人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私はソフトボールをやっています。高校2年です。中学時代は水泳をやっていました。つまり高校からソフトを始めたのですが、最近肩をまわすとゴリゴリという怪しい音がします。そのほか、ポキポキといった音もします。
ポキポキといった音は肘からも聞こえます。
キャッチボールをすると肩は本当に痛いです。部活後冷やしてはいます。肘はスローイング時にも痛くなりますが素振りをしていてもいたくなったりします。肘のストレッチなどをやっているのですが一向に変化はありません。

 これは野球肩、野球肘というものなのでしょうか。聞こえる音は何なのでしょうか・・・。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

症状を聞く限り野球肩、野球肘と言われるものだと思います。

ソフトボールでも野球と同じようにボールを投げますから肩やひじに負担がかかります。

ただし、ふつうは痛みが出るのは肘か肩どちらか一方です。両方痛みがあるという事はだいぶ状態が悪化していると思います。ゴリゴリ・ポキポキ音がするのも関節の軟骨が痛んでいる証拠だと思います。
痛みが引くまでは送球を中止して筋力強化をする良いと思います。

ソフトボールをやられていますが、野球肩・野球肘と同じような治療・リハビリを行うのがベストだとおもいます。
自分が参考になったサイト
http://yakyuu-japan.com/(野球肩・野球肘~専門家に聞け~)
    • good
    • 1

整形を受診すると原因が分かるかもしれません。


整骨院なら電気の後にマッサージしてもらえます。保険外では整体、カイロ、マッサージ、鍼灸院等なんかも御座います。お大事に
    • good
    • 0

ゴリゴリ、ごきっってクリック音は、筋肉や腱がどこかに擦れて音が鳴ります。


肩の場合は棘上筋とかいわゆるローテーターカフのどれかが鳴ってます
痛みが治まるまでは練習やめといた方がいいですよ、診断書一筆書いて渡したいところですが。
オーバーユーズによる肩の痛みなら安静、冷却でOKです。
とにかく安静に。2週間くらい安静で、それでも痛ければ整形外科へどうぞ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肩回りのゴリゴリ音

僕は大学野球をしているんですが、
ある日ピッチング練習を
している際

急に、肩に違和感ができ、その日以降、
肩がとても重くなり、
肩を横に上げたら、
ゴリッと音がして痛みが走ります。


一度、
針治療に行き、
カイロプラクティックで
骨は矯正したんですが、
未だに肩を上げたり、
ゆっくり回したり、
手を肩の高さくらいまで
横にあげたら、
骨が鳴ってたまに痛いです。


これは、どういう治療をしたら良いのでしょうか?


どういう病気なんでしょうか?


怖くて、夜も眠れません


教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

 
 病医院に行って下さい。
 特に整形外科、スポーツ外来をやってるようなところを。
 
 鍼灸院やカイロプラクティックは病医院(医療)ではありません。
 
 効果は否定しませんし、当方素人ですから適当なことは言えませんが(「診療」「治療」をして良いのは日本では「医師」だけですので)、
 その肩を庇う動きをされている内に別の箇所を怪我するか、年を取ってから響きますよ。
 
 間違っても鎮痛剤でやり過ごそうとされたり(薬に慣れて将来的に効かなくなります。また、薬も異物なので肝臓に負担が掛かります)、
 痛くなくなったので放置(内部で損傷等あった場合、そこが癒着して治療し難くなります)などなされませんよう。
 
 お大事に。
 

Qボールを投げると肩が痛い・・・

年に数回、遊びの草野球に参加しているのですがボールを投げると肩に激痛が走り、キャッチボールもままなりません。遠投なんてもってのほかです。

10年ぐらい前、部活などでバリバリ野球をやっている時は、肩の痛みなど当然ありませんでした。部活引退の時まで痛みなどは全く無かったので、ブランクが長いからだと思います(ここ数年は、何の運動もしていなかったので)。

現在28才ですが、昔の様にとはいかないまでも、痛み無く野球できるようになりたいです。

これは一種の病気なのでしょうか?そともトレーニング次第では克服できるのでしょうか?

アドバイス御願い致します。

Aベストアンサー

私も全く同じ経験をしました

私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました

まずは柔軟から始めました
1週間、風呂上りに30分間じっくりやります
この時肩だけでなく全身の柔軟をします
(投げる時に使う筋肉は肩だけではないので)
内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました

その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました
これはなるべく食事前に50~100球程度行いました
(運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)

この時に時間が許せば風呂上がりの柔軟も合わせてやっていました
また、この2週間は1球もボールを投げませんでした

そして2週間ぶりの野球にはやる気持ちを抑え
短い距離でじっくり、フォームを気にしながら
キャッチボールを行いました
全く肩に違和感はありませんでした

その後も柔軟はなるべく続け
キャッチボールもじっくりやるようにはしてますが
いまだに肩が痛くなったことはありません

この方法が確実にいいとは言えませんが
良かったら試してみてください

私も全く同じ経験をしました

私は病院嫌いだったので日体大卒の友人に相談しながら克服しました

まずは柔軟から始めました
1週間、風呂上りに30分間じっくりやります
この時肩だけでなく全身の柔軟をします
(投げる時に使う筋肉は肩だけではないので)
内容はよくある柔軟に加え、物にぶら下がるだけの柔軟をしていました

その後1週間、タオルを使ってピッチング練習をしました
これはなるべく食事前に50~100球程度行いました
(運動後10分以内に炭水化物を摂取する事で効率よく筋肉がつく為)
...続きを読む

Q野球肩がひどい。

小学生から30歳まで野球を続けています。現在は軟式の草野球でピッ
チャーを10年近くやっています。
肩の痛みは学生の頃からあり、長く付き合ってきました。5年ほど前ま
では痛くても投げているうちに痛みが緩和してきてやり過ごすことがで
きましたが、ここ2、3年は5分程度の力の入れ具合で激痛が走り、
全力投球は絶対に無理な状況です。それでもピッチャーですので投げ
なければならず(また負けず嫌いなので)、鎮静剤や解熱剤を信じら
れないくらい大量に服用し痛みを飛ばしています(今ではそれでも
痛いです)。
患部は肩のやや前方。リリースの瞬間が特に痛みます。カーブより
ストレートが痛みます。試合後の1週間は日常生活でも関節がはずれる
感覚(ポキポキと肩関節が鳴る)があり、肩がユルイ感じです。また、
肩が痛くて垂直に上げることができません。
スポーツ整形外科にも行ったことがあるのですが、ゴムトレを薦めら
れるか(インナーマッスル強化)、放置です。

これって、ルーズショルダーなのでしょうか?ゴムトレで治るものな
のでしょうか?分かる方、教えていただけますか?

小学生から30歳まで野球を続けています。現在は軟式の草野球でピッ
チャーを10年近くやっています。
肩の痛みは学生の頃からあり、長く付き合ってきました。5年ほど前ま
では痛くても投げているうちに痛みが緩和してきてやり過ごすことがで
きましたが、ここ2、3年は5分程度の力の入れ具合で激痛が走り、
全力投球は絶対に無理な状況です。それでもピッチャーですので投げ
なければならず(また負けず嫌いなので)、鎮静剤や解熱剤を信じら
れないくらい大量に服用し痛みを飛ばしています(今では...続きを読む

Aベストアンサー

きっとルーズショルダーではないと思います。文章を読む限りでは大変危険な状態なのは確かですが「カーブよりストレートが痛みます。」というのがせめての救いでしょうか。

なぜなら投球フォームを見ていないのでなんとも言えませんがカーブを投げるときの方が投げ方がいいのではないでしょうか?

ストレートはどんな投げ方をしてもある程度の経験者であればスピードは出ますがカーブはよく腕を振らないと曲がりません。言ってみればストレートよりカーブの方が腕をよく振って「抜く」感覚で投げている方が多いからです。

理想はストレートも変化球も同じフォームで投げることなのですが今回ばかりは投げ方が違うことを祈ります。


考えられるフォームの違いでもしかしたら「カーブの方が少し横(ななめ)から投げている」とか「カーブを投げる際、感覚なんですがストレートを投げるときよりも胸を張って腕を遅らせて投げようと意識してる」とかほんの少しの違いでも体にとっては大きな問題です。


インナーマッスル強化なんですがこれは絶対やるべきです!

山の斜面(肩)に家(アウターマッスル)を建てるとき地盤(インナーマッスル)が緩ければ地震(怪我)で家は崩れて(引退)しまいます。これがインナーマッスルが弱くアウターマッスルばかり鍛えている人。

もっとわかりやすい表現があるかもしれませんが・・・。


しかし、ゴムトレといってもゴムの強度?が強いものだといくらゴムでのトレーニングでもアウターマッスルが鍛えられてしまいます。

立花氏のトレーニング方なんですが大きなうちわを使ってのトレーニングはオススメです。

きっとルーズショルダーではないと思います。文章を読む限りでは大変危険な状態なのは確かですが「カーブよりストレートが痛みます。」というのがせめての救いでしょうか。

なぜなら投球フォームを見ていないのでなんとも言えませんがカーブを投げるときの方が投げ方がいいのではないでしょうか?

ストレートはどんな投げ方をしてもある程度の経験者であればスピードは出ますがカーブはよく腕を振らないと曲がりません。言ってみればストレートよりカーブの方が腕をよく振って「抜く」感覚で投げている方が...続きを読む

Q肩の裏の痛み

アドバイスよろしくお願いします。

練習中、力をいれて投げると肩の裏(腕の付け根の裏)が痛くなり、数分腕を上げれない状態になります。ゆっくりフォームを確認すると、腕を体の後ろから上にもってくる時に痛くなります。(説明がわかりづらくてすみません。)

シャドーピッチングのようなことをして(ピッチャーではありませんが)、全力で投げても痛くない投げ方は見つけたつもりなのですが、実践すると痛みが伴います。(きっと力んでいるからだと思います。)

どんなトレーニングをすればこの痛みを解消できるのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

質問者さま、30代半ばということで大変失礼致しました。
中高生によくある症状だったのでついその辺りの年代の
方と勝手に勘違いしておりました。
大変失礼致しました。

さて、実際に痛みが出るのが、二の腕の裏側、肩から延びる筋肉が終わる辺り
ということですが、部位としては肘の少し上あたり、
上腕の裏側ということでしょうか?

また、外の大きな筋肉が痛いというよりは、その内側の
スジが痛いということで、場所がその肘上部あたりということならば、
前回書込みしましたローテーターカフではなく、
肘関節のインナーマッスルと考えていいかと思います。

その場合は肘上部のインナーマッスルを意識しながら
チューブを引かれるとよろしいかと思います。

やり方としては、まずチューブの一方を自分の足で踏み、
下を固定します。
もう一方を手の平が上になるように握り
前回の書込みと同じように肘を固定し
上に引っ張りあげてみてください。

逆方向は上から下に引っ張り下ろすことなのですが、
この場合、前回書込みしたように、投球と同じ状態
(立って肘を体の前に出した状態)で後ろから伸びたチューブ
(一方は後方で固定)を握り、肘を反対の手で
保持しながら行ってください。

または1キロ程度のバーベル、または500mlのペットボトル(中身入り)を使用し、
同じように肘を固定して上下に上げ下ろしします。
(上げる時にはコンセントリック、下ろす時にはエキセントリックとなります。)
上げ下げ時にそれぞれ意識して行ってみてください。

アウターの筋肉強化ではないので、強く引く必要はありません。

痛い部位が間違ってたらすみません。
あと、シュート気味に腕をひねると痛みもさほど出ないということですが、
上腕の外側のインナーマッスルが
ストレートの時と比べて、伸び切らずに済むため、痛みが
軽いのではないでしょうか。

とりあえずの応急処置として、肘を曲げた状態で肘の外側
(肘の尖る場所から上腕にかけて)へキネシオテープを張ってみてください。
貼るときは筋肉が伸びた状態で貼るようにしてください。
また、肘の部位にテープを一周巻きつけるのも効果があります。
(あまり強く引っ張らないように)
接骨院などでやってもらえると一番いいと思います。

ちなみに当方も30代半ばの草野球愛好家です。
30代も半ばを過ぎると、前には考えられなかったくらい
節々に痛みが出るものですね。
(足も遅くなりました・・)

野球は投げられなくなることが一番つまらないと思います。
お互い肩、肘を労わって、ずっと草野球を楽しんでいけるように頑張りましょうね。

#1です。

質問者さま、30代半ばということで大変失礼致しました。
中高生によくある症状だったのでついその辺りの年代の
方と勝手に勘違いしておりました。
大変失礼致しました。

さて、実際に痛みが出るのが、二の腕の裏側、肩から延びる筋肉が終わる辺り
ということですが、部位としては肘の少し上あたり、
上腕の裏側ということでしょうか?

また、外の大きな筋肉が痛いというよりは、その内側の
スジが痛いということで、場所がその肘上部あたりということならば、
前回書込みしましたローテ...続きを読む

Q野球肩なんですが・・

 野球をずっとしております。3年ほど前に急に肩が痛くなり無理をして投げておりましたが、思いっきり投げることが出来なくなってしまいました。使わないようにしたり、色々やってみましたがいっこうに良くなりません。年齢的にも34歳になりあと1・2年が限界かなと考えておりますが、最後にもう1度思いっきり投げてみたいと思います。そんな症状から完治された方がおりましたら、経験談でもよろしいので教えていただけいただきたいと思っています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私は、現在51歳です。
最初痛めたのは中学3年の時で、それは暫くしたら治りました、
次に痛めたのが高校2年の冬ぐらいだったと思いますが、
高校3年の夏の大会には、塁間を投げるのが限度でした。
それから去年まで、約32年間思いきり投げられませんでした。
去年、足を痛めて接骨院に行き、駄目だとは思いながら、肩の話しをしたら、
診察していただき、肩の筋の位置をちょっと動かされたみたいで、
これで大丈夫と言われました。
今までにも接骨院とか行ってたんですが、そんな昔に痛めたものは治らないと言われていたので、疑ってました。
次の日曜日にソフトボールをしたんですが、こわごわ投げてみたら全然痛くないのです。
今では、生まれ変わったような気分です。
あなたの症状が私と同じかどうかわかりませんが、一度接骨院へ行ってみたらどうですか?
治らないと言われても、諦めずに違う接骨院へ行くことをお薦めします。

Qと投球時の前肩の痛み

趣味で野球と水泳をしています。


水泳は去年の11月ごろに始めたばかりで、今年の1月ごろになって1キロ弱泳げるようになりました。

ですが、そのころから同時に泳ぎ(クロール)終わった時に肩の前部に痛みを感じるようになりました。

1番酷い時だと肩を水平にしてそこから上にあげるだけで痛みを感じました。

このような痛みが2週感ほど続いたので水泳はしばらくやめていました。



このことを水泳部の友人に相談したところ、クロールの肩の使い方が悪いため、その事が原因で肩が痛むのだろうとのことで、正しい肩の使い方を教えてもらいました。



その後、日常生活では肩の痛みを感じなくなってからまた水泳を再開しましたが、教えてもらった通りに泳いだところ、肩の痛みを感じることはなくなりました。




ここからが本題なのですが、水泳のときは肩の痛みを感じなくなりましたが、今度はもうひとつの趣味である野球をする際に肩の痛みを感じるようになってしまいました。


痛みがあるのは投球動作の腕を後ろから前に振りだす時点で、痛みのせいで力を入れて投球することができません。

この症状をネットで調べたところ、slap損傷、肩関節唇損傷、というワードが出てきました。
これについて調べてみると、保存療法で良くならないときは手術が必要とありました。
もう肩が痛くなって4ヵ月ほどたちますが、これだけたって良くならないということは、上記の症状だと診断された場合、手術以外では肩の痛みは完治しないのでしょうか?

趣味で野球と水泳をしています。


水泳は去年の11月ごろに始めたばかりで、今年の1月ごろになって1キロ弱泳げるようになりました。

ですが、そのころから同時に泳ぎ(クロール)終わった時に肩の前部に痛みを感じるようになりました。

1番酷い時だと肩を水平にしてそこから上にあげるだけで痛みを感じました。

このような痛みが2週感ほど続いたので水泳はしばらくやめていました。



このことを水泳部の友人に相談したところ、クロールの肩の使い方が悪いため、その事が原因で肩が痛むのだろうとのことで、正...続きを読む

Aベストアンサー

もともと投動作にせよクロールにせよ肘の挙がらないフォームだったのだと思われます。それがクロールの正しいフォーム習得により、つまり、肘からのリードがある適正な肘の挙げ方を覚えた、と。ところが、既に身に付いてしまっていたであろう、肘が下がったままの、まあ、余り適正とは言えない独特な投フォームにも無意識に修正が加えられた、と。そして、今までの投動作とは違う部分の筋・腱、靱帯とかに負荷が多大にかかり、その結果、痛めたということだと思います。

毎日沢山の投動作を要求される本格的な野球ならば、肘を挙げて上から放るということは大切ですが、趣味程度のものなら、スリークォーターとか、横から、投手なら下から放れば良いと思いますし、もし、マスターできるものなら、スナップスローをやれば、それが肩の負担を少なくしますね。

肩の前部の痛みというのは、たいていの場合、上から放れない人に、無理に上から放らせた時に発症しがちです。ですから、少年野球では、無理に肘を挙げるよう指導していないのか、今時の殆どの少年野球投手の肘は下がっています。肩前部の痛みは、もう、一生もので完治はしません。腕立て伏せの際にも痛みが走ったりしますしね。しかし、投手なら下から放ること、野手ならスナップスローをマスターすることで草野球は乗り切れます。

余り推奨は出来ませんが、私の場合、高負荷ウエイト(ベンチプレス)をやりこんでいるうちに、知らず知らず肩の痛みは消えました。

もともと投動作にせよクロールにせよ肘の挙がらないフォームだったのだと思われます。それがクロールの正しいフォーム習得により、つまり、肘からのリードがある適正な肘の挙げ方を覚えた、と。ところが、既に身に付いてしまっていたであろう、肘が下がったままの、まあ、余り適正とは言えない独特な投フォームにも無意識に修正が加えられた、と。そして、今までの投動作とは違う部分の筋・腱、靱帯とかに負荷が多大にかかり、その結果、痛めたということだと思います。

毎日沢山の投動作を要求される本格的な野...続きを読む


人気Q&Aランキング