キセノンランプ、いや、できるだけ正確な解答を得たいので目的を絞ります。
最近自動車で採用が増えているHIDとかディスチャージランプとか呼ばれる放電灯ですが、これを自作回路で点灯させたいのですが、どうしたら良いのでしょう。
僕は少しですが、電子回路の知識はあると思います。
いろいろ調べたのですが、
「20000Vの電圧」
という事だけしか分かりませんでした。この情報は正しいでしょうか?
周波数はどうでもいいのでしょうか?例えば60Hzとか。
トランスって小さすぎると焼けますよね。大きさはどのくらいになるんでしょうか?
また、トランス以外に、もっと良い昇圧方法はありますでしょうか?

あと、放電管の消費電力はやっぱり電圧に比例するんでしょうか?(もちろん放電が起こる電圧であることを前提として)

少しですが、放電灯、キセノン・ハロゲン・ネオン・水銀灯など、書籍を探してみましたが、放射光の特徴や、照明としての長短等、実際役立つ情報が得られなかったので、困ってます。

どなたでも、どんな些細な情報でも、回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自動車用のHIDについてはあまり詳しいわけではないことを最初にお断りしておきます。

20000Vもの高電圧が必要なのは放電開始時のみです。一度放電が始まってしまえば数100V程度の電圧で放電を持続します。放電開始のトリガとなる電圧を発生する回路をイグナイターと呼ぶようです。数百ボルト程度のDCを電極に印加しておき、イグナイターによりトリガを掛けることで放電を開始させています。数100V程度の電圧まで昇圧するのであれば、トランスを利用したインバーターやチョークコイルによるブーストアップコンバータなどが利用できます。トリガに付いては、コンバーターで発生させたDC数100Vの電圧を、コイルを使ってさらに昇圧して使用するのが妥当でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
”とても”参考になりました。というよりほぼ解決しました!
本当に有難いです。感謝します。
確認ですが、必ずしも数百ボルトの「直流電流」でなければならないでしょうか?
ブーストアップコンバーターとやらを利用するとDCになるって事ですか?
完全に全回路を自作するとなると多分ACとなりますが、DCに変換しないとトリガとなるイグナイタを使用するためには直流でなければならない様な気もします。
いや、ほぼ確実にそうですね。そうだとすれば、そのDC(数百ボルト)はかなり安定した(脈動が小さい)DCである必要がありますよね?
(出来たら意見(回答)をお願いします。)

問題というわけではありませんが、次なる疑問が出てしまいました。よろしければまた意見(回答)をお聞かせ下さい。
イグナイタにより、瞬間的に2万ボルトもの高電圧を加える時、当然100ボルトへの昇圧器にも高電圧(逆方向に)がかかってしまいますよね?それは大丈夫なのでしょうか?
まさか2万ボルトもの耐圧をもつダイオードがあるとも思えませんし…。

どうぞよろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/17 23:26

参考URLにかなり参考になりそうな情報がPDF形式でおかれています。

基本的な点灯回路のブロック図も掲載されていましたので、参考になさってみてはいかがでしょう。

私自身は勉強不足でこれ以上の知識は持ち合わせていませんのあしからず、点灯回路を見ると、なるほどこの方が合理的だという構成です。

参考URL:http://www.hpk.co.jp/products/etd/xej.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。
参考URLを見てまいりました。
バッチリ解決しました。
ポイント進呈します。
有難うございました。

お礼日時:2001/03/18 11:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自作高電圧回路のトランスについて

自作高電圧回路のトランスについて

当方テスターしか持ち合わせていない素人です。
WEBで見たICに555を用いた発信回路を作りました。
コッククロフト整流回路も正常に機能しました。
トランスに手元にあったサンスイのST-14(巻き線比20:1)
で試した所二次側で1200ボルト以上の電圧を確認しました。
これをコッククロフト回路に接続しました。
最初は8ミリ位の間隙で放電を確認しました。
ところが暫くしたら放電が止まってしまいました。
トランスは触れない位熱くなっていました。
もう一つ同じトランスを買ってあったので取り替えました。
同じ様な放電を確認しましたがトランスが心配だったので
すぐに止めて現状に至っています。
原因はトランスの変則的な使い方にあった様に思います。
二次側に1000ボルト以上を安定して出力するトランスに何が
適当なのか教えてください。

Aベストアンサー

下記を確認してください。
トランスの利用周波数、利用電圧、利用電流
発振回路の出力可能電力は?
トランスの伝達可能電力は?(上記の、利用電圧×利用電流)

山水のトランスって、オーディオ用ではなかったですか?

Q交流RLC回路のベクトル図の書き方で直列回路は「電流が等しいので電流を基準に書く」、並列回路は「電圧

交流RLC回路のベクトル図の書き方で直列回路は「電流が等しいので電流を基準に書く」、並列回路は「電圧が等しいので電圧を基準に書く」という説明をよく見るのですが

例えば画像の回路ですと電源に流れる電流は2Aです。抵抗に流れる電流はベクトル図より1.2Aでコンデンサに流れる電流は1.2Aでベクトル合成して2Aとなりますので
各素子に流れる電流は向きも大きさも違うのではと思ったのです

「電流が等しいので」「電圧が等しいので」とは一体何が等しいのでしょうか。

また、全てのベクトルを1つにまとめると訳のわからない図になってしまいます。
どこが間違っているのでしょうか
抵抗の電流→IR
抵抗の電圧→VR
コンデンサの電流→IC
コンデンサの電圧→VC
です。

ICとVRは同相なのではないでしょうか
VCとICは90度ずれるはずなのに違ってしまいます

Aベストアンサー

No. 2 です。 
2/12 の並列回路の図の数値がはっきりしませんが、一応、コイルの側の枝について3Ωの抵抗と4Ωのコイル、コンデンサ側の枝について1Ωの抵抗と1Ωのコンデンサとしておきます(コンデンサが√3Ωのようにみえるが、回路の右のベクトル図から見ると、1Ωのように見える)。惜しいところで、計算を間違えているようです。
ということで、計算してみると次のようになります。

この回路について、I1, I2 を求めると、

  I1 = 10/(3 + j4) = 2(3 - j4)/5
  I2 = 10/(1 -j1) = 5(1 + j1) (普通は、j1 とは書かないと思いますがここでは、jの係数をはっきりさせる意味で書いておきます。)
  I = I1 + I2 (計算してください。)
となります。この電流をもとに、各素子の電圧を求めると、

  VR = 3 x I1 = 6(3 - j4)/5, VL = j4 x I1 = 8(4 + j3)/5
  VR' = 1 x I2 = 5(1 + j1), VC = -j1 x I2 = 5(1 - j1)

となります。
あなたの疑問を解決するためには、少し回り道ですが、これらの値でいくつかのベクトル図を描いてみてください。

まず、I1 を複素平面に描く。それから、VR, VL を同じ複素平面に描く。すると、I1 と VR とが同じ向きになっていることが分かると思います。VL は、VR(I1) から、+90度回った方向に描かれていることもわかると思います。そして、2つの電圧を合成した結果は、10 + j0 となっているでしょう。
同じことを、I2, VR', VC でもします。すると、VC は、VR'(I2) から、- 90度回った方向に描かれていることが分かると思います。

今描いたベクトル図を、電流基準で見直します。ということは、ベクトル図の電流方向に実軸を合わせて、ベクトル図を見るということです。すると、電流、電圧の関係は同じでも、なんとなく見え方が違っていることが分かると思います。

これで、どうでしょうか。

並列回路の場合、各枝の電流が違っていますから、そのうちのどれかを基準にして、ベクトル図を描くのは良い方法ではないことが分かります。各枝の電圧は同じですから、それを基準にベクトル図を考えるのが良いということも分かると思います(ただし、慣れていないうちは、混乱するから、ベクトル図を描くときには、電流を基準にして描くことにしておいた方が安全だと思います)。

No. 2 です。 
2/12 の並列回路の図の数値がはっきりしませんが、一応、コイルの側の枝について3Ωの抵抗と4Ωのコイル、コンデンサ側の枝について1Ωの抵抗と1Ωのコンデンサとしておきます(コンデンサが√3Ωのようにみえるが、回路の右のベクトル図から見ると、1Ωのように見える)。惜しいところで、計算を間違えているようです。
ということで、計算してみると次のようになります。

この回路について、I1, I2 を求めると、

  I1 = 10/(3 + j4) = 2(3 - j4)/5
  I2 = 10/(1 -j1) = 5(1 + j1) (普通は...続きを読む

QCR微分回路とRC積分回路に矩形波の電圧

CR微分回路とRC積分回路に、それぞれ矩形波の電圧をかけると、微分回路は尖がったような出力で、積分回路はジグザグな出力になりますよね。

この二つの回路の出力は時定数を変えることによって変換される具合が変わり、入力された電圧が、より変換されて出力される回路がいい回路なわけですが、そもそもそれぞれ二つの回路っていったい何がしたくてあんな変換をさせているんでしょうか?

あの尖がった波形と、ジグザグな波形をどのような用途に使い、究極はそれぞれどんな波形がほしいのでしょうか?

Aベストアンサー

矩形波(四角い波形の波形)を微分すると立ち上がりでプラス方向の
細いパルスが出て、立ち下がりでマイナス方向の細いパルスが出ます。
これらのパルスは正と負なのでどちらか片方だけを取り出しやすいのです。

これを利用すると、入力波形の立ち上がりだけで動作する回路とか
立ち下がりだけで動作する回路などが作れます。解りやすい例では
ボタンを押したときだけ動作する回路、または、ボタンを放したときに
動作する回路が作れます。

積分の方は波形が丸くなるので入力の変化時点より出力が遅くなります。
何らかの遅れを作り出してタイミングを合わせたりするときに使えます。
また、スパっと立ち上がった波形が丸くなるわけですから、信号に
含まれる細いノイズなどは出力に出てこれなくなるので、ノイズでの
誤動作を減らしたいときに使うこともあります。

どちらも、一例です。実際に実用化されている回路ではもっと良い方法
が使われていたりしますが、微分、積分回路の典型的な使われ方の
例です。

Qキセノンランプは何処が光っている?

キセノンフラッシュランプにおいて、
例えば、
長さ400mmφ10の直管型キセノンランプがあり、
ガラス管の外側には、
case1.密着並走させたトリガ線が1本あったとします。
case2.密着螺旋巻きのトリガ線が1本あったとします。

このとき、
a.封入されたガス全体が発光しているのでしょうか?
b.トリガ線に近い一部だけが発光しているのでしょうか?
c.ガラス管断面の照度はトリガ線に沿った場所が最も高いのでしょうか?

Aベストアンサー

中のガス全体がプラズマ状態になって発光します。

トリガはプラズマ放電を開始させるための火種になる放電を
起こすための仕組みです。

Q回路シミュレータcircuit makerでインパルス電圧発生回路の等

回路シミュレータcircuit makerでインパルス電圧発生回路の等価回路を書くには

こんにちは、

circuit makerで、下記HPに記載の
(a) Lで波頭長を作るIG等価回路
(b) Cで波頭長を作るIG等価回
を書きたいのですが、ギャップGの部分をどのような記号で書いたらよいのか?解りません。教えてください。
http://members3.jcom.home.ne.jp/guccitech/HV_IMP_Tsukurou_Keisan.html

Aベストアンサー

以前利用したのは「エンジニア質問箱」でしたね。「技術の森」はサイト運営者が回答するものですね(勘違いしてました)。

>VcSW1を削除してスイッチの部分を短絡させて試しましたら、違う波形になりました
こちらでは同じになりました。添付図の図1はVcSW1を短絡しただけ、図2はVcSW1を削除して制御波形を書き換えたものです。

>Signal Gen -5V/5Vを使用しないでもっと簡単に、VcSW2の部分を表すことが出来るのでしょうか?
できるのかもしれませんがちょっと分かりません。

>1回目は180kvのインパルス電圧が発生しておりますが、2回目以降はほぼ0kvに近いインパルス電圧しか発生しませんでした
10usの時間ではコンデンサにはほとんど充電されないですね。100kΩをもっと小さくすれば充電時間を短縮できますが、VcSW1がないと放電回路と干渉します。最初の回路(VcSW1とVcSW2を使ったもの)だと、コンデンサは200kVの電源と放電回路と交互に接続させることができるので、100kΩを小さくしても干渉は起こりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報