『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

矢倉で、先手の攻めを受け切れません。
46銀37桂、とくに加藤流のような形
スズメ指し
15歩からの棒銀
この3つの受け方を、初心者向けの簡単な方針だけでいいので教えてください。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大まかな方針を。



・雀刺し→
普通に矢倉に組んで棒銀で攻め合いに行く、あるいは菊水矢倉に組む・・という対策によって雀刺しはプロ間で激減しました。
わかりやすいのは菊水矢倉でしょうか。

また有名な筋として、角を6四に出ておいて、先手が▲2五桂と跳ねてくる前に△2四銀としておけば、▲2五桂には△同銀▲同歩△2六桂で飛車を殺せる、というのがあります。
・・文字で書いてもわかりづらいですが・・参考になれば。

・4六銀3七桂、とくに加藤流のような形→
繋がってる部分は沢山ありますが、とりあえず、4六銀・3七桂と加藤流は別の作戦です。
本当に大雑把に書けば・・どちらを相手にするにしてもとりあえず、6四角と出て牽制して、2二まで玉を囲うのが一般的。後は右銀を5三に使うか7三に使うか etcで形がわかれます。5三銀は受けに回る方針、7三銀は攻め合いの方針といえます。
このあたりは定跡を見てそこから方針を掴む方がよいかと思います。

・1五歩からの棒銀
居玉棒銀はおいておいて、
半持久戦のような形での棒銀を相手にすることを前提に。

基本的に棒銀の余地が残っている時には△1四歩は突かない。これが基本です。また▲1五銀と出て来た際にも基本的には△1四歩と突き返したりはしない。▲2六銀と引かれて次に▲1五歩と突かれます。

3三の銀を2二に引いて受けるのが基本。場合によっては菊水矢倉へと組むことになります。一旦2筋を収めて、その後6二の銀を使って 攻めの姿勢を取っていくような具合です。
棒銀は右銀が4六などではなく2六まで行く分5筋が薄い、なのでそこを狙うような変化などもあります。

・・ただ、棒銀自体は定跡があまり整備されていないようです。
△2二玉まで囲うのを見届けてから棒銀に出る(△2二銀の形がとれない)、嘘矢倉からの棒銀、など・・正直このあたりは全然知らないのですが(笑) 変化が多い。
その場の勢いで殴り合うような将棋になったりもします。


なるべく分かりやすく書いたつもりですが、少し難しくなったかもしれません。長くなりましたが、参考になれば。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
分かりやすく、参考になりました。

お礼日時:2009/09/21 14:59

初心者でなくてもガッチリ矢倉に組んでからの先手の猛攻を受け切ることは容易ではありません。


だからこそプロでも居飛車党が後手番の時は一手損角換わりに持ち込んだり、玉の囲いを省略して先手より先に仕掛けたりします。
竜王戦で渡辺竜王が後手番で連採した指し方など参考になります。
http://wiki.optus.nu/shogi/index.php?cmd=kif&cmd …
また後手からの速攻で、スズメ指しも棒銀も関係ありません。
じっくり矢倉に囲って△2二玉と入るものという先入観を持たないほうが良いと思います。
「矢倉 攻めの受け方」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/21 14:57

 本来、上からの攻めに強い矢倉ですが、駒数を集中されると苦しいですね。

いろいろ方法はあると思いますが、私の場合は、攻めに集中させないように心がけています。たとえば、46銀37桂の場合、5すじの歩を突き上げて角がいつでも相手飛車付近を狙えるようにして、右銀を5すじ付近に展開出来るように進めて行きます。矢倉を完成させるのには少し時間がかかりますが、いつでも仕掛けられる形があれば、上級者ほど、警戒してくれると思います。又、上から猛進されそうな時は、5すじに飛車を振って(中飛車)中責めの形でも、結構戦えるかと思います。
 15歩からの棒銀に対しては、左銀を3段目に上げず、角すじを空けておくのが、良いと思います。
 矢倉の弱点は、形を作るのに時間がかかる事ですので、相手に受けを意識させながら作っていくのが良いと思います。

 お役に立てましたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/09/21 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q矢倉を覚えた初心者なのですが、棒銀で端を攻められてしまいます・・・。

矢倉の形だけをいくつか覚えた初心者なのですが、棒銀に端を崩されてしまいます。
下手な説明になってしまいますが、こちらが矢倉を組んで相手が棒銀で攻めてきたとき、相手の96歩に94歩と突き返すと、相手は迷わず95歩としてきて、同歩に同香かと思ったら、銀で取ってきました!
銀を香車で取ると、さらに香車で取り返してきて、9筋ががら空きになってしまいました。
矢倉の端を守るには、どうしたら良いのでしょうか?

その時の棋譜です。
メモ帳に貼り付けてkifファイルとして保存して頂くと、将棋ソフトなどで再現できるそうです。
これは矢倉の端を守る方法の質問ですが、この棋譜から「この場合はこの手の方がいいぞ、これは大悪手だ」と言うような事があれば教えて頂けると勉強になります。
ご協力をよろしくお願いします。

# ---- Kifu for Windows 棋譜ファイル ----
先手:質問者
後手:相手(匿名)
開始日時:2009/08/07 0:36:02
手合割:平手
手数----指手---------消費時間--
1 7六歩(77)
2 8四歩(83)
3 4八銀(39)
4 8五歩(84)
5 7七角(88)
6 3四歩(33)
7 6六歩(67)
8 7二銀(71)
9 8八銀(79)
10 8三銀(72)
11 7八金(69)
12 8四銀(83)
13 5八金(49)
14 9四歩(93)
15 6七金(58)
16 4二銀(31)
17 6九玉(59)
18 5四歩(53)
19 3六歩(37)
20 5二金(61)
21 2六歩(27)
22 3三銀(42)
23 5六歩(57)
24 3二金(41)
25 1六歩(17)
26 4四歩(43)
27 6八角(77)
28 3一角(22)
29 7九玉(69)
30 4三金(52)
31 4六角(68)
32 9五銀(84)
33 3七桂(29)
34 8六歩(85)
35 8六歩(87)
36 8六角(31)
37 9六歩(97)
38 8四銀(95)
39 2九飛(28)
40 5三角(86)
41 7七桂(89)
42 9五歩(94)
43 9五歩(96)
44 9五銀(84)
45 8三歩打
46 8三飛(82)
47 9五香(99)
48 9五香(91)
49 7二銀打
50 9三飛(83)
51 6三銀成(72)
52 4二角(53)
53 8五桂(77)
54 9四飛(93)
55 7三桂成(85)
56 9八香成(95)
57 6二成桂(73)
58 4一玉(51)
59 5二成桂(62)
60 3一玉(41)
61 4二成桂(52)
62 4二金(32)
63 7七銀(88)
64 8八歩打
65 6一角打
66 9七飛成(94)
67 6四角(46)
68 8九歩成(88)
69 6八玉(79)
70 9三龍(97)
71 4三角成(61)
72 2二玉(31)
73 4二角成(64)
74 4二銀(33)
75 3二金打
76 投了

矢倉の形だけをいくつか覚えた初心者なのですが、棒銀に端を崩されてしまいます。
下手な説明になってしまいますが、こちらが矢倉を組んで相手が棒銀で攻めてきたとき、相手の96歩に94歩と突き返すと、相手は迷わず95歩としてきて、同歩に同香かと思ったら、銀で取ってきました!
銀を香車で取ると、さらに香車で取り返してきて、9筋ががら空きになってしまいました。
矢倉の端を守るには、どうしたら良いのでしょうか?

その時の棋譜です。
メモ帳に貼り付けてkifファイルとして保存して頂くと、将...続きを読む

Aベストアンサー

棋譜拝見致しました。
細かい所は飛ばして、とりあえず大雑把なところだけ。

矢倉にするならば三手目は▲6八銀が自然です。その後△3四歩には▲6六歩か▲7七銀。本譜の△8五歩にも▲7七銀として、スムーズに矢倉に組み上げることができます。
本譜の手順でも矢倉には組めますが、あまり得策ではありません。
理由は細かく説明するとかなり面倒なので省略しますが・・とりあえずここは形で覚えるとよいと思います。

▲9六歩について、この端歩、銀を都合よく追い返せるように見えるから この形だとついつい突きたくなるんですが 突いてはいけません。
単に▲7七桂と跳ねておいて、▲5七銀~▲6五歩~▲6六銀、のような指し方を取るのが形です。

角換わりなどは話が変わりますが、とりあえず矢倉戦では相手が棒銀の時、あるいは棒銀に出てくる可能性があるときは基本的に端は突かないのが鉄則です。これはこれからずっと役に立つと思いますので是非頭に入れておいてください。

なお、△9五歩▲同歩に△同銀、この手は相居飛車全般における棒銀戦法の基礎中の基礎のような手です。
△9五歩▲同歩に△同香だと▲9七歩とじっと受けられた時、銀を9五に繰り出す事が出来ず 攻めがストップしてしまいます。

棋譜を見た感じ将棋を指しなれている、とりあえず町道場で7~5級くらいはありそうなのに この手を知らない、というのは珍しいかもしれません(←皮肉ではなくて、素直な感想)。

矢倉に興味があるならついて取り扱った本を読んでみるとよいと思います、きっと視野がぐっと広がると思いますよ。
定跡については難しい本を読んでも嫌になるかと思いますので、やさしいものからがいいと思います。
一応推薦。
「初段に勝つ矢倉戦法」(森下卓著 創元社)
「手筋の達人--矢倉の手筋が満載」(武者野勝巳著 MYCOM)
「最新矢倉戦法 徹底研究▲3七銀戦法」(高橋道雄著 創元社)

どれも読みやすく、かつ内容の詰まった本なので、是非。

棋譜拝見致しました。
細かい所は飛ばして、とりあえず大雑把なところだけ。

矢倉にするならば三手目は▲6八銀が自然です。その後△3四歩には▲6六歩か▲7七銀。本譜の△8五歩にも▲7七銀として、スムーズに矢倉に組み上げることができます。
本譜の手順でも矢倉には組めますが、あまり得策ではありません。
理由は細かく説明するとかなり面倒なので省略しますが・・とりあえずここは形で覚えるとよいと思います。

▲9六歩について、この端歩、銀を都合よく追い返せるように見えるから この形だとついつ...続きを読む

Q対振り飛車に矢倉は?

宜しくお願い致します。
現在、将棋倶楽部24の10級、居飛車党です。そろそろ現在の将棋では限界を感じていて少しずつ矢倉を指して行こうと思います。
対居飛車、対三間、対四間、対中飛車、これら全てに矢倉って指せるものなのでしょうか?何でも矢倉指して良いのでしょうか?

Aベストアンサー

矢倉は上からの攻めに対しては強いのですが、横からの攻めに対してはそんなに強くありません。矢倉とほぼ同じ手数の囲いに銀冠がありますが、77銀を87銀に移動しただけでずいぶん横からの攻めに対する抵抗力が上がります。矢倉だと△28飛、△69角とされるだけでもう詰めろですが、銀冠なら87銀の利きがあるのまだ大丈夫です。これだけを考えても振り飛車で矢倉は損であることが分かります。
また77銀は振り飛車側の桂の目標になりやすいです。矢倉に玉を入れたら振り飛車側から角道を通して桂が飛んで来る攻めがうるさいはずです。
そういうわけで対振り飛車では初めから矢倉を目指す指し方は損と考えられています。

Qすずめ刺し攻略法

 いつもすずめ刺しでやられてしまいます。すずめ刺しに有効な陣形ってなんでしょうか?矢倉は止めたほうがいいというのは聞いた事があるのですが、ただ私はほとんど矢倉しか組まないので他の陣形にするのも不安です。いいアドバイスがありましたらお願いします。

Aベストアンサー

雀刺し対策は難しいですね。
以下のHPをご参考に。

参考URL:http://chiba.cool.ne.jp/tk1974/kenkyu/morishita/

Qプロ棋士(男)と女流棋士のレベル差はどの程度・・?

プロには男と女が分かれていますが、私の感覚的には特別体力勝負をするわけでもないし、男女平等や均等法などが叫ばれている今日、将棋界も一本化なっても良いのでは?と考えたりします。

実際のところ今の男と女流とでは、レベルがかなり違い過ぎるのでしょうか?(例えば女流タイトル保持者であれば、男の方でいけばどの辺のクラスか?)

それと、古いしきたりとかで、男と女は一局交えてはいけない決まりでもあるのでしょうか?
どなたか将棋歴史等に詳しい方、教えて下さい!!

Aベストアンサー

男性と女性とでは棋力に差があるなどといわれますが、実際のところ差がつく理由ははっきりとはわかっていません。
脳の構造が男性と女性とでは異なるという説もありますし、将棋人口の男女比の差が棋力の差に直結していることも考えられます。

女流トップの棋力は奨励会初段レベルといわれています。奨励会初段レベルの実力なのになぜ男性プロに勝てるのだと思われるかもしれませんが、実際研究会などの場では男性プロも奨励会初段程度に相当数取りこぼしているの
ではないかと思われます。逆に言えばそれほど最近の奨励会のレベルの向上は目覚しく、プロの中堅をあっさり倒せるレベルの奨励会員が数多くなっていることの現れと言うことができると思います。そんなレベルの高い初段と女流トップが同レベルなのですから、実力的にはそう悲観するべきレベルではないと思います。中井、清水に限って言えば10回やれば2、3回勝てるレベルにはあると思います。

しかし中井、清水とそれ以外の女流とでは歴然たる格差が存在し、それらのレベルの低さが女流は弱い、女性は男性より劣っていると叫ばれる一因ではないかと思います。
実際中井、清水を除いた一般的な女流のレベルはアマ3段から4段程度で、アマチュアの少々強い方ならば勝負になる程度の棋力です。この一般的な女流棋士のレベルの底辺を底上げしていかないことには男性との差は埋まらないのではないかと思います。

なお、現在女性の最高位は関西奨励会の岩根忍さんで、1級です。

男性と女性とでは棋力に差があるなどといわれますが、実際のところ差がつく理由ははっきりとはわかっていません。
脳の構造が男性と女性とでは異なるという説もありますし、将棋人口の男女比の差が棋力の差に直結していることも考えられます。

女流トップの棋力は奨励会初段レベルといわれています。奨励会初段レベルの実力なのになぜ男性プロに勝てるのだと思われるかもしれませんが、実際研究会などの場では男性プロも奨励会初段程度に相当数取りこぼしているの
ではないかと思われます。逆に言えばそれほ...続きを読む

Q矢倉戦 (対矢倉中飛車)

 矢倉戦において46銀37桂型で組んでいるときに矢倉中飛車で先攻されてしまいます。プロはどのように対応しているのでしょうか?それとも矢倉中飛車をみせられたときには46銀37桂型には組まないのでしょうか?

Aベストアンサー

 推測ですが、あなたが先手で77銀型から矢倉に、相手は角道止めずに84歩型のまま64歩突いてきたと思われます。まあこの展開だと46銀37桂型にする7手程前に先攻されていることでしょうね。到底間に合わないってことですね。
 77銀型は矢倉中飛車にされやすく、66歩型は右四間されやすいのは仕方ないです。64歩突いてきたら、急戦濃厚と思ってください。
 矢倉中飛車に対する陣形で多いのは、居角で左銀は68のままで、右銀を57に上がる形が多いです。66歩型だと68銀のまま手損なしにこの形にできるので、矢倉中飛車が減ったと言われています。


人気Q&Aランキング