お酒好きのおしりトラブル対策とは

 会社都合(同僚との不和や客とのトラブルが理由との主張)により解雇となりました。会社からは、賃金と解雇予告手当とは別に和解金を20万円提示されました。弁護士をいれて、対応したのですが、20万円というのは妥当なのでしょうか?もっと取れるとおもっていただけにショックです。勤務期間は17ヶ月ほどです。
 裁判まで考えていたのですが、弁護士から示談を勧められています。
 妥当な金額なのでしょうか?
 より良い弁護士さんをご存知の方は、おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

納得の行かない退職者が、弁護士や組合に入ってもらい、会社都合による解雇を撤回させ、解決金を3~4カ月分で、退職者に辞めてもらうというのはよく聞く話しです。


ただ、在職期間にもよりますので、1カ月分でも少ないとは言えないでしょう。

>同僚との不和や客とのトラブルが理由との主張

これを、証人や記録などで理由として成り立たないとして証明できるかどうかが、この争いが有利と成るか不利となるかによります。
会社が取引先と組んで、わざとトラブルとなるように口裏合せをしたり、
ありもしない問題行動を、従業員に証言したりなど、
これらは当然違法ですが、
組織というのはそういう汚い手をつかってあなたをとっちめてきます。
もし、その会社呈示の内容で不満なら裁判も可能ですが、
一人対、仲の悪い同僚も加わった会社と闘うのは非常に苦戦が予想されます。
通常は、裁判でもいちいち本訴まで行かず、和解を勧告されるようです。
そして、慰謝料ではなく、解決金として、裁判日までの在多いようですが、昨今、経済環境の悪化で、企業の解雇も止む無しとする風潮がでてきているという状況で、だん職期間までの給与相当額を支払というケースに落ちつくのがだん労働者にとって不利な判決も増えだしてきているのも実情のようです。

わざわざ弁護士まで立てるというのは、やはり尋常ではないですし、会社にもなんらしか問題があるのではと、わたくしは考えます。

もし、勝訴でも、不和の同僚とまた働かないといけない可能性もあります。そして、同僚とうまくいかず退職という冗談のような結果も聞いた事があります。

弁護士は、裁判をちらつかせながら、裁判となると二十万では収まらない費用がかかることを根拠に解決金というのを引き出したのではないかと思います。

弁護士の方は、難条件のもとよく交渉してくれたとおもいます。せっかくここまでいったのですから、最後まで弁護士におまかせしましょう。

欲を言えば、会社には解雇を撤回させ、合意退職である「退職勧奨」扱いとしてもらえば、雇用保険で「会社都合扱い」となります。
これについては、下記アドレスが参考になります。

退職勧奨とは、使用者側の働きかけにより、従業員がそれに応じることによる退職で、実質は、解雇のようなものですが、自主退職的な要素も含むものです。

また、気持はわかりますが、今の会社のトラブルで時間を浪費するよりも、次の会社を急いで探した方が、あなたの将来を考えるといいと思います。

>>良い弁護士さんをご存知の方は、おしえてください

日本労働弁護団というのに所属している弁護士は日本でも労働紛争でもプロの集団ですが、すでに弁護士がいるわけですし、まず、受けてくれない可能性が高いと思います。これ以上の条件は難しいと思います。

また、解決金がでても、弁護士費用が上回る冗談のような結果も想定されます。


会社に弁護士が乗り込むというのは、会社幹部にとっては大変精神的に圧迫感を与えるものです。
充分闘ったのではないですか?

あなたの無念な気持はわかりますが、世の中不合理なことでも、権力がないと通らないのです。
次は、未来をみつめる段階だと思いますよ。

参考URL:http://www23.ocn.ne.jp/~hayashiz/kaiko_00.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。おっしゃるるとおりなのかもしれませんね。弁護士の指導に従います。専門家ですからね。
 ところで、お答えいただいた内容の補足です。
 退職勧奨と会社都合解雇は異なります。解雇予告手当は退職勧奨では支払義務は生じないそうです。社労士と神奈川労働局と弁護士に確認しました。解雇予告手当を受け取るのであれば、退職勧奨は内容証明郵便などで、キチンとことわらないといけないそうです。退職勧奨による退職でも、会社都合の退職にならない場合もあるそうなので、社労士や労働局、弁護士に相談したほうが良いです。
 他の方が書きこみを見るかもしれないので補足しました。ma_さん、ありがとうございました。

お礼日時:2003/04/24 23:45

事情が良く分かりませんので、ある程度推測を交えて回答させてもらいます。


会社都合による解雇で和解金を提示されると言うのは珍しいですね。

会社側がどう判断したかは難しいところですが「do-moさんをこの会社にいさせては今後もトラブルの発生が予測される。この際、会社都合ということで辞めてもらおう。ただ、裁判を起こされては後々面倒だから、余分に和解金を払って示談しておこう。彼もそれなら納得するだろう。」という判断でのことと思われます。
和解金20万円は状況と事情で判断されますから、高い低いは判断できません。

解雇事由が正当であって、相当であるかも判断できませんし、逆に貴殿が裁判に訴えて勝訴できるかどうかもわかりません。
ただ、貴殿が解雇不当と思われるなら示談は拒否すべきですし、争ってもいいでしょうね。
質問からは「解雇取り消し処分」を勝ち取りたいというニュアンスは受けませんが、その辺はどうでしょうか。
もし、この会社には未練が無く、再就職を考えているならばことを荒だてるのはあまり得策ではないでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
金額は不満ですが、弁護士は専門家ですから、専門家の意見には従うことにします。自分で選んだ弁護士が対応した結果ですから、それに従います。

お礼日時:2003/04/24 23:48

お客とのトラブルが原因とのことですが、DO-MOさんに責任があり会社に損害を与えた場合は、就業規則の規定によっては懲戒処分となり、最悪の場合は解雇予告手当てのない懲戒解雇もあり得ます。


それが、解雇予告手当+和解金20万円で、会社都合となると失業手当の受給の際の待機期間も必要有りませんから、妥当な線であるとも考えられます。

もっとも、お客とのトラブルの原因などによって、対応が違ってきます。

労働相談センター(参考urlをご覧ください)などに相談されたらいカがでしょうか。

参考URL:http://www02.so-net.ne.jp/~toburoso/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q解決金(和解解決金)は課税?非課税?

未払い賃金支払い争議が解決し、未払い賃金の外に解決金(和解解決
金)が支払われることになりました。
未払い賃金分の所得税については会社が対応してくれましたが、解決金
は給与所得ではないため確定申告が必要と説明を受けました。
しかし、当方弁護士は非課税(慰謝料・和解金は)なので申告不要と言
います。
今後の対応をご指導下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

和解金の性質によります。

通常、不法行為などの損害賠償は非課税です。
したがって、離婚の慰謝料や、交通事故の慰謝料には課税されません。その点においては、その弁護士の言うとおりです。
なので、ここで問題になるのはその「和解金」が慰謝料(精神的被害に対する損害賠償)に当たるか否かという点です。

どういう意味でその和解金が支払われるのか、質問文には書いていないので明確には答えが出ませんが、たとえば示談金が「裁判などの心労に対する慰労」という意味で慰謝料だというのであれば、非課税ということになります。逆に「仕事につけなかった場合の賃金保証」とか言う意味であれば、それは賃金と同じ性質ですから所得税の対象になるでしょう。
また、その金額が「社会通念上、考えられる範囲」を大きく逸脱している場合、利益供与とみなされ一時所得の対象となります。通常、裁判することに対する心労に対して慰謝料が認められることは少ないので、それ以外の理由で慰謝料が発生するような事情がなければ、利益供与(一時所得)と判断される可能性はあるでしょう。

現実問題、金額がたいしたことがなければ(20万円とか)当局も何も言って来ないと思いますし、確定申告しなくても何の問題もないでしょう。逆に、金額が大きければ、いずれにせよ申告しておいたほうが無難ということになります。

和解金の性質によります。

通常、不法行為などの損害賠償は非課税です。
したがって、離婚の慰謝料や、交通事故の慰謝料には課税されません。その点においては、その弁護士の言うとおりです。
なので、ここで問題になるのはその「和解金」が慰謝料(精神的被害に対する損害賠償)に当たるか否かという点です。

どういう意味でその和解金が支払われるのか、質問文には書いていないので明確には答えが出ませんが、たとえば示談金が「裁判などの心労に対する慰労」という意味で慰謝料だというのであれば、非...続きを読む

Q退職勧奨を受けた際の退職条件に関してどの程度、交渉の余地があるのか?

退職勧奨を受けた際の退職条件に関してどの程度、交渉の余地があるのか?
について教えてください。

まず概要をお伝えすると、

私は外資系企業に勤続10年8ヶ月している40歳のビジネスマンです。
この会社の事業を立ち上げた最初のメンバー(経営者ではなく一社員として)だったのですが、
高給取りの私が退職勧奨の対象になってしまいました。

米国の不況のあおりで日本でもリストラが行われるとのことです。
(米国企業はその点、非常にドライです。立ち上げメンバーでも辞めさせます。)

うちの会社の退職勧奨基本パッケージは、下記の通り。
 ■3ヶ月前事前通知
 ■勤続年数÷2で算出された数字を月数とし、その○カ月分の給与を退職金とする

私としては下記をカウンターで要望したいと考えています。
 ■3ヶ月前事前通知+3週間延長(クリスマスと年末年始があるために延長を要請)
 ■勤続年数分の月数分の退職金をもらう
  
その条件として、
 (1)競合他社に勤務しない 
 (2)競合他社の営業コンサルタント・営業指導をやらないという念書を入れる

こうした交渉ができる余地というのは実際にはあるものでしょうか。

来週10/18におそらく退職勧奨の面談が行われる見込みです。

一般論で論ずるには難しい交渉ケースかもしれませんが、事例・常識・一般通念などの
観点からご教示いただければありがたいです。(助けてください!!)

よろしくお願いします。

退職勧奨を受けた際の退職条件に関してどの程度、交渉の余地があるのか?
について教えてください。

まず概要をお伝えすると、

私は外資系企業に勤続10年8ヶ月している40歳のビジネスマンです。
この会社の事業を立ち上げた最初のメンバー(経営者ではなく一社員として)だったのですが、
高給取りの私が退職勧奨の対象になってしまいました。

米国の不況のあおりで日本でもリストラが行われるとのことです。
(米国企業はその点、非常にドライです。立ち上げメンバーでも辞めさせます。)

うちの会社の退職勧...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして、よろしくお願い致します。

わたしも、早期退職組です。

実際には、競合他社に就職するかも知れません。しかし、営業の邪魔はしないというのは
念書を書かされるのは、当然です。交渉の余地?はないと思われます。

外資系の企業だから、シビアに首きりされるでしょう。

給料に見合った、仕事をしないとリストラされるのは当然だからです。

あまり会社に、反感を持たれると退職金も減らされる恐れがあります。

ここは、割り切り円満退職することをお勧めします。

どうせ辞めるなら、笑顔で別れましょう。

ご参考まで。

Q共産党の弁護士って?

我が家の敷地の一部にはみ出す形で、隣家がガレージを造っていたことが、最近分かりました。
境界線をきちんとしたいと言ったところ、トラブルになっています。
我が家は数年前に引っ越してきたので、よく知らないのですが、
隣家は近所でも有名なトラブルメイカーらしく、
10年以上前に、反対の隣家ともトラブルを起こし、そこの家は引越しを余儀なくされたそうです。
その際、「共産党の弁護士」を連れてきて(隣家は共産党員です)、強硬な手段(?)を取った、と複数の近所の人に聞きました。
このままだと、こちらも弁護士を頼まないといけなくなりそうなのですが、近所の人に「共産党の弁護士が来たら太刀打ちできないよ」と言われ、びっくりしています。
当時の詳しいことはよく分からないのですが、「共産党の弁護士」というのは、共産党とは関係なく、単に隣家の弁護士さんが強硬派(?)ということなのでしょうか。それとも一般的に「共産党の弁護士」といった場合、何か特定のイメージがあるんでしょうか。
何かご存知の方がいらしたら、教えてください。

Aベストアンサー

 今晩は、数年前に相手方が、共産党の弁護士を頼みました。私も共産党ではないですがリベラルな弁護士を頼みまして応戦して「勝訴」しました。慰謝料を逆にとりました。(反訴して且つ逆に慰謝料を取ったという意味)

 そうですね。汚い手段を使いました。反対尋問直前に、人の専有物を勝手に持ち出していきなり出したりしてました。裁判の引き伸ばしもしました。負け筋でしたから、相手方は。共産党に限らず「負け筋案件」は弁護士は手を抜きます。だからいい加減な仕事をやっておりました。
 
 でも、それから半年後、仕事で法律相談を受けた時、雑談である弁護士に話をしたら「これはオフレコにして欲しいが、共産党系の弁護士は、ねちっこくていやらしい。汚い手段を使い、ヘキエキする。」とかたっておりました。ただ、法廷で汚い手段を使うと、逆効果だそうです。裁判官の心証を害すそうです。

Q解雇予告手当を請求したら、それなりの覚悟がいるのでしょうか

先日、解雇された会社に対し、解雇予告手当の請求をしたいとの相談を
労働基準監督署にしたところ、配達証明でその旨を書いて送るように言われ、
そのとおりにしました。
また、解雇予告手当が指定した期日までに支払われなかった場合、
労働基準監督署の指導が入り、
場合によっては、法的機関の介入も検討しているということも書きました。

ですが、そのことを親に話したところ、
「いくら、こちら側が理屈上正しくても、横のつながりで、
後でこちらのことに対し変な吹聴があるなど、何を言われるかわからない。」と
行ったことがまずかったようなことを言われました。

腹の虫が収まらず、また、こちらに正当性があると思い、
以上のことを行ったのですが、
なんだか、とても怖くなってきてしまいました。
実際、解雇予告手当を請求するなどの行為は、
後でこちらに不都合な状況になる可能性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

労働基準監督所の言ってることは妥当です。
労基署は税金を使って活動していますので、明確な根拠無く行政指導など行う訳には行きません。
この場合の明確な根拠というのは、
・支払い金額の根拠の概要、金額、支払期日、支払方法(口座番号)を明記して請求した内容証明郵便の写し。
・指定した期日までに指定した方法(口座)で支払いが無かった事が確認できる通帳のコピー。
の2点です。

--
> 後でこちらに不都合な状況になる可能性があるのでしょうか。

不都合な状況があったとして、きちんとした対応方法を知っていれば慰謝料もらえてラッキーなくらいです。
現在の会社からの発言が原因で採用を取り消されたとかであれば、明確な名誉毀損が主張できる数少ないケースになります。

こういう場合の相談先としては、労働基準監督署より前に、まずは会社の労働組合に相談してみる事をお勧めします。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体に相談すると良いです。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

内容証明の書き方、不都合な状況にならないための予防策なんかについても相談に乗ってくれるかと思いますので、組合に相談しつつ、連携して労基署から行政指導を行う方法が良いです。

労働基準監督所の言ってることは妥当です。
労基署は税金を使って活動していますので、明確な根拠無く行政指導など行う訳には行きません。
この場合の明確な根拠というのは、
・支払い金額の根拠の概要、金額、支払期日、支払方法(口座番号)を明記して請求した内容証明郵便の写し。
・指定した期日までに指定した方法(口座)で支払いが無かった事が確認できる通帳のコピー。
の2点です。

--
> 後でこちらに不都合な状況になる可能性があるのでしょうか。

不都合な状況があったとして、きちんとした対...続きを読む

Q解雇無効で裁判中ですが、正義ってあるのでしょうか?

正義があるのか、とても不安になっているので質問させて頂きます。


今年初めに外資系の会社を解雇されました。

最初は、会社が苦しいので、という理由だったのですが、拒絶すると、能力がないし、やる気もないという理由で、解雇となりました。
入社して、わずか、8ヶ月のことでした。
しかし、自分にとって新しい分野ではありましたが、業界本を10冊以上買って、勉強しつつ、毎日、4時間くらいしか寝ないで頑張っていました。
また、それまで、その会社でなしえなかったことも実現できていました。

しかし、入社7ヶ月目で、自分の技術習得のスピードが遅いとのことで、2回ほど、打ち合わせがありました。
自分としては、元々、プロジェクトマネージャーなり、サポートグループのマネージャーといった仕事を仰せつかっており、10年以上その仕事を続けてきた専門家と比べて、技術力が低いのは当たり前であり、お客様との橋渡しができるように、業界知識を得るのが先と思い、学習していたことを説明しました。
上司に納得して貰ったと思っていたら、8ヶ月目にいきなり、首を言い渡されました。

7ヶ月目までは、上記のような上司の不満は、文書による説明は勿論、口頭での注意も受けたことはありませんでした。

やむなく、解雇され、裁判で争っているものですが、段々と自分が不利な状況にあることが分かってきました。

今は、和解して解雇を受け入れるか、判決に持ち込んで敗訴するか、といった状態です。


裁判所のやり方は、何が原因であったかはともかく、解決策として何がよいか、ということを見つけようというもののようです。

つまり、不当な解雇であっても、解雇無効としたときに何が起き、それが自分にとってよい結果になるか、或いは、取り返しのつかいない悪い結果になるか、という観点で考えるようです。

結局、まず、和解を勧められます。
和解という意味は、簡単に言うと、(1)原告(自分)が言うとおり、会社復帰が可能か、被告(会社)に判断させる、(2)それが無理であれば、会社復帰を諦め、金銭での解決を図る、(3)それも不可能な場合、判決で決着を付ける、というものです。
現実として、(1)は、会社側が受け入れるはずはありません。
となると、(2)での調整になります。

しかし、正直、これは、自分にとって、とても不利な結果になります。
これほどの短い期間で会社を首になった人が簡単に再就職できるものではありません。
また、年齢(50歳)も景気も更に、悪い方向に作用します。
そもそも、自分の領域は、非常に狭く、引く手あまたという状態ではありません。
更に、時間が経てば経つほど、企業からは、価値が下がったとみなされます。

一方、多少のお金を貰っても、この年齢で、この資産で隠居生活ができるはずもありません。

こうなると、(3)に向かって突き進むしかないのかな、と思います。
しかし、裁判官も人の子であり、心象・感情があります。
折角、和解を提案して、一生懸命、調整したのに、それを蹴るのか、といった感情を持つそうです。
実際、担当の裁判官からは、判決になれば、原告(自分)の不利になる可能性が高い、とはっきりと言われました。

これは、とても悲しい現実です。

上記のとおり、解雇になった経緯は、全く納得できるものではありません。
しかし、一旦解雇になってしまうと、和解(解雇受け入れ)の話になり、それがだめであれば、敗訴という未来が待っているということです。

こんなことが許されるのであれば、会社は、解雇し放題ではないでしょうか?
多少、お金がかかるでしょうが、辞めさせたい人をさっさと首にしてしまえば、後は、自動的に、解雇を公的に認めて貰えるということになるかと思います。

これって、正義でしょうか?

間違ったことをした人・会社は、それ相応の罰を受けるか、さもなければ、被害を被った人にそれ相応の償いをすべきなのではないでしょうか?

弁護士も、着陸点を探していて、本質的な解決は、期待できそうもありません。
何が正しいことか、分からなくなってきております。

現実の生活があり、0(無)という結果よりも、妥協的な結果を受け入れないといけないかな、という気持ちになりつつあります。


あまり、具体的なことは書けませんが、皆様のご意見を頂きたいと思います。

知りたいことは、以下のとおりです。

1.裁判って、こういうもの?
2.首になったら、絶対、会社に戻れない?
3.和解(解雇受け入れ+お金)か判決まで進むべきか?

ぜひ、ご意見をお願いします。

正義があるのか、とても不安になっているので質問させて頂きます。


今年初めに外資系の会社を解雇されました。

最初は、会社が苦しいので、という理由だったのですが、拒絶すると、能力がないし、やる気もないという理由で、解雇となりました。
入社して、わずか、8ヶ月のことでした。
しかし、自分にとって新しい分野ではありましたが、業界本を10冊以上買って、勉強しつつ、毎日、4時間くらいしか寝ないで頑張っていました。
また、それまで、その会社でなしえなかったことも実現できていました。

しか...続きを読む

Aベストアンサー

1.裁判って、こういうもの?
     ↑
 裁判はゲームです。正しいモノが勝つ訳
 ではありません。
 いくら正しくても、証拠が無ければ相手に 
 されません。
 例え真実であっても、説得力に乏しければ
 誰も聞いてくれません。

2.首になったら、絶対、会社に戻れない?
     ↑
 過去のデータでは、会社と争った労働者は
 例え勝訴した場合でも、その殆どが2年
 以内に辞めています。

3.和解(解雇受け入れ+お金)か判決まで進むべきか?
      ↑
 私は和解を勧めます。
 前述したように、例え勝訴しても、その会社に
 残ることは難しいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報