プロバイダ経由でJPNICから、ドメインを取得しました。
公開IPアドレスの使い方などについて教えて下さい

Q1.もらった公開IPアドレスは、ただ自分のサーバに
   設定をするだけで使えてしまうのでしょうか?
   (どこかにまた申請をだしたりしなくて良い?)

Q2.もしインターネット上で、私がもらった公開
   IPアドレスを偽って使っている人がいたら
   パケットはどちらに届くかわからなくなって
   しまうのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的に、ルータがパケットの送り先を決定する際に、同一のIPアドレスのホストが複数存在した場合は、「先に立ち上がっていた方のホスト」に優先権があることになってます。


従って、既にWebサーバ(A)が立ち上がっている状態で他のユーザーが同一のIPアドレスを持つホスト(B)を公開しても、後から立ち上がった(B)の方にはデータは流れません。
ただし、何らかの要因でWebサーバ(A)がダウンしてしまうと、同一アドレスで有効なホストは(B)しかいなくなりますから、今度はデータが(B)に流れることになります。

でも、実際の運用レベルになると、話はそう単純ではありません。
同一LANにつながっているホスト間だと上記のようなことが簡単に起こり得ますが、ルータを挟んだネットワーク間では、上位ルータの方でIPアドレスブロック単位で経路を固定しているため(それはルータに入っている情報で判断する)、例えば別のプロバイダの人間がホスト(B)を立ち上げて、何らかの理由でWebサーバ(A)がダウンしたとしても、プロバイダ間を接続する上位ルータの情報が書き変わらない限りは、ホスト(B)にデータは流れてきません。

おそらく上の説明ではわかりにくいと思うので、具体例を挙げます。

(a) 10.0.0.0/24 -------- Router --- Internet
(b) 172.16.0.0/24 ----------+

という形で、同一ルータに(a)と(b)のネットワークがつながっていたとします。

まず(a)の中、または(b)の中同士のホスト間では、「先に立ち上がった方が優先」という関係が成り立ちます。

一方で、(b)に含まれるホスト(例:172.16.0.128)が(a)の中のIPアドレス(例:10.0.0.254)を偽ってデータを送り出したとしても、そのデータに対する返信は(a)のネットワークの方に返されますから、(a)に10.0.0.254というホストが存在する/しないに関わらず、(b)にはデータが流れて来ず、172.16.0.128はデータを受け取ることはできません。
この場合に(b)にデータが送られるようにし向けるには、上位ルータの経路情報を書き換える必要がありますが、実際の運用レベルでは、上位プロバイダの複数のルータの経路情報を変更する必要があるため、現実にはデータの送り先を変更するのは非常に難しくなっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

cockyさん、とても丁寧で解説で助かりました。
ありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2001/03/19 13:49

一つ忘れていたことがあるので補足です。



先程は「クライアントとして使用するなら、単純にPCにIPアドレスを設定するだけで良い」と書きましたが、最近はWebアクセスなどの際に、DNSの逆引き(IPアドレスからドメイン名を割り出す)ができないIPアドレスからのアクセスを拒否する設定になっているサイトが多く見られるので、できればDNSサーバに全IPアドレスの坂引きを設定しておいた方が、余計なトラブルを防げます。
    • good
    • 0

1.単純にクライアントとしてPCを接続するだけなら、そのままPCにIPアドレスを設定するだけで使えます。


 ただし独自ドメインでサーバを立てるのであれば、DNSサーバにそのドメイン情報を登録する必要がありますし、また独自にDNSサーバも新設するのであれば、そのDNSサーバの情報をJPNICに登録する必要があります。
 JPNICへのDNSサーバ登録について、詳しくは下記URLをご覧下さい。

2.基本的にはIPアドレスを偽ってデータを送っても、そのデータに対する返信は本来そのIPアドレスを持っているべきPCに返されますから、パケットが迷子になるということはありません。
 ただし、一般にIP spoofing(IPアドレスを偽ってデータを送り込む攻撃)を行う場合は、そもそもパケットの返信を期待せず、一方的にデータを送り込むことで相手のホストをダウンさせたり、または勝手にコマンドを実行させたりするという形態を取りますから、あまり「パケットがどこに戻るか」という問題を考えることは意味がなかったりします。(詳しくは下記URLを参照)

参考URL:http://www.nic.ad.jp/jp/regist/dns/doc/dns-info. …

この回答への補足

大変わかり易いご説明ありがとうございます。
(すごく早いですしm(__)m)

2.で、返信は本来そのIPアドレスを持っているべき
方に返されるとありますが、正しいほう、偽っているほ
うの判定はどのように行われているのでしょうか?
例えば私が立てたwebサーバと同じ公開アドレスを
だれかが拝借してサーバを立てていて、第3者が、
そのIPでアクセスした時に、どちらに届くのかなと思
ったからです。

補足日時:2001/03/18 01:54
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドメインそのもの、またはドメインとIPアドレスの関係が良くわからない。

ドメインって、IPアドレスを人間に分かりやすく表現したものと、よく説明されてますけど、
例えば、www.yahoo.co.jpは、日本の、企業、ヤフーのwwwというコンピューターという意味って本に書いてあるんですけど、最後のwwwが(特定の)コンピューター名っておかしくないですか?wwwってめっちゃよく見るじゃないですか?全部ちがうネットワークにあるwwwっていうコンピューターって意味だから問題ないってことでしょうか(というか何でみんなwwwばかり使うの?)?

もうひとつ、これと関連して、ネットワークコマンドとかで、ドメインからIPアドレス調べたら、ヤフーなら、IPアドレス複数出てきますよね、IPとドメインって一対一に対応してるって説明もおかしくないですか?・・結局同じことを訊いているのかもしれませんが、(1)ドメインって個々のPC特定してないくないですか?(2)1つのドメインで複数のIPがあるのはおかしくないか?という質問です。どなたか、ご教授下さい。お願いします。

Aベストアンサー

>1つのドメインで複数のIPがあるのはおかしくないか?

おかしくありません。

DNSラウンドロビンと言って、負荷分散を行う手法の一つです。

QIPv4アドレス=IPアドレス=グローバルIPアドレス?

コマンドプロンプトに「ipconfig」と入力した画面において
俗に言うIPアドレスとは
IPv4アドレス=IPアドレス=グローバルIPアドレス
ということになりますか?

Aベストアンサー

簡単に言いますと。

IPアドレスは、その名の通り「住所」で。
「書き方、宛先の見分け方のルール」の俗称であります。
パソコンに123.123.123.123のような固有番号を振って、誰が
誰に命令を出したのか、どこへ情報を運ぶのか。
そういう仕分けるルールです。

IPv4アドレスは、IPアドレスのやり方の一つで。
123.123.123.123のように、1-255の番号を「.」で4つくくった
表現で住所を表現するルールです。
ただ、このパターンですと、255 x 255 x 255 x 255個しか固有の
情報を作れないので、今の世界のPC台数からみても2012年頃には
割り当て番号が無くなるといわれています。
で、最近は、0123:0123:0123:0123:0123:0123:0123:0123と長い
アドレスルールを作ろう!ということで、IPv6というやり方が
徐々に広まってきています。

一方で、IPアドレスには、グローバルIPアドレスとローカルIP
アドレスという考え方があります。
グローバルの方が、「本当に世界で一つに見分けられる」アドレス。
いわば、年賀状の住所のようなものです。
これを間違うと、隣の家にいきます。
グローバルIPアドレスは、みんなが勝手に振らないように管理されて
おり、我々一般庶民は、プロバイダというところに契約をして、
一時的に1つを通信するときだけ、借りる契約をして、お金を
払って番号を借り、ネットを使っています。

一方で、ローカルIPアドレスという考えがあります。
これは書き方は同じなのですが、いわば、マンションの部屋番号の
ようなもので、世界でダブってもかまわない、貴方の家とか
会社のLANなどで重複してもいいアドレスです。
10.x.x.xや、192.168.x.xのような番号は、ローカルで使っても
いいというルールになっています。

普通は、
世界のネットワーク(グローバルIPアドレス:世界で通じる住所)
-> ルーター(電話交換機:マンションでいうエントランス:
        外面の住所と、部屋割り掲示板をもつ)
->ローカルネットワーク(ローカルIPアドレス:内輪で通じる住所)
というかたちで通信をします。

たとえば、貴方のPCが、Yahooを見たい!と要求を出しますと。
Yahooは、IPアドレスでいうと何番だねとDNS(名前解決サービス)で
IPアドレスに変換。
マンションのエントランスのポストに要求が入り。
ルーターがそのYahooとやらを知っている人(地方郵便局)に送り
そこからさらに大きいルーターがYahooとやらを知っている人(市の
郵便局)に送り、そこからさらに大きいルーターがYahooとやらを
知っている人(県の郵便局)に送り、そこからさらに大きいルーター
がYahooとやらを知っている人(国の郵便局)に送り、そのうち
誰かが見つけて、国->県->市->町->yahoo!と見つかり、で、今度は
貴方に対し返事を、Yahoo!->町->市->県->国->県->市->町->youという
めんどくさいことを一瞬で行っています。

ネットワークレイヤーの話は難しそうで、実はかなり「ローテク」
ですので。書籍を読めば、ここらへんはすぐに理解できるかと思い
ます。

簡単に言いますと。

IPアドレスは、その名の通り「住所」で。
「書き方、宛先の見分け方のルール」の俗称であります。
パソコンに123.123.123.123のような固有番号を振って、誰が
誰に命令を出したのか、どこへ情報を運ぶのか。
そういう仕分けるルールです。

IPv4アドレスは、IPアドレスのやり方の一つで。
123.123.123.123のように、1-255の番号を「.」で4つくくった
表現で住所を表現するルールです。
ただ、このパターンですと、255 x 255 x 255 x 255個しか固有の
情報を作れないので、今の世...続きを読む

Qipconfigに表示されるIPアドレスがグローバルIPアドレスなのかプライベートIPアト゛レスなのかわかりません。

環境はvistaでADSLでルータ付モデムを使用してインターネットをしています。
IPアドレスは192.168.0.××です。
これは何アドレスでしょうか?

Aベストアンサー

プライベートIPとなります
http://ja.wikipedia.org/wiki/IP%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9
等を参考にしてください

QTCP/IPのIPとIPアドレスのIPとは意味が

違うのでしょうか?

どちらもInternet Protocolの略のIPという意味だと思うのですが、ある本に意味を取り違えいる人が多いと書いてあったものですから。

Aベストアンサー

TCP/IP と表記してたらプロトコルを指すのが普通
IP    は 場合によって解釈が分かれます IPアドレス/IPプロトコル など
    明確にしたいなら略さない方がいいでしょう
IPアドレスは そのままIPアドレスを意味します (数字で表されるののでプロトコルではありません)

ということで TCP/IP のIPは プロトコルを指しています
       通常TCP/IPを略してIPということはまずありません
       前後に文脈と合わせて判断するしかありませんが
       単純にIPと書かれてるなら 本来はプロトコルを指すことになります
       (とはいっても私も説明などするとき略してPCのIP確認しろ などと言ったりします)
IPアドレスのIP はプロトコルではないので 別のものということになります

QプライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの違い

プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスの違いってなんですか?
ヤフーのADSL接続が、プライベートIPアドレスを使用しているのが、気に入らんって掲示板で書いてたんですけど、何がだめなんですかね~?
普通にインターネットするのにもないか影響あるんですか?
誰かわかる方お願いします。

Aベストアンサー

インターネットへ接続し、メールのやり取りやWeb閲覧をするPCには、グローバルIPアドレスが必要です。
ダイアルアップ接続の場合ですと、アクセスポイントへの接続毎にグローバルIPアドレスがPCに付与されます。
グローバルIPアドレスは世界で一意のアドレス(同じアドレスは複数のマシンへ付与できない)なので、限りがあります。
そこで、企業等内のLAN環境に接続されているマシンには、プライベートIPアドレスを付与し、IPアドレスの枯渇を防いでいます。
LANに接続されたマシン(プライベートIPアドレスが付与されたマシン)が、インターネット上のサーバー等へアクセスするためには、グローバルIPアドレスが必要になりますが、これは、ルーター等に実装されている機能である「NAT」にてアドレス変換されてインターネットへ接続されます。
掲示板にプライベートIPアドレスを使用しているから気に入らんと書き込みがあったとのことですが、Webサーバー等を構築しインターネット上へ公開しないのであればプライベートIPアドレスを利用するのが普通です。
つらつらと書いてしまいましたが、本質はもっと深いものがあります。
現在では「CIDR(サイダーと読む)」という技術を利用し、IPアドレスの枯渇を防いでいます。
それでも足りないので、今後は「IPV6」への移行が進められています。
詳細は、本などを読んでご理解していただくしかありません。

インターネットへ接続し、メールのやり取りやWeb閲覧をするPCには、グローバルIPアドレスが必要です。
ダイアルアップ接続の場合ですと、アクセスポイントへの接続毎にグローバルIPアドレスがPCに付与されます。
グローバルIPアドレスは世界で一意のアドレス(同じアドレスは複数のマシンへ付与できない)なので、限りがあります。
そこで、企業等内のLAN環境に接続されているマシンには、プライベートIPアドレスを付与し、IPアドレスの枯渇を防いでいます。
LANに接続されたマシン(プライベートIPアドレスが...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報