最新閲覧日:

 産まれてすぐアトピー性皮膚炎になりいまだに治りません。全身に症状が出ていて、かゆみも強く乾燥と引っ掻き傷でぼろぼろです。小児科のアトピー治療に有名なお医者さんにも通っていますが、(2年間)あまりよくなりません。はっきり言ってつらくて、親子で泣いています。
 本題に入りますが、最近耳にしたダブルブロック療法というもので、キトサンを体に塗り、SOD様食品を食べ、体の内外から治療するというのがあるそうです。
どなたか試されたり、聞いたことのある方はいらっしゃいませんか?民間療法的なものは今まで、信じがたく試したことがないのですが(アトピービジネスのかもにされそうなので)そんなことはいってはいられず、何かよい方法や治療があれば何でも結構なので教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

SODは、あまり効果があったとは聞かないですね。



アトピーの発症を少し考えた方がいいですよ。
    • good
    • 1

こんにちは!日本在住20数年。

アレルギーとアトピーの方は身の回りとても多いと感じました。自分も日本に住み始めて、7年目に花粉症掛に掛かりました。季節になるととても辛いです。
最近中国で仕事が出来るようになり、花粉症も消えました。
私思うには、やはり日本と言う独特な環境(食事もあるかもしれません)の中で、アトピーに成り易いのではないでしょうか。
中国の医療現場に出入るため、医者との接触機会があり、アトピーは治るものか漢方皮膚科の先生に聞きました。先生はまず日本という環境を暫く離れ、その人に合わせて治療して見るしかないと答えました。
聞いた私は、多分多くの患者は出来ないから苦しんでいるではないかと思いました。
お勧めですが、試しで辛い季節に日本を離れ、治して見た方はどうですか?
    • good
    • 0

市民オンズマンをしています。

アトピー性皮膚炎はわずかでもステロイドは使用しないで下さい。ステロイドは約200種類ぐらい有りますが、まともな物は有りません。長期に使用するとステロイド皮膚炎になります。
これらの被害は、検索サイトで「ステロイド被害」を検索してみて下さい。
現在もっとも有効なのは「美肌水」と言うものが有ります。検索サイトで「美肌水」と検索してみて下さい。かなりヒットするはずです。
繰り返しますが、絶対にステロイド薬は使用しないで下さい。
アトピー性皮膚炎の簡単なメカニズムを書きます。
原因はアメリカが絡む農薬です。これ以上書くと私の身体が危険になります。かなり政治的な原因です。
この農薬が身体に入ると、副腎皮質に作用し副腎皮質ホルモンの分泌を低下させてしまいます。このホルモンは身体の代謝機能を司っています。こどもに多いのは、子供は代謝機能がまだ未発達だからです。代謝機能が低下すると、それが原因でアレルゲンが作用し皮膚炎になります。これを外部からステロイド(人工副腎皮質ホルモン)を塗るなどにより外部から与えると、副腎はホルモンを出さなくなります。長期に与えると、副腎は壊滅的打撃を受けます。この状態で塗り続けると今度はステロイド皮膚炎になります。またぜんそく、アデノイドなどになる可能性も有ります。
対症療法ですが「美肌水」により、アレルゲンの侵入を遮断し、副腎がホルモンの分泌を始めるのを待つしか有りません。かなり効果があり事績が有ります。また医療費に比べて信じられないくらいの低価格です。
温泉療法は体内の重金属(農薬)を排除するのに有効です。
    • good
    • 1

はじめまして、


これは
私の主人の妹の話です。妹は子供のころからアトピーでステロイドの使いすぎの副作用で顔がはれあがり自殺も考えてたほどつらかったようです。そんなときに兵庫の方だったと思うのですが良い医者がいるという事で来院したそうです。治療方法はアルカリ水を一日何リットルも飲んで、酸性水で顔を洗うという事だったそうです。アルカリ水も、酸性水も家電販売店で売られている浄水器の水でいいそうです。何リットルも飲むので顔のむくみやお腹がはったりといゆことがあったそうですが
今では、アトピーがまた出たりということはないようです。
    • good
    • 0

こんにちは。

アトピーは、とても辛いですよね。私は、アトピー完治に向けて、前向きに頑張っています。

長い間インターネットであれこれ数ヶ月調べた結果、二つだけとてもいいサイトを見つけたので、紹介いたします。私は、この二つのサイト、全部読みました!私には心強いサイトです。インターネットのおかげで、アトピーで苦しむ人同士が無料で情報交換ができ、お互いを支えあえれるのは素晴らしいことなので、この二つのリンクがAsayuuさんのお役に立つことを祈っています。

http://www9.ocn.ne.jp/~akira21/index2.htm

http://atopy-england.seesaa.net/

参考URL:http://www9.ocn.ne.jp/~akira21/index2.htm,http://atopy-england.seesaa.net/
    • good
    • 1

>全身に症状が出ていて、かゆみも強く乾燥と引っ掻き傷でぼろぼろです。



アレルゲンの特定と排除。
抵抗力がつくまではアレルゲンとなる食品を除いた上でバランスの取れた食事が必須です。

アトピーと命名される前からのアトピー体質とです。
子供にも遺伝しその為に自分を実験台に色々試しました。
そしてアトピービジネスに対して嫌悪感以上の怒りを感じています。

さてまず「かゆみも強く乾燥と引っ掻き傷でぼろぼろです。」に関してアドバイスです。

湿潤治療をご存知でしょうか?
最近バンドエイドでも値段の高いキズパワーパッドってのがありますよね。

http://www.jnj.co.jp/consumer/bandaid/products/m …

この傷を綺麗に治す根拠になった治療方法です。

新しい創傷治療
http://www.wound-treatment.jp/

怪我や火傷の時にを乾かさずラップなどで体液を保ったままにしておくと患部が非常に早く治るという治療法です。
紹介したサイトの「実際の治療例」の中に「接触性皮膚炎,乾燥肌,主婦手湿疹」という症例の報告があります。
(症状の画像がありますので少々刺激的ですが医療関係者向けのサイトですから。)
http://www.wound-treatment.jp/wound155.htm
http://www.wound-treatment.jp/next/wound232.htm
個人的には怪我や火傷では「湿潤治療」で良好な成果をあげて、流石に湿疹に関しては本当かな?という感想を持ちました。
しかしアトピーな私ですので、実験の機会は簡単に訪れました。

意を決した私は水泡で腫れ上がり直り始めた処に湿疹が生じ始めた指に馬油をたっぷり塗りサランラップで指を巻きました。
痒みや痛みが軽減され一日そのままにした指は体液にまみれているのがラップの上からも分かります。
体液自体ははっきり言って臭いものですので、洗浄の意味で流水で洗い流し患部をみると全体はふやけていますが、患部には薄皮が張り始めていました。
保護材としての油はワセリンを使うのが新しい創傷治療サイトでは定番ですが、馬油で傷、火傷などで実績を上げていましたので敢えて良いとこ取りのつもりで馬油を使いましたけど。


まぁ20年以上前にキチン・キトサンが人工皮膚として熱傷治療に役立つなどと持て囃された時がありました。
しかし「湿潤治療」の原理が分かると被覆材は患部を湿潤環境に保つ事が出きればアレルギーさえ起きなければ選択肢が沢山有ることが分かります。
同じ効果を齎すのに敢えて高価な素材を一番効果的に説明する様な事は
個人的な見解としてはアトピービジネスの範疇に入ります。

湿潤治療が普及しない大きな原因は保険制度と思っています。
なんせ現在の保険制度では被覆材の保険請求は想定外。
しかも認可されても保険点数は著しく安いでしょう。
病院も経営が苦しいですからそんな治療は敢えて採用しないのが現状でしょう。

外傷を湿潤療法で治療している医師
http://www.wound-treatment.jp/drs.htm

参考に私の長年の体験でお勧めできるスキンケアを紹介しておきます。
アトピーの相談の方には何度も紹介しているのですが検索エンジンにはなかなかHitしないのでね。

財団法人日本アレルギー協会 皮膚アレルギー情報
http://www.jaanet.org/contents/hihu.html

【皮膚疾患】
http://homepage1.nifty.com/jibiaka50/1hihu.htm
耳鼻科の女医さんがまとめたものですので読みやすいです。

日本皮膚科学会 皮膚科Q&A
http://www.dermatol.or.jp/

乾皮症について
http://www.furano.ne.jp/utsumi/neues/skinitching …

知られざる角質の秘密Part-3・・角質のホントの姿
http://www.sappho.co.jp/bihada/kougi/kougi_119.h …

分かりやすいQ&Aです。かなり膨大なものですが必ず熟読してください。

少し高度なところでは
あたらしい皮膚科学 (北海道大学医学部皮膚科 清水 宏教授)
http://www.derm-hokudai.jp/textbook/index.html



さて上記のサイトを踏まえたスキンケアですが、石鹸やシャンプーは純石鹸やベビー石鹸ベビーシャンプーがお薦めです。
タオル類もベビー用のものやガーゼなど肌に負担の掛からないものを使用してください。
良く泡立てて産毛に触る位の優しさで撫でるようにするだけで十分汚れは落とせます。
ベビー用は低刺激ですが洗浄力は見掛けに寄らず強力です。
石鹸ならば独特の匂いがありますがオリーブ石鹸がお薦めです。個人的にはマルセイユ石鹸を基準にしています。

但しアトピーの乾燥肌の人間には石鹸での洗浄も過剰に皮脂を取り去る結果になる事が非常に多いのです。

石鹸洗浄は2,3回に1回で後はなにも付けずにお湯で流すだけにした方が極度の乾燥肌には良いのです。
シャワーなどで汗に起因する汚れは殆ど洗い流せます。
清潔志向の副作用で必要以上に洗浄し過ぎが乾燥に拍車を掛けているのです。
浴槽の温度はぬるめで40度までにして余り長風呂すると大切な皮脂が流されてしまいます。


石鹸の参考サイト
http://www.live-science.co.jp/store/php/shop/s_s …


ミョウバン風呂も特にお薦めです。
ミョウバン水の作り方及び解説
http://www.ueda.ne.jp/~wkoide/skincare/myouban.h …
http://www7a.biglobe.ne.jp/~sysoap/myoban.html
http://www.gomiclinic.com/oldlog/lg0316.html
ミョウバンが皮膚のバリアになってくれます。
皮膚の雑菌の繁殖を抑えて消臭効果があります。
アトピーの弱い肌にも使えてアセモなどを予防してくれます。
スーパーの漬物の素のコーナーで50g100円ちょっとで買えます。
経験上痒くて掻いた後も皮膚の状態が悪化しません。
乾燥する冬場は下記に説明する美肌水も入浴剤として入れてください。


なによりも保湿に心掛けて下さい。カサカサするから油分を補うのは逆効果です。
皮膚を潤った状態に保つ事が皮膚の健全な新陳代謝を行う環境を作ります。

入浴後の注意事項
乾燥肌の人間にとって10分以内に保湿のスキンケアが完全に行えるかが決め手になります。
しかし実際に脱衣所などで体を拭いていてタイムリミットを越えてしまうケースが圧倒的に多いのが実態の様です。
ですからスキンケアはセットを風呂場に持ち込んでバスタオルで体を拭く前に行う方が確実です。
保湿ローションやクリーム・オイルなどのケアを行うと必要な水分を皮膚に封じ込めてバスタオルで軽く抑えるだけで水滴などはそれほど残っていない筈です。


美肌水
http://www.makino-g.jp/yuhobika/drimai/bihadasui …
http://www.makino-g.jp/yuhobika/drimai/bihadasui …
保湿が重要です。それこそ湯水の如く使えて安全で安価です。
アトピーの方も藁をもすがる思いで見つけ出した方が多いです。私もです。


本当に稀に尿素が合わない方もいますがその場合には尿素をやめてグリセリンを増量してください。
それで保湿力は維持できます。

但し尿素が合わないと言う事は目に見えないが皮膚が非常に傷ついてボロボロになっている結果なのです。
その辺が界面活性剤によるかぶれとは異なる点です。
尿素自体は皮膚にも存在していますのが浸透力が強いので刺激として感じる訳です。

材料費は薬局でグリセリン400円位 尿素は薬局のものは
http://www.kenko.com/product/seibun/sei_782119.h …
園芸用はもっと安く手に入ります。

美肌水でも水分が維持できない場合には油分で水分の蒸発のカバーが必要です。
皮膚に負担を掛けない観点でしたら白色ワセリンでも十分ですが個人的には馬油をお薦めします。
白色ワセリンは融点が38度以上なので普通に塗ると伸びも悪くべとつきます。
入浴時の時にケアする様に書いた理由でもあります。
馬油の場合には30度を超えたら液状になるほど融点が低いので人間の皮脂の代用には最適だと思います。

最近は馬油配合のものが薬局で同じ所に並んでいますので馬油100%のものを購入してください。

http://www.kenko.com/product/seibun/sei_661009.h …
http://baayu.sepia53.net/baayu01seibun.htm

民間治療でヤケドした患部に良く使用されましたが成分的にも皮脂に近い成分といえるでしょう。
薬局でも馬油100%のものが1500円位で購入できます。



食事に関しては大事な事ですが、個々に嗜好やアレルゲンなどもあります。
私の腸内環境の目安は五味先生の「良いオナラ」と「悪いオナラ」
http://www.wakiga.x0.com/nioi/nio001.html

腸内環境を整える事により免疫力などが向上します。

アトピー性皮膚炎の養生法
http://www.matsuihsp.or.jp/shokunai/html/natopy. …

アトピー性皮膚炎を克服する
http://www.matsuihsp.or.jp/shokunai/html/atopi.htm

そして基本的にサプリメントには頼らないのが無難ですがビタミンCだけは1日1g摂取した方が良いと思います。但し健康食品ではなく薬局の棚にあるビタミンC原末です。
例 http://item.rakuten.co.jp/hourenso/m313-01/
消化吸収は半分以下でも残りは腸内環境の整備に活用されます。
それだけ飲んだ場合の副作用としてはお腹がゆるくなる事もある位です。


あくまでもアトピー体質で子供にも遺伝しての実践体験としてお勧めできる安全で比較的安価なスキンケアとしての紹介です。
市販のものでも肌にあえば良いのであって、肝心なのは確実に皮膚の保湿が十分に行えることなのです。


追加項目として

アトピーの原因の除去に空気清浄機をという方も多いです。
個人的には検討しましたが結局は購入するに至らずで来ました。
その点では商品知識に乏しい訳ですが、花粉症に悩む方が実践的な評価をされていましたので紹介しておきます。

空気清浄ワールド(あつ花別館のコンテンツ)
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/6468 …

コンテンツの「ナゾの「空気浄化機」」は是非とも一読を。
空気清浄機のダークサイドを示しています。

後、アレルゲンをできる限り排除するのは勿論なのですが、それが返って過剰な清潔指向を生み出して悪循環に陥る危険があるのではないかと最近は感じます。

病の起源 第6集 アレルギー 
~2億年目の免疫異変~
http://www.nhk.or.jp/special/onair/081123.html

エンドトキシンの抗アレルギー作用経路を特定
http://www.nch.go.jp/imal/TOPICS/2004_5.htm

寄生虫、菌との適度な共生社会が人体と地球環境の健康を促進する
http://eco.nikkeibp.co.jp/style/eco/interview/08 …

まぁこういうのを紹介すると病気になったらどうする何て清潔好きの方が反論されるんですが、例えばペットを飼うなどでも効果があるそうです。
アロマテラピーならぬエンドトキシンテラピーなんかも有効化もしれない。
観光牧場とかふれあい動物園などね。

それに日本の場合には例え感染症が起こってもちゃんとした医療が受けれますから重篤なケースはまずありません。

しかし消毒などをしても細菌などは完全に死滅出来ません。
やがて消毒や抗菌剤に耐性を持ったスーパー細菌が誕生するのは必然です。
只その辺のさじ加減が難しいのは事実ですので納得できるまで調べてから実践してください。


以上参考になれば幸いです。
    • good
    • 0

テレビで見たのですが医師のの管理のもとで海水浴で治すと言うものでした。

朝夕2時間ずつ太陽のあまり出ていないときに海水浴をして海水浴後はよく海水を洗い流すと言うものです。これをヒントにして思いついたのがにがりを液体石鹸に混ぜて使用することです。私の場合冬になると特に手が荒れてハンドクリームが放せなかったのですが今ではハンドクリーム無しで過ごせるようになりましたアトピーにためしたわけではないのですがこうかあると信じています。液体ソープにペットボトルのキャップ2~3杯入れよく混ぜて下さい。2度洗いが効果あります1回目は普通に洗い流し2回目は石鹸をつけた後パックする様に少し時間を置いてから洗い流して下さい。この時お湯は使わずなるべく水に近い温度にして下さいお湯でながすと成分が流されてしまいます。あるいは濡れタオルでふき取ってください。少しヌルヌルが残る位がいいです食用のにがりを多く入れるともしかして塩分が強くなりヒリヒリするかもしれないので入れすぎに注意して下さい
    • good
    • 0

キトサンは皮膚の再生によく用いられます。

特に医療現場で皮膚の再生医療を中心にキトサンが注目を浴びています。キトサンがアトピー解消に効果を発揮したという記事を見つけましたので、きっと参考になると思います。
    • good
    • 0

asayuuさんの求める解答ではないですが、他人事に思えず書き込みさせて戴きました。


参考になるか解りませんが、うちはこれで病院通いも少なくなったので・・・私のうちにも5歳になる男の子がおり、彼もアトピー性皮膚炎を患っていました。
いままでは病院へ通っても一向に良くなる気配がありませんでした。
昨年の春頃までかな?・・・背中やお腹、腕や足などを血だらけになるまで掻き毟っていました。
当時、アメリカから帰省していた友人が息子を見て、コロイダルシルバーという製品をくれました。
アメリカでは万病に効くといわれている薬品だそうで、数社しか扱っていないとのことでした。
使用方法はごく簡単で、掻き毟った跡の傷口をキレイにした後に、毎日3時間間隔でスプレーしていました。
暫く続けていると症状も落ち着いて、痒がらなくなりました。
万人に効くかどうかは解りませんが、うちは子供が泣く顔を見なくなり、とても気持ちが緩やかになりました。
似た製品が格安で売られていますが、濃度の問題なんかもあるみたいなのでよく見て購入されることをお勧めします。
ちなみに、私は参考URLの会社から購入しています。
 http://abcojapan.free.makeshop.jp/

息子さんの症状が良くなることを祈ってます。
    • good
    • 0

ひとつひとつ 原因をさぐるしかありません



私がそうでした いつか自分にあった治療がみつかりますよ

頑張ってください
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ