小野不由美さんは体の具合が悪いのでしょうか。待てど暮らせど十二国記の続きが出ませんね。最後まで読まずに死ねないという気持ちなのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/info.html
「yom yom12号」(新潮社)(9月26日発売予定)には、十二国記の新作短編が掲載される模様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これはうれしい情報です。発売日にすぐ購入します。教えていただいてありがとうございます。

お礼日時:2009/09/12 09:56

お仕事はされてるようです。



十二国記の新刊は2001年で止まり、他の回答者さんの回答にある通り、去年6年半ぶりに短編がお目見えしました。

この6年半の間ですが・・・
小野不由美さんは2003年に講談社から「くらのかみ」という小説を出しています。
そして2004年から創刊された怪談専門雑誌「幽」で「鬼談草紙」シリーズという怪談小説を執筆しています。
この「幽」は年2回発行で、2004年から現在まで11号発行されていますが、小野不由美さんは去年の冬発行の10号を除き毎回、作品を載せています。
「幽」の一番新しい号は11号で、2ヶ月前の7月に発売されていますが、これにも小野不由美さんは「鬼談草紙」を載せています。

ですから現在、小野不由美さんは十二国記以外の作品をメインのお仕事としているようです。

一応、2007年にインタビュー記事などで小野不由美さんは十二国記を続けると話しているそうですし、実際に去年、短編を出しているので、止める気はないと思いますが・・・

私も十二国記のファンなので、待っているのですが・・・
あまり想像したくはありませんが、ここまで、十二国記の新刊・長編が出ないとなると、もしかしたら小野不由美さんは十二国記を書く意欲が減退しているのかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「くらのかみ」は発売と同時に購入しました。十二国記だけではなく、手に入るものであればすべて買っています。
 何となく、十二国記を終わらせてしまうのがおしいような・・・そんなお気持ちもあるのかしらとも、思っていますが。
 
 グィン・サーガが129巻で(今刊行されているのは127まで)完結しないまま終わりました。本当は最初から結末はできていて、主要人物の一人が亡くなるということも著者は語っているのですが、そこまで行き着くことができませんでした。
 
 十二国記は泰麒を何とかするところまではいってほしいですね。

お礼日時:2009/09/12 10:28

こんばんは。


お具合がよろしくないという発表がないので、恐らく遅筆でいらっしゃるのでしょう。ファンの間ではそれが通念です。
私も投稿者様と同じく十二国記が大好きなので、続きが気になってやみませんが…気長に待ちましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。
 最近、知っている方が交通事故で亡くなり、十二国記を読んでいたら、この最後を見届けずに死ぬのはいやだという気持ちになりまして、ついつい質問をしていました。でも、同じような質問が過去に何度もあったことをしり、ちょっと後悔しています。

お礼日時:2009/09/12 10:13

2008年2月に新潮社のyomyomに掲載された短編「丕緒の鳥」が最新ですね。


http://www.shinchosha.co.jp/yomyom/200802/index. …

せめて泰麒の話だけでも終わらせてくれるといいんですけど...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「丕緒の鳥」も久々の新作を読むことができて(もしかすると、続きを期待できるのかと思って)うれしかったのですが、何と言っても泰麒のことが気にかかります。
 私は北村薫さんが21世紀になる前に読むべき本として、この十二国記を推薦しているのを見てからですから、ファン歴11年くらいということになるのですが、毎週のように、インターネット本屋さんで新刊が出ていないかチェックしています。待ち遠しいです。

お礼日時:2009/09/12 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモーターサイクルの別冊の新刊発売日知ってる人教えてください!!

モーターサイクルの別冊の新刊発売日知ってる人教えてください!!

Aベストアンサー

別冊モーターサイクリストでしたら、たしか毎月15日発売ですね。

Q小野不由美<十二国記シリーズ>

先日、古本屋で小野不由美さんの『魔性の子』という本を買い、
面白いので続きを買おう本屋へ行きました。
文庫コーナーで十二国記シリーズを見つけたのですが
私が欲しい山田章博さんの挿し絵が入った文庫本がないんです。
挿し絵の無い文庫本なら有るんですが・・・
山田章博さんの挿し絵が入った文庫本は、もう売って無いんでしょうか??

何か御存じの方は回答いただけると助かります
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

山田章博さんが挿絵を担当されているのは
「講談社X文庫・ホワイトハート」のシリーズで
1992年から1996年にかけて刊行されたものです。
どれもまだ、品切れにはなっていないようなので、
本屋さんに注文されれば手に入るかと思います。

また、こちらのオンライン書店でも在庫がありました。
「講談社BOOK倶楽部」
 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/index.html
「bk1」
 http://www.bk1.co.jp

古本屋で探されても良いのでは…

こちらは山田章博さんのファンサイトです。
http://fame.calen.ne.jp/~misasagi/yamada/index2.html
作品目録検索(参考URL)が充実していますので、
十二国記シリーズ各々の「発行年」「コード」「価格」も
知ることができます。本を探される際に活用してください。

参考URL:http://www.where-i.com/~misasagi/list/weblink_sps.cgi

山田章博さんが挿絵を担当されているのは
「講談社X文庫・ホワイトハート」のシリーズで
1992年から1996年にかけて刊行されたものです。
どれもまだ、品切れにはなっていないようなので、
本屋さんに注文されれば手に入るかと思います。

また、こちらのオンライン書店でも在庫がありました。
「講談社BOOK倶楽部」
 http://www.bookclub.kodansha.co.jp/index.html
「bk1」
 http://www.bk1.co.jp

古本屋で探されても良いのでは…

こちらは山田章博さんのファンサイトです。
http:/...続きを読む

Q漫画の「軍鶏」の新刊発売日 分かる人

教えてくださいm(_ _)m 大幅に発売日が、遅れてるんです。

Aベストアンサー

現在半年以上連載休止中で再開の目途がたっていないそうです。なので当然単行本の発売の予定もありません。
作画担当の方はモーニングで別の漫画を連載しているので、原作者の都合で休載しているのかもしれません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3420311.html

Q小野不由美著 十二国記についての質問

小野不由美さんの書かれた十二国記に最近ハマっております。
講談社X文庫で出版されているものは全て読みましたが、「丕緒の鳥」なる最新話が新潮社から出版されている様です。この話が文庫本で出版される事について情報をお持ちの方がいらっしゃれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> この話が文庫本で出版される事
あのページ数では、当分先のことでしょうね。

講談社さんが
「講談社X文庫よりも講談社文庫を先行して出版する」旨、表明されていますので講談社文庫の出版予定をチェックする、くらいでしょう。

Q十二国記・ベルセルクは完結するのでしょうか……?

小説では十二国記、マンガではベルセルクが大好きなんですが。
ふと気になって、そしてだんだん心配に変わったので質問しました。

十二国記とベルセルクはきちんと完結するでしょうか??
どちらも壮大で緻密なストーリーな上、遅筆ですよね……(・ω・`*)


みなさんは十二国記・ベルセルクのラストはどのように終わって欲しいですか?また、どのようなラストになると思いますか?

みなさんの意見聞かせて下さい!

Aベストアンサー

ベルセルクは、なんだかんだとはいっても進行はしていますので、終わりはあると思います。

十二国記は、正直難しいかなと思ってしまいます。できるだけ多くの作品をだしてくれればいいなーという望みしかもっていません。

ラストがくるなら、どちらもハッピーエンドはないようなきがします。
世界が滅ぶとか、そういうのかなーと。

Q十二国記の続編は・・・?

小野不由美さんの小説「十二国記」の大ファンです。
でも、かなり長い間続編が出ていませんよね?
最近知人にも貸して好評だし、そろそろ続きが読みたいです。
次はいつ頃出るかなど、噂を聞いた方っていらっしゃいますか・・・?(数年先?)
他の作品の執筆で忙しくて、書く時間がないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

私の大好きです。
先生は大変筆が遅いですので、分かりませんね。

また、ファンから「続きは絶対こうして!」や「続編を出さないと家に火をつける」などの脅迫めいた手紙も届く様です。
先生は、そんな手紙をご覧になるといっきにヤル気をなくされる様ですので(当たり前ですね)まだちょっと時間はかかると思います。
先生も「自分の作品を嫌いになりたくない」と仰っていますので、気持の整理がつけば、十二も書いてくれるかもしれませんね。

Q十二国記の新刊について

私は十二国記にはまった者です。
それで、とりあえず持っている十二国記は
全部読み尽くしてしまいました・・・
私が読んだのは「かしょのゆめ」(漢字は出せなかった…)までの
一連の本です。
いろいろなサイトを調べたけど「かしょのゆめ」が最新刊なんですか?
それから、「yomuyomu」っていう雑誌?みたいなのに
載ってる十二国記は本にはならないんでしょうか?
また、もうすぐ小野不由美さんの新作が出るそうですが
それが十二国記だというのは本当ですか?うわさですか?
どっちにしろその本は予約とかしないと手に入らなかったりしますか?
分からないことだらけですが色々教えてもらえるとうれしいです!

Aベストアンサー

>「かしょのゆめ」が最新刊なんですか?
そうです。

>「yomuyomu」っていう雑誌?みたいなのに載ってる十二国記は本にはならないんでしょうか?
 不明です。「yomuyomu」は新潮社で、出版社が違うので無理かもしれません。

>小野不由美さんの新作が出るそうですが
>それが十二国記だというのは本当ですか?うわさですか?
 これについては私は知りませんが、予約しないと入手できなかったことは、十二国記でさえなかったので、よほどの限定本でない限りそんなことはないだろうと思いますし、限定するよりは出版社も売りたいでしょうから、大丈夫かなと思います。

Q小野不由美先生は恋愛小説が書けないのですか?

 《悪霊》シリーズの続編である《GH(ゴーストハント)》シリーズの中断の主な要因として、《GH》シリーズが前作(=《悪霊》シリーズ)のファンの望む物語と違っていたこと、及び、そのようなファンの望む物語は書けないことを挙げているそうですね。具体的には挿絵の変更&《GH》シリーズに恋愛小説の要素がないことが不評の原因とのことですが、「そのようなファンの望む物語は書けない」とは小野先生が「恋愛小説」は書けないという事でしょうか?

Aベストアンサー

悪霊シリーズの最終巻「悪霊だってヘイキ!」までは麻衣の一人称で物語が語られていましたが、その後の「悪夢の棲む家」では三人称になっています。
一人称から三人称に変わったことがファンの人たちにあまりに不評だったそうで、それも中断の理由の一つでもあるそうです。
小野先生自身がそう書かれているのを読んだことがありますので。
個人的には三人称の「悪夢の棲む家」もとても面白いと思うのですけどね。
悪霊シリーズに限らず、一人称での物語の続編として三人称で書かれた小説はたいてい不評のようです。イメージがくずれた、なんて言う話を聞きますね……。

小野先生は恋愛小説ではなく推理小説の方が本分ですし、十二国記など他の小説も読んでみると、「恋愛」主体で書く作家ではないのだと思います。
ファンの期待に応えるのことも作家には必要ですが、やっぱりその作家の書きたいものを書いた方が面白いものが出来上がるように思いますので、個人的には恋愛小説なゴーストハントなんて書かなくてもいいんじゃないのかなぁ、と思います。
ぜひとも悪霊シリーズの続編は読んでみたいですけどね;
作家自身の書きたいものとファンの期待が食い違ってきての「書きたくない」=「書けない」と受け取ってもかまわないとは思いますが……。

参考になりませんが、とりあえず……

悪霊シリーズの最終巻「悪霊だってヘイキ!」までは麻衣の一人称で物語が語られていましたが、その後の「悪夢の棲む家」では三人称になっています。
一人称から三人称に変わったことがファンの人たちにあまりに不評だったそうで、それも中断の理由の一つでもあるそうです。
小野先生自身がそう書かれているのを読んだことがありますので。
個人的には三人称の「悪夢の棲む家」もとても面白いと思うのですけどね。
悪霊シリーズに限らず、一人称での物語の続編として三人称で書かれた小説はたいてい不評のよう...続きを読む

Q小野不由美さんの十二国記

小野不由美さんの十二国記の続編が待ち遠しく、小野不由美さんの他作品を読んだりしています。

けれどやっぱり十二国記についての話が読みたくなり、小野不由美さん自らが十二国記について語っていらっしゃるようなものはないでしょうか??(インタビュー記事や対談のようなもの)

2001年夏号の活字倶楽部をウェブ上で検索して発見したのですが、小野先生自身のインタビューが載っているかどうか分からなくて;もしご存知の方がおられましたら、小野先生のインタビューが載っているかどうかなども教えて戴けると嬉しいです。

探しているものは、小野先生のインタビューが載っている本・雑誌でお願いします。もしなければ大々的に十二国記の特集が組まれている(読者からのお便りも◎)ものでも構いません。分かりにくい質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のURLは、かとうひであきさん作成の著作リストリストです。
小野不由美著作リスト、小野不由美インタビューリストをご覧になれば、最近のもの、小さな記事等全てもうらできると思います。
私のおすすめは、以下のようになっています。
・「活字倶楽部Special 4」……十二国記についてのインタビューあり。
・「活字倶楽部Special 5」……十二国記についてのインタビューあり。
・「銀河英雄伝説」9巻(田中芳樹・徳間文庫)(徳間デュアル文庫ではないです)の解説……十二国記の生まれた秘密があるので必見。
・「悪霊狩り~ゴーストハント」CDシネマ1「ヲリキリ様の鬼火」(VICL-60139~40)のインタビュー……小野不由美さんの口調が「読め」ます。
・「ゲームマシンはデイジーデイジーの歌をうたうか」(ソフトバンク)……ゲームについてのエッセイ集ですが、小野不由美さんの考え方が十二国記ファンには納得できるものになっていると思います。

十二国記を読み終わったら、「悪霊シリーズ」など、他の作品を読むこともおすすめします。
図書館に行けば、その図書館になくても読めたりすることがままにありますし。
では、楽しい時間がすごされれば幸いです。

参考URL:http://www4.ocn.ne.jp/~katohide/lists.html

下記のURLは、かとうひであきさん作成の著作リストリストです。
小野不由美著作リスト、小野不由美インタビューリストをご覧になれば、最近のもの、小さな記事等全てもうらできると思います。
私のおすすめは、以下のようになっています。
・「活字倶楽部Special 4」……十二国記についてのインタビューあり。
・「活字倶楽部Special 5」……十二国記についてのインタビューあり。
・「銀河英雄伝説」9巻(田中芳樹・徳間文庫)(徳間デュアル文庫ではないです)の解説……十二国記の生まれた秘密があるので必見。...続きを読む

Q小野不由美さんの「屍鬼」という本

小野不由美さんの「屍鬼」という本に興味を持ちました。
でも1000ページくらいあるようなので、読むのは大変そうです。
できるだけ詳細なストーリーとどの辺が面白いのか
読んだことのある方がいたら教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

文庫版で全5巻を持っています。

これは内容を書くと面白くないので、1章は我慢して読んで、人の名前と関係をしっかり覚えてください、としか言えません(笑)
たしかに、和製ゾンビですねえ。

場所は閉鎖されたムラ社会が生き残っている山の中の村です。
そこに転居者が来て……が限界です。

どの辺がおもしろいか、ですが、とにかくどんでん返しの繰り返しです。
ただ、謎は文庫の3巻でわかります。(手元にないので、何章かわからないです。ゴメンナサイ……)
ですが、そこからの展開が面白いので、そこまでがんばってください。
逆に言うとそこまでがちょっと辛いですねえ。
登場人物が多すぎるんですよね。それがそのまま全部伏線です。
謎が解けてから、誰がどう動くのかが見物ですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報