最近イライラしている自分に落ち込んでいるので、心が温かくなる本を読みたいと思っています。
よしもとばななも好きだったけれど、ちょっと食傷気味。
山田詠美は苦手、川上弘美、小川洋子は好みから外れます。
重松清のような、泣かせます!という本もあまり……。
ミステリ物は読みません。
赤毛のアンシリーズの「アンの友達」や、レオン・ガーフィールドの「見習い物語」のような作品があればと思っているのですが……。
以上随分と贅沢ですが、どうかご紹介ください。(文庫本だと助かります)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

高楼方子 十一月の扉 新潮文庫


http://www.amazon.co.jp/dp/4101298718
氷室冴子 いもうと物語 新潮文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4101301115
などどうでしょうか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どちらも素敵なあらすじで、くしくも同郷の作家であり、どきどきしています。
是非取り寄せたいと思います。

お礼日時:2009/09/12 23:48

>> 「ロミオの青い空」は、アニメからのノベライズでしょうか。



いいえ。邦訳された文庫本が先にありました、海外の名作です。その意味では赤毛のアンと同じですね。名作劇場でアニメ化された最後の作品だったと思います。

>> 大笑いして笑い飛ばしてしまえば、気持ちが良いですね!

というよりも、読んでいて1段落ごとに振り回される内容です。

漫画で良ければ追加でいくつか。興味がなければ無視してください。

らいかDAYS(もんこ) ・・・ 優等生タイプの小学生のに途上を描いた作品。

会計チーフはゆ~うつ(おーはしるい)・・・できない男性チーフと、問題児タイプのOLさんとのドタバタを描いた作品。おなじ作者さんの夫婦な生活もおすすめかと。

おねがい朝倉さん(きのもとういな/大乃元初奈)・・・みんなに慕われていることに気付かない「(気遣いが)できる」OLさんの作品。

乙姫各駅散歩(矢直ちなみ)・・・乙姫さまと浦島太郎の子孫とのほのぼのとした日常を描いた作品。背景に別れの日が来ることを暗示しています。
    • good
    • 0

男の子が主人公で、「ロミオの青い空」。


女の子が主人公で、「少女パレアナ」(アニメ名はポリアンナ物語)
は、いかがでしょうか?
例で挙げられた作品が、どちらも半端でなく面白いので、紹介が難しいです。

この枠を外して良ければ、SFですが、「夏への扉」(ハインライン)をオススメします。落ち込んだ心を癒す、と良く評価されている作品です。

個人的には、ハチャメチャな「銀河ヒッチハイクガイド」~「宇宙の果てのレストラン」までの一連のシリーズをお薦めします。心は温まりませんが、地球規模のちっちゃな悩みが馬鹿らしくなる内容です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「ロミオの青い空」は、アニメからのノベライズでしょうか。
「少女パレアナ」も、前前から読んでみたいと思っていた作品です。
「夏への扉」も、様々な作家さんがお勧めされているのを見るのですが、まだ手にとったことはないので、これを機会にしてみようかなと思いました。
(SFは、まだ未知の領域です)
落ち込んだことも、大笑いして笑い飛ばしてしまえば、気持ちが良いですね!

お礼日時:2009/09/12 23:59

アンがOKなら、若草物語はどうでしょう。

新訳もでましたし、おすすめ出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
若草物語は、昔読んだことがありますが、また読み返してみるのも面白いかもしれませんね。

お礼日時:2009/09/12 23:50

アンの友達、大好きです。


山本文緒「絶対に泣かない」
心温まるとは少し違うけど、イライラしたり疲れている人に。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまって、失礼しました。
アンの友達がお好きだという方に、こうして紹介していただけて、とても嬉しいです。
山本文緒の本、是非読んでみたいと思います。

お礼日時:2009/09/12 23:43

小川糸「食堂かたつむり」


じわ~っと温かくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かブランチで取り上げられていた本ですね。探してみます。

お礼日時:2009/09/10 23:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重松清さんの小説で、緘黙の女の子が出てくる本の題名

題名の通り、
重松清さんの小説で、場面緘黙の女の子が出てくる本の題名が知りたいです。
記憶がもう曖昧になっているのですが、確か中学卒業間際の女の子と
吃音を持った先生の2人がメインとなって 話が展開していたように思います。
また、その内容だけで1冊が構成されているのではなく、いくつかの短編の1つにその話が載せられていました。

重松さんの小説が大好きでよく購入して読むのですが、今回の本は図書館かどこかで立ち読みしただけで…
しばらく経ってから急に読み返したくなったけれど肝心の題名を忘れてしまい、最初に購入しておけば良かったと後悔しているところです。


どなたかご存知の方いましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「青い鳥」ではありませんか?

  http://www.amazon.co.jp/%E9%9D%92%E3%81%84%E9%B3%A5-%E9%87%8D%E6%9D%BE-%E6%B8%85/dp/4104075078

Q推理・ミステリ系でおすすめの小説を教えてください

おすすめの小説を教えてください

好きな本は、
 ビブリア古書堂の事件手帖
 東京S黄尾探偵団
 Mr.サイレントシリーズ
 青山電脳(秘)倶楽部
 怪盗クイーンシリーズ
 薬師寺涼子の怪奇事件簿
 付喪堂骨董店
で、ライトノベルばかり読んでます。
ホームズ、アルセーヌ・ルパンシリーズは青い鳥文庫のものを一通り。
アガサ・クリスティはABC殺人事件、オリエント急行の殺人だけ読みました。あとはスタイルズ荘の怪事件、検察側の証人とか気になってます。
他のものでおすすめがあればお願いします。

がっつり事件を推理するものも、ちょっとした謎を解決するものも好きです。
(ミステリではありませんが、最後に謎が解けるという意味では星新一さんなんかも)
文体は(多分)あっさりめで固くないものが好み。グロいものは大丈夫です。

東野圭吾さん、宮部みゆきさん、乙一さん、西尾維新さんは話と文章がいまいち合わなかったので、他の作家さんのものでお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小路幸也さんの「東京バンドワゴン」シリーズ。下町の古本屋さんを舞台に、幽霊のおばあちゃんを語り手にして、下町の大家族の日常風景の中から、ちょっとした謎を解いていきます。巻が進むにつれて、堀田ファミリーの輪も広がり、癖のある登場人物たちが彩りを添え、物語の世界を広げていきます。大家族の朝食場面での会話、どの台詞を誰がしゃべっているのかを推理するだけでも楽しいですよ。
初野晴さんの「ハルチカ」シリーズ。高校の吹奏楽部を舞台に、恋敵(?)のチカちゃんとハル君が、高校生活の中で起こる謎を解きながら、イマイチな吹奏楽部に頼りになる仲間を加え、吹奏楽部の甲子園、普門館をめざします。
奥泉光さんの「桑潟幸一准教授」シリーズ。どうしようもない准教授クワコーをしり目に、文芸部の女子部員たちが、たらちね大学周辺で起こる謎ときに大活躍するユーモアミステリーです。

Q重松さん好きの父親に

重松清好きの父親にプレゼントを贈ろうと思うのですが、何かおすすめの本(重松さんの著書以外で)ないでしょうか? 

Aベストアンサー

 こんにちは。私も重松さんの小説が好きでよく読みます(^o^)。
 重松さんの作品でもテーマが家族だったり、中高年が頑張る姿を書いている小説でしたら、浅田次郎さんの「霞町物語」や「椿山課長の7日間」「地下鉄にのって」はいかがですか?「椿山課長の7日間」は最初はドタバタとしたちょっと面白い話なんですが、最後の方で感動して泣いてしまいました。短編も沢山でていて、短篇集もおススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30746663
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583120
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30616180
 キラキラした少年が活躍するテーマでしたら椎名誠さんの少年小説はいかがですか。「草の記憶」や「白い手」「犬の系譜」「波切り草」もいいですし、父親と息子のほのぼのとした過激な日々を自伝的に綴った「岳物語」もおススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31855419
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18692458
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/09366642
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31709736
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30435602
 他にも奥田英朗さんもおススメです。映画化された「サウスバウンド」や「マドンナ」も面白いですし、ちょっと若い設定になるかもしれませんが「東京物語」なんかは80年代の若者が仕事に頑張る話です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31919080
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31624658
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31419155
 良かったら参考にして下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31419155

 こんにちは。私も重松さんの小説が好きでよく読みます(^o^)。
 重松さんの作品でもテーマが家族だったり、中高年が頑張る姿を書いている小説でしたら、浅田次郎さんの「霞町物語」や「椿山課長の7日間」「地下鉄にのって」はいかがですか?「椿山課長の7日間」は最初はドタバタとしたちょっと面白い話なんですが、最後の方で感動して泣いてしまいました。短編も沢山でていて、短篇集もおススメです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30746663
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31583120
http...続きを読む

Q川上美映子の「乳と卵」について。

川上美映子の「乳と卵」について。
文庫本化されていたので、好奇心で買ってみました。芥川賞を受賞した作品を読んだのは初めてだったのですが、正直「うーん?」と思うような作品でした。もちろん面白い、面白くないと感じるのは人それぞれの趣味ですが、賞を取るほどの作品かな…と思いました。

皆さんはどう思いましたか?

Aベストアンサー

芥川賞や直木賞を取ったイコール面白い作品、というわけでは決してありません。

ぶっちゃけてしまいますと、当初の賞設立目的はともかくとして、
今では出版会の閑散期(一年の内でも本の売り上げがガクッと落ちる時期)に
合わせて受賞作を決めることで話題性を作り、
書店にお客を呼び込み、話題の本共々、別の本も購入してもらおうという
いわゆる客寄せパンダ的な意味合いもあったりするんです。

そのせいもあってか、受賞作は爆発的に売れたのに、
その後の作品は、特に話題にも上がらないというのが結構あるわけです。
(元々有名だった作家さんが受賞した場合は別として…)

…という訳ですので、余り賞に振り回されない方が宜しいかと思います。
そういう事もあって、私も受賞作は一切興味が持てません。
話題だけで人が群がっているなら尚更です。
好きだった作品が受賞した、というなら嬉しいですが。

面白い本が読みたいなら賞は無視して良いのでは?
逆に、自分で新たにお気に入りを「発掘」する楽しさは、たまりませんよ~。

Q重松清の作品でおすすめを教えてください!

小学生の時に読んだ重松清さんの『半パン・デイズ』を今になってもう一度読んでみたらとても感動し、また重松清さんの作品を読みたいな、と思っています。
『エイジ』と『青い鳥』を最近読んですごく感動したので、このような作品を教えていただけないでしょうか?

一応現在高校生で、あまりにも難しすぎる話や大人な作品は読みたくないので、逆に高校生くらいの人に読んでもらいたい、高校生だからこそ読むべき!!といった重松作品を教えてください。

自分としては『きみの友だち』を今度は読もうと思っています。
他におすすめがありましたら教えてください!

お願いします。

Aベストアンサー

同じ高校生の自分が読んだ中でお薦め作品は
疾走と熱球です。

いずれもとても面白い本でした!!

疾走(上/下)
http://www.amazon.co.jp/%E7%96%BE%E8%B5%B0-%E4%B8%8A-%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%87%8D%E6%9D%BE-%E6%B8%85/dp/404364602X

熱球
http://www.amazon.co.jp/%E7%86%B1%E7%90%83-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%87%8D%E6%9D%BE-%E6%B8%85/dp/4101349215/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1264846476&sr=1-1


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報