『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

タイトルでわかりにくかったらすみません。要するに、譜面で4分の4と4分の3や4分の2という情報がわかったところで何の得になるのでしょうか。4分音符が何個入ってるという情報は何か意味があるのでしょうか?
自分でもものすごく変な質問だと思いますがどうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

音楽の拍子というのは、「拍」と「拍節」からなっています。


「拍」というのは、「脈拍」と同じように、一定の間隔で延々と刻まれるもので、時計の秒針がカチカチといって時を刻んでいるのと同じです。「拍節」というのは、延々と刻まれている拍に入れる「節目」ということで、普通は強く打つ「アクセント」により節目が作られます。このアクセントにより、延々と無表情に刻まれる拍にひとつのまとまりが作られます。それが一つの単位となり、それが1小節を形成します。
すなわち、「4分の4」は一小節に四分音符が四つあるというよりは、四分音符四個が一つの音楽的な単位であり、1単位ごとに縦の線が引かれて、結果として一小節が形成されたと言う方が正しいといえます。先にマス目があって、そこに四個の音符を入れたのではなく、音符四個進むごとに区切りの線を入れたということです。
ここで重要なことは、ただ一小節に四個の音符があるということではなく、規則的なアクセントにより、一つの最小の単位が形成されるということです。
クラシック音楽であれば、規則的に「四回に一度強いアクセントを付ける」というのが、四拍子であり、「三回に一度強いアクセントを付ける」というのが三拍子の定義となり、小節線があるかどうかは関係がありません。しかし、この一単位ごとにタテの線(小節線)を入れると見やすいこと、また「小節線の右側には常にアクセントを付ける」と約束しておけば、誰が見ても基本の拍子が理解しやすいという「得」があります。もし小節線を引かずに、すなわち「小節」という概念を排除して、基本リズムの三拍子を表現しようとすると、四分音符3ヶ進むごとにアクセントマーク(>)を付ける必要があり、とてもわずらわしいことになります。また、曲の「ある場所」を示す方法がなくなります。すなわち、オーケストラの指揮者は、「最初から12小節目の最初の音をキレイに出して下さい。」というような言い表し方ができなくなり、「最初から四分音符45個目の音をキレイに出して下さい。」という言い方をしなければならなくなります。これでは練習が進まず、また数え間違いも起こります。
曲の特定の場所を簡単に指定できるというのも、四分音符四個進むごとに、あるいは三個進むごとにタテ線を入れて区切ってあることによる「得」だと言えましょう。
    • good
    • 0

他の方が書いていない観点から。



楽譜というのは音楽の「情報」そのものです。
クラシック音楽などを練習するときは、何百年も前に書かれた五線譜を見て演奏します。当然作曲者はこの世にいないので我々は楽譜に残された情報を読み取って再現しようとするわけです。

このときに「4/4」か「3/4」か「6/8」かは曲の基本的なノリとかリズムを決定するために必要な情報なのです。またこれがないと、ノリが決まらず、なんともシマリのない演奏になってしまいます。ですから、五線譜を読みながら演奏するプレイヤーにとって拍子は非常に重要なポイントなのです。

今は音楽は楽譜だけでなく演奏データとして広く普及していますので、聞き覚えで歌を歌ったり、耳から入ってくる情報だけで楽器の練習をすることも可能ですが、長いスパンで見れば音楽という作品を時代を超えて継承していくためには、やはりあるルールに則った伝達方法を採らざるを得ません。そういう決まり事だと理解して下さい。
    • good
    • 0

難しいことではありません。


4拍数えないと次の気分になれないのは4分の4、4拍だと多すぎる。どうしても3拍で次に進まなければならないのが3拍子です。

何が違うかというとノリが違います。また、4分の3については8分の6という紛らわしいものがありますが、数字が違えばノリも違うので、これはこれでやはりノリが違います。

あなたがなにがしかの楽器をやっている、あるいは音楽を聴くとき、カラオケで歌うときなど、足でワンツースリーフォーとかを数えるようにしてみるといいでしょう。これだけで音楽を理解する力がまるで違い、表現する立場になればもはや、言語学者と赤ん坊くらいに表現力の幅が違います。
    • good
    • 0

こんにちは


 西洋音楽で楽譜から音楽を再生する場合、基本的なイントネーションを判断する重要な情報です。
 例えば、日本語で「はし」と「はし」、「あめ」と「あめ」文字上では同じでもイントネーションを変えて読むと違うものになりますよね。

 楽譜の場合4分の4拍子と4分の2拍子では以下の違いがあります。
拍子  拍位置のイントネーション
4/4 O・o・|O・o・|O・o・|O・o・||
2/4 O・|O・|O・|O・|O・|O・|O・|O・||
●上記の記号の意味
O 強拍
o 中ぐらいの拍
・ 弱拍
| 小節線のつもり
|| 終止線のつもり

【注】楽典によると強拍と弱拍等の区別は、あくまで内面的な感じ方の問題であって、強拍が物理的に強い音量で演奏され、弱拍が弱い音量で演奏されるという意味ではないとされています。

 4分の3拍子の場合は下記の例が一般的だそうです。
3/4 O・・|O・・|O・・|O・・||

 露払い的回答で済みませんm(__;m
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4分の3拍子と4分の4拍子の違い

4分の3拍子と4分の4拍子の違いを教えてください。
…といっても形式的なものではなく、曲の雰囲気、心への感じ方とかです。
こんな感じで答えていただけるとありがたいです↓
4分の3拍子の曲は○○な感じ
4分の4拍子の曲は□□な感じ

Aベストアンサー

こんにちは。

個人的印象ですが,曲調とかテンポとかを除外して,拍子だけでどんな違いを感じるかといわれれば,

・三拍子は「ちょっと特別な」感じ
・四拍子は「普通な」感じ

でしょうか。
(漠然としていて申し訳ありませんが,一般化してしまうと,このくらいしか書けないんです・・・)


---(以下,めちゃくちゃ一般化・抽象化した話ですが)---
人間の一番基本的な動きのひとつに,「歩く」,がありますが,これは二拍子の動作です。(右⇒左⇒右⇒左 ・・・)
ところが,三拍子は,人間の動きではうまく割り切れないんですよね。もしも三拍子に当てはめようとすると,例えば,「片足を踏み出す⇒もう片足をそろえる⇒待って次の踏み出しに備える」という動作になります。この三拍目の「ため」が,次の一拍目に何かしらの「動き」や「感情」を生じさせるように感じます。実際,これは少し踊りっぽい動作ですよね。
ワルツなどの舞曲系に三拍子が多い(#3さまの例では,第九の第二楽章やサティが該当)のは,飛ぶ・跳ねるといった躍動的な動作が三拍子によく合うからなのかもしれません。(大きく動く⇒減速して止まる⇒準備⇒大きく動く ・・・)

もう少し言い換えると,

二拍子(四拍子)は本能で自然に感じ取れるが三拍子を感じ取る時には「人間的なモノ」が介在する

といった感じでしょうか。
(注:以上,かなり大げさに書いています。実際には,そういわれればそんな感じももあるかもな,という程度だと思います)

---
もうひとつ,三拍子の音楽はキリスト教の教義である「三位一体」を表す,という考え方がありました。
ただ,これは本能的なものではなく,人間の頭の中で人工的に作られたものですので,そうと知らない人が三拍子の音楽を聴いて宗教的に聴こえるような事はないと思います。
再び#3さまの例を引用すると,「ドイツ・レクイエム」はおそらくそれを意識して作られているでしょう。アルビノーニのアダージョもそうかもしれません。また,「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲は,情感あふれる名曲ですが,この曲が使われているオペラにはキリスト教的なバックグラウンドがあります。そこで,三拍子とキリスト教の関係を知っているマニアは「ははーん,だから作曲家はこの間奏曲を三拍子にしたんだな」などという下衆の勘ぐり(笑)をしたりします。
(注:ちなみに,この間奏曲が三拍子である理由に本当にキリスト教がからんでいるかどうかは全く分かりませんので,その点ご了承ください)


---
以上のような考え方を意図的に避けていると思われる作品(亜麻色の髪の乙女など)も多いと思いますので,一般化できない部分は非常にたくさんあるとは思いますが,よろしければご参考に。


最後に,#3さま,三拍子の特徴をよくつかんだとても分かりやすい例示だと思いました。これを見て自分の回答の方向がなんとなく決まったような気がします。
また,例を回答で参照させていただいた事,どうかご了承ください。ありがとうございました。

こんにちは。

個人的印象ですが,曲調とかテンポとかを除外して,拍子だけでどんな違いを感じるかといわれれば,

・三拍子は「ちょっと特別な」感じ
・四拍子は「普通な」感じ

でしょうか。
(漠然としていて申し訳ありませんが,一般化してしまうと,このくらいしか書けないんです・・・)


---(以下,めちゃくちゃ一般化・抽象化した話ですが)---
人間の一番基本的な動きのひとつに,「歩く」,がありますが,これは二拍子の動作です。(右⇒左⇒右⇒左 ・・・)
ところが,三拍子は,人間の動...続きを読む


人気Q&Aランキング