洞窟の奥深くといった光のない場所に生息している動物は目が退化したり、肌が白くなったり透明っぽくなったりします。
 目の方はなんとなく納得いくのですが、肌の透明化の機序がわかりません。
 光がないことで肌がどういった流れで白色化・透明化するのか、専門家の方でわかりやすく説明していただければ嬉しいです。
 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

sesameさんのおっしゃる動物に見られる青、緑系の色彩の多くは構造色(薄膜干渉による呈色)によるものです。

ただ、一部の甲殻類などでは青い色素も見つかっているらしいですが。

dragonさんがおっしゃるような説明も納得できるのですが、木村資生の「分子進化の中立説」からの説明も可能かと思います。このへんの詳しい説明は省略します(詳しくは「目が語る進化の歴史」など読んでみて下さい)が、つまり全突然変異率μtにおける中立な変化の割合fとして、進化速度、つまり一定期間に固定される変異数vは
v=f・μt
で表されます。変異が重大な機能的損失を起こす部分ではfが小さく、逆にそのような機能的制約のない遺伝子においてはfが大きく変異が多く蓄積されます。
ようするにどうでもいい遺伝子にはどんどん変異が蓄積されるわけですね。当然と言えば当然ですが。
暗闇では色彩の意味はなくなるので、色素生成に関わる遺伝子は機能的制約がなくなるわけです。そうすると変異が起こりやすくなる。色素生成という一連のプロセスはどこかがちょっとでもおかしくなると崩れます。でも色素出来なくっても関係ないじゃん。なぜなら何も見えないもん。てなように色素が出来なくなるのは簡単なことなのです。だから、コスト的な面よりもむしろ遺伝子が「おかしくなって」色がなくなるけど、べつにどうでもいいからそのまま固定されちゃった、と考える方が自然かと思います。こんなんでいい?
    • good
    • 0

 両生類や魚類の体色変化(メラニン色素)のコントロールは脳下垂体中葉から分泌されるインテルメジン(黒色素胞刺激ホルモン)によって、メラニン顆粒の拡散とメラニンの合成を促進させます。

当然、体外の雰囲気(環境)によってへんかします。主な情報源は視覚です。他の生物での皮膚細胞のメラニン合成は皮膚に当たった紫外線量によります。
 このメラニン色素を全く合成できないのが突然変異で生まれる「アルビノ」=「白子」とよばれるものです。日光下では紫外線によるダメージを受けますから、生命力が弱いので、繁殖し難い。
 ところが、日光が入らないところでは、アルビノの方が優位なことがある。わざわざ、メラニン色素をつくるためのエネルギーを消費しなくてもいいわけですから。洞窟などでアルビノ種が多いわけはだいたいこのように説明されます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ご回答、ありがとうございました。

 白くない生物が洞窟に住み始める
→真っ暗で紫外線に当らない
→メラニン色素を作って、紫外線対策をする必要がない
→メラニン色素を作らなくなる個体ができる
→段々、そういう個体が増える

 長い目で進化を見ると、このようになるのでしょうか?
 一般的な動物の白子は劣性遺伝だそうですが、そうなると上記の流れとは違っているということになるのでしょうか?

 また、機会があれば、お答えくださると嬉しいです。

お礼日時:2001/03/18 01:14

>>確かに白色の動物は雪原や南極に生息するものが多く、ジャングルやサバンナには少ないですね。


どうでしょう? 極地の動物でも真っ白なのはホッキョクグマやアザラシの子供くらいですし、それに極地の夏は非常に強烈な日射があります(空気が乾燥し、雪氷からの照り返しもあるため)。
これらの動物が白いのは紫外線から身を守る必要がないからではなく、雪の保護色だからではないかと思うのですが、いかがでしょう?

>>哺乳類以外の両生類などにもメラニン色素ってあるのでしょうか?
硬骨魚類、両生類、爬虫類の体表の色素も基本的にはメラニン細胞によるもののようですね。
MCH等のホルモン作用に応じたメラニンのふるまいが綱によって異なるようですが。
ただ、哺乳類以外の脊椎動物で見られる鮮やかな緑・青系の色は何でできているのか、は調べてみましたがわかりませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>>確かに白色の動物は雪原や南極に生息するものが多く、ジャングルやサバンナには少ないですね。
 この場合の白色は「白子」という意味ではなく、「保護色で体毛が白い動物」という意味で書きました。
 紛らわしい書き方ですみません。

 そういえば、哺乳類には爬虫類・両生類のような強烈な色した動物はあまりいませんね。いたら、綺麗でしょうに。

 ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/18 01:19

「肌の色素が濃くなるのはどんな淘汰圧が働いているからか」を考えるとわかりやすいと思います。


保護色、擬態、同種の他個体識別、など視覚的な要因もありますが、大きいのは、紫外線によって体表近くの細胞が壊死したり変異したりするのを防ぐ「防御」という側面ではないかと考えられます。
肌が白いととうぜん紫外線にやられやすくなりますから日光の下では弱く、そういう血統は生き残りにくい。ところが光のない環境ではそういう色素が欠落した個体の生存を不利にする淘汰圧がかからなくなり、結果として白い個体が増える、ということではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 こちらも納得の行くお答え、ありがとうございます。
 確かに白色の動物は雪原や南極に生息するものが多く、ジャングルやサバンナには少ないですね。

 話は変わりますが、日光によるメラニン色素生成をしなくなるので色白になっていくのかと思っていたのですが、哺乳類以外の両生類などにもメラニン色素ってあるのでしょうか? それも疑問です。

お礼日時:2001/03/17 18:01

素人なので、ご期待に添えるかどうかわかりませんが…



色素にしろ何にしろ、物を合成して作り出すのにはある程度エネルギーがいるので「いらない物は作らない」方が生命的に有利なんだと思います。

暗い所では色が付いていることに何の意味もありませんから、元々の物質の色が出ていると考えるのはどうでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 確かに、暗くて何も見えないからという理由で目が退化してるわけですから、固体表面の色分けもなくていいんですよね。
 納得できるご意見です。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/17 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鼻筋と目頭の間の少し上くらいにぽこっとほくろがあります。 私はその場所にほくろがありコンプレックスで

鼻筋と目頭の間の少し上くらいにぽこっとほくろがあります。

私はその場所にほくろがありコンプレックスです。平らなほくろではなく膨らんでいて親にはそんな気にしなくてもいいと言われています。
あと鼻と口の間(なんて言う場所なんでしょう)の左下寄りに平らなほくろがあります。

その場所にほくろがある女の人はどのような印象ですか?

Aベストアンサー

面疔(メンチョウ)ではないの

Q人間は退化していますか?

文部科学省が行った、体力検査の結果で、子供の身体能力は著しく低下していることが分かりました。ここで人間は退化していると思いますか?目に見えて人間の身体で退化している部分など知っている方がいらっしゃれば、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

親知らず 退化 でgoo検索してみては?

親知らずは煮たり焼いたりして物を食べるようになり。顎が退化してきて,うまく生えないとか,まったくない人がいるほど退化が著しいともあります。

私の場合,原始人に近いのか4本とも生えましたが,今は虫歯で全部抜いてしまいました。

昔テレビのクイズ番組で親知らずが生える人は日本人の何分の1かなんて問題があり,意外と多いと思いここでちょっと検索かけた次第です。何分の1かは記憶が定かでなく1/3か2/3と曖昧です。検索結果で出るかも。

Qほくろを取ろうと思ってるのですが、美容外科と皮膚科どっちがいいですかね? 場所はひなの付け根、目頭の

ほくろを取ろうと思ってるのですが、美容外科と皮膚科どっちがいいですかね?
場所はひなの付け根、目頭の下らへんで、大きさはタテ7ミリ、ヨコ5ミリくらいです!

Aベストアンサー

顔の目立つ場所だし、美容外科の方がいいかも。
あなたが男性で、少々の傷が残っても良い、安い方が良い、のなら
皮膚科で相談を。
私は若い頃、ガンが気になるんですーって言ったら、保険適用されましたよ、ずいぶん前ですが。
鼻の横の大きくて盛り上がったほくろを、窒素ではなくてえぐるように切除し、周りの皮膚を寄せて縫いました。
傷はかすかに残ってますが、ほっぺのにきび跡の方が目立つくらいのものです。

Q物理の実験で、葉緑体を透過した光の光量を求めました。 その光量がわかったことを何に活かすことができる

物理の実験で、葉緑体を透過した光の光量を求めました。
その光量がわかったことを何に活かすことができるのかがわかりません。
一体何に活かすことができるのでしょうか。。。

Aベストアンサー

透過しなかった(吸収された)光の波長と光量がわかれば、エネルギーがわかり、それによって固定された炭素(糖)の量がわかれば、効率みたいなものが計算できそう。 また、吸収される波長が限られているなら、地下室などで植物を育てる際の効率的な光の周波数などを予想することができると思う。

Qほくろの場所を弄っていたら皮がむけてしまい、1.2日後にかさぶたらしきものができました。触らないよう

ほくろの場所を弄っていたら皮がむけてしまい、1.2日後にかさぶたらしきものができました。触らないようにしていたのですが、一週間後くらいに寝てるうちにベッドに擦れてかわかりませんが取れてしまいました。もともと黒だったほくろが色が薄くなっていたのですが、これはガンだったりしますか?

Aベストアンサー

直接見ないと分かりません。その部分が盛り上がっているとか色がまだらならリスクが高いと思われますが、提示の状況だけでは全くわかりませんので、皮膚科で見てもらったほうが良いです。

Q生物の質問です。 「光発芽種子で、遠赤色光ではなく赤色光で発芽するのはなぜか」と聞かれた時、「植物の

生物の質問です。
「光発芽種子で、遠赤色光ではなく赤色光で発芽するのはなぜか」と聞かれた時、「植物のクロロフィルが吸収する色が赤色であるから」という答えで丸をもらえるでしょうか?

Aベストアンサー

東京理科大学・理工学部・応用生物科学科の井上康則先生のお答え。

正の光発芽性種子は赤色光で発芽が誘導され、近赤外光あるいは暗黒下で発芽が抑制されます。小型種子は貯蔵物質量が限られているため、地中(暗所)深くから太陽光のある地表へ芽生えを伸ばすことができません。光が当たったと言うことは、種子が地表近くに存在することになりますが、上空に他の植物が繁茂していると、クロロフィルにより赤色光は吸収されてしまい、わずかな緑色光と大量の近赤外光が地表に到達します。よって、近赤外光を受ける条件下では、発芽しても他の植物の陰になり光合成を営めないことになります。一方赤色光が当たったと言うことは、上部に他の植物が存在せず、発芽後直ぐに光合成を営める環境であることになるわけです。ですから、正の光発芽性種子は確実に光合成が営める状況下でのみ発芽しているわけです。

https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=0847&target=number&key=0847

Qホクロ除去。ほくろの場所。

高3、男。
ホクロ除去を考えているものです。
口と鼻の間に二つあるのですが・・・なかなかのコンプレックスなので、
いち早くどこかへいって欲しいと考えています。

しかし、場所が場所だけに、失敗は許されません。
他の質問や、他のホームページを見ては回ったものの、ピンポイントの体験談は得られず、
今それを欲しています。

口―鼻間(或いは顔)のホクロを除去された方、その経験、
除去後の方法、結果、経過、再発等々、術後どの位の期間ケアが必要で、術までどのようなプロセスを経るのか、
また、なにぶん除去希望のほくろの場所が近いので、同時にできるのか、日にちをどれくらいをあけるべきなのか。
保護者の同意書はどういうものなのか。
矢継ぎ早で厚かましくててすいません。
上記一つだけでもお教えいただけたら是非。

一応、まずほかの場所のほくろを取って様子を見ようとおもってます。

その他、経験者様でなくても、なにか情報をいただけたら僥倖です。
情報の重複も大歓迎です。

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 親類の女性が除去しました。まゆげの付近の2カ所。結構大きく(直径7ミリぐらい)、また突起していましたが、非常にきれいにとれ、驚きました。医者がうまかったのかもしれません。彼女も「もっと早く取れば良かった。」と言っていました。

 保険がきいたので、3割負担ですみました。1万円ちょっとぐらいだったと思います。美容形成ではなく、普通の総合病院の外科。

 2週間ぐらいバンドエイドを貼っていたと思います。

 私の場合、たまたま身近に成功例があるので、電車などで大きなほくろ/できものがある人を見ると、「除去手術をすればいいのに」と思ってしまいます。

 
 

Q男の子宮 女の精菅?これらの後で退化したのがあるようなんですが、なぜ、あるのでしょうか。過去

男の子宮 女の精菅?

これらの後で退化したのがあるようなんですが、なぜ、あるのでしょうか。

過去に男が子供産んだりできたということでしょうか

Aベストアンサー

進化の過程で不要な機能・器官が委縮、消失する退化(退行的進化)と、本質問の件のような個体成長の過程で機能・器官が委縮、消失する退化は根本的に違います。「過去に・・」という発想は前者の何世代もの間に起こり得る退行的進化のケースと混同してのことかと思いますが、本件は一代の胎児期の成長過程で起こる退化です。
なぜ生物に雄雌の分類があるのか興味があるのなら、ミジンコなどの微生物の生態を勉強してみると面白いです。ミジンコは雌のみの繁殖と雄雌による繁殖という2通りの繁殖ができます。勘がよい人ならここから雌雄による繁殖の理由が掴めると思います。


>遺伝子で身体が作られてるなら必要ないわけですよね?
遺伝子は設計図みたいなものと考えてください。設計図だけでは生物は作れませんので素材が必要です。素材、つまり胎児の元となる細胞は母体のクローン情報のようなものです。母体は当然女性ですから、クローンである子供もベースは女性です。最終工程でこの母クローンを父親の情報を加えた遺伝子設計図で母体と別の個性を持った個体に作り直します。ここで男になるなら女性体を男性体に変化させていきます。ですから男性器などは女性器が変化したものですし、子宮や乳首などは男性には必要ないけど残ったものです。必要ないものは作られないではなくて、無くす必要がなかったから残ったということかもしれません。
「男が子供を産んだ?」はおかしいですが「男は女だった?」ならある意味正解になるということです。

余談ですが今の医学なら女性が自分の遺伝情報のみをつかって子供を産むことが可能です。この場合生まれるのは当然母親のクローンです。倫理的に問題が多すぎて人間で実験することは禁止ですが、羊などの哺乳類でも成功してますので多分人間でも成功します。

進化の過程で不要な機能・器官が委縮、消失する退化(退行的進化)と、本質問の件のような個体成長の過程で機能・器官が委縮、消失する退化は根本的に違います。「過去に・・」という発想は前者の何世代もの間に起こり得る退行的進化のケースと混同してのことかと思いますが、本件は一代の胎児期の成長過程で起こる退化です。
なぜ生物に雄雌の分類があるのか興味があるのなら、ミジンコなどの微生物の生態を勉強してみると面白いです。ミジンコは雌のみの繁殖と雄雌による繁殖という2通りの繁殖ができます。勘が...続きを読む

Qこのほくろは危険でしょうか?

今までほくろがなかった場所に半年~1年程前にほくろができました。
最初は2ミリほどだったのが、今では4ミリになってます。ほくろは膨らんできています。色はこげ茶で、色ムラはありません。
詳しい方、教えていただけますでしょうか?

Aベストアンサー

今日だけで三件同じ様な質問がありましたが、春で発見しやすくなってきたからでしょうかね。

膨らんできている・・・周りはどうでしょうか?
他の情報から加齢によるものだと思えますが、心配なら外科か皮膚科で切除しましょう。

万が一メラノサイト由来の悪性だと、発見から死亡まで数ヶ月です。

専門医でなくても、医師なら一目で判別できますし、どうせなら其処で切除してしまえば以後心配しなくて済みます。
悪性が普通の黒子からなるのか、元々悪性なのかは意見が分かれているところですから。

Q生存と生息

教えてください。


「熱帯地域に生存する植物を教えてください。」
という質問の仕方は間違っていますか?

「熱帯地域に生息する植物を教えてください。」
と、するべきでしょうか?


植物に生存という言葉を使わないのでは?と言われたのですが..、そんなことは無いと思っています。
以上のような質問での使い方が間違っていると言うことなのでしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

植物も生き物なので、間違いではないと思いますが・・一般に、「生息」のほうが多いですね。

その他・・・
分布する
自生する(人が栽培していないこと)
原生する(元々その地域に存在する)
などの表現があると思います。


人気Q&Aランキング