「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

来年子供が小学生になります。

近所に、ほのぼのとした、お受験系ではない小さい小学校があって、
そこの見学に行ってきました。
特にどこが「すばらしい!」という訳ではなかったのですが、
どの学年もみんな、ちゃんと席について、静かに先生の言うことを聞いていました。

以前よく「学級崩壊」って話を聞きました。
特別なことではなく、案外よくある話だとか、
どのクラスにも一人や二人はふらふらと立ち歩いてしまう子や
授業にまったく参加しない子がいる・・・とか。

私が見てきた私学の授業は、特に
「すばらしいなー!」という感じでもなく、
まあ、普通の授業風景だったのですが、
私が見てきた「すべてのクラスで、生徒全員が経ち歩いたりせず
ちゃんと先生の話を聞いている」って
それだけですごいことなんでしょうか?

皆さんの周りの公立小学校はどうでしょうか?

自分自身が小学校を卒業したのがもうウン十年も昔のことになりますため、
最近の学校事情を知りたく、アップさせていただきました。

全国の皆様、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

こんばんは。

教員です。我が子も来年は小学校入学です。
新しいランドセルや、入園式のこと、学習用具なんて考えると、ワクワクしますね。

さて、軽度の学級崩壊、モンスターペアレンツ、給食費未払いなど、
そういった問題は、
学校内で起きていても、公にはされないことが多いのです。

もちろん、手がつけられないほどの学級崩壊が起こってしまえば、知らせようなどと思わなくとも自然に広まるでしょうが、
一人や二人、フラフラしているクラスなんて、普通はあります。
もちろん、全員が席について先生の話を聞いているクラスがほとんどです。
でも、公立なら、誰かがフラフラしているクラスも、校内に2つか3つはあって当たり前です。

ADHD、多動、登校拒否、不適応、母子分離不安など、子どもたちが落ち着かない原因はたくさんあります。
長い目で見て、少しずつ改善していかなければいけない問題もあります。

大体、授業参観なんていうのは、子どもたちの本来の姿ではありません。
いつもはフラフラしてしまう子だって、お母さんが目の前にいれば、そりゃ席にもつきますよ。
いつもは寝ちゃう子だって、お父さんが真後ろにいれば、ビシッと良い姿勢で座りますよ。
…発達障害の子を除いては。

また、ご質問の内容とはずれますが、過剰なクレームや給食費の未払いなどは、日常茶飯事の出来事です。
授業も部活も学級経営も楽しいですが、上記の問題だけは本当に精神的につらくなることも多いです。

うちの地域では、ローンを回収する銀行員のように、教員が電話をしたり訪問をしたりしています。
支払いが滞れば、給食を止めることもあるし、市からの援助費を親が取りに行く前に学校が市に取りにいったり(そこから差し引いてもらう)、
ひどいと、裁判を起こしますよという通達も出ます。

また、過剰なクレームと真っ当な要求は、ある程度経験を積まないと判断できないものなのかもしれない、と最近思います。
新任のころは自信もなくて、保護者からの要求はすべてが真っ当な要求に思えてしまって、とても自分が情けなくなった経験もありますが、
今なら、これは理不尽な要求だな、これは一理あるな、そう判断できますから。

見学に行った学校は私立の学校ですか?
お受験ではなくとも、私立なら、親も教育熱心な方が多いでしょう。結果として家庭でしつけができている子が多く、
子どもも席についていることが多いのだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

本文中では言葉足らずでしたが、
見学に行ったのは私立小学校でした。
「昨今の小学校事情を耳にし、ちょっと不安になり、
公立小学校を止めて、
近所の私立に進学させてはどうかな」と思った次第です。

でも、見学してみたら、私立と言っても、
「おお!これはすごい!」という感じもしなくて。
(ま、そりゃそうですよね。
何となく窓際のトットちゃんのイメージがあったものですから。)

ただ、ひょっとしてこの「取りたてて何もない」状態自体がすごいのかなあ・・・なんて思って質問をアップしました次第です。

現在の教育現場の具体的なお話、ありがとうございます。
と、同時に「先生」もやはり試行錯誤されながら、悩みながら学級経営をされているのを知り、
ちょっと親近感を持ちました(もちろん先生にもいろいろいらっしゃるのでしょうが)。

私も、来年は先生と協力しあいながらいい学級づくりに協力していけるといいな、と思いました。

お礼日時:2009/09/10 12:12

一度でも崩壊してしまったクラスを見たり、聞いたりしたことがあると「すべてのクラスで、生徒全員が経ち歩いたりせずちゃんと先生の話を聞いている」というのは、すばらしい事だなと思います。


うちは兄弟で足掛け10年同じ公立小学校に通いましたが、やはり十年も通えばいろいろありました。
私は学校で何度かクラスの役員はやってきましたが、PTA本部に深く関わったりはしていません(三役とか、委員長とか)。ただ、年数が長かったのでやはりPTAとかかわりの深いお母さんたちとも知り合う訳ですが、やはりそういう方はいろいろ情報を持っていました。
どうしたって問題児や問題のある保護者はいます。ただそれが一学年にどれだけいるかは入って見なければ分からないです。
ただ、タチの悪い保護者は変化はあまり望めませんが、子どもの方は、学年が上がってくればちゃんとしてくる子も多いです。
モンスターペアレンツっていうのは、すごいです。一人いるだけで物凄い破壊力を見せる事があります。怖いですよ。
給食費未払いも、地域差があるんだと思います。うちの学校はかなり少ない方だったようですが、隣の学区の学校は、深刻だったようです。そこは保護者の意識も随分違うな(悪い意味で)と感じた事があります。

学級崩壊は、いつどこに起こっても不思議はないと思います。今無いから安心とはいえないのが一番怖いところだと思います。
うちの場合は身近では上の子が低学年の時に、同じ学年の別のクラスが崩壊し、先生は体調を崩されてそのまま退職なさいました。原因となった子どもたちが数人いたのですが、その子たちとは絶対違うクラスにしてくれ、出なければ転校させるとまで言った保護者も居たそうです。
ただ、昔はそんな風に荒れた子もいましたが、卒業後は、下の子の授業にいらした先生が、「○○さんのお姉さんのいた学年はね、すごくいい子が多くて色々頑張ったんだよ」と褒めてくださるほどの学年に成長していました。
私は自分の学年についてしか知りませんが、やはり各学年それぞれ何かはあったことと思います。ただ、普通はやはりそうそうみんなが知っていると言う状況にはならないと思います。
ちなみにうちの学校は、この小学校に通えるからという事でマンションや家の購入を決める人がいるような学校です。決して荒れ果てた学校ではなく、むしろかなり落ち着いた穏やかな学校です。

>どのクラスにも一人や二人はふらふらと立ち歩いてしまう子や
授業にまったく参加しない子がいる・・・とか。

これは1の方のおっしゃるように学級崩壊とは別問題ですが、もちろん学年にもよりますが結構いると思います。
そして、私立の場合はそういう傾向にある子は、そもそも受験する事自体が難しいでしょうから、公立よりは圧倒的に少ないと思います。
その点では、公立とは違うでしょうね。
公立は、学校としては入学を拒否することは出来ないようなので、いろんなタイプのお子さんがいます。それが良いところでもあると思うのですが…。一度悪い方に転ぶと中々大変です。

例え私立であろうと公立であろうと、学校と言うのは人数が多いですから、それだけいろいろな事が起こるものです。
そういう事は全然無いです、と言い切れる学校はそうそうあるものではないと思います。

上の子が小学校に入って一つびっくりした事、授業中に平気でトイレに行くんですよね…。
もちろん、トイレ行って良いですかとは言う訳ですが、何であれが許されるのか全く理解できませんでした。
休み時間しかいけない、と思うからこそ、きちんと休み時間に済ませるというけじめがつくのだと思うのですが、いつでも行けると思うからか、休み時間に遊びを優先させてる子がいるんです。授業が始まって15分くらいで「トイレ行っていいですか?」っておかしいですよね。
腹痛とかと違うんだから、けじめをつけたほうが良いのになと思いました。
他の親御さんも不思議がってました。蛇足でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

10年近くも一つの小学校と関わっていると、
本当にいろいろなストーリーがありそうですね。

いろいろなかたのコメントを拝見しながら思いますのは、
学級崩壊=子供が荒れているだけではなく、
背後に、親のあり方みたいなものが見え隠れしますね。
子供は成長が期待できるけれど、大人の場合は難しい。

自分がそうした親にならないようにしなきゃな・・・と思う一方で、
そうした親御さんと関わらなければならなくなったとき、消耗してしまいそう。

また、そうした、ちょっとクセのある子が自分の子の身近にいたら、
何とか自分の子供から遠ざけたい・・・とか思ってしまうかもしれないけれど、
でも、それを露骨にやるのは、お互いの子供のためによくないので、
感情的にならず、冷静に静観する度量が必要になるんのかもしれませんね。

ああ、親力を鍛えねば。。。

小学校入学前から、いろいろ考えさせられますね。

お礼日時:2009/09/10 20:11

娘が小学生(公立)です。


娘が通ってる小学校は、
先生が「新任にこの学校が当たり前だと思ったらいけないと言ってます」というくらい
性格が穏やかで素直な子が多いと言われます。
学級崩壊はどこの話?という感じです。

隣の学校は、二年生で学級崩壊があったそうです。
やんちゃな子が集まってしまったらしく
授業参観でも平気で立ち歩いて外へ出て行く。
普段の授業も椅子に寝っ転がってグダグダする。
うち一人の子は他の子にちょっかいを出す一番の問題児らしいです。
親が自分の子を分かってないので、解決まで時間がかかるようです。

道一本挟んで結構カラーが違ってくるんだなあと思っているところです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

自分が子供のころを振り返っても、
不思議と地域性ってあったような気がします。
地域によって親御さんの個性が違う(?)影響か、
それとも、お友達関係によって近所の子同士似てくるのか。

それにしても道一本隔てて学級崩壊と穏やかな学級。

お子さんに関しては、穏やかな方のクラスで良かったですね。

お礼日時:2009/09/10 12:16

学級崩壊は2回ほど経験しています。


原因はいろいろです。
担任の力不足もありますが、保護者がなんでも学校任せにしてしまったり
子どもの話ばかりを鵜呑みにする。子どもの前で平気で先生をおとしめるような会話をする。
学校と子ども、保護者のコミュニケーションがうまく取れていない。
などなど。数え上げればきりがありません。
ちなみに先生がベテランでも崩壊は起こります。

「先生の話を座って聞くことができる」この当たり前のことが
できない子が増えているのは事実だと思います。
立ち歩く=立って歩き回る事だけではありません。
わざと物を落として拾いに行く。トイレに行っていいですか?と
トイレに行く。これも立ち歩きの部類に入ると思いますよ。

先生の力不足。確かにそれもあると思います。
が、昔と違って先生は対子ども、
対保護者(保護者が一番厄介なのだそう)と
相手にしなくてはならず、ひとりひとりがみんな違いますので
本当に大変だと思います。

少しでも納得のいかないことがあると、すぐ市の教育委員会や
県の教育委員会に訴えてしまったりする保護者がいるのは
事実です。

そして、子どものことを注意深く見守っている保護者が
減ってきていると思います。
学校にすべてを任せっぱなしという保護者もとても多いです。

子どもが家で見せる姿だけが本当ではありません。
学校はいつでも見に行ってよい場所だと聞いています。
(実際何度も見に行きましたが)
特別な時以外でも、どんどん学校に出向き
どんな些細なことでも、先生と話し合うべきだと思います。
さらに、うわさはすぐに信じずに、確認すること。

…なんだか「崩壊したら」みたいな内容になってしまいました。
すみません。

「崩壊」と言うとすべてが崩れ去ったみたいな感じですが
「崩壊」せずとも、授業がしにくい。できない。そういうことは
多々あると思います。
またその時の学年カラー、子どもと先生の組み合わせも
そういうことはおこる可能性はいつでもあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。

私が子供のころは、先生の教育方針にモノを言う親はあまりいなかったし、
先生のビンタとか、今でいえば体罰といわれるようなことも普通にありました。
ほんと、時代は変わりましたね。

子供も変わり、親も変わり、そんな時代の流れで、先生と親の関わり方も変わってきて、そんな中での学級崩壊なのかもしれません。

私は、子供のことがどれだけ分かっているか自信がありません。
家庭で見せる姿と、幼稚園で見せる子供の姿が、
全然違うんです。

学校選び(私立or近所の公立)も大切だけれど、
与えられた普通の進路(近所の公立)を選んで、
後はいかに親である私が学校と連携をとっていくかが大切なのかな
とかと思ったりもします。

学校とどんどん関わっていくこと、大切ですね。
私も子供が小学校に入ったら、必要な行動をとれる親になりたいと思います。

お礼日時:2009/09/09 22:01

現在小3の息子のクラスがこのまま行けばきっと学級崩壊になっていたでしょう。



原因は担任でした。
あまりにも何もしなく、こちらが何を言っても改善しない。
ついに夏休み明けから担任交代の一大事になりました。
私自身の小学生時代の担任とまだつきあいがあるので、夏休み中に相談しました。
現役の教師でも「あぁ・・そりゃだめだな」と言うくらいの先生で、
先生曰く、「この先一番不安なのは、お母さん達が子供達に「あの先生はだめだ」
みたいなことを吹き込んじゃって、子供達が先生をなめてかかるようになると
学級崩壊まですぐだよ」だそうです。
でも、長年小学校の先生をやっていると、この手の問題は数年に一人くらいの割合であるそうで、
特別珍しくはないそうです。ただ、数十分の1でその先生に当たってしまった
息子達が運が悪かったんでしょうね。(苦笑)

他に聞いた話では、病気ではなく問題のある子がいる場合にも学級崩壊が起こりやすくなります。
よその学校ではある子一人のために学級崩壊が起こり、その子に振り回され
担任は鬱病になるわ、授業中に学校を抜け出す子まで出てくるわで、
最終的には授業中にお母さん達が交代で学校をパトロールしてみんなでクラスを見守らなければならない状態でした。
その問題児が行く予定の中学校は当然あれること必至なので、にわかお受験が増えたとか。

ちなみに、私の担任が言っていましたが、公立の学校というのは開かれた場所であるのが
大前提なので、授業参観以外の時にも授業風景を親が見るのはOKなんだそうです。
だから、子供のクラスが問題ありそうだと親が不安に思ったら見に行くのは
親として当然の権利だそうです。

まあ、結局私たち親が一丸となって動いたので今回の担任交代という結果になりましたが、
親のクレームもバラバラに出してしまえばただのモンスターペアレンツになってしまったでしょうね。
小学生になれば親の出番はだいぶ少なくなりますが、常にきちんと目を光らせておかなければならないのは事実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですか、やはり、時々そうした荒れてしまうケースってあるんですね。
原因は先生であったり、一部の子供であったり。
それにしても、一丸となってクラスの立て直しに動いた保護者の方々はすごい。
おっしゃる通り、ばらばらに動いていたら、モンスターペアレントになってしまっていたかもしれません。
学校は開かれた場だから、おかしいとおもったら見学にいってもいい、とのこと、とても参考になりました。

私も、いろいろ後ろでひやひやしているだけでなく、
必要に応じて話し合ったり、動いたりできる
「親力」をつけなければ、と思いました。

お礼日時:2009/09/09 16:51

地域によるのかもしれませんけど、私の周りでは「学級崩壊」なんて聞いたことありません。

あとモンスターペアレントもいませんし、聞きません。
給食費払ってない人、っていうのも聞いたことありません。どこの話だろうね、ってよく他の保護者の方と話します。

うちも小学生がいますけど、どの学年もどのクラスも、フラフラしてる子なんていませんし、きっちり授業してますよ。
というか、そもそもそれが当たり前で、まれに立ち歩いたり授業を妨害する子がいる学校があるから「こんな学校もあるんだってよ!!」と話題になるのではないでしょうか?

我が家は転勤族なので、あちこちに友達がいますが、どこの学校も問題なくちゃんと授業できてますよ。ホント、どこの学校なんでしょうね?学級崩壊って(笑)
個人的には、最近は勉強熱心な親が多いと思います。
家庭学習もしっかり癖付けできてるようですし、いい風潮なんじゃないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですか、まったくないというケースもあるんですね。
給食費の未納もない、とのこと。
そうした中でこそ、学校と保護者との信頼関係もいい感じで築けますよね。

学級崩壊は、している場合もあるけれど、
そうでない場所もたくさんある・・・という感じでしょうか。

うちの子供が進学する学校も、学校・家庭の信頼関係も含めて、
そうであるといいのですが。

お礼日時:2009/09/09 09:29

 40代小1・小5娘の父親です。



“「すべてのクラスで、生徒全員が経ち歩いたりせず
ちゃんと先生の話を聞いている」って
それだけですごいことなんでしょうか?”

 いや、それが普通ですよ。ただ、授業に集中できない児童もいますけど。偏見かも知れないがそういう子は保育園とか公立の幼稚園組が多いです。
 最近は親が馬鹿だから子どももまともな人間になっていない場合もあります。知人が授業参観に行ったら男の子が授業妨害していて先生が注意しているにもかかわらず言うことをきかない。で、先生も授業に集中できず、終了。終わってからその子の馬鹿親が“先生、お疲れさま”だと。ここまでひどいのは特殊だけど、この間、上の娘の授業参観に行ったら隣の母親が家庭実習している自分の娘を携帯カメラで撮っていた。旦那が隣にいたときには母親を制止していたけど旦那がいなくなったら周りを気にせず撮りまくっていた。
 まぁ、学級崩壊というより親がアホというのが一番問題じゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

昔と今と、何が違うか・・・というと、
実は親が違うんだ、という話も確かに聞きますね。
昔は先生を立てていたけれど、最近は先生と親がよくも悪しくも対等だ、とか。

私の時代と、教室の雰囲気も違うのかな。
うちもいよいよ来年です。

お礼日時:2009/09/09 06:50

気を悪くしたなんていうことはありませんよ。


障害児教育を専攻し、実際公立小学校でそういった子の在籍する普通学級に補助に入る仕事をしたものですから、つい熱く語ってしまいましたが、私自身、未婚で子供もおりません。
お母さん業ってすごいなと感心します。
    • good
    • 0

>以前よく「学級崩壊」って話を聞きました。


特別なことではなく、案外よくある話だとか、
どのクラスにも一人や二人はふらふらと立ち歩いてしまう子や
授業にまったく参加しない子がいる・・・とか。

この部分、間違っています。
「学級崩壊」とは、児童全員が、担任を担任とも思わず、好き勝手な行動をとるような状態を指します。
最後の2行は、おそらく昔からいたであろう子達ですが、最近増えたとも言われ、その辺りははっきりしないようですが、ADHDやアスペルガー障害等の「発達障害」の子供達です。
知的な遅れは関係なく(むしろ非常に知能が高い場合も往々にしてある)、特別支援学級よりは普通学級に在籍することが多く、このような子供達に対し、他の子供達も段々と理解を深めていくし、最近の教諭達は、精神科医を講師とする研修などで、こうした子供達の理解に努めているので、こうした子供がお子さんの学級にいたとしても、温かい目で見る保護者であってほしいと願います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いろいろ、親として勉強をしていかないといけないませんね。。。

と同時に、私の書き方で、お気を悪くされた部分があるようでしたら、
ごめんなさい。
お詫びさせていただきます。

お礼日時:2009/09/08 19:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学2年のクラスが学級崩壊で困っています

小学2年の子供のクラスが学級崩壊で授業も進まずクラスの子供たちの過半数が勉強が理解出来ていない状況です
先生は「私1人ではもう無理なんです」と、、、
学級崩壊の原因は2人のお子さんの多動行為?で
1時間目早々歩き回りクラスの子を殴る、騒ぐ、お友達の持ち物を便器に捨てる、窓ガラスを割る、学校中何処へでもウロウロする・・・・・等で数人のお子さんは登校拒否や朝になると頭痛、腹痛を訴える、
中には引っ越される方もいましてひどい状況です

問題のある子供の家庭環境は2人とも母子家庭でそのうち1人は
「家に男の人が来たら外に出される」らしくひどい状況で
やはり家庭環境から問題行動が起こっていると言わざるを得ません
問題児の保護者はもう話しにならない(連絡つかない)様です
この問題については今後保護者会を開き話し合って行きますが
簡単に解決出来ないだろうと・・・

子供は(他の子供たちも)
「先生が教えてくれないから勉強が分からない」と困っていますし
親としても不安でなりません
(先生はその2人を追いかけ捕まえ叱り疲れ果て、、、)

年長の頃から公文にお世話になってはいますが
授業に沿ってないですし学校でしっかり授業を受けられない分
このままではいけないと家庭でフォローしつつ
学研か塾に通わせるべきなのかと考えています

普通に授業が行われる日が来るまでこういう状況の中
どうすればいいのかご意見お願いいたします

小学2年の子供のクラスが学級崩壊で授業も進まずクラスの子供たちの過半数が勉強が理解出来ていない状況です
先生は「私1人ではもう無理なんです」と、、、
学級崩壊の原因は2人のお子さんの多動行為?で
1時間目早々歩き回りクラスの子を殴る、騒ぐ、お友達の持ち物を便器に捨てる、窓ガラスを割る、学校中何処へでもウロウロする・・・・・等で数人のお子さんは登校拒否や朝になると頭痛、腹痛を訴える、
中には引っ越される方もいましてひどい状況です

問題のある子供の家庭環境は2人とも母子家庭...続きを読む

Aベストアンサー

私の息子の学年では1年生の時からどこかの1クラスが必ず学級崩壊をしていました。

1年生のクラスで問題児がおり、担任が保護者らと衝突、精神的な病となり、担任が変わりました。

2年生の時には担任が病気になり、また変わりました。
問題児も増えて、ガラスが割れる、暴力、立ち歩きなどがありました。

3年生の時に息子のクラスがあなたの子供さんのようなクラスになり、常に3~6人ぐらいの子供達が授業中に立ち歩きをしていました。
やっぱり問題児がいるのです。
その子が全てを引き起こしています。
私達保護者は「このままではダメだ!」とPTA本部へ助けを求め、PTA本部から教育委員会へ連絡、視察に来ました。
教育委員会は「担任が悪すぎる。が、もう3学期なので手のうちようが無い。ボランティアを入れるぐらいしか対策のしようがない」と言われました。
でも、担任はボランティアの受け入れを拒否。
その時に私達保護者が先生に「授業に私達が行ってお手伝いします」と言いましたが、担任がこれまた断固拒否。
結局、校長や教頭が空いている時間に行く事は了承しました。
そしてそのまま3年生が終わってしまいました。
やっぱりその時に勉強面もですが、クラスが荒れていると息子も精神的に全然落ち着かないのですよ。
勉強面のフォローも大変でしたが、精神的なフォローが大変でした。

4年生になった時に「もうあんなことはごめん」と思い、塾に入れました。
勉強面でのフォローだけでもしっかりしたかったからです。
この時に校長が変わって、息子の学年にはボランティアの人達が入るようになりました。
それでちょっとはマシになって、学級崩壊しそうなクラスが2クラスも出ましたが、なんとか無事に終わりました。
でも、息子はまたその問題児と一緒のクラスになり、今回はいじめを受け、散々でした。
その保護者と話し合いをしましたが、ダメなんですよね。
話が通じる相手ではありません。
校長に「悪いですが、あの子がいつも問題を引き起こしています。もう巻き込まれるのは真っ平ごめんです。
もしまた同じクラスになったら、私どもは息子を学区転校させます」と言いました。

5年生になってその問題児と同じクラスではなくなり、校長も力のある担任をそろえました。
厳しい先生方ばかりです。
そしてボランティアも入れています。
今のところは落ち着いていますが、問題が表面化するのが今までのパターンでは運動会後が多いので安心できません。
特に問題児と一緒のクラスの保護者達は戦々恐々としています。

あなたのクラスの場合は担任が保護者にフォローをお願いしているのですから、
クラスに入っても良いと思います。
3年生のクラスの時は「保護者が授業中に常に2~3人いるような状態を作ろう!」と保護者の時間割を作ろうとしたほどです(拒否されましたが)。
他のクラスの保護者達も「私達も手伝うよ!」と言ってくれました。
今は問題児と同じクラスではなく、被害にあっていないけれど、来年度は一緒になるかもしれないからとみんな協力的でした。
みな仕事やまだ小さい子を持つ人もいる中で、保護者達は必死でした。
校長がなかなか動かないので、PTA本部が動いてくれて、助かりました。
結果、校長が変わり、3年生の時の担任は他の学校へ転任させられました。

自治体にボランティアはいませんか?
また、もう一人、補助の先生を入れてもらうことも今の時期だったら可能かもしれません。
なんにせよ、1クラスの保護者達だけでは動くのも限度があります。
学級委員が中心となり、PTA本部にも協力をお願いしても良い問題です。
これは1クラスだけの問題ではありません。
学校全体の問題なんです。
校長に話をする時もPTA本部役員を連れて行って話をすべきです。
学校側の対策は?
1クラスだけの保護者だけにその責任を押し付ける事は間違っています。

でもやっぱり、誰かがクラスを引っ張らないとなかなか対策もできないし、動きはしません。
誰も動かないならあなたが動くしかありません。
「私は学級委員じゃないから。そんな事苦手だし」というならあきらめて下さい。
そういうふうにできないのなら塾か何かに行って知らん振りする事です。
子供にも「巻き込まれないようにね。勉強さえできたら後のことには目をつぶろうね」と教えましょう。
でも、子供は「こういうことが起こっても自分さえよければ動く必要は無いんだ」と思う子供になります。
実際、そういう保護者も中にはいます。
「私はあなた方のようには出来ない。うちは塾に行ってるからもう良い」と拒否されました。
それも良いと思います。
人それぞれですから。
そして転校とかも視野に入れるべきです。
別に逃げる事が悪いわけではありません。
「教育意識が少ない、モラルの低い地区だったんだなあ」ってことだけですから。
そこから出る事は悪い事ではありませんよ。

がんばって下さいね。

私の息子の学年では1年生の時からどこかの1クラスが必ず学級崩壊をしていました。

1年生のクラスで問題児がおり、担任が保護者らと衝突、精神的な病となり、担任が変わりました。

2年生の時には担任が病気になり、また変わりました。
問題児も増えて、ガラスが割れる、暴力、立ち歩きなどがありました。

3年生の時に息子のクラスがあなたの子供さんのようなクラスになり、常に3~6人ぐらいの子供達が授業中に立ち歩きをしていました。
やっぱり問題児がいるのです。
その子が全てを引き起こし...続きを読む

Q発達障害の子がクラスにいるのですが…

今年5年生になった娘のクラスに発達障害の子供(男の子)が転校してきました。最初は学校からは何の説明もなく、私も他の親も子の事を知りませんでした(その時は発達障害が何かもよく分からなかった)。
ところがその子が転校してきてから数日もたたないうちに、我が子も含め子供達の様子がおかしいことに気がつきました。最初に気がついたのは娘が手の指を痛そうにして帰ってきた時でした。青アザがで来ていたのでどうしたのか聞いたのですが、なかなか答えず…。しつこく聞くと、休み時間に教室でオルガンを弾いていた時、両手の指の上にオルガンのフタを勢いよく落とされたという事が判明。やったのはその発達障害の転校生。娘の話を鵜呑みにするわけにもいかず、学校に電話して先生に事実確認をしました。先生が「そうだったんですか。知りませんでした。よく我慢しましたね、偉いですね。」と言った事にとても驚きましたが、今年赴任してきたばかりの顔も知らない先生なのでそこはグっと堪え我慢して最後まで話を聞きました。そしたらその子が発達障害であるという事が判明。暴力に対する理解力も怪しいという話だった。
なぜそういう子が入ってくる前に学校側の説明がなかったのか腹立たしく思いましたが、幸い大きな怪我ではなかったので その時はちょっと様子を見ようと思いました。そして私はその日の夜に、当然相手の親から詫びの電話があるものだと思い電話を待ちました。侘びがあれば許してあげようと考えていたのです。ところが電話が来ない。全く来ない。もしかして先生はこの事を相手に言ってないのではないかと思い、学校に直接話をしに行った。すると先生は「お話しました」と言う。ただ個人情報の関係で、うちの電話番号を教えられなかったと言うのだ。個人情報と言われてしまうと、こちらはもう何も言えない。結局その時も仕方がないのかと諦めました。そしてその翌月に学校でその子の親と会う機会がありお話をしたのですが、話していて愕然としました。その子の親は「何も聞いてないので知らない」と言ったのだ。私は先生に対して凄く腹が立っていたが、よくよく考えるとその子の親からも詫びはなかった。そしてその子の親の口から出てきた言葉は「うちの子は暴力ばかりではない。頭がいいし、優しい所もいっぱいある。家では暴力を振るったことがない。」という言葉。本当に驚いた。
実際、その次点で学校ではいろんな問題が起きていたようですけどね。暴れるのはほぼ毎日。人を殴ったり、けったり、ホチキスや画鋲・鉛筆を後ろから人に刺してみたり…他にも色々。どうもストレスがたまったり、気に入らない事が起きたり起きそうな時に暴れるようです。
学校で先生は子供達に「●●君は病気だから仕方がない」「少しの事で保健室へ行ってはいけない」「親が心配するから学校での事は家で話してはいけない」と言う指導をしていたという事も判明。中には反発する子もいたようですが、担任に怒られるので結局今みんな我慢していたようです。(今でも我慢しています)
まぁ他にもいっぱいあるのですが、収まりきらないのでカットします。

こういうケースって結構あるのでしょうか。
みんな我慢しなくてはいけないのでしょうか。
学校とも何度も話し合いましたが、まともに取り合ってはくれないし、教育委員会に言った人もいるようですが、全く進展ナシです。
発達障害の子供達を支援したいという学校の気持ちも分からなくはないし、国のそういう方針も、すべてが悪いとは言いません。
ただ、その為に他の子供達がみんな我慢をして生活をしなければならないというのはどうなんでしょう。確かに支援が必要な子もいるでしょう。しかし、毎日誰かが怪我をしているのにそれでも我慢しながら支援をし続けなければいけないというのはおかしいと思うのです。親が常識のあるしっかりした人なら協力したいという気持ちも沸いてきますし、何とかみんなでうまくやっていく方法を探したいのですが、お話しても「みんなに酷いことばかりを言われる」というような事しか言わず、全く話になりません。自分の子供が悪い事をしてるのを見ても止めないでそれ以上暴れないように優しい言葉をかけるだけ(起こったり注意をするともっと大変な事になるんですって)。挙句の果てには「周りにストレスが多すぎるから息子がこうなる」というような事を言うのです。
どうも根は優しい方なので(たぶん)悪気なく言っているようなのですが、だからこそなおさら腹が立つというか…
まぁそれは私個人の感情なので、聞いても堪えていますが。
娘だけではなく、他の子供達の事も心配です。
親に言えない子供の心のケアは一体誰がするのでしょう…
もしだれか同じような経験をされている方等がいたら、意見を聞かせて頂きたいです。解決法の参考に出来ればと思っています。宜しくお願い致します。

今年5年生になった娘のクラスに発達障害の子供(男の子)が転校してきました。最初は学校からは何の説明もなく、私も他の親も子の事を知りませんでした(その時は発達障害が何かもよく分からなかった)。
ところがその子が転校してきてから数日もたたないうちに、我が子も含め子供達の様子がおかしいことに気がつきました。最初に気がついたのは娘が手の指を痛そうにして帰ってきた時でした。青アザがで来ていたのでどうしたのか聞いたのですが、なかなか答えず…。しつこく聞くと、休み時間に教室でオルガンを弾...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧なお返事をありがとうございました。
私を含め、教員というのは、基本的に医学に関しては無知ですし、素人です。
私も知っている範囲・経験の範囲で書きますが、他の回答者さんでお医者さんもいらっしゃるようですし、
もし相反する部分があったら、お医者さんの意見の方を信用してくださいね。

やっぱり、アスペ君だったんですね。
昔は「問題児」と言われ怒られてばかりだっただけの子も、
今は、「どこまでは指導できて」「どこからは、障害だから仕方がない、と割り切るか」という線引きができるようになりました。
でもその分、今回のご質問のように、「周りはそれで納得させられてしまう」という不満があることも事実ですね。

そして、すでに勉強会は開かれていたとのこと。
質問者さんも、最初は歩み寄ろうとしていたけれど、もう限界、という段階なのですね・・・。

そうですね。
親御さんが、勉強会に参加したがらない、というのは、わかる気もします・・・。
「私たちは歩み寄りたいのよ」と、誰か一人が言ったとしても、お母さんは、怖いのでしょうね。
針のむしろにされるのではないか。謝って回るたびに、息子の、そして自分の存在価値が否定されていく・・・というような。

頭がいい、というのは、アスペルガーの子ではよくあることです。
算数や、理論的なこと、暗記などがずば抜けて得意だったりします。
その反面、抽象的なことや、他人の気持ちを想像することがひどく苦手だったりと、アンバランスなのです。
そのアンバランスさが、つまり、「病気」というか、「障害」なのですよ。
アニメの絵というのも、一見想像力を要するようですが、ただのまねっこなら、
コツさえわかれば、「順序だてて」描くことができますし。

やはり、相手に危害を加えるということは、ひどければ、他の子の教育を受ける権利を奪っていることにもなります。
例えば、
教員が、罰として、「廊下にたってなさい!」ということは、「その子が授業を受ける権利を奪っている」という観点からできないのですが、
ある子が、教室で騒いだり、けんかをしたりして、他の子たちが「授業を受ける権利を奪っている」とみなされる場合には、
「他の子たちの授業を受ける権利を守るために」教室から連れ出し、別室で指導するなどの措置が許されています。

これと同じようなことが、今回は使えると思います。

アスペ君が他の子に危害を加えるなら、アスペ君の「教育を受ける権利」も守らなければいけないが、
同時に、「他の子の安全」「他の子たちが授業を受ける権利」だって学校としては守るべきではないのか、
という面を強く前に出して学校側と話されるといいと思います。

つまり、アスペ君にも、他の子たちにも、「安全で」「落ち着いて授業を受ける」権利を満たすためには、離すしかないのではないか、と。
そしてそれには、学校側から親を説得してもらうしかない、と。

アスペ君には、今ついている副担任が、別室で見るとか、親に特別支援を見学してもらうだとか、学校からプッシュしてくれないか、とお願いしてみましょう。
その際、アスペ君のお母さんに、質問者さんから?特別支援をさりげなく話してみたときに、反応が悪かったこと、ここはひとつ、
学校から上手に話をしてみてくれないか・・・ともっていきましょう。

担任じゃなくてもいいのですよ。
保健室の先生、特別支援教室の先生、教頭先生、学年主任、など、話しやすそうな人にお願いしましょう。

もちろん、
アスペ君のお母さんも、とても苦しんでいるのだと思います。
何も考えていないようで、でも、今までたくさん苦しんで、周りから「ダメだダメだ」と言われ続け、
どうしたらいいかわからなくなってしまったのかもしれませんね。
もう、お母さんでさえ投げてしまっているとか・・・。
実際、いますよ。
私の知っているお母さんで、「私はもう知らない。教育係は父親だ」という人が。
最初は、なんて冷たいんだと思いましたが、そうではなくて、母親だからと子どもが小さいころから言われ続けて、もう限界にきてしまったのでしょうね。
そう思うと、そのお母さんもかわいそうですが・・・。

娘さん、自家中毒ですか。大変でしたね。
ちょっと担任の言葉はひどいですね・・・・。
なんでも、はっきり言うタイプの先生なんでしょうか。
まぁ、担任の先生とも、まだまだ長いお付き合いですし、少々のことには目をつぶってやってください。
ちょっと気に食わない物の言い草があっても、「知らないんだな」とサラッとかわしましょう。

丁寧なお返事をありがとうございました。
私を含め、教員というのは、基本的に医学に関しては無知ですし、素人です。
私も知っている範囲・経験の範囲で書きますが、他の回答者さんでお医者さんもいらっしゃるようですし、
もし相反する部分があったら、お医者さんの意見の方を信用してくださいね。

やっぱり、アスペ君だったんですね。
昔は「問題児」と言われ怒られてばかりだっただけの子も、
今は、「どこまでは指導できて」「どこからは、障害だから仕方がない、と割り切るか」という線引きができる...続きを読む

Q発達障害とおぼしき子供がクラスにいます

小2の子供のクラスに、どうみても特別なケアが必要と思われる子供がいます。私は時々ボランティアで学校へ行っていますが、見ている限りその子の様子は以下の通りです。
自分の席に座っていられない、どこかへ行ってしまって戻ってこない、授業中は自分の席にいても全く関係のないことをやっていて、気が向いた時に的外れなことを言う、朝登校しても先生にやってもらわないとランドセルから必要なものを出せない等々で、その子には常にサポートの先生がついています。
でも、時々サポートの先生がいらっしゃらないこともあり、我が子によるとそういう時は担任の先生がその子の「捜索」へ行ってしまい、授業が中断されてしまうそうです。
これからどんどん授業内容も複雑で難しいものになっていくのに、授業が途中で中断されてしまって集中できないなんて、子供達にとっても先生にとっても不幸です。
親御さんは「うちの子供は少し変わっていますので、よろしく」という態度で、お子さんの問題を認識していないのか(認識したくないのか)よくわかりません。参観日などで我が子をみていれば、全く授業に参加できていないことはわかると思うのですが、この方は、我が子が授業中にどこかへ行ってしまっても、平気です。
こういう場合、学校は当然問題を認識していると思うのですが、子供を普通学級から特殊学級へ移す、もしくは必要なケアを受けさせるべく親に強く指導するということはしないのでしょうか?
最近、担任の先生はお疲れのご様子ですし、子供達は、落ち着いて授業を受けられないせいか集中力に欠けるようになったと思います。
なんとかして欲しい、というこの思いは、誰に伝えればよいのでしょうか?担任の先生に申し上げるのは、なんか違うような気がするんです。

小2の子供のクラスに、どうみても特別なケアが必要と思われる子供がいます。私は時々ボランティアで学校へ行っていますが、見ている限りその子の様子は以下の通りです。
自分の席に座っていられない、どこかへ行ってしまって戻ってこない、授業中は自分の席にいても全く関係のないことをやっていて、気が向いた時に的外れなことを言う、朝登校しても先生にやってもらわないとランドセルから必要なものを出せない等々で、その子には常にサポートの先生がついています。
でも、時々サポートの先生がいらっしゃら...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。教員です。
通常学級の子ども達とも、特別支援学級の子ども達とも、日々関わっています。

>時々サポートの先生がいらっしゃらないこともあり、我が子によるとそういう時は担任の先生がその子の「捜索」へ行ってしまい、
これは、ごくごく真っ当な対応だと思います。
その子は、担任の指導が気に入らなかったり、逆切れしたりして出て行ってしまう、のではなくて、
突然、フラフラ~っとどこかへ行ってしまうのですよね?

その場合、担任が一番心配するのは「事故」だと思うのです。
次に、「いたずら」。

校外へ出て、車にぶつかったらどうしよう、とか、
授業中の他のクラスへ入らないだろうか、とか、
中庭のホースや、給食室などなど・・・触ってはいけないものを触って大変なことにならないだろうか、とか。

逆切れして出て行った児童なら、ある程度放っておいても、校内のどこかで時間を潰していたりするものです。
(構って欲しい、という気持ちが裏にある児童は特に)
授業を続けて、休み時間になってから探しに行き、見つけたら話し合えば間に合うものです。
子ども自身にとっても、ちょうど、頭を冷やす時間にもなりますし。

ところが、これが自閉症等の発達障害の児童の場合、冗談ではなく、車にぶつかるかもしれません。
だから、担任も、すぐに捜索にいかざるを得ないのではないでしょうか。

とはいうものの、教室内にいてくれずに、授業が中断されるのでは、他の子が教育を受ける権利まで侵害していますよね、他の回答者様のおっしゃるとおり。

その子のお母さんが「平気」そうなのは、きっと、「慣れている」のだと思います。よい意味でも、悪い意味でも。
例えが悪いかもしれませんが、「赤ちゃん」がフラフラっとどこかへ行ってしまっても、誰も驚いたり叱ったりしませんよね?
赤ちゃんはじっとしているということがわからないし、叱っても通じないからですよね。
でも、できないことがたくさんあっても、我が子がかわいい、ことにはかわりありませんよね。

程度にこそ違いはあれ、同じようなものです。
その子が、フラフラっと出てしまうことは、お母さんにとっては「当たり前」の事実であり、
それでも、「我が子がかわいい」ことにはかわりない、のだと思います。
また、担任よりもずっとその子に慣れているので(当たり前ですね、親なんですから)、
大体どこへ行くかだとか、どういう対応をすればいいかだとかが瞬間的にわかって、不安がないのかもしれません。

だから、そのお母さんが「悪気がある」と思うよりも、「慣れているんだな。でももうちょっと気を使ってくれてもいいのにな」そのくらいに思う程度にとどめておいた方が良いと思います。

担任へ、まずは、いなくなった子を捜索することに理解を示した上で、それでもやはり、授業が続かないのは困るので、なんとかしてもらいたい、と話を持っていくと良いと思います。
サポートする先生がいない日(曜日が決まっているのでしょうか)には、管理職の先生などでローテーションを組んで欲しい、と要望すると良いと思います。
それでもだめなら、曜日が前もって分かっていれば、有志の保護者で対応させていただきたい、と提案するのも良いと思います。

何度か担任と話し合いを持った後、しばらく様子を見て、何も変わった様子がなければ、
改めて、学年主任→教務→教頭→校長→教育委員会
と勧めればよいのです。

担任をとばして、いきなり管理職に話を持っていかれたら、私なら、身構えますね。
話し合いによって築けるはずであった信頼関係などどこへやら、保身に入るかもしれません。

なお、学校側から、強制的に特別支援教室へ移すことはできません。(余談ですが、現在では普通学級→通常学級、特殊学級→特別支援学級、と名前が変わっています)
勧めることはもちろんあります。でも、難色を示される親御さんが多いのも事実です。

親に指導する、というのも現実的ではありません。
「教員」は、「児童」の「先生」ですが、「親」の「先生」ではありません。
教育サービス、という言葉もある昨今ですが、親にへつらう、というのも意味がありません。

教員と保護者は、大人対大人であり、対等であり、お互いの協力のもと、共に子どもを育てていく、のが望ましいと思っています。
まぁ、あんまりにもひどい親御さんには、近所のおばちゃんが説教するくらいな感じで、「親に指導する」先輩教員もいますけどね・・・(苦笑)

あと、同時進行で、お子さんへは、
・その子が教室をうろうろしたり、出て行っても、気にしてはいけないこと。(もちろん、気になるでしょうけど)自分のやるべきことをやること。
・その子にはその子の理由があるのだから、悪く言ってはいけないこと。
を折にふれてお話なさると良いかと思います。

こんばんは。教員です。
通常学級の子ども達とも、特別支援学級の子ども達とも、日々関わっています。

>時々サポートの先生がいらっしゃらないこともあり、我が子によるとそういう時は担任の先生がその子の「捜索」へ行ってしまい、
これは、ごくごく真っ当な対応だと思います。
その子は、担任の指導が気に入らなかったり、逆切れしたりして出て行ってしまう、のではなくて、
突然、フラフラ~っとどこかへ行ってしまうのですよね?

その場合、担任が一番心配するのは「事故」だと思うのです。
次に...続きを読む

Q学級崩壊の原因は、教師の力量不足ですか?

ご回答者さん こんばんわ。

大学のレポートで「学級崩壊」を調べることになりました。

最新の本がないので、「学級崩壊をどうみるか」という
NHK出版の10年前の本を読んでいます。

これによると、
「家庭や社会にも原因があるが、大きな原因は、家庭や社会の変化に
影響を受けた子どもを教育できない教師の力量不足」という結論です。

知り合いの複数の校長も同意見でした。

ただ、この本の前半では、
「力量十分の教師をもってしても、学級崩壊を起こし得る」と書いて
おり、内容として矛盾しています。

ということで、結論が分からず混乱しております。
学級崩壊は教師の力量なのか、ということです。

そこで、何か参考書籍をご存知の方、
参考意見をお持ちの方がいらっしゃいましたらお教えください!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

小学校で勤務しています。
自分自身は幸い、学級を崩壊させてしまった経験はありませんが
周りに崩壊してしまった学級をたくさん見てきましたし
自分の学級がいつそうなっても不思議ではないと思っています。

hokutotukusiさんも、いろいろ勉強してお感じになったと思いますが
「学級崩壊の原因は、100%○○です!」という答えはありません。
教師の力量不足、家庭の教育力低下、社会の変化…と、様々な要因が絡み合っていることは確かです。

ただ、hokutotukusiさんのご質問は
「(ある一人の)子どもの問題行動」の原因ではなく
「学級崩壊」の原因、ですよね。
そう考えると、やはり
子どもを学級という集団として受け入れ、まとめていく立場にある教師の力量は、その原因の大半を占めるだろうと、私は考えています。

図に描くとわかりやすいと思うのですが…
学級崩壊の要因を、仮に【学校体制・学級・教師】【家庭】【地域・社会】の3つの側面から考えてみるとします。

【学校体制・学級・教師】
(良い状態)個性の違いを認め合える人間関係が築けている、児童一人一人が安心して自分らしさを表現できる環境がある、児童と担任の間に信頼関係が築かれている、生活面でも学習面でも教師の指導力が高い
(悪い状態)自分と違うところを認められない子が多く、人間関係がギスギスしている、周りからバカにされることを恐れて自分の気持ちを押しこめて我慢する子がいる、児童と担任の間の信頼関係が崩れている、教師の指導力が成熟していない

【家庭】
(良い状態)子どもが学校でのできごとをよく話す、また、話しやすい環境を親が作っている、友達や先生の悪口も受け止めながら、同意するのではなく前向きなアドバイスをする、我が子の言うことを盲目的に信じすぎない、保護者同士・保護者―学校間のコミュニケーションがよくとれている
(悪い状態)学校のことを話しづらい雰囲気である、その結果子供があまり学校の様子を話さない、我が子の言うことを盲目的に信じ、子どもと同じレベルで友達や先生の悪口を一緒に言う、保護者同士や学校との良好なコミュニケーションが取れていない

【地域・社会】
(良い状態)地域の大人たち(商店街・町内会など)に子どもたちを見守ろうという姿勢がある、学校の行事や学習に協力的である、子どもたちが挨拶ができる大人が地域にたくさんいる
(悪い状態)地域全体が子どもや学校活動に無関心、子どもと地域の大人の交流がまったくない

などなど。私の思いつく限りですが。

この3つの場において、それぞれが「良い状態」にあるならば、学級崩壊は起こらないでしょう。
でも、1つでも「悪い状態」にあると、少しずついいバランスは崩れていき、学級崩壊の原因になるでしょう。
ましてや2つ、または3つとも「悪い状態」であれば…どうなるかは容易に想像できますよね。


問題の原因を一つに求めることは、とても危険なことです。
また、その要因に関わりながら、自分の立場を棚に上げて他にばかり原因を押し付けることも、大変危険です。
なので、私はそうならないよう、自分の対処法、指導法をふり返り、よりよくしていく努力を続けているつもりです。
その上で初めて、家庭や地域にも協力を求めることができるのですから。

話がそれたかもしれません。
hokutotukusiさんの研究と、それが生かされるであろう将来に
少しでも役立てば幸いです。

小学校で勤務しています。
自分自身は幸い、学級を崩壊させてしまった経験はありませんが
周りに崩壊してしまった学級をたくさん見てきましたし
自分の学級がいつそうなっても不思議ではないと思っています。

hokutotukusiさんも、いろいろ勉強してお感じになったと思いますが
「学級崩壊の原因は、100%○○です!」という答えはありません。
教師の力量不足、家庭の教育力低下、社会の変化…と、様々な要因が絡み合っていることは確かです。

ただ、hokutotukusiさんのご質問は
「(ある一人の)子ども...続きを読む

Q発達障害のボーダーにいる息子が普通級に行った場合

発達障害のボーダーな子に対して学校・周りの親御さんはどのぐらいの理解があるのでしょうか?

年中の息子は軽度な広汎性発達障害のボーダーラインにいます。

発達検査など受けてきましたが知的な遅れがなく自閉症的要素を全て持ち合わせてないので診断はいまのところおりてません。

現在は療育に週1回通っています。
保育園の先生はいちおう理解あって息子への対応の仕方を本当によくしてくれています。

息子が苦手とする部分は

こだわりからの切り替えの難しさ(自分の思うようにやりたいため少しでも違うとやり直しをしたりするので時間がかかります)
物事への集中力のバラつき(好きな事・やりたい事に対しては集中力がありますが苦手な事・したくない事だと落ち着きがなく多動傾向があります)
運動面の不器用さ
疑問が出た時の答えが得られないと切り替えが難しい

などなどに対したまに癇癪を起こします。
いちおう成長とともにだいぶ減って落ち着いてきました。

人間関係のコミニュケーション力などはあり相手の気持ちも理解でるので友達とのトラブルはないです。
危害を与えることもなく優しくマイペースな子です。

知的な遅れはなく生活面・言葉はしっかりしてます。

勉強面は得意なようで数字・ひらがな・カタカナ・ABCは全て読めます。
最近は漢字も少し覚え・片方が一ケタなら足し算・引き算もできます。
14日日曜日と分かれば30日は?と聞くと頭の中で曜日を数え計算ができます。

私個人としては4歳でここまで頭を使えるのはすごいって思います。

なのでできることなら普通級で勉強を学ばせてあげたいと思ってます。

本人ももちろん保育園の隣にある小学校へ行くつもりでいて楽しみにしてるわけです。

息子は一見誰が見ても普通の子だと思うんです。
親の私も未だになぜ療育に通ってるのか分からなくなることがあります。
それでも上記にあげたような苦手な面が出るとそうだったと思い出すわけです。
そして対応の仕方があるわけなんですが普通の人から見たら、我がまま・躾が悪い・と誤解を受ける子だと思います。

就学の際、普通級で行くならもちろん就学相談を受け学校側とよく話して私も協力して任せるわけですが・・・
中には集団の輪を乱すと迷惑がる親もいると思うんです。
掲示板を見ててもやはりはっきりと迷惑・障害級へ行ってほしいなどの意見は多いです。

でも息子が障害級に行くのは違うと思います。
本人も疑問に思うと思います。
その中間があれば一番いいなと思うのですが今のところ公立の学校でできる事は通級に行かせることぐらいだと思います。
障害に理解のある有名私立学校や海外にでも行ければいいですがそんなお金はないわけで・・・
私が小さい頃は息子のようなタイプの子はもちろん普通にいたわけで迷惑と感じた事もなく少し変わってるなと思った程度でした。
でも今の時代は周り・教育者・医者・親達が神経質になってるように思います。
プラスの面もありますがマイナス面もあるように思います。

息子はきっと大人になってしまえば個性の一つで済まされる程度なんだと思います。
お医者さんからも普通級を進められました。

実際通って本人によほど負担がかかるのであれば他も考えるつもりですが・・・・。

療育に行ってる場所でも狭い地域で同じような同年代の子供が10人もいます。

なので学校側も受け入れ態勢はできてるのかなと期待もしますが色々な情報を見てると現実はそうでもなさそうです。

迷惑と感じる方は実際に学校に行ってるのは子供だけどやはり自分の子供がいるクラスにマイペースな子がいると迷惑だからいないでほしいと思うのでしょうか?

同じようなお子様を持つ方の経験談・また周りの親御さん達からの素直なお話を聞きたいです。

発達障害のボーダーな子に対して学校・周りの親御さんはどのぐらいの理解があるのでしょうか?

年中の息子は軽度な広汎性発達障害のボーダーラインにいます。

発達検査など受けてきましたが知的な遅れがなく自閉症的要素を全て持ち合わせてないので診断はいまのところおりてません。

現在は療育に週1回通っています。
保育園の先生はいちおう理解あって息子への対応の仕方を本当によくしてくれています。

息子が苦手とする部分は

こだわりからの切り替えの難しさ(自分の思うようにやりたいため...続きを読む

Aベストアンサー

僕は今、小学校6年です。
父が医者と言う事もあるのですが、発達障害に関しては、色々勉強しました。
父の影響もあり、将来医者を目指しているんです。

僕のクラスにも、そんな感じの子が居ます。
でも、言われなければ分からないくらいですよ。
そんな、普通の子と変わりませんし。
あなたのお子さんも、軽度のようなので、あんまり気にせず普通学級に通ったほうが、いいんじゃないかなぁって思います。
実際に入ってみてお子さんがつらいようなら、障害学級に行かれたらいいと思います。
もう少しして、小学校に入ることになったらお子さんの気持ちを聞いてあげるのも、いいかも知れません。

それと、4歳でそこまでの計算などができるのは、すごいです。
普通もう少したったころから、できるようになるお子さんが多いです。
1年生の勉強なんて、2+3=5ですよ。
勉強面は、問題ないじゃないですか。
お母様は心配かもしれませんが、僕たち子供から見れば普通の子なんですから。

色々と書き込みましたが、これは僕たち子供から見た感じです。
参考までに・・・・
お母様も色々と大変かと思いますが、がんばっていただけたらと思います。
応援しています。

僕は今、小学校6年です。
父が医者と言う事もあるのですが、発達障害に関しては、色々勉強しました。
父の影響もあり、将来医者を目指しているんです。

僕のクラスにも、そんな感じの子が居ます。
でも、言われなければ分からないくらいですよ。
そんな、普通の子と変わりませんし。
あなたのお子さんも、軽度のようなので、あんまり気にせず普通学級に通ったほうが、いいんじゃないかなぁって思います。
実際に入ってみてお子さんがつらいようなら、障害学級に行かれたらいいと思います。
もう少しし...続きを読む

Q恐ろしい担任の先生に、「子供が怖がっている」と言っても大丈夫でしょうか?

小2ですがクラス替えがあり、この春からの娘の担任(50代の女性)がえらく恐ろしい人で、娘が心底怖がり学校に行きたがらず困っています。
毎日学校まで行かせるのが大変です。(去年までは喜んで行っていたのに)
それで、その担任の先生に、
「子供が先生に恐怖感を抱いていて学校に行きたくないと言っているんですが」と言おうか迷っているのですが、どう思われますか?
こういうタイプの先生は、親がそういうことを言うと、逆にさらに子供に当たったりするものでしょうか?

「今の子は甘やかされて弱い。厳しくしなければ」というのがその先生のポリシーだそうです。
私も最初のうちは、厳しくされるのもいいかもと思っていました。
周りの子でとても過保護な子もたくさんいて、先生の仰ることも、それはそうだと思うところもあったので。
(うちはとしごの二人兄妹で、私も世話に手が回らないところもあり、小さい頃から何でも子供に自分でやらせているし、過保護に育てたつもりはありませんが。と言うより単に過保護になどできない状況だっただけですが)

小2の娘は先生のことをとても怖がっていて、
「学校に行きたくない。先生がいつも怒っていて怖い。みんな怒られる。先生の目が怖い。」と言って大変なビビリようです。
もともと明るくのんびりした子だったので、最近の様子は尋常ではありません。
漢字の宿題も、「先生に怒られる」と言って必死で何度も何度も書き直して少しでも字が乱れると泣きそうになりながら書き直し続けています。
半泣きで消しては書き直し、消しては書き直しを何度も続け、1時間半もかかり1ページ。
傍で見ていても可哀想で、先生に無性に腹が立ちます。

50代の女の先生ですが、冷たい雰囲気、目つき鋭く、私も授業参観のとき、先生と目が合って思わずぞおっとするぐらいでした。(その時初対面でした)

来週、家庭訪問ばあるので、その時に、
「娘が先生のことをものすごく怖がっていて学校に行くのが嫌がっていて困っています」と言おうと思うのですが、はっきり言うとやはり失礼でしょうか?
子供が異常に怖がっているので、できれば先生が子供に与えている恐怖感について、ご配慮をお願いしたいのです。
でも、そのやり方で今まで30年やってこられたであろう先生なので、言ってもムダか、逆効果なような気もします。
とても陰険な感じの先生で、「あの先生は子供のことが嫌いだもんね」という噂のある方なので、親がそういうことを言うと、逆に子供に当たられそうな感じがして、言うかどうか迷っています。
やはり黙っていたほうがいいのでしょうか。
先生に直接言って子どもに当たられたりしたらますます子供がかわいそうなことになるので、学校のスクールカウンセラーに匿名で相談したほうがいいでしょうか?
それとも、何もせず、黙って我慢するほうが無難でしょうか?
アドバイスどうぞよろしくお願いいたします。

小2ですがクラス替えがあり、この春からの娘の担任(50代の女性)がえらく恐ろしい人で、娘が心底怖がり学校に行きたがらず困っています。
毎日学校まで行かせるのが大変です。(去年までは喜んで行っていたのに)
それで、その担任の先生に、
「子供が先生に恐怖感を抱いていて学校に行きたくないと言っているんですが」と言おうか迷っているのですが、どう思われますか?
こういうタイプの先生は、親がそういうことを言うと、逆にさらに子供に当たったりするものでしょうか?

「今の子は甘やかされて弱...続きを読む

Aベストアンサー

PTA役員を長くしておりました。お気持ちお察しいたします。

まず、基本ラインとして「お子さんを守って上げられるのは保護者だけです。全力を尽くして守ってあげるからね。」というのが基本です。学校に対しては、一つの相手にというよりは色々な道からアプローチしてごらんになるのが有効かと思います。PTA、保健室、カウンセラー、学年主任、副校長、校長などの方々の中で、お話しやすい方からまず始めてはいかがでしょうか。

またお父さんが校長先生に面談をお願いするというのは、私の経験ですと学校側に対しては正式な申し入れという形になりますので、良い方法だと思いますが、効果がどの程度期待できるかというと、担任、学年主任、校長などの先生方の個性によるところもありますので、学校により、そのときによって色々です。

ところで、この事態をいくつかの面から考えていただきたいと思います。こういったタイプの先生は、一部の保護者には大変評判が良いということもあるのです。先生がクラス全体をしっかりと統制してくれていて、宿題もしっかり出してくれて、字もきれいに書くようになって・・・ということですね。また先生ご自身も長年こうした方法で指導をして実績をあげてこられたわけで、ご自分に自身を持っておられることが多いので、お話しする場合には相応の配慮が必要なのは言うまでもありません。

ここでさらに見方を変えて、お嬢さんの今後10年間ぐらいを考えてごらんになると、また別の視点も生まれるかと思います。この先生の元で普通に学校生活を送っておられるお子さんもたくさんおられるわけです。お嬢さんとの違いは何でしょうか?うちの子がおそらくお宅のお子さんと似たタイプではないかと思います。違うかもしれませんので、あくまで参考程度にとどめていただければ幸いです。うちの子は他人から見ると場合によってはちょっと「繊細すぎる」ととらえられかねない子で、「先生が自分ではなく他の子を大声でどなっているだけで、どきどきしてしまって、自分もきちんとしなければ、と非常に強く思ってしまう」という状況があります。字を丁寧にかかなければ、というのは先生ご自身は一般論として、あるいは別のお子さんにおっしゃったのかもしれませんが、お嬢さんはそれを「完璧に書かないと許されない」と受け取っておられますし「先生に怒られるのは大変悪いことで、先生に怒られないように完璧な字が書ける自分でなければ許されない、先生に期待された行動を完璧にこなして当然だ」といったとらえ方も見られますね。学校では、先生に怒られて、怒られたらそれを直す、そういう経験をするのが当然のことで、まったく先生にしかられない完璧な子で居ようと思っても難しいのですが、お嬢さんはそれは困ると思っておられるように感じます。先生に字が汚くてしかられても平気で「はい、次はもっとがんばります」って明るく言ってがんばる、というお子さんもおられるわけで、完璧でなくても大丈夫なわけです。

お嬢さんはこういうタイプの先生に出会ったは初めてで、こういうタイプの先生に指導されると萎縮してしまって、できることもかえって出来なくなるのだと思いますから、可能であればクラスを代えていただくなどの対応が必要かと思われます。でも一生親御さんがそのたびに対応していくわけにもいきませし、たとえば就職してこういうタイプの上司にあたる可能性もあります。実際はお子さんは成長するにつれて少しずつ慣れていかれると思います。そういう意味では今回のことは成長の一つの過程でもあると考えられてはいかがでしょうか。うちの子は小学生の時は大変で、先生がこわくて学校に行かないと泣いておりましたが、そのときは担任の先生にご理解をいただいて、少しずつ慣れていき、高校生になった今はそういうことは全く平気です。先生に叱られながらも、完璧を目指さず、自分のやりたいことをやって、安心して学校生活を送っています。中学の頃はまだそういう傾向が若干見られました。

だからといって、今回何もしないということではなく、しっかりとお嬢さんが満足する結果になるように各方面に相談されるのがいいと思います。

PTA役員を長くしておりました。お気持ちお察しいたします。

まず、基本ラインとして「お子さんを守って上げられるのは保護者だけです。全力を尽くして守ってあげるからね。」というのが基本です。学校に対しては、一つの相手にというよりは色々な道からアプローチしてごらんになるのが有効かと思います。PTA、保健室、カウンセラー、学年主任、副校長、校長などの方々の中で、お話しやすい方からまず始めてはいかがでしょうか。

またお父さんが校長先生に面談をお願いするというのは、私の経験ですと学校側...続きを読む

Qアスペルガーのお友達

小学5年生の女の子の母です。
同じクラスにアスペルガーの子(女の子)がいます。
以下、現状を箇条書きにします。


・彼女は2年生くらいからとにかく、娘にべったり寄りかかり
 娘は「お世話係」のよう 
・彼女は娘以外特に仲良しのお友達は1人いるかどうか、といった感じ
・娘は他に仲良しのお友達はいる
・そのお友達から見ても、寄りかかりぶりは度を超えていて
 「私ならキレる」くらいだそう
・クラス内でも、なんとなく敬遠されている?
・「アスペルガーと言うと、クラス内でも偏見で
 見られ、果てはいじめに合うのでは?」との
 親の意向で公にはしていない
・担任が知っているかどうかは不明だが
 なんとなく「学習障害・・・?」と思ってはいる
・彼女の親は「(うちの娘に)迷惑をかけて申し訳ない。
 負担になってつき放されても、仕方がない。
 アスペルガーだと、話しても理解は難しく
 また、知った事によって負担が増えるおそれもあり
 話さなくてもよい。(娘の口から広まるのを
 防ぐ意味もあるのでしょう)
・今まで言葉で傷つけられた事は多々あり
・そんな彼女を去年あたりから娘は重荷に感じている
・放課後、休日は頻繁に遊びの誘いを受けるものの
 過去、いやな思いをたびたびし、別のお友達を交えて
 遊べばケンカが起き結果、娘が悪者に、という
 パターンが多い為、何かと理由をつけて断っている。
 が、それも罪悪感が残りストレスに


このような現状で、娘は毎日のように彼女のグチを
こぼします。話を聞くかぎり、負担に感じるのは無理も
ないほどです。
私としても頭では彼女はわがままとかなんかじゃない
仕方がない、理解しなきゃ、と思っていても
「なんで、娘だけがお世話係で、振り回され
挙句、ひどい事を言われ、こんなにストレスを抱えなきゃ
ならないの?」という
思いが拭いきれません。
それなので、うまく娘に助言ができません。
せいぜい「それは大変だったよね。あんまりなら
先生に言うんだよ。」くらいです。
アスペルガーに対して勉強不足=理解不足なのが一因ですが。

こんな現状を、改善するよい方法や
また娘にはこんな風に言ってみたら?
などというアドバイスがありましたら、お願いします。

小学5年生の女の子の母です。
同じクラスにアスペルガーの子(女の子)がいます。
以下、現状を箇条書きにします。


・彼女は2年生くらいからとにかく、娘にべったり寄りかかり
 娘は「お世話係」のよう 
・彼女は娘以外特に仲良しのお友達は1人いるかどうか、といった感じ
・娘は他に仲良しのお友達はいる
・そのお友達から見ても、寄りかかりぶりは度を超えていて
 「私ならキレる」くらいだそう
・クラス内でも、なんとなく敬遠されている?
・「アスペルガーと言うと、クラス内でも偏見で
 見られ、果...続きを読む

Aベストアンサー

>アスペルガーだと、話しても理解は難しく
確かにその通りなのです。
教員は、発達障害について詳しい人もいますが、
知識のない人も少なくありません。
医療関係者ではなく、教育が専門なのですから、
「聞きかじった」「経験則で知っている」程度なのです。

特別支援学級の教員なら詳しいかというと、それもまた違います。
情熱をもって研究を重ね、素晴らしい特別支援教育をしている
先生方も多くいます。
けれど中には、「担任を持てないから特別支援に」左遷される人も、
現実としています。
ですから、特別支援教育の教員と話す機会がこの先あれば、
どちらの側の人間なのか、注意した方がよいです。

通常学級の中で、アスペルガーの子とうまく関わっていく、というのは、
とても難しいことです。
理想的には、クラス全体で、アスペルガーの子を支えていくのがよいのですが、
なかなかそれができている学級は多くありません。
多くは、クラスで多々問題を起こして敬遠されていたり、ご質問のように特定の子が負担を負わされている状態であったりするでしょう。

クラス替えのとき、教員は、「人間関係」も考慮の対象に入れます。
相性が悪くトラブルになることが多い子たちは離しますし、逆に、相性が良すぎて一緒に悪さをしてしまうような子たちも離します。
障害がある子、または問題の多い子には、「お世話係」というか、トラブルになりにくい子を一緒につけます。
アスペルガーの子とうまく付き合える子というのは、とても稀少です。
この子と一緒なら、障害のある子が問題を起こす割合が減る、そういう子がいれば、同じクラスにします。
ひょっとして、小2からいままで、ずっと同じクラスなのですか?
学校の都合で、意図的に同じクラスにされているのではありませんか?

お子さんはえらいですね。
お子さんがアスペルガーのお友達を精神的に支えているからこそ、クラスの中では、お友達は問題行動が減っているのでしょうね。

けれど、いい加減に負担だと思っているのなら、担任に相談してください。
担任が障害のことを知らない可能性があるのなら、アスペルガーという名前は出さなくていいですが、クラスを離してほしいことをはっきり伝えた方がいいです。(単学級でなければ…)
約束はしてもらえませんが、たぶん来年は離れますよ。(2月と3月初旬くらいにもう一度念を押す)

社会に出ても、発達障害の大人はいます。
自分に対して攻撃的な人間もいるし、寄りかかってくる人間もいます。
質問者さんの周りにも、「あの人ちょっと度を越しているよな」「変だよな」という人いませんか?
そういう人たちと、どう付き合っていますか?
同僚やご近所さんになるたびに、退社したり引っ越したりするわけにもいきませんよね?

そういう人たちと、ケンカせず、どううまくつきあうか、どううまく流すか。
そして、そういう人たちと接するときのストレスとどう付き合うか。
それを大人として娘さんに教えてあげる良い機会なのだと捉えてはいかがでしょうか。

>アスペルガーだと、話しても理解は難しく
確かにその通りなのです。
教員は、発達障害について詳しい人もいますが、
知識のない人も少なくありません。
医療関係者ではなく、教育が専門なのですから、
「聞きかじった」「経験則で知っている」程度なのです。

特別支援学級の教員なら詳しいかというと、それもまた違います。
情熱をもって研究を重ね、素晴らしい特別支援教育をしている
先生方も多くいます。
けれど中には、「担任を持てないから特別支援に」左遷される人も、
現実としています。
ですから、特...続きを読む

Q教員の方にお伺いします(クラス分けについて)

毎年春になるとやってくるクラス分け、うちの学校は1年に1度あります。前々から気になっていたのですが、クラス分けってどーやって決めているのでしょうか?うちの学校では生徒が見る限り、成績などは全く関係していないようです(学校側が成績順ではないと言っています)。私には中1の時に親友になった子がいます。私達の仲は知る人ぞ知るという感じで、超有名ペアです。その子とは中1以来同じクラスになっていませんが、もし来年も違うクラスになると、確立的におかしい事になってきます。でも、おそらく意図的に離されることでしょう。やっぱり仲良しどうしは意図的に離したりするんでしょうか?ではその他はくじ引き?それとも密かに成績順で振り分けているのでしょうか?教職員の方、ぜひ教えて下さい!

Aベストアンサー

カテゴリーは「高校」ですね。実は高校においてはどうやっているか、全く知りません。小学校、中学校については、以下の参考URLで、詳しく述べられています。私の回答欄も参考にしてください。

さて、「知るひとぞ知る超有名ペア」がいた場合、クラス分けではどうするか。私が関わっていたら、やはり、離そうとするでしょう。

それだけ仲のよい友達ならば、ほうっておいても親交を結ぼうとするでしょう。むしろそういう子達には、それぞれ別の環境に入ってもらって、新しい人間関係を広めてもらいたいという願いを持ち、別のクラスにします。

ただし、その仲良しが、一人になると大変いじめられやすかったり、二人がペアでないと普通の生活さえままならないような、病的な心配のある場合、ペアとして同じクラスに入れることもあります。

学級社会を作るに当たり、最も危険なことは、意外に思われるかもしれませんが、特に女子の間で「仲良しグループ」が「派閥」をつくってしまうことです。この仲間に入ったら、あっちの仲間とは関わらない、とか、仲間だけの秘密を作って、他の仲間とは、別だというようなつながりを強めたり。

そうこうするうちに、嫌がらせ、陰口、いじめが始まります。これは、世界中のいかなる優秀な教師をもってしても、解決のできない最悪な問題です(本人たちが自覚していないのが一番まずいのだが)。

もちろん、質問の文から考えるに、あなたたち二人がそのような陰険な動きに出るとは考えられません。しかし、あなたたちの仲の良さを横から見ている別のグループが、どんなことを考えているか。

陰険なタイプの仲間グループができてしまうと、その子達は、先生、親、先輩、警察よりも、そのグループの仲間の顔色をうかがうことを最優先してしまいがちです。そのグループの中にいられないと、学校生活が地獄になってしまうからでしょう。しかし、そんな考えの子達ばかりが集まった学級は、どうなってしまうのでしょうか。

係を決めるのも、グループを決めるのも、行事の仲間わけをするのも、すべてそのしがらみの中で動こうとして、学級を向上させようとまでは考えていない。こうした学級は、崩壊していきます。毎日、「自分はこの仲間にいられるか」だけを考えて生活していかなければなりません。

教師の願いは、「この子達が将来社会人になったとき、どんな出会いの場に立っても、人として仲良くいっしょに活動していける人間になって欲しい」「好き嫌いを超えて、仕事上などの目標に向かって、共に向かっていけるだけの人間的資質を持って欲しい」であります。

…極端な例を紹介しました。ただいまのものは中学校の例ですが、学級である以上、「公」(おおやけ)の意識が成長しないといけません。そんなわけで、クラス分けは、毎年大変なのです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=162721

カテゴリーは「高校」ですね。実は高校においてはどうやっているか、全く知りません。小学校、中学校については、以下の参考URLで、詳しく述べられています。私の回答欄も参考にしてください。

さて、「知るひとぞ知る超有名ペア」がいた場合、クラス分けではどうするか。私が関わっていたら、やはり、離そうとするでしょう。

それだけ仲のよい友達ならば、ほうっておいても親交を結ぼうとするでしょう。むしろそういう子達には、それぞれ別の環境に入ってもらって、新しい人間関係を広めてもらいたいという...続きを読む

Qクラス分けの際、担任が生徒を選んでいる?

「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。
もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。これは、実際に行われているんでしょうか?

教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。こんなときは悲惨です。また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。

クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 
上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。
この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。

最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。そのとき同時に、学年の先生が決定します。このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。

その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。(この子にはこんな配慮が必要、など)

…とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。
 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。しかし、教師自身さえ、(少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。希望が通るとは限らない。ましてや子どもたちにおいては、です。

私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。

でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。」というものがあります。

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当...続きを読む

Q高学年の担任をすることについて

実際に小学校の担任をされた事のある方に質問します。今年担任をして三年目です。今までずっと低学年ばかりもってきました。しかし来年はおそらく5.6年生を担任することになりそうです。今まではトラブルなどもありましたが頑張って乗り越えてきたつもりです。しかし多くの先生が「低学年はいいよねー。高学年はやりがいあるけど来年はつらいよー」といつも言われます。すると始めはやる気いっぱいだったのに、だんだん不安でたまらなくなってきました。多くの先生方が高学年を持って体をこわされています。子供は子供だと思って接しようと思いますが正直今は怖くてたまりません。また子供を保育園に預けながら働いており、体を壊しながら働くならこの子の為にだけ生きてみたほうがいいかもと思い悩んでしまいます。もちろん仕事が楽しいだけではないことは分かっています。ぜひこんな考えに陥ってしまっている私にアドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 辛いことは確かです。子どもたちとうまくいくかどうかで全く違う2年間になります。私は何回か5,6年生を担任しましたが、子ども扱いをしないことで、彼らの自主性や責任感をそだて、学校生活作りを応援しました。大人のようで子ども、子どものようで大人な彼らですが、一人前として接することが一番大切だと思います。子供だましの手法は通用しません。また、思春期に突入するので難しい問題もたくさん出てきます。世の中の情報に惑わされる前に「愛や性」について先制攻撃をしておかねばなりません。中学受験組みが多いとそれもまた大変です。親掛かりでがむしゃらに突っ走ってしまいますから・・・。そんなことが複雑に絡み合いながら、高学年をどう乗り切るのか?子供同士の結びつきが強いと、子どもたちと協力して超えていくことはできます。そうなったとき、それは子どもにとっても教師にとっても最高の財産になります。でも、そうならないことも多いのは事実です。低学年ばかりやっていた20代後半の先生が高学年を持ってやめちゃった例も知っています。ただ、一年から六年までを通して経験しないと教師として一人前とはいえないでしょう。出口付近を知らない、入り口を知らないでは、見通しを持った教育はできませんから。・・・後は一人で抱え込まないことも大事です。学年会を開いて相談をしあう、学級通信を出してクラスの様子を知らせ家庭の協力も得る、保健や図書、音楽の先生などと情報交換を密にする・・・いろいろ手立てはあります。若くて頭が柔軟なうちに挑戦することをお薦めします。成人した、社会人になった教え子は高学年の担任に帰ってくることが多いです。「あの時、このクラスを持ってよかった。」という感慨にふけられるのは、高学年を持った教師の特権です。がんばってください。

 辛いことは確かです。子どもたちとうまくいくかどうかで全く違う2年間になります。私は何回か5,6年生を担任しましたが、子ども扱いをしないことで、彼らの自主性や責任感をそだて、学校生活作りを応援しました。大人のようで子ども、子どものようで大人な彼らですが、一人前として接することが一番大切だと思います。子供だましの手法は通用しません。また、思春期に突入するので難しい問題もたくさん出てきます。世の中の情報に惑わされる前に「愛や性」について先制攻撃をしておかねばなりません。中学受...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報