バイト→契約社員→いずれ社員になれたらと思ってますが、難しいでしょうか?
ディズニーは無理だと聞いて、あきらめました。
年齢も30を越えてるし、無理ですかね・・・・・
働いている方、実際に社員になられた方がいらっしゃいましたら、教えて下さい!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

もう少し業界を調べてみてはどうでしょうか?


子供相手の職種なので子供好きってだけでは色々と難しかもしれませんよ

全然違う業種の経験の話ですが
以前、書店に勤務してました
面接の際9割の方が本が好きと答えます
少し突っ込んで聞くと
関心する程本好きなんだな~と思える程です
しかし、採用にはいたりません
なぜなら、本を売るのが仕事なので本が好きって程度では業務内容的に無理と判断するからです
書店の業務は実はかなり重労働です
知的なイメージを持ちやすいのですが
一冊の重さは微々たるものですが
箱単位で裁いてるので10キロ~20キロは当たり前です
それを毎日、荷出し、検品、返品してる訳です
知的職業に見えて実は肉体労働ですね・・・
上記は参考意見ですが思ってた仕事と実際の仕事に開きがあるのは多々あります

年齢30過ぎで未経験の仕事の望みを託そうとしてるのですよね?

○○の業界を志望していて
○○が好きだからや○○に詳しいからって理由で転職すれば
間違いなく失敗します
イメージとのギャップが激しすぎるからの原因と思います

今まで児童の育成関係の仕事に興味がなく
今回以前を思い出し、その道に進みたいと思ったって事ですよね
では、なぜその結論に至ったのでしょうか?

子供が好きだから子供相手のテーマパークって事でしたら
考えを改めた方がいいかもです
この不況時質問者と同じ結論にたどり着き
同じく入社試験を受ける方が多々いると予想されるからです・・・

この仕事は無理だとかこの仕事はあってない
この仕事をよく考えましたかやこの仕事を知っていますか?
よくよく考えた方がいいです

現在30オーバーで就職希望中
子供が好きだからキッザニアを志望しました・・・
ありがち過ぎて箸にも棒にもかかりません

なぜ30間で子供がターゲットの職に就いてないのか?
なぜ今になって、この業界に目をつけたのかを明確にしないと
返答が難しいのではありませんね?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
全く、おっしゃる通りです。今までダラダラと来て、心機一転!!とは思ったものの・・・・・
業界についても、いろいろと調べてみましたが・・・・やはり『子供好き』だけではしんどそうでした。

お礼日時:2009/09/13 02:04

キッザニアで正社員とあるが、何をやるかはご存じか?


キッザニアを運営するのは、キッズシティージャパン。採用情報を見ると職業体験をサポートするスーパーバイザー、キャラクタースタッフは時給830円の時給契約。正社員の仕事は別。エンターテイメントの企画などが役割になるが、子ども好きという理由だけで務まるのだろうか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
現在、企画営業をしているのですが、社員募集がなかったためバイトから・・・・・と思っていました。+ 子供も好きだから、段階を踏んでいけるかな・・・と。

しかし、そう簡単にはいかなそうですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/16 15:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「正社員→正社員」か「正社員→派遣社員→正社員」か

こんにちは今2年目で21歳です。
会社の先輩から酷いイジメにあっています。
イジメの内容は長くなりそうですので割愛させていただきます。

私としては来年の6月に簿記1級を取得し、それから就職活動をと考えておりましたが
持病のパニック傷害も手伝ってそろそろ限界です。

私は、日商簿記2級しか資格をもっておらず次の就職先はできれば良い会社がいいので不安があります。
(無謀なのは承知の上です)

そこで質問なのですが
今仕事を辞めて、それから資格の勉強(簿記1級など)をするために派遣社員になり
その後資格を取得して就職活動をし正社員を目指す方法か

やめる前から就職活動をし、正社員を目指すかで悩んでいます。
どちらのほうが賢いでしょうか?

アドバイスお願いします。
(経理に興味があります。)

Aベストアンサー

#2です。
どうもマジメそうな方なので再度回答いたしますが、
多少は自分に都合の良い方向でハローワークに伝えるのはアリです。嘘はいけませんが。
例えば、
>イジメがパニック障害の直接の理由ではない。というふうにいうのではなく、
イジメが退職の大きな理由とするのです。

職業訓練校は入学条件はコースによって違いますが、年齢ぐらいしかありません。それも厳しくありません。ただし入学試験があります。簡単な試験です。ハローワークで過去問をもらって確認してください。

雇用保険は正社員で雇用されていたのならほぼ100パーセント加入しているはずです。それで正社員でいた期間が半年以上なら適用されると思います。

注意すべきは保険の支払い期間に差があります。病気がうまく条件いあてはまれば延長されます。さらに訓練校の入りたいコースの入学時期は必ずチェックして、雇用保険の支払い期間と調整して下さい。「雇用保険支払い期間中」に訓練校に入学すれば支払い期間が延長されるという重大な条件があります。

Q正社員から契約社員への転職をあきらめさせたい

私の弟は地元では有名な大きな会社に務めていますが学生時代からの
夢でJRに就職したいと、今回JRの契約社員の募集に応募しています。
しかし、親や私は地元の有名企業(正社員)を辞めてJRの契約社員
になることを反対しています。しかも、29歳で県外に出ようと
しています。どうやって引きとめたらよいかアドバイスをください。
夢を追って働かせるべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

29歳といえば、いわゆる就職氷河期に社会へ出た方ですね。
個人的には僕と同じ境遇だと思うので応援したいです。

とはいえ、質問者さんのご意見もごもっともですね。
まぁ、最終的には決めるのは29歳の弟さん自身であるので、
いいデータも悪いデータも含めて考える材料を与えてあげるというのはどうでしょうか?
止めさせたいのであれば、悪いデータをことさら強調するだけですが・・・。


(1)まず「契約社員」には法律上の明確な規定がありません。
ですから、いわゆる正社員と同等の権利をもつ場合もあれば、
時給や日給で働くパートに近い形態である場合もあります。
そのことをキッチリと調べることをお勧めします。


(2)正社員と契約社員、延いてはフリーターの間の生涯賃金の差は結構あります。
現在働いている会社の生涯賃金を出してみるのもひとつの手かもしれません。
転職先の給与既定で昇給が有るか無いかによって定年までにもらえる賃金には
びっくりするほどの差が有るものです。

以下の記事や本が参考になるでしょう。

読売新聞記事(2007年3月2日)
http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07030226.cfm

『こんなに役立つ数学入門』この本の中に収入格差についての記述があります。
http://www.bk1.co.jp/product/02776057


どのリスクを受け入れて進むか?
どうぞ、冷静な判断をする環境を作ってあげてください。

参考URL:http://job.yomiuri.co.jp/news/jo_ne_07030226.cfm

29歳といえば、いわゆる就職氷河期に社会へ出た方ですね。
個人的には僕と同じ境遇だと思うので応援したいです。

とはいえ、質問者さんのご意見もごもっともですね。
まぁ、最終的には決めるのは29歳の弟さん自身であるので、
いいデータも悪いデータも含めて考える材料を与えてあげるというのはどうでしょうか?
止めさせたいのであれば、悪いデータをことさら強調するだけですが・・・。


(1)まず「契約社員」には法律上の明確な規定がありません。
ですから、いわゆる正社員と同等の権利をもつ場合...続きを読む

Q派遣会社の契約社員(業務請負)から派遣先の社員に、は無理?

主人の話です。

現在派遣会社の契約社員として、関連会社(仮にA社とします)の工場で働いています。待遇に不満があり、転職を考えていたところ、A社の求人が出ているのを見つけました。
これに応募しようかと考えているのですが、何か問題はあるでしょうか?

因みに、今いるフロアは在籍の派遣会社が業務請負で動かしているとのことですので、採用されたとしても同じ場所で働くわけではなさそうです。

以前他の人材派遣会社の正社員求人で不採用になり、後でその会社からも今の工場に人員が派遣されているのを知ったいきさつなどがあり、心配しています。
会社同士の関係で義理を欠くようなことになるから、採用はされないのかという気がして・・・。

どんなことでもいいので、どなたかアドバイスを下さい。

Aベストアンサー

職業選択の自由は憲法二十二条で定められており、例え契約期間があと何ヶ月、何年もあったとしても、退職する事は出来ます。
よって派遣元企業、派遣先企業にとって「一方的な契約解除は無効だだ!!損害賠償払え!!」
と言われたとしても契約解除は出来ますし、損害賠償も一部除き支払い義務はありませんのでご安心下さい。
但し労基法では2週間以上前に退職する事を伝えないと、損害賠償を請求される場合がありますのでご注意下さい。

派遣先企業と派遣元企業との請負、派遣契約で引き抜きに対する損害請求契約など結んである場合がありますので、ご主人の権利と希望に添える結果になるかどうかは微妙です。
でも実際には引き抜きで派遣元企業に損害があり、契約どおり派遣先企業に損害賠償するか?といえばそれは出来ないです。
以後は仕事が貰えなくなりますからね。

ですから、契約期間満了日など気にせず、派遣元には2週間以上先の日付で退職する事を書面で伝え、円満退職した後に派遣先企業に応募するのが一番ですね。
憲法、労働諸法などて認められていても現状は、お察しの通り在職中の応募だと厳しいかと思います。
うまく希望のA社で正社員になれることを祈っております。
がんばってくださいね。

職業選択の自由は憲法二十二条で定められており、例え契約期間があと何ヶ月、何年もあったとしても、退職する事は出来ます。
よって派遣元企業、派遣先企業にとって「一方的な契約解除は無効だだ!!損害賠償払え!!」
と言われたとしても契約解除は出来ますし、損害賠償も一部除き支払い義務はありませんのでご安心下さい。
但し労基法では2週間以上前に退職する事を伝えないと、損害賠償を請求される場合がありますのでご注意下さい。

派遣先企業と派遣元企業との請負、派遣契約で引き抜きに対する損害請求契...続きを読む

Q派遣社員→正社員への転職

私はとある研究業務をA研究所で派遣社員を約2年半やっています。

今度、B研究所で全く同じ仕事を正社員として働かせてもらえるというオファーがあり、そっちに行きたいと思っているのですが・・・

秘守(秘匿)関係の事が何かネックになり、スムーズに転職できないのではないかと心配になっています。

秘匿関係はもちろん守るのですが、「同じ職種には○ヶ月以上つくことができない」という法律等あるのでしょうか。

うちの会社では一筆書かせられると言ううわさを聞いたもので・・・。

Aベストアンサー

>秘匿関係はもちろん守るのですが、「同じ職種には○ヶ月以上つくことができない」という法律等あるのでしょうか

法律はありません。おそらく退職時に「誓約書」なるものに署名させられるのだと思います。

機密漏洩を防ぐため、誓約書に署名させる企業が増えていますが、競業へ就職を禁じる事に関して、憲法による労働者の職業選択の自由が尊重されているように思います。
以下サイトを参照してください。

>「同じ職種には○ヶ月以上つくことができない」
退職時この部分だけは合意できないとお話されては如何でしょうか?

ちなみに誓約書に署名しなくても退職はできるはずです。(私はしませんでした)

参考URL:http://www.asunaro-as.net/service/kisoku-2.html

Q転職して正社員→契約社員?

私は現在入社2年目の事務員ですが、給与は年俸制で240万円です。
残業代や交通費等などは出ず、ボーナス、退職金もありません。
月給は単純に12ヶ月で割って20万円、住宅手当(半額)が出て、手取りは18万円程度です。

もともと事務員志望ではなかったので業務内容もそうですが、待遇面にしても転職を考えています。
こんな時期にとは思ったのですが、不況のあおりを受けて事実今の会社も倒産目前です。

先日応募した会社に書類選考で通ったため、一次面接の予約をしなければならないのですが、契約社員での募集なので今更すこし心配になってきました。
月給はインセンティブ抜きで25万円です。単純計算で年収300万円。
仕事自体には興味もあるし、まだ25歳(女性)なのでやってみようかという気持ちももちろんあります。(もう「まだ25歳」と言っている場合ではないのでしょうか・・・)

ただ、いまいち契約社員と正社員とのメリット・デメリットがわからないので躊躇しています。
アドバイスよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

契約社員は契約ベースですから契約期間が切れたら有無を言わさず切ることができます。更新しないと言われればそれまでです。
毎年更新だと、正社員ならそこで昇給の交渉などがありますが、契約社員なら「昇給なし嫌なら契約解除」とかできてしまいますね。

また、交通費や福利厚生など正社員と比べると差があるところもあるようです。
明日の保証がない社員形態なので、正社員より少し割高の給与を設定しているようですね。

インセンティブは100%もらえることは滅多にないので、余り当てにしないほうがいいですね。
私がいた会社では100%貰うには200%以上の目標達成でした。

給与や待遇、昇給や評価体制などについては重要な要素なのでちゃんと確認しないと後で後悔しますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報