遮光カーテンとか遮光の日傘とかがあります。これは光をあまり通しません。しかし、ヘルメットの透明なバイザーにUVカットとか書いてあります。「光を通す=紫外線を通す」とはならないのでしょうか?日焼けをしない目的で、紫外線をカットしていれば遮光する意味はない。・・・のでしょうか?逆に「光は通さないが紫外線は通す」って事もあるのでしょうか?

A 回答 (1件)

>光は通さないが紫外線は通す


光って電磁波から赤外線、可視光、紫外線、X線、γ線と幅が広いのです。
ガラスは300nmより波長の短い紫外線は通せないのでガラスだけでもかなり紫外線よけになります。
さらにコーティングすれば紫外線はかなり少なくなります。
遮光カーテンや日傘は穴が開いていますので結構紫外線を通していますからご注意下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分りました。ありがとうございました。^^また、おねがいしますね。

お礼日時:2009/09/15 21:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目からの日焼け?で全身日焼け 元に戻りません。

目からの日焼け?で全身日焼け 元に戻りません。

小学生の子どもが、数年前より
5月頃から日焼けするようになり、その日焼けが元に戻らず
1年中(夏と冬とでは多少濃さが違いますが)日焼け状態で
気づくと、露出していない箇所まで全身焼けています。
目からの紫外線で全身日焼けしてしまうと聞き
今更ですが、先日UV効果のあるメガネを購入しました。
この日焼け、どうしたら元に戻るでしょうか?

Aベストアンサー

エステティシャンです。
目からの日焼け・・・マウスの実験では証明されていますよね。
60パーセントは目から入った紫外線を脳(脳下垂体)が感知して、指令が出された結果だとか。

シミ予防、ということで私も気をつけています。

子供は日に当たる機会も多いし(遠足に体育にプールに運動会に毎日の登下校、ほんとに嫌だった(><)背が低い分地面からの照り返しも受けますから、日焼けしやすいですよね。
私も小学生の時は真っ黒でした。
体が小さくて黒かったから”カリメロ”とか言われてました。(頭に卵の殻を乗せたアニメのキャラクター、ご存知でしょうか。今思えばかわいいんですけど^^:)
冬に白く戻る前に、また夏が来てしまうかんじで、年々黒くなっていくかんじがして嫌だったので、
10歳くらいの時から日焼け止めを塗っていましたね。
でもお小遣いが足りなくてタマにだけ、夏場は毎日塗りだしたのは中学になってからでしたが。
でも地道に焼かずにきたせいか、今は「色白美白肌」です。
とくに社会人になってからは、本当に白くなりましたね。
やっぱり外に出ないのが一番なのかもしれません(不健康ですが^^;
美白化粧品(必ず医薬部外品)とビタミンCのサプリも高校くらいからずっと続けています。

メガネも効果的だと思いますが、サングラスと同じで隙間からも紫外線は入ってきますから、
なるべく大きめのものを選ぶとか、日差しを遮る帽子や日傘も併用するといいと思いますよ(^^)
コンタクトや紫外線防止の目薬もありますしね。

子供の美肌を気にしてくれるなんて、いいお母様(?)← 違ったらすみません)ですね。

エステティシャンです。
目からの日焼け・・・マウスの実験では証明されていますよね。
60パーセントは目から入った紫外線を脳(脳下垂体)が感知して、指令が出された結果だとか。

シミ予防、ということで私も気をつけています。

子供は日に当たる機会も多いし(遠足に体育にプールに運動会に毎日の登下校、ほんとに嫌だった(><)背が低い分地面からの照り返しも受けますから、日焼けしやすいですよね。
私も小学生の時は真っ黒でした。
体が小さくて黒かったから”カリメロ”とか言われてました。(頭に卵...続きを読む

QUVカット日傘のしくみはなんですか

布の繊維に金属でも入っているのでしょうか。
それらしきものは見えませんが。

Aベストアンサー

大きく2つあります。
1つは、傘の表面のコーティング。
 →UVの透過率を低くする。
もう一つは、傘の繊維(細かく言うと繊維とは言い切れないのですが)に、紫外線をある程度、この繊維が吸収します。
コーティング、繊維の化学式は分かりませんが、以上のような2つの仕組みを、うまく混合させてUVカットと称して、商品になり、販売されています。

Q☆紫外線吸収剤不使用の日焼け止め(体用)

☆紫外線吸収剤不使用の日焼け止め(体用)
肌が弱く、どうしても紫外線吸収剤に肌が負けてしまいます。
アットコスメで評判が良いニベアのものですら無理でした。
ボディ用の日焼け止めで、紫外線吸収剤不使用(紫外線散乱剤は大丈夫です)のものがあれば教えてください。SPFは25~30あれば十分です。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使っています。

今まで私が使ったものでお勧めは
・ファンケル サンガード30 フェイス&ボディ
(SPF30、PA+++)
・花王 キュレル 薬用UVローション
(SPF25、PA++)
・資生堂 サンメディックUV デイプロテクト(ノンケミカル)
(SPF31、PA++)

全て紫外線吸収剤不使用ですよ。
私は今年は資生堂のサンメディックを使っていますが、なかなか良いです♪

お肌に合うものが見付かるといいですね(^-^)

Q紫外線 UVに対し、赤外線は IR・・・

虹の持つ 七色の光。
最外側は それぞれ 紫色と 赤色。

それらより さらに外側にあるのが、紫外線・赤外線。
紫と赤の外だから。 わかりやすい表記。

ところが紫外線の英語表記は UV  「ウルトラ・ヴァイオレット」。
これはまあ、納得できます。 紫色よりさらにアレな光線。(見えないけど。)

対して赤外線。
これは、UR ・・・かと思いきや、IR。 「インフラ・レッド」。

ウルトラ・レッドではダメな理由はなんでしょうか?

この 「インフラ」 ってなんですか?
道路や水道とかの生命線みたいなものと関連あるのでしょうか?

当方、科学にはウトイ 一般人です。

Aベストアンサー

青から赤に行くほど光の周波数(振動数)が低くなります。

infra-redというのは、赤より振動数が低い(infra-)という意味です。



水道や電気をインフラって言いますが、あれはinfra-structureの略。

structure(組織)の基盤っていう意味でしょうかね。
すなわち社会構造のベースと言うこと。

Q日焼けと紫外線の関係

 夏ということで、UVカット「のクリームを塗ろうかと思ってちょっと考えたんですけど、UVカットクリームって紫外線を遮断するわけですから、日焼けしなくなりますよね?。
 あと、逆に日焼けクリーム(日焼けしやすくなるクリーム)ってどういう仕組みなんでしょうか?。
 皮膚が紫外線をカットしにくくするから、日焼けしやすくなるんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

「日焼け止め」クリームは紫外線をカットします。

一方、「日焼け」クリームは紫外線の短い波長UVBのみをカットします。

いわゆるこんがり黒く焼けるのは、紫外線の長い波長UVAの働きで、
短い波長のUVBは肌を赤くしたり炎症を起こしてしまいます。

「日焼け」クリームは、短い波長のUVBだけをとり除くことによって、
こんがりキレイに焼けるようになっているわけです。

参考サイトもどうぞ。



参考URL:http://www-ai2.csis.oita-u.ac.jp/~sugiyama/ture/eh14/6m/6.html#14-06-17

Q電子レンジ-電波通す/通さない

電子レンジの電波が鉄を通さないのは知っていますが、アルミ、ステンレス、銅などの金属類はどうでしょう。通しますか、通しませんか。

Aベストアンサー

導電性のあるものでしたら、遮蔽効果はあります。
アルミ、ステンレス、銅はもちろんですが、金や銀にも遮蔽効果があり、これらは優れた遮蔽材料になっています。
複合材である炭素繊維(CFRP)も抵抗値は高いものの導電性があるので、遮蔽効果が期待できます。
厚みと周波数帯にもよりますが、目安として言えば、数ミリ程度あればCFRPで50dB以上、金属なら100dB以上の遮蔽効果があります。

ちなみに、厳密には「電波を通す」かといわれれば、これらの金属を使っても、まったく通さないわけではないので(100dBなら電力を百億分の一にする)通さないとは言いづらいものがあります(実質上は通さないといっても支障ないのでしょうが)。
ですから、通す/通さない の代わりに、遮蔽効果で説明させていただきました。

Q目の日焼け。

毎週、テニスをしています。
屋外なので、紫外線対策がかかせません。
肌は日焼け止めで防いでますが、目も日焼け(?)ってするのでしょうか?
UV機能付きの使い捨てコンタクトを使っていますが、たまに、テニス後、目が赤くなる事があります。(ヒリヒリした感じ)
こんな時、普通の目薬を注してもいいのでしょうか?
また、防止策は、サングラスぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
紫外線は眼にも有害です。
雪眼(雪山登山などで発症する事があります)が有名ですが、眼が腫れて開けられなくなります。
人工的にはアーク溶接などの紫外線が強烈に発生します。
この様な作業時には保護具として眼鏡等の使用が義務づけられています。(ご覧になったこともきっとあるでしょう)
以上述べましたとおり、サングラスなどを使用した方が良いと思います。
ちなみに、赤外線も水晶体を濁らせる事が知られています。

Qエイトマンの推進力は何で、どれくらいしょうか?

アニメのエイトマンの歌に次の一節があります。

 走れエイトマン 弾丸よりも速く 叫べ 胸を張れ 鋼鉄の胸を

これによれば、エイトマンは鋼鉄製で、弾丸よりも速く走れるということです。
実際にそのようなことは可能でしょうか?
スターウォーズなどのSF映画でも、弾丸よりもすばやく動けるロボットは登場しません。
人間と同じサイズで鋼鉄製というとかなりの重さです。
弾丸の速度は音速よりも速いのではないでしょうか?
それを二足歩行で走らせている推進力は何なのでしょうか?
電池なども可能ですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歌には、「鋼鉄の胸」となっておりますが、原作では鋼鉄よりもっと強く軽い「ハイマンガンスチール」のボディで出来ていて、時速3000Kmで走り、原子力エンジンを内蔵しています。

>人間と同じサイズで鋼鉄製というとかなりの重さです。
原作では、体重は設定されておりません。

>弾丸の速度は音速よりも速いのではないでしょうか?
時速3000Kmは、秒速で833mですので、音速340m(15℃にて)の2.45倍です。

>二足歩行で走らせている推進力は何なのでしょうか?
原子力エンジンです。

>電池なども可能ですか?
現時点の電池では不可能です。

参考URL:http://www31.ocn.ne.jp/~goodold60net/eightman.htm

Q紫外線と日焼けについて

紫外線が強いと日焼けするんですよね?
つまり太陽が雲にかくれてても紫外線は太陽が出てるときと同じくらいあたるのですか?
そしてどのくらい太陽に当たってれば日焼けしてきますか?
例えばヤフーの天気の紫外線情報のとこを使ってみます。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/expo/uv/34/6710.html
ここだと非常に強いの場合肌へダメージが生じるまで、20分前後とありますが20分前後の間から徐々に日焼けしてくるというわけですよね?

それともっとも紫外線が強い時間帯は何時~何時の間でしょうか?

正確な情報待ってます

Aベストアンサー

>ということは20分以上たつとヤケドしてきてそのヤケドを直すためにメラニン色素がはたらいてそれが茶色くなっていわゆる日焼けとなるわけですね
ありがとうございます


いいえ違います。
日焼けは程度の差はありますが、太陽光線に当たった直後から起こります。
メラニン色素は、時間的に遅れて発生するだけだと思います。

「日焼け」と「焼けど」は違います。

「焼けど」は水ぶくれなど、熱い物の触れた時と同じ「焼けど」の症状ということです。
危険ですので、晴天時に長い時間直射日光に肌をさらすのは止めてください。

「日焼け」をしたいのでしたら、間隔をおいてください。
なお、急激に日焼けをすると、すぐ皮が剥けたり焼けどに近い状態になったろして「醜く」なるだけです。

Q緑光と赤光の混色と、単色の黄色光の違い

アノマロスコープについて調べた際に疑問に思ったのですが、アノマロスコープとは、たとえば、黄色の単色と、赤と緑の混色の光を見比べて、赤や緑に対する色盲の人は混色のほうが赤や緑色しか見えずに、黄色の単色と比較して、別の色に見える・・・という原理を利用しているという認識であっていますか?
私は今まで、赤い光と緑の光による黄色の光というのは、ただの黄色の光と何も変わらないものだと思っていましたが、これは違うのでしょうか? 違うとするなら一体どのような点が違うのでしょうか? (振幅は同じでしょうから、波長の形状とかですか?)
これを利用すれば、健常者には黄色一色でも、色盲の方には絵に見える画像を作ったりもできるのでしょうか?

また、半分ずつ塗り分けた独楽(コマ)をまわすと混色になる、という小学生のお遊びなんかを見ると、赤と緑の混色というのが錯覚的なもののような気がするのですが、光の混色も錯覚的なものなのですか? それとも光の混色と独楽の混色は別の原理なのでしょうか?

詳しくご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

詳しい話は、下記リンクに任せます。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Spotlight/1594/color/menu.html

http://desperadoes.biz/color/color01.php

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10A90700.html

http://www.tmd.ac.jp/med/phy1/ptext/vis_col.html

http://web.sfc.keio.ac.jp/~watanabe/cog4.htm


私は、あえて、やや不正確ですが、シンプルな説明をすることにします。


光のスペクトルにおいて
赤(R)の波長は700nm前後
緑(G)の波長は520nm前後
青(B)の波長は460nm前後
です。

人間の色覚は、これら3つの種類の光を検出する、3つの「検出器」が目や脳の中にある、という、概ねのモデルで、まずは考えましょう。

それぞれの「検出器」は、例えば700nmジャストの光にだけ反応するわけではなく、ある程度、幅を持った感度特性を持っています。
ですから、赤と緑の中間の波長の光は、赤の検出器に半分引っかかり、緑の検出器に半分引っかかり、といった具合に検出され、これを人間は黄色と判断します。

しかし、これは、あくまでも単波長の光の話です。

2種類の光、例えば赤の光と緑の光が同時に眼に入ると、これも人間は黄色と判断します。なぜならば、人間にとっては、先程の状況、すなわち、赤の検出器と緑の検出器に半分ずつ検知された先程の状況と、全く同じに感じられてしまうからです。
これが混色です。

色盲の場合、3つの検出器のうちの1つの特性が健常者と違う特性になっている、というモデルで考えることができます。
ですから、単波長の黄色が眼に入射したものと、RとBの2波長が同時に入射したものとで、健常者と違う色に感じられるのは、当然のことでしょう。


>・・・という原理を利用しているという認識であっていますか?

→合っています。

>赤い光と緑の光による黄色の光というのは、ただの黄色の光と何も変わらないものだと思っていましたが、これは違うのでしょうか?

→違います。

>違うとするなら一体どのような点が違うのでしょうか? (振幅は同じでしょうから、波長の形状とかですか?)

→上述の通り、光のスペクトルを見たとき、単波長(ピークが1箇所であるか、2波長(ピークが2箇所)であるかの違いです。

>これを利用すれば、健常者には黄色一色でも、色盲の方には絵に見える画像を作ったりもできるのでしょうか?

→可能です。

>光の混色も錯覚的なものなのですか? それとも光の混色と独楽の混色は別の原理なのでしょうか?

→上述の通り、光の混色自体は錯覚ではありません。
→コマの混色は、上述した普通の混色と、眼の応答速度(遅い)との複合現象です。(残像みたいなものです。)もしも、コマの混色が起こらないぐらい人間の眼の応答速度が速ければ、ブラウン管テレビの画面を見たとき、オシロスコープのように1つの点が走査する「真の姿」が見えてしまうかも。(※)
まあ、ブラウン管のテレビの原理も、あなたの言葉を借りれば、錯覚を利用したものです。




余談ですが、ブラウン管の画像をビデオカメラで撮影すると、横線が入ったり画面の半分が暗く見えたり、というように変なことが起こりますが、これは、ブラウン管の画面全体が一斉に光っていないためです。(走査周期とカメラの特性とが中途半端に同期してしまうため。)液晶テレビだと、ビデオカメラで撮っても、そういった変なことは起こりません。(液晶画面は、常に画面全体が光っていますので。)

詳しい話は、下記リンクに任せます。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Spotlight/1594/color/menu.html

http://desperadoes.biz/color/color01.php

http://health.goo.ne.jp/medical/search/10A90700.html

http://www.tmd.ac.jp/med/phy1/ptext/vis_col.html

http://web.sfc.keio.ac.jp/~watanabe/cog4.htm


私は、あえて、やや不正確ですが、シンプルな説明をすることにします。


光のスペクトルにおいて
赤(R)の波長は700nm前後
緑(G)の波長は520nm前後
青(B...続きを読む


人気Q&Aランキング