近々 3年生に本の読み聞かせをする予定です。
 3年生にうけるような、笑える楽しい本があれば教えていただきたいと
思っています。
 資料は持ってい入るのですが、全部の本に目を通す時間がなく、また、貸出
中のが結構あり、全部を読み切ることができません。
資料にはいいと紹介されているのですが、あまりいいとは思ったのが見つけられません。
 経験された方、これはおすすめ!という楽しい本があれば紹介してほしいと
思って、質問しました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

長新太さんは確実だと思います。


『キャベツくんとブタヤマさん』など

またウケる本というと、『これがほんとの大きさ!』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4566008878.h …

『うんちしたのはだれよ!』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4039611306.h …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速図書館で探してみます。 3冊ともおもしろそうで楽しみです。
 とても助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2009/09/26 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学3年生の読み聞かせにお勧めの本

学校で朝の読み聞かせのボランティアをしています。
10分~15分で読めるお勧めの本はありませんでしょうか。
対象は3年生です。低学年のときは絵本を中心に本選びには不自由しなかったのですが、3年生ともなるとだんだん難しくなってきました。
月1回しかやらないので、長いお話を何回かに分けて、というのは避けたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「大きな木」シェル・シルヴァスタイン(篠崎書林)
という絵本があります。
大人になればなるほど考えさせられる絵本なのですが、是非、Wendyさんが目を通してみてご検討されてください。
内容はあまり詳しくかけませんが、『与える』ということについてがテーマです。
原題が「The Giving Tree」ですから。

参考になれば幸いです。

Q小学校1年生、2年生に読み聞かせるいい本をご存知の方、教えて頂けません

小学校1年生、2年生に読み聞かせるいい本をご存知の方、教えて頂けませんか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

それはご自分のお子さんにですか?
それともたくさんの子どもたちに読むのですか?
それによってちょっと違ってくると思うのですが・・・

ともかく、低学年の子にウケる本として
長新太『キャベツくんとブタヤマさん』

長谷川義史『いいからいいから』既刊4巻
http://www.ehonkan.co.jp/new_book/161.html

佐々木マキ『ブタのたね』
http://www.ehonkan.co.jp/ehon/catalog/product_info.php?cPath=&products_id=75

『これがほんとの大きさ!』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4566008878.html

『かたあしのひよこ』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4593593131.html

岩井俊雄『100かいだてのいえ』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4033315403.html

Q4年生への読み聞かせ

朝自習の15分弱の時間に4年生のクラスで、
読み聞かせをします。
低学年ならともかく、4年生ともなると、
どんな本を選んでよいのかサッパリ見当がつきません。
当初は「ああ無情」など、古典的な硬派(?)が良いかと
思いましたが、とても15分では無理。
お知恵拝借、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

1回で完結しないとだめでしょうか?私は、週1回のよみきかせでしたが、2週間連続にして、2回で1話、「火曜日のごちそうはひきがえる」などのテンポの良いお話を読んでいました。

富安陽子さんの作品は、章で区切られているので、何回にも分けて1冊読んだこともありますし、1つの章だけを読んだこともあります。(気に入った子どもは図書室に走っていって残りを自分で読んでくれますから。)明るく楽しい結末が多いので、朝のよみきかせに向くと思います。

15分完結がよければ、 芥川龍之介の短編、小泉八雲の怪談(大好評。でも朝には向かない?)、宮沢賢治。すでにあげておられる方がありましたが星新一。どれも新書や文庫の形でたくさん出版されています。それと年齢を問わず読める昔話は東京こども図書館が出している「おはなしのろうそく」から選んでいます。私も落語を良く読みますが、読み手の好みがありますので、落語は絶対読まないという方も多いので何とも。。。子どもは大好きです。日本の昔話は、内容によりますが、よほど新しいパターンのお話を選ばないと、4年生だと「どっかで聞いたことある」という反応が多いんですよね。

それと、長いお話の1部だけを聞くのも楽しいものです。長いお話の自分の好きなシーンを読むのも、読み手の思いが伝わっていいものだ、という話を聞いたことがあります。そうすると、若草物語とか、15少年漂流記なども読めますね。

朝のよみきかせ、すてきですね。読んでもらえる子どもたちがうらやましいです。

1回で完結しないとだめでしょうか?私は、週1回のよみきかせでしたが、2週間連続にして、2回で1話、「火曜日のごちそうはひきがえる」などのテンポの良いお話を読んでいました。

富安陽子さんの作品は、章で区切られているので、何回にも分けて1冊読んだこともありますし、1つの章だけを読んだこともあります。(気に入った子どもは図書室に走っていって残りを自分で読んでくれますから。)明るく楽しい結末が多いので、朝のよみきかせに向くと思います。

15分完結がよければ、 芥川龍之介の短編...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報