電子書籍の厳選無料作品が豊富!

賃貸する際に保証人を立てますが、
不動産業者はその保証人のどこまで調べるのでしょうか?
年齢や年収は業者にすれば簡単にわかるのでしょうか?

A 回答 (3件)

 大家しています。



 管理会社や大家さんによって違うとは思いますが、年齢や年収は知りようがありませんので、住民票や印鑑証明、年収の証明として直近の公的証明(源泉徴収票など)を提出、或いは提示して頂く場合があると思います。会社勤務なら会社に『在籍確認』をするところもあるでしょう。
 保証人と言うのは、ある意味、管理会社や大家にとっては、ご本人以上に大切な方です。
    • good
    • 0

・氏名


・現住所
・生年月日
・本人との関係
・勤務先(会社名 住所 業種 電話番号)

このくらいは調べると思います。
    • good
    • 0

一般的には、その保証人の情報(住所・生年月日・職業・年収など)とともに


その方の署名・捺印が求められます。
また、その住所・年齢・年収・本人の確認のため
住民票・所得証明(源泉徴収票など)・印鑑証明の提出が求められます。

また、年収や年齢(及びそれらの確認)については、
各不動産業者さんで基準はあるのですが、貸主(大家さん)の
意向により厳しくなったり緩くなったりするそうです。
例えば「実在さえしていれば構わない」とか、逆に「何歳から何歳まで。年収はいくら以上」などなど。

因みに業者さんによっては、保証人不要システムなどが適用される物件もあります。
(実際には保証会社にお金を払うという形になります)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!