人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

現在上海にいます。国内線と国際線のチケットを購入したいのですが、
中国の方数人にフライトチケットはどこで購入できるのか聞いたところ、
WEBから購入しろと言うのです。
旅行会社はないのかと聞いても困った顔をされてWEBで購入したほうがいいと言われたのですが、
日本のように安く販売している旅行会社はないのですか?
WEBで購入する場合、ネットカフェのPCにクレジットの情報を打ち込んで危険なことはないでしょうか?

また、鉄道のチケットは発車する駅でしか購入できないと聞いたのですが、
全工程のチケットを先に購入出来ないと予定が立てられないので、
フライトチケットを購入することが出来ません。
本当に発車する駅でしか購入できないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

う~ん・・・成都→上海ですか。



仮に空きがあるとしても上海で買えるかは微妙です。切符の販売期間は一般の列車の場合は10日以内(9日前)なので、もう発売期間に入っているのであれば上海駅の切符売場で試してみてください。
ただ成都⇔上海は全て快速で時間が掛かりますが1日に4本あり、春節と大型連休を除けば成都発は買いやすいです。

4本ある上海・成都間の列車は運行ルートで3通り、所属客運段(日本で言うところの車掌区)でも3通りに分けられます。列車によって所要時間もサービス水準も大きく変わってきます。以下列車ごとの解説です。

K292次:
この列車は成都鉄路局成都客運段所属の列車で、反対方向のK290次と共に上海・成都間の最速列車(所要時間約36時間)です。
ルートは成都-陽平関-宝鶏-西安-鄭州-徐州-南京-上海で、ダイヤは以下のとおり。
http://search.huochepiao.com/chaxun/resultc.asp? …
北京行きT8次と並ぶ成都客運段の花形列車です。成都客運段所属の列車は食堂車がおいしいですが、この列車は特においしいです。
使用車両は快速では一般的な25G型ですが、後期型が多く新しいです。後期型の場合、硬臥(三段開放寝台)は通路よりに仕切り板のある半開放型となります。


K698次
この列車はK292次と同じ成都客運段所属でルートも同じです。若干所要時間が長くなります。ダイヤは以下のとおり
http://search.huochepiao.com/chaxun/resultc.asp? …
この列車は元々は上海成都間唯一の非空調列車でしたが、07年4月のダイヤ改正に空調化され、08年12月のダイヤ改正で快速になりました。
そういう出自なのでK292次に比べると格は落ちますが、成都客運段なのでそこまでひどくないと思います。


K352次
この列車は4本のうち唯一上海南駅を発着する列車です。
そのためルートが上海南-杭州東-鷹譚-南昌-武昌-襄繁-安康-達州-成都と他の3本と大きく異なります。
所属は成都鉄路局南充客運段。ダイヤは以下の通り
http://search.huochepiao.com/chaxun/resultc.asp? …
上海成都で一番時間が掛かりますが、達成線と襄渝線の複線化が完成されつつあり、大幅に短くなる可能性もあります。
この列車は食堂車が異常に安いのですが、一方で上海発で唯一四川省北東部を通る列車であるため、硬座(二等座席)主体の「出稼ぎ輸送列車」なため寝台は買いづらいです。


K284次
この列車は上海鉄路局上海客運段所属の列車です。
ルートは成都-陽平関-安康-襄繁-洛陽-鄭州-徐州-南京-上海。ダイヤは以下のとおりです。
http://search.huochepiao.com/chaxun/resultc.asp? …
上海客運段の20時間を越す長距離列車は食堂車が「高い・まずい・メニューが少ない」の3拍子揃っており、乗務員もおじさんおばさんばかりで最悪の列車です。


個人的には切符がある限りK292次かK352次を勧めます。行きが鉄道のほうが確実ですね。
なお10月1日から8連休なため、この期間中は鉄道切符の購入は難しいです。


また成都は1年中朝から晩までタクシーが捕まりづらい町です。成都において空港や駅へ移動する際は、タクシーからバスに切り替えても間に合うよう時間に余裕を持って出発して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

食堂車なんてあるんですかちょっと楽しみです!
行きが鉄道の方がいいのですね。
詳しく教えてくださりありがとうございました!

お礼日時:2009/09/18 21:15

まず航空券ですが、国内線に関してはCtripのようなサイトで購入しても、航空券売場や旅行会社で購入しても、各航空会社が載せた料金情報を一元的に管理する中国民航のオンライン上にアクセスして発券するので、どこで買っても買うタイミングが同じなら値段は同じです。




中国の鉄道にはここ4年で15万キロ以上乗っています。

鉄道の切符ですが、以前は各都市でその都市の駅乗車の切符しか購入できませんでした。ただしここ数年でオンライン化がかなり進み、システム上は主要駅乗車の切符であれば買えるようになりつつあります。
例えば上海で南京→北京でも、瀋陽北→北京でも、宣昌→西安でも購入可能です。

ただしこのオンライン化は不完全です。
まずシステム面から言うと、オンラインが切断されている駅や鉄路局が一部にある場合があります。そうでなくてもシステムエラーでできないこともあります。

またソフト面から言うと、切符販売窓口職員への教育の不徹底で、他都市切符が発券できることを知らない職員もいます。上海ならまずあこれはありえませんが、人によっては例えば北京→蘭州とか上海と全く関係ない切符を所望すると「北京で買え」と一蹴される場合があります。

なので確実に買えるというわけではありません。

またオンライン化が不完全なことから「割り当て」というシステムは今でも健在です。
この「割り当て」とは、例えばA発B経由C行きの列車があるとすると、A駅乗車として○枚、B駅乗車として△枚と言った具合に各駅の乗車割り当てを設定するということです。基本的には始発駅中心に割り当てられます。長距離列車の場合、寝台切符は始発駅中心に割り当てられますから、途中駅乗車での寝台切符購入は難しいです。

オンライン化というのは、この割り当てが前提です。
つまりB駅割り当ての切符を当然B駅乗車としてA駅や全く関係ないZ駅でも発券購入できるという話です。


具体的にどういうルートを計画しているのでしょうか?補足してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的にありがとうございます!!
航空券は先ほど東方航空のオフィスを見つけたので料金を聞いてきました。
航空会社のオフィスは正規料金販売だと思っていましたが安く売られているのですね!

現在上海ですが、空路で上海~成都、鉄道で成都~上海、空路で上海~インドへ行く予定です。

お礼日時:2009/09/18 16:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング