最近、なぜか手のひらから汗がよく出るようになりました。
滴り落ちるほどではないですが、マウスや、持ってるものにちょっとした水滴がつくぐらいです。
昔はアトピーでカラカラに乾いて困ってたぐらいなんですが、いまは潤いたっぷりですね。

特に気にはしてないんですが、メカニズムが気になって調べたら、
精神的に緊張してると起こるとか、ストレスを抱えてるとか書かれていたので、自覚がないのでほんとかいな?と疑問に思ったんです。

例外はあるとして、大体の場合はストレスなんでしょうか?
車運転してる時とか、パソコン作業中は特に増えますが、それ以外でも日常的に湿ってるんですよね。
自律神経失調症でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

手掌多汗症っていうのですが、交感神経の緊張で発生します。


冷や汗や鳥肌と同じ仕組みで、自分の意志に関係なく、反射運動で発生します。
常に湿っているのは、何かしらのストレスに反応している自律神経失調症のひとつです。
胸部交感神経節焼灼術という外科手術をすると手汗は治るのですが、代償性発汗という他の部位が異常発汗するために、足の裏がいつもびしょびしょになったりして、近年、医療訴訟が増えていて問題になっています。

人間以外の動物には、身体に汗腺のない動物が沢山います。
犬も猫も全身には汗腺がないため、舌を出して体温調節したりするのですが、奇蹄目(馬など)以外は、みんななぜか足の裏にだけは汗腺があるのです。肉球は汗腺が肥大したものなので、興奮すると湿って肉球の形に足跡がつきます。
    • good
    • 0

交感神経が働くと戦闘状態になって武器を持っても握っても滑らないために手のひらに汗をかくようになると本に書いてあります。

なるほど思いますが、木の枝を握るときでも同じように考えれるのかなと思いました。何かに集中しているときというのはストレスに限らないのかとも思いました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング