バーチャルFXのデモをしたのですが、損するばかりで全く勝てません。
勝つ確立と負ける確立は二分の一と聞きますが、どう考えても勝つ確立の方が少ないです。お金がどんどん減っていきます。
なんでこうなるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は、バーチャルFXで、1ヶ月で、資金を2倍以上にできました。

しかし、そうなるまでに1年以上かかっています。

チャートのテクニカル手法でうまくいきます。まず、チャートの読み方の基本を学んでください。
そして、FXは順張りでわりと簡単にかてます。しかし、トレンドの把握が少し難しいでしょう。
まずは、日足、4時間足でトレンドが明確なときに、順張りでやるとよいでしょう。
    • good
    • 0

デモであれば、試しに買いだと思った時にわざと売ってみて下さい。



勝てればテクニカルの問題だと思います。

それでも勝てないのであれば、精神的な問題です。利益が出ていればさっさと決済し、損失は今にプラスになると思い、なかなか決済せず、利少損大になっていると思います。

損した時の原因を自分なりに分析し、自分でルールを決め、それを確実に実行し、それでもだめなら又原因を追究し、ルールを決め実行とそれの繰り返しで1年後にはある程度勝てるようになる(デモなら2・3月で勝てるなか?)と思います。

デモで勝てるようになってもリアルで勝つのは、もっと難しいと思いますよ!
    • good
    • 0

よく、勝率が50%なのに。

。という人がいますが、

スプレッドの分を考慮するとトレーダーから見て、
エントリーした瞬間に既に負けています。

なので、エントリーした瞬間の勝率は0%です。
    • good
    • 0

>勝つ確立と負ける確立は二分の一



これが成立するには以下の条件を満たす必要がある。

○勝ち負けの幅が同じ幅
+100pipで利益確定、-20pipで損切りとすると負ける確率が高くなる。

○十分な試行回数
確率が50:50でも、試行回数が少ないと期待する確立どおりに収まらないことがある。コイン投げを10回やっただけでは全部表ということもある。
期待される確率どおりに収斂するというには十分な試行回数が必要。

○スプレッド・手数料の影響が無視できるほど小さい
これが大きいと50:50という確率が成り立たない。
仮に±5pipで決済というスキャルピングをやろうとした時にスプレッドが2pipあると、+5pipになるには7pipのプラスが必要で、-5pipになるには-3pipのみ。
これだと1取引当たりでは負ける確率が70%になる。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFXって勝率がものすごく低いのに勝つか負けるか2分の1って

なぜなのでしょうか?

チャートは感情だとよく言われますが、
そこについて倍率と結果の乖離がなぜこんなにもはなれているのでしょうか?

Aベストアンサー

二分の一ならものすごく低くないですよ。
丁半博打と同じですよね。
競輪、競馬、パチンコ、競艇、がもっと損する。
FXは、先物取引より安全だよ。

QFXの種類やデモ(バーチャル)トレードについて

先物やオプションは経験がなく、現物・信用取引は少しやっていてFXに興味があります。

(1)FXやCFDとの違い(CFDでもFXが出来るとちらっと読んだような)や、仕組み、注意点など。

(2)個人の好みや適性もあるでしょうけど、株と比べて難易度はFXはどうでしょうか、他の質問サイトの回答で1年位デモ取引をした方がいいとか株でうまく行かないのにFXはもっと難しいと書いてる人もいましたが。

(3)ちらっとネットで見たら、FX(店頭?の意味も分からないです)、くりっく365(東証がやってる?)、大証FXで全てですかね、今まで野放しだったのが問題があって即席で始めたからかサービス競争で分化したのか、これらは何が違うのか、仕組みやサービスでしょうか。

(3)私はデモ(バーチャルも同じ?)トレードから始めたいんですが、デモトレードがどんな物かも知らなくて資金を必要としないで実際に行われてる取引をリアルタイムで資金を使ってやる時と同じツールで見てやるものなのか、結果はすぐ出るのか、どの会社も同じなんでしょうか。
だいぶ前に、野村だったか忘れましたが株のバーチャル取引で過去の取引を元にしたものがあって、結果が出るのが遅くて少しやってやめた事があって。

(4)デモ(バーチャル)取引は、FX、くりっく365、大証FXのどの会社でも出来るのか、何か違うのか。

(5)よく分からないので条件を挙げにくいですが、実際の取引に近いデモ取引が出来る・手数料や税も安くてツールの機能が豊富というか使いやすくて実践的・資金管理がしっかりしていて登録が簡単なところがあれば理想的ですが、お勧めの会社とその理由もお願いします。
デモトレードをやるのと実際に始める会社が、手数料やツールの機能や使いやすさ等から別でも構わないです。

(6)参考サイトや、比較項目が充実した比較サイトもあれば教えて下さい。

先物やオプションは経験がなく、現物・信用取引は少しやっていてFXに興味があります。

(1)FXやCFDとの違い(CFDでもFXが出来るとちらっと読んだような)や、仕組み、注意点など。

(2)個人の好みや適性もあるでしょうけど、株と比べて難易度はFXはどうでしょうか、他の質問サイトの回答で1年位デモ取引をした方がいいとか株でうまく行かないのにFXはもっと難しいと書いてる人もいましたが。

(3)ちらっとネットで見たら、FX(店頭?の意味も分からないです)、くりっく365(東証がやってる?)、大証FXで全...続きを読む

Aベストアンサー

(1)FXの基本的な仕組みについては、入門書を何冊か購入して読むのがよいと思います。なるべく図や絵のいっぱいあるわかりやすいもので気に入ったものであれば、何でもOKだと思います。入門書を1冊も読まずにFXを始めるのは無理だと思います。
(2)株で稼いでいる人は、「株の方が簡単」というでしょうし、FXで稼いでいる人は、「FXの方が簡単」というので、両者の難易度の違いは相対的なもので、明確な結論はないと思います。
(3)-1 正確に説明するのは困難なので、簡単に説明します。
店頭は、自分が申し込んだ取引会社が価格を提示して、客がそれに応じるもので、自分が申し込んだ取引会社と客との売買になります。
クリック365は、自分が申し込んだ取引会社を含む複数の取引会社が一定のルールによって共通の価格を提示して、客がそれに応じるもので、自分が申し込んだ取引会社と客との売買になります。
大証は、クリック365と同様の売買方式に、プラスアルファ、客同士のオークション方式(株式や先物市場で採用されているもの)による売買も同時に行われるそうです。
税金については、店頭は雑所得扱いの累進課税で、1800万円以上稼ぐと、50%が公務員の餌になります。クリック365と大証は、申告分離課税で、一律20%の税率で、優遇措置がとられています。
(3)-2 デモトレードは、実際のお金を使わずに、架空の資金を与えられて、それを運用することによって、取引の練習に使うものです。その実態は取引会社によってかなり異なるので、個別に問い合わせるか、実際に参加して比べるしかないと思います。
(4)取引会社によって千差万別です。ちなみに、クリック365ではデモトレードはできません。
(5)取引会社を決める前に、まず、トレード手法を決めないといけませんね。スイングなのかデイトレなのかスキャルなのか寄り引けなのかスワップなのか…。それが決った後に、どの取引会社で売買するのが一番好都合なのかを判断するわけです。トレード手法を決めないまま先に取引会社を決めてしまうのは、ちょうど、ブラジャーを買った後に自分のバストを測るようなものです。
私の場合、エクセルシートを使って、横軸に各取引会社、縦軸に特徴や欠点などの項目を設定し、個別に問い合わせながら、空欄に記入していき、比較考量しながら、トレード手法に合わせて、複数の取引会社を組み合わせて利用するようにしています。
あと、一番気になったのが、デモトレード用の会社と実際の取引会社が異なるのは、まずいですよ。クリック365と大証は価格が共通なので、まだいいですが、店頭であれば、取引会社によって価格自体がまちまちなので、デモトレードと実運用で成績がまったく異なってしまいます。また、取引会社が異なれば、ツールも異なるのが一般なので、そもそもデモトレードによる練習が無意味になってしまいます。
(6)ネット上の比較サイトよりも、個別に問い合わせて、エクセルなどに情報を集約した方がいいと思います。めんどうですが、その方が取引会社選びにミスがないです。

(1)FXの基本的な仕組みについては、入門書を何冊か購入して読むのがよいと思います。なるべく図や絵のいっぱいあるわかりやすいもので気に入ったものであれば、何でもOKだと思います。入門書を1冊も読まずにFXを始めるのは無理だと思います。
(2)株で稼いでいる人は、「株の方が簡単」というでしょうし、FXで稼いでいる人は、「FXの方が簡単」というので、両者の難易度の違いは相対的なもので、明確な結論はないと思います。
(3)-1 正確に説明するのは困難なので、簡単に説明します。
...続きを読む

QFXで 勝ってる人と負けてる人 の割合

FX(外国為替)で勝っている人と負けている人の割合ってどれくらいなのでしょうか?

また勝ってる人はどれくらいの金額を稼いでいるのですか?

勝ち負けの分布表みたいなものがあれば見てみたいです。

Aベストアンサー

> その利益は何処から捻出されているのか? その9割の人の利益分の損失は誰が負担していることになるのか?

誰かが利益を出しているということは、同じ額だけ誰かが損をしているということです。

誰かの利益 + 手数料 = 誰かの損失

なので、利益よりも損失の方が大きくなる傾向にあります。

Q小さく勝って大きく負けてを繰り返してます

小さく勝って大きく負けてを繰り返してます。継続して利益を出すことができません。継続して利益をあげにはどうしたらいいのか、困り果てています。

Aベストアンサー

あくまで聞いた話です。

>小さく勝って大きく負けてを繰り返してます。

結局、利を伸ばす場合のルール作りをしないといけません。もちろん、そのルールはなるべく確度が高いに越したことはありません。

トレードするときは

1.参入
2.退出

の二つのルールが最低限必要ですが、これだけですと、小さく勝って小さく負けるという風になることがあります。

大きく勝って小さく負ける、にするには、もう一つ、保有継続のルールというのを作る必要があります。

仮に買い方だけになる前提でいいますと。

買いサインが出ます。買います。でも売りサインというのは利益の極大化したところで出るわけではないことがままあるんです。したがって、なるべく利益が極大化するまで保有を継続するというサインが点燈し続けるような手法を組み込まないといけないということになります。

だから、退出の場合のルールというのは最低2つできるということになると思います。

QFXでの、 勝っている人と負けている人との割合

FX関係の記事を多く目にしますが、実際のところ勝っている人と負けている人との割合はどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

2~3年位なら勝てても、5年以上の累計で勝っている人は勝っている人はほとんどいません。1%以下とのことです。
個人投資家ばかりでなく、プロも同じで勝てません。

Traders Marketでは、宣伝としては、

■トッププロトレーダーの取引に便乗してトレードできるので、まさに彼らを雇い、代行してもらっているようなもの!

■同時に複数のトッププロトレーダーたちを採用できるため、リスクヘッジしつつ世界最高峰のトレードテクニックを活用!また勉強にもなる。

と書いています。

ここのトレーダーは10人いますが、含みも入れると累積でプラスになっている人は1人もいません。全員損を出しています。しかも、すでに成績不振などにより、5人ものトレーダーが解雇されています。解雇時の累計はすべてマイナスです。

月平均1000pipsずつ損失を出しているトレーダーもいます。

nextone社にあらためて確認のため問い合わせましたが、Traders Marketのトレーダー全員がトッププロとのことでした。

もし、トッププロトレーダー以上になれば儲かるかもしれません。

参考URL:http://tradersmarket.jp/

2~3年位なら勝てても、5年以上の累計で勝っている人は勝っている人はほとんどいません。1%以下とのことです。
個人投資家ばかりでなく、プロも同じで勝てません。

Traders Marketでは、宣伝としては、

■トッププロトレーダーの取引に便乗してトレードできるので、まさに彼らを雇い、代行してもらっているようなもの!

■同時に複数のトッププロトレーダーたちを採用できるため、リスクヘッジしつつ世界最高峰のトレードテクニックを活用!また勉強にもなる。

と書いています。

ここのトレー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報