ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

建築確認における敷地面積求積図を作成するにあたり、
全部事項証明の地積と、実測により求めた敷地面積が大きくずれる場合皆さんはどのようにしておられますか?
ちなみに、法務局には地積測量図はなく公図のみです。
また、敷地にも明らかに境界であるというような境界杭は存在しません。
このような場合、公図から求める方法がよいのでしょうか?
公図は1/600です。
皆さんよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

その敷地が、市街化調整区域か市街化区域かで設計図書としての手続きの考え方は違います。



市街化区域は、(開発にかかる規模で無い場合)実測で三斜図を作成し、求積図と求積表を記載さえすればよいだけです。公簿の地積は無理に気にする必要もありません。「審査側は設計者の申請図書を信じる」という図式です。

市街化調整区域は、開発指導課への申請書類に係るので、地積測量図の作成になります。実際(市街化も同じ)、実測をすると「歩延び」があったりもします。
建築確認申請では、これを基にすればよいでしょう。

杭が無い場合には、隣接地権者との立会が必要で、敷地を確定しなければならないような場所なのか、それとも親の土地の中で「○○番地の一部」や「一筆」としたような場所なのかで、金銭のかかり方も違います。
前者は、測量会社を頼んで隣接地権者の協力を仰いだりもしますが、後者は、公図・公簿に大凡合わせて杭を入れる・・(市街化)なんてこともやれます。
市街化区域では、敷地の杭間距離を完了検査時に計ることもあるので、求積図・配置図と同寸法の位置に検査までに「杭や金属鋲」を用意する必要はあります。

ま・、この程度と考えていいと思います。(質問の内容から読み取っての参考となります)
実測だって、規模が大きくなければ、建物があってもスチールテープがあればそう難しいことでもないんです。けっこう公簿の地積ぐらいの値で計れます。
    • good
    • 2

>敷地にも明らかに境界であるというような境界杭は存在しません。



費用がかかりますが
土地家屋調査士に依頼して
境界立会いし、境界を決め
調査士に測量図を作成してもらいます。
調査士印が押印してありますから
実測図の面積を敷地面積とします。
    • good
    • 0

質問者さんの立場が分かりませんが・・・


例えば、質問者さんが依頼主だとすると、住宅ローンの借入れの問題があります。金融機関は実測値を重視しますが、登記簿面積より実測面積が大きければ、余り問題はないですが、逆だと地積更正登記を要求します。
また、依頼主が求める建物と建蔽率の問題から、地積更正登記が必要になる場合もあります。
さらに現在公図から求積することはないです。建築確認は、敷地調査の関係から実測面積のはずなので、地積更正登記をする必要があるのかないのかが出てくるだけとお考え下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築確認申請書の敷地面積は実測か?

建築確認申請書の敷地面積は実測か?

金融機関で不動産担保融資業務を行っています。
田舎などの土地には登記簿謄本の面積と実測が異なるケースがあります。
このような土地に新築する際、建築確認申請書の敷地面積は土地の登記簿謄本の面積ではなく、地積測量図などより実測面積に近い書類が根拠となっていると考えてよろしいのでしょうか?
以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

確認申請の時には、求積図を求められます。これは一般的に三斜をきったものが利用されます。
座標点で出した時、審査機関から三斜にしてと言われた事があります。

あくまで実測なのですが実測と測量図が近似していれば同じ数値で記入するのが普通だと思います。
建築士の利用する測量器具よりずっと測量屋さんのほうがいい機械ですからね。
建築士が行う一番簡単なテープ測量では気温によっても長さが変わるのは知られていますし、傾斜地では誤差も多いです。でも、実測なのでそれで申請できます。

地域によって公図を提出するということはありますがあくまで土地の状況の確認で面積確認のために測量図や公図、謄本を提出することはありません。
蛇足ですが)開発の場合はもちろんそちらの申請で測量図や公図、謄本を求められます。
その場合確認申請の建築敷地と面積が合わないと通りませんので、この場合は測量図と全く同じ求積図で提出させていただくことになります。

Q求積表の計算方法

いつもお世話になっております。
カテ違いかもしれませんが・・・
我家の地積測量図を見ていて思ったのですが・・・求積表ってありますよね・・・その計算方法が気になって・・・例えばウチの求積表は・・・
(1)No=P144(境界杭の番号かな?)
(2)Xn=15.704(X座標値ですよね?)
(3)Yn=34.632(Y座標値ですよね?)
(4)Yn+1-Yn-1=8.988(ここの数値の意味が???です)
(5)Xn・(Yn+1-Yn-1)=141.147552((1)×(3)ですね)
この計算が5点分ありその合計が「-261.839300」
それを1/2したのが土地の面積なのは分かるのですが・・・
この計算全体の考え方、(4)の数値の求め方が分かる方がいらっしゃいましたら教えてください。ヨロシク御願いします。

Aベストアンサー

(1)(2)(3)は質問者さんの解釈で間違いありません。

(4)の説明です。
文章にすると難しいので、読みながら計算機で計算してみてください。
P144の次の境界点のY座標から、一番下の境界点(5番目の点)のY座標を引き算します。
次に、その引き算した値に、P144のX座標を掛けます。
141.147552となりませんか?
Yn+1とは次のY座標と言う意味で、Yn-1とは一つ前(上)のY座標と言う意味です。
同様にP144の次の点では、さらに次の点のY座標から、P144のY座標を引き、X座標を掛けます。
これを5回したものを全部合計すると、261.839300になると思います。(合計後の±は関係ありません)
これを2で割った数値が土地の面積となります。

理論の説明をできませんが、これが座標求積表の計算方法で、土地の求積方法としては現在の主流です。

Q求積図

土地の求積図と、測量図は違うのですか?
その違いを教えてください。

Aベストアンサー

求積図は、面積を計算した図面(実際に測量していないかもしれない。何の面積を求めているかも様々)
測量図は、測量をした図面。求積はしていないかもしれない。

単なる求積図なら、現況若しくは現地にある地物等を測量して面積を出しているかもしれない。境界は確定していないかもしれない。
法務局に提出する「地積測量図」なら、境界を確定して測量して、面積を出している。(昭和40年代とかの古いのは怪しい)

Q三斜求積図、三斜求積表が分かりません・・・

現在、戸建ての設計を勉強している者です。
配置図・平面図で三斜求積図、三斜求積表をいうのが
出てきたのですが、何を示して、なぜ必要なものなのかが
全然わかりません。

三辺の長さを元に、作ることはわかったのですが、
この辺の長さがそもそも何から読み取っているのかも
わかりません。
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

土地の面積を求めるものです。
真四角でも一応三斜計算で面積を求めます。
NO2回答者の方がのっけているHPが良い参考例です。
各返の長さは自分で平板で実測するか、測量やさんに頼んで
測量してもらって求めます。地積測量図があればそれで求めることもできます。(その場合は面積計算がすでにしてありますが)

床面積は三斜では求めません。

Q求積図を書きたいのですが。

SOHOで仕事をしています。仕事柄、分譲地などの区画割の検討をすることが多く、簡単に面積検討を繰返せるようなソフトを探しています。土地家屋調査士さんの使うようなソフトは大変高価だと思いますし、使いこなす自信もありません。安くて、簡単で、正確な手段をぜひ教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

建築の仕事をしています。
CADソフトではないでしょうか。

#2の回答のjw-cad for windowsを使用しています。
フリーソフトですが、建築業界、特に設計事務所系での使用頻度が高いです。ご質問のような作業や、プレゼン着色などもできるので、タダのソフトなのにその内容の充実ぶりには驚かされます。エクセルやフォトショップなどのソフトと組み合わせて使っています。

ベクターワークス、オートキャド、JW、この3種がCADソフトのメインではないかと思われます。お仕事内容的にどれか一つ覚えておいて損ではないと思います。JWはタダなのでオススメですよ。(^^)技術的にわからないところはjw-cadユーザーのページで質問なども出来ますから安心です。

参考URL:http://www.jwcad.net/

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q地籍測量図がない敷地の確認申請

こんにちは。

家の新築を考えていますが、敷地が古くから住宅が建っていた地域で
地籍測量図というものが無いそうです。
また境界杭もありません。
家の建築の際に役所にだす確認申請には敷地面積の実測が必要という事ですが、
これは建築士などにメジャーで測ってもらうもので大丈夫ですか?
測量屋さんに依頼すると数十万円かかるようで、資金的にきびしいもので…
境界沿いにはお隣の塀が立っています。

Aベストアンサー

こんにちわ。

確認申請に使用するために敷地の形状を図面に表すだけなら、誰でもできると思います。
メジャーだけでは少々厳しい気がしますが、平板が使えれば、質問者様でもできます。

確認申請を審査する側(指定確認検査機関、等)は、誰が測量をしたかは不問です。
確認申請とは、あくまでも敷地の配置図含む設計図書が、法に適合していることを確認しろ、と「申請」するだけ。
確認を処分する者は、申請された設計図書の内容が、法に適合していることを「確認」するだけ。

確認処分が、何らかの権利を獲得するものではありません。
仮に隣地と境界についてトラブルがあり、それを解決しないまま自分で好きなように敷地の形状を設定して申請をしても、確認の処分には影響は無いし、それで質問者様が土地の権利を取得できたわけではありません。
ましてや、確認処分をした側が、何らかの責任を持つものでもありません。

ただ、確認申請は、申請の内容が事実に相違ないことを前提としています。
申請内容に錯誤があった場合の責任は、設計を担当した建築士に、ひいては建築主にもかかると思います。

敷地の境界を含む確定(地積測量図の作成)は、確認申請と別にお考えください。
境界が確定していないと、将来に禍根を残す可能性もあります。
家を建てるにあたって、良い機会と思います。
図面を作成すると、確かに数十万円かかります。でも、必要経費の一部です。

余談ですが、道路側の境界は確定していますか?
たとえば2項道路で、まだ道路査定がされていない場合(敷地と道路の境界、及び道路幅員が未確定)は、セットバック位置を出すため、自分側と対向側の道路境界(道路中心線の位置)を確定することは最低限必要になるかと思います。
でないと、敷地の図面と配置図が書けません。

こんにちわ。

確認申請に使用するために敷地の形状を図面に表すだけなら、誰でもできると思います。
メジャーだけでは少々厳しい気がしますが、平板が使えれば、質問者様でもできます。

確認申請を審査する側(指定確認検査機関、等)は、誰が測量をしたかは不問です。
確認申請とは、あくまでも敷地の配置図含む設計図書が、法に適合していることを確認しろ、と「申請」するだけ。
確認を処分する者は、申請された設計図書の内容が、法に適合していることを「確認」するだけ。

確認処分が、何らかの...続きを読む

Q真北測量の必要可否について質問です。

真北測量の必要可否について質問です。

所有している土地に家を建てる予定で、2社から提案をもらいました。

2社から測量が必要だと言われましたが、1社は真北測量も必要、もう1社は現況測量のみです。
両社とも測量は他社で実施しても構わないとのことですが、当然真北測量抜きの方が低コストです。

約30坪の敷地にRC5階建ての自宅兼賃貸住宅物件を建築予定ですが、真北測量は必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

北側斜線や高度斜線がある敷地で、計画建物が斜線ぎりぎりである場合などは、クリアしている(あるいはどれだけ余裕がある)かを(計算上で)出しておく必要がありますし、確認申請でもその数値と根拠を求められます。
そのような場合には、真北測量が必要になりますし、申請書に測量図の添付を求められることもあります。

日影規制がある地域で、日影の一部が規制内容とぎりぎりであるような場合も同様です。

真北が法規制にはあまり影響がない(あるいは余裕でクリアしている)場合は、他の回答者様の回答の通り白地図(一般書店で売っている地図ではありません)の方位で代用が可能です。

Q建ぺい率と容積率の計算方法

建ぺい率と容積率の簡単な計算方法

を例で良いので教えていただけませんでしょうか?

建ぺい率と容積率オーバーかどうか調べたいのですが

うまく理解できる所がありません。

ご指導のほど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

建ぺい→水平投影面積/敷地面積
容積→延床面積/敷地面積
・・・はお解かりでしょうが。

要は庇が1m以上出た場合の面積の取り方や、車庫が床面積の1/5以下の場合の容積率緩和等細かく調べていくと、極端な場合建築主事ですら考え方、算出方は変わります、素人では不安でしょうね。

建築士に知り合いいませんか?

9割方正解を導いてくれるでしょう。ただで。(なれた建築士なら単純な建物なら簡単に解ります)

住宅で平屋の類、単純な建物のなら別です。素人でも可。

設計事務所のHPで質疑回答してるとこけっこうありますから、そこにメールするのも手。
喜んで教えてくれますよ。

Q建築面積、延べ面積の計算方法について

建築面積、延べ面積の計算方法について教えてください。
住宅が四角形(2階)だと仮定して、

建築面積は 柱芯×柱芯+庇などの突起したものの投影面積

延べ床面積は 1階の柱芯×柱芯+2階の柱芯×柱芯
(庇などは含めない)

で宜しいのでしょうか?
柱芯と壁芯とでどちらを計算に使うのか解らない時もあるのですが、なにか定義ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されるとみなされるからです。
greensnakeさんの言われるように庇先端より2mを超える部分が床面積に計算されるのもその為です。
玄関ポーチや、ピロティー、ロフト等などにもそれぞれ床面積に算入するかどうかの基準があります。

駐車場(屋内)は延べ床面積には算入されますが、容積率の計算に1/5までは算入しなくてもよいという緩和をしてもらえます。

敷地に余裕があれば細かいことを考えなくて良いのですが、ぎりぎりの敷地ですと、確認申請時にいつも行政庁との攻防(相互の見解の主張)が起こります。まあそれは設計士の仕事ですが。

大まかに言えば基本は壁芯です。

建物の敷地に占める割合(建ぺい率)を求める為の面積が建築面積で、
室内的に使える床面積の敷地面積に占める割合(容積率)を求める為の面積が延べ床面積です。

木造ではたいていは柱芯で計算出来ます。
(柱芯=壁芯になりますので)
鉄骨造や鉄筋コンクリート造で柱型が室内に出てくるような建物ですと壁芯での計算です。

細かい事を言えば、バルコニー(屋根のかかった)でも柱や壁に囲われている部分は延べ床面積に含められてしまいます。室内的に利用されると...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング