?
学費なんか諸外国に比べてかなり安い気がするのになー

Aベストアンサー

日本の大学って一部のエリート大学のぞけば
バカでも入れてバカでもでれるから価値なしじゃん
あげくの果てに貧乏人が奨学金で大学いって
卒業した時には数百万の借金
エリート大学でてなきゃ
高卒より正社員内定率が低いんだから
無駄に大学いって無駄な時間と金を使い
4年後は数百万の借金を残して正社員で内定でない
正社員で内定でても多くはブラック企業。

最悪、これで自殺するやつも多いんだとか。

でも卒業する奴は日本が一番たかいんじゃないの
そもそもアメリカ、イギリス、日本だったと思うけど大学進学率の高い先進国
でも大学進学率が高い国ほどニート比率高いんだよね

ドイツなどはあなたがいわれているように
中学を卒業した時点で職業訓練校にいくか進学を選ぶかを決めるし
4人に3人は職業訓練えらぶみたいだね。

他の先進国はバカじゃ卒業できないから
アメリカやイタリアは実に50%をこえた中退率だし
イギリスも50%程度の中退率だし。

まぁバカが大学いくと無駄な大学が今より乱立して
その補助金は赤の他人の税金なので無駄に進学率あがってほしくないけどね。

Qディベートで大学までの授業料無償化に反対の立場になりました。メリットは思いつくのですがデメリットが思

ディベートで大学までの授業料無償化に反対の立場になりました。メリットは思いつくのですがデメリットが思いつきません。案としては次世代の負担が増えるとかなどはあるのですが自分の思いつくものは具体的なデータなどがなくどれも説得に欠けます。なので皆さんの知恵をお貸しいただきたいです。できれば具体的なデータや例などがあれば嬉しいです。ご助力いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9831500.html
先ほど、小学生さんがディベート反対派と言うことでしたので、参考までに回答例です。

また、普通に考えて、大学までの無償化の場合、税金で賄うのです。
高校も大学も。。。その場合、少子高齢化や人口統計などはデータとして利用できます。
次にヤフーの検索で「リアルタイム」で検索してみてください。
参考になるような意見は見ることが出来ます。また、グラフも可能です。

http://toulezure.hatenablog.jp/entry/2017/05/24/001943
また、参考までに。
上記は「大学無償化 人口統計」でhitしたものです。

http://tkplus.jp/articles/-/15424
これは、「大学無償化国 GDP」からの参考までです^^

使えそうですか^^

Q義務教育は学費かかる?

小学6年・中学3年の義務教育は学費というものはかかるのでしょうか。
学費ではない費用があるものなのでしょうか。
9年間で親の負担0円ということはあるのですか。

Aベストアンサー

公立小学生の母親です 【学費】というより【給食代】【PTA会費】がかかります 
その月によって違いますが¥3000~7000位の開きがあります
学期初めは高いです
その他ピアニカ お習字せっと 絵の具セット 体操着
高学年になると修学旅行の積み立て金が付き+¥3000ほどかかります
中学校になると制服代 体操着 積み立てとあるわけです

結局義務教育ですが 親の負担0円という事は悲しいかなありえないのです

結構かかりますよ^^;

Q偏差値40というと、どの程度のレベルですか?

知人が偏差値40の大学を受けると言っています。ゼミナール?の偏差値分布で調べたそうですが、私は高校中退なもので、この40というのがどれくらいなのか分かりません。

英語・国語・数学でいうとどれくらいのレベルの問題が出るのですか?

また、大学全入時代ですが、偏差値40の大学を受けまくっても、落とされることもありえますか?

というのは、私の親戚ですごく頭の気転が利く人がいるのですが(たぶん頭はいいです)、試験場に行くと極度に緊張して実力が出せない、ということで、偏差値45くらいの大学に入って、不本意そうだったので、そういうこともあるんだな、と心配に思いました。

Aベストアンサー

偏差値は50で、全体のちょうど中間のレベルになります。
偏差値は45で、全体が100人いた場合の下から31%、下から31人目にあたります。
ですから、偏差値40ということは、それ以下で、成績は下から30%以下ということになり、かなり低いレベルになりますね。

せめて、偏差値50を目指してもらいたいものです。
今、偏差値40でも悲観する必要はないでしょう。
偏差値なんて、55ぐらいまでは簡単に上がりますから.
ただ、65を超えていくのは非常に大変です。
偏差値65で上位7%になります。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q所得制限のせいで児童手当がもらえないのが、不公平に思えます

ダンナだけが働いていて、わたしは専業主婦の夫婦と子供二人の家庭なんですが、
所得制限にひっかかり、児童手当がもらえません。
それが不公平に思えてしょうがないです。

ダンナは、申告所得税、市県民税、車の重量税、固定資産税、消費税など、
すべてを合算すると年間100万円以上の税金を払っています。
ダンナがそれだけ払っているんだから、すこしくらいキャッシュバックしてくれてもいいと思うんです。
それに例えば、うちと同じ世帯年収の家庭で共働きだった場合、
主たる生計保持者の所得でみるので、児童手当をもらっているはずなんです。
かなりの税金が投入された保育園に預けて働いて、
そこでも行政から保護というか援助されてて、
その反対に専業主婦で子育てしていても行政から援助なんかないわけで…。
専業主婦は、昔あった、配偶者特別控除もなくなって、
専業主婦で子育てしている人は損しているような気がします。
それがなんだか納得がいかないというか…。

みんながもらっている児童手当がもらいたいです。
調べたところによると3歳まで月に1万円もらえるらしいじゃないですか!
ということは1年で12万円、3年で36万円…結構いい金額ですよね!
正直うらやましい。もらえるもんならもらいたい。
うちは来年の税金払うために毎月結構な金額を積み立てしてるんですよ…。

こういうことを考えているわたしってどうなんでしょうか?
ご意見、ご感想をお待ちしてます。

ダンナだけが働いていて、わたしは専業主婦の夫婦と子供二人の家庭なんですが、
所得制限にひっかかり、児童手当がもらえません。
それが不公平に思えてしょうがないです。

ダンナは、申告所得税、市県民税、車の重量税、固定資産税、消費税など、
すべてを合算すると年間100万円以上の税金を払っています。
ダンナがそれだけ払っているんだから、すこしくらいキャッシュバックしてくれてもいいと思うんです。
それに例えば、うちと同じ世帯年収の家庭で共働きだった場合、
主たる生計保持者の所得で...続きを読む

Aベストアンサー

 こんにちは。

 税制を含め,いろいろな制度はその時々によって変わりますので,なかなか全員が同じようにとは行かないです。不公平感は確かに残りますが…

 私の場合も,児童手当はもらえませんでしたし,乳幼児医療費が無料になったころには,子供は乳幼児を卒業していました…

-----------------

>ダンナは、申告所得税、市県民税、車の重量税、固定資産税、消費税など、すべてを合算すると年間100万円以上の税金を払っています。
ダンナがそれだけ払っているんだから、すこしくらいキャッシュバックしてくれてもいいと思うんです。

・なんとなく心情は分かるのですが,税制ではキャッシュバックと言う考え方はないです。負担できる方には相応の負担をしてもらうと言う考え方です。

>それに例えば、うちと同じ世帯年収の家庭で共働きだった場合、主たる生計保持者の所得でみるので、児童手当をもらっているはずなんです。

・よく意味が分からないのですが,「主たる生計保持者」がご主人と同程度の収入があった場合は,やはり児童手当はもらえないので同じことなのではないでしょうか?

>かなりの税金が投入された保育園に預けて働いて、そこでも行政から保護というか援助されてて、その反対に専業主婦で子育てしていても行政から援助なんかないわけで…。

・少子高齢化対策が国の喫緊の課題で,女性の社会進出を援助すると言うのが国の施策の流れですから,仕方がないともいえますね。
 主婦の方は,健康保険や国民年金の負担がありませんので,それでチャラと言うことで…だめですか?

>専業主婦は、昔あった、配偶者特別控除もなくなって、専業主婦で子育てしている人は損しているような気がします。

・「配偶者特別控除」は今でもありますよ,と言うか専業主婦の方でしたら「配偶者控除」の対象になるんじゃないですか?

>みんながもらっている児童手当がもらいたいです。

・みんながもらっているわけではないです。私ももらっていませんので…

>調べたところによると3歳まで月に1万円もらえるらしいじゃないですか!
ということは1年で12万円、3年で36万円…結構いい金額ですよね!
正直うらやましい。もらえるもんならもらいたい。

・いえいえ。もっともらえますよ。
 3歳以上小学校卒業までは,「第1・2子 月額5,000円」「第3子以降 月額10,000円」です。

------------------

 専業主婦が国民年金の3号被保険者として,掛け金が扶養なのは不公平ではないかと言う議論が以前からあります。年金財政が破綻寸前ですから,もしかしたらこの特典もなくなるかもしれません。
 ますます,専業主婦には住みにくい世の中になって行きそうですね。
 ちなみに,家内も専業主婦です。

 こんにちは。

 税制を含め,いろいろな制度はその時々によって変わりますので,なかなか全員が同じようにとは行かないです。不公平感は確かに残りますが…

 私の場合も,児童手当はもらえませんでしたし,乳幼児医療費が無料になったころには,子供は乳幼児を卒業していました…

-----------------

>ダンナは、申告所得税、市県民税、車の重量税、固定資産税、消費税など、すべてを合算すると年間100万円以上の税金を払っています。
ダンナがそれだけ払っているんだから、すこしくらいキャッシ...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報