水樹奈々さんの代表曲、アニメ魔法少女リリカルなのはA'sのOP曲でもあるETERNAL BLAZEの解釈についてです。
アニメを見たことがある方なら分かると思いますが、この歌は物語の中心でもある「闇の書」がテーマであり、守護騎士たちの主はやてへの気持ちを歌ったものです。(もちろん、フェイトからなのはへの歌、という解釈もできるこの歌ですが、今回はあくまでも闇の書がメインテーマである、という仮定のもとでお願いします)
そこでいくつか質問なのですが、

「真夜中の蒼に溶けて」→「蒼」とは何のことか?
「あの日胸に灯った永遠の炎」→「あの日」とは、はやてが闇の書の主となった日か?騎士たちが主を救うべく、闇の書のページ収集を始めると決意した日か?
「冷たい緑の月に」→緑の月とは?
「銀の海に隠した空白のページ」→銀の海とは?空白のページとは、やはり未収集の闇の書のことか?
「吹き荒れる切なさに生まれゆく誓い」→主の足は病ではなく闇の書の呪いによるものだと気づき、自分たちが主の首を締めていたという事を悟った時の騎士たちの気持ち?何としても救わなければならない、という誓い?

このあたりの解釈で、皆さんのご意見を聞かせてください。別の解釈、また、別のフレーズでも「ここはこんな意味」というご意見がありましたら、お聞かせください。
「それでも、やっぱりこれはフェイトの歌!」という方、その根拠となる解釈を答えてくださっても構いません。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

作詞は水樹奈々さんがやられているので


ラジオなどにメールをだして
直接聞いてみるのも面白いかも知れませんよ?w
    • good
    • 1

追記


はやて役植田佳奈さんのなのはA's独占インタビューにて、
なのは役田村ゆかりさんとフェイト役水樹奈々さんは、若手の声優
さんのお手伝い(育成)をそれぞれの立場で?されているそうです。
はやて役植田佳奈さんは、なのはA'sに出演した事でそれを知り感銘
を受けて…はやての思いもこんな感じなのかな?と思ったそうです。
田村ゆかりさんと水樹奈々さんが大親友である事は、周知の事実です。
因みに(冗談?)田村ゆかりさんが"お金"が欲しいとラジオ等で言って
る本当のところだと言われます。
    • good
    • 0

私の個人的な解釈です。


はやての思いを綴った詩だと思います。某・アニメ誌に掲載された
はやて役植田佳奈さんのなのはA's独占インタビュー、
"その意味に置いては水樹奈々さんは詩人だと思う?"から一部拝借。

> 「蒼」とは何のことか?
「蒼」=リーンフォース(の心)
リーンフォース(の心)が漆黒の闇に変わると言う意味。

> 「あの日」とは
はやてがなのは(包み込む白き光)に初めて出会った日。

> 銀の海とは?空白のページとは
悲しみを隠した心
銀の海=心、悲しみ=空白のページ

> 「吹き荒れる切なさに生まれゆく誓い」
なのはやフェイトに出会い、自分(はやて)を思って(心配)してくれる人
がいる事に気づき、守護騎士の主として自覚し始めている自分に気が付
いた時。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフェイトゼロ

フェイトゼロって面白いですか?

Aベストアンサー

Fate/zeroのことですか?
小説とアニメがありますが、
自分は面白かったと思いますよ。

あれは以前からあったFate/staynightの外伝物語として制作され、
staynightの過去の物語ということなのですが、
まず、前からあったstaynightを見て外伝であるzeroを見てもいいですし、
zero→staynightと物語の経過に従って見ても面白いです。

zeroの原作者である虚淵玄さんなのですが、
結構ひねったシナリオを書くので、
人によってはあまり好まない場面も有るかもしれません。
でも、普通にアニメとして面白いです。

Qフェイト・テスタロッサと高町なのはのキャラソン

フェイト・テスタロッサ(フェイト・テスタロッサ・ハラオウン含む)と高町なのはのキャラソンを全曲教えてください。

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E6%B3%95%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%81%AF_%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8

参照しましょう。

Qフェイト・ゼロ セイバーに関して!?

ついに、フェイトのゼロが終わってしまいました。
色々な意味で、あれでよかったかのかなと少し疑問に感じる終わり方でした。
ただ、本音を言うと、前作であるフェイト・ステイナイトの第一話では確か、セイバーとギルガメッシュがあの炎の中、戦っていた気がしますが、そのシーンが、ゼロにはなかった気が・・・・・・・
まあ、細かいことは気にせず、本題入るとします。
ご質問は、セイバーについてです。
結果、セイバーは自分の夢を果たせず、国が破れて皆が滅ぶあのシーンへと戻るわけですが、前作・ステイナイトのラストでも触れているとおり、実はセイバーはまだ、この段階では死んでいない。
つまり、英霊ではないはずですよね。
その証拠に、ゼロのラストではセイバーのみ、元の場所へ、元の本来存在している時間へと戻され増したよね。
その証拠に、セイバーのつぶやきの中に、
「また、ここに・・・・・・・」
そして、以前と変わらぬ同じ光景に、同じ結果に、彼女は苦悩の叫びをあげるわけですよね。
不思議なのは、英霊でもないのに、どうして英霊として召喚。他の英霊同様、現世の時代であれだけ戦えたのでしょうか?
でも、歴史が流れ、時が流れていれば、不老不死でない限りセイバー。アーサー王は、結果的に死んでいることになると思うのですが、その辺のセイバーに関する設定が今一つ分からないのですが。
詳しい設定をご存知の方、未熟なこの私に、是非とも解説をお願いします。

ついに、フェイトのゼロが終わってしまいました。
色々な意味で、あれでよかったかのかなと少し疑問に感じる終わり方でした。
ただ、本音を言うと、前作であるフェイト・ステイナイトの第一話では確か、セイバーとギルガメッシュがあの炎の中、戦っていた気がしますが、そのシーンが、ゼロにはなかった気が・・・・・・・
まあ、細かいことは気にせず、本題入るとします。
ご質問は、セイバーについてです。
結果、セイバーは自分の夢を果たせず、国が破れて皆が滅ぶあのシーンへと戻るわけですが、前作・ステイナ...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっと記憶があやふやなのですが、答えさせていただきます。

セイバーが死の直前に世界と取引した内容は『自分が聖杯を手に入れるために英霊となる(聖杯戦争に参戦する)代わりに、それまでは、あらゆる所で生きたまま戦い続ける』というものでした。
なぜ、そんな取引ができたのかは分かりませんが……。

そのため流れとしては、


アーサー王が死ぬ直前に世界と取引する
(この時点で英霊とほぼ変わりない状態になる)
 ↓
セイバーとして切嗣のサーヴァントになる
(切嗣はセイバーの事情をよく知らず、霊体化ができないなどあるが、普通の英霊だと思っている)
 ↓
第四次聖杯戦争に事実上、敗北する
 ↓
死の直前に戻る
(世界と取引しているため、ここに戻っても、再びどこかの戦いにかりだされるまで時間は制止していると思われる)
 ↓
セイバーとして士郎のサーヴァントになる
 ↓
第五次聖杯戦争に勝利する
 ↓
聖杯にブリテンの救済を願う
 ↓
世界との取引終了
(取引は、聖杯を手に入れるまでという内容なので、死の直前のセイバーの時が動き出す)
 ↓
死の直前に戻って、そのまま死ぬ
(森の中で死んでいて、Zeroにおける死の直前とは違いますが、それはブリテンが救済されて歴史が変わったために、死ぬ場所も変わったということでしょう)


こんな感じですかね。

タイムパラドックスが起きそうですが、パラレルワールドと思えば良いでしょうかね。
月姫・Fate・空の境界も、パラレルワールドの世界だそうですから。

英霊の設定については、よくわかりません。

ちょっと記憶があやふやなのですが、答えさせていただきます。

セイバーが死の直前に世界と取引した内容は『自分が聖杯を手に入れるために英霊となる(聖杯戦争に参戦する)代わりに、それまでは、あらゆる所で生きたまま戦い続ける』というものでした。
なぜ、そんな取引ができたのかは分かりませんが……。

そのため流れとしては、


アーサー王が死ぬ直前に世界と取引する
(この時点で英霊とほぼ変わりない状態になる)
 ↓
セイバーとして切嗣のサーヴァントになる
(切嗣はセイバーの事情をよく知らず、霊体...続きを読む

Qフェイト/ゼロ

本の所で解答を得られなかったので、カテゴリーが違うのをお許し下さい。

ここに【Fate/Zero】を読んだ方はいますでしょうか?分からない事があったので質問させて頂きます。


ちょっとネタバレしちゃうんですが、【キャスター】クラスのサーヴァントが【青髭】と呼ばれている理由が分かりません。

もちろん正体も【青髭】と呼ばれる由縁も知っているのですが、【キャスター】のイラストを見る限りヒゲは生やしていません。

マスターはほとんどパンピーみたいなもんですから、生前の【キャスター】のことは知らないと思うのですが・・・

なぜ彼は【青髭】と思ったのでしょうか?

もしかしたら私の読み違いなのかもしれませんが、説明して頂ける方、いましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

確かキャスターがマスターに対して自分で青髭と名乗らなかったっけ?一巻でそんなシーンがあったような…間違ってたらごめんなさい

Q再び、フェイトシリーズに関して?

フェイト・ゼロ。ついに終わってしまいました。
ステイナイトよりも、なぜか大人。のイメージが色濃かった理由は、参加者全員がステイナイトよりも大人。だったからなのでしょうか。
それを思うと、なぜかステイナイトが幼く、言葉が悪いですが幼稚に見えてしまいました。
圧倒的な物語の重さでは、このゼロのほうが最も面白いと言えるかもしれませんね。
ただし、それは、私自身の感想なので、皆さんはどう受け止められたでしょうか?

さて、話はそれましたが、英霊・サーバントについてもう少し皆様にお尋ねしたいと思います。
前回、セーバーについてお聞きしましたが、今回は、倒されてしまった英霊達サーバントの運命はどうなるのか。
再び、元の場所へと帰り、再び、主が現れるまで休眠なのか?
それとも、英霊達サーバントの夢は果たせぬまま、その真実の歴史のごとく、本格的な死を迎えるか。
個人的に、召喚する主との欲望や野望。野心などが合えば、再び英霊としてサーバントとして召喚できる。
それとも、呼び出せる英霊はただ一人のみ。
だとしたら、セイバーだけが例外なのはなんでだろうか!?
その辺の英霊。サーバントに関して詳しいことをご存知の方、倒された、倒されたサーバント達の運命を教えてください。
よろしくお願いします。

ちなみに、ゼロでお気に入りのサーバントは、セイバー以外に、騎士道を貫いたランサーと豪快で爽快なライダーがお気入りです。

フェイト・ゼロ。ついに終わってしまいました。
ステイナイトよりも、なぜか大人。のイメージが色濃かった理由は、参加者全員がステイナイトよりも大人。だったからなのでしょうか。
それを思うと、なぜかステイナイトが幼く、言葉が悪いですが幼稚に見えてしまいました。
圧倒的な物語の重さでは、このゼロのほうが最も面白いと言えるかもしれませんね。
ただし、それは、私自身の感想なので、皆さんはどう受け止められたでしょうか?

さて、話はそれましたが、英霊・サーバントについてもう少し皆様にお尋ねし...続きを読む

Aベストアンサー

生前の行いによって『世界』に認められた場合英霊になった気がする。
文字通りの英雄だったり、後世に英雄と呼ばれたり、悪名轟かせた場合とか(Zeroキャスターやアサシン)。
セイバーの場合は「死んだら英霊として世界のために働くから、今ここで力が欲しい」と契約している例外です。ネタバレすぎるので詳しくは原作ゲームでw

で、英霊になると本体は世界の外側に移動するらしいです。確か原作でアーチャーが説明してる。
外側は時間の流れが無く、召喚に応じてどの時代にも出現できます。
聖杯に呼ばれるサーバントは、全ての時代の英霊が対象になっているので、その時点で英雄となっていない英霊すらも召喚できます。これがアーチャー=エミヤの正体。
英霊として召喚される時、本体そのものじゃなく分身みたいな感じで出張っていきます。力自体は本体と同じ。
神社の分社と同じようなシステムですな。違うのは用が終われば外側に戻ってくること。召喚先での経験・記憶も保持したままらしい。
アーチャーによると、分け身Aと分け身Bが同時に違う時代・場所に召喚され、戻ってきても本体の記憶に矛盾はないとのこと。
ちなみにアーチャーの場合、分け身の経験は本のようになり(←イメージ的に)保管されているとのことで、必要に応じて読むことができるとか。英霊によって違うらしく、全員が本ではないらしい。

いくら魔力があっても、英霊を実体化させるなんて人間には無理なんだとか。
聖杯戦争での英霊召喚=サーバントは、召喚・維持に聖杯の力を借りているらしい。体は全て魔力の塊みたいですよ。
なので倒されたら聖杯に取り込まれるというか、現界の為の魔力が聖杯に返還され消滅=召喚解除というのが正しいのかなと私は思います。

セイバーが連続で召喚された件。
聖杯のサーバント選別は、クラス適正を考慮し適合する英霊をランダムで決定するんですが、召喚者が『呼び出したい英霊に関係した何か』を持っているとそれを優先します。
切嗣はアーサー王の盾を使いセイバー召喚をしています。後に士郎の体に組み込んだので、10年後にまたセイバー召喚に繋がったわけですがね。
同じ英霊に何回もお呼びがかかることもあるようです。アサシンはハサンが第4次・第5次に呼ばれてますね。
アーチャーも複数回召喚されたような台詞があります。聖杯戦争だったのかは判りませんが。

原作小説読んで、ライダーの散り様にマジ泣きした俺が通りましたw

生前の行いによって『世界』に認められた場合英霊になった気がする。
文字通りの英雄だったり、後世に英雄と呼ばれたり、悪名轟かせた場合とか(Zeroキャスターやアサシン)。
セイバーの場合は「死んだら英霊として世界のために働くから、今ここで力が欲しい」と契約している例外です。ネタバレすぎるので詳しくは原作ゲームでw

で、英霊になると本体は世界の外側に移動するらしいです。確か原作でアーチャーが説明してる。
外側は時間の流れが無く、召喚に応じてどの時代にも出現できます。
聖杯に呼ばれるサ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報