ブラウンガスや深井利春の水から水素多量製造新技術など
既存の概念を根本から粉砕する実験結果が出てきている
「水は燃えて水になる」
この現実から宇宙の真理を哲学していただきたい
そして命とは何なのか
その意味を宇宙の真理から照らしてほしい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

生き物は生きている間が燃焼期間。

何かの役に立って、死んで、また赤ん坊となって、死ぬまでに何かの役に立ってを繰り返す。
水の役割もさまざまあるように、それぞれの生き物が果たす役割も単一ではない。未だ発見されていないこともあるだろう。各自がそれぞれの役目を果たすことこそ命である。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

庭でモーニングティを飲みながら
自然を感じるとき、たとえば蟻の存在から命の凄絶を感じ
たとえば天から降り来る光の存在に刹那の希望が過ぎる

ありのままのこの世界は不思議でいっぱいです
最近わたしも考えるんですよね
言葉は役割を脱輪させましたからね
「言葉を持たなかった当時の人間の役割」を
おおむねそれは尿と糞だなとは感じてるんですよ
ただこの尿と糞も物凄いですね
まさに天からのさずかり物ですね

水もその不思議の根幹にかかわる一つだと確信しています
仙人が水だけで生きたと・・・真実でしょうね

ご回答ありがとうございました
またお願いいたします

お礼日時:2009/09/12 08:52

燃えて水になるのは水ではなくて水素だと思いますが、何か別の意味があるのでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

既存の科学概念ではそうなんですが
宇宙の面白いところは人知を超えて存在することなんですよね
エネルギー保存の法則を大きく超えて
最先端の物理学でも説明できない出力を検出していることを
称して水が燃えるて水になると簡単に表現しています

また何かご意見がございましたらお願いいたします
ありがとうございました

お礼日時:2009/09/12 08:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q真理概念について整合説と合意説と存在の真理と…あと一つは?皆さんにとって真理とは?(>0<)

初めまして(^^)最近哲学について勉強する機械があって、「真理概念」というものを知りました(考えすぎるとキリがないけど面白いなぁと思いました☆)。そこで、
整合説(命題と命題の整合・不整合について)と
合意説(合意できるものを真理とする)と
存在の真理(ありのまま)
この3つとあと一つ何かあったき気がするんですが思い出せません…検索しても上手く見つけられなくて…(><)他に何か有名な真理概念があれば教えて頂けないでしょうか?(>0<)
あと、これをふまえて自分にとって「真理って何かな…?」て考えた時、私はこの中では「存在の真理(ありのまま)」が自分の考え方に近いかな~と思うのですが、皆さんは「真理」とは何だと思いますか?(^^)(上記以外の考え方でも良いです!)
好奇心というか参考にしたいなぁと思ってるので、もしよろしければ教えて頂けないでしょうか?たくさんご意見頂けると嬉しいです!(>∀<)

Aベストアンサー

真理とは何か?
これは、認識論のメインテーマでしょうね。

真理=あるがままの現実をあるがままに反映した観念や判断。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は、この「あるがまま論」が妥当であろうと思います。
ただ、「あるがまま論=鏡に映った像論」という解釈ではありません。

ところで、あるがままの現実をあるがままに反映するためには何がしかの実践が必ず介在。
で、実践を通じて<本当にあるがままか?>は検証されてより確かになっていくでしょう。
「あるがまま論」が単なる「鏡に映った像論」ではないという理由です。

たとえば、「宇宙の年齢は約130億年」は、現時点での「あるがまま論」が指し示す真理。
私は、30世紀においても、これが真理であり続けている保証はどこにもないと思っています。
真理の実践における検証レベルは、時代的制約、個人的制約などを必ず伴います。
ですから、「これが100%正しい究極の真理」を21世紀の今日で知ることは不可能でしょう。
これは、平安時代や江戸時代の文献にみられる真理と今日の真理を対比すれば判ります。
30世紀の人々も21世紀初頭の真理を同じような思いを持って見ることでしょう。
ですから、「あるがまま論」のいう真理は相対的なそれであって絶対的なそれではありません。

概ね、これが私が納得している真理論の骨格です。

真理とは何か?
これは、認識論のメインテーマでしょうね。

真理=あるがままの現実をあるがままに反映した観念や判断。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は、この「あるがまま論」が妥当であろうと思います。
ただ、「あるがまま論=鏡に映った像論」という解釈ではありません。

ところで、あるがままの現実をあるがままに反映するためには何がしかの実践が必ず介在。
で、実践を通じて<本当にあるがままか?>は検証されてより確かになっていくでしょう。
「...続きを読む

Qなぜ宇宙が存在し我々が存在するのか?そしてその究極の真理、全ての終点と

なぜ宇宙が存在し我々が存在するのか?そしてその究極の真理、全ての終点とは何か??という問いに対しての答えが「  」つまり無ですが、我々の脳で理解できる言葉として表現すると「永久に存在できる何かを生み出す」この為に全てのもの、物質から物質として認識されないあらゆるものは存在し、その終点に向かっている。もしかしたらもうできているかもしれないが現時点では永久に存在できるものは宇宙の外にも内にもどこにもないと思われるので、カオスやそれを超える働きかけで宇宙は誕生し拡大、膨張をして物質を生み出し続け、我々は種を残し少しでも長く存在できるように進化し続ける。そして、永久に存在できるものが生み出された時点で「万物の終点」を迎えそれが絶対的な存在となり、それ以外は当然ながらいつかは消滅し存在しえなくなる。意識の有るものも無いものも、全ては永久存在の終点へと向かっている。宗教に関しては神はいるのではなく全てのものが神、絶対的存在つまり永久存在になろうとしているのである。もちろん生物は意識という言葉では永久存在になろうとは自覚しないが存在している時点で永久存在の終点に向かうという決して逆らうことのできない流れに身を投じているのである。この究極の真理を見てどう思いますか??興味のない人はどぉでもえぇかもしれませんが、

この究極の真理に対して皆さんの意見、ご感想を教えて下さい!!

なぜ宇宙が存在し我々が存在するのか?そしてその究極の真理、全ての終点とは何か??という問いに対しての答えが「  」つまり無ですが、我々の脳で理解できる言葉として表現すると「永久に存在できる何かを生み出す」この為に全てのもの、物質から物質として認識されないあらゆるものは存在し、その終点に向かっている。もしかしたらもうできているかもしれないが現時点では永久に存在できるものは宇宙の外にも内にもどこにもないと思われるので、カオスやそれを超える働きかけで宇宙は誕生し拡大、膨張をして...続きを読む

Aベストアンサー

その「永久存在」や「絶対存在」が「無」の姿なき姿としてあたかも文字化けを起こすかのごとく展開している姿が万物。
このようにデコードされた姿であらわれるという存在の運動様式そのものが、永久かつ絶対の機構。

とわたしは思います。

Q宇宙の根源である真理とはなんですか?

宗教、哲学、心理学、科学を通して、真理とは何ですか?
お釈迦様、イエスキリスト様、ムハンマド様がお示された真理とは何ですか?

Aベストアンサー

 宇宙万物を創造し、維持し、自己に溶解していく唯一の実在たる意識が真理なのでしょう。
 宗教、哲学、心理学、科学を通して、これにどう関係するかがそれぞれの課題としてきていることでしょう。
 

参考URL:http://www.yogananda-srf.org/

Q神様、仏様、宇宙の真理様、○○様

敬虔なクリスチャン、清き明き心の天照大神の信者、謙虚な仏教徒、人情ある気のいい人たち

そんないい人たちが沢山の人の心の真実に生きたのに 何故現実は上手く行かないのでしょうか?

これでも日本は上手く行ってる方かもしれませんが、世界には酷い状況が人々を苦しめています。

なぜ悩みは次から次に生まれ出ずるのでしょうか?

折角 世界大戦から立ち直ってきたのに戦争や温暖化や人口爆発に苦しむことになったのでしょうか?

世界の計画性が殆どなかった 資本主義は何処までもお金を求め、成長、開発、消費を促します。

「平和」と言うと何かおかしな運動と思われるし、真理を見出そうにもみんな意見がバラバラです。

我々はどうすれば良いのでしょうか?何もしなくてもいいのでしょうか?思考停止でいいのでしょうか?

貴方はこの世界のどの様なものを評価し、どの様なものを批判するでしょうか?

現代における真実な生き方、在り方というもの、尊敬できる人と言うのはどの様な人でしょうか?

神様、仏様、○○様と言う 貴方が尊敬する人はどんな人ですか?どんなところがいいですか?

病気で長文が読めないので、程よい文で教えて下さい。

敬虔なクリスチャン、清き明き心の天照大神の信者、謙虚な仏教徒、人情ある気のいい人たち

そんないい人たちが沢山の人の心の真実に生きたのに 何故現実は上手く行かないのでしょうか?

これでも日本は上手く行ってる方かもしれませんが、世界には酷い状況が人々を苦しめています。

なぜ悩みは次から次に生まれ出ずるのでしょうか?

折角 世界大戦から立ち直ってきたのに戦争や温暖化や人口爆発に苦しむことになったのでしょうか?

世界の計画性が殆どなかった 資本主義は何処までもお金を求め...続きを読む

Aベストアンサー

何故現実はうまくゆかないかといえば、人の上に立つ人間の
心が悪いからだと一応言えるでしょうね。

ちっちゃな会社の課長になっただけで、急に気取り始めるの
が人間ではないですか?エライと思っちゃうのでしょうね。
まして、エリートとか政治家とかになったら、もうどうにも
ならない。
それと、自分が得たものをどうしても離したくない、これも
強烈でしょうね。

「悪政」は大衆が支える。大衆が「慢心、保身」になったら
もう終わりです。

尊敬できる人とは、信念をもって行動しきる人です。
G.Rさんの考えは反対というより、わからんのです。

Q真理のイメージと宇宙論が複数存在する理由について

大学の哲学の授業で質問がだされましたが、どう答えていいのかわかりません。助けてください。
1、真理のイメージとして鏡を用いる事がなぜ不都合なのか説明せよ。
2、宇宙は1つなのに宇宙論について複数の学説が存在している事態を知識論の立場からどう理解すべきか。

哲学に詳しい方にとっては簡単すぎる質題かもしれませんが大変困っています。教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

歴史的に鏡は「真実を映すもの」の象徴でした。
これは、人間がセルフイメージを自分にとって都合よく美化(厳密には自己の精神が求めるものに合致しやすい)しがちなのに対し、その幻想を打ち砕く要素があったこと、
鏡が希少なものであり、神秘的なものと思われていたことが原因です。
しかし実際には、反転ベクトルの視覚情報を与えるだけです。
哲学上の真理とは「視覚情報の補助器具」ではなく、「存在に優先」したり「永劫不変」であったり、いろいろではありますが、基本的に「観念」の領域です。

ただ、教授の問題提起のレベルによっては「反映説」を否定して「構成説」や「想起説」の立場に立っているだけという可能性もありますんでその場合は「反映説」を教授の支持する哲学体系から論破する必要があります。入門的な哲学解説書でこと足りるでしょう。
「宇宙は1つなのに宇宙論について複数の学説が存在している」
という言説はかなり意味不明ですね。
宇宙論の立場では、多重宇宙説を始め、「無数の宇宙の中から我々、または認識主体はひとつの宇宙を認識あるいは相互作用している」というのが一般的でしょう。
教授が本当に現代宇宙論を知らないか、学生のレベルに合わせているのか、「宇宙」という言葉を比喩として用いているのか、文面ではわかりかねます。
「我々が相互作用している宇宙が単一と仮定できるるのに、宇宙論が複数存在する」
もっと簡単にいうならば、「議論の対象の宇宙間に差異はなく(ひとつの宇宙)であるのに宇宙論は複数存在する理由」ならば
宇宙論は「蓋然性が高いと想定され、実質的に真理とみなされている支配的な学説が存在しない」というのが理由でしょう。現代の宇宙論や量子力学は、世界認識の最先端にあり、廣末渉とかのそこそこ優秀な哲学者でも全く理解できず、高校生レベルの反論しかできていないのが現状です。
夜空はひとつなのに「女神様の体の斑点」だったり、「透明な球殻の模様」だったりするというレベルなら、それを認識する集団の世界観に合致する「宇宙像」が反映されているということです。
「宇宙はひとつ」と教授が本当に思っているレベルなら「認識主体の世界像が統一のものではなく複数存在するため」といったレベルが当りさわりがないものと思います。

歴史的に鏡は「真実を映すもの」の象徴でした。
これは、人間がセルフイメージを自分にとって都合よく美化(厳密には自己の精神が求めるものに合致しやすい)しがちなのに対し、その幻想を打ち砕く要素があったこと、
鏡が希少なものであり、神秘的なものと思われていたことが原因です。
しかし実際には、反転ベクトルの視覚情報を与えるだけです。
哲学上の真理とは「視覚情報の補助器具」ではなく、「存在に優先」したり「永劫不変」であったり、いろいろではありますが、基本的に「観念」の領域です。

...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報