写真を撮ることが好きなんですが今度モデルさんを使って撮影をします。ここで気になることがあるんですけど著作権と肖像権っていうのはこの場合どうなるんでしょうか?モデルさんにはもちろんお金を払います。ホームページに掲載したりコンクールに出したりする事って出来ないんですか?また、モデルをしている友達がいるんですけど無断で写真を使われたりして困ってるみたいなんでどのように対処すればよいか教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

参考URLに細かい情報がありますよ。

御参照ください。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/WallStreet/5862/cho.h …
    • good
    • 0

あなたがモデルさんを撮影した写真の著作権は、あなたに帰属します。

肖像権は、モデルさんに帰属します。
肖像権にはパブリシティ権(公開権)が伴いますから、たとえあなたがモデルさんにお金を払ったとしても、モデルさんに無断でホームページに掲載したりコンクールに出したりすることはできません。
もちろん、モデルさんの承諾が得られれば、まったく問題はありません。
お金を払うときに、どういう範囲での二次使用までならしてもいいか確認(できれば書面で)を取ればいいと思いますよ。

勝手に写真を使われちゃって困っているお友達のことですが、やはり撮影者に一言申し入れるべきだと思います。
そのうえで、どこまでなら使っても良いかの範囲を話し合って決めるのが良いでしょうね。
(できれば撮影される前に、カメラマンに許諾の範囲を申し入れるべきです)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和の写真の写真集。肖像権は?

本屋で写真集を見ました。
発行したのは新聞社です。
内容は昭和の時代に撮影した町の風景写真ですが、多くの一般人が写りこんでいます。
中にははっきり人物の顔がわかる写真もあります。
肖像権にうるさくなかった時代の写真ですから、撮影許可は得ていないのではないかと思います。

報道写真には肖像権はないときいたのですが
この写真集は報道写真というよりもスナップ写真というかんじです。
(町や祭の風景なので)

この写真集を見て、肖像権というものがわからなくなってしまいました。

質問
(1)肖像権には期限があるのでしょうか。
(何年かたったら肖像権は消滅する?)
(2)スナップ写真と報道写真はどうちがうのでしょうか。
(3)一般人が撮影許可を得ていない人物が写っている写真などを写真集にして販売したりしても
肖像権侵害にはならないのでしょうか。

Aベストアンサー

著作権と違って肖像権という物が法律で決められているわけではありません。
以下は文化庁の説明です。

《 報道などの場面で「肖像権」ということばがよく使われますが,この権利は「著作権」とは全く別のものです。また,「著作権」については「著作権法」という法律がありますが,「肖像権」という権利を定めた法律は存在せず,憲法や民法の一般的な規定に基づいて訴訟が行われていますので,「肖像権」は,かつての「日照権」などと同じように,判例の蓄積によって確立されつつある権利であると言えるでしょう。

 特別の法律がないために,「何が肖像権侵害になるのか」とか「肖像権侵害にならない例外的な場合」などといったものは,すべて裁判所の判断次第であるということになります。

 また,「著作者の権利」の中に「著作者人格権」と「著作権(財産権)」があるように,「肖像権」についても「人格権的な側面」と「財産権的な側面」があるようです。

 例えば,有名人の場合は,常に注目されたり報道されたりしているわけですから,肖像権の問題は多くの場合「財産権的な側面」が強調されています。

 これまでの判例を見ても,芸能人の肖像権について,「芸能人の場合には,通常,その氏名・肖像が広く社会に公開されることを希望あるいは意欲しているのが一般的である」として「人格権的な側面」がある程度否定される一方で,「芸能人は,顧客吸引力のもつ経済的な利益ないし価値を排他的に支配する権利を有する」とか「俳優等は,自ら勝ち得た名声の故に,自己の氏名や肖像を対価を得て第三者に専属的に利用させうる利益を有している」として,「財産的な権利」が認められています。

 逆に,有名人以外の人々の場合は,通常はその肖像は高い経済的価値を持たないため,多くの場合「人格権的な側面」が強調されています。

例えば,「個人の私生活上の自由のひとつとして,何人も,その承諾なしに,みだりに,その容貌・姿態を撮影されない自由を有する」という最高裁の判断があり,「プライバシー」と同様の権利が認められています。

 いずれにせよ,他人の肖像を撮影したり利用したりする場合には,事前に本人の了解を得ておくべきでしょう。》
http://chosakuken.bunka.go.jp/naruhodo/answer.asp?Q_ID=0000493
「肖像権の保護」

その写真によって個人の姿態容貌や私生活をあばかれたという告発がその写真に写されている人からあって、判事がそれを納得したならば販売や公開の差し止めができるかもしれないのですが。例えばその人物だけをクローズアップしてどういうキャプションを付けたかとか。その写真の大きさとか、写真全体の中でどれくらいの割合を占めているかとか、使われ方とかそういう判断になると思われます。

1の答
民事でも時効はあります。損害賠償請求は3年以内です。撮られた本人がその発表されているのを知ることができなかったと認められればその事実を知ってから3年ということ。また行為から20年経つとその間本人が気付かなかったとしても請求権は無くなります。
http://www.h7.dion.ne.jp/~ootake/keiyaku/songai.htm

2.その違いの定義には関係無く、写された人がそれによってどのような被害をこうむったかが判断の基準になると思われます。

3.写された人が芸能人であった場合、財産権の侵害になります。無名人であった場合は写された人がそれによってどのような精神的苦痛や損害を受けたかによるでしょう。

著作権と違って肖像権という物が法律で決められているわけではありません。
以下は文化庁の説明です。

《 報道などの場面で「肖像権」ということばがよく使われますが,この権利は「著作権」とは全く別のものです。また,「著作権」については「著作権法」という法律がありますが,「肖像権」という権利を定めた法律は存在せず,憲法や民法の一般的な規定に基づいて訴訟が行われていますので,「肖像権」は,かつての「日照権」などと同じように,判例の蓄積によって確立されつつある権利であると言えるでしょう...続きを読む

Q歴史上の人物の肖像写真の著作権(肖像権?)について

たとえば、自分のホームページに坂本竜馬の肖像写真を貼り付けようと思った場合、誰かに許可をもらうなりしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ありません。教科書会社が作成した文章、および独自に作成した資料であれば、許諾を得る必要があります。

Q写真の肖像権

古い写真の肖像権について教えて下さい。

明治から大正のころの人物の写真を撮影して映像に収録する場合、肖像権の侵害を問われる事はありますか?

明治、大正の写真であれば、著作権の保護期間は満了しているので、著作権上の問題は無いと考えていますが、肖像権の方はどうでしょうか。

インターネットで調べてみると、亡くなられている方の写真であれば、問題なしと載っているページも見かけましたが、正しいでしょうか。

法律に詳しい方、教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

肖像権はプライバシー問題などの人権なので、
その人が死んでいるなら発生することはありません。

Qアダルトサイト、モデルの肖像権及び所有権について

質問します。
私とモデルさんとの両者間で撮影前に以下のような文書による契約を交わしました。

「私は18歳以上であり撮影された画像及び映像に顔が映っていた場合はその公開を許可しません。
顔の部分が映っていない場合に限り公開を許可します」と。

もちろん出演料としてお互いに合意された金額を支払っていますし、免許書等で18歳以上であることは確認済みです。
これで合意に法り編集した画像なり映像をサイトで公開及び販売することは法律違反にはなりませんか?
もちろん、日本の法律で許可されていない違法な部分は映っていません。
映像送信型性風俗特殊営業届けも出してあります。

また女性のどこまでがOKでどこからが違反なのかの定義もわかりません。
一昔前までは、ヘアーもNGだったはずですが最近はヘアヌード写真集のオンパレードですし。

また、「わいせつ図画公然陳列罪」とか「東京都迷惑防止条例」とかその他
いろんな法律があり実際問題私のようなケースは大丈夫なのか不安になりましたのでお聞きいたします。
分かる方いらっしゃいましたらよろしくご指導ください。

質問します。
私とモデルさんとの両者間で撮影前に以下のような文書による契約を交わしました。

「私は18歳以上であり撮影された画像及び映像に顔が映っていた場合はその公開を許可しません。
顔の部分が映っていない場合に限り公開を許可します」と。

もちろん出演料としてお互いに合意された金額を支払っていますし、免許書等で18歳以上であることは確認済みです。
これで合意に法り編集した画像なり映像をサイトで公開及び販売することは法律違反にはなりませんか?
もちろん、日本の法律で許可...続きを読む

Aベストアンサー

契約の内容について、合意に基づいているのに、法律違反にならないか?という意味が解りかねます。
写真をどういう用途に使うかはもちろん、契約内容に入っているんですよね?書かれていなければ、契約に不備があると思います。
ただ、契約というのはお互いの約束事であって、法律ではないので、契約違反?ということなら契約書に書かれていることを守ってくださいとしか言えません。
業者としての違反があるとすれば、許可された以外のことをしなければ良いのではないでしょうか。

ヘアーについては、芸術性があると認められれば良いのでしょう。写真集は一応そういう扱いのはずです。
詳しくは知りません。

Qスポーツ写真の肖像権について

先日、高校ラグビーを見に行きました。
そこで、プレイ中の写真を何枚か撮ったのですが、それらをネット上に公開することは肖像権の侵害に繋がるのでしょうか?
望遠レンズで撮ったので、全体の様子ではなく、結構クローズアップした写真です。

肖像権に関しては、なんどか気になって調べているのですが、なかなか理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「肖像権」は法律に規定があるわけではありませんが、各種の裁判の判決で言及され、その判例が蓄積されていわゆる判例法として確立して来ました。
たとえば、1969年の最高裁判決(これはデモ参加者の写真を警官が撮影)で「個人の自由の一つとして、承諾なしに、みだりに撮影されない自由がある。これは憲法13条(個人の尊重)の趣旨である」としました。その後、各種の判決が出ました。まとめると、(1)撮影の拒絶、(2)公表の拒絶、(3)財産的利益の保護の三つの類型があるとされています。

この(3)についてはパブリシティ権とも呼ばれ、主として著名人(プロ野球選手、プロゴルファー、俳優、など)に適用される財産権です。
高校ラグビーの選手は、おそらくプロとは言えないにしても、個人の権利ですから、肖像権は認められるでしょう。

実際にこのような場合には、まず目的や用途を明示した上で「撮影の許可」を取る必要があります。次には実際の「公開の許可」です。単に写真を複製して配布することは許可(許諾)されたとしても、ネット上に公開するとなると拒絶される可能性も出てきます。逆に、許諾されれば問題ないわけです。

「肖像権」は法律に規定があるわけではありませんが、各種の裁判の判決で言及され、その判例が蓄積されていわゆる判例法として確立して来ました。
たとえば、1969年の最高裁判決(これはデモ参加者の写真を警官が撮影)で「個人の自由の一つとして、承諾なしに、みだりに撮影されない自由がある。これは憲法13条(個人の尊重)の趣旨である」としました。その後、各種の判決が出ました。まとめると、(1)撮影の拒絶、(2)公表の拒絶、(3)財産的利益の保護の三つの類型があるとされています。

この(3)についてはパブ...続きを読む

Qカフェを自分でオープンしようと考えてます。店に飾る絵や写真への肖像権や著作権

カフェを自分でオープンしようと考えてます。

その際、店に飾る絵や写真への著作権や肖像権はどうなっているのでしょうか?
ピカソやモネ、マティスなど、もう亡くなった作家達の絵などはよく飾ってあるのを眼にしますが、
存命中の作家の作品を飾る場合、何かしらの手続きが必要なのでしょうか?
また絵画と写真作品で著作権としての扱いに違いがあるのでしょうか?

何かしらわかる事があればと思い質問致しました。
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

美術の著作物(絵画等)及び写真の著作物の原作品を公に展示する場合は、著作権法により著作権者(展示権)に許諾を得る必要がありますが、著作権の制限規定に次のような条文があります。

第45条1項
美術の著作物もしくは写真の著作物の原作品の所有者またはその同意を得たものは、著作物をその原作品により公に展示することができる。
同条2項
この規定は、美術の著作物の原作品を街路、公園その他一般公衆に解放されている屋外の場所または建造物の外壁その他一般公衆の見やすい屋外の場所に恒常的に設置する場合には、適用しない

また、展示権が問題となるのは原作品についてのみであり、複製品については問題となりません。

というわけで、自己所有あるいは、所有者に同意を得ているのであれば、お店に飾る場合は著作権者に許諾を得なくても大丈夫です。

Q人の顔写真をあげるのは肖像権の侵害ですよね?

人の顔写真をあげるのは肖像権の侵害ですよね?

Aベストアンサー

はい、そうです。

QWeb上の写真の肖像権と著作権?

過去の回答もいくつか見ましたが、以下の点、ご教示頂ければ幸いです(法律面から)。

あるサイトで掲載されている写真(19世紀初頭の外国の科学者)について
1.死亡後50年経過過ぎれば、肖像権は消滅するのでしょうか?
2.この写真を含めて、解説文章(科学者のプロフィール等)がある場合に、写真も含めての著作権があるのでしょうか(文章部分は当然ですが・・・)?
3.1に関連してその写真の肖像権が消滅していれば、パンフあるいはWeb上でのその写真の利用は可能でしょうか?
4.そのサイトにリンクを張る場合、リンク元から許可を取れば問題ないでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.
肖像権というのは、法律によって明らかに定められた権利ではなく、憲法や民法に基づく判決の集積により確立しつつある権利です。したがって保護期間も定められていません。
肖像権には2種あると考えられます。
(1)人格権としての肖像権:みだりに個人の容貌を撮影されたり、撮影された写真を利用されたりしない。
(2)財産権としての肖像権(パブリシティ権):著名人などが肖像の利用に関する財産的利益を確保する権利

(1)については、その科学者の人格・プライバシーを侵害するような利用でなければ大丈夫だと思います。
(2)についても19世紀初頭の外国の科学者の肖像が何らかの経済的利益を持つとは思えませんので、お尋ねの写真について肖像権の主張がされるとは思えません。

2.
解説文章については、書いた人の著作権があると考えられます。写真については、撮った人の著作権があると考えられますが、そのような写真であればもう保護期間が消滅しているでしょう(といっても確認された方がよいでしょう)。

3.
写真を撮った人の著作権が消滅していれば、利用は可能でしょう。(法律的な問題ではありませんが、一応サイト作成者にお断りした方がよいでしょう)

4.
通常のリンクについては、著作権等の及ぶ範囲ではありませんので、一般のマナーにしたがって行えばよいと思います。リンク先が明らかに違法サイトとかいう場合は、問題になることもありますが。

1.
肖像権というのは、法律によって明らかに定められた権利ではなく、憲法や民法に基づく判決の集積により確立しつつある権利です。したがって保護期間も定められていません。
肖像権には2種あると考えられます。
(1)人格権としての肖像権:みだりに個人の容貌を撮影されたり、撮影された写真を利用されたりしない。
(2)財産権としての肖像権(パブリシティ権):著名人などが肖像の利用に関する財産的利益を確保する権利

(1)については、その科学者の人格・プライバシーを侵害するような利用でなければ...続きを読む

Q弁護士さんの写真をあげてるの肖像権の侵害ですよね?

弁護士さんの写真をあげてるの肖像権の侵害ですよね?

Aベストアンサー

おはようございます。

法律的に「肖像権」という明確な権利はなく、あくまで考え方で、
権利としては人格権、財産権なんかの一部の話なのです。

なので「ケースによる」ってのが正しいと思いますよ。
今回のケースは情報少なすぎてわからない、ってのが妥当だと思
うので、人格権(プライバシーやら)や財産権など元となる権利
の考え方にそって、情報を出した方が良いと思います。

Q写真屋さんに著作権などあるのでしょうか?肖像権と著作権、どっちが強いのでしょうか?

知り合いから相談されています。幼稚園の生活発表会(学芸会みたいなもの)のときに、幼稚園が写真屋さんに依頼して、子供の写真を撮ったそうです。(スナップ写真や記念写真など)その写真は、その後、保護者が注文をして買うことができたそうです。(ちょっと高めだったらしい)ところが、その後、偶然、幼稚園と何の関係もないある印刷物にその幼稚園の生活発表会の写真が掲載されていたので、幼稚園に報告し、幼稚園から写真屋さんに抗議したところ、写真屋さん曰く「うちに著作権があるので」とのこと。また、幼稚園は幼稚園で、撮影を依頼したのは、幼稚園なのだから、著作権は幼稚園にあると主張・・・・。知り合いは、「じゃあ、うちの子の肖像権は??」となった訳です。この話、正しいのは誰なんでしょうか?

Aベストアンサー

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに全て帰するとされていれば別です)。雑誌の写真などはそのようにして、カメラマンと出版社に著作権があり、人格権としての肖像権は被写体にもあるという形です。

今回の場合、人格権として保護されるべきであるので、勝手に掲載した写真屋さんは取り下げる必要が認められる可能性が高いです。
どちらが強い?弱い?ではなく、「著作権者、被写体双方の同意が無い場合は表に出してはならない」と思っていた方が確実です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%96%E5%83%8F%E6%A8%A9

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報