痔になりやすい生活習慣とは?

考古学の存在意義について皆様がどのように考えられているのかお聞きしたいので質問します。
乱文となってしまいましたが、質問させて下さい。
賛同、反論、ご意見や補足などお待ちしております。
(単なる賛同だけでも結構です)

考古学は何のために存在するのでしょうか? 一般的には、ああ、学者さんがやっているからきっと偉い事に違いない、でもおそらくは実用には使えない、くらいに思われているのではないかと思うのです(事実以前までの私がそう思ってました)。

ただ、私個人としては「考古学の為の考古学」ではなく、別の観点から社会的必要があるのだと思うのです。
哲学・思想に近いのかもしれませんが、私は、
・文明や科学の進歩というのは本来の人間のあり方からすれば不自然なのではないか? 
・自然と共存すべきなのではないか? 
という疑念に囚われており、もし人類そのものがすべからくして皆そうした思想を持っているなら、現代に至るまでも我々は洞穴に住んでいる筈ですが、そうではない。文明は発達し、科学技術は進歩する。知性は磨かれ、これらを道具として上手く使った集団が勝者となり、富を得、勝者側の人間としての人権を確保する事ができる。そうした「人類の文明や科学技術を進歩させるべきか否か」という哲学的命題(?)に対して、最初の考察材料、人類史から見る思想の変遷という建築物を構築する際の一番硬い足場を与えてくれるのが考古学であり、それが考古学そのものの存在意義なのだと捉えています。

以上は私個人の考古学に対する存在意義なのですが、本来の考古学の存在意義はどのようなものなのでしょうか? 
※ちなみに私自身は考古学は全く勉強しておらず(これから必要に応じて調べようと思います)、日本史は縦穴式住居と縄文式土器、世界史ではメソポタミア文明くらいしか覚えてません。

尚、この質問は学校のレポート絡みではありません。飽くまで個人的な知的欲求がある為に質問させて頂いております。私の質問はどうにも誤解されやすいようで、そのような指摘を頂く事が度々ありますので、一応念の為に書き添えておきます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

一つ言える事として、あなたは考古学以前に歴史学を知らなさすぎると思います。

その状況から考古学の存在意義を問うことは、考古学を真剣に研究している人に対する侮辱行為としか受け取り用がありません。

考古学がただ考古学のためだけに存在しているとしたら、考古学は学問としては成立しないでしょう。ただの骨董品を集める人と同じです。

途中の哲学?めいた理屈はあなた個人の意見であって明確な理論として受け取ることはできません。考古学は文献資料が登場する以前の歴史を解明するためだけの学問ではなく、それ以降においても非常に重要な役割を有しています。

つまり考古学で知りえた情報を歴史学に還元し歴史学としての役割も担うのが考古学であると考えます。歴史学なくして考古学は成立しないし、考古学なくして歴史学は成立しない。それは人類史についても同じことで、人類史も考古学もすべては歴史学・人文科学にとって欠かすことのできない学問だと言えるでしょう。

この回答への補足

回答頂きありがとうございます。
「学問の為の学問」と書いたのは以前までの私の感想であって、現状は実益に則しているというのが私の考えによる私自信の認識です。
侮辱と捉えかねない文章になってしまい、お詫び申し上げます。

ただ、私のような素人一般の人間は「考古学とはなんだろう」「考古学とは何のために存在するのか」という点についてあまりよく知らないというのが現状であると思います。

私自身は考古学について正式な学問から入った口ではなく、「人間が野性的動物から高度な社会的知能集団へ変遷する際に、何の技術をどのように進化させてきたのか」という個人的興味から、いわばわき道からアクセスしてきたので、そもそもスタンダードな「考古学とはこういうものなのだ」という考えを知らない為にここへ質問させて頂いたのです。

以前、ここにも下記のような形で質問させて頂きました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5266241.html

歴史学に無知であるというご指摘を頂いたので、早速調べてみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2% …
>人間にとって、何かしらの物事の成り立ちや経緯・来歴を知ろうとするのは半ば本能的な行為である。
との事で私なりに「物事の成り立ちや経緯・来歴を知ろうと」して考古学にアクセスしたのは間違いではなく、脇道から入ってきたのにも関わらず、むしろその方法論として正当であると感じました。そして考古学はこの為にあるのだとも思いました。

ただ、歴史学の初歩さえ知らずに質問し、お恥ずかしい限りではございますが、前提知識もなく「考古学とは何か」という質問をするのはここではNGなのですね。もうすこし自分の方で調べて考えを練り上げてみます。
ただ、質問が乱文になってしまい、誤解も招くような文章となってしまいましたが、恐れ入りますがこの質問自体は継続させて頂きたくお願い申し上げます。

補足日時:2009/09/21 15:55
    • good
    • 0

歴史学も人類学も学問において分類をしたのは大きな広がりが出来るからであるそのつながりを無視することは出来ないでしょう。


考古学を勉強していれば地質学や植物の知識その他多くの分野とのかかわりが必要になることが出てきます。
しかしここにはどの分野の考古学を見るのか といったことも考えることが出来ます。
海洋考古学、歴史考古学、人類考古学、植物考古学、環境考古学、そのた考古学としてはいくつ物分野が存在し、其処にそれぞれの異なりつつも共通の知識が必要となります。

人は先を予測することは出来ても知っていることはありません。
また古き事といわれる物事に関しても個人として経験ないし体験をしたのでなければ推測、憶測が飛び交います。考古学は 古き事を学び考える と私は捉えます。もちろん時のままであるのですがその捕らえ方は三者三様となるでしょう。言葉は時として不確かなものになります。
しかし、各分野の考古学上発見されたものが物証となり物事を裏付けて憶測や推測からより真実に近い歴史として捕らえることが出来るようになります。
そういった観点から考古学の存在意義というより、考古学という分野は人が考古学と名づけ分類した人の知識の形の一部でもあるように思われます。

私の研究している神話考古学は目に見えないものをとあり扱いながらも実際の遺跡にある遺物、遺構との照らし合わせを行なったりします。私の神話考古学は日本ではなくある決まった場所のみを対称としていますので他の方の事はわかりません。
しかし、私は大した知識も無いのに日本以外の国の考古学を自分から学ぶことを選び、独自で研究をしています。
それは私にとって自分自身の行なっていることに対する誇りであると同時に考古学をより深く自分の中で身近に、そしてその行為自体を誇りに思うものです。
たとえ自分のしている研究が誰の目にとまることも無く、誰かに嘲られ笑われるたとしても、否定されたとしても私にはその言われは意味を成さないものなのです。私自身が考古学、しいては自分の研究している神話考古学にを誇りとしていますから。

ですから大まかにいう考古学の存在意義というのは…どのような観点で見るかということになると思われますが、人間が知識を持っているのならば自然なものあるのであはにのでしょうか?
各分野の考古学に関してはその存在儀は本人のみならずその他の考古学や考古学以外の分野とを密接に繋げているものとでもいうのでしょうか。

まとまりが無く申し訳ありません。ただ、考古学とは という質問はとても大きいのではないのかと少々思いました。

長々と申し訳ありませんでした。

この回答への補足

丁寧なご回答を頂きありがとうございました。とても勉強になりました。&御礼遅れて申し訳ありません。
考古学と言っても数種類あるのですね。不勉強でした。

またご自身の経験からの考えも非常に参考になりました。
重ねて御礼申し上げます。

>考古学という分野は人が考古学と名づけ分類した人の知識の形の一部でもあるように思われます。
私の感想なのですが、回答のここの部分は非常に美しいと感じました。
私自身は人間の思考のありよう、人間の存在意義の哲学を考察するのに人類考古学(かな? )が必要な為、考古学というジャンルに行き着いたのですが、学問の知体系をクロスオーバーで網羅した、結果、一部が「考古学」という部分になった、という事については哲学を考察するに考古学を土台としたい私の考えに非常にマッチしています。

>知識を持っているのならば自然なものあるのであはにのでしょうか?
人類が生存し、高度な学問、学術を備えるならば、必ず考古学に行き着くだろうと捉えました。私もほぼ同じ考え方です。
ちょっとだけ嬉しいです。

また、あるいは少し規模を小さくして、国体の護持、国体意義の強化をする為に考古学を使う事もある、というご意見なんかも期待していたのですが、中々出ませんね。

>たとえ自分のしている研究が誰の目にとまることも無く、誰かに嘲られ笑われるたとしても、否定されたとしても私にはその言われは意味を成さないものなのです。私自身が考古学、しいては自分の研究している神話考古学にを誇りとしていますから。
そうなのですね。現在の事象であれ、過去の事象であれ、それを研究して分析し、文章にして人に広めるというのは、役に立たない事はありません。必ずそれを必要としている人にとって役に立ちます。
(ただそれが見つかりにくいだけで・・・)

==補足==

#1さんの御礼では書きそびれたので、私の意見を追って少し細かく書きますと、昨今の世の中では「核兵器なんて開発すべきじゃないよ」「科学技術の発展のしすぎは自分の身を滅ぼすよ」「そもそも人間というのは元々平和に生きていく生き物なんだからそうすべきではないよ」という事が言われているのですが、対して私が、「本当かなあ」「(上記説が)本当であれば、そもそも人間は技術の発展に力を入れずに今でも洞穴に暮らしているだろう。が、実態はそうではない」「技術の発展こそは人間の本能による行動なのでは」「昔の野生動物としての人間から社会を構成した高等知能生物への変遷で、どういう風に社会要素を為す技術がそれぞれ発達していったのか」という哲学(?)的な疑問が考古学へ触れる発端でした。ここから私は、私自身の考古学の必要性を見出したのです。
これが私が考える私個人にとっての考古学の存在意義です。

少し、上記の論を進めますと、それでは科学技術を生み出した文明は自然な状態ではないのか、と問うとそうでもない。
高等知能を持つ動物として繁殖すれば、人が集まり、国家が形成される。それが広がると戦争が生まれ、より知識や技術力が高い国が隣の国を併呑する。とすれば、人間が自らを滅ぼすにまで至る科学技術を発達させるのは自明である(但しその使用実績についてはこれを除く)という考え方が現在における私の結論です。

補足日時:2009/09/26 23:29
    • good
    • 0

学問とは、多くの時間を割かなければ習得できない知識です。


しかし、その時間を割いても全ての学生が、その分野において専門家や教授になることは難しいです。
これは全ての学問に言えます。
例えば誰もが一晩で法学を覚えられるなら、法学は学問でなくなるでしょう。
そのような意味で考古学は学問であるといえます。

考古学は例えば法学や経済学と比べて企業の需要は少ないでしょう。
しかし需要はあります。
例えばあなたが時折ニュースでみる考古学のニュース。
考古学に興味がある人がいなければニュースとしてのカテゴリはないでしょう。
そして考古学者がいなければ考古学は進まずニュースは発信できません。
つまり需要とは、その学問が必要だ、興味があるという人がいることによって発生するのです。
それは企業に入っても同じです。
需要があるから液晶テレビを作るのです。決して人類にとっての必要性を判断してではないのです。
必要性は需要を創造する上でのアピールにはなりますが決定打ではないのです。

そして、もう一つ、学問の中で人類の歴史に関わる学問は特別なものなのです。
人類は持って生まれた知識だけで社会を形成しているわけではありません。
遠い世代からの知識の積み重ねがあってはじめて人類は人類としての社会を形成しているわけです。
どんなに未開の部族であっても知識は語り部や肉親から伝承されているのです。
国策であればそのルーツを国民で共有し尊厳を得るのです。
ですから、歴史学、考古学、人類学などは敬意を払われ、ただの娯楽ではないのです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

少し確認したいのですが、
>決して人類にとっての必要性を判断してではないのです。
という部分について、私は私自身の観点(私達人類はどういう風に行動する動物なのか)という問題を考察するのに、人類にとって考古学(正確に言えば、私自身は人類考古学を必要としている)は学術云々以前の問題として必要不可欠なものだと考えているのですが、karelcapekさんは考古学とは人類が「生物として生きる分には」不要であるが、人類が「万物の霊長として学術的知体系を練り上げる際には」これが必要なのだ、というスタンスで仰られている、という事で宜しいですよね? 

そう書いたつもりです、と仰られるかとは思うのですが、「決して人類にとっての必要性を判断してではない」との言葉が引っかかったので、一応念の為はっきりさせておきたいのです。
※決して煽っている訳ではないです。言葉遣いが乱暴で申し訳ないです。

補足日時:2009/09/26 23:31
    • good
    • 0

「自らのルーツを知り、できることならそれを誇りに思いたい」という欲求は、いわゆる「三大欲求」や「五欲」に比べたらささいなものかもしれませんが、しかし、人間本来の、普遍的、本能的な欲求のひとつとみてよいと思います。

そして考古学は、この欲求に応える学問といえるでしょう。

進歩史観への疑問はおっしゃる通りで、前世紀の段階で、思想の世界ではもうその否定が常識になっています。ただ、現実世界はなかなか対応できず、進退窮まっているわけですが。そんな中で、考古学の存在意義が改めて見直される可能性は確かにあるかもしれませんね。

いっぽう、考古学が100年前と比べたら別ものといえるほどにその精度を高めているのは、まったくもって科学の進歩に依るところですから、そこは悩ましいところです。この矛盾はやすやすとは解消しません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>進歩史観への疑問はおっしゃる通りで、前世紀の段階で、思想の世界ではもうその否定が常識になっています。
そうなのですね、と書くと無知がばれてしまいますが、正直申告をしますと知りませんでした。お恥ずかしい限りです。

>考古学の存在意義が改めて見直される可能性は確かにあるかもしれませんね。
同調して下さりありがとうございます。
いつの世も私のように「人間とは何なのか」と考え求める人間が出てくるはずです。そんななか、考古学の記録や研究が必ずその人間にとって役立つのです。

>いっぽう、考古学が100年前と比べたら別ものといえるほどにその精度を高めているのは、まったくもって科学の進歩に依るところですから、そこは悩ましいところです。この矛盾はやすやすとは解消しません。
そうですね。ちょっと笑ってしまいました。

補足日時:2009/09/28 23:10
    • good
    • 0

そもそもなにをもって存在意義とするのでしょうか?


考古学に限らず、あらゆる学問は、必ずしもなにかに役立てるために存在するわけではありません。
世の中の人々の役に立たないものには存在意義がないという考えの傾向を、
功利主義的であるという言い方がされることもあります。
考古学の成果を何らかの形で社会的に役立てたいというお考えを否定するものではありませんが、
実用的であるか否かをその学問分野の存在価値として認めてしまうと、
おおよそ教養に類する分野の研究には公的な資金によって助成する値打ちもないという判断につながっていくでしょう。
あなたが考古学に思想上の問題を解決するための価値を見出したように、
その学問の存在意義というのは各人がそれぞれ見出せばよいのであって、
万人に共通する根源的な存在意義というのはないかと思われます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
御礼申し上げます。
散文になってしまったのですが、意見を書かせて下さい。

> 考古学に限らず、あらゆる学問は、必ずしもなにかに役立てるために存在するわけではありません。
> 世の中の人々の役に立たないものには存在意義がないという考えの傾向を、
> 功利主義的であるという言い方がされることもあります。
むむっそうなのですね。
とすれば私は功利主義の急先鋒なのかもしれません。
「実際の世界に役に立たない学問は学問ではない」とした福澤諭吉におおいに同調しておりますので。

ただ、そうした上で考古学が役に立たないかと言えば、そうではないと私は思っているのです。確かに目に見える範囲で考古学が役に立っているとは言えません。考古学では金になりません。しかし、日本に限った話をすれば、国を主眼にした形で考えると国体を護持する為に、思想の基盤、足固めをする際の堅牢な材料として考古学が必要になると思うのです。
哲学という生物としての人間にとって一番必要でなさそうなものの方から見ると、考古学ははるかに実用的なのですね(えらそう)。

簡単な例からたとえますと、株式市場を予想する時に、我々が「人はどの状況の時にどのように売買するのだろうか? 」と考えた場合、国際情勢や金の動きなどの『記録』を追ったりしますが、これを更に幅を広げて(実世界の役に立たないレベルの思考をした場合)「そもそも人という高等知能を持った生物は本来どういう動きをするのか」を考えた際、その記録をひろげに広げ、考古学から追う必要があると考えられます。

またこれは私の想像なのですが、考古学をなくしてしまうと、「あの国は考古学も満足に出来ないのか」と世界から学術的になめられてしまうのではないかと考えたりもするのです。

実際、これも一見役に立ちそうにない「神学」について、無神論を国是としているチェコから国主導で年何本か論文が出ていたそうです。学術的な事はちゃんとやっているんだぞ、というアピールらしいのですが・・・。

仮に人類とは言わずとも日本国体を護持する為に必要な学問と位置づけた場合、これをなくす事は日本という国の屋台骨を一本抜く事になりますので非常に危険だとも言う事ができると、私は個人的な意見として思っています。

また、考古学というものが万人にとって「役に立つ」という認識がなされていないという危惧はあると思いますが、これに少し補足致します。
プラトンの「国家」からの受け売りなのですが、国体を護持する技術はそもそも持っている人は少ない。靴職人の技術を持っている人と比較すれば、その差は明確である、と。
ここで繰り返しになりますが、考古学を日本国体を護持する為に必要な学問と位置づけた場合、それを理解する人間はそもそも少ないのではないか、理解する人間が少ないから廃止しようというのは屋台骨なんていらないから抜いちゃえよと無知な人間が言っているのと同じではないかと思うのです。

補足日時:2009/09/28 22:35
    • good
    • 0

#3です。



>考古学とは人類が「生物として生きる分には」不要であるが、人類が「万物の霊長として学術的知体系を練り上げる際には」これが必要なのだ、というスタンスで仰られている、という事で宜しいですよね? 

なるほど。私の視点は、あなたの求める視点とは、ずれたものでしたね。
私の方は特に煽られてるとは思いませんので気にしないで下さい。
私はあなたが学校で学ぶ上での存在意義を確認したいと、つまり、なぜ学校に考古学があるのかを中心に考えました。
そして、数ある知的体系のうち考古学が科目として存在する理由を考えました。
それは見当違いだったようです。

本当に議論するとすれば私では力不足ですので、参考にもならないかもしれませんが。
まず人類の定義ですが、ホモ・サピエンスとして考えてみましょう。
例えば現代で考えてみても石器時代そのままの生活をしている少数民族のように考古学やそれに近い海外の学問の名前さえ知らない人も対象とするわけで、考古学が今彼らにどれだけ影響を及ぼしているか、または将来彼らにどれほど影響を及ぼすかは難しい議論だと思います。
しかしながら、例え今考古学という学問が失われても、現在の彼らの生活に多大な影響を及ぼすとは考えにくいのではないでしょうか。
彼らが考古学を知る知らないは別として、例えばそこで発掘がおこなわれ金銭的利益が入るとか、考古学で発見されたものが何かの役に立つとか、彼らに考古学が好きな人が現れるとか、そういったことがあってこそ彼らに影響をもたらすと考えます。
そういう意味では、人類にとって必要という前提は必ずしも合理的ではないと思うのです。
しかし、考古学が現在人類にどういったことで役に立っているのか、将来どういったことで役に立つかという意味での必要性というのはもちろん理解できますし、考古学は私個人にとってはなくてはならないものですよ。

この回答への補足

回答ありがとうございます。+御礼遅れて申し訳ありません。

> 私はあなたが学校で学ぶ上での存在意義を確認したいと、つまり、なぜ学校に考古学があるのかを中心に考えました。
> そして、数ある知的体系のうち考古学が科目として存在する理由を考えました。
> それは見当違いだったようです。
いいえ、そうした見解からの回答など、広範な内容もこの質問でお待ちしておりました。私が早とちりしていました。
それにしても発言そのものが若いせいか私は学生によく間違われますね。
(そんなに歳をくっているわけではないのですが、複雑な気分です)

> 例えば現代で考えてみても石器時代そのままの生活をしている少数民族のように考古学やそれに近い海外の学問の名前さえ知らない人も対象とするわけで、考古学が今彼らにどれだけ影響を及ぼしているか、または将来彼らにどれほど影響を及ぼすかは難しい議論だと思います。
実際の遺跡発掘や遺跡の保守費用から来る経済効果についてはそうでしょう。但し、そうしたものが経済効果だけでなく、文明の興廃について教えてくれるという金銭にならない学術的価値を生み出してくれるものでもあります。私からの観点では人間とは何かを考える、それこそプライスレスなデータの宝庫なのです。

また、そうした研究は国家の衰亡にも関わります。戦前、アメリカが日本を攻略する際には、最初は情報収集から当たっていたが、その内日本の古文献などを購入しはじめ、これによって日本における思想体系の研究もされていたとの事です。逆に言えば戦争をする際には自らの国家の成り立ちを知らなければ勝てない訳です。

>そういう意味では、人類にとって必要という前提は必ずしも合理的ではないと思うのです。
なるほど。これについて私は私で意見があるのですが、議論に発展しそうなのでやめますね。酒でも一緒に飲んでどうでこうだと言いたい気分です。

>しかし、考古学が現在人類にどういったことで役に立っているのか、将来どういったことで役に立つかという意味での必要性というのはもちろん理解できますし、考古学は私個人にとってはなくてはならないものですよ。
ありがとうございます。個人的なご意見を聞けて楽しかったです。
また何か暇でしたら質問はいくつか出すつもりですので、ご回答頂けレ場幸いです。

補足日時:2009/10/04 00:26
    • good
    • 0

#5です。


質問者さまの主張も分からなくもないのです。
たとえば中国でも科挙に合格するために勉強するだけの実体のない空疎な学問になりはててしまっていた儒学を、
もう一度社会を良くするための学問として復興しようとして、
明末清初には経世致用の学ということが盛んにいわれるようになりまして、
これをべつの言い方では実用的・実践的な学問という意味で実学といったりするのですね。
福沢翁は近代化に後れを取っている他のアジアとは縁を切るべしと主張しましたけれど、
世の中の役に立ってこそ学問であるという主張そのものは経世致用の学に連なるものといえるでしょう。

たしかに現代でも実学をモットーとする学者も多くおられ、
社会への貢献を第一に考えて熱心に研究をされている方は非常にご立派だと思いますし、
まったくそれを否定するつもりはありません。
しかし、質問者さまが考古学と哲学の間に実用の観点で優劣をつけたように、
実学を是として虚学を非とした場合、
たとえば天体物理学であるとか高等数学の理論研究の一分野であるとか、
直接的に一般大衆の実用につながりにくい研究が軽んじられたりする風潮が助長されるのですね。
現在でもやはり環境改善に役立つ研究やバイオテクノロジーなど社会的需要の高い分野への研究費の助成は大きくなっておりますし、
それは必要なことであるとは考えておりますが、
一方で実用に直結しにくいマイナーな研究分野は資金援助も得られず、
研究者も減って衰退していき、文化や知の領域が狭くなる怖れも生じています。
どちらかといえば考古学は社会的実用性という点においてあまり需要があるとは言い難い学問分野で、
それゆえに実用性や存在意義を強く訴えていこうという主張についてはむしろ応援したいという気持ちもありますが・・・。
しかし、気になるのは質問者さま自身が考古学についての見識に乏しく、
国体の護持に考古学を役立てよなどというトンデモ説に陥っているところでしょうか。
あらゆる学問はなにがしかの役立てようと思えば役に立つもので、
そういう意味においては存在意義のない学問はないはずなんですが、
あまり実用性ということにこだわりすぎると、
実態のない効用を捏造してしまう疑似科学の蔓延にもつながる弊害があります。

「朕ハ茲ニ国体ヲ護持シ得テ忠良ナル・・・」とは終戦詔書の一説ですけれども、
質問者さまにとって国体とはなにで、それを護持するというはいかなることなのでしょうか。
考古学の実用を訴えつつも、質問者さまが空想上の考古学に基づき、空想上の効用を想定されている限り、
それはおそらく福沢翁が重視したような実学の立場からはもっとも遠い立ち位置におられるのでしょうか。
まずはその学問を修め、その成果に基づいて社会への応用を考える、これが順序です。

この回答への補足

回答ありがとうございます+御礼遅れ申し訳ございません。

>質問者さまが考古学と哲学の間に実用の観点で優劣をつけたように、
少し補足させて頂きますが、実用=社会的に必要という観点ではありますが、私自身は、非実用=社会的に不要という観点ではないです。

>しかし、気になるのは質問者さま自身が考古学についての見識に乏しく、
国体の護持に考古学を役立てよなどというトンデモ説に陥っているところでしょうか。
むむっ。痛い所を突かれました。これはトンデモなのですね。
お恥ずかしい限りです。

>質問者さまにとって国体とはなにで、それを護持するというはいかなることなのでしょうか。
ああ、思想上のことはQAで話さないようにしてきましたが、やはり突っ込まれてしまいましたね。
ご指摘の通りちゃんと学問は修めておらず、言葉足らずの部分もあるかと思いますが、回答致します。

話しは外れますが、プロイセン人がプロイセン語を話さなくなり、ドイツ語を話すようになった時、あっという間にドイツに同化したと言います。
言語と同等のレベルで影響があるとは申しませんが、自らの国家の成り立ちを追う事はその国を構成する人間の思想の根底を成す上で重要なものであり、これを追う事の手段として考古学は役に立つと考えたのですね。
こうしてみると枝葉末節を追っているような感じになり、国体の護持そのものの実用性に関しては、歴史は有用であるが二番手以降であり、考古学は更にそのツール、という認識において実際には全体の実用性の数%も追えていないように思えます。
が、これを全て無くしてしまっていいのかというと、私自身の答えは「絶対にNO」なのですね。それでも基幹をなす強力なツールだと考えています。

日本の国体について、wikipediaから説明を借りると、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E4%BD%93
「国家の本質的で歴史を超越した本来的なあり方を名指す概念」
となり、では私自身は国体とは何を指すかと考えているかというと、簡単に言えば、私自身は渡部昇一さんの説を支持しているのです。
(が、ちゃんと検討した事が無い・・・)
では、国体=天皇とした場合、そのルーツを確定させるのに古墳を調べるべきだろう、宮内庁が調査にOKを出さない事についてはどう思っているのか、という事については私自身は「宮内庁が拒否するなら仕方ないけれども、調べても良いのではないかと思う。万世一系というのが否定されても今の国民にはどうって事はないし、思想の上において天皇を支持する学者は全力を以ってこれをごまかす。それよりも、今は世界の思想潮流に合わせて天皇という存在を更に別のものに応用して新しい思想を生みださなければいけないのではないか」と思っているのです。
思想そのものは実学ではないのではないか、というご指摘もあるかもしれませんが、福澤翁の「実学」という観点に立つと思想も実学と考えています。
日清戦争勝利時に一番喜んだのが福澤翁であり、これは思想戦争でもあり、実際の考えが正しかったから、という解釈もあります(伊藤正雄さんだったかな? )

私の考える国体の護持とはこのような感じです。

浅学で大変恐縮ですが、上記の考え方に実用性は無いのでしょうか。
もしお時間が宜しければご意見を伺いたく宜しくお願い致します。
(ダメだったらいいです)

p.s.
軽く読み返したら何か革命を起こすような文面ですね。
世界に比較したら政情不安でもなし、それに対する思想を考える必要もなし、いろいろと考えていたら地に足がつかなくなってしまっていたのかもしれませんが、平和ボケとも言われたくないので勉強だけは続けて行こうと思います。
質問の主意とは外れてきてしまってスミマセン・・・。

補足日時:2009/10/04 01:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答と御礼が逆になってしまったのですが、補足に対して補足させて下さい。
「宮内庁が拒否するなら仕方ないけれども、調べても良いのではないかと思う。」という事についてです。
思考実験上では個人の感情を挟んではいけないと思うのですが、先日、民主党小沢一郎氏の「仁徳天皇陵を掘ればはっきりするはずである」という意見に憤慨してしまいました。私が同じ事言っているのにも関わらず、自分自身と同じ意見に「この意見はもう少し柔らかくできないものか」と思ってしまったのです。
同じように私の意見を読んで、気分を悪くされた方がいらっしゃいましたらお詫び申し上げます。

お礼日時:2009/12/26 17:35

質問者様は根本的に2つの大きな誤りをしています。


その2つは私も若い頃に抱いたものであり、今では学問の態度ではないとはっきり断言できます。

1つ目は考古学が単なる歴史の考証に成り下がっていること。
歴史の考証も重要なテーマですが、考古学は純粋に自然科学です。
地球のプレートのメカニズムとか、石油の精製方法とか、凶悪なウィルスが
どのように伝染していくかなどは完全に歴史を越え、化学や医療の分野に応用されています。

1つ1つの調査は無味乾燥としていても、その調査があったおかげで点が線になって繋がるのです。
そしてデータを欲しがっているのが地学、天文学、生物学といった分野なのです。
些細な調査結果でもどこで役に立つか分かりません。
有機的にリンクしていてこそ考察の幅が広がるとお考え下さい。

2点目はおそらく実用に耐えないと判断されたのは考古学の地道な調査方法だと思います。
遺跡1つを発掘するにしても丁寧に砂をどけ、傍目から見るとイライラするほどです。

しかし、これこそが学問の神髄であり、多くの学問はまさに地道な膨大な時間が必要なのです。
天体などはわずかなずれを確認するのに何十日も高価な望遠鏡を動かします。
私の友人はこんなことやって何の意味があるのかと疑問に思っていたようです。

傍目から見て地道な作業が無駄と思えるのなら、考古学に限らずに
物理でも天文でも医学でも、全てが無駄に見えるものです。

膨大な時間をかけてもわずかな結果しか出ないこともあるでしょう。
しかし、そのわずかな結果が他の研究での考察に使われる可能性がある、
そのことこそ尤も重要なことであり、データは多ければ多いほど有意義なのです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。+御礼遅れて申し訳ありません。

>歴史の考証も重要なテーマですが、考古学は純粋に自然科学です。
こんなご意見待っていました。
新しい見識を与えて下さりありがとうございます。
津波がこの地方で○○年に起きたというのが地層から分かるので、大体このレベルの地震と津波は何年周期だ、というのは考古学の部分でしょうか。
極めて実用的です。

>2点目はおそらく実用に耐えないと判断されたのは考古学の地道な調査方法だと思います。
私はこの認識はしていないのですが、一般的にはそうでしょうね。
(というより自分自身もひょっとしてそうなのか? そういう文面になっていたか? と疑ったりしますね。)
これだけやっているのに陶器の破片? 黄金とか出てこないの? 
というような・・・。

が、大学は真理を追究する機関なのでそうした部分が必要なのですよね。
むしろ実用に応用しないで欲しいという研究者もいたりして・・・。
ちなみに数学のお話しになりますが、昔、ブルーバックスで出版された素数についての書籍の中で、「数学は直接的にどこにも応用されない事を誇りにしていたのに(科学は別)、素数が暗号という怪しい分野で直接的に実用化されてしまった。純粋な概念だったのに・・・」と、自分のか弱い娘をどこの馬の骨とも分からない男に嫁に出すが如く、著者がぼそりと嘆いていたのを思い出しました。

補足日時:2009/10/04 01:48
    • good
    • 0

何か随分と難しい議論展開ばかりで、私なんか出る幕違うようですが、ちょっと書き込みします。


学問&専門的な事を知らないから、単純にしか分からない。

全ての歴史を裏付けするのは、考古学ですよね。
裏付けするには、あらゆる方面からの検証が必要。

生物学
医学
天文学
地学
物理学
化学
哲学(思想や宗教的)
行動心理学
などなど
ありとあらゆる分野から、調査研究をしますよね。
その筆頭指揮するのが、考古学の方々だと思います。
だから、考古学は重要です。
そして、検証を根本原理に進歩&発展に繋がるのだと思います。

この答えでは駄目ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>この答えでは駄目ですか?
いえいえ、大変参考になりました。回答ありがとうございます。
私が恐れるのは他の方からの意見が聞けなくなる事です。
そもそも何か難しい事を言っているようなQAになっていますが、私も全くの浅学なんですよ。取ってつけた知識を並べているだけであって、消化しているとは言い切れない。そんなに偉そうにできない立場ですので、広く意見を求めたいのです。

私見ではありますが、これまでのQAを見返してみると、私自身は「人とは何であるか? 」という命題を追う為のツールとして考古学を捕らえているのに対して、回答して頂いた方達は考古学そのものを純粋に学問として追っている方達が殆どだったので、これが新鮮でした。

お礼日時:2009/11/14 01:02

booterさんの、》哲学的命題《についてのお考えがよく解からないところがあるので、 まずそのへんを質問させていただきます。



人類が、今までの歴史の中で、国家や宗教という社会や知恵を権力意識に振り回されるカタチで続けてきたことは悲しくても認めなければならない事実でしょう。

しかし、哲学的本質的にも、人間は文明が発達することで、科学技術を一部の国家や集団のために使うような進歩のあり方しか出来ないというふうに思われているのですか?

booterさんの言われる「国体の護持」ということは、 “それは人間のどうしようもない性(さが)なのだから、 せめて我が国(自分の国)だけでも人権を確保すべく、勝者となるべきであり、そのためには国家が国家として団結を勝ち取らなければならない”といった思想が 考古学の価値への道をさぐる前提としてある、というお考えなのですか?

「国体の護持」という言葉は 戦前に日本人の戦意をあおるために使われてきてしまった言葉との印象が一般にあると思われますので そのへん、今までの質疑の中での その言葉等から たぶん誤解だとは思うのですが上記の疑問がでてきました。

猿から人間に進化した時に、(ミッシングリング等の議論はここでは略します) 脳の中で何が一番変化したかというと、それを一言で言えば 一番大事な点は「みつめる」能力です。

本能にしばられた五感がそこで「見つめられる」ことで、解放されたのです。

見つめることで そこに比較の能力も、反省の能力も生まれ、道具を道具として認識し、やがて言葉も生まれてきて(視覚が比較の対象となったためです)文明が発達してきました。

しかし、言葉は言葉で 一言で言えば嘘もつける表現手段でもあったわけです。

それを通して 村や村々を平和にまとめる力も出てきた代わりに、 村々を支配する道具にもその知恵や能力は確かに生かされてもきました。

がもとはと言えば、 すべて「見つめる」脳が生物の命に宿ったところから人間のすべてが始まったわけです。

私たちの脳は すべて、過去に縛られる必要はないのです。

過去は すべて未来のために「みつめなおされる」ことでよりよく生かしてゆくことが出来ます。

その時に重要なのが じつは五感という原点を言葉を越えて見つめ直してみることだと私は思っています。

すると 猿から人間に進化した時点で そのユトリの中で人間は 森をただの生き抜く対象(本能の奴隷状態)からの目ではなく、 始めて緑を そしてそこに太陽の日がゆれこぼれるのを、 海を、海の潮の香りを、雲を 大地を 感動してながめ、そしてそれを言葉以前に目と目で語り合ったのです。

あるいは、 今では ジャズ・ミュージシャン達の手によって アフリカの音楽が 単調な面は気持の統一をデタラメに聞こえる部分は じつはスイングしあった私たちの想像を絶するような感性の豊かさや新鮮さを表現していた事が知られるようになっていますが、

詳しくはともかく、 言葉以前にも 人間の脳がそこに作ってきた森の中での生活の豊かさが知られてきています。

歴史という言葉を 歴代の資料(言葉に残された)世界から史実を明らかにする学問というふうに定義すれば、

その言葉以前、 あるいは言外の五感の存在を 他の音楽や絵(この解釈の世界はじつは難しいですが) あるいは彫刻などに求める時、 考古学は 神話などの事実ではない描写の意味合いをよりいっそう深く哲学する材料を私たちに与えてくれると私は そのへんを期待しないではいられない人間なのです。

じつは私も 考古学自体はほとんど知りません。

アカデミックな哲学の世界もよく知らない肉体労働者として生きてきた者です。

が、考古学というと、私の中には 大きなロマンが起こります。

人類が言葉を いよいよしっかりと獲得した時代に、キリストや孔子のような人が 人類を貫くような思想を 自らは書物を書かなかったのに、残すとう偉業を成し遂げています。

が そこから同時に 文明の争いの世界も起こって来たわけです。

ここに、 私は その言葉の資料と 言外の精神の深みの世界を、今こそ考古学と哲学との融合の力で、明らかにしたいというそれこそ人類史的な神話解釈革命論を構築していきたい気持にもなるところ、

もっと日本に限定したことでは、 たとえば、

日本の琵琶という楽器は、シルクロードから中国の大地を源泉に伝わってきたわけですが、 同じ種の楽器はブルガリアの一弦琴や セルビアのサズという楽器としてシルクロードを通って伝わっていると聞きます。

モンゴルには、馬頭琴が昔から伝わっていますし、ニ胡の歴史も深いでしょう。

では、その源泉の源泉はどこだったのでしょう。 

そして、それぞれのその音色の神秘の意味するものは?  セルビア民族が 武士道のような勇壮な魂を持っているのは? セルビア民族が、茶道にもまさる「もてなし」の魂をもっているのは?   なぜ、シルクロードの西の果ての弦を日本の弦とが、こうも深く響きあうものなのか?

あるいは、 アンデスの音楽を聴いてなつかしい気持になるのは私ひとりでは無いでしょう。  あの山と太陽信仰の文化が やがて海をわたり、ポリネシアの無類の明るい音楽の地を通り、踊りと合唱と素朴な恋で有名な(一昔はです)台湾のもともとの原住民の地を通り 沖縄に そして日本に というルートの そのへんの楽器等の存在の発見も まさにロマンに満ちていると思うのです。
 
楽器だけでなく もちろんそのへんのフィールドワークとの比較は必要でしょうが、 生活やその道具の 移り行きをさぐってみたいと思いませんか。  出来うる限り もっともっと。

私が思う日本民族は、おそらく知れば知るほど、世界を調和させる能力がある民族だと思います。 そのルーツをこそ、 考古学が、もっともっと見つけて欲しいと思います。

天皇制ということは、半貴族主義とも言えるかと思います。
が君子の精神は 昔にはたぶん絶対的に必要だったと思います。

その時に聖徳太子も含め 日本は天皇制によっておそらく唯一 大きな争いをしないで君子の治める国として生き抜いてもきたわけです。

今では それを誇りある象徴としていますが、 平和的にそういうカタチにできるのも日本人だからこそとも思います。

この情報化時代(世界がつながっている時代)にて、日本人は おそらく世界を調和させる民族としてもっとも適していると私は考えていますが いかがでしょうか?
 

この回答への補足

>人間は文明が発達することで、科学技術を一部の国家や集団のために使うような進歩のあり方しか出来ないというふうに思われているのですか?
私個人の意見ではありますが、全てが必ずしもそうだと考えてはおりません。但し優先順位はあります。優先的に人間が営む社会集団の生存競争に使用される事は否めないと考えております。
社会集団の生存あっての文化ですから、技術の適用は「人の心を満たす文化」よりも「戦争乃至はそれに順ずる様式」に優先的に適用されるのと思っているのです。

>booterさんの言われる「国体の護持」ということは、“(中略)そのためには国家が国家として団結を勝ち取らなければならない”といった思想が考古学の価値への道をさぐる前提としてある、というお考えなのですか?

戦時に適用された全体主義への帰結を恐れているご意見と思いました。
結論を急ぐと語弊が出る可能性がありますので、上手く表現できるかどうか分かりませんが、これに関しては順次回答していきたいと思います。

まず現代の人間個人には生存の権利、文化的に生きる権利、自分の理想を追求する権利などが存在すると私は考えています。そしてこれとは別に、他人を救済する人としての気持ち、人間としての優しさがあるとも思っています。自分自身の価値を高める権利があり、然るべき個人の利得を得る。そして優しさがある。ここまではOKだと思います。

上記は個人の枠でしたが、枠を広げて社会集団に適用すると、「自分自身の価値を高める」というプロセスにおいて、個人レベルでは勉強が必要な要素だと思いますが、社会レベルであると必要な材料が少し異なってきます。あの社会集団が上手く社会システムを機能させているのは「過去の経験からあるいは過去事例を勉強し社会システムを上手く整備してきたから」となります。

更に枠を広げて長期的な国家運営に適用した場合、材料は更に異なり、教育、イデオロギー的なものを優先事項として挙げざるを得ないのではないかと思っているのです。長期的な国家運営で優先すべき要素として考える際に、イデオロギーを挙げる事自体が誤りであるというご指摘や他の可能性(経済、情勢、国民性、風土)などございましたらご教授下さい。

そして私自身としての解釈として、日本におけるその民俗・風土から形成される国民のアミニズム的性格からそのイデオロギーを構成する要素の一つとして歴史を捉えており、それを探求する一つの学問の可能性として考古学を捉えているのです(こちらも解釈に誤りがあった場合などはご指摘頂ければ幸いです)。これは前時代のような他地域への収奪、搾取は目標にありません。経済的システマティックな他地域からの収奪、搾取により文明の発展が達成されるという見方もあるでしょうが、知識・ノウハウの蓄積など努力の結果としての高度技量との引き換え、という見方も出来るかと思います)。努力に対する報酬は国家として認められるべき権利であります。

日本という国がそれ自身の価値を高める為の、引いては世界への貢献の為に為す事は当然認められている権利であり、それを達成する為の精神的支柱が失われている。このままでは欧米、中国からの搾取対象となってしまう。これを回避する為に、日本という車に何かしらのガソリンを入れなければならないと考えているのです。そこで天皇制など既存社会の基盤は残しつつも並存できるようなイデオロギー、体制とはなんだろう、と思考実験をしており、歴史とイデオロギーが離せない関係にある為、考古学もその範疇に入れていると言った感じでしょうか。

>「国体の護持」という言葉は(中略)上記の疑問がでてきました。
当時の不況と戦時の不安感にイデオロギーが結びついてしまった為に起きてしまった結果とも言えます。現在は100年に一度の大不況であり、現在のイデオロギーが全体主義に結びつきかねないという観測もあります。人が幸せを求める結果、不況の折には全体主義に傾きやすい。こうした中arayata333さんの不安もご尤もなのですが過去から勉強して同じ過ちは繰り返さないという姿勢が大事なのだと思います。
日本人としての誇りを取り戻しつつ、かつ、過去の過ちを繰り返さない。そうした新しい指針が必要になってきます。
その為に考古学が世界を形作る一つの要素として可能性を帯びてくるように思うのです。

補足日時:2009/12/06 16:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
少し長くなってしまったので御礼と補足に分けて記載します。
また、文字数制限で書けない部分がありましたのでご容赦下さい。

> その言葉以前、あるいは言外の五感の存在を(略)そのへんを期待しないではいられない人間なのです。
私も同意見ですが、下記点を補足する必要があります。
こうした文化的な生活を営む事が人間の受ける幸福の一つだと考えていますが、これには社会の安定が必要であり、人間の優先課題としては社会を安定させる事から取り組まねばならないのです。但し、優先させるからという理由で完全に中断してしまうのはあまりよくは無いとも考えています。
(そう言えば質問時には意識していませんでしたが、考古学の必要性というお題目は事業仕分けが最近検討された事を考えると、かなりタイムリーなものでしたね。というより考古学は仕分け対象になっていたのでしょうか。)

> じつは私も考古学自体はほとんど知りません。
> アカデミックな哲学の世界もよく知らない肉体労働者として生きてきた者です。
そうでしたか。私も同様でして、独学(というより遅々と本を読む程度)で疑問になった事をここで質問させて頂いています。ですがご意見頂けて嬉しいです。

音楽的、精神的普遍性については同意見です。
「音楽だけは世界語であって翻訳される必要がない。そこでは魂が魂に話しかける。」-アウエルバッハ

但し、そこから地域、風土により民族性が分岐するようで、その違いがどうしてそうなったのか、と考えると学問的には大変楽しいですね。

> この情報化時代(世界がつながっている時代)にて、日本人はおそらく世界を調和させる民族としてもっとも適していると私は考えていますがいかがでしょうか?

これに関しては私は現在否定的な立場を取らざるを得ない状況です。
確かに現在はどちらかというと利害の中間的立ち位置にいますが、藤井厳喜という方によれば、日本人ははっきりとモノを言う大陸系の民族とは気質が合わない、どちらかというと南洋系の台湾などの民族と気があう、としていますが、全くその通りでしょう。

人間たるものは同じ根源を有しているが、その地域、風土、歴史、民族的特性、国民性からその気質を分離し、それぞれ違ったスタイルを取る。これを纏め上げるのは、調整型の日本より主導型のアメリカ乃至は主導を試みる中国でしょう。

お礼日時:2009/12/06 16:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q考古学の定義・目的について教えてください。

考古学の定義・目的とはなんでしょうか?
定義・目的をもちいて、今現在を見つめなおす上でどのような効果が考えられるでしょうか?あとひとつ、考古学の魅力について何かお聞かせいただけませんでしょうか?よろしくお願いします。

     「古きをしり、新しきをしる」この言葉がすきなんです。

Aベストアンサー

 
  これは、あくまでわたしの考えで、専門家が見れば、違っているということになるのかも知れませんが、その場合は、訂正を願いたく思います。ただ、考古学の定義などは、専門家でも意見が分かれているのではないかと思います。考古学自身の扱う範囲が広くなって、細分化も起こっているからです。
 
  端的に言いますと、考古学は、広い意味の「歴史学」の補助学、または広い意味の歴史学の代表的一分野・領域だということになります。
 
  それでは、歴史学とは何かです。歴史学とは、端的に、過去を知ろうという学問ですが、過去にどんな事件があったとか、戦争や政治や昔の人などについて知るだけでなく、過去の社会の制度や文化、現代とは異なる構造や文化を持っていた過去の社会の内部で、またそのような複数社会のあいだで、どういう進展や変化があって、その結果としてか、それに随伴してか、何が起こったか、を解明し解釈する学問です。
 
  このようにして解釈され、再現された過去の社会の制度や文化や事象・事件・人物などの経緯を、現代の社会の制度や文化や倫理や思想に対比させて、現代を相対化させる、人間の営みを、過去の社会から現代の社会への、飛躍しつつの連続体であると考え、現代だけで見ていたり、考えたりしていては分からない、「現代の特徴・特性・構造」を理解し研究するの参照するための「過去研究・解釈・再現」の学問が歴史学です。
 
  歴史学では、過去を知り、解釈し、理解し、再現を試みるために、まず、「基本資料」が必要になります。「資料」の年代や信憑性などを吟味する必要もあります。この基本資料を元に、例えば、どこでは、何年に戦争が起こったとか、どこの誰が、ある国で、政治の主導権を握っていたかとか、フランスの人口は、10世紀頃は何人いたのかとか、どういう成文法があったか、またその成文法からすると、当時、どういう犯罪があったか、社会問題があったか、権利について、どういう風に考えていたかなどが、推測されるのです。
 
  基本資料から、何年にこういう戦争が起こった、何年に、誰がフランスの王位についた、8世紀には、ドイツには、どういう国があって、どういう国境があったか、……こういうような、歴史において、ここで何があった、この時はこうであった、という、特定の時間点、空間点における、参照「事実」というものが出てきます。また、社会がどういう姿であったのか、「枠」についての色々な情報ができます。
 
  話を飛ばしますが、基本資料を基にして、色々な事件や歴史の枠についての図式ができても、そこで生きていた人々は、どういう風に色々なできごとや社会の文化やありようを捉えていたのか、よく分からないのが普通です。また、資料では、どうしても分からないことが一般出てきます。歴史学では、ここで「歴史学者の想像力・経験的了解力」というものが問題になって来ます。昔の人が、どういう風に感じ考えていたのかは、現在とは異なるのですが、しかし、人間の行為ですから、現代人との共通性もあるはずです。歴史の資料のあいだから、分からない隙間を、解釈・想像で埋め、全体としての生き生きした「過去の像」を築くことが歴史学者の役割になります。
 
  現在では、多面的に歴史を眺めようとします。歴史の表面に現れる、戦争や政治的事件という、記録によく残っている出来事の記録という相と、当時の社会に属した人のエートスはどういうものであったか、文化はどうであったか、世界観や宗教や思想、人生の意味はどういうものを考えていたのか、こういう考察や解明も必要になります。技術の発展段階なども問題になり、経済的な構造から、歴史のできごとを解釈し、理解しようとする相もあります。
 
  歴史学は、最初は、「文字記録」を主要な「資料」とし、それに、遺跡であるとか、伝承されている物品とか、人間が意味を解釈しないと、それ自身では、人間の「言語」になっていない資料を組み合わせ、過去の再現を試みたのです。
 
  これに対し、文字を持っていない社会はどうするのか、文字記録があっても、失われた場合や、解読できない場合はどうするのか、また、もっと重要なのは、ずっと過去に遡ると、文字そのものが発明されていない時代に辿り着きます。この場合、文字記録は、どう捜しても最初からないのだということになります。こういう場合、「文字記録」を基本資料には使えないということになります。
 
  広い意味で、「文字記録」を資料として頼れない場合は、大きく分けて、「未開社会」と呼ばれる社会の場合と、時代が非常に古いので、そもそも文字が発明されていない、「原始(無文字)時代」と呼ばれる社会の場合があります。未開社会と原始社会は同じようなものですが、未開社会は、一世紀前には、まだ地球上にたくさん残っていたのです。こういう「未開社会」の社会構造や文化や人々の心理を調べ研究しようというのは、「文化人類学」へと分化というか、学問成立して行きます。
 
  他方、原始社会・無文字社会、それも、西欧などなら、西欧自身の無文字社会段階の歴史はどうなるのか、また、キリスト教で関係の深い、中近東などの無文字時代の歴史はどうなるのか、という問題で、「文字資料」以外の「遺跡」とか「遺物」とかを、研究する学問が分化成立します。これが「考古学」の出発だとも云えます。この場合、歴史学の補助学であったのです。考古学が収集し、それなりに整理して枠を造った、遺跡・遺物資料の解釈を使って、過去の歴史を再現するのが歴史学になるからです。
 
  考古学者は、「発掘屋」になった訳で、研究室で、資料を基に、立体的に歴史を分析し総合する作業をするのが歴史学者で、考古学者は、遺跡を掘ったり、遺物を捜し、番号を振って、どの遺跡はどうなてちて、何時頃の時代には、こんな石器が出てくるなどの分類作業を行うのだとなります。極端には、考古学者は、掘り出して来ればよいので、分類作業は、歴史学者が行うということにもなります。
 
  また飛ばしますが、しかし、「考古学」の方法や技術は、どんどん進展した訳で、遺跡の発掘や、遺物の収集、発掘にも、歴史学者と同様のシステム的な情報処理と「想像力」がないと、よい発掘や遺物の発見や定置分類もできないのは明白で、そのことが段々と認識されてきます。
 
  更に、文字記録が残っている時代でも、考古学の方法は有効で、文字記録では分からない色々なことが、文字社会においても、考古学の方法や技術を使うと、新しい資料が得られるということが分かってきます。現代の科学的考古学になると、花粉分析とか、土壌のなかの成分原子の量から、そこにはいまは形が崩れているが、何があったかが分かるなど、「文字記録」以上に多様な情報が、無文字時代も、文字時代も含めて得られるようになっています。
 
  こうして、考古学の扱う範囲は文字時代の歴史学と同じで、基本資料として、広義の遺物を使用するのが考古学で、それでは、歴史学はどうなったかというと、考古学の資料を基に、より精緻に歴史を研究し、その範囲は、無文字時代までも広がっているということになると、考古学が扱っていた範囲を歴史学も扱うことになり、考古学も、文字資料も参照して歴史の再現ということになると、文字記録が、遺物記録か、どちらに主発点でウェイトに違いがあったかで、考古学も歴史学と同じであることになります。
 
  しかし、そういうことを言うと、「考古学」とは何か分からなくなるので、とりあえずは、文字記録以外の資料(主に発掘などで得られる)を収集し、分析し、分類し、解釈し、これらの資料を主に、他の文字記録や、歴史学の成果を取り入れつつ、過去の社会を解釈・想像で描こうとする学問だということになります。「想像」は重要で、文字記録でも、書かれていることの行間を読むとか、他の文字資料との関係を考え、そこから、立体的なイメージを築く能力が必要になるのです。例えば、昔の人は、どうやって石器を造っていたのかは、実験で造って見るのですが、どんな技術を使っていたのか分からないものが多く、石を割ったりこすったりしていると、目的の石器がが再現できることもありますが、あれこれ想像して、こういう方法ではないかと、補助道具とか、力の入れ方とか想像して試すと、そういう石器ができることがあり、石器作製技術を、再現したというか、「再発明」したことになります。
 
  どうやって造ったのか分からない遺物は色々あり、有名なのは、殷の青銅器で、普通は、技術などは、後の時代の方が進んでいるのですが、殷の後の周の青銅器は、かなりお粗末なもので、確か、現代の科学分析で、殷の青銅器を調べても、どうやってああいうものを造ったのか、分からないというのがあります。今の技術で、青銅器を造っても、殷の青銅器のような高度に精緻なものは造れないのです。
 
  あるいは、昔の人はどういう衣服を着ていたのかは、衣服をまとった石像が残っている場合など、その石像に掘られている襞の流れなどを研究し、どういう布を、どういう風に身体に巻き付けると、石像にあるような襞の流れや、衣装の形になるのか、ということを試験して着方などを見いだすのですが、これも想像力が必要になってきます。
 
  長い説明になっていますが、「定義」は、上で述べられていると思います。簡単には、「無文字時代の社会や生活などの歴史を、遺跡や遺物の資料を基に研究する学問」かも知れませんが、最初の「無文字時代」は外してもよいでしょう。また学問の「目的」は上の述べた通りで、歴史学と同じです。狭義の歴史学の補助学問ともなりますし、それ自身で独立して「考古学的方法での歴史学」ともなります。人類の時間を通じてのありようを知り、未来や現在の生活や文化、価値観などに役立てるため、過去の再現を試みるのが歴史学で、その補助学問として考古学があるとも、考古学という特別の方法を持った歴史学があるとも云えます。
 
  >定義・目的をもちいて、今現在を見つめなおす上でどのような効果が考えられるでしょう
 
  人間の「普遍的側面」が明らかになるということでしょう。人間がいかに愚かであったか、歴史の教訓が教えてくれますし、教訓が役に立たないという教訓もあります。また、文字や現代の科学技術に依拠した生活をしている人々に、無文字時代の人々でも、高い文化や、倫理基準を持っていたことを教えることで、現代が、「もっとも進んでいる」という傲慢や独善をたしなめる効果があるでしょう(現代人に、人力で、ピラミッドを造ることなどできないのです。クレーンとかを使えば、造れるかも知れませんが、しかし、石を切り出す技術が、いかに精巧で、また辛抱強さが必要な技術か分かるでしょう。……分かる人にはですが。分からない人は、別に考古学でなくとも、何であっても、自己の認識を高め反省する材料にはならないでしょう)。また、知識や技術の蓄積が、いかに現代人を、物質的精神的にも豊かにしているかが分かるでしょう。
 
  考古学の魅力は、やはり「未知への扉」をいつでも開いてくれる可能性があるということでしょう。常識を覆すことが出てくるので、魅力があると云えるでしょう。トゥタンカーメンの墓の発見にしても、彼の墓は、副葬品などが、当時の歴代ファラオの墓に較べると格段に少なく(誰かが、副葬品を半分以上、横領したという説があります)、墓の規模も、もっとも小さいのですが、それでも、あそこまで豪華であったとは、発見するまで誰も想像していなかったのです。
 
  殷の地下墳墓の発見は、千人規模の完全武装し、馬に乗った司令官や、戦車や、軍装をした兵士など、一部隊がまるまる埋められていたことが分かって、どういう目的で、こんなことをしたのか、それまで先例のないことで、今でも、よく分からないはずです。チンギス・ハーンの墓もどこか分かりませんし、殷の墓は、地下に造り、地上には何の目印もおかず、しかも、殷は、何度も都を移動しているので、多数の殷の墓が未発見で土の下に埋もれているのですが、これはどうなるのか、という好奇心があります。
 
  その他、何が過去にあったか、発見されないと分からない多数のことがあるはずで、何が出てくるか分からないということで、興味が尽きないでしょう(日本人の起源なども、最新の考古学の示すところでは、従来想像していなかったようなことがあります。大規模ビルなどを建築する際、整地段階で発掘を行うと、発掘と研究技術が進んだので、従来は見逃されていた事実が色々明らかになり、この発見は今後も続くでしょう)。
  

 
  これは、あくまでわたしの考えで、専門家が見れば、違っているということになるのかも知れませんが、その場合は、訂正を願いたく思います。ただ、考古学の定義などは、専門家でも意見が分かれているのではないかと思います。考古学自身の扱う範囲が広くなって、細分化も起こっているからです。
 
  端的に言いますと、考古学は、広い意味の「歴史学」の補助学、または広い意味の歴史学の代表的一分野・領域だということになります。
 
  それでは、歴史学とは何かです。歴史学とは、端的に、過...続きを読む

Q歴史という学問を学ぶ意義って?

自分は今は高3の受験生なのですが、最近ふと思ったのです。歴史って勉強する意味があるのかなぁ?って。他の科目には少なからず将来において役に立つような気はするんですよね。国語は文学作品から作者の論理を学んだり、感性豊かな人間を形成するとか、そんな感じだし、数学は、微分とか積分とかっていう具体的なことっていうよりも、論理的な思考で物事を捉えたりで、理科も似たようなところかな、政治・経済はもちろんこの日本社会を生きるのに役立つ知識だし、英語はもちろんこれからの国際化社会に役立つだろうし、これらは全て日本社会を担う人材を育てるのにすくなからず役に立っているのではと思うのですが、歴史はなんのためにあるのだろう?って思うのです。温故知新という言葉はあるのですが、皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

noginogya君こんにちは。
非常に素直な疑問だと思います。また、質問の構成が論理的なので感心してしまいました。私も高校生のころ同じような疑問を抱えていました。むしろ、疑問も抱かず、物事の意味も価値も考えず葛藤さえ起こさない方が、人生というスパンで捉えれば怖い気さえします。感覚的で好き嫌いという感情だけで物事を捉える薄ぺら人間にならないとも限りません。
 私は、高校時代何故、近代史を教えないのか疑問に感じていました(近代史にも興味がありましたので)。それは後になってわかりましたが。
 さて、本題ですが、日本は教育環境も社会風土も極端に言えば歴史事実の羅列を時系列的に教えているだけのような気がしてなりません。そうした意味では、゛歴史を学ぶ゛であり、教訓として生かす゛歴史に学ぶ゛ではないようです。ドイツの良心と評価されたワイツゼッカー前大統領は「過去に目を閉ざすものは、結局のところ現在にも盲目となる」と、ヒトラー時代の非人間的行為を懺悔して、世界とユダヤ人に対し謝罪しています。このように歴史に学ぼうとしないものは、また同じ過ちを繰り返すことを示唆しています。この言葉は各国の歴史教育の中で近代史を教える際に必ず引用されるほど有名です。
 歴史は古代から現代まで人類が営々と築いてきた、政治から教育、生活に至るまで、人類の文化や英知、知的財産のエッセンスが凝縮されている宝庫と言えます。noginogya君がこのような問題意識も持っている限り、歴史から学ぶことは多いと思いますよ。役に立つ役に立たないという、小さな枠にとても収まらないのも歴史の持つ凄さだと思います。

noginogya君こんにちは。
非常に素直な疑問だと思います。また、質問の構成が論理的なので感心してしまいました。私も高校生のころ同じような疑問を抱えていました。むしろ、疑問も抱かず、物事の意味も価値も考えず葛藤さえ起こさない方が、人生というスパンで捉えれば怖い気さえします。感覚的で好き嫌いという感情だけで物事を捉える薄ぺら人間にならないとも限りません。
 私は、高校時代何故、近代史を教えないのか疑問に感じていました(近代史にも興味がありましたので)。それは後になってわかりました...続きを読む

Q歴史学と考古学ってんなことを学べるの?どう違うの?

自分は歴史について興味をもっている
高校生なのですが・・
歴史学科と考古学科ってどう違って
どんなことが学べるのがわからなくて困っています。

Aベストアンサー

大学によっても特徴が違うので一概には言いきれません。

たとえば、歴史学科の中の一つに考古学専攻を置く場合もあるでしょうし、
古文書などの文献、西洋史、東洋史、日本史の歴史解釈を広範囲・多ジャンルにおいて紐解いていくものを歴史学科とし、発掘調査を主体として人々の生業を紐解いてゆく考古学科に分ける大学もあるでしょう。

歴史学は歴史とは何かの概論からはじまり、文献資料が中心となり、現物の資料も交えながら歴史解釈を研究されるものだと思います。ですからそこには広義の西洋史・東洋史・日本史が網羅されるとおもいます。

考古学は、歴史の中でも調査や研究の仕方が全く違っているので、あえて歴史学科とは別に設置されたのかもしれません。土の中から出た遺物・遺跡をもとに地質学や科学の力も借りて時代を分析するほか、遺物や遺跡の特徴を細かく拾い上げて時代考証をしていきますので、まずは発掘調査ありきみたいなところがあります。発掘調査の手法を習得するには時間がかかりますし、歴史学と別に置いたほうが、卒業時により実践的な技能が習得できることを狙ったのかもしれません。

Q歴史を学ぶ意味

歴史を学ぶのはなぜでしょうか?自分は歴史が苦手で、いつもなんのために歴史を勉強してんのかと思ってしまいます。受験のためぐらいしか思いつきませんが。そういう答えじゃなくて、もっと本質的な回答を知りたいんで、お願いします。歴史を学ぶ意味を教えてください。

Aベストアンサー

今生きている人の人生が、その人の生まれてからの積み重ね
であるように、国や社会の現状も、その国や社会の歴史の
積み重ねによるものです。

今の問題の原因は過去にあります。つまり歴史の中に原因が埋もれているのです。

イラク問題、北朝鮮問題、過去にすべての原因があります。
それらの過去の出来事を正確に知らない限り、現状の問題
について、正しく理解することは絶対に不可能です。


他の方の回答にあるように、学生のうちは実生活で縁がない
ので、歴史を学ぶ意味はわかりにくいでしょう。

そこで私からのアドバイスですが、歴史を扱ったマンガや
小説を読むことをオススメします。

歴史を扱った作品には良質な作品が多いです。読んで面白い
と思ったらシメタもので、あとは自分の興味の赴くまま、
どんどん歴史の知識が増えていきます。

まずはお試しあれ。

Q考古学で有名な大学

考古学で有名な大学とはどこでしょうか?
よくオックスフォードなんか聞くんですが・・・
ホントにそうなんですか?
もし,他の大学(海外も含めて)があるなら,
教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

#3で回答させていただいたものです。レベルにこだわってらっしゃるようですが、専攻分野によっては日本の大学のほうがやりやすい場合もあると思います。例えば西アジア考古(聖書考古学)にイギリスの調査隊はほとんど入ってきていませんし、ノウハウも実績もあるぶん筑波のほうがレベル高いんじゃないでしょうか。エジプト考古も早稲田で学ぶのに環境的な不足はないんでしょう。中南米を専門にするなら、下手にイギリスに留学するより現地の大学に行くほうがプロパーになれるでしょうね。
オックスフォードやケンブリッジが活躍している古典考古やヨーロッパ先史研究をやるにしても、学部から留学する人もいれば大学院修士や博士から留学する人もいます。また、両校を出なければ海外考古の舞台で専門家になれないというわけでもありません。現在国内の大学で海外考古学の教鞭をとっておられる先生方は、古典考古でも西アジア考古でも、日本の大学院を出て現地(ギリシアとかイスラエルとか)の大学へ留学し、戻ってきたという方々がほとんどではないかと思います。いずれもその分野では国内外を問わず著名な研究者です。
と、少しオックスブリッジ批判をしてみましたが、実際に両校が様々な分野で業績も総合力もあるのは疑いのない事実です。両校とも方法論がしっかり確立されていますから、どこへ行ってもそれなりに通用はするでしょうが、地域的な専門性を望むなら別の選択肢も充分有り得るという点で、大学のネームバリューや功名心にとらわれない学術研究を志していただきたいとの老婆心から出た発言でした。


語学力に不安があるのでしたら、とりあえず日本の大学で方法論の基礎を学んで、それから留学というのでも遅くはないと思います。早いうちから積極的に海外へ出ようという姿勢は大変好ましいですけどね^^
また、史学を志すのでしたら、まずどの時代のどの地域を専門に学んでいきたいか、大まかでも構いませんので考えてみてください。それによって進むべき道は変わってくると思います。

最後になって申し訳ないですが、私はオックスフォード・ケンブリッジの入試についてはどのような形式を取っているのか分かりません。レベルについても答えかねます。本格的に対策をとるなら、まずIELTSというイギリス留学専門の語学試験を受けてみてはいかがでしょうか。British Councilにはイギリス留学に関する資料や相談所もあると思いますので、参考にしてみてください。

参考URL:http://www.britishcouncil.org/jp/japan.htm

#3で回答させていただいたものです。レベルにこだわってらっしゃるようですが、専攻分野によっては日本の大学のほうがやりやすい場合もあると思います。例えば西アジア考古(聖書考古学)にイギリスの調査隊はほとんど入ってきていませんし、ノウハウも実績もあるぶん筑波のほうがレベル高いんじゃないでしょうか。エジプト考古も早稲田で学ぶのに環境的な不足はないんでしょう。中南米を専門にするなら、下手にイギリスに留学するより現地の大学に行くほうがプロパーになれるでしょうね。
オックスフォードやケ...続きを読む

Q酸塩基指示薬とpHメーターを同時に用いた場合の中和点はどこになりますか?

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和滴定を行いました。ビーカーに塩酸を入れ、酸塩基指示薬としてフェノールフタレインを数滴垂らし、ビュレットから水酸化ナトリウム水溶液を滴下しました。滴下毎にpHメーターでpHを測定しました。

フェノールフタレインの変色域は8.2~10.0なので、フェノールフタレインから中和点を求めると、pHが8.2のときになります。

一方、pHメーターから中和点をもとめると、pHが7.0のときになりますよね?

どちらの点を中和点として採用すればよいのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

いわゆるpHジャンプの域内ですので、ほとんど差は無いはずです。
1.pH電極を平衡になったするまで溶液を撹拌すると二酸化炭素を吸い込みpHが下がってしまいます。
2.フェノールフタレインの場合「慣れれば」非常に薄い赤色で止められます。
両者の差が非常に大きく、二酸化炭素の影響を無視できる環境を作り上げればpH電極の値が正しいと言えます。
通常は標準的な手順を採用するので、フェノールフタレインを使って問題は起きないはずです。

Q実証経済・規範的経済の意味

こんにちは
実証経済学(positive economics)と規範的経済学(normative economics)のそれぞれの意味を大まかでいいので教えてください。
単純な質問でごめんなさい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実証経済学とは「~である」という記述(特に統計データ収集)を行う経済学で、これに対し、規範経済学とは「~であるべき」というスタイルを取るものです。例としては、「今の日本は、所得税などの直接税より消費税などの間接税に重きを置くべきだ」などという主張は、後者に当たります。もちろん、実証と規範のどちらが優れていることはなく、どちらの視点も必要です。

Q【レポート】参考にしたサイトはどう書けば?

大学で出題されたレポートを作成しています。

参考文献というか、参考にしたサイトはどうリストアップすれば良いのでしょうか?
調べても、本に関することしか見つからず、アドレスを長々と書いて良いのかどうかもよくわからず・・・。

これで質問内容は伝わるでしょうか?
よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

基本的には本と同じです。
アドレスを載せてください。
その時に、そのホームページのタイトル、
あなたが接続した日を書いてください。

きれいに見えるようにトップページ…ではなく、
ちゃんと参考にしたページを書いた方がいいですよ!!

たとえば、この質問のページだったら、
「教えて!goo」【レポート】参考にしたサイトはどう書けば?
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1417394
2005年5月29日接続

という感じです。

Q外国の考古学を勉強したい!

こんにちは。
私は今高校2年生で、進路について悩まされています。うちの高校はエスカレート式で、中の上ほどの成績を保っていれば、受験しなくても付属校のようにそのまま大学推薦がもらえるのですが、私は受験しようかと迷っています。その理由が、うちの大学にいきたい学部がないんです。
私は、昔、アメリカに住んでいて、そこの教育課程で、西洋考古学(ナスカ、インカ、エジプトなどなど)を頻繁に習いました。それで考古学に魅了されて、大学でも考古学を勉強したいと思ったんですけど、うちの大学には文化史学科しか、歴史を勉強するところがないんです。
どなたか、西洋考古学を勉強するのに良い大学をご存知ありませんか?
よく聞くのが早稲田大学なんですけど、どうもあそこはエジプト考古しかやっていない気がするんです。私はどっちかというとペルーなどを勉強したいんですけど、早稲田でもエジプト以外のものを勉強できるんでしょうか?
考古学には英語力が必要、と頻繁に言われてますが、アメリカで考古学を勉強していたので英語力には自信があります。とりあえず、大学の難易度は気にせずに、大学の名前だけ挙げて下さると嬉しいかも・・・(難易度は自分で判断します)

こんにちは。
私は今高校2年生で、進路について悩まされています。うちの高校はエスカレート式で、中の上ほどの成績を保っていれば、受験しなくても付属校のようにそのまま大学推薦がもらえるのですが、私は受験しようかと迷っています。その理由が、うちの大学にいきたい学部がないんです。
私は、昔、アメリカに住んでいて、そこの教育課程で、西洋考古学(ナスカ、インカ、エジプトなどなど)を頻繁に習いました。それで考古学に魅了されて、大学でも考古学を勉強したいと思ったんですけど、うちの大学には...続きを読む

Aベストアンサー

 考古学が好きな人が増えると嬉しいですね。

 高校2年生とのことですが、ハイスクールの一般教養で、考古学入門を学ばれたのでしょうか? これはアメリカ大陸の南のほうの文化を学ぶため、考古学を切り口にしたのだと想像します。まちがっていたらごめんなさい。

●日本語で学ぶほうが楽なら国内で進学を

 考古学は、どの学問でも同じだけれど、学問として基礎となる考え方をしっかり身につけることが大切です。ほかの学問と比べた特徴。
1)最初に、資料・遺物の取り扱いを学ぶために時間を割くこと。
2)その知識を身につけてから、現場で発掘。
 1)については、国内で進学することを勧めます。以下に書くとおり、自分のプロジェクト企画ができるのは、修士(大学院)に進んでからです。大学1~2年生で身につける一般教養と考古学の基礎知識は、いかにしっかり身につけるかが大切です。
 基本の概念を学びながら、ペルーの研究に関する英文の雑誌・研究発表を読むと、効率がよいと思います。

 学校を選ぶ基準として、二つ、頭においてください。考古学は、いろいろな分野の知識があると、どんどん面白くなります。
・一般教養で比較文化・人類学・歴史学が学べる大学。
・修士(Master)か博士(Doctor)を取る道がある大学。

 二番目の条件。将来、考古学者になるため発掘プロジェクトの立案をしたいなら、発掘助成金の申請などは四年制大学を卒業しただけでは応募条件を満たさないからです。

●情報の集め方

 ペルーに興味があるということですが、たぶんインカ帝国のことをさしているのですね。研究会のウェブサイトを見ると、日本国内のどの大学で、どんな先生が何を研究されているかわかります。その人が教える大学へ進む方法はどうでしょうか? 会員になると、研究発表を聞くこともできます。
http://www.h6.dion.ne.jp/~andes/

●インカ、アンデスの遺跡出土品の保存に尽くした日本人

天野博物館友の会 2005年度 講演会
http://www.peru-japan.org/Anews.html
 講演会がちかぢか開かれるとのこと。ペルー大使館のサイトで情報を見てください。上記と同じで、同じ興味を持つ人に会って話を聞くチャンスです。

●アメリカの大学で働く日本の考古学者

http://www.siu.edu/~perspect/02_sp/shimada.html
 ペルー研究の学者に尊敬される方です。

 失礼を承知で、ここからちょっときついことを書きます。大人ぶって上から物を言うような印象を受けたら、許してください。

(A) あなたが考える考古学はどちらですか?

 というよりも、次の両方どちらも学ぶのが「考古学」だと考えていますか? 大学によって、現場での作業をカリキュラムで重視しているのか、すでに豊富な資料・遺物を持っているから、それを研究するのか、特徴があります。
 1) 現場での発掘に参加したい。
http://www.meiji.ac.jp/bungaku/course/archaeology/curriculum.html
 2) すでに発掘された資料から、その遺跡をめぐる文化史を考えたい。
http://www.flet.keio.ac.jp/dep/aande.html

(B) 考古学の大まかな仕事を、一度、体験してみては?

 英語に不自由がないなら、学校の休みを利用して、海外の発掘ボランティアに参加することも有意義です。同じ興味を持つ人たちに会えるし、発掘がどんな仕事かわかります。ペルーの考古学現場へ!
 発掘→遺物整理(掘り出したものを記録する)→保管(空気中でいたまないようにする)→分析(作られた年代や使われ方を調べる)など、プログラムによって課題と参加条件が異なりますから、確かめてから参加してください。

・英語の解説(2006年のプログラムあり)
http://search.atomz.com/search/?sp-q=peru+archaeology&Submit1=Search&sp-a=0001233a-sp00000000
・英語の解説(2005年のプログラムあり)
http://www.earthwatch.jp/project/projectlist/world/6_sa/perus_wari_empire.html

●大学院からアメリカに留学する場合
http://andes.exblog.jp/pg/blog.asp?eid=a0007579&iid=15&acv=&dif=&opt=2&srl=2041277&dte=2004%2D10%2D05+03%3A33%3A00%2E000
 日本で大学進学をするとして、国内で考古学の基礎を固めておき、大学3年生もしくは修士から海外留学を考える方法はどうでしょうか。
 あなたがいままで、アメリカで教育を受けた期間が長いなら、大学から海外を志望することもできますが、学費その他、経済的な負担をどうするのか、考えてくださいね。アメリカ国籍がない場合、学費はアメリカ人学生の2倍近くかかることもあります。

 考古学が好きな人が増えると嬉しいですね。

 高校2年生とのことですが、ハイスクールの一般教養で、考古学入門を学ばれたのでしょうか? これはアメリカ大陸の南のほうの文化を学ぶため、考古学を切り口にしたのだと想像します。まちがっていたらごめんなさい。

●日本語で学ぶほうが楽なら国内で進学を

 考古学は、どの学問でも同じだけれど、学問として基礎となる考え方をしっかり身につけることが大切です。ほかの学問と比べた特徴。
1)最初に、資料・遺物の取り扱いを学ぶために時間を割くこ...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。


人気Q&Aランキング