宮部みゆき「火車」、恩田陸「常野物語」のように
舞台はあくまで現実世界で、異能ゆえの孤独やかなしさが描かれている小説を探しています。
サスペンス風味だとなお嬉しいです。

上記作家の他に好きなのは
あさのあつこ、荻原規子、川上弘美、貴志祐介、近藤史恵、恒川光太郎、半村良、村上龍、山田詠美、
スティーブン・キング、ゼナ・ヘンダースン

逆に合わないと感じているのは
伊坂幸太郎、市川拓司、乙一、京極夏彦、小松左京、畠中恵、村上春樹、万城目学、本谷由希子、森見登世彦、山田風太郎、山田悠介、
レイ・ブラッドベリ、シオドア・スタージョン、ダフネ・デュ・モーリア、スーザン・クーパーです。

おそらく溢れるほどあるのだろうと思いますが、
漫画・ラノベ以外でお願いします。
また、古いものやゴリゴリのSF・純文学は読めません…。

幅がすごく狭いのですが、上に挙げた作家以外の小説で
おすすめがありましたらぜひアドバイスをお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

僕は宮部みゆきさんや恩田陸さんが大好きです。



辻村深月の「ぼくのメジャースプーン」は、いかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
辻村深月さん、良いですよね。
ミステリとして面白いのはもちろん、子どもの言い分とか息苦しい雰囲気とかの描写も好きです。
既刊はほとんど読んでいるのですが、
もっと大人の気持ちや社会が描かれていれば……って色々求めすぎですね。
若い作家さんなので、今後追っかけていきたいと思います。

お礼日時:2009/09/23 22:41

私も異能もの探してるんです!!


宮部さんほかに
鳩笛草・クロスファイア・竜は眠るも苦悩っぷりがいいです。
火車は異能でしたっけ??
東野圭吾「変身」(異能というか異脳。でも物悲しく苦悩してます。)

クーンツ「ウォッチャーズ」
作者だれだったか??「ファントム」(異能とは違うか・・)
物悲しいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このジャンル(?)、たくさん出版されているのに
好みの作品と出会うのは中々難しいですよね。

「火車」は社会問題がテーマっぽいですが、
「クロスファイア」にもつながる発火能力者が出てきた
…ように思うのですが、何かと混同している可能性アリです。
東野さんの異脳もの…アルジャーノンみたいな感じでしょうか。
でも今はやっぱり異能ものが読みたい気分です。
クーンツはピンとこず…残念。

お互い「おおっ」という作品と出会えると良いですね。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/09/18 23:32

ちょっと古いですが、筒井康隆氏の「七瀬シリーズ」はどうでしょうか。


「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」があります。
テレパスや予知能力者などの超能力者が出てきます。異能の悲哀という点では「七瀬ふたたび」がお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

筒井さんはあのクセの強さが苦手で…。
七瀬シリーズは筒井作品の中ではソフトかな、と思うのですが。

小説に限らずですが、好みって時とともに変わるので、
いつか読めるようになると良いなあと思います。

お勧めしてくださってありがとうございました!

お礼日時:2009/09/18 23:12

新井素子「あなたにここにいてほしい」1990年作品 講談社文庫 ISBN4-06-184036-3

    • good
    • 0
この回答へのお礼

新井素子さんは、何だかコバルトなイメージで
ちょっととっつきにくかったりします。
が、この機に手をのばしてみようと思います!

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/14 20:39

荒俣弘氏の「帝都物語」あたりはどうでしょうか。



結構前に、発売され映画にもなりました。
最近、文庫で「新帝都物語」がでたはずです。

新はまだ読んでないですが、前の帝都物語は私的には
お勧めの1冊のなってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

荒俣氏…
そういえば名前は知っていても、全く読んだことがありません。

ウィキペディアで概要を見てみたところ、
25年前の作品らしいというので不安半分、
陰陽道や史実と絡んでいる=おもしろそうなので期待半分です。

と、幸田露伴も出てくるんですか、しかも魔術師?として??
何だか壮大なトンデモストーリーみたいで、
不安の方が大きくなってきてるのですがとりあえず1巻見てみます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/14 20:34

かなりたくさん本は読みますが


書籍のくくりが解らないので
少しズレた解凍なのかもしれないですが
最近読んで面白かったミステリーは
神永学【心霊探偵 八雲】
SFでもないしオカルトなネーミングですが
オカルトって訳でもないし…
まぁ現実離れはしているのかもしれないですが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

八雲は以前1巻だけ読んでみたのですが
はまれませんでした・・・。残念。

回答ありがとうございました!

お礼日時:2009/09/14 20:40

「わくらば日記」(朱川湊人・角川文庫)昭和三十年前後の、不思議なちからをもったはかなげな姉と、姉大好き!な妹のお話。

姉がちからを苦しみながら使っていくのが痛々しかったです。続編もあり。「常野物語」に近いかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに異能ですね!
以前に異能を求めて読んだ作品です。

あらすじを読んでツボで、
実際読んでそれなりに楽しめたのですが…
なぜか、する~と通り過ぎる感じであまり印象に残りませんでした。

でもファンも多い作品ですよね。
魅力的な作品なのにはまれないと、何だか損した気持ちになります(笑)
回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/14 20:27

 平井和正さんのウルフガイシリーズなどはどうでしょう。

いわゆる「狼男」が現代に生きる話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

30年以上前の作品なのですね。
ちょっと読めるか不安ですが・・・
今度図書館に行ったときに探してみます!

お礼日時:2009/09/14 20:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。

私の好きな作家は、村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。エッセイだけなら、林真理子が好きです。

この中で、好きな作品がある方、おしえて下さい。ちょっとした内容も教えてもらえますか。
最近、本を読んでいないので、前にどんなのが良かったかなあ、と思いまして。
ちなみに、そういう理由で、ここ最近の作品はちっとも読んでいません。もちろん、お気に入りの作品があれば、新しいものも紹介してください。

いま思いつくのは、
吉本ばなな「哀しい予感」
 森で、時間がゆっくり流れるイメージ。姉弟の、甘いけど、遠い関係が私には印象に残ってます。

吉本ばななはこれと「キッチン」くらいしか印象にありません。「サンクチュアリ」くらいから読まなくなりました。
山田詠美は、「僕は勉強ができない」だけでしょうか…。
林真理子は「美女入門」
夏目漱石「こころ」

村上春樹は、当たり前の「ノルウェイの森」「ねじまき鳥クロニクル」とか、デビュー作とか、いろいろ。エッセイも好きです。
赤川次郎は、読みやすいけれど、私にとっては独特の好きな世界があります。
太宰治は、意外につぼにはまります。こういう系統はほとんど読まないのに。
今思い出せるのは、作家も作品もこれくらいです。いろいろ忘れているのでは、と思います。

お願いします。

私の好きな作家は、村上春樹、赤川次郎、ちょっとだけ、吉本ばなな、山田詠美、太宰治、夏目漱石。エッセイだけなら、林真理子が好きです。

この中で、好きな作品がある方、おしえて下さい。ちょっとした内容も教えてもらえますか。
最近、本を読んでいないので、前にどんなのが良かったかなあ、と思いまして。
ちなみに、そういう理由で、ここ最近の作品はちっとも読んでいません。もちろん、お気に入りの作品があれば、新しいものも紹介してください。

いま思いつくのは、
吉本ばなな「哀しい予感」
...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
村上春樹、大好きです
おすすめは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」2つの世界(世界:穏やか、ハードボイルド:ちょっとSF)が絡みあいながら展開し、ちょっとハラハラドキドキもありです。
最近「海辺のカフカ」も文庫化されましたね。あれも面白かったです。いま思えば、「カフカ」と「ハードボイルド」構成がよく似ています。読み比べると楽しいかもです。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Qおすすめの小説はありますか?因みに貴志祐介さんと宮部みゆきさんの作品が好きです。 なるべく他の作家さ

おすすめの小説はありますか?因みに貴志祐介さんと宮部みゆきさんの作品が好きです。 なるべく他の作家さんでお願いします。

Aベストアンサー

百田尚樹さんは貴志祐介さんや宮部みゆきさんと若干似ている気がします。

私はたまたま手にとった本がおもしろかったことが多いです。本屋さんに行ってみたらいかがですか?
好みが見つかるかもしれませんε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

個人的なお勧めは「あん」です。読んだことが有りましたらすみません(。>A<。)
ファンタジーでは上橋菜穂子さんが大好きです!
海外の小説もおもしろいです。ユーモアと表現力が豊かなので楽しく読めると思います。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q山田詠美さんの本の中で・・・

山田詠美さんのファンなのですが、
詠美さんの作品の中で『グッチのエンヴィ』について『エンヴィって~っていう意味なのよ』というフレーズが出てきた作品ってありましたか??
あったような気もするのですが、どの作品を探しても見付かりません…。
知っていらっしゃる方いたら教えて下さい。また、そのフレーズも教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。
オーデコロンの「グッチのエンヴィ」ですね。

恐縮ですが、オーデコロンつながりで思い当たりましたが、これは「ジャン・パトゥのミル」ではないですか。「ミルって、千っていう意味なのよ」
「そうなの、おまえと千回くらいこうしたいよ」という恋人同士の会話が出てきます。

「放課後の音符(キーノート)」という連作短編集です。

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Qレイ・ブラッドベリ頌 あなたのベストは?

SF作家のレイ・ブラッドベリが亡くなりました。
故人を偲んで、というわけではありませんが、
あなたの好きなブラッドベリ作品を教えてください。
長編、短編を問いません。また短編集単位でも結構です。

ちなみに私は『火星年代記』の中の「百万年ピクニック」です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1のM_Satoです。
『われは虚空の王たらん』は、『ウは宇宙船のウ』(大西尹明訳)収載の『「ウ」は宇宙船の略号さ』R Is for Rocketのことです。
Famous Fantastic Mysteries 1943/12に発表されたときの題名は"King of the Gray Spaces"でした。これが1962年2月号のSFマガジンに『われは虚空の王たらん』(永井淳訳)として紹介されました。オールドSFファンにはこちらの題名のほうが愛着があります。

ブラッドベリの邦訳作品の詳細は下記をご参照ください。
http://homepage1.nifty.com/ta/sfb/bradbury.htm

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q読者好きな者です。 ホラー小説とか泣ける系の話とかが好きなのですが、毎回好きな作家さん(山田悠介,乙

読者好きな者です。
ホラー小説とか泣ける系の話とかが好きなのですが、毎回好きな作家さん(山田悠介,乙一)のしか読んでません。
((たまに、題名を読んで面白そうなのは読みますが...
よければオススメの作家さんをお教えください。
どんなジャンルでも何冊でもOKです
お願いします。

Aベストアンサー

越谷オサムさんは、読みやすくて、コメディ部分もあるけれど終わりにはしっとりさせてくれる話が多いです。最近出た「魔法使いと副店長」(徳間書店)もおすすめです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報