tensionを辞書で調べると「緊張」と出てきます。
テンションは和製英語と思って良いですよね?
ハイテンションとかって誰が言い始めたんでしょうね。まあそれはいいんですが。
生きる活力 とか ~の話になると彼は活き活きしだす とかいうのは、やっぱりvitalityでしょうか。
彼にとって~が生きる活力だ。みたいな。
薬物(今流行の)とかじゃなくテンションが上がる状態のことなんですが。
英語あんまり得意じゃないんですみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アメリカに長く住んでいましたがその際、


Hyper, excited 等も聞いたことがあります。

he is so excited や don't be so hyper.
    • good
    • 0

英国に留学してた者です。



日本人がいうハイテンションを英語でいうと、uplifting というのが適当かと。
『テンションの高い曲』とかも、 uplifting track って言います。
他にもいろいろ表現方法はあるかと思いますが。
    • good
    • 0

日本語のテンションが上がる/を上げる、元気を出すという表現は raise the spirit(s), raise one's spirit(s) が相当するかと思います。

私はあまり使ったことがないのですが、ご参考までに。
    • good
    • 0

When it come to ___, he is all energetic.



___の話になると、彼は全く持ってエネルギッシュだ。


でも、口語的すぎるかもしれませんが~
    • good
    • 0

そもそも「テンション」という言葉が日本語で日常的に使われるようになったのは、ここ10年くらいの話ではないかと思うのですが、和製英語っぽい使われ方をすることが少なくないですよね。

ただ、英語でも結構、使うには使います。「I love the tension we get on stage.(舞台での緊張感が好きなんです)」みたいな感じで。「high tention」も使いますよ。ただし「he is high tention」とは言いませんが。

さて、「生きる活力」は「motivation(モチベーション)」がよく使われます。「~の話になると彼は活き活きしだす」は「get(s) excited(エキサイトする)」あたりですね。その他、ケースバイケースです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q女性にもhey dudeとかthanks manとか言うんですか?どこかで聞いた気がしたんですが聞き

女性にもhey dudeとかthanks manとか言うんですか?どこかで聞いた気がしたんですが聞き間違いなのかなと…

Aベストアンサー

どうも、どうも、という感覚で使える "らしい"。但し若い層限定 "らしい"。男女問わない"らしい"。

言葉は生き物なので、適材適所です。使える、という思い込みはしない方が良いでしょう。そうは思わない層に下手に使うと、「何だこいつ」と思われかねない類のスラングに近い表現なので。

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Qlieとかlayとかliedとか

この辺のややこしい単語・変化、どうやって覚えるのが効果的でしょうか?
自動詞・他動詞・違う意味、面倒ですよね。

どうやって?
そんなもん、ただ覚えるだけだろ!

ってアドバイスでもいいですよ。
そう思ったでしょ?(笑)

Aベストアンサー

まず、名詞「うそ」、動詞「うそをつく」規則変化 lie-lied-lied-lying

例外的な用法はおいておき、基本として
自動詞「横たわる、~にある、~である」lie(s)-lay-lain-lying
他動詞「~を横にする、~を置く」lay(s)-laid-laid

過去形 lay と原形(現在形)lay が同じで紛らわしいですが、
3単現の lays から、he lay なら過去形の方。
もっともそんなのは they や I なら区別できないのですが、試験にはよく出ます。

ただ「横たわる、横たえる」でなく、
lie は「ある位置にある、状態にある」、lay は「ある位置にする、状態にする」
で、基本、横になっている状態のことです。

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Qチャットなどで、ohとかokとかいうとok whatとかoh what

チャットなどで、ohとかokとかいうとok whatとかoh whatといわれますが、これはどういう意味ですか?

oh何? って感じでしょうか?あと、ニュアンスはどんなかんじでしょうか? 私も以前oh wahtを使ってみたのですが、相手が一瞬戸惑った感じがしたのでもしかしたら失礼なきつい言い方なのかなと思って、、、実際の英語に詳しい方教えてください

Aベストアンサー

チャットで、"oh" とか "ok" しか書かないと、会話が続かないですよ。
私なら、"oh, that's ..." とか "ok, that sounds ..." とかのように、意見や感想をつけ加えたり、更に質問したりします。
相手に興味がなくなれば別ですが。。。^^;

"oh/ok what" の訳としては、"oh/okって何?" って感じで、nonmaeno さんが "oh/ok" と言った真意を聞いているんだと思います。

> 失礼なきつい言い方なのかなと思って、、、

"what?" という言い方は、確かに失礼だと思います。
ただのチャット相手になら、私は言いません。(他人なので。。。)
面識もある友だち相手になら言うかも。。。ぐらいの言い方です。

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

QWho are you.って王が他国の客人(王子)に使ってもおかしくない言葉なんですか? Pleaseとかは、いらないんでしょうか?

こんにちは、本当にどうでもいい事なんですが、もうかれこれ3日間も悩んでいます。

ジーニアス英和辞典によれば、
-------引用--------------------------------
Who are you?

あなたはだれですか。<<初対面の人に名前や素性を尋ねる言い方だが、実際には相手をみて驚いた時や挙動の不審な人に使われる。 時に職業、身分を問題にしている場合もある。。 ぶしつけな言い方なので通例は”What's your name please?"/"May I have[ask] your name?"/"What is your occupation?" などと言う。cf.What are you?>>
----------------引用終わり-----------------

となっており、Who are you?なんて教養ある人は使わないと思っていたのですが・・・。

ホメロス著、オデッセイアのRobert Fagles訳を読んでいます。

背景:いつまで経ってもトロイア戦争から帰ってこないイタケ島の王、父オデッセウスの行方の情報探しに、息子テレマコスがメントルに姿を変えたアテネと旅に出る。まず手始めに既にトロイアから帰って来ているPylosの王、ネストルに会いに行く。

訪ねた折、王ネストルと息子達は丁度宴会中だった。テレマコス一行に気が付いたネストルと息子達は彼らを客人として、無条件に宴会に招待する。そして、その当時のしきたりに従って客人が宴会を楽しみ、十分に食事を取ったところで、相手が何者なのかネストル王がイタケ島の王子テレマコスに訪ねた時のセリフ。

"Now's the time, now they've enjoyed their meal, to probe our guest and find out who they are.
『Stranger - friends, who are you?』
Where did you sail from over the running sea-lane?

自分なりの訳:「彼らが食事を楽しんだ今こそ、客を探り、何者であるか探し出す好機だ。

 『訪問客、友よ、あなたはだれですか?』

どの航路から航海してきたのですか?」

ご覧の通り、Who are you?と聞いています。 Stranger - friendsが前に付けばぶっきらぼうな雰囲気はなくなるのでしょうか?

ちなみに、ネストル王は非常に情に深い人で、この後テレマコス一行に暖かい言葉を投げかけています。 しかも、ネルトル王の息子はテレマコス一行の旅に加わり、一緒にテレマコスの父オデッセウスを探す旅に参加します。 『ぶっきらぼうな人柄ではありません。』

さらにオンライン上の他の訳者による同じ台詞も調べたのですが、
http://classics.mit.edu/Homer/odyssey.3.iii.html
9段落目、"Now," said he,から始まってWho, then, sir strangers, are youと聞いています。

やっぱり、多少言い方は違ってもWho are you?ですよね。

質問:もう、私にはWho are you?のニュアンスが分からなくなってしまいました。 いわゆる善良な君主の部類に入る王様が使っても問題ない言葉なんでしょうか? ジーニアスの解説と、オデッセイアの中の台詞が私の頭の中で消化不良を起こしています。

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、本当にどうでもいい事なんですが、もうかれこれ3日間も悩んでいます。

ジーニアス英和辞典によれば、
-------引用--------------------------------
Who are you?

あなたはだれですか。<<初対面の人に名前や素性を尋ねる言い方だが、実際には相手をみて驚いた時や挙動の不審な人に使われる。 時に職業、身分を問題にしている場合もある。。 ぶしつけな言い方なので通例は”What's your name please?"/"May I have[ask] your name?"/"What is your occupation?" などと言う。cf.What are y...続きを読む

Aベストアンサー

「オデュッセイアー」は現代英語の散文でか書かれた作品ではないという点は忘れてはいけません。翻訳文が現代の英語としては多少なりとも不自然な感じがしたとしてもそこにいるのは現代のアメリカ人ではないのです。

原作はギリシャ語、それも古典期といわれているプラトンやアリストテレスの哲学や多くの悲劇が書かれた時代よりもさらに古くに成立した、いくつかの方言が入り混じった独特の言語で歌われた長編の詩です。

英訳でWho are you? の箇所は原文は tines este (ティネセステ)となっていて、これはWho are you? としか訳しようがありません。やはり相手の素性を問うているのでしょうね。それほど無礼な感じはしないと思います。それにWhat is your name?とかMay I have your name, please?に相当する表現だと詩の韻律に合いません。韻文は韻文の制約があってたとえもっと自然な言い回しがあってもそれが使われるわけではありません。日本の短歌や俳句のほうがまだ「字あまり」が許されているので作りやすいでしょうね。

オデュッセイアーで名前を尋ねる表現は他のところにあります。moi teon ounoma eipe(モイ テオヌーノマ エイペ)、直訳するとSay your name to me.とでもなるでしょうか。ちなみにこれは怪物ポリュペーモスがオデュッセウスに酒を振舞われていい気持ちになっているときのせりふです。(第9巻355行)もしかしたら「名前を尋ねる」という行為が物語の伏線のポイントになっているのであえてネストール王の箇所では違う表現を選んだのかもしれません。

また名前ではなく「素性」こそが重要な場面だから、とも考えられます。決してネストール王の人物描写の欠陥ではありません。それに英語では見落としがちですがWho are you?/tines este; は二人称複数形です。「お前 あなた」ではなく「お前たち あなたたち」です。テレマコスに同行していたのは誰?その素性は?聞く人をはっとさせる瞬間です。他方ポリュペーモスのところは「名前」が重要な場面です。細部の表現までよく練られていることが見て取れます。決して「ホメーロスは居眠り」していないのです。

「オデュッセイアー」は現代英語の散文でか書かれた作品ではないという点は忘れてはいけません。翻訳文が現代の英語としては多少なりとも不自然な感じがしたとしてもそこにいるのは現代のアメリカ人ではないのです。

原作はギリシャ語、それも古典期といわれているプラトンやアリストテレスの哲学や多くの悲劇が書かれた時代よりもさらに古くに成立した、いくつかの方言が入り混じった独特の言語で歌われた長編の詩です。

英訳でWho are you? の箇所は原文は tines este (ティネセステ)となっていて、こ...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q和製英語に対応する本来の英語が載っているサイト

和製英語が氾濫していて上記のサイトがあれば現地で役立つと思って質問させていただきました。有料ではあると聞いたことがあるのですが、無料サイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

下記参考URLがお勧めです。
他にも下記のようなサイトがありますので
併せて参考にして下さい。


http://www.nsknet.or.jp/~hide0508/student/vocabulary/japanese.html

http://home.att.net/~keiichiro/janglish/japanese.html

参考URL:http://www.linkage-club.co.jp/Material/Japlish.html


人気Q&Aランキング