「お悔み申し上げます」と「ご冥福をお祈りします」を使う対象は
どちらかが故人で
どちらかが遺族ですよね?

どちらがどちらかわからないので教えてください。
よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

簡単に言います



「お悔み申し上げます」=ご遺族にかける言葉

「ご冥福をお祈りします」=故人や遺影に向かってかける言葉
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2009/09/24 22:13

僕は「お淋しくなりましたね。

何かあったら遠慮なく申して下さい」と
言うようにしています。以前は質問文の言葉を使っていましたが、ある
時に近所の方が、「相手が気を落とすような言葉は使わない方が良い。
決まり文句を言ったって、相手の悲しみは増すだけだから」と言われた
事があり、それ以来から今の言葉を使うようになりました。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

そうですね。
あまり形式ばっててもしょうがないですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/09/24 22:13

亡くなった方を、「Aさん」とします。



・「(Aさんのご逝去を)お悔やみ申し上げます。」
 これは、遺族の方に言います。
 「故人」の死去を「悔やむ」気持ちを自分が述べる、ということです。

・「(Aさんの)ご冥福をお祈りします。」
 これも、遺族の方に言います。
 「故人の冥福」を、自分が祈るということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どちらも遺族に対して使えるのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/09/22 23:24

お使いの辞書には記載がありませんか?



お悔やみ…人の死を惜しみ、残った人に慰めの言葉をかけること。また、その言葉
冥福…死後の幸福(つまり冥福を祈る、は故人の死後の幸福を祈る、の意)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。助かります。

お礼日時:2009/09/22 23:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「冥福を祈る」の使われ方

NHK またどこの放送局、新聞等でも死亡ニュースで「冥福を祈っておりました」との表現が使われます。
冥福は(仏教)冥土(死後の世界)に行った人の幸福、と理解していますが間違っていたら教えてください。
使う方としては他に表現する適当な言葉がないのか、便利な言葉ではあるし。
神道の人いればキリスト教の人も、無宗教の人もおります、全部この言葉で表現していいのか、いつも疑問に思っておりました「冥福を祈る」と言う言葉の使われ方。
多くの日本人の宗教観なんてなんでもありだから別に気にする事でもないか。
外国(他の宗教)ではニュースなどではこんな時はどのような言葉で表現すのか教えて下さい。

Aベストアンサー

「冥福」は厳密な仏教用語ではありません。
 まず仏教語で多くの人が勘違いされることが、仏典をインド語から漢語に翻訳する際に、仏教とは本来異なる概念の言葉をもって、漢訳されることが多くあります。そのような漢訳経典が日本に伝わっているのです。例えばインド語で、パドマ・ウッパラ・クムダ・フンダリキャなどとそれぞれ区別される花は、漢訳経典ではすべて「蓮華」と訳されます。しかし厳密にはパドマはスイレン(ヒツジグサ)であり、フンダリキャはハスです。このように翻訳には混乱が生じやすいということをご承知おきください。
 「冥福」は、死後の幸福を意味する単語で、北魏(南北朝時代)の正史である『魏書』「崔挺伝」に「八関斉を起こし、冥福を追奉す」とみえます。また弘法大師の青年期の書である『三教指帰』にも「冥福を廻らす」とあるので、日本でもかなり早い時期にこの単語が用いられていたでしょう。特に日本では、仏典とともに漢文の書物・単語が伝わっているので、本来は仏教用語ではない単語が、仏教語と認識されて用いられることが多くあります。
 さて、「冥(mfng)」ですが、漢語では「くらい(暗い)」「よる(夜)」「ふかい(深い)」などを意味する文字です。そこより転じて“地下”や“死後”“神仏の利益”などを意味するようにもなりました。よって幽冥・冥土・冥福などで用いる「冥」は、“死後”を意味する一般用語であって、特定の宗教・信仰に限定される言葉ではありません。
 

「冥福」は厳密な仏教用語ではありません。
 まず仏教語で多くの人が勘違いされることが、仏典をインド語から漢語に翻訳する際に、仏教とは本来異なる概念の言葉をもって、漢訳されることが多くあります。そのような漢訳経典が日本に伝わっているのです。例えばインド語で、パドマ・ウッパラ・クムダ・フンダリキャなどとそれぞれ区別される花は、漢訳経典ではすべて「蓮華」と訳されます。しかし厳密にはパドマはスイレン(ヒツジグサ)であり、フンダリキャはハスです。このように翻訳には混乱が生じやすいと...続きを読む

Q「ご冥福をお祈り」してはいけない場合がある?

人が亡くなると、哀悼の意を表すため「ご冥福をお祈りします」といいます。
しかし、ある調べ物をしていて、これは誤りだと主張する人がいた覚えがあります。
逆に死者を侮辱する心無い言葉だと。(浄土真宗だったような…)
なので私はこの言葉を素直に使えなくなってしまいました。

亡くなった人への哀悼の気持ちがないわけではなく、ちゃんといいたいのだけれど、
このことが頭をよぎって「どういったらいいのか」と悩んでしまうのです。

素直に使って、いいものなのでしょうか。

また、仏教以外の神道やキリスト教などではどうすればいいのか、
という疑問もあります。

Aベストアンサー

弔辞に「他界、永眠、天寿、天命」などの言葉が多用されますが、どの宗教においても使える言葉ではありません。

「他界(冥界)」については、死後の世界を想定し、目に見えない存在(霊、魂)が行き住む場所を意図する言葉です。
浄土真宗では、悟りの世界(極楽浄土)に往き、生まれるのですから、『往生に素懐を遂げる』という言葉をご遺族は使用します。
「永眠」については、霊として復活する恐怖から、「永遠に目を覚まさないで」との願望も意図する言葉です。
浄土真宗では、極楽浄土で仏となられた故人は、休む暇なく私たちを真実に目覚めさせようとはたらいてくださるのですから「永眠」は不適切です。
従って浄土真宗では、「死」は眠りではなく、確固たる事実なのですから『死去』という言葉をご遺族は使用します。
「逝去」は他人の死の尊敬語です。
死に対する尊敬の部分を抜いた普通の表現は「死去」であります。
「他界、永眠、天寿、天命」などは耳触りが良く、多用されがちですが、前述のように仏教的な用語ではありません。
近親者との別れた悲しみを踏まえ、お念仏(仏法)に遇えた慶びを挨拶に頂戴するほうが、御同朋(仏教徒)として嬉しく思います。弔辞には、浄土真宗の教えにふさわしい用語を使用されることをご提案いたします。◎ 仏教でも、浄土真宗でも、故人の冥福を祈りません。
既にご承知と思いますが、冥福とは、「冥土(冥途)で幸福になる」と言う意味です。そして、この「冥土(冥途)」とは、仏教以外のものの考え方なのです。
つまり、ご遺族に「ご冥福をお祈りします」とご挨拶されることは、「亡くなられた方は、冥土(冥途)へ迷い込んだ」と言うことを意味し、「お浄土の故人を侮辱する無責任で心ない表現」と言えます。
亡くなられた方は、何の障害もなく、お浄土に往かれています。亡くなれば「迷う者」として、「祈る(供養)」と言うことは、果たして遺されたご家族の悲しい気持ちに対してふさわしいものでしょうか。
浄土真宗にご縁が深い方へのご挨拶なら、「○○さんのご冥福をお祈りします」ではなく、「○○さんのご遺徳を偲び、哀悼の意を表します」とか「ご生前のご苦労を偲び 、謹んで敬弔の意を表します」、「お浄土でお遇いさせていただくまで、しばらくのお別れです。長い間お世話になり、有難うございました」など、浄土真宗の教えにふさわしい言葉に言い換えましょう。

*****************************
以上が、インターネットで、検索した内容でした。

すなわち、「ご冥福をお祈りします」と言う言葉が、国内において、宗教を問わず、慣用化しているかどうかなんでしょうね。

ご自分が、浄土宗でもなく、仏教徒でも、ないなら、「ご冥福をお祈りします」を使っても問題は、ないと解釈すべきなんでしょうね。

ちなみに、良く、「天国で、幸せに」などと言いますが、仏教では、天国は無く、極楽ですから、これも、誤用なのかもしれませんが、現代日本では、舶来主義なのか、天国、冥福は、一般的に使うようになったですね。これは、マスコミの放送用語によるものと思われます。献灯と言う言葉も、マスコミでは、キャンドルサービスに、変えられます。古くから、神社仏閣の灯篭などに、献灯は、非常におおく使われていますが、多くの日本人が、生活の中では、使っていないからでしょうね。

結論は、それほど、気にされなくても良いと言う事でしょうか。

弔辞に「他界、永眠、天寿、天命」などの言葉が多用されますが、どの宗教においても使える言葉ではありません。

「他界(冥界)」については、死後の世界を想定し、目に見えない存在(霊、魂)が行き住む場所を意図する言葉です。
浄土真宗では、悟りの世界(極楽浄土)に往き、生まれるのですから、『往生に素懐を遂げる』という言葉をご遺族は使用します。
「永眠」については、霊として復活する恐怖から、「永遠に目を覚まさないで」との願望も意図する言葉です。
浄土真宗では、極楽浄土で仏となられた...続きを読む

Q有名人だけ冥福を祈る

よく、芸能人、有名人が亡くなったニュースを読んだ後アナウンサーが「ご冥福をお祈りします」といいます。

しかし事件、事故などで亡くなった一般人にはほとんど言いませんよね?

一般人には死後の幸福は祈らないって事でしょうか?
一方に言って、一方に言わないということはこうとることもできますよね?

Aベストアンサー

NHKのニュースでは,芸能人・有名人の場合でも,まず言いません。
No.2さんの
「事件・事故の報道に対して、局が個々の見解を示すのは、ニュースではない」
という立場を貫いているのだろうと思います。
私個人としては,このほうがかえってすっきりして良いと思います。

もちろん,ニュース以外の番組で,たとえばレギュラーの出演者とか司会者を努めていた人が急逝したような場合,後を引き継いだ司会者などが「ご冥福をお祈りいたします」というのは自然なことだと思います。

Q「ご冥福をお祈りいたします。」について

亡くなった遺族の方に対して
「この度は誠にご愁傷さまでございました。ご冥福をお祈りいたします。」
と言うのは変でしょうか?

「ご冥福をお祈りいたします。」は故人に対して使う言葉と知ったので
遺族に対してかける言葉としては変でしょうか?

ご教示よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

宗教宗派にとらわれない様にする為には
お悔やみ申し上げます
が正解です
ご愁傷様は仏教のみただし宗派によって使わない
ご冥福を申し上げますは遺族に対して使用しない

Q最後の瞬間に祈るものとは

最後の瞬間に祈るものとは

絶対絶命の瞬間、もはやこれまでと悟った最後の数秒間に祈ることがあるとすればそれは何に祈るのでしょう。
キリスト教徒は神に祈り、仏教徒は仏に祈ると言われていますがはたしてそうでしょうか。
自分を育てた親に祈るというのが一つ考えられます。
あるいはここまで生きてきた自分自身に祈るというのも考えられます。
あるいはこのような状況では祈ることはないというのも考えられます。
しかし最も考えられるのはおそらく人の本能として手を合わせて祈ると思いますが、そのとき祈る相手というのは特に無く、ただ単に祈るというのが本当のところではないでしょうか。
これは誰も分からないこと、本人でさえ知り得ないことだと思います。
皆さんはどう思いますか。
 

Aベストアンサー

サハラ砂漠を1600km、17日間サイクリングしている真っ只中で、
夜明けにリカオンの群れに襲われ、夕闇の中で数人の強盗にボカスカ
殴られて身ぐるみはがれ、無一文になってたどり着いたオアシスで、
翌朝また、その日たどり着けるとも分からない(オアシス間は100km
前後で4駆ならこえられるが、自転車が通れるか聞いても誰も知らず、
また、砂が厚いと1日では越えられず、2日分の水はない僕はOUT)
次のオアシスに向かおうとして、かなり確実に死ぬと思ったけど、
戻るにも同じ距離だし、もう行くしかないと腹を決めてペダルを
踏み出す瞬間、自分の全身の細胞が感じられた―――自分であった喜び、
楽しかった人生への感謝に満たされました。
(人生の終わる時もまた、そのようにありたいと思いながら生きてます)

Q友人の母が無くなり喪中はがきが来てお悔みを出すか?

 10年くらい年賀はがきでのやり取りしかしなくなった友人から 今年友人のお母様が亡くなったらし
 く喪中はがきが来ました。 高校時代の友人で県外に就職していて、こちらも環境も変わり会うことが無かったのですが、毎年年賀はがきを送ってくれる友人で、元気にしてるんだなと毎年思いそのやり取りしかしていません。
  高校時代の印象しか思い出せず、遊びに行ったときにその友人のお母様にご挨拶したことがあり、覚えているのですが やはりまだ亡くなるには早い年代ですし、親が亡くなるという寂しさはいい様がない事と思い、このままそっとしておくか・・それともお悔み状を添えお香典を送るが良いか・・そうするといろいろ相手に儀礼的でも手間をかけさせることになり迷惑だろうかなど
 と一晩寝ずに考え結論がでません。 
  いつもならすぐ決断ができるのですが、私自身その友人は嫌いではないけれどそれを行うことで共通に友人であった人たちと関節的にでも関わる事になりそうな事を知っているため余計なことを
 すべきでは無いとかいろいろ心にあります。
   主人は私の心の葛藤は話さず相談しましたら 出さなくてもよいとはなしてくれましたが、
  もやもやします。
  みなさんはどうなさいますか?
 

 10年くらい年賀はがきでのやり取りしかしなくなった友人から 今年友人のお母様が亡くなったらし
 く喪中はがきが来ました。 高校時代の友人で県外に就職していて、こちらも環境も変わり会うことが無かったのですが、毎年年賀はがきを送ってくれる友人で、元気にしてるんだなと毎年思いそのやり取りしかしていません。
  高校時代の印象しか思い出せず、遊びに行ったときにその友人のお母様にご挨拶したことがあり、覚えているのですが やはりまだ亡くなるには早い年代ですし、親が亡くなるという寂しさは...続きを読む

Aベストアンサー

 正月を過ぎてから「寒中見舞い」を出す。

・突然喪中はがきを貰ってビックリシター!
・オマイの母ちゃんにも色々世話になったナー!
・気を落とさずモマイもガンバレよナー!

 等々を書けば良し。

Q現代でも、「神 ”を” 祈る」は、使われていますか?

古代には、「神 ”を” 祈る」という使い方があったそうです。
私は、「神に祈る」しか聞いたことがありません。
現代でも、「神 ”を” 祈る」は、使われていますか?

Aベストアンサー

>古代には、「神 ”を” 祈る」という使い方があった
 ウーン。そこまで古い時代の文法のことは知らないのでなんとも言えません。先行コメントのリンク先によるとあったようですね。
 このほか、古い時代には「神を祈(こ)う」という言い方があったようです。
http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RCxBvgVChYpQQAXbCJBtF7?p=%E2%80%9C%E7%A5%9E%E3%82%92%E7%A5%88%E2%80%9D&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

「神を祈(ね)ぐ」は現代の辞書にもあります。
https://kotobank.jp/word/%E7%A5%88%E3%81%90-594733#E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.9E.97.20.E7.AC.AC.E4.B8.89.E7.89.88

 ここから類推すると「神を祈る」と言ってもおかしくなかったのかもしれません。
 ただ現代では使わない気がします。


「祈る」には他動詞的な使い方と自動詞的な使い方がありそうですが、「神を祈る」は……。
https://kotobank.jp/word/%E7%A5%88%E3%82%8B-435504#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
==============引用開始
デジタル大辞泉の解説
いの・る【祈る/×祷る】

[動ラ五(四)]《動詞「の(宣)る」に接頭語「い(斎)」が付いてできた語》
1 神や仏に請い願う。神仏に祈願する。「家内安全を―・る」「―・るようなまなざし」
2 心から望む。願う。「成功を―・る」「無事を―・る」
[可能]いのれる
==============引用終了

■他動詞的にな使い方
「家内安全を祈る」「成功を祈る」「無事を祈る」
■自動詞的にな使い方
「祈るようなまなざし」「神に祈る」

>古代には、「神 ”を” 祈る」という使い方があった
 ウーン。そこまで古い時代の文法のことは知らないのでなんとも言えません。先行コメントのリンク先によるとあったようですね。
 このほか、古い時代には「神を祈(こ)う」という言い方があったようです。
http://search.yahoo.co.jp/search;_ylt=A2RCxBvgVChYpQQAXbCJBtF7?p=%E2%80%9C%E7%A5%9E%E3%82%92%E7%A5%88%E2%80%9D&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=&afs=

「神を祈(ね)ぐ」は現代の辞書にもあります。
https://kotoba...続きを読む

Qお通夜に電報を送る際の受取人は故人or遺族? 漢字電報って何ですか?

実家の友人のお父様が亡くなったとの連絡を受けました。実家に帰ることができず、お通夜の日に電報をお送りしたいと思っています。

初めてのことで、不明な点をお尋ねします。

1)電報の受取人は故人宛てで良いのでしょうか?
それとも友人宛てなのでしょうか?
(お父様とはご生前それほど面識がありません)

2)漢字電報と通常の電報の違いは何でしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>1)電報の受取人は故人宛てで良いのでしょうか?
それとも友人宛てなのでしょうか?

普通は、喪主宛てに打ちますが、友人宛てでもいいでしょう。
文面は、友人なら「ご尊父さまの・・・」ですね。

>2)漢字電報と通常の電報の違いは何でしょうか?

呼んで字の如く、漢字電報は文面がかな漢字で、ツウジョウハ、カタカナデス。

Qどういう場合に、「神 ”を” 祈る」ことがありますか?

私は、「神 “に” 祈る」場合が、時々あります。たとえ、神 ”に” 彼の無事を祈ります。
ところで、「神 ”を” 祈る」ことはありません。
質問は、どういう場合に、「神 ”を” 祈る」ことがありますか?

Aベストアンサー

おじさんです。
「どういう場合に、「神 ”を” 祈る」ことがありますか?」
→ご質問に書かれているように、神”を”祈るはありませんね。

Q精進落としでの故人の席と故人の食事

いつもお世話になっています。
先日亡くなった父の四十九日です。故人の座る席の位置や食事の内容などどういった形が一般的なのでしょうか? 今考えているのは、最奥に小さな机と写真に位牌を花で飾って、その前に皆さんと変らないお食事を一通り供えるというような形なんですが・・。
 法事に使える料理屋さんで行うので大丈夫かと思うのですが普通はどういった形にするのかご意見を伺いたく思っています。
一応、真言宗で場所は群馬、僧侶は食事の席にはいらっしゃいません。

Aベストアンサー

 曹洞宗の檀家です。
 お斎のやり方は,地方によって異なり,一般的なやり方というのはないと思います。
 私は京都ですが,父の兄は静岡です。お寺は違うとは言え,どちらも曹洞宗の檀家です。
 父の兄の葬儀・法事に行きましたが,京都と静岡では,席次が全く逆なのです。
 京都では,血縁の濃い者が下座ですが,静岡では逆だったのです。ですので,質問者の方が不案内であるのでしたら,菩提寺にお尋ねになった方が宜しいでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報