The special mixture of cultures that is Hawaii also gives the individual more opportunities for different cultural experiences.

The special mixture of cultures (that is Hawaii)/ also / gives/ the individual/ more opportunities = for different cultural experiences.

ハワイである文化の特別な混合したものは、個人に与える、異なる文化体験のより多くの機会を。

ハワイの特別な混合文化は異文化体験の多くの出会いを個人に与えてくれる。

この訳、あまり上手くはないですが構造としては問題ないですか?

A 回答 (1件)

ハワイと呼ばれる独特な文化の混合体は、他文化を経験するより多くの


機会をも各個人に与える。

この回答への補足

素晴らしい訳。。

文中のforは
She looks young for her age.を考えればわかりますね。
彼女が若いというのをher ageに照らしているのと同じように、
different cultural experiencesに照らしているのですね。
しかもmoreも付いているので。
=(イコール)は誤解でした。

補足日時:2009/09/22 21:48
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「the experienced pilot」のexperience は他動詞だと思いますが、この分詞形容詞の意味は 「受動的」ですか?

分詞は、名詞の前に置いて直接名詞を修飾する事ができます。

・他動詞の過去分詞は受動的な意味を表す。
 the broken window
→The window is/was broken.
→Someone has broken /broke the window.

(分詞の句⇔受動態⇔能動態 にすると時制が微妙になりますね。
 時制が間違っていたらすみません)

・自動詞の過去分詞は完了的な意味を表す。
 the retired officer
→The officer has retired.

と理解しています。

問題の「experience」は複数の辞書で確認したところ全て他動詞しか載っていませんでした。

という事は、

the experienced pilot (経験豊かなパイロット)
→☆The pilot is experienced.
→★Something/Someone experiences the pilot.

が成り立つのでしょうか。

☆はOKなのはわかりますが
★は・・・こういう言い方をするのでしょうか。

わかる方ご教授ください。

分詞は、名詞の前に置いて直接名詞を修飾する事ができます。

・他動詞の過去分詞は受動的な意味を表す。
 the broken window
→The window is/was broken.
→Someone has broken /broke the window.

(分詞の句⇔受動態⇔能動態 にすると時制が微妙になりますね。
 時制が間違っていたらすみません)

・自動詞の過去分詞は完了的な意味を表す。
 the retired officer
→The officer has retired.

と理解しています。

問題の「experience」は複数の辞書で確認したところ全て他動詞しか載って...続きを読む

Aベストアンサー

>他動詞の過去分詞は受動的な意味を表す。

 これは大原則で間違いのないことです。しかし、「誰が(何が)~されるのか」という関係を正しく理解することが必要です。

 (1) The man broke the window.
   → The broken window.(○)
   → The brokwn man.(×)

 上記の「broken」は、もともと「break」の目的語である「window」にかかる場合に「受動」の関係を持ちます。

 決して「break」の主語である「man」にかかるわけでもないし、それゆえに「受動」の関係を持っているわけでもありません。

 (2) The man experienced the hardship.
   → The experienced hardship.(○)
   → The experienced man.(△)

 (2)において「experienced」という過去分詞は「experience」の目的語である「hardship」にかかった場合にのみ「受動」の意味を表します。もっとも、その意味は「経験された」ではなく「耐えられた(耐えてきた)苦難」という意味になります。

 この「experience」を主語である「man」につけても「受動」の意味を含まない、というか「man」につけることができないことは明らかです。

 では、「The experienced man」という表現はどのように考えれば良いのでしょうか。

 これは、「名詞+ed」は「~を持った」という意味の形容詞をつくる、という別のルールで考えるべきです。この場合の「experienced」は過去分詞ではありません。

 (3) a bearded man
 (4) a blue-eyed girl
 (5) an experienced man

 ご参考になれば・・・。

>他動詞の過去分詞は受動的な意味を表す。

 これは大原則で間違いのないことです。しかし、「誰が(何が)~されるのか」という関係を正しく理解することが必要です。

 (1) The man broke the window.
   → The broken window.(○)
   → The brokwn man.(×)

 上記の「broken」は、もともと「break」の目的語である「window」にかかる場合に「受動」の関係を持ちます。

 決して「break」の主語である「man」にかかるわけでもないし、それゆえに「受動」の関係を持っているわけでもあ...続きを読む

Qこのthe moreの用法は?:It won't leap out the more you look at it.

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Josephine Cox著のThe Beechcomberを読んでいます。

その中でこんな文がありました。

背景:引越しをするKathy。 タクシーを使って駅までに。 とんでもない重さの旅行カバンを持っているKathyにタクシー運転手は、とても親切心で運んであげる気に成れず、ポーターを駅で探すことを提案する。 Kathy駅でポーターを見つける。 タクシーの運転手、そのポーターの貧弱そうな体格をバカにして、トランクから取り出せたら、Kathyの運賃は只にしてやると言う。Kathyはその申し出を受ける。 ポーターがすこし間をとっていると、運転手は冷やかして言う、Go onと笑いながら言いさらに、こう付け加える。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
It won't leap out the more you look at it.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この文章の意味自体は、「どんなに見つめたって、飛び出して来やしないよ。」だとおもうのですが、

the more you look at itの部分の文構造が良く分かりません。

なんだか、the+比較級、the+比較級の「~~~すればするほど、ますます…」みたいにThe+比較級がありますが、 その感覚で「どんなに見つめたって」という感覚なのでしょうか? 一つだけでThe+比較級って使えるんでしょうか? それとも全く別の用法でしょうか?

教えてください、よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、Josephine Cox著のThe Beechcomberを読んでいます。

その中でこんな文がありました。

背景:引越しをするKathy。 タクシーを使って駅までに。 とんでもない重さの旅行カバンを持っているKathyにタクシー運転手は、とても親切心で運んであげる気に成れず、ポーターを駅で探すことを提案する。 Kathy駅でポーターを見つける。 タクシーの運転手、そのポーターの貧弱そうな体格をバカにして、トランクから取り出せたら、Kathyの運賃は只にしてやると言う。K...続きを読む

Aベストアンサー

想像されているように the+比較級 の応用、というか拡大解釈のようなものではないでしょうか。見たことがないので多分標準的ではないのかもしれません。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5113184.html

この質問でも書いていますが、the 比較級の文、例えば

The more you have, the more you want.
持てば持つほど欲しくなる。

の前後を逆にすると You want the more the more you have. とするのが本来ですが実際には You want more the more you have. のように前の方(決定される方)の the は落ちることがあります。
これは本来 the... the... の相関関係にあったものが、位置を入れ替えると後ろの方(決定する方)の the 比較級が、たとえば as のような、接続詞的な感覚を持ってしまったのではないかと想像されます。

すると比較級を持たない節に対しても接続詞的に働くような錯覚(非標準ではないか、という意味で錯覚としましたが、これが認められるようになれば錯覚ではないわけです)を持つようになり、「見つめるにつれて飛び出してくるということはないだろう」→「見つめたからといって飛び出しては来ない」となるのではないでしょうか。

あくまで類推ですが、いかがでしょう。

想像されているように the+比較級 の応用、というか拡大解釈のようなものではないでしょうか。見たことがないので多分標準的ではないのかもしれません。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5113184.html

この質問でも書いていますが、the 比較級の文、例えば

The more you have, the more you want.
持てば持つほど欲しくなる。

の前後を逆にすると You want the more the more you have. とするのが本来ですが実際には You want more the more you have. のように前の方(決定される方)の the は落ちる...続きを読む

Qthe more the more で名詞を連れてくる表現

the more the more で名詞を連れてくる表現


the more the moreの構文で何故名詞が引っ張られてmore のあとにくるか解りません。
説明には数量形容詞は修飾する名詞と切り離せないとありましたがよくわからないです

Aベストアンサー

具体的に作ってみましょうか。

you have much money

you will be happy

これらをもとに、
「人はたくさんのお金を持てば持つほど、うれしくなる」
という文を作ってみると、

The more money you have, the happier you will be.

the 比較級はそれぞれの節で前に出るわけで、
much money という目的語がひとまとまりとして
the more money 全体が前に出るのです。

もともと much money でまとまりですし、
こういう目的語の部分がまとめて前に出るということです。

Q英文法:The more I see of men, the more I love dogs.のofの文法的必要性とニュアンスをおしえてください。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、William Harrington著の刑事コロンボ THE HOOVER FILESを読んでいます。

その中で、変わったofの使い方が出てきました。

背景:元犯罪者のもとを元FBIがたずねる。 元犯罪者はビックリするが、70代の爺さんをみて、「考えてみりゃ、警察として訪ねて来たんじゃないよね?」と気づき、こう言う。

~~~~~~~~~~~上記の本から引用~~~~~~~~
The less I see of the government, the better.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

比較表現のthe+比較級, the+比較級の表現で「行政機関を見なければ見ないほど、気持ちがいい。」という意味だと思いますが。  何故"see of"とofが付くのか分かりません。

検索してみたら、この言い回しの元ネタらしき諺を発見しました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
# The more I see of men, the more I love dogs.
《諺》人間を見れば見るほど犬が好きになる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://eow.alc.co.jp/%22see+of/UTF-8/

でも結局なんで、ofが付くのか分かりません。 むしろof無しの方が自然に感じられます。 文法的にこのofは何でしょうか?

よろしくお願い致します。

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、William Harrington著の刑事コロンボ THE HOOVER FILESを読んでいます。

その中で、変わったofの使い方が出てきました。

背景:元犯罪者のもとを元FBIがたずねる。 元犯罪者はビックリするが、70代の爺さんをみて、「考えてみりゃ、警察として訪ねて来たんじゃないよね?」と気づき、こう言う。

~~~~~~~~~~~上記の本から引用~~~~~~~~
The less I see of the government, the better.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~...続きを読む

Aベストアンサー

>→ As I see much of men, I love dogs more.

 「As I see more of men, I love dogs more.」の方が良いですね。

 この場合の「much」は名詞で「たくさん」という意味です。「Do you see much of him?」と言えば「Do you see him often?」のことです。

 「little」にすれば「わずか(しかないもの)」という意味の名詞です。「see much/little of ...」の目的語には「人」が普通ですが、「物」がくれば「・・・のことをよく知る/・・・のことをあまり知らない」と訳せば良いでしょう。

 ご参考になれば・・・。

QThe opportunities and leisure attractions of the t

The opportunities and leisure attractions of the towns are too tempting

翻訳してください

Aベストアンサー

街でレジャー施設に接する機会がどれほどの誘惑であることか。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報